スズキ アルト ターボRS 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > アルト ターボRS 2015年モデル

アルト ターボRS 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アルト ターボRS 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ターボRS 2015年3月11日 ニューモデル 43人
ターボRS 4WD 2015年3月11日 ニューモデル 7人
満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:52人 (プロ:1人 試乗:16人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.09 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.56 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.65 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.48 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.22 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.57 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.65 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「頻度:週3〜4回」で絞込んだ結果 (絞込み解除

コーヒー牛乳パンさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
0件
腕時計
5件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

31年車です
ここで生産終了をしり飛込みで最終車両予約しました
ディーラーすら知らなかったので大慌てでした
値引き7万オプション2万の9万です

【エクステリア】
ややクラシカルでブサ可愛いやんちゃな雰囲気に一目惚れ、今となるとルーフが低い車両は逆に貴重な存在です
普通のアルトとは違いそれなりにがんばった外観も好きです

【インテリア】
良く言えばシンプルですっきり、簡素ともいえますが必要十分です
プラスチックの質感のせいかキズがつきやすい
友人がN-BOXカスタムと比べてチープと言いましたが1.5倍の価格差の高い車両と比べるのは愚の骨頂です

【エンジン性能】
慣らし中ですが文句はありません
これに乗るとどの軽のエンジン物足りません
昔の軽はとか言っていた自分が恥ずかしいです
味付けのうまさはさすがスズキです!

【走行性能】
峠にも行きましたが全く不安無く走れましたので必要十分です
AGSのワークスと乗り比べましたが違いがわかりません
高剛性感と軽さが全てのバランスの元だと感じます
横に乗せた友人たちもニコニコです

【乗り心地】
まだまだ硬いですがもう少し走り込むと良くなりそうです
今でAGSのワークス程度なのですがワークスの硬さも昔のホンダスポーツと比べると硬くは感じないので問題なしです

【燃費】
まだ慣らし中ですので20km/l程度の表示です
乗り方で変わりますがこれで十分です

【AGS】
どうしても書きたかったのはAGSの話
賛否があるのはわかりますが乗っていると慣れるのと癖を覚えてくれる様子です
仕事の車両でずっと乗っていたCVTにどうしても慣れなかった私にはマニュアルの走りが出来るAGSはベストです
今後両方あっても私はAGSを選ぶでしょう
交差点の途中での自動のチェンジだけはいただけませんがそれ以外は好きです

【価格】
129万円は安い!これからもこの値段でターボ車は出ないでしょう
売れなかったのが本当に不思議ですが今の世の中で求められてないんでしょうかね

【総評】
スズキの良心といわれていたターボRS
生産終了は残念ですが入手出来て最高です
最終型だけあり不安要素がない状況で購入決めて正解でした
スポーツカーからファミリーカーを乗り継いでそろそろスポーツでもと思い買った車両です
オーナーさん達の満足度の高さには驚きます
実際手に入れて満足する車両って中々出会えないんですがこれなら大満足ですね
ワークスと迷って試乗して決めましたが私にはターボRSで十分だと思いました

実際差が無い

これが結論で決めました
質実剛健な1台ですね


1年近く乗っての感想です

高速は非常に楽チンです
流れをリード出来る速度域でも安定しています
加速も減速も安定しているので不安を感じません

渋滞は不得意と思います
CVTのような走りは出来ないので少々気を使います

気になるのはその程度です

本当に買って良かったと思う事って中々無いのですがRSに関しては買って悔い無しと言える1台です
友人のマニュアルワークスも乗りましたがその感じは揺らぎませんでした
私としてはターボRS以外の選択肢は無かったと実感しました

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
長野県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Xperiaに失望さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
カーナビ
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

