UDP-205 レビュー・評価

2017年 7月上旬 発売

UDP-205

  • 忠実度の高い映像表現を可能とする新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応。
  • 32bit/768kHz PCM,22.6MHz DSDといった最高スペックのハイレゾ音源に対応するUSB入力端子を備える。
  • 強力なヘッドホンアンプ部を内蔵し、6.3mmヘッドホン出力端子を搭載。
UDP-205 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • UDP-205の価格比較
  • UDP-205の店頭購入
  • UDP-205のスペック・仕様
  • UDP-205のレビュー
  • UDP-205のクチコミ
  • UDP-205の画像・動画
  • UDP-205のピックアップリスト
  • UDP-205のオークション

UDP-205OPPO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 7月上旬

  • UDP-205の価格比較
  • UDP-205の店頭購入
  • UDP-205のスペック・仕様
  • UDP-205のレビュー
  • UDP-205のクチコミ
  • UDP-205の画像・動画
  • UDP-205のピックアップリスト
  • UDP-205のオークション

UDP-205 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.90
(カテゴリ平均:4.15
レビュー投稿数:24人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.53 4.07 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.58 3.62 -位
再生画質 映像の鮮明さなど 4.96 4.40 -位
音質 音質の良さ 4.89 4.17 -位
読み取り精度 低品質なメディアでも読み取れるか 4.82 4.10 -位
出力端子 端子の数 4.85 4.00 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.57 4.33 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-205のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「接続テレビ:有機EL」で絞込んだ結果 (絞込み解除

premium2さん

  • レビュー投稿数:89件
  • 累計支持数:329人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
13件
1件
ブルーレイプレーヤー
2件
2件
スピーカー
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
再生画質5
音質4
読み取り精度4
出力端子5
サイズ5

4Kのブルーレイディスク再生とともに、SACDマルチチャンネルの再生機として購入しました。

【デザイン】
図抜けて良いとまでは思いませんが、特に気になることはありません。

【操作性】
とても良いです。CDを挿入すると自動的に再生が始まり、テレビを付ける必要がないのは、音楽プレーヤーとしての使い勝手を良く考えていると思います。リモコンの使い勝手は上出来です。リモコンでテレビの画像をオフにできるのも良いですし、音量調整がとても反応が良く、パイオニアのAVアンプよりもきびきび動いてくれるのは感心します。音質もメーカーが言う通り、劣化は感じません。

【再生画質】
とてもきれいです。こちらにはあまりこだわりがないので、それ以上の感想はありません。

【音質】
新鋭DACの恩恵でしょうか、とても透明感が高い音で、高音の繊細さが印象的です。マルチチャンネルのアナログ出力は、これまで使っていたソニーの古いSACDマルチチャンネルの機種よりも少し良く、ようやく後継機種が手に入りました。というのも、これまで中堅のユニバーサルプレーヤーのHDMI端子を使ってみたりしましたが、まったく残念な音質にとどまり、古い機種をやむなく使い続けていたのでした。ステレオ・アンバランスのアナログ出力も良いと思います。バランスの方はまだ使っていないので、そのうち使ってみたいと思っています。HDMI端子の音声出力は、一応つないでいますが、あまり使わないので特に強い印象はありません。

【読み取り精度】
ごくたまにですが、市販のCDの再生中に一瞬音が途切れることがあるのは、ちょっと不満です。低品質なメディアは使っていません。

【出力端子】
入出力端子が豊富なのはとても使い勝手が良いです。

【サイズ】
無駄に大きくなくてよいです。

【総評】
豊富な入出力端子と優秀な画質、音質を備え、動作もとてもきびきび、設定項目もよく考えられていて、これひとつでデジタル入力をすべて扱うコントロールセンターにすることができると思います。設定次第ではAVアンプをなくすこともできるのではないでしょうか。
自分の用途としては、SACDマルチチャンネルをきちんと再生できる素晴らしい機械です。また、ごく数枚しかないですが、DVDオーディオディスクも復活し、うれしいです。(サクソフォンによるバッハの無伴奏チェロ組曲とか、有田さんのフルート作品とかです。)別に高音質規格でなくとも、CDも大きな不満なく聴ける音質です。

USB-DACとしても高性能という評判ですが、パソコンにつなぐよりお勧めなのは、USBメモリに音源をコピーしてこの機械にさす方法です。この機械のリモコンで選曲等できて、とても便利で、いちいちパソコンの操作をする気がなくなりました。また、この方法ですと以前からあるタリス・スコラーズとか最近増えてきたe-onkyoのとかのマルチチャンネルのハイレゾ音声データが、なんの苦労もなしに再生できます。以前、foobar2000をさんざんセットして、Fireface400でマルチ出力をしたのと隔世の感があります。以前はSACDを買うか、ハイレゾで持ち運べるダウンロード音源を買うか悩んだものですが、これならダウンロード音源を買うのが良いです。

