『正常進化で、バランスが良くなった』 CANON EOS 6D Mark II ボディ 犬輔さんのレビュー・評価

EOS 6D Mark II ボディ

  • 有効画素数約2620万画素フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 7」を搭載した、ハイアマチュアユーザー向け一眼レフカメラ。
  • EOSシリーズのフルサイズセンサー搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニターを採用。前方向約180度、うしろ方向約90度、水平方向約175度に動く。
  • 「オールクロス45点AFセンサー」を搭載。また、「デュアルピクセルCMOS AF」により、ライブビュー撮影時にも高速で追従性にすぐれたAFを実現。
EOS 6D Mark II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥131,000 (前週比:-3,500円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2017年 8月 4日

店頭参考価格帯:¥131,000 〜 ¥189,540 (全国710店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2710万画素(総画素)/2620万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:685g EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS 6D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 6D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 6D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 6D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 6D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 6D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 6D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 6D Mark II ボディのオークション

EOS 6D Mark II ボディCANON

最安価格(税込):¥131,000 (前週比:-3,500円↓) 発売日:2017年 8月 4日

  • EOS 6D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 6D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 6D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 6D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 6D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 6D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 6D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 6D Mark II ボディのオークション

『正常進化で、バランスが良くなった』 犬輔さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:129人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
101件
レンズ
4件
5件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
正常進化で、バランスが良くなった

EOS 6D mark2(以下6D2)は発売から1年以上が過ぎて、ついに13万円台の最安価格となってきたので、旧6Dを売って購入しちゃいました。連写性能が6.5コマ秒と5D3を超える程にまで上がり、位相差AFがオールクロス45点の80D相当と言うことで、シャッターレスポンスなどの改善があるに違いないと期待しました。

実際に使ってみると、6Dでは時々感じていた謎のシャッタータイムラグ(AFの迷い?)は減りました。条件がよければサクサクとテンポよくシャッターが切れて、そこは5D4的になり、良くなりましたね。しかしながら、5D4よりはラグがあるように思える場面が多いのも確かです。気になったのは、ちょっと暗い目の室内なんかで明るい単焦点レンズを使っているにもかかららずAFに一瞬の迷いがあるコトが、たまーにある点ですかね。多分、被写体のコントラスト部分が(AFが苦手とする黒っぽい色などで)とらえ切れてない瞬間だと想像しますが、AFはやっぱり5D4とは力の差があると感じています。レンズは主に、EF50mm F1.4、EF135mm F2L、SIGMA Art 35mm F1.4で、測距点は中央1点か、ゾーンの中央付近を使うことが多いです。AFで僕がよく使う中央1点の性能をよく調べてみると、旧6DではF5.6対応の縦と横のクロス測距点に加え、F2.8対応の縦線検出用シングル測距点があり、中央1点に関しては信頼できると評価されてきました。コレが6D2の中央ではどう変わったかというと、縦と横のF5.6対応測距点に加え、ナナメ右とナナメ左のX型に配置されたF2.8クロス測距点があり、デュアルクロス測距へと進化しています。中央1点しか使わないなら同じだわさ〜なんて思っていましたが、ちゃんと進化していました。

シャッター音は6Dよりは目立つようになった印象で、やや歯切れ良い音になりました。僕はこっちの方が断然好みですねぇ。6Dは静かで「カルンッ」っていう感じの、こもったフィーリングでしたが、6D2は「パチャッ」と、やや金属的な音になりました(やや低い残響音があり、5D4ほどの剛性感や軽快さはないですが)。これは好みの分かれるところです。旧6Dは上品な音だと周りでは好評でしたが、僕は旧6Dの音は気に入っていませんでした。(その割には6年間で13万ショットと、僕の一番長く使ったカメラでした。)

画質はざっくり6Dとそれほどは変わらないと思います。2600万画素あるので、トリミング耐性は確実に上がりました。5D4が出たとき、3000万画素も要るかなぁ?って思ったんですけど、使ってみると全然良いんですよね。かなりのトリミングをしなければならない場面でも高精細を保ってくれてて。これぐらいの画素数なら、あっても損はしてないなと思ったものです。(ちなみに、5D4は高画素化に伴なってAF精度も上がったように感じました。) ちまたでは、6D2はダイナミックレンジが低いとよく議論されますが、センサー画質は5D3並か、5D3より若干良い程度だと思っていいと思います。だからと言って、全くバカには出来ません。6D2で、すごく綺麗な写真を撮られる人が多くいることを僕は知っています。写真は、カメラ性能だけじゃないって、つくずく思い知らされます。

