UDP-205 レビュー・評価

2017年 7月上旬 発売

UDP-205

  • 忠実度の高い映像表現を可能とする新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応。
  • 32bit/768kHz PCM,22.6MHz DSDといった最高スペックのハイレゾ音源に対応するUSB入力端子を備える。
  • 強力なヘッドホンアンプ部を内蔵し、6.3mmヘッドホン出力端子を搭載。
UDP-205 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • UDP-205の価格比較
  • UDP-205の店頭購入
  • UDP-205のスペック・仕様
  • UDP-205のレビュー
  • UDP-205のクチコミ
  • UDP-205の画像・動画
  • UDP-205のピックアップリスト
  • UDP-205のオークション

UDP-205OPPO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 7月上旬

  • UDP-205の価格比較
  • UDP-205の店頭購入
  • UDP-205のスペック・仕様
  • UDP-205のレビュー
  • UDP-205のクチコミ
  • UDP-205の画像・動画
  • UDP-205のピックアップリスト
  • UDP-205のオークション

UDP-205 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.90
(カテゴリ平均:4.15
レビュー投稿数:24人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.53 4.07 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.58 3.62 -位
再生画質 映像の鮮明さなど 4.96 4.40 -位
音質 音質の良さ 4.89 4.17 -位
読み取り精度 低品質なメディアでも読み取れるか 4.82 4.10 -位
出力端子 端子の数 4.85 4.00 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.57 4.33 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-205のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

マドラス・チェックのブレザーさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
24件
レンズ
0件
7件
カーナビ
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
再生画質無評価
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

80%以上、オーディオ再生目的で購入し、使用しています。映像については、評価できる程の機器を揃えていないため、無評価とします。

【デザイン】
申し分ありません。あくまでもユニバーサルプレーヤーであるため、色はブラックが自然であり、過度に主張しないデザインには好感が持てます。

【操作性】
多機能なリモコンではありますが、INPUTボタンで入力を切り替える際、6種類のラインについて、1つのボタンを繰り返し押さなければならないので、正直、煩わしく感じています。ダイレクトに選択できる独立したボタンがあると最高です。
また、本体表示で、USB-DAC使用時に、ビット深度、サンプリング周波数の表示がないのは不便です。

【再生画質】
無評価です。

【音質】
これがES9038PROの音か!この機種の最大のポイントであることは間違いありません。女性ボーカルを中心に、USB、SACD、CDにて聞いていますが、生々しく、音場が非常に豊かで、これまで体験したことのない音と感じています。良質なCDをリッピングして再生した音は、ある部分では他のSACDプレーヤーの音を上回るかもしれません。
ヘッドホンで聴くことが多く、そのヘッドホンアンプにも手抜かりがない印象です。別途ヘッドホンアンプは不要です。

【読み取り精度】
問題ありません。

【出力端子】
種類、数が豊富すぎて、当方には到底使いこなせません。いつの日か使いこなせる日が来るといいのですが。

【サイズ】
フルサイズですが、これだけの性能、機能を持ち合わせながら、よく重量10sに収まっているなと感心します。

【総評】
これまで、最新機器を購入するたびに、これが最後と思いながら、何度も繰り返してきたが、もしかしたら本当にこれが最後かもしれない、と思わせる製品です。
AV雑誌等において、「これが20万円とは安い!」との記事が少なくありませんでしたが、購入してみて同感です。
何度かカスタマーズサポートも利用しましたが、たいへん的確な対応で、好印象でした。
メーカーの製品保証は1年間ですが、ユーザー登録をすると2年延長され3年となります。これで総合評価120点です。
最後に、やはりリモコンの操作性は残念で、本体表示については、ファームウエアの更新で改善されることを期待します。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

じょmjさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
0件
17件
イヤホン・ヘッドホン
4件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

長らく同社のBDプレーヤー(BDP-105)をシアター用途で使用していたが、流石にいい加減に変えたくなり
TVもソニーの有機ELに変えたついでにプレーヤーの方も新調する程度の予定であったが
CDP(アキュフェーズDP-550)が故障したために間つなぎのピンチヒッターのつもりで本機につないで
聞いてみたところこれがビックリおったまげてしまった。

