『QC35 2と迷っているならこっちをオススメします』 SONY WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド] ayrtoncsさんのレビュー・評価

2017年10月 7日 発売

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]

  • 業界最高クラス(※発売時)のノイズキャンセリング性能を備えた、ワイヤレスステレオヘッドセット。
  • LDAC対応機器との接続なら、Bluetooth Audioの最大約3倍の情報量で伝送できるので、ハイレゾコンテンツも劣化することなく楽しめる。
  • ヘッドホンを外さずに周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」を搭載。
WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥25,800

(前週比:+100円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥25,800〜¥29,800 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥29,800 〜 ¥29,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、アップデート適用後、まれに音が出ないなどの事象が確認されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の価格比較
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の店頭購入
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のスペック・仕様
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のレビュー
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のクチコミ
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の画像・動画
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のピックアップリスト
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のオークション

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]SONY

最安価格(税込):¥25,800 (前週比:+100円↑) 発売日:2017年10月 7日

  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の価格比較
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の店頭購入
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のスペック・仕様
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のレビュー
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のクチコミ
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]の画像・動画
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のピックアップリスト
  • WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のオークション

『QC35 2と迷っているならこっちをオススメします』 ayrtoncsさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
5件
スマートフォン
0件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
QC35 2と迷っているならこっちをオススメします
   

   

《QC35 2 と1000XM2を比較しました》

【デザイン】
QC35 2よりデザインがスッキリしています。
QC35 2はボタン類が5つあって、見た目としてはちょっと安っぽく、触るとカチャカチャいいます。有線接続は1000XM2が普通の3.5mmのステレオミニプラグですが、QC35 2は2.5mmです。
[訂正] 1000XM2の3.5mmステレオミニプラグ接続ですが、奥までカチッと接続しないといけないため、1000XM2対応のケーブルを買うか、他のケーブルの場合は自己責任にてプラグの末端部を加工する必要があります。

【高音の音質】
QC35の方は高域が伸びず、イコライザーで調整しても高域があまり出てくれませんが、1000XM2の方はそのままでも出ています。しかし、低音の音量が大きいのでイコライザーで調整する必要はあると思います。

【低音の音質】
どちらとも低音が出過ぎです。QC35 2の方は以前のBOSE製品のような中低域にまで邪魔してくる低音ではなくなっており、こもるようなではなくなっています。
1000XM2もこもるような低音ではなく輪郭のある音質です。
ノイズキャンセリングと音漏れを考えると少音量で聴くことが多くなると思うので、そのため1000XM2も少音量時に薄くなりやすい低音を上げてきたのではないかと思います。

【フィット感】
1000XM2よりQC35 2のほうが軽く、締めつけ感も少ないので、この点はQC35 2に負けていると思います。どちらもイヤーパッドに耳全体は入ります。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングON時で、ウチのうるさいサーキュレーターの回転MAXとテレビのバラエティ番組音量大きめでの比較です。
QC35 2の方はサーキュレーターのモーターの高音部分と風切り音が聞こえ、テレビの音や声もそこそこ聞こえます。やはり飛行機のエンジン音を消すのが目的なのか、その音域だけはよく消してくれます。
1000XM2の方は、サーキュレーターのモーターの高音部分は聞こえますが、風切り音はほとんど聞こえません。テレビの音や声はある程度聞こえますが、QC35 2より聞こえません。
あと、QC35 2では何も接続していない状態でもノイズキャンセリングが使えますが、1000XM2では5分でスリープタイマーが作動し電源が落ちます・・・が、しかしイヤフォンジャックにケーブルの端子部だけでも差しておけば、QC35 2と同じようにノイズキャンセリングだけのイヤーマフのように使えます。(評価1でNCだけで使えないとレビューを書かれていた人に、とりあえずの対応としてこのことは伝えたいです)
[追記]ただし、プラグ形状によってはうまくヘッドフォンに差さらず、落ちてしまうことがあるので100均で買ったイヤフォンの端末部を加工する方法の一例を写真欄に添付しました。※端末部の細かい形状はモノによるのと、これは公式ではないので自己責任にてお願いします。

【音漏れ防止】
どちらも、音量を大きくすると音漏れしてきます。ノイズキャンセリングで周りが静かになった分少音量で聴けるので大音量にする必要はないとは思いますが。

【携帯性】
どちらも専用のケースがあり、破損や耐久性と収納時のサイズを考えるとケースにしまうのが1番いいと思いますが、どちらも気軽に持ち運びするものではないですね。
首に掛けておくのもアリですが、イヤーパッドの劣化が早くなるのでおすすめはしません。
また、バッテリー交換ですが、QC35 2は問い合わせたところ「構造上バッテリーのみの交換はできないないので新品交換となり、費用は約33,000円かかります」とのこと。1000XM2は約8,000円で交換できるとのことです。器用な人なら自分で交換もできるようです。※当然保証外になりますが・・・(笑)

