スズキ アルト ターボRS 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > アルト ターボRS 2015年モデル

アルト ターボRS 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アルト ターボRS 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ターボRS 2015年3月11日 ニューモデル 43人
ターボRS 4WD 2015年3月11日 ニューモデル 7人
満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:52人 (プロ:1人 試乗:16人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.09 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.56 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.65 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.48 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.22 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.57 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.65 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:エコ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

マートッチャさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
21件
デスクトップパソコン
0件
14件
AVアンプ
0件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

55歳のおっさんです。勤続30年、結婚20周年、そして20年間往復45kmを自転車通勤した自分へのご褒美として購入しました。
通勤用として、小さく・速く・安全・経済的で楽しいセカンドカーを探していました。
発売前の3月初に注文し、4月18日納車されました。我が家のカーラインナップ[ファーストカー:'09 プレマシー2.0S(5ATパドルシフト)、妻:'13 スペーシアカスタムターボ(CVT)、息子:'14 ワゴンRスティングレーSエネチャージ(CVT)]と比較してレビューします。

【エクステリア】
当時は経済的に買えなかったアルトワークスを彷彿させるレトロ調で愛嬌がある外観で、我が家全員に好評です。
白を購入しましたが、赤いドアミラー(ちゃんちゃんこ)、ルーフエンドスポイラー(頭巾)、ロアガーニッシュ&サイドデカール(座布団)が、ちょっと早い還暦の祝いの様だと、81歳の母にも大好評です。

【インテリア】
価格的にはシンプルで妥当ですが、RSならスティングレー並の質感と装備は欲しいところです。
ルームランプがフロントのみでリヤがない為、夜の荷室が暗くて見えません。
アームレストも欲しいですね。(我が家でないのはRSのみ)

【エンジン性能】
改良型R06Aターボエンジンですが、改良前のスペーシアターボと比べて差は分りません。
スペーシアの前にワゴンR/RR(K6Aどっかんターボ)に15年間乗っていましたが、R06Aは静かでマイルドな大人のターボって感じです。
RSは廉価版のアルトらしく遮音性が不十分の為、エンジン音がとても五月蠅いです。特にアイドリングストップからの再始動騒音は興醒めものです。
一方、スティングレーSエネチャージ(簡易ハイブリッド)ISG再始動の静粛性は感動ものです。軽自動車では最高ではないでしょうか。

【走行性能】
流石にキビキビ良く走ります。背の高いスペーシアやスティングレーに比べてコーナリング性能・高速安定性は格段に上で、運転がとても楽しいです。
RS(AGS)の100km/h走行時のエンジン回転数は3400rpmと他のCVT車の2500rpmよりかなり高いですが、静粛性は遜色ありません。風切音が小さいからでしょうか???
(CVT車は登り坂のちょっとした負荷で回転数が上がってしまうし、背の高さは横風にハンドルを取られて恐怖すら感じます。)
RSの一番の問題点はやはりAGSですね。賛否両論あり、購入検討で唯一躊躇した点です。
AGS(AMT)はAT車に分類されていますが、これはあくまでも自動運転が出来るMT車と考えた方が良いと思います。
MT車を乗りこなすだけの技量(アクセル操作・シフト感覚)がない人には、大変乗り難いミッションです。
CVTにはない加速のダイレクト感とワインディングロードでのシフト操作の楽しさは格別ですが、市街地走行は大変苦手です。
スタート発進時のエンジン音の五月蠅さ、1速から2速の繋がりの悪さ、低速(クリープ)走行時のギクシャク感 等、普通のAT車のつもりで乗るとこれほど不快な車はないでしょう。
RSのAGSの良い点は、ドライブモードでもマニュアル操作が可能なこと。
(シフト操作すると一時的にマニュアルモードに切り替わり数秒後自動モードに戻る。)
このため、本格的マニュアル走行以外はドライブモードだけで運転可能です。
(プレマシーはマニュアルモードにしないとパドルシフトが使えない)

【乗り心地】
スペーシアやスティングレーよりは固めですが、スポーティー車としては柔らか目で乗り心地も悪くありません。
ファミリーカーのプレマシーの方が固めでスポーティー感が強いです。(流石ズームズームのマツダ)
室内は十分過ぎるほど広いです。178cmの自分がポジショニングしても後席レッグスペースは握り拳2個分ほどあります。(新型デミオよりずっと広いです。)
但し、座席を身長に合わせると、ハンドルが遠過ぎます。チルトだけではなくテレスコでもう10cm手前にハンドルが欲しいところです。
(プレマシーは当然テレスコも付いてベストポジションが執れます。流石マツダ!)

