『買ってしまったものの、いろいろと微妙…』 SONY BDZ-ZW1500 くらたいちさんのレビュー・評価

2017年 6月24日 発売

BDZ-ZW1500

  • 素早くとれる「番組表」、人気番組をとり逃さない「みんなの予約ランキング」など、4つの快適録画機能を搭載した容量1TBのブルーレイディスク/DVDレコーダー。
  • スマートフォンでレコーダーを操作して、外出先からでも録画予約を入れることが可能。さらに、録画した番組や放送中の番組も楽しめる。
  • 4Kハンディカムやアクションカメラなどで撮影した高精細な4Kカメラ動画を、USBケーブルで簡単に取り込める。
BDZ-ZW1500 製品画像
最安価格(税込):

¥39,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥40,500

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,800¥40,500 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:2番組 HDD容量:1TB BDZ-ZW1500のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

BDZ-ZW1500 の後に発売された製品BDZ-ZW1500とBDZ-FW1000を比較する

BDZ-FW1000

BDZ-FW1000

最安価格(税込): ¥54,075 発売日:2018年 5月26日

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:2番組 HDD容量:1TB
  • BDZ-ZW1500の価格比較
  • BDZ-ZW1500の店頭購入
  • BDZ-ZW1500のスペック・仕様
  • BDZ-ZW1500のレビュー
  • BDZ-ZW1500のクチコミ
  • BDZ-ZW1500の画像・動画
  • BDZ-ZW1500のピックアップリスト
  • BDZ-ZW1500のオークション

BDZ-ZW1500SONY

最安価格(税込):¥39,800 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月24日

  • BDZ-ZW1500の価格比較
  • BDZ-ZW1500の店頭購入
  • BDZ-ZW1500のスペック・仕様
  • BDZ-ZW1500のレビュー
  • BDZ-ZW1500のクチコミ
  • BDZ-ZW1500の画像・動画
  • BDZ-ZW1500のピックアップリスト
  • BDZ-ZW1500のオークション

『買ってしまったものの、いろいろと微妙…』 くらたいちさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-ZW1500のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

くらたいちさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スイッチングハブ(ネットワークハブ)
1件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性2
録画画質5
音質無評価
録画機能1
編集機能無評価
入出力端子無評価
サイズ5
買ってしまったものの、いろいろと微妙…
   

付記(2019.05.15)についての画像

   

 SONY BDZ-AT700 が突如として「SYSTEM ERROR」で使用できなくなったため代替として急遽購入。 BDZ-AT700 はかれこれ7年ほど使っていたため、これについては仕方ないと思っている。

 本機のネット上での評判を見ると、「1.旧来機種より動作が重くなった」、「2.XMB が廃された・操作画面が見づらい」、「3.すぐ故障した・不具合が発生した」、という3点が目立つ。

 1.と2.については確かにその通り。 キビキビ動いていた BDZ-AT700 に比べると、いかにもモッサリしている。 ただしこれは1ヶ月も操作していれば慣れる。 リモコンのボタンを押して反応が無くても、「押したはずだ」と信じて待てば、ほぼ必ず「動き始める」。
 むしろ問題は2.で、設定や番組表などの画面が黒背景に明るい字だった BDZ-AT700 に比べて、ベージュ地で見づらい。 当初、これは慣れるかと思っていたが、慣れない。 他の方が書いているように、アップデートでの色設定改善を望みたい。
 3.についてはまだ使用開始から日が経っていないので何とも言えない。

 しかし当家の場合、真の問題は他にあった。 BDZ-AT700 に比べ、本機のアンテナ感度はシビアである。 かれこれ10年ほど、アナログ波の頃から使っていた分波器や同軸ケーブルや F型プラグは、BDZ-AT700 では何の問題も無く継続使用していたが、本機ではアンテナ感度が非常に不安定になった。 特に NHK BS1 や BS 日テレは時として全く受信できなかった。
 サン電子 4SP-K77R-20WP を購入し接続したところ全く問題無くなったので、私のように「長年使っていた BD レコーダーを最近の機種に買い替える人」は、アンテナ接続周りについても見直す事を強くおすすめしたい。 BD レコーダーに比べれば大した出費でもないのだから。

 動作に微妙な点がある事も問題だ。 すぐ思い出せる点を4つ挙げておく。

1.ある番組を1回録画予約したら、なぜか全く同じ番組が2つ重複して予約されてしまうことがある。 しかも、勝手に重複した予約は、一方だけを取り消すことができない。 録画後に片方を消せば済む事ではあるが、他に録画したい番組の時間帯が重なった時は困る。

2.録画したい番組の時間帯が重なりあっていても、「同時に」重なっているのが2番組までなら録画可能であるはずだが、本機では、重なり具合によってはなぜか出来ないことがある。 これで諦めてしまった録画も少なくない。

3.番組名で予約録画を設定して、1つの名称で2つの番組が予約された場合、片方を手動で予約取り消しできない事がある。 一方を取り消すともう一方も道連れで取り消されてしまうのだ。 仕方無く、録画後に不要な方を手動で消しているが、他に録画したい番組が重なっていると困ってしまう。

