『サブウーファ追加で超改善』 DENON PMA-60 momsさんのレビュー・評価

2017年10月下旬 発売

PMA-60

  • ハイレゾ音源をさらに原音に近づけるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載したコンパクト設計のプリメインアンプ。
  • 増幅回路にQualcomm「DDFA」の最新バージョン(※発売時)を採用し、Class Dアンプの課題であったひずみや電源変動による音質劣化を克服。
  • Bluetooth機能搭載(aptX Low Latency / AAC / SBC、NFC対応)で、iOSやAndroidスマホなどからワイヤレスで音楽が楽しめる。ペアリングは最大8台まで。
PMA-60 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥70,000

定格出力:25W/8Ω/50W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜16Ω アナログ入力:1系統 PMA-60のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • PMA-60の価格比較
  • PMA-60の店頭購入
  • PMA-60のスペック・仕様
  • PMA-60のレビュー
  • PMA-60のクチコミ
  • PMA-60の画像・動画
  • PMA-60のピックアップリスト
  • PMA-60のオークション

PMA-60DENON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月下旬

  • PMA-60の価格比較
  • PMA-60の店頭購入
  • PMA-60のスペック・仕様
  • PMA-60のレビュー
  • PMA-60のクチコミ
  • PMA-60の画像・動画
  • PMA-60のピックアップリスト
  • PMA-60のオークション

『サブウーファ追加で超改善』 momsさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PMA-60のレビューを書く

momsさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:494人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
3件
外付けHDD・ハードディスク
1件
4件
プリンタ
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性5
音質4
パワー2
機能性5
入出力端子3
サイズ5
サブウーファ追加で超改善

サブウーファ追加で音が超改善されたので再レビューしようと思ったのですが、まさかの販売終息・・人気機種のはずですが、新機種が出るんですかね・・それとも半導体不足関係かな?

サブウーファ(DALI SUBE9F)を繋いで、音が激変しました。低音は別のものに任せるというのがコンセプトだったのかもしれません。

ボーカルものと動画程度しか聴けないと思っていたものがフルオーケストラまで聴けるように。
ウーファ購入直後は、明らかにウーファ側から音が出てるし何か汚い音だし何じゃこりゃと思いましたが、ウーファ上に物を載せていたのが原因でした。

音は綺麗になったものの何か五月蠅いし味の無い音だなと思っていたら、ウーファ側のボリューム不足でした。1mmくらいつまみを動かしただけなのですが。

すごくいい音になったけどちょっと低音がボワボワしてるよな・・というのは、AMAZONで4個600円くらいの木片を買ってウーファの下に置いたらなおりました。

最高です。これでアンプがA-S801だったらさぞかし良い音じゃないかとも思いますが、A-S801のプリアウトがサブウーファボリューム連動するのかはわかりません。何となくしないような気が。
販売終息はちょっと勿体ない気はしますが、そのうち新機種が出るでしょう。
これでYAMAHAの新機種が出るまでの充分な繋ぎになったと思います。というかこのままでも問題無いです。

--------------------
使ってみてだんだん良さ、悪さがわかってきたので、レビュー書き直しました。
両極端の、YAMAHA A-S801との比較で書きます。
多分、USBDAC搭載のアンプを買う人はどちらかを購入するのが現状ベストだと思いますので。

[音]
・PMA-60:ポピュラー音楽、ボーカル、ゲーム、動画、安価なスピーカー向け
・A-S801:クラシック、ピアノ等音楽全般、高価なスピーカー向け
※安価なスピーカーや、ゲーム動画主体の人はPMA-60一択。音楽主体の人はA-S801一択。

[操作性]
・PMA-60:単純明快で、知識が要らない、設定を誤ってもディスプレイで確認可能。アプリによっては、ASIO利用の後、アプリ再起動が必要になる。
・A-S801:ASIOとミキサー2系統同時出力は便利。アプリ起動の都度切替が不要。何も考えずにASIOと通常LINE入力サウンドを切替せず同時音声出力が可能。DSD出力に工夫必要。DSD再生ができているかディスプレイが無く確認が出来ない。音楽プレイヤーソフトによっては設定が非常に難解。

※音量をリモコンでなくPCから操作する人は、PMA-60はフリーソフトVolume2必須。
 Volume2の音量設定は「アプリケーション」で必要プロセスを登録。(これがなかなか難しい)

