『6ヶ月間使用して、満足度5→2』 JONSBO U4R [Red] 利他心さんのレビュー・評価

U4R [Red] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥6,600

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥6,600

ドスパラ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥6,600〜¥10,445 (12店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

対応ファクター:ATX/MicroATX/Mini-ITX 3.5インチシャドウベイ:2個 U4R [Red]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • U4R [Red]の価格比較
  • U4R [Red]の店頭購入
  • U4R [Red]のスペック・仕様
  • U4R [Red]のレビュー
  • U4R [Red]のクチコミ
  • U4R [Red]の画像・動画
  • U4R [Red]のピックアップリスト
  • U4R [Red]のオークション

U4R [Red]JONSBO

最安価格(税込):¥6,600 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月

  • U4R [Red]の価格比較
  • U4R [Red]の店頭購入
  • U4R [Red]のスペック・仕様
  • U4R [Red]のレビュー
  • U4R [Red]のクチコミ
  • U4R [Red]の画像・動画
  • U4R [Red]のピックアップリスト
  • U4R [Red]のオークション

『6ヶ月間使用して、満足度5→2』 利他心さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

U4R [Red]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:260人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
34件
PCケース
5件
5件
モニターアーム
2件
5件
もっと見る
満足度2
デザイン4
拡張性2
メンテナンス性1
作りのよさ3
静音性2
6ヶ月間使用して、満足度5→2

本品はミドルタワーケースの割にはメンテナンス性が少し悪いですね。

ダストフィルターはフロントとボトムの2箇所に付いています。

フロントフィルターは、マグネット付きの簡易フィルターですが、フロントパネルの内側に付いているので、強化ガラスのサイドパネルを外さないとフィルターの取り外しができません。

ボトムのフィルターに至っては、筐体底部に付いている脚を4つとも外さないと取り外しができない上に、ボトムには3.5インチHDD固定用のネジ穴やファン固定用のネジ穴が設けられているため、フィルターにもこれらの穴が開けられています。
ここは造りの甘さ(雑さ)と、埃の通過が気になりました。

――――

本ケース最大の短所は、フロントファンの吸気が悪く、ケース内が負圧になってしまうことです。

同種・同回転数のファンをフロントに2つ、バックに1つ導入しても、マシン内は負圧になるようです。
厳格に風洞実験を行ったわけではありませんが、フロントパネル側で120mmファン×2をそれぞれ800RPMで回しても、あまり吸気せず、エアフローはバックパネル側の排気ファンのみが生み出しているような印象です。

ケースが排気設定なのはアンテックのP100やNZXTのH500でも見受けられますが、こういった場合、筺体のスリット各所にはフィルターが設けられています。
ケース内が負圧→隙間という隙間から空気を吸い込むわけですから。

本品は負圧設計にもかかわらず、フィルターの造りが雑なのが印象を悪くしているように思えます。
このあたりは予算との兼ね合いで、コストダウンせざるを得なかったのだと思います。

――――

本ケースには3.5インチHDDを2個、2.5インチHDDを2個搭載できますが、これらのHDDには下L字のSATAケーブルを接続できません。
→ストレートまたは上L字コネクタしか接続できない。

つまり、モジュラータイプの電源に付属している多くのSATAケーブルはそのままでは接続できないので、変換ケーブルか変換コネクターが必要になります。
このあたりも造りの甘さを感じました。

Corsairのガラスケース等で、3.5インチHDDの裏面がケースの外側に向けられて固定するようになっているのを見て、なぜHDDの表面を外側に向けないのか?と疑問を持っていましたが、あれは下L字のSATAケーブルを接続できるように配慮されているのだと、本品を利用してから気が付きました。

――――

低価格で強化ガラス採用のアルミケースが購入できるのは確かに魅力的ですが、本ケースの拡張性やメンテナンス性が高くないことを理解した上で購入すべきという結論に至ります。

購入した当初は本製品をとても気に入っていました。

満足度も5をつけていましたが、時間の経過とともに満足度は下がり、6ヶ月経過後には現在の3に至り、ケースをDefine R5に変更してからは差異が気になるようになり、最終的に私の満足度は2となりました。