ただし、この機種には合計3つのUSBメモリをさす場所が備わっているのですが、うしろの2つに同時にさしたら、再生途中で固まってしまったので、何かバグがあるのではないかと思います。このほか、再生途中に突然「ピー」と言い出しておかしくなった時があり、音楽再生プレーヤーとしては少々困りものです。電源を入れなおしたら治りましたが。

OPPOは今後新製品の企画・開発をやめると発表し、びっくりしましたが、ファームウェアの更新やメンテナンスは続けるそうなので、これから買ってもよいのではないかと思います。

接続テレビ
有機EL

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

DELTA PLUSさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:343人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
1件
506件
ホームシアター スピーカー
0件
469件
スピーカー
7件
268件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度4
出力端子5
サイズ5

【デザイン】
質実剛健な感じが格好いいです。
光沢のあるヘアライン仕上げも高級感に溢れています。

【操作性】
リモコン:使いやすいです。持つとボタンが光るので、暗い部屋での映画鑑賞時はとても便利です。映画鑑賞時は、リモコン操作で事足り、アプリはほとんど使いません。
コントロールアプリ:同じく使いやすいです。テレビを点けずに音楽鑑賞をする場合は、アプリを利用しています。

【再生画質】
文句の付けようがありません。
4K画質はキレイの一言。

【音質】
全く不満はありません。
HDMIとRCAで接続してます。

【読み取り精度】
これまでに、ディスクを入れたら回転音はするものの一向に読み取らないケースが2度、再生中に音飛びしたケースが1度ありました。
いずれも、トレーを出し入れすることにより、改善しました。

【出力端子】
私の用途の範囲では足りない端子はありません。

【サイズ】
オーディオ機器としては通常サイズかと。

【総評】
4K有機ELテレビを購入したのを契機に、4K UHD Blu-rayの綺麗な映像で映画鑑賞したいという思いから購入しました。

DMP-UB30やDMR-UBX7030等、安い機種からレコーダーまで選択肢に入っていて相当悩みましたが、結局最後は、「評価の高いこれ買っとけば間違いないだろう」という大は小を兼ねる的発想から本機を選びました。

現時点での主な用途は、以下の通りです。
・4K UHDを含めたBlu-rayでの映画鑑賞、音楽ライブ鑑賞
・NASに保存したハイレゾ音源での音楽鑑賞

本機導入以降、映画鑑賞熱が再燃してしまい、4K UHD Blu-ray Discがどんどん増えていってしまってます(実に困ったもんだ・・・)。

画質、音質とも全く不満はなく、入門者の私にとっては、かなりのオーバースペックであり、宝の持ち腐れ感が否めません。
なお、特に音質に関しては個人の好みに左右される話なので、個人的な詩的表現、主観的表現はここでは控えたいと思います。

本機の美点は様々な方面で数多出ていますので、そちらに譲ることとし、以下では、私の用途でのマイナスポイントを挙げておきます。

一、
BDP-105DJPが対応していたベルリン・フィルハーモニーの「デジタル・コンサートホール」が非対応となったのが悔やまれます。
ファームウエアアップデートで対応しないかなぁ。

一、
ネットワーク経由でのDSD11.2MHzは再生不可。DSD5.6MHzはPCM変換(2.8MHzまではネイティブ再生可)。
※USB入力では、PCM768kHz/32bitやDSD22.6MHzのネイティブ再生に対応しているようです。

一、
HPによると、ギャップレス再生の対応状況は以下のとおりで、制限あり。
・ギャップレス再生可能なファイル種別はWAV、FLACとなります。
・USB接続したHDDやメモリからのみギャップレス再生が可能です。CIFS/SMB及びDLNA経由ではギャップレス再生できません。
・ギャップレス再生中は早送りや巻き戻し操作ができません。スキップは可能です。

接続テレビ
有機EL

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じょmjさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
17件
イヤホン・ヘッドホン
4件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

長らく同社のBDプレーヤー(BDP-105)をシアター用途で使用していたが、流石にいい加減に変えたくなり
TVもソニーの有機ELに変えたついでにプレーヤーの方も新調する程度の予定であったが
CDP(アキュフェーズDP-550)が故障したために間つなぎのピンチヒッターのつもりで本機につないで
聞いてみたところこれがビックリおったまげてしまった。

当初は否そんなはずはなかろうといった偏見で聞いていたが、何度聞いてもやはり驚きを禁じえない高音質で
ひょっとしたらメイン使いのDP-550といい勝負なのでは?
否、これはひょっとしてメインを食ってしまう程のものなのでは?といった抑えようのない感覚が心の片隅に生じ
だがしかし、否そんなはずはなかろう所詮これは器用貧乏なシアター用のなんちゃってプレーヤーであり
雑誌屋のレビューはいわゆる貢物による賜物でありあのような提灯記事を信じる価値はないといったような
偏見とのジレンマに苛まれてしまった。

そんな矢先に修理に出していたDP-550が返って来たため、百聞は一聴にしかずではないが、
この迷いを断つすべは直接対決させる他にはないために、早速対決させてみたところ
いやはや、多くを語るつもりはないが、結論としては折角出戻って来てくれた古き伴侶DP-550
可哀想だがお蔵入りとなってしまった。

