『12年前のパナ製から取り替え。高機能で親切に良くしゃべる。』 三菱電機 エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373 ピーシーファナーさんのレビュー・評価

2017年 7月11日 発売

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥167,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥167,000〜¥167,000 (1店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥770,000

エコタイプ:エコキュート 動力:電気 追い焚き機能:フルオート タンク容量:370L エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご購入の際、対応しているガス、電気、石油などの種類が住環境に一致しているか必ずご確認ください。
また、リモコン、脚部カバーなどのオプション品の付属有無については、ショップサイトでご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373の価格比較
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のスペック・仕様
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のレビュー
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のクチコミ
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373の画像・動画
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のピックアップリスト
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のオークション

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373三菱電機

最安価格(税込):¥167,000 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 7月11日

  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373の価格比較
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のスペック・仕様
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のレビュー
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のクチコミ
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373の画像・動画
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のピックアップリスト
  • エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のオークション

『12年前のパナ製から取り替え。高機能で親切に良くしゃべる。』 ピーシーファナーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:168人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
1件
36件
PC用テレビチューナー
2件
33件
デジタルカメラ
1件
15件
もっと見る
満足度4
操作性5
機能性4
耐久性4
安全性5
12年前のパナ製から取り替え。高機能で親切に良くしゃべる。

12年前の新築時から使っていたパナソニック製エコキュート460リットルタイプが故障して(ヒートポンプユニットのメイン基板が焼け付きである日突然故障。付け替え部品がもうない上、ヒートポンプと貯湯タンクはセットで機能しているから全取り替えが必要といわれて)、慌てて用立てしたので比較的安価で直ぐに手配できた当機にした。というか、なった。

12年前は6人家族だったので460リットルタイプにしたが湯量は常に余裕があったので、今現在5人家族になっているので370リットルタイプで十分と考えた。実際、風呂をわかしてもシャワーもたくさん使う人が2名いるが、おまかせ(学習)設定で湯量不足にはなることなく使えている。


題名にあるように、親切によくしゃべります。(^O^)/

風呂をわかす(お湯はりする)とき:『ふろ自動』ボタンを押す⇒
浴室リモコンと台所リモコン両方で!「〇〇度、○○リトッルでお湯はりをします。お風呂の栓はしましたか?」(○は設定しておいた温度、湯量)

風呂の温度を上げたいとき(湯量は変えない):『あつく(3秒押し)』ボタンを3秒以上押す⇒
「追いだきを開始します。熱いお湯が出ます。タンクのお湯の熱を利用して温めます。」

風呂に熱いお湯を足したいとき:『あつく(3秒押し)』ボタンと『たっぷり』ボタンを同時に3秒以上押す⇒
「高温さし湯を開始します。熱いお湯が出ます。」

浴槽設定温度のお湯を足したいとき:『たっぷり』ボタンを押す⇒
「たっぷりを開始します。お湯を足します。」

風呂の温度を下げたいとき:『ぬるく』ボタンを押す⇒
「ぬるくを開始します。水を足します。」

などなど。

そして、お湯はりが完了した後、あらかじめ設定した時間の間は、浴槽のお湯が冷めたりすると設定温度を保つよう保温を自動でし、かつ、水位の検知機能もあるため入浴によって浴槽のお湯が減った場合は設定湯量を保つよう自動で足し湯をしてくれます。

12年前のものと比べ一番変わったのは、この風呂のお湯を熱くしたいときの機能で、前のはいわゆる「高温さし湯」をするしかなかったが、当機では浴槽の湯量は変えないで「追いだき」ができること。

しかも、「追いだき」とは言っても追加で電力を使ってぬるくなった湯を沸かし直すのではなく、
浴槽のぬるいお湯をタンクユニット内に吸い上げて、すでにタンクに貯められている熱いお湯で『熱交換機能』(タンクのお湯と浴槽のお湯が混ざるのではない)によって温めて浴槽に戻すという仕組みとのこと。
この機能によって従来より節電および節水にもなるようです。