減点の主な理由は、

・負圧設計なのにフィルターの造りが甘く、かつフィルター清掃が大変なこと。
(我が家では猫が2匹暮らしていますので、フィルター必須です)

・先述のHDDとSATAケーブルの接続がやや特殊なこと。

・サイドパネル固定用のネジが小さく、着脱を繰り返しているとネジ穴を舐めやすいこと。
(大きめのホームセンターで購入できるかもしれませんが、銀色の少し変わった大きさのネジが使用されています)

――――

デザインが気に入ったのであれば「アリ」だと思いますが、ミドルタワーケースとしては個人的には「ナシ」の評価になりました。

拡張性やメンテンナス性はMicroATXのケースと同等で、ATXのマザーボードに強引に対応させた感があります。

昨今流行っている簡易水冷に対応しつつ、低価格帯でアルミ筺体でデザイン性が高いという部分が開発コンセプトであるように思えますが、安さがそのまま造りの甘さに響いているような印象を受けました。

とはいえAbeeやIn Winのアルミケースはそれなりの値段がしますし、7000円前後の価格帯で強化ガラスとアルミ筺体の採用はかなりの企業努力が要求されたように思えます。

個人的には、ここまでデザイン重視の設計にするのであれば、フロントパネルのJONSBOロゴは無いほうが良いと思いましたが、このあたりはマーケティング的には難しいのかもしれませんね。

このケースを生かすには、大人しいスペックのパーツを選定して、静音志向で運用するのが良いと思います。
ボトムのフィルターは大いに改善の余地がありますが、そもそも目の荒いフィルターで埃の100%を捉えることができるわけではありませんし、床に置いたりしなければそこまで神経質になる必要もなくなりますね。

ミドルタワーケースだと思って購入すると失敗するので、『ATX規格のマザーボードが搭載できるデザイン重視のMicroATXのケース』だと思って購入すれば間違いがないと思います。

――――

ここまでいろいろと書きましたが、デザインの良さは多少の不便さを補うことができます。
機能性優先とするか、デザインを取るかは人それぞれの価値観に委ねられると思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
拡張性2
メンテナンス性1
作りのよさ3
静音性2
6ヶ月間使用して、満足度5→3

=== 6ヶ月間使用して ===

ミドルタワーケースの割にメンテナンス性が悪い。
ダストフィルターはフロントとボトムの2箇所に付いており、フロントはマグネット式だが、強化ガラスのサイドパネルを外さないとフィルターの取り外しができない。
ボトムのダストフィルターに至っては、筐体底部に付いている脚を4つとも外さないと取り外しができない上に、ボトムには3.5インチHDD固定用の穴やファン固定用の穴が設けられていのだが、これらの穴に合わせてフィルターにも穴が開けられているので埃の通過が気になる仕様。

本ケース最大の短所は、フロントファンの吸気が悪く、ケース内が負圧になってしまうこと。
同種・同回転数のファンをフロントに2つ、バックに1つ導入しても、マシン内は負圧になってしまう。
一応、フロント側から吸うには吸うのだが、パネルや給気スリットとの距離など、様々な要素の調整が未熟なのだと思われる。

その他、本ケースには、3.5インチHDDを2個、2.5インチHDDを2個搭載できるのだが、これらのHDDには下L字のSATAケーブルを接続できない。
→ストレートまたは上L字コネクタしか接続できない。
つまり、モジュラータイプの電源モジュールに付属している多くのSATAケーブルはそのままでは接続できないので、変換ケーブルか変換コネクターが必要。

Corsair等の魅せるケースで、3.5インチHDDの裏面がケース外側に向けられているのを疑問に思っていたのだが、下L字のSATAケーブルを接続できるようにという理由があるのだと理解した。

低価格で強化ガラス採用のアルミケースが購入できるのは確かに魅力的だが、本ケースの拡張性やメンテナンス性が高くないことを理解した上で購入すべきだと思う。

購入した当初は本製品をとても気に入っていた。
満足度も5をつけていたが、時間の経過とともに満足度は下がり、6ヶ月経過後には現在の3に至った。
原点の主な理由は、マシン内が負圧になること(-1)、フィルター清掃が大変なこと(-1)。