4.録画内容の一覧をスクロールして上端もしくは下端に達した時、止まるか止まらないかが画面によって違う。 これは普段の使い勝手に響く点なので動作を統一してほしかった。

 とは言え、やはり技術の進歩はあるもので、BDZ-AT700 と比べ、BD-RE ディスクを挿入した時の認識と、排出は速い。 しかも、ディスク情報を内部でうまくキャッシュしているらしく、ディスク周りの操作性はかなり良くなっていると感じる。 BDZ-AT700 ではディスクを出し入れする度に「しばらく待つ」感じだったが、本機は「ちょっと待つ」だけで済む。

 総評としては、よほどの SONY 好きでない限り、おすすめはしない。 アップデートで改善される日が来る事を祈る。

<付記(2019.04.18)>
 上記の「重なり」現象は、サブチャンネルで同じ番組が放送されている場合に起きるように思われる。

<付記(2019.05.15)>
 サブチャンネルによるチャンネル数増加では説明できない「重なり」現象があったので追記。 これはなぜ重複とされるのか分からない。 ちなみにソフトウェアバージョンは 31.011.3 である。

比較製品
SONY > BDZ-AT700
接続テレビ
液晶テレビ

参考になった37人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
操作性2
録画画質5
音質無評価
録画機能1
編集機能無評価
入出力端子無評価
サイズ5
買ってしまったものの、いろいろと微妙…
   

[Fig.1] 2番組が録画出来ない例(おそらくサブチャンネルが2番組分扱い)

   

 SONY BDZ-AT700 が突如として「SYSTEM ERROR」で使用できなくなったため代替として急遽購入。 BDZ-AT700 はかれこれ7年ほど使っていたため、これについては仕方ないと思っている。

 本機のネット上での評判を見ると、「1.旧来機種より動作が重くなった」、「2.XMB が廃された・操作画面が見づらい」、「3.すぐ故障した・不具合が発生した」、という3点が目立つ。

 1.と2.については確かにその通り。 キビキビ動いていた BDZ-AT700 に比べると、いかにもモッサリしている。 ただしこれは1ヶ月も操作していれば慣れる。 リモコンのボタンを押して反応が無くても、「押したはずだ」と信じて待てば、ほぼ必ず「動き始める」。
 むしろ問題は2.で、設定や番組表などの画面が黒背景に明るい字だった BDZ-AT700 に比べて、ベージュ地で見づらい。 当初、これは慣れるかと思っていたが、慣れない。 他の方が書いているように、アップデートでの色設定改善を望みたい。
 3.についてはまだ使用開始から日が経っていないので何とも言えない。

 しかし当家の場合、真の問題は他にあった。 BDZ-AT700 に比べ、本機のアンテナ感度はシビアである。 かれこれ10年ほど、アナログ波の頃から使っていた分波器や同軸ケーブルや F型プラグは、BDZ-AT700 では何の問題も無く継続使用していたが、本機ではアンテナ感度が非常に不安定になった。 特に NHK BS1 や BS 日テレは時として全く受信できなかった。
 サン電子 4SP-K77R-20WP を購入し接続したところ全く問題無くなったので、私のように「長年使っていた BD レコーダーを最近の機種に買い替える人」は、アンテナ接続周りについても見直す事を強くおすすめしたい。 BD レコーダーに比べれば大した出費でもないのだから。

 動作に微妙な点がある事も問題だ。 すぐ思い出せる点を4つ挙げておく。

1.ある番組を1回録画予約したら、なぜか全く同じ番組が2つ重複して予約されてしまうことがある。 しかも、勝手に重複した予約は、一方だけを取り消すことができない。 録画後に片方を消せば済む事ではあるが、他に録画したい番組の時間帯が重なった時は困る。

2.録画したい番組の時間帯が重なりあっていても、「同時に」重なっているのが2番組までなら録画可能であるはずだが、本機では、重なり具合によってはなぜか出来ないことがある。 これで諦めてしまった録画も少なくない。

3.番組名で予約録画を設定して、1つの名称で2つの番組が予約された場合、片方を手動で予約取り消しできない事がある。 一方を取り消すともう一方も道連れで取り消されてしまうのだ。 仕方無く、録画後に不要な方を手動で消しているが、他に録画したい番組が重なっていると困ってしまう。

4.録画内容の一覧をスクロールして上端もしくは下端に達した時、止まるか止まらないかが画面によって違う。 これは普段の使い勝手に響く点なので動作を統一してほしかった。

 とは言え、やはり技術の進歩はあるもので、BDZ-AT700 と比べ、BD-RE ディスクを挿入した時の認識と、排出は速い。 しかも、ディスク情報を内部でうまくキャッシュしているらしく、ディスク周りの操作性はかなり良くなっていると感じる。 BDZ-AT700 ではディスクを出し入れする度に「しばらく待つ」感じだったが、本機は「ちょっと待つ」だけで済む。

 総評としては、よほどの SONY 好きでない限り、おすすめはしない。 アップデートで改善される日が来る事を祈る。

<付記(2019.04.18)>
 上記の「重なり」現象は、サブチャンネルで同じ番組が放送されている場合に起きるように思われる。 Fig.1 で示した重複は、おそらく「ルパン三世」がチバテレビでサブチャンネル含めて同時に2放送されているためであると思われる。