【Bluetooth】
無線接続で聴く人にはここが大きなポイントとなるでしょう。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなどがあり、右に行くほど高音質になるのですが、QC35 2はSBCのみしか対応していません(Apple製品ならAAC接続もできるようですが非公式のようです)。1000XM2は上記のコーデック全てに対応しており、Bluetooth接続でも高音質で音楽を楽しめます。

【総評】
フィット感はQC35 2の方が上ですが、音質やノイズキャンセリング、Bluetoothコーデック、バッテリー交換費用の安さでは1000XM2の方が上です。それなのに価格はQC35 2が約40,000円なのに対し、1000XM2は約34,000円ほどです。やはりBOSE製品にはブランド代が・・・。
QC35 2と迷っている方がいれば、1000XM2の方を強く薦めます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった33人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
QC35 2と迷っているならこっちをオススメします

《QC35 2 と1000XM2を比較しました》

【デザイン】
QC35 2よりデザインがスッキリしています。
QC35 2はボタン類が5つあって、見た目としてはちょっと安っぽく、触るとカチャカチャいいます。有線接続は1000XM2が普通の3.5mmのステレオミニプラグですが、QC35 2は2.5mmです。
[訂正] 1000XM2の3.5mmステレオミニプラグ接続ですが、奥までカチッと接続しないといけないため、1000XM2対応のケーブルを買うか、他のケーブルの場合は自己責任にてプラグの末端部を加工する必要があります。

【高音の音質】
QC35の方は高域が伸びず、イコライザーで調整しても高域があまり出てくれませんが、1000XM2の方はそのままでも出ています。しかし、低音の音量が大きいのでイコライザーで調整する必要はあると思います。

【低音の音質】
どちらとも低音が出過ぎです。QC35 2の方は以前のBOSE製品のような中低域にまで邪魔してくる低音ではなくなっており、こもるようなではなくなっています。
1000XM2もこもるような低音ではなく輪郭のある音質です。
ノイズキャンセリングと音漏れを考えると少音量で聴くことが多くなると思うので、そのため1000XM2も少音量時に薄くなりやすい低音を上げてきたのではないかと思います。

【フィット感】
1000XM2よりQC35 2のほうが軽く、締めつけ感も少ないので、この点はQC35 2に負けていると思います。どちらもイヤーパッドに耳全体は入ります。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングON時で、ウチのうるさいサーキュレーターの回転MAXとテレビのバラエティ番組音量大きめでの比較です。
QC35 2の方はサーキュレーターのモーターの高音部分と風切り音が聞こえ、テレビの音や声もそこそこ聞こえます。やはり飛行機のエンジン音を消すのが目的なのか、その音域だけはよく消してくれます。
1000XM2の方は、サーキュレーターのモーターの高音部分は聞こえますが、風切り音はほとんど聞こえません。テレビの音や声はある程度聞こえますが、QC35 2より聞こえません。
あと、QC35 2では何も接続していない状態でもノイズキャンセリングが使えますが、1000XM2では5分でスリープタイマーが作動し電源が落ちます・・・が、しかしイヤフォンジャックにケーブルの端子部だけでも差しておけば、QC35 2と同じようにノイズキャンセリングだけのイヤーマフのように使えます。(評価1でNCだけで使えないとレビューを書かれていた人に、とりあえずの対応としてこのことは伝えたいです)
[追記]ただし、プラグ形状によってはうまくヘッドフォンに差さらず、落ちてしまうことがあるので100均で買ったイヤフォンの端末部を加工する方法の一例を写真欄に添付しました。※端末部の細かい形状はモノによるのと、これは公式ではないので自己責任にてお願いします。

【音漏れ防止】
どちらも、音量を大きくすると音漏れしてきます。ノイズキャンセリングで周りが静かになった分少音量で聴けるので大音量にする必要はないとは思いますが。

【携帯性】
どちらも専用のケースがあり、破損や耐久性と収納時のサイズを考えるとケースにしまうのが1番いいと思いますが、どちらも気軽に持ち運びするものではないですね。
首に掛けておくのもアリですが、イヤーパッドの劣化が早くなるのでおすすめはしません。
また、バッテリー交換ですが、QC35 2は問い合わせたところ「構造上バッテリーのみの交換はできないないので新品交換となり、費用は約33,000円かかります」とのこと。1000XM2は約8,000円で交換できるとのことです。器用な人なら自分で交換もできるようです。※当然保証外になりますが・・・(笑)