ストラットタワーバー、溶接打ち増しボディ、デァスチャージライト、メッキ内ハンドル、ポテンザ、シートヒーター、オートエアコン、バックカメラ、レーダーサポートブレーキ、ワタナベ風ホイール、専用デカール、専用内装、チルトステアリング、シートリフター、パドルシフト、インタークーラー付きターボエンジン、アイドリングストップ、ピアノ調ブラック内装パネルなどこれだけ付いてノーマルアルトと10万円差しか無いのは安過ぎます。
これでスズキさんは採算取れてたのでしょうか?
ハイパワーでボディー剛性も高く、ハンドリングも抜群でその気になればパドルを操作するだけでいきなりマニュアルモードが楽しめます。
峠も楽しめますし高速道路では安定した高速走行が楽しめます。この車は走ってこそ良さが解ります。
しかし普段の通勤の渋滞道路は地獄です。ブレーキが重くて疲れてる時は踏みたくなくなります。
AGSはアクセルワークをデリケートにやれば快適に乗れますが荒っぽく踏むとカックン地獄が待っています。フィアット500やポロもそうですがシングルクラッチのATの欠点はやはりどうしても気になります。
正直CVTやトルコンATが楽です。
後燃費は思ったよりは良いです。
内装の質感やドアの薄さと軽さは思いきりベース車のアルトの安っぽい感を感じます。
室内は収納も少ないですね?
ファブリックシートはホコリが付きやすくボディーも塗装が弱くて1年半程で一部の色がガラスコーティングしているにもかかわらず剥げて来ました。この車はボディーコートをしない事をお勧めします。
加速については軽さが働いて素晴らしい加速をします。他の軽はこの車に追いつけません?それこそがこの車の醍醐味です。
前方の車に追突して廃止になりましたがレーダーブレーキサポートは全く作動しませんでした。
マイナーチェンジで廃止になった事もありワークスを次に考えていましたがハスラーを買ってしまいました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
熊本県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松橋 豊さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドセット
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
小さなボディにあの顔はブサカワですね。
フォルムが気に入りました。
横、斜め後ろからのデザインは格好良いですよ。赤い装飾に関しては悩みましたが、結局そのまま乗っています。
全てひっくるめていいです。
【インテリア】
ノーマルのアルトとは色違いです。
ですが、黒の内装で、ハンドルに本革やビアノブラックの取手が付いたりして、雰囲気はアルトではないみたいですね。
豪華さは無いけど、普通な感じがいいです。
【エンジン性能】
低い回転からターボが効いているので扱い易いです。エコな運転してますが加速が良くて燃費が良いです。
【走行性能】
車体も軽く、力もあるし、普通の速度域でも速くて楽しいです。
【乗り心地】
ちょうど良い固さですね。
軽さと剛性の高さでしょうか。カチッとした感じです。軽自動車にありがちな、ふわふわ、バタバタとした感じがありません。
【AGS】
MTベースなので、ATやCVTの様に繋ぎ目の無い加速は出来ませんが、少しのベダルワークで、ATやCVTには無い走りが楽しめると思います。
【燃費】
まだ3回しか給油していませんが18km/Lくらいです。
【価格】
これだけのたくさんの装備が付いて、こんなに走りが楽しめてこの価格は激安ですね。
【総評】
正直、見た目で損してます。
もう少し洗練されたデザインで、価格を少し上げて、もう少し質感を上げたら、満足度だけでなくて、人気度でもランクインしますよ。
でもいいや、俺楽しいから。
20年振りに車の運転が楽しいです。
スズキさん本当にありがとう。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
愛知県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

OJAXさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
38件
プリンタ
2件
14件
プラズマテレビ
0件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

納車して2ヶ月、約1700km走ったので、その後の感想です。
ちなみに、前に乗っていた車は、ストリームアブソルート2.0です。基本的にそれとの比較になります。
基本的には、子供も大きくなったので一人で乗る事が多いですが、週末など家族全員で出かけることも・・という使い方になります。

【エクステリア】
フロントグリルは好き嫌いが分かれるデザインかも知れません。ボディカラーはホワイトパールですが、メガネガーニッシュがスモークがかかったメッキだったらとか、同一色だったらとか考えてしまいます。ただ、ノーマルアルトのように同一色は・・。ただ、そのうち慣れてしまうかも。リアビューは好きですし、赤の差し色も個人的には好きです。昔バイクも派手な色に乗ってた影響かなぁ。