あと、6Dから劇的に改善された点といえば、動画AFです。もう、文句ありません。旧6Dでは実際、動画はマニュアルフォーカスでやってましたから、ずいぶん楽チンになりました。AFしたいところに画面タッチするだけです。この点はデュアルピクセルAFに拍手喝采。バリアングル液晶が付いて、タッチパネル化されたのも大きく変わった点ですね。動画の電子手振れ補正も、画面の端のほうは削られて画角が狭くなりますけど、あったらあったで便利ですね。僕はISなしのレンズも多いため恩恵を受けました。スチルでは単焦点レンズが多く「ISなし上等」派ですが、動画のガクガク揺れは不快ですもんね。4K動画が撮れないことが残念とよく言われますが、個人的にはフルHDで満足です。80DとSIGMA18-200mmで音楽会の動画を撮りましたが、いま普及している大画面テレビに映すぐらいならフルHDで十分ですよ。アウトプットがフルHDですから。将来テレビが4Kに対応すれば見劣りするかもしれませんけどね。ちなみに僕は30年前にVHSで撮ったビデオ映像を見て「画像が激しくボヤけてるなぁ」とは感じますが、当時はそれしかなかった訳だから仕方ないと思えます。そもそも、動画は容量を食うから、長回しは(音楽会を除いて)あまりしません。長くても2分ぐらいですね。僕には、動画は予備的な記録です。

6D2のバッテリーの持ちは、ファインダー使用時は1200枚撮影可能。これも文句無しのダントツ性能。社員旅行では5D4で900枚撮影したときにバッテリーマークが点滅になりましたので、僕はそれぐらい持ってくれるなら十分です。液晶モニタ使用時は380枚です。ライブビュー撮影ではEOS-Rと変わらない感じ。あんまり持ちません。でもファインダー撮影メインだから気にしません笑。あとは何が変わったかな。ファインダー視野率が6Dから1%上がっています。ほとんどわかりません笑。フルサイズ機のファインダーはもともと大きく見えて快適ですからね。倍率もですが、視野率98%なのは、あんまり気にならないですね僕は。あとは、測光精度が6Dから上がっているはずですが、使用日数が少ないので書けません。そんな訳で、6D2は見事に、旧6Dや、5D3の上を行き、5D4よりは下のスペックに、うまく仕上がっています笑。

そんな訳で一定の進化が見られる6D2でしたが、実はその後、オークション詐欺にあいまして、金欠を脱するため、この6D2は泣く泣く手放してしまいました。5D4とどちらを手放そうかと考えた末、5D4を残すという選択をしました。どっちか1台だけ!ってなったら辛いですね。これは、バリアングルがどれぐらい重要かや、スロット数、ファインダー倍率、AFを含めたシャッターレスポンスの差など、人によって分かれる部分でしょうね。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった55人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
正常進化で、バランスが良くなった
別機種
   

   

EOS 6D mark2 (以下6D2)は発売から1年以上が過ぎて、ついに13万円台の最安価格となってきたので、旧6Dを売って購入しちゃいました。連写性能が6.5コマ秒と5D3を超える程にまで上がり、位相差AFがオールクロス45点の80D相当と言うことで、シャッターレスポンスなどの改善があるに違いないと期待していました。まだ3〜4日ほどしか持ち出していないですが、とりあえずの感想として、6Dでは時々感じていた謎のシャッタータイムラグ(AFの迷い?)が、減りました。条件がよければサクサクとテンポよくシャッターが切れて、そこは5D4的になりました。とはいえ5D4よりは、ラグがあるように思える場面が多いのも確かです。気になったのは、ちょっと暗い目の室内なんかで明るい単焦点レンズを使っているにもかかららずAFに一瞬の迷いがあるコトが、たまにある点ですかね。多分、被写体のコントラスト部分がとらえ切れてない瞬間だと想像しますが、AFはやっぱり5D4とは力の差があるような気がします。レンズは主に、EF50mm F1.4 USM、EF135mm F2L USM、SIGMA Art 35mm F1.4で、測距点は中央1点か、ゾーンの中央付近を使うことが多いです。AFで僕がよく使う中央の測距点の性能をよく調べてみると、旧6DではF5.6対応の縦と横のクロス測距点に加え、F2.8対応の縦線検出用シングル測距点があり、中央1点に関しては信頼できると評価されてきました。6D2の中央ではコレがどう変わったかというと、縦と横のF5.6対応測距点に加え、ナナメ右とナナメ左のX型に配置されたF2.8クロス測距点があり、デュアルクロス測距へと進化しています。中央1点しか使わないなら同じだわさ〜なんて思っていましたが、ちゃんと進化していました。