【Bluetooth】
無線接続で聴く人にはここが大きなポイントとなるでしょう。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなどがあり、右に行くほど高音質になるのですが、QC35 2はSBCのみしか対応していません(Apple製品ならAAC接続もできるようですが非公式のようです)。1000XM2は上記のコーデック全てに対応しており、Bluetooth接続でも高音質で音楽を楽しめます。

【総評】
フィット感はQC35 2の方が上ですが、音質やノイズキャンセリング、Bluetoothコーデック、バッテリー交換費用の安さでは1000XM2の方が上です。それなのに価格はQC35 2が約40,000円なのに対し、1000XM2は約34,000円ほどです。やはりBOSE製品にはブランド代が・・・。
QC35 2と迷っている方がいれば、1000XM2の方を強く薦めます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
QC35 2と迷っているならこっちをオススメします
   

   

QC35 2 と1000XM2を比較しました。

【デザイン】
QC35 2よりデザインがスッキリしています。
QC35 2はボタン類が5つあって、見た目としてはちょっと安っぽく、触るとカチャカチャいいます。有線接続は1000XM2が普通の3.5mmのステレオミニプラグですが、QC35 2は2.5mmです。ケーブルを交換したい、長くしたいと言うときに不便です。間に変換プラグを使うという手もありますが、接触不良やノイズの元にもなりますし・・・。

【高音の音質】
QC35の方は高域が伸びず、イコライザーで調整しても高域があまり出てくれませんが、1000XM2の方はそのままでも出ています。しかし、低音の音量が大きいのでイコライザーで調整する必要はあると思います。

【低音の音質】
どちらとも低音が出過ぎです。QC35 2の方は以前のBOSE製品のような中低域にまで邪魔してくる低音ではなくなっており、こもるようなではなくなっています。
1000XM2もこもるような低音ではなく輪郭のある音質です。
ノイズキャンセリングと音漏れを考えると少音量で聴くことが多くなると思うので、そのため1000XM2も少音量時に薄くなりやすい低音を上げてきたのではないかと思います。

【フィット感】
1000XM2よりQC35 2のほうが軽く、締めつけ感も少ないので、この点はQC35 2に負けていると思います。どちらもイヤーパッドに耳全体は入ります。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングON時で、ウチのうるさいサーキュレーターの回転MAXとテレビのバラエティ番組音量大きめでの比較です。
QC35 2の方はサーキュレーターのモーターの高音部分と風切り音が聞こえ、テレビの音や声もそこそこ聞こえます。やはり飛行機のエンジン音を消すのが目的なのか、その音域だけはよく消してくれます。
1000XM2の方は、サーキュレーターのモーターの高音部分は聞こえますが、風切り音はほとんど聞こえません。テレビの音や声はある程度聞こえますが、QC35 2より聞こえません。
あと、QC35 2では何も接続していない状態でもノイズキャンセリングが使えますが、1000XM2では5分でスリープタイマーが作動し電源が落ちます・・・が、しかしイヤフォンジャックにケーブルの端子部だけでも差しておけば、QC35 2と同じようにノイズキャンセリングだけのイヤーマフのように使えます。(評価1でNCだけで使えないとレビューを書かれていた人に、とりあえずの対応としてこのことは伝えたいです)
[追記]ただし、プラグ形状によってはうまくヘッドフォンに差さらず、落ちてしまうことがあるので100均で買ったイヤフォンの端末部を加工する方法の一例を写真欄に添付しました。※端末部の細かい形状はモノによるのと、これは公式ではないので自己責任にてお願いします。

【音漏れ防止】
どちらも、音量を大きくすると音漏れしてきます。ノイズキャンセリングで周りが静かになった分少音量で聴けるので大音量にする必要はないとは思いますが。

【携帯性】
どちらも専用のケースがあり、破損や耐久性と収納時のサイズを考えるとケースにしまうのが1番いいと思いますが、どちらも気軽に持ち運びするものではないですね。
首に掛けておくのもアリですが、イヤーパッドの劣化が早くなるのでおすすめはしません。
また、バッテリー交換ですが、QC35 2は問い合わせたところ「構造上バッテリーのみの交換はできないないので新品交換となり、費用は約33,000円かかります」とのこと。1000XM2は約8,000円で交換できるとのことです。器用な人なら自分で交換もできるようです。※当然保証外になりますが・・・(笑)

