Insta360 ONE レビュー・評価

Insta360 ONE

  • 4K対応の動画と最大7K・2,400万画素の静止画をワンタッチで撮影できる360度カメラ。
  • 120fpsのスローモーション撮影と、撮影した映像を編集できる「Free Capture(フリー・キャプチャー)」機能を搭載している。
  • 手ぶれ補正機能「FlowStateスタビライゼーション」を搭載し、走って撮影してもブレない滑らかな映像が撮影できる。
Insta360 ONE 製品画像

最安価格(税込):¥28,017 (前週比:-1,129円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年 8月28日

店頭参考価格帯:¥37,369 〜 ¥37,369 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 撮影時間:70分 本体重量:82g 撮像素子:CMOS 1/2.3型 Insta360 ONEのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Insta360 ONEの価格比較
  • Insta360 ONEの店頭購入
  • Insta360 ONEのスペック・仕様
  • Insta360 ONEのレビュー
  • Insta360 ONEのクチコミ
  • Insta360 ONEの画像・動画
  • Insta360 ONEのピックアップリスト
  • Insta360 ONEのオークション

Insta360 ONEShenzhen Arashi Vision

最安価格(税込):¥28,017 (前週比:-1,129円↓) 発売日:2017年 8月28日

  • Insta360 ONEの価格比較
  • Insta360 ONEの店頭購入
  • Insta360 ONEのスペック・仕様
  • Insta360 ONEのレビュー
  • Insta360 ONEのクチコミ
  • Insta360 ONEの画像・動画
  • Insta360 ONEのピックアップリスト
  • Insta360 ONEのオークション

満足度:3.56
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:9人 (プロ:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 3.71 4.39 -位 見た目のよさ、質感
画質 3.43 4.21 -位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 2.57 3.97 -位 メニュー操作・設定のしやすさ
機能性 3.99 4.16 -位 さまざまな機能を備えているか
バッテリー 2.99 3.67 -位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.00 4.34 -位 軽さ、コンパクトさ
液晶 1.00 4.13 -位 液晶画面は見やすいか
音質 3.20 3.92 -位 マイク感度、スピーカー音質など
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Insta360 ONE

Insta360 ONEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「撮影シーン:ビジネス」で絞込んだ結果 (絞込み解除

エスプレッソSEVENさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
120件
ビデオカメラ
1件
36件
デジタル一眼カメラ
0件
29件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質3
操作性3
機能性3
バッテリー3
携帯性5
液晶無評価
音質無評価

Richo Theta V をメイン機として、室内の静止画撮影が多い者です。
Theta V と比較して残念な点が多いカメラです。

・室内で蛍光灯を光源とする場合、露出がアンダーになると途端にモアレが出まくります。(他機でもモアレが出る場合はありますが、本機ほどではありません。)
・ステッチはThetaよりも上手くありません。私の経験では天頂と足下は、結構狂います。ただキャリブレーション機能がありますので、使い手次第かもしれません。
・撮影時にHDRのような機能はありません。自動でブラケット撮影もできませんので、後にHDR処理する前提ならISO固定で、手動で4〜5枚程度 EV値を変えて撮る必要があります。
・リモート撮影はスマフォとBluetooth接続で簡単ですが、撮影前に絵の確認が出来ません。撮影後も小っちゃなサムネイルの一コマ的なモノが出るだけで、撮影結果をチェックしたければiPhoneかiPadと結合しなくてはなりません。
・ファイル形式はライバル機では当たり前の *.jpg ではなく、*.insp (動画は *..insv)というもので、Theta よりも撮影後処理にずっと手間が掛かります。
・画像1枚あたりの画素数はTheta より多いですが、ファイル容量が大きい割に鮮鋭度に欠けます。色もクセが強い気がします。

屋外で光量のあるところで、固定した被写体を手動でブラケット撮影した場合は
後でHDR合成すれば、Theta の同課程の結果よりも最終的な画質は良くなります。
(※あくまで光源が自然光の場合です。室内の人工光では、モアレの関係でブラケット撮影自体が成立しない場合が多いです。)

作例
https://photohito.com/photo/8490917/
https://photohito.com/photo/8490918/

不動産や中古車販売などお仕事でお使いの方は本機種は避けましょう! と言わざるを得ないカメラです。
動画撮影や、Insta360 のサイトで手法が紹介されている奇抜な映像表現に関しては、私はやったことがありませんので他の詳しい方に譲ります。

撮影シーン
ビジネス

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

∞もずく∞さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
3件
30件
デジタル一眼カメラ
2件
4件
雲台
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
機能性5
バッテリー2
携帯性5
液晶無評価
音質3

あの時コレに決めた自分を褒めてあげたい!