【燃費】
今まで2500km走行した平均燃費は 24.0km/L(22.1〜25.3km/L)です。
信号の少ない郊外での通勤が主です。同条件での燃費比較をやってみました。
(通勤45km/日×5日=225km走行の平均燃費)
      車種      :実燃費/(JC08燃費)=達成率
'15 アルトターボRS(5AGS)  :25.3km/L/(25.6)=99%
'14 スティングレーSエネ(CVT):26.5km/L/(32.4)=82%
'13 スペーシアCターボ(CVT) :21.7km/L/(26.0)=83%
'09 プレマシー2.0S(5AT)   :12.6km/L/(13.5)=93%、

AGSはCVTより実燃費が良く、ほぼカタログ値通りでした。
NA(ノンターボ)のスティングレーSエネチャージ(簡易ハイブリッド)と同等、プレマシーの2倍走ります。
通勤のガソリン代が節約出来て家計が助かります。

【価格】
これだけの装備・性能、しかも自動ブレーキまで付いて129万円は破格値だと思います。
MT設定がないと不評ですが、MTでは自動ブレーキの設定が出来ません。
自動ブレーキを標準装備にし、コストを徹底的に下げる為、ミッションをAGSに一本化したとスズキ販売店員さんが言っていました。(納得!納得!)

【総評】
MT設定を望む人が多い様ですが、自分はRSにMTは不要と考えます。
アルトターボRSは所詮スポーティーな実用車で、決してスポーツカーではありません。
MT運転がしたいならAGSで十分です。
MTよりもRSには、普通のAT・街乗りに適したCVTの設定を望みます。
自分は、小さく・速く・安全・経済的で楽しいセカンドカーを探していましたが、決して廉価車を望んでいた訳ではありません。
RSには、CVT・パドルシフト・クルージングコントロール・Sエネチャージ(簡易ハイブリッド化で燃費36km/L以上)・ステレオカメラを付けて是非150万円以下で販売して貰いたい。
(要するに今のスティングレーターボにSエネチャージ/ステレオカメラ搭載、軽量化/低車高化した車が欲しかった)

何れにしても、現時点では、アルトターボRSが、マイ・ベスト・セカンドカーです!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
静岡県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54人(再レビュー後:46人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Go Go Hayate号さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
3件
自動車(本体)
1件
2件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】デザイン自体は、嫌いじゃ無いですが、メッキの、めがねガーニッシュと、バックドアガーニッシュだけが、いただけないです。サイドのデカールも。

【インテリア】簡素で良いが、もう少しフロントに収納が欲しい。

【エンジン性能】車重が軽い事も有り、飛ばさないので、必要にして十分だと思う。

【走行性能】この軽さでも、ボディー剛性が高い。足回りが、下りでは柔らかいと感じる。ショックを替えれば、15インチのままでも、走りは十分に良くなりそう。

AGSですが、低速走行は苦手。
発進時の、半クラが長過ぎる為、発進加速が悪い。
坂道発進で、今の処、サイドブレーキは使ってません。

【乗り心地】足が硬く無いので、街乗りも高速も快適。シートの作りも、基本的には良く、1日500キロ位なら、乗ってられそう。残念なのは、サポートが少々足りない。

【燃費】現在の走行距離1300キロ。
街乗りで、17〜18キロと微妙。

ちょっと遠乗りをして、25.9キロを出しました。

時速80キロを、越えなければ、燃費は良いと思う。これで、ガソリンタンクが、小さいのが余り気にならなくなった

【価格】自分の感覚では、安いと思う。性能と装備を考えると、Xが高く感じる。

【総評】不満な点は、パドルが固定で無い事。結局インパネシフトの方が、ミスが少なくシフトチェンジが出来る。

リアシートが分割可倒式で無い事。



乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
愛知県

新車価格
129万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Boys Bikerさん

  • レビュー投稿数:72件
  • 累計支持数:1819人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

