『静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDDだが?』 SEAGATE ST4000DM004 [4TB SATA600 5400] 鬼の爪さんのレビュー・評価

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]

  • 容量4TBの3.5インチHDD。
  • 多用途な「BarraCuda」シリーズに属している。キャッシュは256MB。
  • 2TBプラッタを採用したことで、従来モデルより厚さや消費電力が減少している。
ST4000DM004 [4TB SATA600 5400] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):¥7,693 (前週比:-152円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年 7月14日

店頭参考価格帯:¥8,050 〜 ¥8,050 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

容量:4TB 回転数:5400rpm キャッシュ:256MB インターフェイス:Serial ATA600 ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の価格比較
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の店頭購入
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビュー
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のクチコミ
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の画像・動画
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のピックアップリスト
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のオークション

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]SEAGATE

最安価格(税込):¥7,693 (前週比:-152円↓) 発売日:2017年 7月14日

  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の価格比較
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の店頭購入
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のスペック・仕様
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビュー
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のクチコミ
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]の画像・動画
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のピックアップリスト
  • ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のオークション

『静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDDだが?』 鬼の爪さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:242人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

ハードディスク・HDD(3.5インチ)
8件
191件
スマートフォン
0件
179件
タブレットPC
1件
147件
もっと見る
満足度5
読込速度4
書込速度1
転送速度4
静音性5
耐久性無評価
静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDDだが?

CrystalDiskInfo 7.1.1 x64 - USB3.0

FromHDDtoSSD Ver2.1 - USB3.0

CrystalDiskMark 5.2.2 x64 - USB3.0

★★大容量ファイルの書き込み性能について追記します。(2017/12/14)

本HDD(ST4000DM004)は「シングル磁気記録SMR(Shingled Magnetic Recording)方式」を採用しているため、大容量ファイルを連続して書き込むとまったく性能が出ません!

何と、“30MB/s”という低レベルです!

256MBの大容量キャッシュもまったく用をなしません。

ビデオファイルのアーカイブに使用する場合には注意が必要です。

--------------------------------------------------------------------
★掲載したCrystalDiskMarkのベンチマークを取り違えていましたので正しいものに差し替えます。(2017/09/29)
--------------------------------------------------------------------

2プラッターで4TBを実現したSeagateのHDD“ST4000DM004”を初めて使用して気がついいたことをまとめてみます。

以下、順不同です。

【振動・騒音】★追記
SeagateのHDDというと加工精度が低いため回転振動が大きく振動音も発生するという経験上の先入観があったのですが、このHDDはほとんど振動が発生せず予想が外れました。

「5,900RPM」という回転数(仕様)もさることながら、「2プラッター」構成になり回転系質量が小さくなったことが加工精度の影響を吸収している気がします。

この2プラッター化により本体の重量が「610g」から「490g」へと前モデルから「約20%」軽量化されています。

また、ランダムアクセス時のヘッドのシーク音もほとんど聞こえないというレベルで至って静粛です。
東芝の4TBのHDD“MD04ACA400”や、5TBの“MD04ACA500”と比較すると雲泥の差です。

冷却用に傍に設置したケースFANの動作音しか聞こえません。


【発熱】
本HDDを外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に裸で立て、ケースFAN(約800RPMの弱風)で冷却した状態で、ローレベルライトとローレベルリードを十数時間連続で実行したときの“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”で計測した温度は「33℃(室温27℃)」と極めて低発熱です。


【初期化時間】
本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて初期化を行った際の処理時間は下記のとおりです。

@ローレベルフォーマット(“Low Level Format Tool”を使用):約7時間35分
Aローレベルリードチェック(“From HDD to SSD”を使用)  :約7時間35分

なお、ローレベルフォーマットはファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接書込みチェックで、ローレベルリードチェックは同じくファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接読み出しチェックのことです。

【連続リード速度】★追記
連続してデータを読み出した時のリード速度は「最外周で186MB/s」、「最内周で86MB/s」でした。
添付図を参照ください。

USB3.0接続で“FromHDDtoSSD Ver2.1”を使った実測値です。


【リード/ライト性能】★追記
“CrystalDiskMark 5.2.2 x64”を用いたベンチマークのテスト結果は添付の通りです。
テストは本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて行っています。

5,900RPMという回転数にもかかわらず、「180MB/s」という高いシーケンシャル・リード/ライト性能が得られるのは、4TBを2プラッターに詰め込んだ記録密度の高さによるものと思います。