【Bluetooth】
無線接続で聴く人にはここが大きなポイントとなるでしょう。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなどがあり、右に行くほど高音質になるのですが、QC35 2はSBCのみしか対応していません(Apple製品ならAAC接続もできるようですが非公式のようです)。1000XM2は上記のコーデック全てに対応しており、Bluetooth接続でも高音質で音楽を楽しめます。

【総評】
フィット感はQC35 2の方が上ですが、音質やノイズキャンセリング、Bluetoothコーデック、バッテリー交換費用の安さでは1000XM2の方が上です。それなのに価格はQC35 2が約40,000円なのに対し、1000XM2は約34,000円ほどです。やはりBOSE製品にはブランド代が・・・。
QC35 2と迷っている方がいれば、1000XM2の方を強く薦めます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
QC35 2と迷っているならこっちをオススメします

QC35 2 と1000XM2を比較しました。

【デザイン】
QC35 2よりデザインがスッキリしています。
QC35 2はボタン類が5つあって、見た目としてはちょっと安っぽく、触るとカチャカチャいいます。有線接続は1000XM2が普通の3.5mmのステレオミニプラグですが、QC35 2は2.5mmです。ケーブルを交換したい、長くしたいと言うときに不便です。間に変換プラグを使うという手もありますが、接触不良やノイズの元にもなりますし・・・。

【高音の音質】
QC35の方は高域が伸びず、イコライザーで調整しても高域があまり出てくれませんが、1000XM2の方はそのままでも出ています。しかし、低音の音量が大きいのでイコライザーで調整する必要はあると思います。

【低音の音質】
どちらとも低音が出過ぎです。QC35 2の方は以前のBOSE製品のような中低域にまで邪魔してくる低音ではなくなっており、こもるようなではなくなっています。
1000XM2もこもるような低音ではなく輪郭のある音質です。
ノイズキャンセリングと音漏れを考えると少音量で聴くことが多くなると思うので、そのため1000XM2も少音量時に薄くなりやすい低音を上げてきたのではないかと思います。

【フィット感】
1000XM2よりQC35 2のほうが軽く、締めつけ感も少ないので、この点はQC35 2に負けていると思います。どちらもイヤーパッドに耳全体は入ります。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングON時で、ウチのうるさいサーキュレーターの回転MAXとテレビのバラエティ番組音量大きめでの比較です。
QC35 2の方はサーキュレーターのモーターの高音部分と風切り音が聞こえ、テレビの音や声もそこそこ聞こえます。やはり飛行機のエンジン音を消すのが目的なのか、その音域だけはよく消してくれます。
1000XM2の方は、サーキュレーターのモーターの高音部分は聞こえますが、風切り音はほとんど聞こえません。テレビの音や声はある程度聞こえますが、QC35 2より聞こえません。
あと、QC35 2では何も接続していない状態でもノイズキャンセリングが使えますが、1000XM2では5分でスリープタイマーが作動し電源が落ちます・・・が、しかしイヤフォンジャックにケーブルの端子部だけでも差しておけば、QC35 2と同じようにノイズキャンセリングだけのイヤーマフのように使えます。(評価1でNCだけで使えないとレビューを書かれていた人に、とりあえずの対応としてこのことは伝えたいです)

【音漏れ防止】
どちらも、音量を大きくすると音漏れしてきます。ノイズキャンセリングで周りが静かになった分少音量で聴けるので大音量にする必要はないとは思いますが。

【携帯性】
どちらも専用のケースがあり、破損や耐久性と収納時のサイズを考えるとケースにしまうのが1番いいと思いますが、どちらも気軽に持ち運びするものではないですね。
首に掛けておくのもアリですが、イヤーパッドの劣化が早くなるのでおすすめはしません。
また、バッテリー交換ですが、QC35 2は問い合わせたところ「構造上バッテリーのみの交換はできないないので新品交換となり、費用は約33,000円かかります」とのこと。1000XM2は約8,000円で交換できるとのことです。器用な人なら自分で交換もできるようです。※当然保証外になりますが・・・(笑)

【Bluetooth】
無線接続で聴く人にはここが大きなポイントとなるでしょう。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなどがあり、右に行くほど高音質になるのですが、QC35 2はSBCのみしか対応していません(Apple製品ならAAC接続もできるようですが非公式のようです)。1000XM2は上記のコーデック全てに対応しており、Bluetooth接続でも高音質で音楽を楽しめます。