シャッター音は6Dよりは目立つようになった印象で、やや歯切れ良い音になりました。僕はこっちの方が断然!好みですねぇ。6Dは静かで「カルンッ」っていう感じの、こもったフィーリングでしたが、6D2は「パチャッ」と、やや金属的な音になりました(5D4ほどの軽快さはないですが)。これは好みの分かれるところですね。旧6Dは上品な音だと周りでは好評でしたが、僕は6Dの音は全然気に入ってませんでした。その割には6年間で13万ショットと、僕の一番長く使ったカメラでした。

画質はざっくり6Dと同等ぐらいと思います。2600万画素あるので、トリミング耐性は上がりましたね。5D4が出たとき、3000万画素も要るかな?って思ったんですけど、使ってみると全然良いんですよね。かなりのトリミングをしなければならない場面でも高精細を保ってくれてて。高画素化で5D4のAF精度も上がっているようにも思いますが、これぐらいの画素数なら、あっても損はしてないなぁと思ったものです。80Dの2400万画素でも同様に思いました。

あと、6Dから劇的に改善された点といえば、動画AFです。もう、文句ありません。6Dでは実際、動画はマニュアルフォーカスでやってましたから、ずいぶん楽チンになりました。AFしたいところに画面タッチするだけです。この点はデュアルピクセルAFに拍手喝采。バリアングル液晶が付いて、タッチパネル化されたのも大きく変わった点ですね。動画の電子手振れ補正も、画面の端のほうが削られて画角が狭くなりますけども、あったらあったで便利ですね。僕はISなしのレンズも多いため恩恵を受けています。スチルでは単焦点レンズも多いし「ISなし上等」派ですが、動画のガクガク揺れは見ていて不快ですもんね。4K動画が撮れないことが残念とよく言われますが、個人的にはフルHDで満足です。80DとSIGMA18-200mmで音楽会の動画を撮りましたが22インチのテレビに映すぐらいならFHDで十分です。僕は30年前にVHSで撮ったビデオ映像を見て「画像が激しくボヤけてるなぁ」とは感じますが、当時はそれしかなかった訳だから仕方ないと思えます。未来の世界でも、この時代の記録がFHDなのはまぁ仕方ないと、多分割り切れることでしょう。第一、動画は容量を食うから、長回しは(音楽会などを除いて)あまりしません。長くても2分ぐらいですかね。僕には、動画は予備的な記録だだから、まぁいいかという感じです。

さて、ボディはバッテリー含まず685gの中級機サイズです。本体650gの80Dとほぼ同じ。操作感もよく似てるので、2台持ちには相性がいいですね。グリップに関しては僕は大きめの5Dシリーズのグリップが秀逸で理想だと思っていますが、この中級機のグリップも悪くはないですね。Kissシリーズまで行くと、ちょっとグリップが小さすぎるかな?大きなレンズを付けると、腕が疲れるとか以前に、指に負担がかかるので嫌だな〜って長年思ってきましたが、最新のEOS 9000D および Kiss X9iでは、グリップが深くなり、改善されていて驚きました。

6D2のバッテリーの持ちは、ファインダー使用時は1200枚撮影可能。これも文句無しのダントツ性能ですね。社員旅行では5D4で900枚撮影したときにバッテリーマークが点滅になりました。だから僕はそれぐらい持てば十分です。液晶モニタ使用時は380枚です。ライブビュー撮影ではEOS-Rと変わらない感じ?あんまり持ちません。でもファインダー撮影メインだから気にしません笑。あとは何が変わったかな。ファインダー視野率が6Dから1%上がっていますね。ほとんどわかりませんけどね笑。フルサイズ機のファインダーはもともと大きく見えて、快適ですから、倍率もですが、視野率98%なのは、あんまり気にならなくなりましたね僕は。あとは、測光精度が6Dから上がっているはずですが、まだ使用日数が少ないので書けません。そんな訳で、6D2は見事に、6Dや5D3の上を行き、5D4よりは下のスペックに仕上がっています笑。また気がついたことがあれば書き直したいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった25