なお、ふろ配管の洗浄もボタンひとつで自動で注水して洗浄してくれるのも、助かります。


唯一残念なのは、最新機の様に浴槽内にマイクロバブルを発生させて入浴できたり、マイクロバブルによってより効果的に配管洗浄する機能はついていないことでしょうか。
予想していなかった突然の出費だったので諦めましたが・・・

エコキュートはユニット一式と工事代で35万を超える機器ですが、エアコンと同じで12〜15年で、しかも代わりの利かない機器なのに突然、壊れるものと覚悟して予算をとっておく必要があるでしょう。

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
操作性5
機能性4
耐久性4
安全性5
12年前のパナ製から取り替え。高機能で親切に良くしゃべる。

12年前の新築時から使っていたパナソニック製エコキュート460リットルタイプが故障して(ヒートポンプユニットのメイン基板が焼け付きである日突然故障。付け替え部品がもうない上、ヒートポンプと貯湯タンクはセットで機能しているから全取り替えが必要といわれて)、慌てて用立てしたので比較的安価で直ぐに手配できた当機にした。というか、なった。

12年前は6人家族だったので460リットルタイプにしたが湯量は常に余裕があったので、今現在5人家族になっているので370リットルタイプで十分と考えた。実際、風呂をわかしてもシャワーもたくさん使う人が2名いるが、おまかせ(学習)設定で湯量不足にはなることなく使えている。


題名にあるように、親切によくしゃべります。(^O^)/

風呂をわかす(お湯はりする)とき:『ふろ自動』ボタンを押す⇒
浴室リモコンと台所リモコン両方で!「〇〇度、○○リトッルでお湯はりをします。お風呂の栓はしましたか?」(○は設定しておいた温度、湯量)

風呂の温度を上げたいとき(湯量は変えない):『あつく(3秒押し)』ボタンを3秒以上押す⇒
「追いだきをします。熱いお湯が出ます。タンクの熱を利用します。」

風呂に熱いお湯を足したいとき:『あつく(3秒押し)』ボタンと『たっぷり』ボタンを同時に3秒以上押す⇒
「高温さし湯を開始します。熱いお湯が出ます。」

浴槽設定温度のお湯を足したいとき:『たっぷり』ボタンを押す⇒
「たっぷりを開始します。お湯を足します。」

風呂の温度を下げたいとき:『ぬるく』ボタンを押す⇒
「ぬるくを開始します。水を足します。」

などなど。

そして、お湯はりが完了した後、あらかじめ設定した時間の間は、浴槽のお湯が冷めたりすると設定温度を保つよう保温を自動でし、かつ、水位の検知機能もあるため入浴によって浴槽のお湯が減った場合は設定湯量を保つよう自動で足し湯をしてくれます。

また、12年前のものと比べ一番変わったのは、風呂のお湯を熱くしたいときの機能で、前のはいわゆる「高温さし湯」をするしかなかったが、当機では浴槽の湯量は変えないで「追いだき」ができること。

しかも、「追いだき」とは言っても追加で電力を使ってぬるくなった湯を沸かし直すのではなく、
浴槽のぬるいお湯をタンクユニット内に吸い上げて、すでにタンクに貯められている熱いお湯で『熱交換機能』(タンクのお湯と浴槽のお湯が混ざるのではない)によって温めて浴槽に戻すという仕組みとのこと。
この機能によって従来より節電および節水にもなるようです。

なお、ふろ配管の洗浄もボタンひとつで自動で注水して洗浄してくれるのも、助かります。


唯一残念なのは、最新機の様に浴槽内にマイクロバブルを発生させて入浴できたり、マイクロバブルによってより効果的に配管洗浄する機能はついていないことでしょうか。
予想していなかった突然の出費だったので諦めましたが・・・

エコキュートはユニット一式と工事代で35万を超える機器ですが、エアコンと同じで12〜15年で、しかも代わりの利かない機器なのに突然、壊れるものと覚悟して予算をとっておく必要があるでしょう。

参考になった0

「エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373
三菱電機

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373

最安価格(税込):¥167,000発売日:2017年 7月11日 価格.comの安さの理由は?

エコキュート フルオートダブル追いだき 370L SRT-W373をお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[給湯器]

給湯器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(給湯器)

ご注意