[サイズ]
・PMA-60:小さくどこでも置ける。USBケーブルの長さを気にする必要が無い。
※本機種最大のメリット
・A-S801:大きく置き場所に困る。USBケーブルは3m以内におさめる必要あり、
 これが出来ない場合はA-S801の選択肢は無い。

総じて、ライトユーザーはPMA-60が良く、オーディオに拘る人はYAMAHA選択になると思います。

[音に関する詳細]
・PMA-60:クリア、明瞭、聴き疲れする。短時間の試聴に向く
・A-S801:音楽メインの場合に向く。ピアノや弦楽器などを聴く場合はPMA-60の選択肢は無い。

どちらもコストパフォーマンスに優れる。それなりの音でこのサイズで使い勝手が良いのはPMA-60がダントツ。7万そこそこでピュアオーディオの世界に近い音が得られるのはA-S801がダントツ。

結局、人によるということですね。
クラシックやピアノ、弦楽器を聴く人がPMA-60を買うのは有り得ないし、ゲームや動画主体の人ならA-S801を買う意味がありません。利用しているスピーカーでその人の傾向がわかると思うので、スピーカーで決めては如何でしょうか。1本5万以上のスピーカーの人はA-S801、以下の人はPMA-60、という感じで。

[パワー]:PMA-60は最大25Wで、20~100Wのような、本格派スピーカー利用の方は場所は何とかしてA-S801、ライトユーザはPMA-60という感じです。うちは20~100Wのスピーカーなので、スピーカーの音が死に体です。

条件にマッチして、Volume2の設定ができる人であれば、PMA-60は価格サイズ的にベストチョイスになるかと思います。

わたしは完全にA-S801が向くタイプですが、PMA-60でもしばらくは使い続けてもいいかな、という気分になっています。YAMAHAから新機種が出たら即買い換えますが。

レベル
初心者

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性5
音質3
パワー2
機能性5
入出力端子3
サイズ5
コストパフォーマンス良し

使ってみてだんだん良さ、悪さがわかってきたので、レビュー書き直しました。
両極端の、YAMAHA A-S801との比較で書きます。
多分、USBDAC搭載のアンプを買う人はどちらかを購入するのが現状ベストだと思いますので。
お店の人と共通認識なのですが、中庸がマランツになります。お勧めしない。

[音]
・PMA-60:ポピュラー音楽、ボーカル、ゲーム、動画、安価なスピーカー向け
・A-S801:クラシック、ピアノ等音楽全般、高価なスピーカー向け
※安価なスピーカーや、ゲーム動画主体の人はPMA-60一択。音楽主体の人はA-S801一択。

[操作性]
・PMA-60:単純明快で、知識が要らない、設定を誤ってもディスプレイで確認可能。アプリによっては、ASIO利用の後、アプリ再起動が必要になる。
・A-S801:ASIOとミキサー2系統同時出力は便利。アプリ起動の都度切替が不要。何も考えずにASIOと通常LINE入力サウンドを切替せず同時音声出力が可能。DSD出力に工夫必要。DSD再生ができているかディスプレイが無く確認が出来ない。音楽プレイヤーソフトによっては設定が非常に難解。

※音量をリモコンでなくPCから操作する人は、PMA-60はフリーソフトVolume2必須。
 Volume2の音量設定は「アプリケーション」で必要プロセスを登録。(これがなかなか難しい)

[サイズ]
・PMA-60:小さくどこでも置ける。USBケーブルの長さを気にする必要が無い。
※本機種最大のメリット
・A-S801:大きく置き場所に困る。USBケーブルは3m以内におさめる必要あり、
 これが出来ない場合はA-S801の選択肢は無い。

総じて、ライトユーザーはPMA-60が良く、オーディオに拘る人はYAMAHA選択になると思います。

[音に関する詳細]
・PMA-60:クリア、明瞭、聴き疲れする。短時間の試聴に向く
・A-S801:音楽メインの場合に向く。ピアノや弦楽器などを聴く場合はPMA-60の選択肢は無い。

どちらもコストパフォーマンスに優れる。それなりの音でこのサイズで使い勝手が良いのはPMA-60がダントツ。7万そこそこでピュアオーディオの世界に近い音が得られるのはA-S801がダントツ。

