『SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる』 SEAGATE ST4000DM004 [4TB SATA600 5400] 利他心さんのレビュー・評価

2017年 7月14日 発売

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]

  • 容量4TBの3.5インチHDD。
  • 多用途な「BarraCuda」シリーズに属している。キャッシュは256MB。
  • 2TBプラッタを採用したことで、従来モデルより厚さや消費電力が減少している。
ST4000DM004 [4TB SATA600 5400] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):

¥7,435

(前週比:+152円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥7,435

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥7,435〜¥10,998 (33店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥7,650 〜 ¥7,650 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

容量:4TB 回転数:5400rpm キャッシュ:256MB インターフェイス:Serial ATA600 ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の価格比較
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の店頭購入
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビュー
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のクチコミ
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の画像・動画
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のピックアップリスト
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のオークション

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]SEAGATE

最安価格(税込):¥7,435 (前週比:+152円↑) 発売日:2017年 7月14日

  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の価格比較
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の店頭購入
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビュー
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のクチコミ
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の画像・動画
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のピックアップリスト
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のオークション

『SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる』 利他心さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:234人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
34件
PCケース
5件
5件
モニターアーム
2件
5件
もっと見る
満足度5
読込速度4
書込速度4
転送速度無評価
静音性5
耐久性無評価
SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる
 

クリスタルディスクマークのベンチ結果

アスキー編集部:日本シーゲイトへの取材より

 

私はPCの自作をはじめてから、HDDといえばWestern Digitalという認識を持っていてSeagateのHDDには懐疑的でした。
というのもネットにSeagateのHDDは壊れやすいといったデータがあったからです。

いまにして思えば、ネガティブ・キャンペーンもあったのだろうと思います。
HDDが何十個も並べられている画像があったり、一見すごく詳しいことが書いてあるのですが、緻密すぎて作為的なものを感じます。

――

最新HDDのSMR事情を知らない食わず嫌いの方が、実際に利用したこともないのにくSMRを悪しざまに言っている記事が散見されますので正しい情報をお伝えします。

下記のPCウォッチの記事が良く纏まっていると思います。
リンク先の記事では、プラッタのOEM事情にも言及してあるので、単純に読み物としても一興です。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1156085.html

――

さて、本題に移りますが、SMR技術が採用されている最新HDDには、プラッタの外周部にメディアキャッシュ領域というものが確保されており、細かいデータは一時的にここに書き込まれます。

ご存知のとおり、HDDのプラッタは等速で回転しているので、外周部が最も高速に記録でき、中心に近づけば近づくほど読み込みや書き込みは遅くなっていきます。

PCウォッチの記事では、本製品のメディアキャッシュ領域は23GB前後だろうと推測しておりますが、通常の用途であれば23GB以上のデータを頻繁に読み書きすることはそうないと思います。

おそらくメディアキャッシュ領域という発想が無ければ、SMRのHDDは実用に耐えられない不便な代物であったと思います。

乱雑に散らかったデータをメディアキャッシュ領域に一旦書き込み、整理してからトラックに書き込んでいく。
書き込まれているデータは整理されているものだから読み込みも早く、データの断片化も発生し辛い。

それだけでなく、プラッタ1枚あたりの容量を高めることができるから、限界とされている1.8TBプラッタからさらに上、2TB以上の記録密度を確保でき、プラッタの容量が上がるからHDDに組み込むプラッタの枚数を少なくすることができ、部品が少なるなるから製造が簡単になり、物理的に壊れる可能性も低くなり、製造が簡単になるから価格も安くなる。

SMRは短所もありますが、仕組みを知っていれば毛嫌いするようなものでもないことは分かります。

――

NAS向けのHDDとの比較では、ファームウェアレベルで異なりますし、例えばスピンアップのときに要求する電圧が、NAS向けのHDDでは低くなっているそうです。
NASに搭載されている電源はPCのものと比較すると貧弱で、十分な電圧が確保できないことがあるからなのですが、闇雲に高いHDDを買えば良いというものでもありません。

