『音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン』 HiFiMAN RE2000 zerographyさんのレビュー・評価

2017年 8月 4日 発売

RE2000

  • ダイヤフラムの分割振動によるひずみを大幅に低減する「トポロジーダイヤフラム」を採用した、ダイナミック型ハイエンドイヤホン。
  • 9.2mmダイナミックトドライバーを採用。
  • 真鍮のハウジングには24k金メッキを施している。
RE2000 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥193,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥193,000¥198,000 (8店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥194,400 〜 ¥198,000 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜20kHz RE2000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • RE2000の価格比較
  • RE2000の店頭購入
  • RE2000のスペック・仕様
  • RE2000のレビュー
  • RE2000のクチコミ
  • RE2000の画像・動画
  • RE2000のピックアップリスト
  • RE2000のオークション

RE2000HiFiMAN

最安価格(税込):¥193,000 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 8月 4日

  • RE2000の価格比較
  • RE2000の店頭購入
  • RE2000のスペック・仕様
  • RE2000のレビュー
  • RE2000のクチコミ
  • RE2000の画像・動画
  • RE2000のピックアップリスト
  • RE2000のオークション

『音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン』 zerographyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RE2000のレビューを書く

zerographyさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
20件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性4
音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン

24金メッキされた真鍮ハウジングのイヤホンです。

トップクラスの音場の広さと立体的な鳴り方が特徴的です。
分解能が高く一つ一つの音が重ならない繊細さがありながら、絶妙に角の取れたとても耳障りのいい音がなります。
こういった要素から、同じくハイエンドシングルDDのFW10000と同じグループのイヤホンだと主観的に感じます。
同社のRE800Jは高音に少し鋭さがあり人を選ぶところがありましたが、こちらは音に棘がなく万人受けしやすい音だと思います。

もう一つの特徴は低音の深さだと思います。
解像度が高く、ブーミーな低音ではないのですが、とても深く重い低音です。
FW10000は中音が前に主張する印象を持ちましたが、こちらは低音が主張します。
かといって全体的には重低音系イヤホンというわけでもなく、FW10000同様に開放感があり、すっきり感と濃厚さが両立されています。

このイヤホンの評価の分かれるところは装着感でしょう。
視聴を試みた際は、付属のイヤーピースが自分の耳と相性が悪くうまく装着できず本来の音が聴けませんでした。
実際に入手したあとに手持ちのイヤーピースを用いたところちゃんとフィットしました。
個人的にはSedna earfit Light(軸の長い方)がとても相性が良かったです。
イヤホンを耳に密着させて装着したときに痛みが生じる場合は、大きいイヤーピースで耳に蓋をするように装着するのもいいと思います。
さりげなく、イヤホン本体を縦向きに(ケーブルを下向きに垂らして)装着することもできます。
メーカー非推奨だとは思いますが、耳掛けで絶望的に装着できない場合はそっちの方が案外しっくりくるかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性4
音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン

24金メッキされた真鍮ハウジングのイヤホンです。

トップクラスの音場の広さと立体的な鳴り方が特徴的です。
分解能が高く一つ一つの音が重ならない繊細さがありながら、絶妙に角の取れたとても耳障りのいい音がなります。
こういった要素から、同じくハイエンドシングルDDのFW10000と同じグループのイヤホンだと主観的に感じます。
同社のRE800Jは高音に少し鋭さがあり人を選ぶところがありましたが、こちらは音に棘がなく万人受けしやすい音だと思います。

もう一つの特徴は低音の深さだと思います。
解像度が高く、ブーミーな低音ではないのですが、とても深く重い低音です。
FW10000は中音が前に主張する印象を持ちましたが、こちらは低音が主張します。
かといって全体的には重低音系イヤホンというわけでもなく、FW10000同様に開放感があり、すっきり感と濃厚さが両立されています。

