『Vega56 90W〜190Wで性能検証しました』 MSI Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB] chocodemioさんのレビュー・評価

2017年 9月 6日 発売

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]

「Radeon RX Vega 56」を搭載したビデオカード

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB] 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

搭載チップ:AMD/Radeon RX Vega 56 バスインターフェイス:PCI Express x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:HBM2/8GB Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の価格比較
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の店頭購入
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のレビュー
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のクチコミ
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の画像・動画
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のオークション

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]MSI

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2017年 9月 6日

  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の価格比較
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の店頭購入
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のレビュー
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のクチコミ
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]の画像・動画
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のオークション

『Vega56 90W〜190Wで性能検証しました』 chocodemioさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
4件
PC用テレビチューナー
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価
Vega56 90W〜190Wで性能検証しました

設定にて消費電力を90W〜190W(20W刻み)にして、性能比較しました。

【PC構成】
OS:Win10 Home
CPU:AMD Ryzen 7 1700 (3.7GHz)
RAM:CMK16GX4M2A2666C16 (2800MHz)
M/B:ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4 (BIOS ver.3.2)
GPU:AMD RX Vega56 8GB
電源:Seasonic SS-660KM 660W
CPUクーラー:Wraith Cooler
ケース:Fractal Design R5
モニタ:LG 34UM88C-P
※熱伝導グリスをコパスリに変更、熱伝導パットもクマパットに交換済

【今回の比較対象】
AMD RX480 8GB リファレンス

【ベンチマーク】
1:FF14 紅蓮の解放者 (ゲームベンチ)
2:SiSoftware Sandra (Lite) Platinum.SP2 (GP演算)
3:3DMARK Time Spy (グラフィックベンチ)
4:AsVideoConv(GPUエンコード速度)

【評価水準】
カスタムモードにて電力設定のみ変更
拡張同期:有効 HBCC:有効 FreeSync:有効
最大コアクロック:1592MHz 最大Memクロック:800MHz
電力設定は下記水準による


@最大90W (-47%)
A最大110W (-35%)
B最大130W (-23%)
C最大150W (-11%) ※パワーセーブ相当
D最大170W (±0%) ※バランス相当
E最大190W (+13%) ※ターボ相当

FRX480 定格1266MHz 2000MHz 最大150W(GP時は演算モード使用)

【結果】
1:FF14 紅蓮の解放者
(表示解像度2560x1440 DX11 最高品質 Windowモード)
(スコア/平均fps/GPU温度/HotSpot温度/HBM温度/GPU負荷/最大消費電力)


@ 7523 / 50.58fps / 73℃ / 85℃ / 72℃ / 99% / 88W
A 7665 / 51.74fps / 72℃ / 87℃ / 73℃ / 99% / 108W
B 8416 / 56.85fps / 73℃ / 90℃ / 74℃ / 99% / 129W
C 9059 / 61.14fps / 73℃ / 93℃ / 74℃ / 99% / 150W
D 9396 / 63.53fps / 74℃ / 98℃ / 74℃ / 99% / 167W
E 9675 / 65.47fps / 79℃ / 101℃ / 80℃ / 99% /188W

F 6824 / 46.06fps / 88℃ / - / - / 100% / 152W

※発熱が同程度ですが、ファン回転数は随分違います。
@は1400rpm、Eは2400rpmでした。


2:SiSoftware Sandra (Lite) Platinum.SP2 (GP演算/OpenCL)
(総合シェーダーパフォーマンス 単位:Gピクセル/秒)


@ 2.77GPx/s
A 3.00GPx/s
B 3.26GPx/s
C 3.46GPx/s
D 3.63GPx/s
E 3.78GPx/s

F 2.28GPx/s


3:3DMARK Time Spy
(表示解像度3440x1440 グラフィックスコアのみ CPUスコアは8000弱)
(グラフィックスコア/Test1 fps/Test2 fps)


@ 4603 / 32.07fps / 24.07fps
A 4697 / 32.55fps / 25.60fps
B 5146 / 35.64fps / 28.05fps
C 5517 / 38.32fps / 30.00fps
D 5734 / 39.76fps / 31.23fps
E 5924 / 41.02fps / 32.30fps

F 4083 / 27.52fps / 22.76fps


4:AsVideoConv
(3840x1620 3:30 307MBのMP4 等倍VEC H.264エンコード /QP固定)
(エンコード時間/変換fps/出力サイズ)