結局、人によるということですね。
クラシックやピアノ、弦楽器を聴く人がPMA-60を買うのは有り得ないし、ゲームや動画主体の人ならA-S801を買う意味がありません。利用しているスピーカーでその人の傾向がわかると思うので、スピーカーで決めては如何でしょうか。1本5万以上のスピーカーの人はA-S801、以下の人はPMA-60、という感じで。

[パワー]:PMA-60は最大25Wで、20~100Wのような、本格派スピーカー利用の方は場所は何とかしてA-S801、ライトユーザはPMA-60という感じです。うちは20~100Wのスピーカーなので、スピーカーの音が死に体です。

条件にマッチして、Volume2の設定ができる人であれば、PMA-60は価格サイズ的にベストチョイスになるかと思います。

わたしは完全にA-S801が向くタイプですが、PMA-60でもしばらくは使い続けてもいいかな、という気分になっています。YAMAHAから新機種が出たら即買い換えますが。

レベル
初心者

参考になった2

満足度4
デザイン4
操作性5
音質3
パワー2
機能性5
入出力端子3
サイズ5
コストパフォーマンス良し

訂正
Volume2で「アクティブなアプリケーション」設定は駄目みたいです。多数のアプリが音量変わりませんでした。「音量の変更」の「アプリケーション一覧」に手当たり次第に登録しておくのが良さそうです。これだと、通常の右下アイコンボリューム変更と変わらない操作性になります。アプリ登録設定に「登録するアプリにドラッグ」というのがありますが、ストアアプリとかほとんど効かないので、プロセス一覧から登録するのが良いです。

さっき書かなかったのですが、このアンプやたらゲームや動画の音が明瞭で聴きやすいですね。それだけ中高音特化で、だから音楽だと聴き疲れるんですかね。
もう次のアンプ選びに入っていたのですが、異様に高価なやつ以外、A-S801を上回りそうなのはなさそうですね・・だいぶ昔の機種だしてっきり最新版か上位版があると思ったのですが。もう一度同じのを買うのは面白くないし、YAMAHAから新しいの出る気配は無いし、とりあえずお店に行って良いのが無いか訊いてみます。

----
今まで使っていたYAMAHAのA-S801が突如お亡くなりになり、吟味する間もなく、気にはなっていたPMA-50の後継機60が即日配達で在庫あったので、とりあえず音が出りゃいいという感じで買いました。今日届いたばかりで、オーディオは詳しくないしASIOとかよくわからないので、本レビューは参考程度で。

【デザイン】まずます
【操作性】シンプル。DSD再生時ディスプレイにそれと出るので、安心感あります。
【音質】価格の割には良いと思います。まさにデジタルという感じで、ピアノ、クラシックは余韻もクソも無い味気ない音で中高音もうるさく論外ですが、ボーカルとかポピュラー音楽なら充分じゃないでしょうか。私の比較対象がお値段1.5倍でサイズも出力も数倍のオーディオアンプA-S801なので、相手が悪すぎる感じです。そう言えばA-S801買ったときも、アンプでここまで音が変わるんだなあ、と思ったのを思い出しました。デフォルトでSource Directという色々バイパスする設定がオフになっており、オンにしたらちょっと音がクリアになった、ような気がしなくもない。
【パワー】無いです。今のスピーカーがDALIのMENUETという出力要るやつなので仕方ない。
【機能性】Bluetoothとかいっぱいついてるみたいです。多分良いのでしょう。
【入出力端子】あまり無いですが、PCとかスマホ用の製品だし充分でしょう。
【サイズ】ちっちゃくて最高です。

【総評】
音は、PC用としては充分及第点かと思います。それなりのスピーカー&クラシックは無理。そういう人はまずこれは買わないでしょうし、JAZZやロックは聴き疲れはしますが、向いてます。求められている用途には充分応えられていると思います。

ちょっと苦労したのがPCからのボリュームコントロール。YAMAHA(Steinberg)と違い排他1系統とかマスターボリューム(PC右下のやつ)は効かないかもとかは予期してましたが、ASIO対応のプレイヤーソフトからもコントロールが効かない。これはソフト上げ直したりしてたら効くようになりました。ゲームの音量をいちいちリモコンで変えるのは面倒だし音量ミキサー毎度起動するのも面倒だなあと思い、システム音やアプリ個別音量を変えられるツールがないかと探したら、今使っているマウスホイールで音量変更するために入れたVolume2というソフトが対応してました。ソフトの設定に、音量変更対象が「アクティブなアプリ」というのがあったので、これ完璧じゃん、と思ったら、メインのゲームがアプリ内でブラウザ(cef)を使っていて、そちらが音を出しているので駄目でした。やむを得ずVolume2音量コントロールの対象をcefにして、システム音とかは音量ミキサーで滅茶苦茶小さくしてChromeとかたまに音を聴くのは中くらいの音にすることにしました。どうせ私は右下音量はゲームしか使わないのでほぼ問題無いです。ほとんどの人は「アクティブなアプリ」で大丈夫と思います。

