『【再投稿】 クラウドファンディングが生み出した名機』 Meze Audio 99 Classics [Walnut Silver] かな_かなさんのレビュー・評価

99 Classics [Walnut Silver] 製品画像
最安価格(税込):

¥32,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥32,800

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥32,800¥49,800 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥32,800 〜 ¥32,800 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:15Hz〜25kHz 99 Classics [Walnut Silver]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 99 Classics [Walnut Silver]の価格比較
  • 99 Classics [Walnut Silver]の店頭購入
  • 99 Classics [Walnut Silver]のスペック・仕様
  • 99 Classics [Walnut Silver]のレビュー
  • 99 Classics [Walnut Silver]のクチコミ
  • 99 Classics [Walnut Silver]の画像・動画
  • 99 Classics [Walnut Silver]のピックアップリスト
  • 99 Classics [Walnut Silver]のオークション

99 Classics [Walnut Silver]Meze Audio

最安価格(税込):¥32,800 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月30日

  • 99 Classics [Walnut Silver]の価格比較
  • 99 Classics [Walnut Silver]の店頭購入
  • 99 Classics [Walnut Silver]のスペック・仕様
  • 99 Classics [Walnut Silver]のレビュー
  • 99 Classics [Walnut Silver]のクチコミ
  • 99 Classics [Walnut Silver]の画像・動画
  • 99 Classics [Walnut Silver]のピックアップリスト
  • 99 Classics [Walnut Silver]のオークション

『【再投稿】 クラウドファンディングが生み出した名機』 かな_かなさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

99 Classics [Walnut Silver]のレビューを書く

かな_かなさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性2
【再投稿】 クラウドファンディングが生み出した名機

先刻の初投稿に続き初レビューです。(2017年8月更新)
まだまだオーディオ自体も初心者ですがお手柔らかにお願い致します。
(再投稿では主に、誤った視聴環境を構築していた点を修正し、加えて新規に機材を追加し、ヘッドホンより上流の環境を改善し、内容をその上でのレビューに差し替えました。)

【視聴環境】
PC:JRiverMediaCenter ver.20(flac) →(USBケーブル)→DAC-1000 →(XLRケーブル) → epa-007 → (フルテック、ロジウムメッキ変換プラグ) → 本体
※間を繋ぐケーブルはフルテックやWIRE WORLD等のいずれも1万円台以内程度。楽曲は主にJ-POP、サントラ、アニソン等です。200時間以上は聴いていると思います。

【デザイン】
形状は好みですが、クルミ材部分は素材の性質上、1台ごとに色の濃さなどムラがあります。自分が購入した個体は、写真のような赤っぽい茶色よりも、やや土色に近づいた茶色でした。

【耐久性】
組立て・分解しやすい意図のデザインのため、良くも悪くも少し不安を感じます。

【高音域】
非常に存在感のある綺麗な音色を鳴らしてくれます。アコースティックギターのスチール弦やエレクトーンなどの電子楽器的な音色は、絶妙に尖りを削った美しい響きで鳴らしてくれます。ですのでそれらの楽器が組み合わさったポップスやアニソンなどが特に聴きやすいかと。当初、オペアンプ頼り(OPA627やTHS4631)になっていた環境だけでは比較できませんでしたが、恐らく本来はやや柔らかい高域の鳴らし方をしてくれる機種だと言う点も気付けて良かったです。アコギのソロ演奏などを聴いてみると分かりやすかったです。(ただ、上流を硬め・寒色系の傾向にしても十分対応できる力を持っているかと。)

【中音域】
ボーカルとの距離は近すぎず遠すぎずです。これは良い意味で疲れません。ただ、バンド系楽曲の伴奏はドラムやベースが強くないと少し物足りないかな?と(epa-007の性質は差し引いた上で)。初期レビューで気にしていたエレキギターのコード演奏の弱さは、そこまで気にならなくなりました。一方で(エレキ)ソロ演奏のパートについてはむしろ伸びやかさすら感じます。

【低音域】
低音はさほど重視していないつもりの自分でしたが、この機種は文句なしに素晴らしいです。音色自体は上品なのに存在感が強くしっかりと鳴らしてくれる、そんなイメージです。バスドラムやベース弦はかなり心地よいリズムと締まりで響かせてくれると思いますが、ヒップホップとかには合う音とは違う…?気がします。上手く言えませんが、ドンシャリ系とは何かが異なるかなと。