試乗された方々がYou Tubeに動画をアップされていますが、それらを観ただけで愉しそうなアルト ターボRS。試乗しましたがCPも高く、とにかく、欲しくなっちゃいました!以下、レビューします。

【エクステリア】
往年のアルト ワークスのように味付けされていて愛嬌があります。愛着が沸くカラーリングとデザインです。

【インテリア】
無骨ですがスポーティカーとして考えれば十分。むしろ、4人乗れて荷物も積めて維持費も安く◎です。

【エンジン性能】
軽自動車という枠組みの中で、精一杯愉しさを追求したエンジンです。エンジンと車重のバランスもよく、レスポンスの良さに繋がっています。

【走行性能】
パワフルに加速してきびきびした走り。コーナリングでも安定しています。何より、新トランスミッションAGSのM(マニュアル)モードが愉しい!MTがないということで期待していなかったこちらの機能ですが、シフトチェンジした際のフィーリングはちゃんとスポーツしています。むしろ、日常生活でDモード、遊びでMモードとメリハリをつけてドライブして肩肘張らずに楽しめそうです。

【乗り心地】
軽自動車であり余裕の合格点です。

【燃費】
試乗のため評価なしです。

【価格】
財布に優しい価格設定です。

【総評】
自動車業界がバブル期並みに元気になっていますが、とりわけ軽自動車が愉しいと感じます。各社が軽自動車の規格内でフルに技術を投入し、デザインなどでも個性を出しているのが面白いです。勝手ながらクラスに居そうな女子で例えました。

ホンダ S660 : 美人でちょっとヤンチャな女子。
ダイハツ コペン : ショートボブが似合うおシャレな女子。
ターボRS : 気取らず愛嬌があって人気者な女子。

甲乙つけがたいところですが、私ならば手を伸ばせば届きそうな価格帯、いつまでも愛着が持てそうな雰囲気があるアルト ターボRSがタイプかな、と思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kihouinさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

アルトにターボ車が出ることは雑誌、ネット情報で知っていましたが、発売日に試乗することができました。
乗ってみた感想は下記の通りです。
・乗り心地は及第点です。試乗した距離が短いので。
・外観はスポーティに仕上がっていると思います。ワークスの再来を思い浮かべます。
・内装はまとまっていると思いますが、前の車に比べると劣っている感じです。
・5AGSは癖のあるミッションですが、MT車を運転する感覚で運転するといい感じで走ります。
ほかにも細かな部分もありますが、以上が主な感想です。

それを踏まえていろいろと検証しました。
その結果、前の車が1年半少ししか乗っていませんが、車を売却し契約しました。
納車は6月ぐらいになりそうです。
試乗の距離が短かったのでここでは何とも言えませんが、高速道路や山道を走ると楽しいかもと
容易に想像できました。
新車が来たらいろんなところを走ってみたいです。


乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
大阪府

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ナインBさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

先日、アルトターボRS試乗してきましたので、感想を。
カラーはブルーイッシュブラックパール
ブルーイッシュとは言ってもそんなにブルー感は無いです
差し色として各所に施されている赤のラインは、カタログで見るよりも朱色に近く、ちょっとイメージが違いました
俺的には、もっと赤に寄せて欲しかった

内装は、オーソドックスな軽の内装
ここも差し色がありますが、スポーティー感あっていいです
収納スペースがもう少し欲しいところ。
シートは適度なホールド感があり、身長187センチの私が座っても、違和感なく快適。
ヘッドスペースも充分。