デザインが気に入ってRAIJINTEKのケースと比較するなら「アリ」だと思うが、ミドルタワーケースとしては個人的には「ナシ」の評価。

簡易水冷を導入してCPUを冷やし、発熱が低いビデオカードを搭載して、回転数600〜800程度の静音ファンを取り付けるのが正しい運用方法だと思われる。

CPUクーラーが空冷だったり、ケースファンの回転数が1000以上のものだと、ノイズが気になると思う。
→ただし、私は音には神経質な方だと思います。
→具体的には、サイズのKAZE-JYUNI 800rpmのノイズがうるさいと評価し、KAZE-JYUNI 500rpmは静かだと評価します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6

満足度3
デザイン4
拡張性2
メンテナンス性2
作りのよさ4
静音性4
コストパフォーマンスとデザインが秀逸。ただし難点もある。

【デザイン】
本器のデザインに惹かれて購入した。
LEDの装飾には興味が無かった為、そもそも窓付きのケース自体に興味が無かったのだが、ネットサーフィンの合間にたまたま拝見したどなたかのブログに本器が載っていた。
すぐさま画像検索し、メーカーの商品ページにたどり着き、ついで型番で価格ドットコムに訪問し、お気に入りに登録してから概ね1ヶ月後に購入に至った。
アクリル板とは異なり、ガラスの重量感と光沢が心地よい。
アルミの加工精度もこの価格の商品にしてはとても良くできていると思う。
要所要所でバリは感じられるが、無視できる範囲だと思う。
全体的にデザインの完成度は高いと思う。
質感も良い。
欠点はJONSBOのロゴがださいこと。
商業的には仕方のないことかもしれないが、このロゴはいただけない。

【拡張性】
マザーボードはATXに対応。
5インチベイは非搭載。
3.5インチ(シャドウ)ベイが2箇所しかないにもかかわらず、ATX対応なのは珍しい。
ビデオカードも26cmまでは余裕で搭載できると思われるが、個人的には3.5インチベイがもう少し欲しかった。
3.5インチのハードディスクはガラスパネルがある方の側面下部に専用の取り付け箇所(インナーサイドパネル)が設けられており、1つは確実に搭載できる。
もう一つは本体底部に12cmファンか、2.5インチハードディスクか、3.5インチハードディスクかを選択的に取付することになるが、高性能のビデオカードを組み込む場合、本器の排熱はやや不安が残る。
かといって水冷にするほどの余剰スペースは無い。
また、側面の専用箇所にしろ底部にしろ、ハードディスクに冷気をあてることができないのが惜しいポイント。
ハードディスクの故障率と温度は密接な関係がある為、できれば吸気ファンの排気方向直ぐに配置したいところ。
尚、マザーボードにmicroATXを用いる場合、マザーボードの隣に2.5インチのハードディスクケースを両面テープ等で拡張できると思われる。
リカバリー用のハードディスクを増設したいときは、敢えてmicroATXのマザーボードをチョイスしても良いと思う。

【メンテナンス性】
端的に、悪い。
ハードディスクを組立時以外は取り替えない方ならば不便は感じないと思うが、ネジ4箇所で固定されているインナーサイドパネルか、ネジ2箇所で固定されているフロントパネルを完全に取り外さないと、ディスク交換はできない。
特に、インナーサイドパネルのハードディスクは、電源ケーブル(SATA15ピン)の長さに余裕がないと開閉が難しい位置にある。
私の電源ユニットはプラグインタイプではないので、上記の問題が生じた。
解決策として、ペリフェラルの4ピン電源から、SATA15ピンの変換(延長)ケーブルを用いて、開閉を容易にできるようにした。

【作りのよさ】
一部バリが感じられるが、全体的に良くできていると思う。
このクオリティーで7000円の販売金額は圧巻の一言。
眺めているだけでも気分がよくなる程度には、良くできていると思う。
アルミの板厚や細部に至るまでの防振ゴムはメーカーのこだわりが感じられる。
中国メーカーはあまり好きではないが、良品を製造している企業が存することも事実であるし、良い物は良いで割り切ることにした。