【音場(?)】
密閉型なのでそこまで広いわけではありません。環境の組み合わせによってはちょっと耳が疲れることもあると思います。
品質はやや犠牲になりますが、個人的にはJRiverの機能で広がり感をやや増強、などで対応可能な範囲です。
空間の広がりを大事にする方には些か物足りないかもしれませんので、オープンエアタイプをおすすめします。

【総合的な音質】
改善後の環境でも、まだスペックの底が見えていません。とりあえず高域は今のところほぼ鳴らせます。あと、『classics』と名がつくくらいなので、楽器そのものの音色が綺麗に響く楽曲との方が相性は良さそうです。人によってはそれと同じ理由で、物足りないと感じるジャンルの楽曲も出てくるのではないかと。刺さりそうな音は大体少しだけカドを丸くして聴きやすくしてくれてるような気がするので、その副作用なんでしょうか。全体的な音の傾向はリスニングヘッドホンにややモニターヘッドホンの要素を織り交ぜたくらいの位置づけです。個人的に絶妙な位置づけですね。自分はK701からの買い替えですが、些細な問題以外は何も文句がありません。

【装着感】
今のところ、メガネと併用してもあまり痛くないので非常に重宝しています。自分の耳はスッポリ綺麗に収まる程度のイヤーパッドサイズです。ただ、試聴機は一応eイヤホンにあるので、何とかして一度は着用してみることをおすすめします。

【携帯性・その他】
一応ケースもついててケーブル着脱も可能で、付属のケーブルのうち1つはマイクつきでと、ポータブル感はあります。が、歩きながら使うタイプではない…、かなと。オーバーヘッドのフレーム部分の金具などは、結構タッチノイズもありますので。携帯して、外や外出先の室内のどこかで座った際に使う…とかですかね。


【総評】
この機種を見つけ出すまでにそこそこな数を試聴してきましたが、3万円以下で入手できるようになった今で言えば、これ以上最適な選択肢はそうそう見えませんでした。後はもう好み(の音、楽曲、デザイン等)で決めて下さい、その一言に尽きます。ただ、上流の環境の変更によって変わる音の傾向に対し、この機種の対応力はかなり高いのではないかと思いますので、空間広いとかドンシャリしかダメと言うタイプの方でない限りは、ほぼこれで事足りる気もします。
更に上位の機種などを沢山持っている方々でもなければ、買って損した、と言う言葉はそうそう出てこない名機の1つだと思います。


【おまけ】
リケーブルは理論上可能ですが、プラグは3.5mmながら、端子回りの細さがかなり細い特殊なデザインのため、ご自身で制作できる方など以外は、ケーブル回りで気軽に遊ぶことは難しいと思います。海外サイトも調べましたが、当機種が分解しやすいことを利用して、プラグの差込口を3Dプリンタで自作して交換、なんて頑張りまでしている方もいらっしゃるようですが…

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性2
【再投稿】 クラウドファンディングが生み出した名機

先刻の初投稿に続き初レビューです。(2017年8月更新)
まだまだオーディオ自体も初級者ですがお手柔らかにお願い致します。
(再投稿では主に、誤った視聴環境を構築していた点を修正し、加えて新規に機材を追加し、
ヘッドホンより上流の環境を改善し、内容をその上でのレビューに差し替えました。)

【視聴環境】
PC:JRiverMediaCenter ver.20(flac) →(USBケーブル)→DAC-1000
→(XLRケーブル) → epa-007 → (フルテック、ロジウムメッキ変換プラグ) → 本体
※間を繋ぐケーブルはフルテックやWIRE WORLD等のいずれも1万円台以内程度。
楽曲は主にJ-POP、サントラ、アニソン等です。200時間以上は聴いていると思います。

【デザイン】
形状は好みですが、クルミ材部分は素材の性質上、1台ごとに色の濃さなどムラがあります。
自分が購入した個体は、写真のような赤っぽい茶色よりも、やや土色に近づいた茶色でした。

【耐久性】
組立て・分解しやすい意図のデザインのため、良くも悪くも少し不安を感じます。

【高音域】
非常に存在感のある綺麗な音色を鳴らしてくれます。アコースティックギターのスチール弦やエレクトーンなどの電子楽器的な音色は、絶妙に尖りを削った美しい響きで鳴らしてくれます。ですのでそれらの楽器が組み合わさったポップスやアニソンなどが特に聴きやすいかと。当初、オペアンプ頼り(OPA627やTHS4631)になっていた環境だけでは比較できませんでしたが、恐らく本来はやや柔らかい高域の鳴らし方をしてくれる機種だと言う点も気付けて良かったです。アコギのソロ演奏などを聴いてみると分かりやすかったです。(ただ、上流を硬め・寒色系の傾向にしても十分対応できる力を持っているかと。)

