『ハイレゾも楽しむならこのクラスから!』 ヤマハ AVENTAGE RX-A870 鴻池賢三さんのレビュー・評価

2017年 7月下旬 発売

AVENTAGE RX-A870

  • Dolby AtmosとDTS:Xに対応したサラウンドデコーダーを搭載した、ハイレゾAVサラウンドレシーバー。
  • 独自の振動吸収構造を形にした新開発「アンチレゾナンスレッグ」などAVENTAGE基準の制振技術を採用し、より解像度の高い低域再生を実現。
  • リアスピーカーをフロントスピーカーと並べて設置した状態で5.1chサラウンド再生が楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」を採用。
AVENTAGE RX-A870 製品画像
最安価格(税込):

¥102,087

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥102,087

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥102,087〜¥102,087 (5店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥110,000

サラウンドチャンネル:7.1ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:3系統 AVENTAGE RX-A870のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVENTAGE RX-A870の価格比較
  • AVENTAGE RX-A870の店頭購入
  • AVENTAGE RX-A870のスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A870のレビュー
  • AVENTAGE RX-A870のクチコミ
  • AVENTAGE RX-A870の画像・動画
  • AVENTAGE RX-A870のピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A870のオークション

AVENTAGE RX-A870ヤマハ

最安価格(税込):¥102,087 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 7月下旬

  • AVENTAGE RX-A870の価格比較
  • AVENTAGE RX-A870の店頭購入
  • AVENTAGE RX-A870のスペック・仕様
  • AVENTAGE RX-A870のレビュー
  • AVENTAGE RX-A870のクチコミ
  • AVENTAGE RX-A870の画像・動画
  • AVENTAGE RX-A870のピックアップリスト
  • AVENTAGE RX-A870のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > AVアンプ > ヤマハ > AVENTAGE RX-A870

『ハイレゾも楽しむならこのクラスから!』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE RX-A870のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ハイレゾも楽しむならこのクラスから!

ヤマハ視聴室(一般非公開)にて、前モデルと比較試聴

リアパネル

リモコン

一部誤りがありましたので、修正いたします。
-----------------------------------------------------------
メーカー視聴室(一般非公開)で、前モデル(RX-A860)と比較試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感は、フロントがアルミパネルで、価格以上の品位を備えています。

【操作性】
他のヤマハモデルと同じですが、本体のリモコンに4つの「SCENE」(シーン)ボタンがあり、ソースと音場プログラムの組み合わせをワンタッチで呼び出したり、さらに、HDMI連携が利用できる状態なら、ソースとして指定したテレビやレコーダーの連動起動も可能です。
AVアンプを採り入れると、設置した本人以外(家族)は、音を出すにも一苦労…とういうケースは少なくなく、地味ながら、リビングなどでは威力を発揮する好機能です。
新しい進化点もあります。本機では、入力が「NET」「USB」「Bluetooth」の場合、ラジオ局などのコンテンツも登録可能になりました。

【音質】
前モデルに対し、ブラッシュアップが施されています。
アースの線材は太いジャンパーワイヤーに変更、電源は音声用とアナログ映像/チューナー用を分離してノイズのアイソレーション、背面パネルの端子レイアウト見直しによる信号経路の最短化など、改良が施されています。
試聴感ですが、これまでの蓄積で良い部分が凝縮されたイメージです。ヤハマ製品は一貫して「キレイ」と感じさせる繊細さが特徴で、モデルチェンジ毎に着実にS/Nの向上を感じますが、今回は大きく飛躍したように思います。静寂感が高まることにより、空間がより広く透明感を増し、その中で微少音もより明瞭に浮かび上がり、レンジの広いダイナミックなサウンドが楽しめます。
また、繊細さだけでなく、レスポンスの向上とそれによる力強さも加わりました。
モデルによっては、ターゲットユーザーの用途を想定したチューニングを施し、個性を持たせることのあるヤマハですが、本機はニュートラルで映画も音楽もバランス良く楽しめると思います。

【パワー】
実用最大出力(JEITA)は160W/ch(6Ω、10%THD)です。
2chでもマルチでも、家庭用として充分なパワーを備えています。

【機能性】
前モデルに比べHDMI入出力関連の仕様が更新されました。
・Dolby Vision/HLGパススルー(後日FWのアップデートで対応)
・4Kアップスケーリングほか、Dolby Atomos対応、MusicCast/Spotify Connect/ハイレゾネットワークオーディオ再生など、最新トレンドを網羅しています。

【入出力端子】
HDMIは入力8系統、出力2系統です。

【サイズ】
幅435mm×高さ171mm×奥行き382mmです。
奥行きは配線の出っ張り分も考慮が必要ですが、概ね、薄型テレビ用のラック(奥行きが45cm程度)に無理なく収まると思います。

【総評】
ヤマハは、エントリーモデルからハイエンドまで豊富にラインナップし、エントリーモデルの質の良さも魅力ですが、本機は「AVENTAGE」の名を冠し、筐体や脚による制震対策もしっかり。
ハイレゾネットワークオーディオの中核としても本格的に使用するなら、格の違いを感じさせる本機をお勧めします。
実売価格を見ると、コストパフォーマンスは非常に高く感じます!

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「AVENTAGE RX-A870」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
アレクサ対応に期待して  4 2019年4月26日 10:47
ハイレゾも楽しむならこのクラスから!  5 2017年7月21日 12:35

AVENTAGE RX-A870のレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVENTAGE RX-A870のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AVENTAGE RX-A870
ヤマハ

AVENTAGE RX-A870

最安価格(税込):¥102,087発売日:2017年 7月下旬 価格.comの安さの理由は?

AVENTAGE RX-A870をお気に入り製品に追加する <56

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意