当初は否そんなはずはなかろうといった偏見で聞いていたが、何度聞いてもやはり驚きを禁じえない高音質で
ひょっとしたらメイン使いのDP-550といい勝負なのでは?
否、これはひょっとしてメインを食ってしまう程のものなのでは?といった抑えようのない感覚が心の片隅に生じ
だがしかし、否そんなはずはなかろう所詮これは器用貧乏なシアター用のなんちゃってプレーヤーであり
雑誌屋のレビューはいわゆる貢物による賜物でありあのような提灯記事を信じる価値はないといったような
偏見とのジレンマに苛まれてしまった。

そんな矢先に修理に出していたDP-550が返って来たため、百聞は一聴にしかずではないが、
この迷いを断つすべは直接対決させる他にはないために、早速対決させてみたところ
いやはや、多くを語るつもりはないが、結論としては折角出戻って来てくれた古き伴侶DP-550
可哀想だがお蔵入りとなってしまった。

まあ、何度聞き比べてもSNであろうが、解像度であろうが奥行き音場諸々
いわゆるオーディオスペック的なものはどれをとっても引けをとっているというよりも勝るとも劣らないものと
感じるほかなかった。(耳が悪いと揶揄したい者はどうぞやっていただいて結構)

あと何よりも前機もそうであったが音楽が躍動的で切れがあり聞いていて飽きさせない音作りの上手さがある
のではないかとアキュフェーズと比較して感じた。
アキュフェーズはそれがなく淡々とソースに忠実な音を出すといった印象。

好みの部分も多分にあろうとは思うが、否だがしかし、そこがオーディオにおいてはスペック以上に大きいものを
占めると個人的には考えているところではあるが、少なくとも私個人としては、家を買ったことを発端とし
TVのみならず本機も含めアンプやスピーカーも新調したことだし、まだそんな古いものでもないとは思うが
DP-550も率直にいって満足に足るものではなく長年悶々と使ってきた感が否めないため
この際新型のDP-560やデノンやラックスやエソや(流石にcode daveとかは無理だが)諸々代表的なものがあろうとは思うが
その中から1つチョイスしようかといった考えもあったが、上記のように205の凄まじいハイスペックハイクオリティを
目の当たりにするに付けそれらの購入はどうでもよくなってしまった。

ただといいながらも僭越ながら当方浮気性のため今後はどうなるかは分からないが、
当面の間は無駄に散財せずこれで一本化で良いのではないかと思っている。

以上

接続テレビ
有機EL

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おともやんさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
0件
30件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
19件
ブルーレイプレーヤー
2件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ3

商品到着当日わくわくして寝れない状態の少し寝不足気味で2時間使用の感想です。
使用機材
プロジェクターvw1100es
アンプsonyのTA- DA9100ESへフロントTA-DR1プリ接続
【デザイン】
包装の段階で高級感がすごい。
【操作性】
暗い時リモコンに触るだけでライトが光る。
【再生画質】
ソニーのプロジェクターならソニーの柔らかい表現とoppoの硬質的な絵が中和して素晴らしい。
ビクターならプロジェクターの苦手な動画の滑らかさをoppoがカバーしてくれて素晴らしい。
【読み取り精度】
早い
【出力端子】
豊富。音声出力もオートで切り替わるので毎度変える必要が無い。
【サイズ】
程よい大きさ。
【総評】
ここまで不満がない買い物をしたのは久しぶり。迷ってる方に一言、とにかく早く買ってください。UB900やUBZ1を売却して即買いしても良かったなと思えます。あと50万円以下のCDプレイヤーなら売却して購入されても問題ないと思います。
多分どのメーカーのアンプでも何かしら良い方向へ行くと思います。
ウチの機材ではとりあえずパワー、情報量の向上もありましたが何といってもスピード感の向上が物凄く実感し、アイドルやロック系のライブなどはもうノリノリです。
デノンならパワーが増して、ヤマハなら空間表現が向上して、パイオニアなら情報量の向上が分かりやすいと思います。
映像面ではソニーで500シリーズ以上のプロジェクター使用の場合は、パナソニックで色味が薄いなと感じていた方はoppoの硬質的な絵で中和できます。あと動画処理能力がソニーは高いのでoppoも滑らかなので、プラズマテレビ並に動画のブレなどが気にならなくなり最高でした。
ローン組んででも買ったほうがいいと思います。
絵も音も硬いので、プロジェクターがビクターでアンプがマランツの場合は逆にパナのプレイヤーのほうがいいかもしれません。
それ以外の組み合わせでしたら近隣にAVショップが無くて視聴できなくても即決されて何の問題もないかと思うくらい良い商品でした。