なお、“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”に表示される回転数は「5,425RPM」で仕様値「5,900RPM」より「約10%」低い値になっています。
この値は、アイドル時でも連続読み出し時でも変わりません。

また、キャッシュの容量が「64MB」から「256MB」へと前モデルの「4倍」になった効果については未調査です。


【省電力機能】★追記2
本HDDには省電力機能、いわゆる“APM(Advanced Power Management)機能”が搭載されていて、一定時間アクセスがない時にヘッドを退避させディスクの回転を停止させて消費電力を抑える機能が搭載されています。

このAPM機能は、S.M.A.R.T.ツール“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”でON/OFFでき、ONにすると消費電力レベルを最小「0x01(スタンバイあり)」から最大パフォーマンス「0xFE(スタンバイなし)」まで連続的に設定することができます。
機能 → 上級者向け機能 → AAM/APM設定、からアクセスできます。


【本体形状】
2プラッターになったことで、HDD本体の厚さが前モデルの「26mm」から「20mm」へと薄くなったため、外付け用HDDスタンド(HDDクレドール)に差し込んで使用する際、スロットカバーに引っ掛かって抜けなくなるという問題がでました。
このとき、HDD本体に添えるように割り箸をスロットへ差し込んで、割り箸と一緒にHDDを抜き出すことでスムーズに取り出すことができました。


【その他】
「2年間のメーカー保証」付きです。


まとめると、静粛性や低発熱性、コストパフォーマンスを求めるユーザーには魅力的なHDDと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった32人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
読込速度4
書込速度4
転送速度4
静音性5
耐久性無評価
静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDD

CrystalDiskInfo 7.1.1 x64 - USB3.0

FromHDDtoSSD Ver2.1 - USB3.0

CrystalDiskMark 5.2.2 x64 - USB3.0

★掲載したCrystalDiskMarkのベンチマークを取り違えていましたので正しいものに差し替えます。(2017/09/29)
--------------------------------------------------------------------

2プラッターで4TBを実現したSeagateのHDD“ST4000DM004”を初めて使用して気がついいたことをまとめてみます。

以下、順不同です。

【振動・騒音】★追記
SeagateのHDDというと加工精度が低いため回転振動が大きく振動音も発生するという経験上の先入観があったのですが、このHDDはほとんど振動が発生せず予想が外れました。

「5,900RPM」という回転数(仕様)もさることながら、「2プラッター」構成になり回転系質量が小さくなったことが加工精度の影響を吸収している気がします。

この2プラッター化により本体の重量が「610g」から「490g」へと前モデルから「約20%」軽量化されています。

また、ランダムアクセス時のヘッドのシーク音もほとんど聞こえないというレベルで至って静粛です。
東芝の4TBのHDD“MD04ACA400”や、5TBの“MD04ACA500”と比較すると雲泥の差です。

冷却用に傍に設置したケースFANの動作音しか聞こえません。


【発熱】
本HDDを外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に裸で立て、ケースFAN(約800RPMの弱風)で冷却した状態で、ローレベルライトとローレベルリードを十数時間連続で実行したときの“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”で計測した温度は「33℃(室温27℃)」と極めて低発熱です。


【初期化時間】
本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて初期化を行った際の処理時間は下記のとおりです。

@ローレベルフォーマット(“Low Level Format Tool”を使用):約7時間35分
Aローレベルリードチェック(“From HDD to SSD”を使用)  :約7時間35分

なお、ローレベルフォーマットはファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接書込みチェックで、ローレベルリードチェックは同じくファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接読み出しチェックのことです。

【連続リード速度】★追記
連続してデータを読み出した時のリード速度は「最外周で186MB/s」、「最内周で86MB/s」でした。
添付図を参照ください。

USB3.0接続で“FromHDDtoSSD Ver2.1”を使った実測値です。


【リード/ライト性能】★追記
“CrystalDiskMark 5.2.2 x64”を用いたベンチマークのテスト結果は添付の通りです。
テストは本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて行っています。

5,900RPMという回転数にもかかわらず、「180MB/s」という高いシーケンシャル・リード/ライト性能が得られるのは、4TBを2プラッターに詰め込んだ記録密度の高さによるものと思います。

なお、“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”に表示される回転数は「5,425RPM」で仕様値「5,900RPM」より「約10%」低い値になっています。
この値は、アイドル時でも連続読み出し時でも変わりません。