本製品は5400RPMですから、7200RPMのモデルと比較するとパフォーマンスでは劣ります。
しかし、HDDのパフォーマンスの差異など、SSDと比較したら誤差の範囲、どんぐりの背比べに過ぎません。

そして、低回転であることの恩恵として、静音性が挙げられます。
消費者は3.5インチHDDの性能が微増することよりも、静音性を望んでいる声の方が大きいのだと思います。

――

私のPCには、Western DigitalのHDDが3台と、本製品1台の、合計4台のHDDが搭載されています。
個別に型番を記載すると次のとおりです。
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EZRX(2TB)
・ST4000DM004(4TB)

静音性は、ST4000DM004(本製品)がダントツです。
PCケースがDefine R5なので、もともと静音性が高いケースであることも影響していますが、本製品はシーク音等等が無音に近く、書き込み時もゴリゴリ音がしません。
動いているのかいないのか分からないくらい静かです。

――

自作PCあるあるですが、
自分の知識が不十分で、間違った使い方をしているのに、それに気が付かず、感情の赴くままに製品の評価を悪しざま書いてあるレビューが散見されます。

――

静音性が高いHDDを求めている方には本製品はおすすめできます。
反対に、ストレージにそれなりの速度を求めているのであれば大容量SSDに手を伸ばすべきであり、HDDを選択するのは愚策ですね。
ヘリウム充填の7200RPMモデルでも、読み込みや書き込みはSSDが普及した今となっては快適と呼べる代物ではなくなっていますからね。

――

CDMのベンチ結果を掲載しました。

緑色のデータが、ST4000DM004(本製品)です。
青いデータが、本製品との比較に利用しているWD-20EZRX(非SMR)です。
赤いデータはWD-20EARX(非SMR)×2を、Windows10のディスク管理からストライピング構成にしたものです。

いずれも5400RPMのHDDです。
最小の50MiBから32GiBまで回しましたが、これを見てもランダム書き込みの遅さは顕在化していません。
体感的にももちろん差異は感じられません。

――

余談ですが、HDDの耐久性はロード/アンロードサイクルの耐久性で決まりますから、WDとSeagateで差は出ません。
HDDの故障のほとんどはヘッドが動かなくなったり、本来の位置からずれることによって発生しますが、ヘッドはWDやSeagateが製造しているわけではなく、ベンダーから供給を受けて組み込んでいます。

したがって、ヘッドを供給しているベンダーが重要なのであり、ベンダーから供給されているヘッドのランク(格付け)が重要なのであり、WDかSeagateかという選択は大した意味がありません。

両社の差が出るとすればファームウェアと品質管理ですが、私が知る限り似たり寄ったりですね。
ただ、個人的にはWDは買収に積極的で、製造業の会社というよりは、オラクルのようにマーケティングに忠実な会社という印象です。

――

唯一気になるのが、アスキーのSeagate社への取材で、以下の記事中の画像にBarraCudaシリーズのRAIDが非推奨になっていること。
http://ascii.jp/elem/000/001/694/1694073/

なぜ非推奨なのかの理由は分からないのですが、理由が分かったらまた追記したいと思います。

比較製品
WESTERN DIGITAL > WD20EZRX [2TB SATA600]
レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった46人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
読込速度無評価
書込速度4
転送速度無評価
静音性5
耐久性無評価
SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる
 

CDMのベンチマーク結果

文字数オーバーのため、文章をスクリーンショットで撮影。

 

本製本のレビュー投稿は2回目です。
前回の投稿は、修正上限回数に達してしまったため、価格ドットコム運営事務局に要請し、該当レビューを削除した上で、改めて本製品のレビューを投稿しております。

-----

私はPCの自作をはじめてから、HDDといえばWestern Digitalという認識を持っていて、SeagateのHDDには懐疑的でした。
というのも、ネットにSeagateのHDDは壊れやすいといったデータがあったからです。