接続テレビ
プロジェクター

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなおかしさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
12件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
9件
プラズマテレビ
0件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ4

映像再生機としての好意的なレビューは多数あり、私も同意ですが、敢えてネットワーク再生、特にマルチチャンネルソースの再生機としてのUDP-205を評価したいと思います。

ずっと以前からDAC経由、種々のネットワーク再生機を使っていわゆるPC音楽を楽しんできました。お皿を回すより明らかな利点を感じ、せっせとNASに音源をため込んできました。そこでどうしても困ったのがマルチチャンネル音源の再生です。
特にDSDのマルチチャンネルは昨今ダウンロードその他の方法で豊富に出回っていますが、DSDネイティブとネットワーク再生にこだわると、まともな再生手段がありません。本機導入の最大の目的はこの解決でした。

今はソニーのTA-DA5800ESiに本機をhdmi及びアナログマルチで接続してNASに置いた音源を楽しんでいます。結果的に大満足です。

何度かファームがバージョンアップされる内に、純正以外のコントロールアプリにも対応してくるようになりましたので、今はAndroidタブでBubbleUPnPp、ipadのKazooでスムーズに再生が楽しめています。
サーバーソフトはMimimやasset upnpがDSDマルチチャンネルまでスムーズに送り出してくれます。またBubbleUPnP Serverを噛ませますと、openhomeにも対応してくれます。

ただしギャプレス再生はDSDは未対応ですが、まあそのうちoppoが対応してくれるだろうと期待しています。

本機の音質ですが、購入当初は固く音場が狭く、かなり失望しましたが、鳴らしているとどんどん良化し、実に豊かなどっしりとした音圧たっぷりの音質に変化しました。これだけ変化した機器は経験ありません。更に電源やケーブルの強化、LANアイソレーターも効果的で、音の純度、密度が確実に向上しました。
マルチチャンネル再生は比較するとやはりアナログマルチ接続が最もすばらしいですが、hdmi経由でもほとんど違いがありません。バランス接続のステレオ再生との音質差もほんの僅かですから、配線の面倒を考えるとhdmiでも十分かもしれません。

マルチチャンネルの再生目的で導入した本機ですが、あまりの音質の良さで、結局ステレオソースやSACD再生もすっかり本機の独壇場になってしまいました。
それまで最も多く使っていたのはPC二台使ったJplay経由のDACストリーム再生でしたが、本機の方が楽に安定して良い音が楽しめるため、精神衛生上も楽しくなりました。

価格を考えると恐るべき高性能でコスパの良い本機は、心からお薦めしたいと思います。


参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ssyamaさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
5件
0件
デスクトップパソコン
3件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
再生画質無評価
音質5
読み取り精度無評価
出力端子5
サイズ5

【デザイン】白系統の方が好きですが、これしかない。

【操作性】普通

【再生画質】静止画像のみで、普通

【音質】
DVDに焼いたものの音楽しか聴きません。RCAケーブルのステレオのみの感想です。
RCAケーブルは、OYAIDE-ACROSS_750_RR_V2です。
DENON_DVD-3930_(RCAケーブルはTARA_LABS_PRISM_800i-8N)_との比較です。
高音は、上の方までくせがなく、聞き易い。
低音部は、十分厚みをもっていて、且つ適度に締まりがありこれも聞き易い。
DENON_の方は、高音部は渋く、すこしハスキーに聞こえる。
低音は、ケーブルの癖で、聞き易いダラダラです。

