『最新最強AVアンプ!』 ヤマハ AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック] 鴻池賢三さんのレビュー・評価

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]

  • Dolby Atmos、DTS:Xに対応した11.2chプリアウト対応AVレシーバー。ハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」の第7世代モデル。
  • 映画系新プログラム「Enhanced」を含む24種類のシネマDSP音場プログラム、プレシジョンEQ採用の高精度「YPAO」を搭載している。
  • HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応したHDMI端子を装備。DSD、ハイレゾ、Wi-Fi、Bluetoothなどに対応する。
AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥300,400 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥270,000
  • 発売日:2017年 7月下旬

サラウンドチャンネル:9.2ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:8系統 AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の価格比較
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の店頭購入
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のレビュー
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のクチコミ
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の画像・動画
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のオークション

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]ヤマハ

最安価格(税込):¥300,400 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 7月下旬

  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の価格比較
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の店頭購入
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のレビュー
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のクチコミ
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]の画像・動画
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > AVアンプ > ヤマハ > AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]

『最新最強AVアンプ!』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

最新最強AVアンプ!

視聴環境(ヤマハ視聴室/一般非公開)

アルミ材を用い、質感の良いフロントパネル

パランス入力端子を搭載(2ch)

ヤマハ視聴室(一般非公開)にて体感してきました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
フロントパネルにはアルミ材を用い、表面の仕上げも高品位です。

【操作性】
ヤマハが配布しているアプリ「AV CONTROLLER」(無償)が利用できます。
リモコンも付属していますが、AVアンプは多機能ですし、最近はネットワーク再生の利用も多いと思いますので、「アプリの使い勝手=操作性」と言っても良いと思います。
アプリが本機を認識するスピードは迅速で、豊富なDSPモード(サラウンドの音場モード)もアイコンで視認性良く選択できるなど、操作性は上々です。

【音質】
前モデルのRX-A3060も非常に好感触でしたが、さらにもう一段進化しました。
今回、同一条件で新旧両モデルの比較試聴をしましたが、CDを同軸接続で聞くと、一音一音のフォーカス感向上は明らかで、音が引き締まってリアルに感じるほか、空間がすっきり見通し良く感じます。広い空間に音が軽やかに舞うようで、軽快かつ気持ち良く楽しめます。カメラで例えると、良質なレンズで抜けが良い画・・・といでも言いましょうか。
スペック値には現れませんが、前モデルに比べると、聴感上のS/N感が大幅に向上しています。詳細に分析すると、音の立ち上がりと収束がより俊敏になり、低域楽器が後を濁さず輪郭がより明瞭に、また、制動によるミュートの的確な表現などが寄与しているようです。

【パワー】
実用最大出力(JEITA基準)で、230W/ch(6Ω、10%THD)です。
プリメインタイプとしては最大クラスで、専用シアタールームでも充分でしょう。

【機能性】
11chデコード可能で、9chアンプ内蔵。家庭用としては多チャンネルです。
対応フォーマット、扱えるHDMI映像信号なども最新で、安心して利用できます。

【入出力端子】
HDMI入力x8, HDMI出力 x2。光デジタル音声入力 x3, 同軸デジタル音声入力 x3, Phono x1。
ほか、11.2chプリアウト、Bluetoothなど、盛りだくさんです。
前モデルに比べ、XLRバランス入力(2ch)が追加されました。

【サイズ】
幅435mm x 高さ192mm x 奥行き474mmです。
奥行き方向は、ケーブル接続にもスペースが必要ですので、充分なスペースを確保しましょう。
(この価格帯の製品だと、高級な太めのケーブルを利用する方も多いと思いますので)

【総評】
プリメインタイプのAVアンプとしては、最新最強の製品と言えます。
価格は安くありませんが、十数年前に比べると、アンプが多チャンネル化しているほか、HDMI映像やハイレゾネットワーク再生など、非常に多機能化していますので、コストパフォーマンスは高く感じます。
前モデル(型落)の3060と比べると、実売価格の差は8万円(執筆時点)と開きがあって悩ましいですが、こればかりは購入者の懐事情にもよりますので一概に述べるのは難しく、レビューを参考にご判断頂ければと思います。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ヤマハで揃えました。  5 2019年5月9日 07:21
プレゼンス4chの設置と運用、効果について  4 2019年5月2日 20:04
期待通りの音質です  4 2019年4月27日 11:33
5、6年の月日でこんなに進化を感じるとは。  5 2019年1月31日 21:37
ヤマハらしい好音質  5 2019年1月20日 23:25
満足です  5 2018年11月7日 10:55
RX-A3030からの乗り換えです  5 2018年10月17日 10:02
SC-LX901と聴き比べてみました。  1 2018年6月20日 05:53
今時のアンプになってる。アンプのパワー感はやっぱりヤマハ?  4 2017年10月22日 18:20
最新最強AVアンプ!  5 2017年9月22日 23:38

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:10人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]
ヤマハ

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]

最安価格(税込):¥300,400発売日:2017年 7月下旬 価格.comの安さの理由は?

AVENTAGE RX-A3070(B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <89

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意