【インテリア】
高級感はさほど無いですが、納得して購入しましたし、特に不満は無いです。この車重を考えると、決して文句は言えません。w
前車も質素なインテリアだったので、全然違和感は感じません。
あと、夜間メーター照明がめちゃ眩しかったのですが、検索したら明るさ調整ができることが判明。気付けて良かったです。マニュアルも探したら載ってましたが、まずは気付かないかと。

【エンジン性能】
まずは、思っていたよりずっと速いです。今までNAの車にしか乗った事無かったのですが、そのつもりでアクセル踏んでました。なんとなく、この回転ならこれ以上踏んでも無駄かなと、体が無意識に反応して。これでも3000rpm超えると結構速かったのですが。
これを、意図的に、更にぐいっと踏み込んでやると・・・更にガツンとトルクがアップしますね。2速3速の3000rpmからが気持ちいいです。軽い車体と相まって、かなりの加速が体感できます。大排気量車とは違う・・・2ストバイクと共通する回り方を感じます。
まずは、ガツンと思ったより踏み込んでみましょう。予想以上にトルクが増します。

【走行性能】
昔、学生の頃2輪で走り回っていた峠に持ち込んでみました。ここは、低中速コーナーが多く、2輪でも250くらいまでが向いているコースで、4輪でも何台も走ってみましたが、車重が邪魔でちょっと取り回しに苦労するようなところなのですが、アルトターボRSは、2輪のリズムと同じような感じで走れました。かなりのペースまで上げてみましたが、かなりのポテンシャルを感じました。攻め込んでいくと、ESPが、ちょろっと介入してきますね。
AGSは慣れれば特に問題なし。峠ではマニュアルモードが楽しいです。ただ、万人向けのミッションではないかもなぁ。ただ、この車、MTは有りですが絶対にCVTは無しです。

【乗り心地】
若干硬めだと思いますが、まだ当たりが付いてなくてもしなやかなサスだと思います。硬さはストリーム アブソルートと同じくらい。しなやかさは、RSの方が上です。サスがいい仕事をしている感じ。(アブソルートはヘタリも有るでしょうが、新車時は閉口するくらい荒れた路面は辛かった)今まで乗ってきた車の中では秀逸です。自分の好みとマッチしますね。
後部座席の、足元空間の広さは、ストリームより上かも。これにはちょっとびっくり。


【燃費】
燃費の方は、エアコン入れっぱなしだと18〜19km程度でしょうか。あと、夜間より昼間の方が燃費が伸びる感じがします。ヘッドライトの消費電力とかでジェネレータが重くなってるんですかね?
7月からの通算燃費は20km/l強と言ったところです。


【価格】
非常に満足しています。特に購入金額は・・・パールホワイトは132万近くすると思いますが、それにオーディオやフロアマット、バイザーなどオプションを付けて、支払総額135万になりました。
後で明細確認したら、車本体値引きも結構な額でしたが、大して付けてないオプションはほぼタダ同然で。ガリバーで査定ゼロだった車にそれなりの下取り額を付けてありました。
半分冗談で、総額135万なら即決しますよ・・と口にしたのですが・・・絶対無理だと思って・・上の方との長い議論の上、この価格になりました。なんかの制限で、納車費用は、一応もらって、車を取りに来られた時に、お返しする(振り込む)という形にさせて欲しい・・との提案があったので、色々苦心されたのではないかと思います。ちょうどフェア中で、どうしてももう一台売りたかったので6月に登録させて下さいとも言われてましたし。
結果的には、価格も、車にも非常に満足しています。あとで、ディーラーから前車の税金分が3万ほど戻ってきましたので、車体価格132万程度で購入したことになりますね〜。


【総評】
とにかく、NAとは違って、踏み込んで楽しむ車かなと。NAに慣れちゃっていると、どうしてもある程度までしか踏まない癖が。

乗っていて、前車との違和感が全然無くて・・とても軽自動車に乗っているとは思えないです。車を降りた時に、「あ〜車ちっちぇ〜ww」と思う程度で。ドラポジやハンドリングなど前車と同じ感覚ですね。シートの座り心地やサポート感も同等か。サスは硬さは同じくらいで、しなやかさはこちらが上。