【読み取り精度】DVDのみで、普通

【サイズ】奥行きが短く使いやすい。

【総評】OPPO-205に合うRCAケーブルを捜してやっと出会いました。

FURUTECH「EVOLUTION AUDIO2 RCA/1.2 [RCAオーディオケーブル 1.2m]」です。

SL-1980(1.2m) SAECが、低音も良く出ると聞き、購入するもトーンコントロールで、高音下げてやっと聴ける状態でした。
FURUTECH ALPHA LINE PLUS で音の重心が下がるレビューを見つけ、その上の本製品であれば、間違いないだろうと思い購入しました。
想像以上の製品です。今まで歌謡曲のこまどり姉妹の曲が、録音も古く細々と聞こえていたのが、他の歌手と同等に聞こえた。

20万円台で、音質のみで選べば、これしかない。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった6人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SUPER GREATさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:553人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
3件
314件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
83件
自動車(本体)
3件
45件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5

『上:UDP-203 下:UDP-205』

『上:203 下:205』

『203でのBDアップコン〜デモ素材@』

『“205”でのBDアップコン〜デモ素材A』

『205でのBDアップコン〜デモ素材B』

『UDP-205・UHD BD(4K60p作品)“ビリー・リンの永遠の一日”より』

【環境】

暗室環境にてDLA-X770Rと光HDMIで直接接続。UHDに対応すべく、
EX3000→203→205へ更新。X770Rの入力1にUDP-205、入力2に
BDZ-EX3000を。他、X770R導入前までメイン機であったVPL-VW200に
手持ちのAX2000をプレーヤーとし、セカンドで設置。
共にスクリーンは130インチ。

アンプ:SR7010、追加(Olasonic NANO-A1)増設で7.1.4ch仕様。
今後、SP含むAのグレードアップを果たすべく検討しているが、
取り敢えずの予定は未定。

【デザイン】

203もあの価格帯としては、最低限の筐体性能は保持しており、
コスパの優れた機種であった。205は流石、ズッシリとした重量から
なる強靭な筐体と、シッカリとしたインシュレーターを装備した、
正に抜かりの無い仕様!ただ、個人的にはもう少し重量的に
ズッシリとしていても良かったかと思う。

【操作性】

実にストレスを感じない動作で、BDを再生中であってもホーム画面に
戻す必要もなく、出力解像度の変更も出来、動作は至ってスムーズ。

リモコンも振れば灯る自照式で◎

【再生画質】

導入前より、音質は結構差が出ると目論んでいた。正直、画質は
そこまででもないか?にしか思っていなかったのだが、実際は
(BDアップコン)203から想像以上の向上が見られた。ノイズレスで、
大人しい映像と言った基本的画調は変わらずではあると思うのだが
203は何処かボヤッとした印象で、770R側でのアップコンの方が
薄皮一枚とれた印象に変わって好印象であった。

205は映像背景を一つ挙げても、解像度がグッと持ち上がった印象で、
それがスッと浮かび上がるような立体感ある画にこれは流石に
203との違いを顕著に感じれる。

あくまで主観にしか過ぎないが、203は以前より所有である3000の方が
枠が多いのも含め調整を煮詰め、色彩表現も含めると、203よりも随分と
良い方向に行く事が分かってしまった...。

そして、この205。画質のアルゴリズムは203と大差無いと思うのだが
ジッター処理の有効範囲は音質のみのはず。ならば、トロイダル電源
トランス、筐体の違いでここまでの差が出るのかは定かではないが
音質以外にも正直、ここまで画質に変化があるとは思いはしなかった。

此でようやくアップコン性能は、205>X770R≧EX3000>203と言った所。

後、BD特にUHD(HDR)も203より全体的な色ノリが良く
純度が高い。良い意味で若干濃い目傾向なのかも知れない。
反面、暗闇のシーンの見通しの良さも◎。

203で感じていたボヤッと♀エがなく、色彩純度も高くスッキリ
とした質感を主とし、ノイズ感のない解像度の高い画質傾向にあると感じる。

【音質】

正直、これこそ205の真骨頂と言った所ではないかと思う。
HDMI音質は203対比、画質以上に向上がハッキリと分かった。
3000のように煌めくような中高音域と言う印象より、低音を特徴とし
押し出し感のある、どちらかと言うと迫力めいた音質傾向で言われて
いるように音場はやや狭く感じるのが惜しいとも思う。
もう少し、中高音域の伸びが欲しいと思うが、サラウンドの包囲感は
十二分にあり、結果、トータル的な満足度は非常に高い。