@ 2:00 / 44fps / 271MB
A 2:01 / 44fps / 271MB
B 2:00 / 45fps / 271MB
C 2:00 / 44fps / 271MB
D 2:01 / 45fps / 271MB
E 2:00 / 46fps / 271MB

F 4:35 / 19fps / 271MB



【結果】
現状、90W縛りで常用していますが、
Radeon設定で調整できる下限値付近でも安定作動する上、
消費電力をほぼ限界まで絞っても、それでもRX480のデフォルト設定より
能力に余裕があります。
設定で消費電力を絞っているので、ゲームやベンチ、madVRを使っても
90W以上は超えません。

高い周波数を使わなくなるので、僅かに遅くはなりますが、
madVRのNNEDI64設定も(設定次第で)カクつきなくきちんと走り、
動画を楽しめます。

ゲームもWQHDで評価すればこそ60fps割れしてますが、
FHDだと役不足なほど余裕です。



【一言感想】
このサイトに掲載されている56は相変わらず高いですが、
適正価格であれば、RX480の置き換えとしても良いかもしれません。
なぜって、RX480の全力を超える性能を、より低消費電力で楽しめるのだから。
それにHDRに対応したFreeSync2や、HBCC(VRAM拡張)、拡張同期などなど、
現状Vega世代以降でないと使えない機能もあります。

もっぱら動画を楽しむ人なので、電力制限機能は頼もしいです。
標準設定にてmadVRで流し見してると、
しれっと170Wで延々再生していることに気付いたり…。

ここまでやるとシステム消費電力も200Wを切ってますから、
電気代的にも少し助かります。

改めて、Vegaは幅広いニーズに応えられる良い製品だと感じますね。


レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった42人(再レビュー後:29人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価
Vega56 110W〜190Wで性能検証しました
   

検証3にて64化したときのスコア

   

クチコミ欄で実施した追加検証を包括しつつ、
消費電力を110W〜190W(20W刻み)で性能比較しました。

【PC構成】
OS:Win10 Home
CPU:AMD Ryzen 7 1700 (3.7GHz)
RAM:CMK16GX4M2A2666C16 (2800MHz)
M/B:ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4 (BIOS ver.3.2)
GPU:AMD RX Vega56 8GB
電源:Seasonic SS-660KM 660W
CPUクーラー:Wraith Cooler
ケース:Fractal Design R5
モニタ:LG 34UM88C-P
※Vega56は熱伝導グリスをコパスリに変更 ←液体金属より総合性能が高かった

【今回の比較対象】
AMD RX480 8GB リファレンス

【ベンチマーク】
1:FF14 紅蓮の解放者 (ゲームベンチ)
2:SiSoftware Sandra (Lite) Platinum.SP2 (GP演算)
3:3DMARK Time Spy (グラフィックベンチ)
4:AsVideoConv(GPUエンコード速度)

【評価水準】
カスタムモードにて電力設定のみ変更 拡張同期:有効 HBCC:有効 FreeSync:有効
最大コアクロック:1592MHz 最大Memクロック:800MHz 電力設定は下記水準による

@最大110W (-35%)
A最大130W (-23%)
B最大150W (-11%) ※パワーバランス相当
C最大170W (±0%) ※バランス相当
D最大190W (+13%) ※ターボ相当

ERX480 定格1266MHz 2000MHz 最大150W(GP時は演算モード使用)

【結果】
1:FF14 紅蓮の解放者(表示解像度2560x1440 DX11 最高品質 Windowモード)
(スコア/平均fps/GPU温度/HotSpot温度/HBM温度/GPU負荷/GPU最大消費電力)

@ 7665 / 51.74fps / 69℃ / 83℃ / 71℃ / 99% /108W
A 8416 / 56.85fps / 73℃ / 90℃ / 74℃ / 99% / 129W
B 9059 / 61.14fps / 73℃ / 93℃ / 74℃ / 99% / 150W
C 9396 / 63.53fps / 74℃ / 98℃ / 74℃ / 99% / 167W
D 9675 / 65.47fps / 79℃ / 101℃ / 80℃ / 99% /188W

E 6824 / 46.06fps / 88℃ / - / - / 100% / 152W


2:SiSoftware Sandra (Lite) Platinum.SP2 (GP演算/OpenCL)
(総合シェーダーパフォーマンス 単位:Gピクセル/秒)

