『二か月間乗った感想』 スズキ スイフトスポーツ 2017年モデル コメコメ丸。さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル

『二か月間乗った感想』 コメコメ丸。さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:1692人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
15件
26件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
5件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
二か月間乗った感想
   

航続可能距離が…

   

スイスポに乗り始めて二か月間,気づいた事を書いてみます。

まずいい所

やっぱり運転していて楽しい。重さをほぼ感じないので峠を走ると軽快に走れます。(コーナー楽しい)
お買い物車としても使用できる。そこそこ荷物も積めるので買い出しなどもOK

エンジンにトルクがあるのでテンポよくシフトアップしていけます。大人四人乗車時でも余裕があります。
そして以外に燃費がいいかな?燃費は気にせず以前のポロGTI、デミオDと同じようなペースで走行しています。

ちなみに車の燃費計はポロGTIは14キロ、デミオDは20キロ位でした。スイスポは17キロ位です。
まだまだ、スイスポのポテンシャルを発揮出来ていない事なのか…
そしてブレーキの制動力がすごい。デミオDのブレーキの制動力は不満でしたがスイスポは文句なしです。

気になる所

燃料タンクが小さい。(航続可能距離が短い)デミオDの航続可能距離が800キロが当たり前だったので600キロ位は行ってほしい。あと5リットルタンクを大きくしてくれないかな?
自動車用ガソリン比重 0.75位だからタンク重量も合わせてもそんなに重くならないはずなんだけど。

マルチインフォメーションディスプレイに速度をデジタル表示してほしい。どうしてもタコメーターに目が行ってしまうので速度を把握しにくい。デジタル表示なら瞬時に把握できるので。

後退時の音が欲しい。バックする時は無音なので違和感がある。ドライブポジションからハザードスイッチが遠い。結構、押すのに苦労してます。

スズキさん、マイナーチェンジでお願いします。

こいつ以前の試乗レビューではスイスポの事、絶賛していたのに何言ってるんだ?
と思って方もいると思いますが、個人的に運転が楽しすぎました。

試乗後に家に帰って色々悩みました。今乗っているデミオDもとてもいい車です。

頭の中で天使がデミオはまだまだ乗れる乗り換えなんてダメ!と言い
逆に悪魔が欲しいんだろ?買っちまえよと囁きます。
普通の人なら天使と悪魔が大乱闘?すると思いますが自分の場合サクと悪魔が勝ってしまいました。

気が付いたら連休前に納車になっていました。( ´艸`)
まだ、余り走れてはいませんが気が付いたことを少し書きます。

ギアの入りが意外に渋い時がある。ドライバーがへたくそなのを考慮に入れてもなかなかね。
試乗した車は走行距離が結構いっていたのでスコスコ入ったのですが・・・その内に当たりが出てスコスコ入ってくれると思います。

エンジンはトルクフルで扱いやすいです。5速に入れたままでもそこそこの坂道も何事もなく登っていきます。
インフォメーションディスプレイをブースト計にして見ていると、普通に周りの流れに合わせて走行している時はブーストが掛る時がほとんどないです。

迷惑にならないところで少し踏み込んでみて、純正のマフラーも結構いい音を奏でてくれます。
車に詳しくない人から見たら、見た目は普通のコンパクトカーです。
本当に羊の皮をかぶった狼です。でもそこが好きなんですよ。

最後にデミオに使っていたアームレストの根元を少し加工して取り付けてみました。シフトチェンジやサイドブレーキ引くときも邪魔にならずなかなか良いです。

燃費を気にするような車ではありませんが、周りの交通の流れに合わせたときは意外にいいです。
満タン法との誤差がどの位あるかは解りませんがこのくらい走ってくれるのなら満足です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった94人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
試乗するんじゃ無かった・・・

アームレスト

   

燃費

   

こいつ以前の試乗レビューではスイスポの事、絶賛していたのに何言ってるんだ?
と思って方もいると思いますが、個人的に運転が楽しすぎました。

試乗後に家に帰って色々悩みました。今乗っているデミオDもとてもいい車です。

頭の中で天使がデミオはまだまだ乗れる乗り換えなんてダメ!と言い
逆に悪魔が欲しいんだろ?買っちまえよと囁きます。
普通の人なら天使と悪魔が大乱闘?すると思いますが自分の場合サクと悪魔が勝ってしまいました。

