『AGSを最大の魅力と勘違い』 スズキ スイフト ハイブリッド 2017年モデル windows8&XPさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフト ハイブリッド 2017年モデル

『AGSを最大の魅力と勘違い』 windows8&XPさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフト ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:106件
  • 累計支持数:2325人
  • ファン数:4人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3
AGSを最大の魅力と勘違い

レンタカーで使用しました。

【エクステリア】
やはり現行スイフトのデザインは好きになれません。特にノーマルモデル。
スイスポはどうにか受け入れられるようになりましたが、キャラに合わない丸っこさと、泥棒のヒゲなのかというくらい真っ黒で大きいグリルはやはり抵抗感。
空気抵抗などを考慮したのかはわかりませんが、デザイン重視で作ったんだったらこんなことにはならないよね・・?と。
ドアノブを隠す無駄な努力も、全く解せない。どう考えても3ドアの車じゃない、ってわかるのに。

【インテリア】
営業車なのかと突っ込みたくなるくらいシンプルな内装。(まぁ安いからしょうがないんですが)
ライバル車と比べて収納の数も少なく、あまり実用的なコンパクトカーではないなという印象でした。
シートも全く工夫のない黒ファブリック。あくまでも日常の足として使ってくださいということなんでしょうかね?
私はこういう無機質な内装も嫌いじゃないですが、内装もうるさく言われる時代にこれは大丈夫・・?

【エンジン性能】
スズキが誇るデュアルジェットエンジンに、本格ハイブリッドシステムを搭載したこの車。
ただ、スイフトのキャラに似合わないエコセッティングで、この車は軽いから誤魔化せているものの、坂道などでエンジン音を聞けばかなり頑張っていることがわかる。
また、ストロングHVになったとはいえ、モーターの出力はわずか10kWにとどまり(アクアは45kW)、出だしでちょっとアシストをする程度。モーターが過給機同等の仕事をするプリウスなどとは違い、あまりモーターの恩恵を感じられなかったというのが事実。
ただ、EV走行はアクアほどでないにしてもある程度は可能。だからどうした?って話ですが。

【走行性能】
この車はAGSという変速システムを使用しています。スズキお気に入りのシステムですね。
大抵のHVカーはCVTですが、それよりもダイレクトな変速が楽しめ、かつそこそこ伝達効率も高いため、「走りと燃費を両立させた」システムといえます。
・・・とはいえ、私はこのギアが好きになれませんでした。変速時に生じる妙な失速感。ステップ変速みたいな気持ち悪さとも違う、慣れない感じの何か。まぁ、買ってしまえば嫌でもずーっとこれと付き合うわけですから、慣れちゃうんでしょうけど。
また、走りを気にしたシステムのくせに、ハンドリングはベース車よりもマイルド。そして上級モデルにあるパドルシフトもなし。
・・・だったら、CVTで良かったんじゃない?と思うんですが。

【乗り心地】
RSよりはマイルドです。とはいっても硬い方の部類。
小柄なボディだけに後部座席はかなり窮屈。ほぼ2名用の車です。
遮音性も低く、ハイブリッド特有の静かさみたいなものはあまり感じられませんでした。
街乗り主体のシステムなくせに、街乗りでは不快な乗り心地。 う〜ん、解せぬ。

【燃費】
高速30キロ、下道22キロで燃費21km/L。悪くないと思います。
HVシステムの恩恵というよりは、車重の軽さがポイントになったのだと思います。

【価格】
170万円でストロングハイブリッド車が買えるのは目からうろこですが、タイムリーなことに最近のベストカーの記事にこんな一文が。

「マイルドハイブリッドも燃費が優れているから、フルハイブリッドとの価格差を燃料代の差額で取り戻すには、20万km以上を走らねばならない。」
実際、ストロングハイブリッドとマイルドハイブリッドに走りの大きな差はあまりなく、わずかにEV走行が楽しめるというくらいでした。
「元なんてどうでもいいからHVに乗ってみたいんだ!」という人もいるかもしれませんが、それならアクアとかの方がいいと思いますよ。

【総評】
そして、昨今では当たり前の「サポートブレーキ」の類が装備されていない。OPでも選択不可と聞き更に驚き。
とことん割り切っています。
しかも、燃費を狙ったのか、走りを狙ったのかよくわからないカーコンセプト。
AGSで他社とは違う魅力を出したつもりなのかもしれないけど、実際それの出来はイマイチな上にこの車のキャラには合っていない。

成熟したシステムでいくトヨタ・ホンダのハイブリッド、HVに不安のあった日産はe-POWER。HVに疑問を感じていたマツダはディーゼル。
走りを犠牲にしたくないスズキはAGS。

・・・一つ魅力不足な車がありませんか?
ソリオでストロングHVは悪くないと思うんですが、せっかくならスイフトにも載せちゃえ!って発想はいかがかと。
むしろ、再三言うように、バレーノに本格HVの方がキャラ合ってませんか?

ガソリン・ターボ・マイルドHV・ストロングHV・・・
モデル整理を是非考えてみてほしい一台です。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「スイフト ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフト ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スイフト ハイブリッド
スズキ

スイフト ハイブリッド

新車価格帯:169〜198万円

中古車価格帯:79〜189万円

スイフト ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <30

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意