【中音域】
ボーカルとの距離は近すぎず遠すぎずです。これは良い意味で疲れません。ただ、バンド系楽曲の伴奏はドラムやベースが強くないと少し物足りないかな?と(epa-007の性質は差し引いた上で)。初期レビューで気にしていたエレキギターのコード演奏の弱さは、そこまで気にならなくなりました。一方で(エレキ)ソロ演奏のパートについてはむしろ伸びやかさすら感じます。

【低音域】
低音はさほど重視していないつもりの自分でしたが、この機種は文句なしに素晴らしいです。音色自体は上品なのに存在感が強くしっかりと鳴らしてくれる、そんなイメージです。バスドラムやベース弦はかなり心地よいリズムと締まりで響かせてくれると思いますが、ヒップホップとかには合う音とは違う…?気がします。上手く言えませんが、ドンシャリ系とは何かが異なるかなと。

【音場(?)】
密閉型なのでそこまで広いわけではありません。環境の組み合わせによってはちょっと耳が疲れることもあると思います。
品質はやや犠牲になりますが、個人的にはJRiverの機能で広がり感をやや増強、などで対応可能な範囲です。
空間の広がりを大事にする方には些か物足りないかもしれませんので、オープンエアタイプをおすすめします。

【総合的な音質】
改善後の環境でも、まだスペックの底が見えていません。とりあえず高域は今のところほぼ鳴らせます。あと、『classics』と名がつくくらいなので、楽器そのものの音色が綺麗に響く楽曲との方が相性は良さそうです。人によってはそれと同じ理由で、物足りないと感じるジャンルの楽曲も出てくるのではないかと。刺さりそうな音は大体少しだけカドを丸くして聴きやすくしてくれてるような気がするので、その副作用なんでしょうか。
全体的な音の傾向はリスニングヘッドホンにややモニターヘッドホンの要素を織り交ぜたくらいの位置づけです。個人的に絶妙な位置づけですね。自分はK701からの買い替えですが、些細な問題以外は何も文句がありません。

【装着感】
今のところ、メガネと併用してもあまり痛くないので非常に重宝しています。自分の耳はスッポリ綺麗に収まる程度のイヤーパッドサイズです。ただ、試聴機は一応eイヤホンにあるので、何とかして一度は着用してみることをおすすめします。

【携帯性・その他】
一応ケースもついててケーブル着脱も可能で、付属のケーブルのうち1つはマイクつきでと、ポータブル感はあります。が、歩きながら使うタイプではない…、かなと。オーバーヘッドのフレーム部分の金具などは、結構タッチノイズもありますので。携帯して、外や外出先の室内のどこかで座った際に使う…とかですかね。


【総評】
この機種を見つけ出すまでにそこそこな数を試聴してきましたが、3万円以下で入手できるようになった今で言えば、これ以上最適な選択肢はそうそう見えませんでした。後はもう好み(の音、楽曲、デザイン等)で決めて下さい、その一言に尽きます。
ただ、上流の環境の変更によって変わる音の傾向に対し、この機種の対応力はかなり高いのではないかと思いますので、空間広いとかドンシャリしかダメと言うタイプの方でない限りは、ほぼこれで事足りる気もします。
更に上位の機種などを沢山持っている方々でもなければ、買って損した、と言う言葉はそうそう出てこない名機の1つだと思います。


【おまけ】
リケーブルは理論上可能ですが、プラグは3.5mmながら、端子回りの細さがかなり細い特殊なデザインのため、ご自身で制作できる方など以外は、ケーブル回りで気軽に遊ぶことは難しいと思います。海外サイトも調べましたが、当機種が分解しやすいことを利用して、プラグの差込口を3Dプリンタで自作して交換、なんて頑張りまでしている方もいらっしゃるようですが…

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった0

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性2
クラウドファンディングが生み出した名機

先刻の初投稿に続き初レビューです。
まだまだオーディオ自体も初級者ですがお手柔らかにお願い致します。

【視聴環境】
PC(flac音源) → DAC-1000(USB) → HP-A4(光端子、OPA627に交換済)
※間を繋ぐケーブルはいずれも1万円以内程度、楽曲は主にJ-POP、サントラ、アニソン等です。エージングは現状で大体15時間程度だと思います。