気が付いたら連休前に納車になっていました。( ´艸`)
まだ、余り走れてはいませんが気が付いたことを少し書きます。

ギアの入りが意外に渋い時がある。ドライバーがへたくそなのを考慮に入れてもなかなかね。
試乗した車は走行距離が結構いっていたのでスコスコ入ったのですが・・・その内に当たりが出てスコスコ入ってくれると思います。

エンジンはトルクフルで扱いやすいです。5速に入れたままでもそこそこの坂道も何事もなく登っていきます。
インフォメーションディスプレイをブースト計にして見ていると、普通に周りの流れに合わせて走行している時はブーストが掛る時がほとんどないです。

迷惑にならないところで少し踏み込んでみて、純正のマフラーも結構いい音を奏でてくれます。
車に詳しくない人から見たら、見た目は普通のコンパクトカーです。
本当に羊の皮をかぶった狼です。でもそこが好きなんですよ。

最後にデミオに使っていたアームレストの根元を少し加工して取り付けてみました。シフトチェンジやサイドブレーキ引くときも邪魔にならずなかなか良いです。

燃費を気にするような車ではありませんが、周りの交通の流れに合わせたときは意外にいいです。
満タン法との誤差がどの位あるかは解りませんがこのくらい走ってくれるのなら満足です。

以上追記でした。




【エクステリア】
そんなに悪くはないと思います。以前に乗っていたポロGTIの面影があるような?エンジンルームには遮音材をもう少し入れて欲しかった。コストとの兼ね合いがあるのでしょうがないと思いますが。
ターボエンジンですが意外にスペースに余裕があります。これだと放熱性も乗っているデミオDより良さそうですね。デミオはエンジンルームに隙間が無く夏は熱がこもりやすいです。
フロントには大径の16インチベンチレーテッドディスクを採用しているのでノーマルでも17インチアルミホイールで足元が引き締まって見えます。

【インテリア】
このクラスの車なら一般的なレベルです。少し安っぽい所も目につきますが問題ないです。プッシュスタートボタンが右側にあるのは評価高いです。
ペダルにもアルミカバーが装着されていますし、フロントは専用のスポーツシートでホールド性を向上させています。この事からも見た目よりもドライブしている時の事を考えて設計されているのが感じ取れます。

【エンジン性能】
この車の最大の話題がこのエンジンです。車両重量970kgに140PS、23.4kg・mのエンジンが搭載されていれば走りが楽しくないわけがありません。
デミオの方がトルクは上ですが100キロ以上重いのでスイスポみたいな爽快な加速はありません。ただエンジンの安全マージンが多めのに取られているせいか回す楽しみはそんなにありません。すぐにレブまで逝ってしまいます。ここだけが不満ですが贅沢ですね。

【走行性能】
パワーウエイトレシオ7キロ未満、0〜100キロ8秒以下
https://www.youtube.com/watch?v=QT_1krdOsgg
抜群に制動力の良いブレーキ。そして軽快なハンドリングこれだけそろえば同クラスの国産車は相手になりません。それを6速MTであやつる楽しみ、試乗中顔がにやけてしまって同乗していたディーラーの人は引いていたかもしれません。
ゴメンナサイ。

【乗り心地】
モンロー製ストラット&ショックアブソーバーを採用しているので角の無いほど良い硬さといいますか表現がむずかしいです。乗り心地が悪いわけではなく、コーナーでは柔らかくすぎず上手くロールを抑えてくれます。
試乗なのであまり無理はできなかったです。
デミオとの違いはコーナーではスイスポが、高速道路での快適性はデミオに分があります。デミオより車重が軽い分横風に少し弱い気がします。
あと地味ですがスイスポのホイールは5穴です。他の国産コンパクトカーは知る限り4穴でした。

【燃費】
ターボエンジンなのでハイオクですがおとなしく走れは14キロ位は行くそうです。

【価格】
あるたとえを言います。ヴィッツGR SPORT (MT)と比べて主な違いを書きます。
エンジンはスイスポの方が格段パワフル、ヴィッツはノーマルと同じ、6MTに対して今どき5MT。タイヤも17インチに対して16インチ。
マフラーも2本出しに対して1本。 でも販売価格ではスイスポの方が24万くらい安い。
足回りとボディー剛性を少し高めてあとエアロをくっ付けてGR なんちゃってSPORTで売り出してしまうトヨタにも驚きですが、スイスポのコストパフォーマンスには驚くばかりです。