HDMIジッターリダクション、電源、筐体...これも205の利点でもあり
音質向上にはかなり有効であると思う。余談だが、私は電源ケーブルを
(そこまで拘る方ではないが)根岸のZAC1fs2≠ノ変更している。
変更する前後では、SNが良くなり、音に力感も増し、よりパワフルに変化
する。やはり、電源ケーブルの交換は一つの味付けと言う捉え方もあるが
グレードアップに一役買うので、試みてみると良いと思う。

さて、本題に戻すと、203は確かにハイコスパは認めれるものの、
基本音が中心寄り、つまりは音場が狭く、低音もやや誇張気味な感じで、
解放感が足らない。確かに価格相応と言えばそうなのだが。ここも主観では
あるが、205>3000>203と言った感じで、明らかに205とEX3000に軍配。

世代は古いが、最近、改めて3000の成熟度の高さを再認識させられる事が
多いのだが、考えるとジッタリダクション一つ取ってもSONYの3000は既に
第6世代目の改良を経て搭載されたシステムでもあり、そもそも203レベル
では太刀打ちの出来ない領域かも知れない。と同時に最期にSONYが万を
期して投入されたモデルを嘗めるでない。と言う事なのかも知れない。

『ES9038PRO』の真価も試すべく、アナログマルチへの
接続も今後の楽しみ。

【出力端子】

XLRバランス出力端子、2ch専用のRCA端子までも装備。
それに『ES9038PRO』DACチップを専用に割り当てと言う贅沢仕様。
現状、XLR端子を活かせる環境下ではないのが、個人的に少々痛い。

【サイズ】

205でようやくフルサイズでの登場。
専用ラックにも存在感のあるサイズで高級感はさておき
トレイ開け閉め時みたいな安っぽさは微塵も感じない。

昔の物量投資モデルのように、
もう少し重量級で攻めて欲しかった気もする。

【総評】

シアターを趣味としている人達からすると、待ちに待った機種になるのに
間違いはなかったと思う。そして、ある意味の期待を裏切らない機種として
君臨して牽引していくのも頷ける。OPPO...あの価格帯の203であっても
感じたが、この205もしかりと抜かりの無い仕様で攻めて来る様は、
国産車(レクサス)とドイツ車(アウディー、BMW)ではないが、
国内メーカーでも期待出来そうなのだが、結局、今一歩何処か足らず仕様が
多い。それに対して、OPPOの製品開発とその思想は評価に値するかと。

最後に透明感のある艶やかな画を醸し出すと評されるX770Rに、色を添える
感じで、ハイエンドPJ、エンドクラスのTVを所有しているのであれば、
205の導入による相乗効果も充分期待出来ると思うので、導入されても
後悔は無いかと。205の次元が高いのは言うまでもないでしょう。
現時点では、満足度の高い逸品となると思います。


※画像は、どうしても実際よりも伝えにくく
  表現もし切れず言うまでもなく、目安と言う事でご了承を。

接続テレビ
プロジェクター

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しなんびーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
7件
ブルーレイプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性5
再生画質4
音質4
読み取り精度4
出力端子5
サイズ3

【デザイン】
フルサイズで10kgオーバーのズッシリボディ。高級感がありとても良いです。

【操作性】
レスポンスがよく、サクサク動く。リモコンも大柄で重めだが、その分質感がよく、揺れをを感知するとボタンが光る。
暗室の視聴を想定してのものだろう。

【再生画質】
UHDBDの再生は本機で初めて経験するため、他機種との比較ができませんが綺麗です。
通常のBDに関してはPCでmadvrを使って再生する方がずっと綺麗な為、特に何とも思いませんでした。