【デザイン】
形自体は良いのですが、木目部分は1台ごとに色の濃さなどムラがあります(仕様上当然ですが)。自分が購入した個体は、写真のような赤っぽい茶色よりも、やや土色に近づいた茶色でした。

【耐久性】
組立て・分解しやすい意図のデザインのため、良くも悪くも少し不安を感じます。

【高音域】
非常に存在感のある綺麗な音色を鳴らしてくれます。ただ、自分の現環境の問題だと思いますが、ドラムのハイハットだけ若干シャリつきます。一方で、アコースティックギターのスチール弦やエレクトーンなどの電子楽器的な音は、現状でも既に絶妙に尖りを削った美しい音を奏でます。それらの楽器が組み合わさった、たとえば最近のゆずなどの楽曲や同様のアニソン、それだけでなく打ち込み系の音を中心に組み立てたヤスタカ系楽曲なども相当に聴きやすいです。
(個人的なオススメは、Q; indivi starring Rin OikawaによるCelebrationシリーズなど。)

【中音域】
ボーカルがほんの少しだけ控え目です。これは良い意味で疲れません。合わせてエレキギターのコード演奏だけ、こちらは悪い意味でほんの少し存在感が弱く感じる気がします。結果、純粋なバンド系楽器だけの楽曲などでは、ドラムやベースが強くないと少し物足りないかな?と。後者の楽器を強調した楽曲が多いthe brilliant greenとかなら大丈夫ですが、SPYAIR等の楽曲では99 NEOの方が良いかなと。

【低音域】
自分はドンシャリが苦手と思っていましたが、この機種は文句なしに素晴らしいです。音色自体は上品なのに存在感が強くしっかりと鳴らしてくれる、そんなイメージです。バスドラムやベース弦、かなり心地よいリズムで響かせてくれると思いますが、ヒップホップとかには合わないのかも…?

【総合的な音質】
自分の情けない環境では解像度など、まだスペックの底が見えていません。すみません。とりあえずキラキラ系の音は今のところ確実に鳴らせます。音場はそこそこ広めですが、空間を重視の人には少し物足りないかもしれません。あと、『classics』と名がつくくらいなので、上記で説明した通り、少しスタンダードなバンド系楽曲には弱いかなと。刺さりそうな音は大体少しだけカドを丸くして聴きやすくしてくれてるような気がするので、その副作用みたいなものかと。

全体的な音の傾向はリスニングヘッドホンとモニターヘッドホンの中間、くらいの位置づけかなと。個人的に絶妙な位置づけですね。自分はK701からの買い替えですが、些細な問題以外は何も文句がありません。

【装着感】
今のところ、メガネと併用してもあまり痛くないので非常に重宝しています。自分の耳はスッポリ綺麗に収まる程度のイヤーパッドサイズです。ただ、試聴機は一応eイヤホンにあるので、何とかして一度は着用してみることをおすすめします。

【携帯性・その他】
一応ケースもついててケーブル着脱も可能で、付属のケーブルのうち1つはマイクつきでと、ポータブル感を押し出してはいますが、音漏れもありますし、歩きながら使うタイプではない…、かなと。オーバーヘッドのフレーム部分の金具などは、結構タッチノイズもありますので。


【総評】
この機種を見つけ出すまでにそこそこな数を試聴してきましたが、4万円近くした頃に比べ、3万円以下で入手できるようになった今で言えばですが、これ以上最適な選択肢はそうそう見えませんでした。後はもう好み(の音、楽曲、デザイン等)で決めて下さい、その一言に尽きます。
更に上位の機種などを沢山持っている方々でもなければ、買って損した、と言う言葉は出てこない名機の1つだと思います。

※そう遠くない後日に、ヘッドホンアンプを単体のもっと上位のものに買い替える予定なので、その結果もし著しく上記のレビュー内容が変わる場合は、修正させて頂きます。

【おまけ】
リケーブルは可能ですが、プラグは3.5mmながら、端子回りの細さがかなり細い特殊なデザインのため、ご自身で制作できる方など以外は、ケーブル回りで気軽に遊ぶことは難しいと思います。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「99 Classics [Walnut Silver]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

99 Classics [Walnut Silver]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

99 Classics [Walnut Silver]
Meze Audio

99 Classics [Walnut Silver]

最安価格(税込):¥32,800発売日:2017年 6月30日 価格.comの安さの理由は?

99 Classics [Walnut Silver]をお気に入り製品に追加する <49

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意