【静音性】
音が漏れる箇所は、@ガラスではない方の側面、A底部、B背面部、の3箇所のみ。
@は吸気の関係上塞ぐことはできないが、AとBはDIYで塞ぐことは可能。
そもそも話ではあるが、高性能ビデオカードを組み込み、OCを前提とする方は静音は犠牲にせざるを得ないと思う。
CPUファンの風切音がどれだけうるさいかは、ケースよりもCPUクーラーに拠るところが大きいだろうし、ビデオカードに関しては1枚羽のシロッコファンを使えば当然にうるさくなると思う。
スポンジ状の静音パネルでごまかしたり、あるいは騒音計で計測することもできるが、静音の専門家は鉛かアスファルト系の遮音材以外は遮音素材として認めないと思う。
したがってPCケースで論じられることの多い『静音性』はほとんどが個人の主観になると思う。
ファンの風切音では騒音計で計測されてはいるものの、あれはA特性で計測されている為、低い周波数はあまり反映されていない。
エアコンメーカーの室外機が有名ではあるが、静音と音の低域化を消費者に誤解させようとしている面がある。
騒音計だけでは音の不快さの指標にはならない点に注意して欲しいと思う。

ファンの音やHDDの駆動音と、PCケースの静音性がごっちゃになっていると思う。
HDDの共振に関しても、位置や取付方法だったり、またレビュアーによって回転数もまちまちなのであまり個々のレビューに傾倒してしまうと正常な判斷ができなくなると思う。

私の場合、ガラスパネル側がこちらを向くような配置になっているのでより静かに感じるポジションだと思う。
CPUファンはENERMAXのETS-N31-02を前機から継承。
ビデオカードはEVGA GeForce GTX 1050 Ti SSC GAMING ACX 3.0。
もともと発熱する構成ではないのでケースファンもCPUファンもさほど回らない。

【総評】
3.5インチベイがあと一つ欲しかった。
microATXのマザーボードを利用するときは、本体上部のデッドスペースにシャドウベイを組付できるようなギミックがあれば星6。
とはいえ、これだけよくできたケースを7000円で販売しているJONSBOには泊手。
そこそこのスペックでデザインの良いケースを求めている方にはおすすめできる。
ただし、大きさは事前によくシュミレートして欲しい。
ATX規格のマザーボードに対応している以上、それなりの大きさがある。

【その他の注意点】
5インチベイが無いので、本器はDVDドライブを搭載できません。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

満足度5
デザイン5
拡張性3
メンテナンス性2
作りのよさ5
静音性4
コストパフォーマンスとデザインが秀逸。ただし難点もある。

【デザイン】
本器のデザインに惹かれて購入した。
LEDの装飾には興味が無かった為、そもそも窓付きのケース自体に興味が無かったのだが、ネットサーフィンの合間にたまたま拝見したどなたかのブログに本器が載っていた。
すぐさま画像検索し、メーカーの商品ページにたどり着き、ついで型番で価格ドットコムに訪問し、お気に入りに登録してから概ね1ヶ月後に購入に至った。
アクリル板とは異なり、ガラスの重量感と光沢が心地よい。
アルミの加工精度もこの価格の商品にしてはとても良くできていると思う。
要所要所でバリは感じられるが、無視できる範囲だと思う。
全体的にデザインの完成度は高いと思う。
質感も良い。
欠点はJONSBOのロゴがださいこと。
商業的には仕方のないことかもしれないが、このロゴはいただけない。

【拡張性】
マザーボードはATXに対応。
5インチベイは非搭載。
3.5インチ(シャドウ)ベイが2箇所しかないにもかかわらず、ATX対応なのは珍しい。
ビデオカードも26cmまでは余裕で搭載できると思われるが、個人的には3.5インチベイがもう少し欲しかった。
3.5インチのハードディスクはガラスパネルがある方の側面下部に専用の取り付け箇所(インナーサイドパネル)が設けられており、1つは確実に搭載できる。
もう一つは本体底部に12cmファンか、2.5インチハードディスクか、3.5インチハードディスクかを選択的に取付することになるが、高性能のビデオカードを組み込む場合、本器の排熱はやや不安が残る。
かといって水冷にするほどの余剰スペースは無い。
また、側面の専用箇所にしろ底部にしろ、ハードディスクに冷気をあてることができないのが惜しいポイント。
ハードディスクの故障率と温度は密接な関係がある為、できれば吸気ファンの排気方向直ぐに配置したいところ。
尚、マザーボードにmicroATXを用いる場合、マザーボードの隣に2.5インチのハードディスクケースを両面テープ等で拡張できると思われる。
リカバリー用のハードディスクを増設したいときは、敢えてmicroATXのマザーボードをチョイスしても良いと思う。