さて、走らせてみるとすぐに感じるのはAGSギアチェンジ時の違和感。
妙にチェンジ時間が間延びし、車体が前後に揺すられる感覚。
その感加速も途切れてしまい、はっきり言って、気持ちいいものでは無い。
しばしATモードで走ってみるも、馴染めませんでした。が…

その後、MTモードでパドルシフト操作にチェンジしてみると、いきなり別物に変わりました。
シフトチェンジにかかる時間は一気に短縮され、軽快に加速していきます。
その加速感は軽自動車のレベルを超えている。素晴らしい。

サスはやや硬めながら、しなやかさは失っておらず、所謂ユーロ系の足回りといった趣き。嫌な突き上げ感は無い。
コーナーでの脚の動きもしっかりしていて、良好なハンドリングと言えます。

トータルでは、乗って楽しいスポーティーカーとして、すべての国産車の中でもトップクラスの実力を持っていると思いました。
何しろ、値段が安いw
同規格のコペン、S660と比べて、高級感やオープンの爽快さは無いにしろ、安さと軽さで対抗できますね

それだけに、AGSの煮詰めが今ひとつってのが、悔やまれます
あの一点で、スポーティーさとイージードライブのバランスが悪い位置に収まってしまっている。
ATモードでギアチェンジ時にアクセルオフでショックを柔げたり、基本MTモードありきで運転するのでもいいのですが、それではイージードライブ派が敬遠してしまいそう
逆に走りを楽しみたい人からは、マニュアルMTで乗りたい欲求が強まってしまうでしょう
AGSでよかったのかなぁ?って思っちゃいます

とは言え、私からすれば不満点はそのぐらいで、欲しいか欲しくないかで言えば、メチャ欲しいです
て言うか、購入に向けて今かみさんを説得中ですw
最後に燃費ですが、そこのディーラーさんでは試乗車入ってから一週間経つそうですが、街乗り寄りの試乗コースでメーターはリッター20Kmをの標示でした
カタログ値から見れば、妥当な線ですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夢追いゴルファーさん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

近所に試乗車が無く、遠路往復54km走って試乗しました。

買換えを前提とした試乗なので、現行車スイフトXGリミテッドU(5速MT)と比較してみました。

一番の興味は、軽量ボディとターボエンジン&5速AGSミッションの操作感です。

@パワーウエイトレシオ
・スイフト車重1000kg/馬力91ps(6000rpm)/トルク12k(4800rpm) レッド6300
・アルトターボ 720kg/馬力64ps(6000rpm)/トルク10k(3000rpm) レッド7000

運転者70kg乗車としたパワーウエイト
・スイフトXG 11.76kg/ps
・アルトRS  12.34kg/ps

アルトの低中速トルク特性が、2速&3速ギアでの加速感が気持ちよい。
スイフトは最大トルクが4800rpmなので、上まで回す必要がある。

A5速AGS
MTでも1速から2速へのシフトUPが一番難しい。坂道発進はなおさらである。
すぐにレッドゾーンに達する為に、2速ギアとシンクロさせる回転数に合わせ損なうとギクシャクする。
AGSは自動で行いますので、当初は人間の感覚とズレが出ます。

アクセル操作の慣れにより、この現象は解決できます。尚2速以上のシフトUPは問題ありません。
減速時には回転数を合せるブリッピング動作が自動化されています。これが心地よい。
MTモードのパドルシフトの使用は、MT感覚を最大に楽しむことができます。

市街地ではDモードで早めのシフトアップし、低回転でのトルクフルな走行。
郊外やワインディングでは、MTモードでパドルシフト使用の小気味よい4速&3速ギアによるエンジンのダイレクト感を味わうのが楽しそう。

トルコンATやCVTは発進の操作はスムーズですが、回転数の高い領域での操作には難点があります。
すべる感じが強いトルコンAT,回転数が上がらずいらいらするCVTとこちらも欠点があります。

B乗り心地
2段階のチルトステアリング機構は試したものの、シートリフターは操作しませんでしたが、試乗車はハンドルが遠く感じられ、リフトが高かった気がします。短時間の試乗の為そのまま試乗しましたが、心残りでした。