満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
正常進化で、バランスが良くなった!
別機種
   

   

EOS 6D mark2 (以下6D2)は発売から1年以上が過ぎて、ついに13万円台の最安価格となってきたので、旧6Dを売って購入しちゃいました。連写性能が6.5コマ秒と5D3を超える程にまで上がり、位相差AFがオールクロス45点の80D相当と言うことで、シャッターレスポンスなどの改善があるに違いないと期待していましたが、まずまずの感触です。まだ1日しか持ち出していないので、とりあえずの感想です。6Dでは時々感じていた謎のシャッタータイムラグ?が、ほとんどわからなくなりました。とはいえ5D4よりは微妙に、ラグがあるように思える場面はあります。レンズは主に EF50mm F1.4 USM や EF135mm F2L USM を使っています。測距点は中央1点か、ゾーンの中央部を使うことが多いです。AFで僕がよく使う中央の測距点の性能をよく調べてみると、6DではF5.6対応の縦と横のクロス測距点に加え、F2.8対応の縦線検出用のシングル測距点があり、中央1点に関しては信頼できると評価されてきました。6D2の中央ではコレがどう変わったかというと、縦と横のF5.6対応測距点に加えて、ナナメ右とナナメ左のバッテン型に配置されたF2.8クロス測距点があり、デュアルクロス測距へと進化しています。中央1点しか使わないなら同じだわさ〜なんて思っていましたが、ちゃんと信頼性はアップしていました。シャッター音は6Dよりは目立つようになった印象で、やや歯切れ良い音になりました。僕はこっちの方が断然好みですねぇ。6Dは静かで「カルンッ」っていう感じの、こもったフィーリングでしたが、6D2は「パチャッ」と、やや金属的な音になりました(5D4ほどの軽快さはない音ですが)。これは好みの分かれるところですね。6Dが上品な音だと周りでは好評でしたが、僕は6Dの音は全然気に入ってませんでした(その割には6年間で13万ショットと、僕の一番長く使ったカメラです)。画質はざっくり6Dと同等ぐらいと思います。2600万画素あるので、トリミング耐性は上がりましたね。5D4が出たとき、3000万画素も要るかなぁ?って思ったんですけど、使ってみると全然良いんですよね。かなりのトリミングをしなければならない場面でも高精細を保ってくれてて。これぐらいの画素数なら、あっても損はしてないなぁと思ったものです。80Dの2400万画素でも、そう思いました。今は2400〜3000万画素がちょうど良いです。それ以上は要らないかなぁ。僕は風景はそれほど撮らず、人物がメインなので。それと高感度画質は近頃とんでもない高ISOで比較されるようになってますけど、僕はISO 1600以上はなるべく使いたくないです。実際、SSを稼ぎたくて、仕方なく3200までは使ったりしますけどね。確かに、高速シャッター用に6400や12800の画質を考慮してもいいとは思いますが、真剣にメーカーが重視してほしいのは、多くの人がほんとによく使うISO 100〜3200の画質ですよね。あと、6Dから劇的に改善された点といえば、動画AFですか。もう、文句ありませんね。6Dでは実際のところ、動画はマニュアルフォーカスでやってましたから、ずいぶん楽チンになりました。AFしたいところに画面タッチするだけです。この点はデュアルピクセルAFに拍手喝采。バリアングル液晶が付いて、タッチパネル化されたのも大きく変わった点ですね。これまでハイアングルからの撮影はノーファインダー撮影、ローアングルからは寝そべっていましたが、これからは大きくスタイルも変わりそうです。正直、ライブビューでのタッチ撮影には、80Dを以前から持っていながら、いまだに慣れないです笑。動画の電子手振れ補正も、画面の端のほうが削られて画角が狭くなりますが、あったらあったで便利です。僕はISなしのレンズも多いため将来恩恵を受ける予定です笑。スチルでは単焦点レンズも多いし「ISなし上等」な一派ですが、動画のガクガク揺れはとても嫌なものです。4K動画が撮れないことが残念とよく言われますが、僕はフルHDで満足ですね。80Dで音楽会の動画を撮りましたが22インチのテレビに映すぐらいならフルHDで十分です。僕は30年前にVHSで撮ったビデオ映像を見て「画像がボヤけてるなぁ」とは感じますが、当時はそれしかなかった訳だから仕方ないと思えます。未来の世界でも、この時代の記録がフルHDなのは仕方ないと、多分割り切れることでしょうw。第一、動画は容量を食うから、長回しは、音楽会などを除いて、あまりしません。長くても2分ぐらいです。こんなんだから、4Kがあっても、小心者の僕にはメモリー容量的に辛い気持ちかもしれません。さて、ボディはバッテリー含まず685gの中級機サイズです。本体650gの80Dとほぼ同じ。操作感もよく似てるので、2台持ちには相性がいいですね。グリップに関しては僕は大きめの5Dシリーズのグリップが秀逸で理想だと思っていますが、この中級機のグリップも悪くはないですね。Kissシリーズまで行くと、ちょっとグリップが小さすぎて、大きなレンズを付けると僕は指が痛くなります。腕が疲れるとか以前に、指に負担がかかるのです。あれは改善してほしい(もしかしたら9000Dあたりでは改善されているのかな?)。バッテリーの持ちは、ファインダー使用時は1200枚撮影可能。これは文句無しですね。社員旅行では5D4で900枚撮影したときにバッテリーマークが点滅になったので、それぐらい持てば十分です。液晶モニタ使用時は380枚です。ライブビュー撮影ではEOS-Rと変わらない感じ?あんまり持ちませんね。でもファインダー撮影メインだから気にしません笑。あとは何が変わったかな。ファインダー視野率が6Dから1%上がっている?ほとんどわかりませんけどね笑。フルサイズ機のファインダーはもともと大きく見えて、快適ですから、倍率もですが、視野率98%なのは、あんまり気にならなくなりましたね僕は。あとは、測光精度が6Dから上がっているはずですが、ちょっとまだ使用日数が少なすぎて書けません。そんな訳で、6D2は見事に、6Dや5D3の上を行き、5D4よりは下のスペックに仕上がっています笑。また気がついたことがあれば書き直したいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった4