まあ、何度聞き比べてもSNであろうが、解像度であろうが奥行き音場諸々
いわゆるオーディオスペック的なものはどれをとっても引けをとっているというよりも勝るとも劣らないものと
感じるほかなかった。(耳が悪いと揶揄したい者はどうぞやっていただいて結構)

あと何よりも前機もそうであったが音楽が躍動的で切れがあり聞いていて飽きさせない音作りの上手さがある
のではないかとアキュフェーズと比較して感じた。
アキュフェーズはそれがなく淡々とソースに忠実な音を出すといった印象。

好みの部分も多分にあろうとは思うが、否だがしかし、そこがオーディオにおいてはスペック以上に大きいものを
占めると個人的には考えているところではあるが、少なくとも私個人としては、家を買ったことを発端とし
TVのみならず本機も含めアンプやスピーカーも新調したことだし、まだそんな古いものでもないとは思うが
DP-550も率直にいって満足に足るものではなく長年悶々と使ってきた感が否めないため
この際新型のDP-560やデノンやラックスやエソや(流石にcode daveとかは無理だが)諸々代表的なものがあろうとは思うが
その中から1つチョイスしようかといった考えもあったが、上記のように205の凄まじいハイスペックハイクオリティを
目の当たりにするに付けそれらの購入はどうでもよくなってしまった。

ただといいながらも僭越ながら当方浮気性のため今後はどうなるかは分からないが、
当面の間は無駄に散財せずこれで一本化で良いのではないかと思っている。

以上

接続テレビ
有機EL

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しなんびーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
7件
ブルーレイプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性5
再生画質4
音質4
読み取り精度4
出力端子5
サイズ3

【デザイン】
フルサイズで10kgオーバーのズッシリボディ。高級感がありとても良いです。

【操作性】
レスポンスがよく、サクサク動く。リモコンも大柄で重めだが、その分質感がよく、揺れをを感知するとボタンが光る。
暗室の視聴を想定してのものだろう。

【再生画質】
UHDBDの再生は本機で初めて経験するため、他機種との比較ができませんが綺麗です。
通常のBDに関してはPCでmadvrを使って再生する方がずっと綺麗な為、特に何とも思いませんでした。

【音質】
2chアナログ出力の評価
購入当初は高域が詰まって伸びの無いダメダメな音でした。解像度は高いが広がりに乏しく、そういう意味でも詰まった感じ。
その後鳴らし込みを続けていると、だいぶ音がほぐれて良くなってきました。音場が広いわけではないですが、空間表現もかなりよくなってきてます。
今まで使ってきたオーディオ機器の中でも特にエージングの効果を感じています。
低音は当初から結構量感があるのにキレが良く、わりといい感じです。
最初は音聞いて正直ガッカリしましたが、だいぶ聞いていて楽しい音になってきました。
うちの環境ではUSB-DACとして使うより、USB-DDCのSinxer SU-1から同軸入力したほうが音はよかったです。
扱えるフォーマットのスペック上は205にUSB接続した方がいいのでしょうが、そんなハイレートな音楽ソース持ってませんし。

【読み取り精度】
エクソダスのUHDBD(イタリア盤)が再生途中で固まりました。
チャプタースキップで対処しましたが、他にUHDBD再生環境がないため、ディスクが悪いのかプレイヤーが悪いのか不明。

【出力端子】
入出力は豊富。強いて言えばAES/EBUのXLRデジタル入力が欲しかったかな。
HDMI入力がついてるのも珍しい。ネット配信サービスの類に対応しないから、ここにchromecastとかfiretvを挿せってことみたいです。

【サイズ】
最初にも書きましたがフルサイズで大きいです。
かなり発熱するため、設置場所には気を付けたほうがいいと思います。
隙間がほぼないラックに押し込んだり、上に別の機材を載せたりすると故障の原因になりそうです。

【その他】
インシュレーターの一つが高さが合ってなく、ガタつきがあります。折角制震対策の為のインシュなのに台無しのような…。

【総評】
音質は当初は正直クソだと思いましたが、今はかなり良くなってきています。
が、20万のDACとしてみるとまだちょっと厳しいかなと。
画質は高性能なdGPUが必要になりますが、madvrの画質が素晴らしい為、UDP-205のBD再生品質はそれより劣ります。
UHDBDのPC再生に関して要求条件がかなりピンポイントで狭い為、現状UHDBD再生にmadvrは利用できません。
特化型には敵わないものの、DAC・ディスクプレイヤー・ネットワークプレイヤー・トラポ機能を中々のレベルで1台に集約しています。
この総合力こそUDP-205の良さでしょう。ただ、良いDACを別に用意するなら同等機能を持つUDP-203で十分だとも思います。

接続テレビ
有機EL

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-205のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

UDP-205
OPPO

UDP-205

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 7月上旬

UDP-205をお気に入り製品に追加する <269

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ブルーレイプレーヤー]

ブルーレイプレーヤーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意