今でこそ360°カメラの使い方も増えてきましたが最初にRICOHのシータを見た時は

"面白い!いよいよ撮影もVRの時代か"

なんてワクワクしつつも高いし自分が思うような使い方が出来ないから見送りかなぁ…なんて

そんな時に比較的安く買えるしLightning直付けでiPhoneに転送できるところが気に入って個人輸入でかなり早めに直接insta360の会社からコレを買いました

最初は画質も悪い、コントラストもボヤッとしてる、ダイナミックレンジも狭くて白飛びだらけ…あーーーやっちまったかもって

ところがところが

アプリも本体も幾度となくアップデートを繰り返してくうちに"アレ?悪くないぞ" "お?新しく使える機能が増えた" "編集で面白いこと出来る!"等々

大きな意味での画質向上、アプリの使い勝手向上、新機能と編集時に手ブレを完全に無くす機能や編集時の設定などが増え発売時と全く別物になりました

先日もアプリのアップデートがありついに望んでいた動画の色味調整が出来るようになりました

これから何がアプデされていくのか楽しみで仕方がない商品はコレが初めてです

給電バッテリー内蔵リモコン付きバレットタイムハンドル込み一脚とか出して欲しいなぁ

出来る事を見たい人は

https://youtu.be/0Cl3AKVzGtQ の8:50あたりから一脚を使ってアプリで編集した部分を確認して見てください



参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CND1996さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
6件
ドローン・マルチコプター
0件
3件
もっと見る
満足度2
デザイン4
画質3
操作性1
機能性3
バッテリー3
携帯性4
液晶無評価
音質3

4K動画や画質は問題なしですが、スティッチ性能はRICHOのThetaシリーズの方が各段に上。
携帯性は他のVRカメラと比べても小さめで専用ケースが簡易スタンドにもなって〇
機能性もバレットタイム撮影や対応アプリによる編集も問題なく楽しめる。
しかし、唯一の弱点は全てがi-phoneを想定して作られており、xperiaユーザーには開発が遅れ気味…
xperiaのメーカーの多様性の壁にぶちあたっています…今後のアップデートに期待。
ちなみに自身がもつxperia xz premiumではBluetoothが認識しないという不具合があります。
リモート操作するためにもBluetoothが機能しないのは致命的弱点ですね

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:49件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質3
操作性4
機能性4
バッテリー3
携帯性3
液晶無評価
音質3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個人的に購入した製品でレビューします

【デザイン】
丸みを帯びた愛嬌あるデザインです。少し厚みは感じますが、iPhoneに装着しても意外に違和感ありません。ただ収納用の樹脂製カバーが野暮ったいですね。取り外したあと樹脂製カバーが邪魔になるので、レンズのみを保護するコンパクトなカバーがあったらいいのにと感じました。

【画質】
解像感は非常に高いです。マニュアル撮影すれば暗所でもノイズ少なく撮影可能です。気になったのはスティッチの精度。強い光源があると、ふたつのカメラの明るさが大きくずれて、たとえばリコーのTHETA Sと比べてもつなぎ目がかなり目立ちます。ハードウェアスペックは高いですが、画質面ではまだTHETAシリーズに追いついていないというのが率直な感想です。

【操作性】
iPhoneに接続しているときは、撮影してすぐ共有できるのが非常にお手軽です。撮影操作をすべてiPhoneの画面でこなせるのもいいですね。単体での操作も、シャッターボタンを押す回数で異なる撮影がスタートするという非常にわかりやすいものです。ちょっと残念なのがリモート撮影。Bluetoothで接続しているので、撮影時にプレビュー映像を表示しない仕様となっています。解像度が粗く、フレーム数が少なくてもいいので、構図を確認できるようなアップデートを望みます。

【機能性】
グルグル振り回すだけでマトリックス的な撮影が可能な「バレットタイム撮影」がとにかく楽しいです。バレットタイム撮影専用機としてだけでも十分価値がありますね。

【バッテリー】
動画撮影しているとみるみるバッテリーが減っていきます。モバイルバッテリーからUSB端子経由で充電できるので、移動中にこまめに注ぎ足し充電するといいでしょう。

【携帯性】
重さは82gなのでつねにカバンに入れていてもジャマにはなりません。ただボディーの厚みが少々気になりますね。よほどゆったりしたパンツでないかぎり、ポケットに入れて歩くのは違和感が大きいです。

【液晶】
液晶ディスプレイはないので無評価とします。

【音質】
360度カメラとしては標準的です。しかしTHETA Vでは360度空間音声記録可能なマイクがアクセサリーで用意されています。音にも360度の臨場感を求めるならTHETA Vを選ぶべきです。

【総評】
画質や、360度空間音声記録などのクオリティー面ではTHETA Vには及びませんが、バレットタイム撮影という独自撮影機能が楽しく、また、iPhoneと接続すれば撮影→共有をシームレスにできる点が魅力です。同社のカメラはアップデートで多くの機能が追加され、またクオリティーも改善されていきます。今回欠点として挙げた点も、半年後には多くが改善されているはずです。

参考になった7人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Insta360 ONE
Shenzhen Arashi Vision

Insta360 ONE

最安価格(税込):¥28,017発売日:2017年 8月28日 価格.comの安さの理由は?

Insta360 ONEをお気に入り製品に追加する <120

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ビデオカメラ]

ビデオカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ビデオカメラ)

ご注意