このイヤホンの評価の分かれるところは装着感でしょう。
視聴を試みた際は、付属のイヤーピースが自分の耳と相性が悪くうまく装着できず本来の音が聴けませんでした。
実際に入手したあとに手持ちのイヤーピースを用いたところちゃんとフィットしました。
イヤホンを耳に密着させて装着したときに痛みが生じる場合は、大きいイヤーピースで耳に蓋をするように装着するといいと思います。
個人的にはSedna earfit Light(軸の長い方)がとても相性が良かったです。
さりげなく、イヤホン本体を縦向きに(ケーブルを下向きに垂らして)装着することもできます。
メーカー非推奨だとは思いますが、耳掛けで絶望的に装着できない場合はそっちの方が案外しっくりくるかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性4
音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン

24金メッキされた真鍮ハウジングのイヤホンです。

トップクラスの音場の広さと立体的な鳴り方が特徴的です。
分解能が高く一つ一つの音が重ならない繊細さがありながら、絶妙に角の取れたとても耳障りのいい音がなります。
こういった要素から、同じくハイエンドシングルDDのFW10000と同じグループのイヤホンだと主観的に感じます。
同社のRE800Jは高音に少し鋭さがあり人を選ぶところがありましたが、こちらは音に棘がなく万人受けしやすい音だと思います。

もう一つの特徴は低音の深さだと思います。
解像度が高く、ブーミーな低音ではないのですが、とても深く重い低音です。
FW10000は中音が前に主張する印象を持ちましたが、こちらは低音が主張します。
かといって全体的には重低音系イヤホンというわけでもなく、FW10000同様に開放感があり、すっきり感と濃厚さが両立されています。

このイヤホンの評価の分かれるところは装着感でしょう。
視聴を試みた際は、付属のイヤーピースが自分の耳と相性が悪くうまく装着できず本来の音が聴けませんでした。
実際に入手したあとに手持ちのイヤーピースを用いたところちゃんとフィットしました。
イヤホンを耳に密着させて装着したときに痛みが生じる場合は、大きいイヤーピースで耳に蓋をするように装着するといいと思います。
さりげなく、イヤホン本体を縦向きに(ケーブルを下向きに垂らして)装着することもできます。
メーカー非推奨だとは思いますが、耳掛けで絶望的に装着できない場合はそっちの方が案外しっくりくるかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性4
音場の広さと繊細さ、低音の深さが魅力のフラグシップイヤホン

24金メッキされた真鍮ハウジングのイヤホンです。

トップクラスの音場の広さと立体的な鳴り方が特徴的です。
分解能が高く一つ一つの音が重ならない繊細さがありながら、絶妙に角の取れたとても耳障りのいい音がなります。
こういった要素から、同じくハイエンドシングルDDのFW10000と同じグループのイヤホンだと主観的に感じます。
同社のRE800Jは高音に少し鋭さがあり人を選ぶところがありましたが、こちらは音に棘がなく万人受けしやすい音だと思います。

もう一つの特徴は低音の深さだと思います。
解像度が高く、ブーミーな低音ではないのですが、とても深く重い低音です。
FW10000は中音が前に主張する印象を持ちましたが、こちらは低音が主張します。
かといって全体的には重低音系イヤホンというわけでもなく、FW10000同様に開放感があり、すっきり感と濃厚さが両立されています。

このイヤホンの評価の分かれるところは装着感でしょう。
視聴を試みた際は、付属のイヤーピースが自分の耳と相性が悪くうまく装着できず本来の音が聴けませんでした。
実際に入手したあとに手持ちのイヤーピースを用いたところちゃんとフィットしました。
さりげなく、イヤホン本体を縦向きに(ケーブルを下向きに垂らして)装着することもできます。
メーカー非推奨だとは思いますが、耳掛けで絶望的に装着できない場合はそっちの方が案外しっくりくるかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「RE2000」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

RE2000のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

RE2000
HiFiMAN

RE2000

最安価格(税込):¥193,000発売日:2017年 8月 4日 価格.comの安さの理由は?

RE2000をお気に入り製品に追加する <32

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意