@ 3.00GPx/s
A 3.26GPx/s
B 3.46GPx/s
C 3.63GPx/s
D 3.78GPx/s

E 2.28GPx/s


3:3DMARK Time Spy(表示解像度3440x1440 グラフィックスコアのみ CPUスコアは8000弱)
(グラフィックスコア/Test1 fps/Test2 fps)

@ 4697 / 32.55fps / 25.60fps
A 5146 / 35.64fps / 28.05fps
B 5517 / 38.32fps / 30.00fps
C 5734 / 39.76fps / 31.23fps
D 5924 / 41.02fps / 32.30fps

E 4083 / 27.52fps / 22.76fps


4:AsVideoConv(3840x1620 3:30 307MBのMP4を等倍でVEC H.264エンコード QP固定 他オート)
(エンコード時間/変換fps/出力サイズ)

@ 2:01 / 44fps / 271MB
A 2:00 / 45fps / 271MB
B 2:00 / 44fps / 271MB
C 2:01 / 45fps / 271MB
D 2:00 / 46fps / 271MB

E 4:35 / 19fps / 271MB

【クチコミ欄 検証2の補足】
まず、検証2のHotSpotの記述は誤報でした・・・当該部は光るRADEONの照明です;;
正しいHotSpotはプリント基板上のどこかで拾ってるはずですが、どこかは分かりません。
なお、当該温度のリミット温度は105℃付近なので、100℃付近は異常ではないです。
負荷により一瞬であがり、負荷消失で一瞬で下がるので、グリス塗ミスや漏電の類でもありません。

冒頭に書いたように、出荷状態⇒クマグリス⇒クマメタルと試して、最後はコパスリップに落ち着きました。
(PC専用品ではないものの、冷却性、安全性で勝る)

【検証3の64化の3DMARK結果】(結果記述は↑と同じ)

@クロックを1632MHz、HBMクロックを945MHz、電力制限を220Wに上げ、64バランス相当にしたもの
AVBIOSを64(無印)へ書き換え、64バランスとしたもの

@ 6336 / 44.19fps / 34.35fps
A 6507 / 45.42fps / 35.25fps


【一言感想】
1070Tiが出て、やっぱりゲームはN社だなと言われてますが、
ゲームに強いGPUメーカーなので当然でしょうと。ゲーム目的なら右往左往せずN社がお勧めです。

ラデオンはエンターテイメントを楽しむグラボです。ゆえにラデオンにはまると、競合は減塩料理に思えてきます。
N社の技術で作ったゲームに彩度が控えめなゲームが多いのは関係あるのかしら…

Vegaは最新技術が多く、加えて(リファのくせに)拡張性も高いので1〜2年で陳腐化はしないです。
64に比べると、56のほうが上にも下にもそこそこの耐性があるようで、弄り甲斐があります。
AMDの夢/思想を共になぞりたい人には是非一押しのグラボです♪



レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった5

満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト無評価
60fps環境なら単体170Wを超えることはなかった

TESV SE評価時のGPU-Zモニタ

FF14ベンチマーク

TESV評価時のパフォーマンスモニター

物欲に負けて買っちゃいました。
さくっといくつかベンチしてみます。

【PC構成】
OS:Win10 Home
CPU:AMD Ryzen 7 1700 (3.7GHz)
RAM:CMK16GX4M2A2666C16 (2800MHz)
M/B:ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4 (BIOS ver.3.2)
GPU:AMD RX Vega56 8GB(プライマリ-バランス HBCC)
電源:Seasonic SS-660KM 660W
CPUクーラー:Wraith Cooler
ケース:Fractal Design R5
モニタ:LG 34UM88C-P

【今回の比較対象】
AMD RX480 8GB リファレンス
※以降の結果において《》で囲ったものがRX480の結果です

【実測定値ソース】
GPU-Z/ MSI アフターバーナー /Skyrim パフォーマンスモニター

【ベンチマーク】
1.SiSoftware Sandra ライト版 (Lite) Platinum.SP2
 (GP演算/グラフィックスレンダリング/グラフィックスメモリ)
2.AsVideoConv
(GPUエンコード速度)
3.madVR
(同一条件でのレンダリング速度)

4.FF14 蒼天のイシュガルド
 (ゲームベンチ  ※今って紅蓮なんですね、忘れてました…)
5.TESV SpecialEdition
 (ゲームベンチ   ニューゲーム〜馬車停止まで)