満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
正常進化で、バランスが良くなった!
別機種
   

   

EOS 6D mark2 (以下6D2)は発売から1年以上が過ぎて、ついに14万円を切る最安価格となってきたので、旧6Dを売って購入しちゃいました。連写性能が6.5コマ秒と5D3を超える程にまで上がり、位相差AFがオールクロス45点の80D相当と言うことで、シャッターレスポンスなどの改善があるに違いないと期待していましたが、まずまずの感触です。まだ1日しか持ち出していないので、とりあえずの感想です。6Dでは時々感じていた謎のシャッタータイムラグ?が、ほとんどわからなくなりました。とはいえ5D4よりは微妙に、ラグがあるように思える場面はあります。レンズは主に EF50mm F1.4 USM や EF135mmF2L USM で、測距点は中央1点か、ゾーンの中央部を使うことが多いです。シャッター音は6Dよりは目立つようになった印象で、やや歯切れ良い音になりました。僕はこっちの方が断然好みですねぇ。6Dは静かで「カルンッ」っていう感じの、こもったフィーリングでしたが、6D2は「パチャッ」と、やや金属的な音になりました(5D4ほどの軽快さはない音ですが)。これは好みの分かれるところですね。6Dが上品な音だと周りでは好評でしたが、僕は6Dの音は全然気に入ってませんでした(その割には6年間で13万ショットと、僕の一番長く使ったカメラです)。画質はざっくり6Dと同等ぐらいと思います。2600万画素あるので、トリミング耐性は上がりましたね。5D4が出たとき、3000万画素も要るかなぁ?って思ったんですけど、使ってみると全然良いんですよね。かなりのトリミングをしなければならない場面でも高精細を保ってくれてて。これぐらいの画素数なら、あっても損はしてないなぁと思ったものです。80Dの2400万画素でも、そう思いました。今は2400〜3000万画素がちょうど良いです。それ以上は要らないかなぁ。僕は風景はそれほど撮らず、人物がメインなので。それと高感度画質は近頃とんでもない高ISOで比較されるようになってますけど、僕はISO 1600以上はなるべく使いたくないです。実際、SSを稼ぎたくて、仕方なく3200までは使ったりしますけどね。確かに、高速シャッター用に6400や12800の画質を考慮してもいいとは思いますが、真剣にメーカーが重視してほしいのは、多くの人がほんとによく使うISO 100〜3200の画質ですよね。あと、6Dから劇的に改善された点といえば、動画AFですか。もう、文句ありませんね。6Dでは実際のところ、動画はマニュアルフォーカスでやってましたから、ずいぶん楽チンになりました。AFしたいところに画面タッチするだけです。この点はデュアルピクセルAFに拍手喝采。バリアングル液晶が付いて、タッチパネル化されたのも大きく変わった点ですね。これまでハイアングルからの撮影はノーファインダー撮影、ローアングルからは寝そべっていましたが、これからは大きくスタイルも変わりそうです。正直、ライブビューでのタッチ撮影には、80Dを以前から持っていながら、いまだに慣れないです笑。動画の電子手振れ補正も、画面の端のほうが削られて画角が狭くなりますが、あったらあったで便利です。僕はISなしのレンズも多いため将来恩恵を受ける予定です笑。スチルでは単焦点レンズも多いし「ISなし上等」な一派ですが、動画のガクガク揺れはとても嫌なものです。4K動画が撮れないことが残念とよく言われますが、僕はフルHDで満足ですね。80Dで音楽会の動画を撮りましたが22インチのテレビに映すぐらいならフルHDで十分です。