レベル
初心者

参考になった0

満足度4
デザイン4
操作性5
音質3
パワー2
機能性5
入出力端子3
サイズ5
コストパフォーマンス良し

今まで使っていたYAMAHAのA-S801が突如お亡くなりになり、吟味する間もなく、気にはなっていたPMA-50の後継機60が即日配達で在庫あったので、とりあえず音が出りゃいいという感じで買いました。今日届いたばかりで、オーディオは詳しくないしASIOとかよくわからないので、本レビューは参考程度で。

【デザイン】まずます
【操作性】シンプル。DSD再生時ディスプレイにそれと出るので、安心感あります。
【音質】価格の割には良いと思います。まさにデジタルという感じで、ピアノ、クラシックは余韻もクソも無い味気ない音で中高音もうるさく論外ですが、ボーカルとかポピュラー音楽なら充分じゃないでしょうか。私の比較対象がお値段1.5倍でサイズも出力も数倍のオーディオアンプA-S801なので、相手が悪すぎる感じです。そう言えばA-S801買ったときも、アンプでここまで音が変わるんだなあ、と思ったのを思い出しました。デフォルトでSource Directという色々バイパスする設定がオフになっており、オンにしたらちょっと音がクリアになった、ような気がしなくもない。
【パワー】無いです。今のスピーカーがDALIのMENUETという出力要るやつなので仕方ない。
【機能性】Bluetoothとかいっぱいついてるみたいです。多分良いのでしょう。
【入出力端子】あまり無いですが、PCとかスマホ用の製品だし充分でしょう。
【サイズ】ちっちゃくて最高です。

【総評】
音は、PC用としては充分及第点かと思います。それなりのスピーカー&クラシックは無理。そういう人はまずこれは買わないでしょうし、JAZZやロックは聴き疲れはしますが、向いてます。求められている用途には充分応えられていると思います。

ちょっと苦労したのがPCからのボリュームコントロール。YAMAHA(Steinberg)と違い排他1系統とかマスターボリューム(PC右下のやつ)は効かないかもとかは予期してましたが、ASIO対応のプレイヤーソフトからもコントロールが効かない。これはソフト上げ直したりしてたら効くようになりました。ゲームの音量をいちいちリモコンで買えるのは面倒だし音量ミキサー毎度起動するのも面倒だなあと思い、システム音やアプリ個別音量を変えられるツールがないかと探したら、今使っているマウスホイールで音量変更するために入れたVolume2というソフトが対応してました。ソフトの設定に、音量変更対象が「アクティブなアプリ」というのがあったので、これ完璧じゃん、と思ったら、メインのゲームがアプリ内でブラウザ(cef)を使っていて、そちらが音を出しているので駄目でした。やむを得ずVolume2音量コントロールの対象をcefにして、システム音とかは音量ミキサーで滅茶苦茶小さくしてChromeとかたまに音を聴くのは中くらいの音にすることにしました。どうせ私は右下音量はゲームしか使わないのでほぼ問題無いです。ほとんどの人は「アクティブなアプリ」で大丈夫と思います。

レベル
初心者

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「PMA-60」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
オーディオとして遊べる  4 2022年2月18日 18:26
普段使いに良いと思います。  4 2021年12月19日 09:52
サブウーファ追加で超改善  4 2021年7月19日 15:29
低音の不足感が否めない  2 2021年7月5日 19:09
デザインが素晴らしい  4 2021年3月31日 22:33
電源トラブルが致命的な欠点  1 2021年1月31日 15:50
サイズのわりには高音質  4 2021年1月29日 04:01
紛れもないDENONサウンド。  5 2020年12月1日 19:07
デスクトップオーディオに最適  5 2020年9月12日 10:34
未知との遭遇  5 2020年7月23日 20:20

PMA-60のレビューを見る(レビュアー数:39人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PMA-60のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PMA-60
DENON

PMA-60

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月下旬

PMA-60をお気に入り製品に追加する <381

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意