【音質】
2chアナログ出力の評価
購入当初は高域が詰まって伸びの無いダメダメな音でした。解像度は高いが広がりに乏しく、そういう意味でも詰まった感じ。
その後鳴らし込みを続けていると、だいぶ音がほぐれて良くなってきました。音場が広いわけではないですが、空間表現もかなりよくなってきてます。
今まで使ってきたオーディオ機器の中でも特にエージングの効果を感じています。
低音は当初から結構量感があるのにキレが良く、わりといい感じです。
最初は音聞いて正直ガッカリしましたが、だいぶ聞いていて楽しい音になってきました。
うちの環境ではUSB-DACとして使うより、USB-DDCのSinxer SU-1から同軸入力したほうが音はよかったです。
扱えるフォーマットのスペック上は205にUSB接続した方がいいのでしょうが、そんなハイレートな音楽ソース持ってませんし。

【読み取り精度】
エクソダスのUHDBD(イタリア盤)が再生途中で固まりました。
チャプタースキップで対処しましたが、他にUHDBD再生環境がないため、ディスクが悪いのかプレイヤーが悪いのか不明。

【出力端子】
入出力は豊富。強いて言えばAES/EBUのXLRデジタル入力が欲しかったかな。
HDMI入力がついてるのも珍しい。ネット配信サービスの類に対応しないから、ここにchromecastとかfiretvを挿せってことみたいです。

【サイズ】
最初にも書きましたがフルサイズで大きいです。
かなり発熱するため、設置場所には気を付けたほうがいいと思います。
隙間がほぼないラックに押し込んだり、上に別の機材を載せたりすると故障の原因になりそうです。

【その他】
インシュレーターの一つが高さが合ってなく、ガタつきがあります。折角制震対策の為のインシュなのに台無しのような…。

【総評】
音質は当初は正直クソだと思いましたが、今はかなり良くなってきています。
が、20万のDACとしてみるとまだちょっと厳しいかなと。
画質は高性能なdGPUが必要になりますが、madvrの画質が素晴らしい為、UDP-205のBD再生品質はそれより劣ります。
UHDBDのPC再生に関して要求条件がかなりピンポイントで狭い為、現状UHDBD再生にmadvrは利用できません。
特化型には敵わないものの、DAC・ディスクプレイヤー・ネットワークプレイヤー・トラポ機能を中々のレベルで1台に集約しています。
この総合力こそUDP-205の良さでしょう。ただ、良いDACを別に用意するなら同等機能を持つUDP-203で十分だとも思います。

接続テレビ
有機EL

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ケーキクーラーさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:560人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
9件
1036件
スピーカー
5件
118件
AVアンプ
2件
65件
もっと見る
満足度4
デザイン3
操作性4
再生画質5
音質4
読み取り精度5
出力端子4
サイズ5

LX88からUDP-205に変更〜そこからわかる「良い点」「悪い点」〜


「良い点」

@ノイズレスで色の正確性向上

このような製品は日進月歩で年々ノイズレスな映像表現になっていきます。LX88からUDP205に変更したらやはりその傾向はありました。3次元作品では変なノイズが無くなり、衣装のやわらかさ、質感が自然になりました。アニメ作品も細かなノイズ表現が少なくなりしっとり滑らかな傾向になりました。面白いのがどれもこれもノイズを抑えるだけではなく、残してあるノイズは確りと描かれている点でした。

A音数、音空間の再現力向上

ピュアオーディオでは再現されるボーイングノイズ、ソリストの息遣い、魂柱から響くボディ感、移弦する時のズレ感などが映像作品から再現され、RCA/XLRや外部DACならまだしもHDMI出力でその再現力が体験できるのには驚きました。実質的に収録されている音数がより再現された感じかと思います。音空間も良くなりました。オーケストラのブルーレイを見たとき、あたかもそこにいるような雰囲気になりました。

私は「もうこれで十分ジャン」と一瞬思ってしまいました。

Bリモコンが揺らすだけで自発光

これは驚きました。93/95や105/105D世代のリモコンは右下のボタンを押さなければ発光しないのに205のリモコンは勝手にゆらすだけで発光します。

「こいつ、光るぞ」みたいな、、、、

まだ操作なれていない為か、いつも押してしまいHDR画面操作になってしまいます。

「悪い点」

@どこか抜けきらない傾向がある(エージングでなんとかなるかも?)