【総評】
今の世の中ハイブリッド車、燃費燃費ばかりでつまらない退屈な車ばかりの中よく出してくれましたとお礼を言いたいくらいです。アイドリングストップが付いていないことを気にする方もいますが必要ですか?
確かに消費燃料は少し削減できますが、頻繁にエンジンをスタートさせるセルモーターの耐久性アップ、バッテリーの大容量化によるコストアップ(交換時の価格差を考慮してますか?)エンジン自体の負荷も含めるとアイドリングストップなんてまやかしに思えます。
古い車でもメンテナンスをしっかりして長く大事に乗っている人の方が環境には優しいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車

参考になった47

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
運転がとても楽しい車

ポロの面影が…

余裕のあるエンジンルーム

二本だしマフラー

MTは楽しい

試乗後、まだ運転していたい

比較表

【エクステリア】
そんなに悪くはないと思います。以前に乗っていたポロGTIの面影があるような?エンジンルームには遮音材をもう少し入れて欲しかった。コストとの兼ね合いがあるのでしょうがないと思いますが。
ターボエンジンですが意外にスペースに余裕があります。これだと放熱性も乗っているデミオDより良さそうですね。デミオはエンジンルームに隙間が無く夏は熱がこもりやすいです。
フロントには大径の16インチベンチレーテッドディスクを採用しているのでノーマルでも17インチアルミホイールで足元が引き締まって見えます。

【インテリア】
このクラスの車なら一般的なレベルです。少し安っぽい所も目につきますが問題ないです。プッシュスタートボタンが右側にあるのは評価高いです。
ペダルにもアルミカバーが装着されていますし、フロントは専用のスポーツシートでホールド性を向上させています。この事からも見た目よりもドライブしている時の事を考えて設計されているのが感じ取れます。

【エンジン性能】
この車の最大の話題がこのエンジンです。車両重量970kgに140PS、23.4kg・mのエンジンが搭載されていれば走りが楽しくないわけがありません。
デミオの方がトルクは上ですが100キロ以上重いのでスイスポみたいな爽快な加速はありません。ただエンジンの安全マージンが多めのに取られているせいか回す楽しみはそんなにありません。すぐにレブまで逝ってしまいます。ここだけが不満ですが贅沢ですね。

【走行性能】
パワーウエイトレシオ7キロ未満、0〜100キロ8秒以下
https://www.youtube.com/watch?v=QT_1krdOsgg
抜群に制動力の良いブレーキ。そして軽快なハンドリングこれだけそろえば同クラスの国産車は相手になりません。それを6速MTであやつる楽しみ、試乗中顔がにやけてしまって同乗していたディーラーの人は引いていたかもしれません。
ゴメンナサイ。

【乗り心地】
モンロー製ストラット&ショックアブソーバーを採用しているので角の無いほど良い硬さといいますか表現がむずかしいです。乗り心地が悪いわけではなく、コーナーでは柔らかくすぎず上手くロールを抑えてくれます。
試乗なのであまり無理はできなかったです。
デミオとの違いはコーナーではスイスポが、高速道路での快適性はデミオに分があります。デミオより車重が軽い分横風に少し弱い気がします。
あと地味ですがスイスポのホイールは5穴です。他の国産コンパクトカーは知る限り4穴でした。

【燃費】
ターボエンジンなのでハイオクですがおとなしく走れは14キロ位は行くそうです。

【価格】
あるたとえを言います。ヴィッツGR SPORT (MT)と比べて主な違いを書きます。
エンジンはスイスポの方が格段パワフル、ヴィッツはノーマルと同じ、6MTに対して今どき5MT。タイヤも17インチに対して16インチ。
マフラーも2本出しに対して1本。 でも販売価格ではスイスポの方が24万くらい安い。
足回りとボディー剛性を少し高めてあとエアロをくっ付けてGR なんちゃってSPORTで売り出してしまうトヨタにも驚きですが、スイスポのコストパフォーマンスには驚くばかりです。

【総評】
今の世の中ハイブリッド車、燃費燃費ばかりでつまらない退屈な車ばかりの中よく出してくれましたとお礼を言いたいくらいです。アイドリングストップが付いていないことを気にする方もいますが必要ですか?
確かに消費燃料は少し削減できますが、頻繁にエンジンをスタートさせるセルモーターの耐久性アップ、バッテリーの大容量化によるコストアップ(交換時の価格差を考慮してますか?)エンジン自体の負荷も含めるとアイドリングストップなんてまやかしに思えます。
古い車でもメンテナンスをしっかりして長く大事に乗っている人の方が環境には優しいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった32

 
 
 
 
 
 

「スイフトスポーツ 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スイフトスポーツ
スズキ

スイフトスポーツ

新車価格帯:187〜194万円

中古車価格帯:119〜355万円

スイフトスポーツ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <509

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意