今までの半分のガソリンコストで、同じ範囲を行動できるというのは魅力ですね。自分の場合、それも何かを我慢しながら・・というわけでは無いので。高くなったとは言え、税金の安さも魅力です。前車は14年になるので、割増の自動車税を払ってましたから。

通勤で車を使わなくなったので、よなよな徘徊しています。今までなら、仕事から帰った後は、早く飯食って風呂入って、後はゆっくり酒でも・・というのが当たり前でしたが。ww

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
熊本県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヴァルルさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:221人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
レンズ
3件
0件
カメラバッグ・リュック
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

主にAGSについて思うところを書きます。

この車、シングルクラッチ式のロボタイズドマニュアルトランスミッション(スズキはAGSと呼んでいる)が搭載されています。こういう日本車ではあまり見られない機構の車に今まで乗ったことない人は多く、この独特の乗り味に失望される方も多いようです。
しかし、その違和感は乗り手が慣れて上手に運転できれば何の問題もないことを伝えたいなと思います。

例えばの話をします。マニュアルトランスミッションに乗ったことがない人が説明だけ聞いて人生初めてMTに乗れば上手くギアを繋げることが出来ず、間違いなくギクシャクするでしょう。それを数回運転しただけでやっぱMTって難しいなぁと思ってもクソだなとは普通ならないでしょう(そう考える人もいるかもしれませんが)。
それと同じことがAGSにも言えると考えています。

AGSにはAGSの乗り方があります。スポーツ走行したい時、乗り心地優先でまったりドライブしたいとき。
ベースがMTですからやることは同じ。アクセルの踏み加減、シフトを入れる力加減、これらを丁寧にやればドライバーの思い通りの動きをしてくれます。
じゃあ、最初からMTでよくねと、その考え方は確かにあるのですが、AGSでよかったと思うときって結構ありますから(省略)。

今から書くことは何の根拠もないただ自分が感じたことを書きます。すべて我流です。

この車、シフトを変える方法は3つありますよね。
まず自動で変速してくれるDモード。これは多くの方が既に言われていることですが、アクセルを緩めるとそれに合わせて自動でシフトアップしてくれます。この乗り方だと確かにシフトチェンジ時の前へのつんのめり感が軽減されます。しかしそれでも完全にギクシャク感を払拭し切れません。強いエンジンブレーキがどうしてもかかってしまいます。特に1速から2速のときとか。

私は乗り心地重視で乗りたければMモードをおすすめします。それもパドルではなく、シフトノブで。
この車、シフトノブでシフトアップしたときの方が、ゆっくり丁寧に繋がれているように感じられます。
しかもノブを下げてからすぐに手を離すのではなく、気持ち長めにレバーを下に入れっぱなしにした方がクラッチを切る、あるいは半クラの時間が長くなるように感じます。この特性を利用してあとはアクセルワーク。シフトノブを下げると同時にゆっくりアクセルを緩める。先にアクセルを緩めるとエンジンブレーキがかかりますから、気持ち的にはシフトチェンジが先。アクセルペダルは完全に離さない方がいいですね。あとはノブから手を離すと同時にアクセルを踏み込む。これでほぼトルコンAT並みの滑らかさを実現できます。

じゃあ、速く加速したいとき。楽しみたいとき。
シフトチェンジはパドルシフトで。パドルシフトを使うとシフトノブに比べて断然速い変速をやってくれます。変速時にアクセルを緩める必要もありません、その方が速いです。

この車の魅力は一杯あると思いますけど、AGSもその一つだと感じます。ホントAGSってMTとATのいいとこどりです。メンドくさいときハンドルに集中したいときはDモードで。助手席に座る大切な人の為、滑らかに運転するときはMモード(シフトノブ)。楽しくアグレッシブに走りたいときはMモード(パドルシフト)。