【メンテナンス性】
端的に、悪い。
ハードディスクを組立時以外は取り替えない方ならば不便は感じないと思うが、ネジ4箇所で固定されているインナーサイドパネルか、ネジ2箇所で固定されているフロントパネルを完全に取り外さないと、ディスク交換はできない。
特に、インナーサイドパネルのハードディスクは、電源ケーブル(SATA15ピン)の長さに余裕がないと開閉が難しい位置にある。
私の電源ユニットはプラグインタイプではないので、上記の問題が生じた。
解決策として、ペリフェラルの4ピン電源から、SATA15ピンの変換(延長)ケーブルを用いて、開閉を容易にできるようにした。

【作りのよさ】
一部バリが感じられるが、全体的に良くできていると思う。
このクオリティーで7000円の販売金額は圧巻の一言。
眺めているだけでも気分がよくなる程度には、良くできていると思う。
アルミの板厚や細部に至るまでの防振ゴムはメーカーのこだわりが感じられる。
中国メーカーはあまり好きではないが、良品を製造している企業が存することも事実であるし、良い物は良いで割り切ることにした。

【静音性】
音が漏れる箇所は、@ガラスではない方の側面、A底部、B背面部、の3箇所のみ。
@は吸気の関係上塞ぐことはできないが、AとBはDIYで塞ぐことは可能。
そもそも話ではあるが、高性能ビデオカードを組み込み、OCを前提とする方は静音は犠牲にせざるを得ないと思う。
CPUファンの風切音がどれだけうるさいかは、ケースよりもCPUクーラーに拠るところが大きいだろうし、ビデオカードに関しては1枚羽のシロッコファンを使えば当然にうるさくなると思う。
スポンジ状の静音パネルでごまかしたり、あるいは騒音計で計測することもできるが、静音の専門家は鉛かアスファルト系の遮音材以外は遮音素材として認めないと思う。
したがってPCケースで論じられることの多い『静音性』はほとんどが個人の主観になると思う。
ファンの風切音では騒音計で計測されてはいるものの、あれはA特性で計測されている為、低い周波数はあまり反映されていない。
エアコンメーカーの室外機が有名ではあるが、静音と音の低域化を消費者に誤解させようとしている面がある。
騒音計だけでは音の不快さの指標にはならない点に注意して欲しいと思う。

ファンの音やHDDの駆動音と、PCケースの静音性がごっちゃになっていると思う。
HDDの共振に関しても、位置や取付方法だったり、またレビュアーによって回転数もまちまちなのであまり個々のレビューに傾倒してしまうと正常な判斷ができなくなると思う。

私の場合、ガラスパネル側がこちらを向くような配置になっているのでより静かに感じるポジションだと思う。
CPUファンはENERMAXのETS-N31-02を前機から継承。
ビデオカードはEVGA GeForce GTX 1050 Ti SSC GAMING ACX 3.0。
もともと発熱する構成ではないのでケースファンもCPUファンもさほど回らない。

【総評】
3.5インチベイがあと一つ欲しかった。
microATXのマザーボードを利用するときは、本体上部のデッドスペースにシャドウベイを組付できるようなギミックがあれば星6。
とはいえ、これだけよくできたケースを7000円で販売しているJONSBOには泊手。
そこそこのスペックでデザインの良いケースを求めている方にはおすすめできる。
ただし、大きさは事前によくシュミレートして欲しい。
ATX規格のマザーボードに対応している以上、それなりの大きさがある。

【その他の注意点】
5インチベイが無いので、本器はDVDドライブを搭載できません。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった5

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

U4R [Red]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

U4R [Red]
JONSBO

U4R [Red]

最安価格(税込):¥6,600発売日:2017年 6月 価格.comの安さの理由は?

U4R [Red]をお気に入り製品に追加する <68

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[PCケース]

PCケースの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(PCケース)

ご注意