また、キャッシュの容量が「64MB」から「256MB」へと前モデルの「4倍」になった効果については未調査です。


【省電力機能】★追記2
本HDDには省電力機能、いわゆる“APM(Advanced Power Management)機能”が搭載されていて、一定時間アクセスがない時にヘッドを退避させディスクの回転を停止させて消費電力を抑える機能が搭載されています。

このAPM機能は、S.M.A.R.T.ツール“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”でON/OFFでき、ONにすると消費電力レベルを最小「0x01(スタンバイあり)」から最大パフォーマンス「0xFE(スタンバイなし)」まで連続的に設定することができます。
機能 → 上級者向け機能 → AAM/APM設定、からアクセスできます。


【本体形状】
2プラッターになったことで、HDD本体の厚さが前モデルの「26mm」から「20mm」へと薄くなったため、外付け用HDDスタンド(HDDクレドール)に差し込んで使用する際、スロットカバーに引っ掛かって抜けなくなるという問題がでました。
このとき、HDD本体に添えるように割り箸をスロットへ差し込んで、割り箸と一緒にHDDを抜き出すことでスムーズに取り出すことができました。


【その他】
「2年間のメーカー保証」付きです。


まとめると、静粛性や低発熱性、コストパフォーマンスを求めるユーザーには魅力的なHDDと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6

満足度5
読込速度4
書込速度4
転送速度4
静音性5
耐久性無評価
静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDD

CrystalDiskInfo 7.1.1 x64 - USB3.0

FromHDDtoSSD Ver2.1 - USB3.0

CrystalDiskMark 5.2.2 x64 - USB3.0

2プラッターで4TBを実現したSeagateのHDD“ST4000DM004”を初めて使用して気がついいたことをまとめてみます。

以下、順不同です。

【振動・騒音】★追記
SeagateのHDDというと加工精度が低いため回転振動が大きく振動音も発生するという経験上の先入観があったのですが、このHDDはほとんど振動が発生せず予想が外れました。

「5,900RPM」という回転数(仕様)もさることながら、「2プラッター」構成になり回転系質量が小さくなったことが加工精度の影響を吸収している気がします。

この2プラッター化により本体の重量が「610g」から「490g」へと前モデルから「約20%」軽量化されています。

また、ランダムアクセス時のヘッドのシーク音もほとんど聞こえないというレベルで至って静粛です。
東芝の4TBのHDD“MD04ACA400”や、5TBの“MD04ACA500”と比較すると雲泥の差です。

冷却用に傍に設置したケースFANの動作音しか聞こえません。


【発熱】
本HDDを外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に裸で立て、ケースFAN(約800RPMの弱風)で冷却した状態で、ローレベルライトとローレベルリードを十数時間連続で実行したときの“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”で計測した温度は「33℃(室温27℃)」と極めて低発熱です。


【初期化時間】
本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて初期化を行った際の処理時間は下記のとおりです。

@ローレベルフォーマット(“Low Level Format Tool”を使用):約7時間35分
Aローレベルリードチェック(“From HDD to SSD”を使用)  :約7時間35分

なお、ローレベルフォーマットはファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接書込みチェックで、ローレベルリードチェックは同じくファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接読み出しチェックのことです。

【連続リード速度】★追記
連続してデータを読み出した時のリード速度は「最外周で186MB/s」、「最内周で86MB/s」でした。
添付図を参照ください。

USB3.0接続で“FromHDDtoSSD Ver2.1”を使った実測値です。


【リード/ライト性能】★追記
“CrystalDiskMark 5.2.2 x64”を用いたベンチマークのテスト結果は添付の通りです。
テストは本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて行っています。

5,900RPMという回転数にもかかわらず、「180MB/s」という高いシーケンシャル・リード/ライト性能が得られるのは、4TBを2プラッターに詰め込んだ記録密度の高さによるものと思います。

なお、“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”に表示される回転数は「5,425RPM」で仕様値「5,900RPM」より「約10%」低い値になっています。
この値は、アイドル時でも連続読み出し時でも変わりません。

また、キャッシュの容量が「64MB」から「256MB」へと前モデルの「4倍」になった効果については未調査です。


【省電力機能】★追記2
本HDDには省電力機能、いわゆる“APM(Advanced Power Management)機能”が搭載されていて、一定時間アクセスがない時にヘッドを退避させディスクの回転を停止させて消費電力を抑える機能が搭載されています。