確かに癖はありますけどー、買って乗ってる人ならAGSの素晴らしさがわかりますよね?
是非ともこのAGSが市民権を得ることが出来ればいいなと願っております。

無駄に長く、拙い文になってしまいましたが、以上になります。

追記
私的にこの車大好きなので、AGS以外のところも書こうかなと。

まず外観ですが気に入っています。最初新型アルトが登場したときはダサいと思ってしまいましたが、今ではあのデザインが好きです。ターボモデルは派手なカラーリングにメッキで好き嫌い別れるところだとは思いますが、気に入らなければ後からどうとでもなります。デカール剥がし、ドアミラーカバー交換、メガネカラー変更、その気になれば色々できます。

内装は安物で構成されていますがデザインは好みです。むしろ最近のうねうねした立体的なダッシュボードよりも直線的でしっくりきます。
ボタン類もシンプルで使いやすくていいですね。
ただMモード時に外気温表示スイッチなど一部のボタンがシフトノブで隠れて見えなくなるのはちょっと使いにくいかな。
たしかに収納は少ない車ですが、私は車に生活感を出したくない人なので、見える収納スペースには物を置かないので問題なし。これ以上収納スペースがたくさんあってもホコリが溜まりやすくてむしろ嫌です。シンプルな構成なので掃除が楽ちんで清潔感を保ちやすいですね。

リアシートが分割で倒せなくて困ったことが一度だけありましたが。これも軽量化を考えると仕方ないのかもしれません。

静粛性を求める車ではありませんが、たしかに相当ノイジーです。特に高速道路では煩くて、オーディオの音量も上げてしまうので耳が疲れます。静音化も考えたことはありますが、半端な対策程度では雀の涙と思い諦めました。静粛性を求める方はキャストスポーツにいった方がいいと思います。

走りに関しては素晴らしいです。こんなに楽しい車がこの価格で、しかも昔の軽と違って安全なボディも奢られており、ガチでサーキットを走り込む程ではないけど走行性能に拘りのある方には最高のコスパだと思います。

やはりMTベースなので、アクセルレスポンスが良く、ロックアップ付きトルコンにはない魅力があります。そりゃ絶対的な性能で言えばDCTには及びませんが、操ってる感においてはこちらが上です。ただしドライバーは常に車と対話しながら運転しなければなりません。

エンジンも超ご機嫌で、特に低速からのトルクがあるので、二人乗車までなら軽自動車とは思えない加速フィールです。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
岡山県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった124人(再レビュー後:57人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マッド☆ナッキーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

【エクステリア】
普通のアルトとターボRSの違いが
ほどよく出てて
とてもいいと思います

この型のアルトの為に開発されたボディカラーのピュアレッド
とてもいいカラーだと思うのですが
ピュアレッドのターボRSは街中ではほとんど見ません

【インテリア】
ブラックのインテリアにレッドの差し色
ボディカラーもレッドですのでとっても良く似合いスポーティーなインテリアです(ただ値段相応の安ぽさはあります)

【エンジン性能】
時々マニュアルモードで(2速3速で)7千回転まで回していますが
楽しいです。ターボRSの真骨頂だと思います

【走行性能】
軽さが武器ですね
ヒラヒラ曲がっていると
これもまた楽しいです

【乗り心地】
余りいいとは思えないですが
これも値段相応かと
(以前試乗したワークスは凄い乗り心地でした…)

【燃費】
街中は16〜17km
高速主体だと20km

前に乗ってた(3代目)スイフトとほぼ同じ
まぁこんなものか…

【価格】
この性能でたったの130万!
安い!素晴らしい!
でも後5万円上げていいからもう少し静かな車にして欲しかった(笑)

【総評】
走っていると
メカニカルノイズ、ロードノイズ、内装のキシミ音、窓のガタガタ音と
いろいろな音が聞こえます
嫁のワゴンR FZとに乗るとワゴンRが高級車に思えるほど
でもターボのブローバルブ?の音“プシュー”は好きなんです(笑)

AGSも微妙は微妙
最初は面白がって常にマニュアルモードでガチャガチャ走っていましたが
ドライブモードのほうが圧倒的に燃費がいいし
ガチャガチャ走るのも飽きてくるので
最近はドライブモードでまったりと走っている
ただドライブモードでスムーズに走るにはエンジン音を聞き回転数をイメージしながら右足でのアクセルワークを駆使しなければいけないので
正直ちょっと面倒
『ワークスAGSもあるのでターボRSは(アクセルワークが楽な)CVTがあってもいいのに…』
と思ってしまう