足回りに関しては、スイフト並のサスペンションのようですが、試乗コースでは判りませんでした。

市街地走行では、5速AGSがエンジンダイレクトの為、どうしても回転数を上げてしまいます。すぐ法定速度に達してしまい、次の信号で停止。また発進加速でエンジン回転上昇。CVTでは感じなかった騒音を感じます。

スイフトXG(5速MT)では、1速2500回転、2速2100回転・・・・5速1600回転で60km/hです。
しかもこの回転数では非常に静かです。一番の違いは、市街地走行での騒音の差でした。コンパクトの質感というか、走行におけるトータルの味は別物のであると感じました。

アルトターボRSはついアクセルを踏んでしまう気にさせられます。回せるエンジンです。
郊外走行では、4速&5速ではもっと静かで、エンジン音も小気味よいものと想像できます。

C価格
・スイフトXGリミテッドU(5速MT) 118万円(8年前)
・アルトターボRS(5速AGS)    129万円
大分自動車の価格が高くなった。(消費税か)

D買換え候補か
私の主な用途は週1回ゴルフに出かけることです。早朝出発一般道で片道90km程度は時折走行します。ゴルフ場は郊外や山間部にありますので、ワインディング道路を走行することが多いです。この時にアルトRSがどうかと試乗しましたが、スイフトRSの方も検討しなければと改めて思ってしまいました。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DT1025さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
34件
バイク(本体)
2件
9件
タブレットPC
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

ターボRS、短い時間ですが試乗しましたので、感じたことを書かせていただきます。

外観は好き嫌いがあるので評価なしとします(わたしは好きです)

内装ですが実物はちょっと安っぽいかな?カタログではもうちょっと良く見えたんですがね。
あと右ひじのスペースがちと狭い。内張りをもっとえぐればいいのに、なぜここで手抜きした?って感じ。
メーター周りももうちょっと気分が上がるデザインにしてほしかった。

リアシートですが広さは充分なんだけど、背もたれがもう少し寝てた方がいいかと思う。
問題はRヘッドレスト。下げたままだと肩に当たるし、かといってあげると高すぎだしリアの視界が極端に悪くなるのがちょっと無しかなと。中間にもう一段止まる場所があればかなり解決するのに詰めが甘いぞスズキくん!

さて肝心の走りです。

皆さんの指摘どおりスタート時のクラッチのつながりが遅く回転が上がり気味なのが気になりますね。
ただ、坂道発進や雪の積もった道など負荷のかかる場面も想定しなければいけないので、まあ仕方ないのかなと思います。

そして1速から2速のシフトアップ時の抜けた感じも皆さんの指摘通り、ちょっと意表を突かれる感じでした。
だだし慣れればアクセルワークである程度コントロールできそうですし、乗り方次第じゃないでしょうか。
その他のギアはさほど違和感を感じることは無かったです。
加速はきっといいのでしょう。短い時間の試乗では試しきれませんでした。
Xに乗った得はエンジン音がうるさいと思ったのですが、ターボは結構静かでしたよ。
下り坂の信号停止でパドルシフトを使ってみました。いい感じで気持ちよく変速されます。

足は結構硬い。
なんだか若いころスプリングやショックを固めて喜んでたころを思い出して思わずにやけてしまいました。
路面の良いところばかりを走っていたので実際どうかははっきりいえないですが、なんか楽しそうです(笑)

4駆でスタッドレス履いての試乗ですので、2駆で夏タイヤならもっと走りも乗り心地もハードになるのかも知れないですが、今回試乗して感じたことを書いてみました。

オートマでアクセルコントロールなんてめんどくさいと思う人はAGSはやめたほうがいいです。
売れ行き次第ではMTも出そうなのでそれを期待して下さい。
わたしは面白くて好きですね♪














乗車人数
2人
使用目的
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
北海道

新車価格
140万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

アルト ターボRS
スズキ

アルト ターボRS

新車価格:129〜140万円

中古車価格:49〜128万円

アルト ターボRS 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <52

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アルトターボRSの中古車 (250物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意