いまにして思えば、ライバルメーカーによるネガティブ・キャンペーンもあったのだろうと思います。
HDDが何十個も並べられている画像があったり、一見すごく詳しいことが書いてあるのですが、緻密すぎて作為的なものを感じます。
すべての情報がネガティブ・キャンペーンとまでは言いませんが、日本だけでなく、レビューサイトに低評価の書き込みを行う組織的な行動が見える気がします。

閑話休題。

-----

本製品はSMR(瓦記録)技術が採用されたHDDです。
SMRはネガティブなイメージがネットに蔓延っていますが、実際に1年弱利用したところ、これまでのHDDと特に変わりはありません。
むしろ、静音性に関しては良好で、部品点数が減ることからコストパフォーマンスも向上しています。

ただし、SMRは細かいデータを書き込んだり、削除したりを繰り返すことは苦手です。
したがって、OSをインストールするシステムドライブとしての利用には向いていません。

Seagateに限らず、Western Digitalもブルー製品に関してはSMRに移行するとのことですから、今後のHDDはSMRが標準になっていくものと思われます。

これはSSDの登場によって、HDDの用途が、容量単価が安い倉庫として利用されることに一本化されたためであって、高速アクセスが重視されていないことに起因します。
データの倉庫として利用するときは、SMRの短所が顕在化しないため、理にかなった使用方法といえます。

-----

私のPCには、Western DigitalのHDDが3台と、本製品1台の、合計4台のHDDが搭載されています。
個別に型番を記載すると次のとおりです。
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EZRX(2TB)
・ST4000DM004(4TB)

静音性は、ST4000DM004(本製品)がダントツです。
PCケースがDefine R5なので、もともと静音性が高いケースであることも影響していますが、本製品はシーク音等等が無音に近く、書き込み時もゴリゴリ音がしません。
動いているのかいないのか分からないくらい静かです。

書き込みに関しては、約1.5TBの動画データの移動を行った際は、Western DigitalのHDDが秒間80MB〜140MBの間で変化し、平均で90MB〜100MB程度の速度に対して、ST4000DM004(本製品)は秒間100MB〜115MBの間で変化し、平均で100MB〜110MBの速度が出ていました。
回転数が5400でこの転送速度は良好だと思います。

本製品で特筆すべきことは、温度の低さです。
CDIでは、Western DigitalのHDDよりも、常に5度〜8度程度低い温度が確認できます。

-----

一時期、Windows10の記憶域を利用しており、記憶域はミラーリングで作成し、物理ディスクとして、WD-20EARXを2個と、ST4000DM004(本製品)を1個提供し、合計約8TBの仮想ストレートとして利用していましたが、このときは全体的にもたつきが目立ちました。
これはSMRのHDDがどうこうというより、Windowsの記憶域の作り込みの甘さが原因でした。
コマンドプロンプトから記憶域を作成した方が速度が早くなる仕様ですし、このあたりはまだまだ発展途上にあるなとの評価です。

-----

Windowsを利用している方は、メインのデータストレージは2台のHDDを使用して、ハードウェアかWindows10でストライピング(≒RAID0)を行い、このメインストレージのバックアップとしてSMRのHDDを利用するのが賢い構成だと思います。

メインストレージからバックアップストレージへのデータコピーは『BunBackup』がおすすめです。
類似のソフトに『realsync』がありますが、当該ソフトは、特定の文字や記号が含まれていると正常にコピーできない短所があるので、比較した結果、『BunBackup』に軍配が上がりました。

仕事柄、動画作成や画像編集を行いますが、ストライピングだとやはりストレスが少ないですね。
壊れる可能性が2倍とはいえ、初期不良ではないHDDであって、バックアップさえしっかりとっておけば、ストライピングは有用な方策になると思います。

-----

ST4000DM004(本製品)は、24時間使用を想定しないので、
NASや常時可動パソコンに関しては、BarraCudaに属する本製品ではなく、IronWolfに属する製品の選択が好ましいでしょう。