このAPM機能は、S.M.A.R.T.ツール“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”でON/OFFでき、ONにすると消費電力レベルを最小「0x01(スタンバイあり)」から最大パフォーマンス「0xFE(スタンバイなし)」まで連続的に設定することができます。
機能 → 上級者向け機能 → AAM/APM設定、からアクセスできます。


【本体形状】
2プラッターになったことで、HDD本体の厚さが前モデルの「26mm」から「20mm」へと薄くなったため、外付け用HDDスタンド(HDDクレドール)に差し込んで使用する際、スロットカバーに引っ掛かって抜けなくなるという問題がでました。
このとき、HDD本体に添えるように割り箸をスロットへ差し込んで、割り箸と一緒にHDDを抜き出すことでスムーズに取り出すことができました。


【その他】
「2年間のメーカー保証」付きです。


まとめると、静粛性や低発熱性、コストパフォーマンスを求めるユーザーには魅力的なHDDと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

満足度5
読込速度4
書込速度4
転送速度4
静音性5
耐久性無評価
静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDD

CrystalDiskInfo 7.1.1 x64 - USB3.0

FromHDDtoSSD Ver2.1 - USB3.0

CrystalDiskMark 5.2.2 x64 - USB3.0

2プラッターで4TBを実現したSeagateのHDD“ST4000DM004”を初めて使用して気がついいたことをまとめてみます。

以下、順不同です。

【振動・騒音】★追記
SeagateのHDDというと加工精度が低いため回転振動が大きく振動音も発生するという経験上の先入観があったのですが、このHDDはほとんど振動が発生せず予想が外れました。

「5,900RPM」という回転数(仕様)もさることながら、「2プラッター」構成になり回転系質量が小さくなったことが加工精度の影響を吸収している気がします。

この2プラッター化により本体の重量が「610g」から「490g」へと前モデルから「約20%」軽量化されています。

また、ランダムアクセス時のヘッドのシーク音もほとんど聞こえないというレベルで至って静粛です。
東芝の4TBのHDD“MD04ACA400”や、5TBの“MD04ACA500”と比較すると雲泥の差です。

冷却用に傍に設置したケースFANの動作音しか聞こえません。


【発熱】
本HDDを外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に裸で立て、ケースFAN(約800RPMの弱風)で冷却した状態で、ローレベルライトとローレベルリードを十数時間連続で実行したときの“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”で計測した温度は「33℃(室温27℃)」と極めて低発熱です。


【初期化時間】
本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて初期化を行った際の処理時間は下記のとおりです。

@ローレベルフォーマット(“Low Level Format Tool”を使用):約7時間35分
Aローレベルリードチェック(“From HDD to SSD”を使用)  :約7時間35分

なお、ローレベルフォーマットはファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接書込みチェックで、ローレベルリードチェックは同じくファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接読み出しチェックのことです。

【連続リード速度】★追記
連続してデータを読み出した時のリード速度は「最外周で186MB/s」、「最内周で86MB/s」でした。
添付図を参照ください。

USB3.0接続で“FromHDDtoSSD Ver2.1”を使った実測値です。


【リード/ライト性能】★追記
“CrystalDiskMark 5.2.2 x64”を用いたベンチマークのテスト結果は添付の通りです。
テストは本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に入れて行っています。

5,900RPMという回転数にもかかわらず、「180MB/s」という高いシーケンシャル・リード/ライト性能が得られるのは、4TBを2プラッターに詰め込んだ記録密度の高さによるものと思います。

なお、“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”に表示される回転数は「5,425RPM」で仕様値「5,900RPM」より「約10%」低い値になっています。
この値は、アイドル時でも連続読み出し時でも変わりません。

また、キャッシュの容量が「64MB」から「256MB」へと前モデルの「4倍」になった効果については未調査です。


【本体形状】
2プラッターになったことで、HDD本体の厚さが前モデルの「26mm」から「20mm」へと薄くなったため、外付け用HDDスタンド(HDDクレドール)に差し込んで使用する際、スロットカバーに引っ掛かって抜けなくなるという問題がでました。
このとき、HDD本体に添えるように割り箸をスロットへ差し込んで、割り箸と一緒にHDDを抜き出すことでスムーズに取り出すことができました。


