『カムリWSレザーパッケージ / 2TONE レビュー』 トヨタ カムリ ハイブリッド 2017年モデル Mich33さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カムリ ハイブリッド 2017年モデル

『カムリWSレザーパッケージ / 2TONE レビュー』 Mich33さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カムリ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

Mich33さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:79人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
18件
腕時計
2件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
カムリWSレザーパッケージ / 2TONE レビュー
   

   

納車後3週間が経ち、8月に追加されたグレード(WSレザーP・2トーン)の私なりの印象を述べさせていただきます。

トヨタ車の新車購入はこれで7台目となり、ハイブリッド車は2代目プリウス、前車のSAI初期型に続く3台目です。
SAIは個人的には満足していましたが、結局売れなかったようで一代限りとなってしまいました。同じ販売店での後継車となるとクラウンハイブリッドかプリウスPHVとかになってしまい,両車とも現実的に選択車として選べず乗り換え難民になってしまいそうでしたが、結局はトヨタが後継車として推奨するカムリに落ちつきました。
新型カムリはハイブリッド車の完成モデルとも言える高性能の車だと大いに期待していましたが、実際に購入された方のレビューでも評価は高く、また日本でもセダンにしては売れ行きも好調とのことで、今回発売後1年目にしての新グレード追加・MCの情報も聞き、次の車はカムリに決めて発売日に契約しました。

【エクステリア】
とてもスタイリッシュなサイドビューが特に気に入っています。実寸も前者に比べてかなり大きくなり心配しましたが、ディーラーから家まで乗って帰るのに初めてハンドルをとったときの運転のしやすさに感動してしまいました。運転席からの視界も大変よく取扱いは思いのほか楽です。
ルーフが黒い2トーンもセダンではとても新鮮で、Youtubeでよく見ていた大好きな北米仕様のデザインの車が所有できて大満足です。
【インテリア】
スタイル重視のせいか、内寸は背の高さのある前車SAIの方が大きいようです。これにはちょっとがっかりしましたが、それでも十分なスペースはありインパネのデザインや内装・レザーシートの質感も良く満足しています。チルトステアリングが電動でなかったり、シート調整にメモリーがない、停車時のブラインドスポットの映像提示や後方電動ブラインドカーテン(JBLシステム選択車は装着不可)など前車にあった装備がなく劣るところも多々ありますが、いずれも別になくても我慢できるものだと思います。内装・シート色が黒一色だったのも残念!(ベージュやレッドも設定希望でした)。
また今回大いに注目していたJBLサウンドシステムですが、前車SAIのサウンドシステム(10スピーカー)が純正オーディオとしては結構良かったこともありそう大差は感じませんが、ノーマル仕様にたった7万円プラスでこの選択ができるようになったことは嬉しい限りです。音質の補正機能(クラリファイ)は大変有難く、オーディオ機器の登録数も5台まで(前車は2台のみ)できるようになり、iPhoneだけでなく眠っていた古いiPod touchやiPad(iPodとしてUSB接続も可能)が車内で再び活躍するようになりました。ただ車側での音質調整はSAIの時と同じく低・中・高音のみの簡単な設定しかできませんのでアプリでのイコライザーや音場設定とかを色々試しているところです。結構迫力のある音が出てびっくりしています。
【エンジン・走行性能】
最新設計のエンジンの性能は申し分なく、常に音楽をかけていることや自分が鈍感なせいかエンジン音や振動などほとんど気にすることもなく特に不満な点はありません。プラットフォームの剛性が高いこともあり直進走行時の安定性は申し分なく、新設計のサスのおかげか操舵感は良好だと思います。
また前車と比べ安全走行装備が飛躍的に進化していることも見逃せません。
【乗り心地】
前車も18インチタイヤでしたが、どうしてもゴツゴツしたような感じがして乗り心地には大いに不満で何度かDの担当者に訴えましたが、18インチタイヤ装着のせいとか言われ諦めていましたが、今回の車のタイヤは幅も少し大きくなり足回りにも手が入り改善された感じがします。前車との比較のみですが、足元がそう硬い感じもなく満足しています。
ただ他の方も触れられていますが、低重心設計のせいか車への乗り降りは(運転席のみならず助手席・後方席も)結構大変です。
【燃費】
毎回運転後に出る点数や燃費のデータは非常に良くびっくりしていましたが、実際に給油後に計算してみると大したことはありませんでした。やはりもっと乗りこんで走行距離を伸ばさないとダメですね。それにしてもこのボディサイズで街乗りリッター当たり20Km走行は凄いです。
【価格】
レザーPにオプション(ムーンルーフ・JBLサウンドシステム・2トーン色・ブラインドスポットモニター他)を色々と付けると軽く500万円を超えてしまいました。前者のSAIも500万円越えでしたのでこんなものかとも思えますが、これでは若い人には手が出せるはずもなく中高年(いわゆるオッサン)専用車のままでしょう。

思い起こせばその昔20代で最初に購入した車は真っ赤なセリカ・クーペでした。毎日のようにワックスをかけて磨き上げていたセリカは見るだけでも本当にワクワクしたものです。カムリも初めはセリカのセダン版として誕生したとのこと。私は当時クレスタに3台乗り継いでいったのでカムリとはずっと無縁でしたが、今回巡り巡ってカムリを所有することになりました。もちろん名前が同じだけで代を重ねて世界のベストセリングカーに成長した今のカムリは全く別の車でしょうが何か縁があったような気がしています。この車を所有することとなり、ムーンルーフを付けたり、2トーンのボディ色を選んだりしてみてあの頃のワクワク感がまた蘇ったようです。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年8月
購入地域
兵庫県