-----

自作PCあるあるですが、
自分の知識が不十分で、間違った使い方をしているのに、それに気が付かず、感情の赴くままに製品の評価を悪しざま書いてあるレビューが散見されます。

時代の流れとともに、HDDの「役割」が変わってきています。
システムドライブはSSD、
データの倉庫はHDD、
読み込みや書き込みの速度が求められるデータや作業に関しては、TLCやQLCのSSDか、ストライピングしたHDDかのどちらかを選ぶ。

-----

静音性が高いHDDを求めている方には本製品はおすすめできます。
反対に、HDD1台でそれなりの速度を求めている方は、7200RPM以上でヘリウムが充填されているHDDを選ぶのが良いと思います。

-----

20190203追記
クリスタルディスクマークのベンチ結果を掲載しました。

緑色のデータが、ST4000DM004(本製品)です。
青いデータが、本製品との比較に利用しているWD-20EZRXです。
赤いデータはWD-20EARX×2を、Windows10のディスク管理からストライピング構成にしたものです。

いずれも5400RPMのHDDです。

比較製品
WESTERN DIGITAL > WD20EZRX [2TB SATA600]
レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

満足度5
読込速度無評価
書込速度4
転送速度無評価
静音性5
耐久性無評価
SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる

本製本のレビュー投稿は2回目です。
前回の投稿は、修正上限回数に達してしまったため、価格ドットコム運営事務局に要請し、該当レビューを削除した上で、改めて本製品のレビューを投稿しております。

-----

私はPCを自作してからHDDはWestern Digitalだったので、SeagateのHDDには懐疑的でした。
というのも、ネットにSeagateのHDDは壊れやすいといったデータがあったからです。

いまにして思えば、ライバルメーカーによるネガティブ・キャンペーンもあったのだろうと思います。
HDDが何十個も並べられている画像があったり、一見すごく詳しいことが書いてあるのですが、緻密すぎて作為的なものを感じます。
すべての情報がネガティブ・キャンペーンとまでは言いませんが、日本だけでなく、レビューサイトに低評価の書き込みを行う組織的な行動が見えますね。

-----

本製品はSMR(瓦記録)技術が採用されたHDDです。
SMRはネガティブなイメージがネットに蔓延っていますが、実際に1年弱利用したところ、これまでのHDDと特に変わりはありません。
むしろ、静音性に関しては良好で、部品点数が減ることからコストパフォーマンスも向上しています。

ただし、SMRは細かいデータを書き込んだり、削除したりを繰り返すことは苦手です。
したがって、OSをインストールするシステムドライブとしての利用には向いていません。

Seagateに限らず、Western Digitalもブルー製品に関してはSMRに移行するとのことですから、今後のHDDはSMRが標準になっていくものと思われます。

これはSSDの登場によって、HDDの用途が、容量単価が安い倉庫として利用されることに一本化されたためであって、高速アクセスが重視されていないことに起因します。
データの倉庫として利用するときは、SMRの短所が顕在化しないため、理にかなった使用方法といえます。

-----

私のPCには、Western DigitalのHDDが3台と、本製品1台の、合計4台のHDDが搭載されています。
個別に型番を記載すると次のとおりです。
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EARX(2TB)
・WD-20EZRX(2TB)
・ST4000DM004(4TB)

静音性は、ST4000DM004(本製品)がダントツです。
PCケースがDefine R5なので、もともと静音性が高いケースであることも影響していますが、本製品はシーク音等等が無音に近く、書き込み時もゴリゴリ音がしません。
動いているのかいないのか分からないくらい静かです。

書き込みに関しては、約1.5TBの動画データの移動を行った際は、Western DigitalのHDDが秒間80MB〜140MBの間で変化し、平均で90MB〜100MB程度の速度に対して、ST4000DM004(本製品)は秒間100MB〜115MBの間で変化し、平均で100MB〜110MBの速度が出ていました。
回転数が5400でこの転送速度は良好だと思います。