【その他】
「2年間のメーカー保証」付きです。


まとめると、静粛性や低発熱性、コストパフォーマンスを求めるユーザーには魅力的なHDDと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

満足度5
読込速度4
書込速度4
転送速度4
静音性5
耐久性無評価
静粛性や低発熱性に優れた高コストパフォーマンスのHDD
 

CrystalDiskInfo 7.1.1 x64

CrystalDiskMark 5.2.2 x64

 

2プラッターで4TBを実現したSeagateのHDD“ST4000DM004”を初めて使用して気がついいたことをまとめてみます。

以下、順不同です。

【振動・騒音】
SeagateのHDDというと加工精度が低いため回転振動が大きく振動音も発生するという経験上の先入観があったのですが、このHDDはほとんど振動が発生せず予想が外れました。

「5,900RPM」という回転数(仕様)もさることながら、「2プラッター」構成になり回転系質量が小さくなったことが加工精度の影響を吸収している気がします。

この2プラッター化により本体の重量が「610g」から「490g」へと前モデルから「約20%」軽量化されています。

また、ランダムアクセス時のヘッドのシーク音もほとんど聞こえないというレベルで至って静粛です。
東芝の4TBのHDD“MD04ACA400”と比較すると雲泥の差です。

冷却用に傍に設置したケースFANの動作音しか聞こえません。


【発熱】
本HDDを外付けHDDスタンド(HDDクレードル)に裸で立て、ケースFAN(約800RPMの弱風)で冷却した状態で、ローレベルライトとローレベルリードを十数時間連続で実行したときの“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”で計測した温度は「33℃(室温27℃)」で極めて低発熱です。


【初期化時間】
本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDケースに入れて初期化を行った際の処理時間は下記のとおりです。

@ローレベルフォーマット(“Low Level Format Tool”を使用):約7時間35分
Aローレベルリードチェック(“From HDD to SSD”を使用)  :約7時間35分

なお、ローレベルフォーマットはファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接書込みチェックで、ローレベルリードチェックは同じくファイルシステムを介さない全セクタを対象とした直接読み出しチェックのことです。


【リード/ライト性能】
“CrystalDiskMark 5.2.2 x64”を用いたベンチマークのテスト結果は添付の通りです。
テストは本HDDをUSB3.0接続の外付けHDDケースに入れて行っています。

5,900RPMという回転数にもかかわらず、「180MB/s」という高いシーケンシャル・リード/ライト性能が得られるのは、4TBを2プラッターに詰め込んだ記録密度の高さによるものと思います。

なお、“CrystalDiskInfo 7.1.1 x64”に表示される回転数は「5,425RPM」で仕様値「5,900RPM」より「約10%」低い値になっています。

また、キャッシュの容量が「64MB」から「256MB」へと前モデルの「4倍」になった効果については未調査です。


【本体形状】
2プラッターになったことで、HDD本体の厚さが前モデルの「26mm」から「20mm」へと薄くなったため、外付け用HDDスタンド(HDDクレドール)に差し込んで使用する際、スロットカバーに引っ掛かって抜けなくなるという問題がでました。
このとき、HDD本体に添えるように割り箸をスロットへ差し込んで、割り箸と一緒にHDDを抜き出すことでスムーズに取り出すことができました。


【その他】
「2年間のメーカー保証」付きです。


まとめると、静粛性や低発熱性、コストパフォーマンスを求めるユーザーには魅力的なHDDと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
最近はSEAGATEをメインで購入  5 2019年3月10日 18:07
問題なく使えました  5 2019年3月10日 13:54
購入1年で突然死  1 2019年3月10日 09:43
これで充分  4 2019年3月9日 21:27
SMR(瓦記録)の特性を理解すれば有力な選択肢になる  5 2019年3月2日 21:54
LS520D0202に換装  4 2019年2月7日 18:15
特に不満なしです  4 2019年1月10日 10:22
写真保存用なので安いやつを購入  3 2018年12月28日 22:03
安定性  3 2018年12月2日 11:20
コストと容量のバランス  4 2018年11月18日 02:31

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]のレビューを見る(レビュアー数:57人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
SEAGATE

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]

最安価格(税込):¥7,693発売日:2017年 7月14日 価格.comの安さの理由は?

ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]をお気に入り製品に追加する <1247

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ハードディスク・HDD(3.5インチ)]

ハードディスク・HDD(3.5インチ)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ハードディスク・HDD(3.5インチ))

ご注意