僕は30年前にVHSで撮ったビデオ映像を見て「画像がボヤけてるなぁ」とは感じますが、当時はそれしかなかった訳だから仕方ないと思えます。未来の世界でも、この時代の記録がフルHDなのは仕方ないと、多分割り切れることでしょうw。第一、動画は容量を食うから、長回しは、音楽会などを除いて、あまりしません。長くても2分ぐらいです。こんなんだから、4Kがあっても、小心者の僕にはメモリー容量的に辛い気持ちかもしれません。さて、ボディはバッテリー含まず685gの中級機サイズです。本体650gの80Dとほぼ同じ。操作感もよく似てるので、2台持ちには相性がいいですね。グリップに関しては僕は大きめの5Dシリーズのグリップが秀逸で理想だと思っていますが、この中級機のグリップも悪くはないですね。Kissシリーズまで行くと、ちょっとグリップが小さすぎて、大きなレンズを付けると僕は指が痛くなります。腕が疲れるとか以前に、指に負担がかかるのです。あれは改善してほしい(もしかしたら9000Dあたりでは改善されているのかな?)。バッテリーの持ちは、ファインダー使用時は1200枚撮影可能。これは文句無しですね。社員旅行では5D4で900枚撮影したときにバッテリーマークが点滅になったので、それぐらい持てば十分です。液晶モニタ使用時は380枚です。ライブビュー撮影ではEOS-Rと変わらない感じ?あんまり持ちませんね。でもファインダー撮影メインだから気にしません笑。あとは何が変わったかなぁ。ファインダー視野率が6Dから1%上がっている?ほとんどわかりませんね笑。フルサイズ機のファインダーはもともと大きく見えて快適ですから、視野率98%なのは、それほどは気になりませんね僕は。あとは、測光精度が6Dから上がっているはずですが、ちょっとまだ使用日数が少なすぎて書けません。そんな訳で、6D2は見事に、6Dや5D3の上を行き、5D4よりは下のスペックに仕上がっています笑。今回はこのぐらいにさせて貰います。また気がついたことがあれば書き直したいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「EOS 6D Mark II ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
入門フルサイズ  4 2019年6月28日 23:21
Jpeg撮って出しなら世界最高峰  5 2019年6月23日 14:37
買ってよかった(^^)  5 2019年6月12日 21:27
EOS-RPと比べて  3 2019年6月12日 13:34
軽さは武器か  3 2019年6月9日 13:36
6Dからの買い換えです。  5 2019年5月28日 15:50
セイフティシフト機能について  3 2019年5月16日 16:35
6Dからの買い替え  4 2019年4月6日 09:35
メーカーの対応に疑問  2 2019年4月2日 23:27
風景夜景には問題なくあとは本業の鉄道  4 2019年3月22日 19:11

EOS 6D Mark II ボディのレビューを見る(レビュアー数:103人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

EOS 6D Mark II ボディ
CANON

EOS 6D Mark II ボディ

最安価格(税込):¥131,000発売日:2017年 8月 4日 価格.comの安さの理由は?

EOS 6D Mark II ボディをお気に入り製品に追加する <2539

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意