本製品で特筆すべきことは、温度の低さです。
CDIでは、Western DigitalのHDDよりも、常に5度〜8度程度低い温度が確認できます。

-----

一時期、Windows10の記憶域を利用しており、記憶域はミラーリングで作成し、物理ディスクとして、WD-20EARXを2個と、ST4000DM004(本製品)を1個提供し、合計約8TBの仮想ストレートとして利用していましたが、このときは全体的にもたつきが目立ちました。
これはSMRのHDDがどうこうというより、Windowsの記憶域の作り込みの甘さが原因でした。
コマンドプロンプトから記憶域を作成した方が速度が早くなる仕様ですし、このあたりはまだまだ発展途上にあるなとの評価です。

-----

Windowsを利用している方は、メインのデータストレージは2台のHDDを使用して、ハードウェアかWindows10でストライピング(≒RAID0)を行い、このメインストレージのバックアップとしてSMRのHDDを利用するのが賢い構成だと思います。

メインストレージからバックアップストレージへのデータコピーは『BunBackup』がおすすめです。
類似のソフトに『realsync』がありますが、当該ソフトは、特定の文字や記号が含まれていると正常にコピーできない短所があるので、比較した結果、『BunBackup』に軍配が上がりました。

仕事柄、動画作成や画像編集を行いますが、ストライピングだとやはりストレスが少ないですね。
壊れる可能性が2倍とはいえ、初期不良ではないHDDであって、バックアップさえしっかりとっておけば、ストライピングは有用な方策になると思います。

-----

ST4000DM004(本製品)は、24時間使用を想定しないので、
NASや常時可動パソコンに関しては、BarraCudaに属する本製品ではなく、IronWolfに属する製品の選択が好ましいでしょう。

-----

自作PCあるあるですが、
自分の知識が不十分で、間違った使い方をしているのに、それに気が付かず、感情の赴くままに製品の評価を悪しざま書いてあるレビューが散見されます。

時代の流れとともに、HDDの「役割」が変わってきています。
システムドライブはSSD、
データの倉庫はHDD、
読み込みや書き込みの速度が求められるデータや作業に関しては、TLCやQLCのSSDか、ストライピングしたHDDかのどちらかを選ぶ。

-----

作業データを置くストレージとして本製品を利用した感想は、
やはり書き込みと削除を繰り返していると、速度が50MB程度まで落ちます。

反面、HDDの内部でデータの再配列が終わった後の状態であれば、数百MBの解凍作業が一瞬で終わります。
こういう状況ではHDDらしからぬパフォーマンスを発揮しますね。

-----

静音性が高いHDDを求めている方には本製品はおすすめできます。
反対に、ストライピングに抵抗があり、HDD1台でそれなりの速度を求めている方は、7200RPM以上でヘリウムが充填されているHDDを選ぶのが良いと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
色々不安なシーゲイト。  1 2019年10月19日 00:45
耐久性に不安あり  3 2019年10月16日 11:11
データ保存用として利用しています。  5 2019年10月1日 16:57
信頼できる品質  4 2019年9月18日 17:50
録画系マシンのデータ用として良い  4 2019年9月12日 18:27
コスパ良い  4 2019年9月10日 15:44
コスパ重視  5 2019年9月3日 18:23
ST4000DM004 満足しています  4 2019年8月25日 22:48
相性最悪のHDDメーカー  1 2019年8月14日 10:51
2プラッターなので軽量で薄くて良い  4 2019年7月25日 01:54

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビューを見る(レビュアー数:80人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
SEAGATE

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]

最安価格(税込):¥7,435発売日:2017年 7月14日 価格.comの安さの理由は?

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]をお気に入り製品に追加する <1444

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ハードディスク・HDD(3.5インチ)]

ハードディスク・HDD(3.5インチ)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ハードディスク・HDD(3.5インチ))

ご注意