どこか抜けきらない傾向があります。LX88よりもUDP205は低音が出ます。LX88の時はUDP205より浅い場所からシャベルですくってみるが上に持ち上げても土はパラパラ落ちない。UDP205はより深い場所からシャベルですくってみるが上に持ち上げるとパラパラ落ちる感じがします。少し荒いのでしょうか。中低域はその傾向は感じませんが高域になるとその傾向は大なり小なり感じます。電源入れてから5時間目ですのでもう少し経過を見る必要があります。もしエージングが終わってもこの傾向があった場合は質的な問題でUDP205の方が良い点は多いがLX88の方が完成系のBDPなのでしょうか。

A外部入力が少し動作不安定

レコーダーから外部入力で再生する際に、音が出ない時があります。放送用音声は日本独自の規格なので不安定なのでしょうか。バージョンアップで何とかなると思いますが今の段階では少し不安です。対処方法としてはリモコンの音声ミュートボタンを何度か押すと音が出ますので対処してみてください。

まとめ

「LX88 中低域から高域にかけて広がる音質でありPDPのような映像美」
「205 低域から高域にかけて広がる音質でありLCDのような映像美」

205の映像表現はやはり美しいし音質も大変良い出来である。しかし上記のような傾向が好みでなければ無理して選ぶ必要は無いかと思います。LX88を手放しても定価の1/3です。そこから負担金を入れるなら光HDMIケーブルや電源ケーブルなどを見直しされたほうが良さそうです。LX88は完成系のプレイヤーです。私も今回買い替えの機会は無かったのですが6月に実機を見る機会がありそこで楽しんで家に帰ると「どうも古めかしい映像」と感じてしまったため、在庫探して購入しました。買って良かったと思います。LX88をベースに比較して書いておりますが105Dも当方は使っていてそこからの買い替えであれば申し分なくお勧めします。これからエージングが楽しみです。不要な部品はノイズの影響になるのでそのうちはずします。

接続テレビ
プロジェクター

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くまもとくまさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:122人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
7件
CDプレーヤー
0件
6件
ブルーレイプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
再生画質無評価
音質5
読み取り精度無評価
出力端子無評価
サイズ無評価

デザイン
天板のスリットやメディアトレーが少々安っぽいですが、フロントは立体的な造形で恰好は良いです。


操作性
DENONやPIONEERのユニバーサル機を使っていましたが、速度的にはまあこんな物でしょう。ディスプレイ上のメニューは完全日本語仕様になっていますので分かりやすいです。
ただメディアを認識して回路が切り替わる?音が「カッキーン!」と結構大きくて、おいおい、大丈夫か?と少々心配になります。国内メーカーの物は「カチッ...」と控えめだったので尚更。


再生画質
4Kテレビは持っていないので無評価とします。BDをHD画質で見ましたが、問題なく綺麗でした。


音質
CD、SACDを聞きましたが、双方素晴らしいです。(バランス2chからの再生です)
音場も広く奥行きも広い。この辺は低価格機では聴けないものです。解像度は相当なもので、楽器は少しの滲みも無く、ボーカルの口も小さく、コンサート会場で拍手をする人の手の大きさまでハッキリ分かる程です。
ハイハットの金属の響きがスピード感が凄くてしかもトゲトゲしさは全く無く、非常に正確でコントロールされた音です。

ただ、上手く言えませんが音のテクスチャーが「漆黒のアクリル」的な印象で、滑らかさ、木質の温もり、湿り気、生々しさ、重厚感、と言った物は少しばかり不足している印象でした。この辺は大幅に解像度で劣っても、手持ちのCDP(レビンソン)の方が落ち着いて聴くことが出来ました。
それでも愛機を手放す事になるかも?と一瞬焦らせるパフォーマンスでした。

満足度
SACD再生を主目的に、もし将来的に4Kのディスプレイに買い替える時が来てもUHDプレーヤーとして使用出来る事が決め手となり購入に至りました。
ユニバーサル機はDVD-A1XVからの買い替えですが、デジタル機器の進歩に驚いています。モヤモヤが一掃されたクリアな音に寝不足の日々が続きそうです。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

UDP-205のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

UDP-205
OPPO

UDP-205

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 7月上旬

UDP-205をお気に入り製品に追加する <269

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ブルーレイプレーヤー]

ブルーレイプレーヤーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意