比較製品
SONY > BDZ-AT700
接続テレビ
液晶テレビ

参考になった3

満足度3
デザイン4
操作性2
録画画質5
音質無評価
録画機能1
編集機能無評価
入出力端子無評価
サイズ5
買ってしまったものの、いろいろと微妙…

 SONY BDZ-AT700 が突如として「SYSTEM ERROR」で使用できなくなったため代替として急遽購入。 BDZ-AT700 はかれこれ7年ほど使っていたため、これについては仕方ないと思っている。

 本機のネット上での評判を見ると、「1.旧来機種より動作が重くなった」、「2.XMB が廃された・操作画面が見づらい」、「3.すぐ故障した・不具合が発生した」、という3点が目立つ。

 1.と2.については確かにその通り。 キビキビ動いていた BDZ-AT700 に比べると、いかにもモッサリしている。 ただしこれは1ヶ月も操作していれば慣れる。 リモコンのボタンを押して反応が無くても、「押したはずだ」と信じて待てば、ほぼ必ず「動き始める」。
 むしろ問題は2.で、設定や番組表などの画面が黒背景に明るい字だった BDZ-AT700 に比べて、ベージュ地で見づらい。 当初、これは慣れるかと思っていたが、慣れない。 他の方が書いているように、アップデートでの色設定改善を望みたい。
 3.についてはまだ使用開始から日が経っていないので何とも言えない。

 しかし当家の場合、真の問題は他にあった。 BDZ-AT700 に比べ、本機のアンテナ感度はシビアである。 かれこれ10年ほど、アナログ波の頃から使っていた分波器や同軸ケーブルや F型プラグは、BDZ-AT700 では何の問題も無く継続使用していたが、本機ではアンテナ感度が非常に不安定になった。 特に NHK BS1 や BS 日テレは時として全く受信できなかった。
 サン電子 4SP-K77R-20WP を購入し接続したところ全く問題無くなったので、私のように「長年使っていた BD レコーダーを最近の機種に買い替える人」は、アンテナ接続周りについても見直す事を強くおすすめしたい。 BD レコーダーに比べれば大した出費でもないのだから。

 動作に微妙な点がある事も問題だ。 すぐ思い出せる点を4つ挙げておく。

1.ある番組を1回録画予約したら、なぜか全く同じ番組が2つ重複して予約されてしまうことがある。 しかも、勝手に重複した予約は、一方だけを取り消すことができない。 録画後に片方を消せば済む事ではあるが、他に録画したい番組の時間帯が重なった時は困る。

2.録画したい番組の時間帯が重なりあっていても、「同時に」重なっているのが2番組までなら録画可能であるはずだが、本機では、重なり具合によってはなぜか出来ないことがある。 これで諦めてしまった録画も少なくない。

3.番組名で予約録画を設定して、1つの名称で2つの番組が予約された場合、片方を手動で予約取り消しできない事がある。 一方を取り消すともう一方も道連れで取り消されてしまうのだ。 仕方無く、録画後に不要な方を手動で消しているが、他に録画したい番組が重なっていると困ってしまう。

4.録画内容の一覧をスクロールして上端もしくは下端に達した時、止まるか止まらないかが画面によって違う。 これは普段の使い勝手に響く点なので動作を統一してほしかった。

 とは言え、やはり技術の進歩はあるもので、BDZ-AT700 と比べ、BD-RE ディスクを挿入した時の認識と、排出は速い。 しかも、ディスク情報を内部でうまくキャッシュしているらしく、ディスク周りの操作性はかなり良くなっていると感じる。 BDZ-AT700 ではディスクを出し入れする度に「しばらく待つ」感じだったが、本機は「ちょっと待つ」だけで済む。

 総評としては、よほどの SONY 好きでない限り、おすすめはしない。 アップデートで改善される日が来る事を祈る。

比較製品
SONY > BDZ-AT700
接続テレビ
液晶テレビ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「BDZ-ZW1500」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
画質がよい  4 2019年12月8日 01:12
1年半で故障  1 2019年12月1日 15:49
初めて購入したブルーレイレコーダー ファーストインプレです  3 2019年10月13日 20:11
素晴らしいの一言  5 2019年7月7日 18:45
満足しています  5 2019年6月12日 20:56
7年経つといろいろ  4 2019年6月11日 07:13
買ってしまったものの、いろいろと微妙…  3 2019年5月15日 11:38
UIが進化ではなく退化している  3 2019年3月11日 12:46
操作性の良さ  4 2019年3月5日 14:19
4Kチューナー非搭載なので購入してはいけない機種です。  1 2019年1月11日 11:51

BDZ-ZW1500のレビューを見る(レビュアー数:38人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-ZW1500のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BDZ-ZW1500
SONY

BDZ-ZW1500

最安価格(税込):¥39,800発売日:2017年 6月24日 価格.comの安さの理由は?

BDZ-ZW1500をお気に入り製品に追加する <1270

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意