新車価格
434万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

カムリ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった76人(再レビュー後:76人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
カムリWSレザーパッケージ / 2TONE レビュー
   

サイドビューお気に入りです。

   

納車後3週間が経ち、8月に追加されたグレード(WSレザーP・2トーン)の私なりの印象を述べさせていただきます。

トヨタ車の新車購入はこれで7台目となり、ハイブリッド車は2代目プリウス、前車のSAI初期型に続く3台目です。
SAIは個人的には満足していましたが、結局売れなかったようで一代限りとなってしまいました。同じ販売店での後継車となるとクラウンハイブリッドかプリウスPHVとかになってしまい,両車とも現実的に選択車として選べず乗り換え難民になってしまいそうでしたが、結局はトヨタが後継車として推奨するカムリに落ちつきました。
新型カムリはハイブリッド車の完成モデルとも言える高性能の車だと大いに期待していましたが、実際に購入された方のレビューでも評価は高く、また日本でもセダンにしては売れ行きも好調とのことで、今回発売後1年目にしての新グレード追加・MCの情報も聞き、次の車はカムリに決めて発売日に契約しました。

【エクステリア】
とてもスタイリッシュなサイドビューが特に気に入っています。実寸も前者に比べてかなり大きくなり心配しましたが、ディーラーから家まで乗って帰るのに初めてハンドルをとったときの運転のしやすさに感動してしまいました。運転席からの視界も大変よく取扱いは思いのほか楽です。
ルーフが黒い2トーンもセダンではとても新鮮で、Youtubeでよく見ていた大好きな北米仕様のデザインの車が所有できて大満足です。
【インテリア】
スタイル重視のせいか、内寸は背の高さのある前車SAIの方が大きいようです。これにはちょっとがっかりしましたが、それでも十分なスペースはありインパネのデザインや内装・レザーシートの質感も良く満足しています。チルトステアリングが電動でなかったり、シート調整にメモリーがない、停車時のブラインドスポットの映像提示や後方電動ブラインドカーテン(JBLシステム選択車は装着不可)など前車にあった装備がなく劣るところも多々ありますが、いずれも別になくても我慢できるものだと思います。内装・シート色が黒一色だったのも残念!(ベージュやレッドも設定希望でした)。
また今回大いに注目していたJBLサウンドシステムですが、前車SAIのサウンドシステム(10スピーカー)が純正オーディオとしては結構良かったこともありそう大差は感じませんが、ノーマル仕様にたった7万円プラスでこの選択ができるようになったことは嬉しい限りです。音質の補正機能(クラリファイ)は大変有難く、オーディオ機器の登録数も5台まで(前車は2台のみ)できるようになり、iPhoneだけでなく眠っていた古いiPod touchやiPad(iPodとしてUSB接続も可能)が車内で再び活躍するようになりました。ただ車側での音質調整はSAIの時と同じく低・中・高音のみの簡単な設定しかできませんのでアプリでのイコライザーや音場設定とかを色々試しているところです。結構迫力のある音が出てびっくりしています。
【エンジン・走行性能】
最新設計のエンジンの性能は申し分なく、常に音楽をかけていることや自分が鈍感なせいかエンジン音や振動などほとんど気にすることもなく特に不満な点はありません。プラットフォームの剛性が高いこともあり直進走行時の安定性は申し分なく、新設計のサスのおかげか操舵感は良好だと思います。
また前車と比べ安全走行装備が飛躍的に進化していることも見逃せません。
【乗り心地】
前車も18インチタイヤでしたが、どうしてもゴツゴツしたような感じがして乗り心地には大いに不満で何度かDの担当者に訴えましたが、18インチタイヤ装着のせいとか言われ諦めていましたが、今回の車のタイヤは幅も少し大きくなり足回りにも手が入り改善された感じがします。前車との比較のみですが、足元がそう硬い感じもなく満足しています。
ただ他の方も触れられていますが、低重心設計のせいか車への乗り降りは(運転席のみならず助手席・後方席も)結構大変です。
【燃費】
毎回運転後に出る点数や燃費のデータは非常に良くびっくりしていましたが、実際に給油後に計算してみると大したことはありませんでした。やはりもっと乗りこんで走行距離を伸ばさないとダメですね。それにしてもこのボディサイズで街乗りリッター当たり20Km走行は凄いです。
【価格】
レザーPにオプション(ムーンルーフ・JBLサウンドシステム・2トーン色・ブラインドスポットモニター他)を色々と付けると軽く500万円を超えてしまいました。前者のSAIも500万円越えでしたのでこんなものかとも思えますが、これでは若い人には手が出せるはずもなく中高年(いわゆるオッサン)専用車のままでしょう。

思い起こせばその昔20代で最初に購入した車は真っ赤なセリカ・クーペでした。毎日のようにワックスをかけて磨き上げていたセリカは見るだけでも本当にワクワクしたものです。カムリも初めはセリカのセダン版として誕生したとのこと。私は当時クレスタに3台乗り継いでいったのでカムリとはずっと無縁でしたが、今回巡り巡ってカムリを所有することになりました。もちろん名前が同じだけで代を重ねて世界のベストセリングカーに成長した今のカムリは全く別の車でしょうが何か縁があったような気がしています。この車を所有することとなり、ムーンルーフを付けたり、2トーンのボディ色を選んだりしてみてあの頃のワクワク感がまた蘇ったようです。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年8月
購入地域
兵庫県

新車価格
434万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

カムリ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「カムリ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カムリ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

カムリ ハイブリッド
トヨタ

カムリ ハイブリッド

新車価格:348〜464万円

中古車価格:169〜495万円

カムリ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <196

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

カムリハイブリッドの中古車 (全2モデル/872物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意