【総評】
フィット感はQC35 2の方が上ですが、音質やノイズキャンセリング、Bluetoothコーデック、バッテリー交換費用の安さでは1000XM2の方が上です。それなのに価格はQC35 2が約40,000円なのに対し、1000XM2は約34,000円ほどです。やはりBOSE製品にはブランド代が・・・。
QC35 2と迷っている方がいれば、1000XM2の方を強く薦めます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
QC35 2と迷っているならこっちをオススメします

QC35 2 と1000XM2を比較しました。

【デザイン】
QC35 2よりデザインがスッキリしています。
QC35 2はボタン類が5つあって、見た目としてはちょっと安っぽく、触るとカチャカチャいいます。

【高音の音質】
QC35の方は高域が伸びず、イコライザーで調整しても高域があまり出てくれませんが、1000XM2の方はそのままでも出ています。しかし、低音の音量が大きいのでイコライザーで調整する必要はあると思います。

【低音の音質】
どちらとも低音が出過ぎです。QC35 2の方は以前のBOSE製品のような中低域にまで邪魔してくる低音ではなくなっており、こもるようなではなくなっています。
1000XM2もこもるような低音ではなく輪郭のある音質です。
ノイズキャンセリングと音漏れを考えると少音量で聴くことが多くなると思うので、そのため1000XM2も少音量時に薄くなりやすい低音を上げてきたのではないかと思います。

【フィット感】
1000XM2よりQC35 2のほうが軽く、締めつけ感も少ないので、この点はQC35 2に負けていると思います。どちらもイヤーパッドに耳全体は入ります。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングON時で、ウチのうるさいサーキュレーターの回転MAXとテレビのバラエティ番組音量大きめでの比較です。
QC35 2の方はサーキュレーターのモーターの高音部分と風切り音が聞こえ、テレビの音や声もそこそこ聞こえます。やはり飛行機のエンジン音を消すのが目的なのか、その音域だけはよく消してくれます。
1000XM2の方は、サーキュレーターのモーターの高音部分は聞こえますが、風切り音はほとんど聞こえません。テレビの音や声はある程度聞こえますが、QC35 2より聞こえません。

【音漏れ防止】
どちらも、音量を大きくすると音漏れしてきます。ノイズキャンセリングで周りが静かになった分少音量で聴けるので大音量にする必要はないとは思いますが。

【携帯性】
どちらも専用のケースがあり、破損や耐久性と収納時のサイズを考えるとケースにしまうのが1番いいと思いますが、どちらも気軽に持ち運びするものではないですね。
首に掛けておくのもアリですが、イヤーパッドの劣化が早くなるのでおすすめはしません。
また、バッテリー交換ですが、QC35 2は問い合わせたところ「構造上バッテリーのみの交換はできないないので新品交換となり、費用は約33,000円かかります」とのこと。1000XM2は約8,000円で交換できるとのことです。器用な人なら自分で交換もできるようです。※当然保証外になりますが・・・(笑)

【Bluetooth】
無線接続で聴く人にはここが大きなポイントとなるでしょう。BluetoothコーデックにはSBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACなどがあり、右に行くほど高音質になるのですが、QC35 2はSBCのみしか対応していません(Apple製品ならAAC接続もできるようですが非公式のようです)。1000XM2は上記のコーデック全てに対応しており、Bluetooth接続でも高音質で音楽を楽しめます。

【総評】
フィット感はQC35 2の方が上ですが、音質やノイズキャンセリング、Bluetoothコーデック、バッテリー交換費用の安さでは1000XM2の方が上です。それなのに価格はQC35 2が約40,000円なのに対し、1000XM2は約34,000円ほどです。やはりBOSE製品にはブランド代が・・・。
QC35 2と迷っている方がいれば、1000XM2の方を強く薦めます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
NCヘッドホン  4 2019年8月15日 19:13
すばらしい  5 2019年7月21日 18:41
デビューにオススメ  5 2019年6月25日 21:11
アームが壊れやすい  2 2019年2月28日 13:07
機内での使用には良好です  5 2018年12月27日 13:48
残念。  2 2018年11月28日 11:47
個人的なポータブルオーディオ革命  5 2018年11月14日 09:38
素晴らしい  5 2018年9月17日 05:50
新次元のヘッドフォン  5 2018年9月17日 04:10
そろそろモデルチェンジですが良いものです  5 2018年9月5日 23:26

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のレビューを見る(レビュアー数:52人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]
SONY

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]

最安価格(税込):¥25,800発売日:2017年10月 7日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM2 (N) [シャンパンゴールド]をお気に入り製品に追加する <350

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意