【1、SiSoftware Sandra (Lite) Platinum.SP2】

インターフェース : OpenCL
総合シェーダーパフォーマンス : 3.88Gpx/秒 《982.58Mpx/秒》
半分シェーダーパフォーマンスネイティブ : 12.87Gpx/秒 《1.86Gpx/秒》
浮動小数点シェーダーネイティブ : 12.36Gpx/秒 《1.86Gpx/秒》
Wシェーダネイティブ : 1.22Gpx/秒 《519.72Mpx/秒》
Qシェーダーネイティブ : 74.38Mpx/秒 《34.64Mpx/秒》

タイプ : OpenGL
総合シェーダーパフォーマンス : 2.47Gpx/秒 《982.58Mpx/秒》
半分シェーダーパフォーマンスネイティブ : 6.7Gpx/秒 《1.86Gpx/秒》
浮動小数点シェーダーネイティブ : 6.69Gpx/秒 《1.86Gpx/秒》
Wシェーダネイティブ : 914.65Mpx/秒 《519.72Mpx/秒》
Qシェーダーネイティブ : 57.21Mpx/秒 《34.64Mpx/秒》

タイプ: D3D 10
総合的なメモリーパフォーマンス : 56.2GB/秒 《42GB/秒》
内部 メモリ帯域 : 300.63GB/秒 《185GB/秒》
データ転送帯域 : 10.5GB/秒 《9.54GB/秒》

デバイス最大消費電力 :表示されず(実測 168W) 《150W(実測 155W)》
最大速度 : 1.59GHz 《1.27GHz》
ピーク処理性能 : 11.4TFLOPS 《5.83TFLOPS》
トータルメモリー : 11.81GB 《8.00GB》

【2、AsVideoConv】
1440p 4:38 MP4(143MB)を固定QP(品質重視)にてVCEエンコード
136fps 48秒 100MB 《43fps 154秒 50MB》

【3、madVR】 1080p⇒1440p cromaUP NNEDI3-32、imageUP NNEDI3-16 High 1.2x
Average stats rendering 7.45ms d/f 0 GPU負荷35% 消費max 21W
《31.75ms d/f 2 GPU負荷98% 消費max 54W》

【4、FF14 蒼天のイシュガルド】
WQHD 最高品質 窓 10005 平均消費165W 《FHD 同左 10129 平均消費W 155W》

【5、TESV SpecialEdition】
USA版 Ver1.53 SKSE64導入 ENB無し 導入mod 193 画質設定 BethINI-Ultra fps制限 60
fps min_46 ave_56 max_60 GPU負荷99% GPU温度74度 最大消費W 167W
《fps min_33 ave_40 max_60 GPU負荷100% GPU温度79度 最大消費W 159W》


【良い点】
・話に聞いてるより随分と消費W少ないよ
・RX480とほぼ同じ消費電力で、能力1.5~2倍
・HBCCにより認識するVRAMが12GB程度に達する
・madVRで同負荷なら低負荷。動画沢山見るので助かる
・冷却が優秀
・RX480よりVRAM使用量が下がってる
・コネクタキャップが地味に嬉しい
・ファン音は480のほうが煩い

【悪い点】
・高い。希望小売価格って絵に描いた餅なの?
・重い(1.1kg)
・挿して初回起動時にBIOS立ち上がらず、再起動したらチェックディスク始まった…ま、プチトラブルはご褒美
・知り合いに買ったよ報告したら、産廃買ったの?乙と煽られた…カナシミ
・大きい。R5でもHDDあると40mm隙しかない
・推奨650Wは12Vラインがその程度のキャパがあるか、なので注意(消費少なかったので良いと思うけども)


AMDは夢しか見せてくれないと人は言う。
それでも、凄いのはよくわかるけど、トキメキを感じさせてくれないnVIDIAには食指が動かない。
まぁ、すっかりAMDerなんでしょうね。

消費Wが低いのは、60fps制限で使ってるからかなと。
上限無くせば悪化するのは当然。
でも、世界のPCゲーマーの2/3は60fpsユーザーらしいし、
悪い話って1/3のユーザー限定なんじゃない?と感じる。(ベンチ全般に言えるけど)


興味があるのだけど悩んでいるの・・・・このレビューがそんな方たちの何か後押しになれたら嬉しいです。


レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]
MSI

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2017年 9月 6日

Radeon RX Vega 56 8G [PCIExp 8GB]をお気に入り製品に追加する <17

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意