家の周りが急な坂道なのでドライブモードで
登り坂をゆっくり走りながらアクセルワークを油断すると
一瞬失速したりして(多分瞬間半クラッチになる)
ちょっと焦ったりする

リアシートが広く(スイフトより圧倒的に広い)女性、子供なら全く問題無し

ボディが小さいしリアカメラも付けたので取り回しが凄い楽
どんな駐車場でも怖いもの無し

若干の不満もありますが
車好きの(貧乏な)オジサンが乗るにはなかなか面白い軽自動車だと思います
ダイレクト感とかターボRSしかないものが沢山あります
(ワークスは疲れそうですし)

ボディカラーで迷っている方
ピュアレッドがカッコいいですよ〜
お勧めです

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
兵庫県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wisemapさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
試乗車上がりを購入したので好き嫌いは関係なく黒
購入後に赤のドアミラーカバーが許せず、社外のメッキカバーに交換
もともと実用車、そんな中では頑張っているスタイルだとは思います

【インテリア】
チープと言う人も居ますが
値段を考えてください。また軽さが命の車です
プラスチッキー上等です。軽量化と価格を抑える為と
割り切ればシンプルで良い内装です。
ただドリンクホルダーだけは納得いかない
最近の軽らしくない

【エンジン性能】
軽量な車体のおかげで十分過ぎる力持ち
実用ノーマル状態ならK6より設計が新しいだけ
燃費もよくていいエンジンです。

【走行性能】
賛否の否が多いAGS
走行していて交差点の真ん中で1→2になると
一瞬パワーが途切れアクセル踏んでも
レスポンスが遅れます。ハンドルの舵角によりシフトアップしない
設定とかできないのかと思います。
AGS以外は小さなスポーツカーと言って良い乗り味です。

【乗り心地】
ハンドルは接地感があり、固めの乗り心地ですが
ちょうどよいのでは
もっと硬くの人はワークス行くし、AGSは買いません。
実用の中で少しスポーティと言う味では?

【燃費】
だいたい18kmくらいが多いのでは

【価格】
最近はどんどん車の価格が上がってしまっている中
安全装備(20キロくらいじゃないと止まれないレーダーブレーキ)
がついてこの価格はバーゲンプライスではないでしょうか

【総評】
200万以上を出さなきゃS660やコペンを買えない中
キャラクター違いですがこの価格でこの車をリリースした
スズキに感謝します。
RSにもMT出してほしいですね。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wktyouさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:1419人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5
   

アルトワークスも塊感が高い!

   

アルトワークスといい、この車といいスズキはコスパが良い!
試乗した際の動画はこちらから!
https://youtu.be/cgMDRh_chsM

【エクステリア】
ノーマルのアルトに比べて塊感が高まっていて非常に良いです。
安っぽさがないため駐車場に停まってたらついつい見てしまいそうです!
走り屋的なイメージのあるサイドにあるラインは好き嫌いが分かれそうです。

【インテリア】
一言でいえば超シンプルです。
後部座席は広く、ゆったりできます。
運転席はコックピットを思わせる凝縮された空間になっています。
シートはかっちりしていて運転する気分を高めてくれます。

【エンジン性能】
うなりまくる車だと思っていましたが、
低回転からすっとスピードが出ます。

【走行性能】
ふらふらせずハンドルをチョロチョロ動かす必要がありませんでした。
AGSが運転を楽しく感じさせるのが特徴です。
CVTの車しか運転したことがない人は戸惑うことうけあいです。(笑)
しかし、すぐ慣れると思います。

【乗り心地】
かなりしっかりしています。
車重が軽いというのは走行、乗り心地に大きな影響を与えることを認識出来ました。

【燃費】
試乗のため無評価です。

【価格】
質感とコスパが高いのは、
アルトワークス〉アルトターボRS〉アルト
ですね。

【総評】
総じてコスパが高いです!

ただ、MT.AGSに違和感が残る人やMTが苦手な人はアルトをオススメします!

なぜスズキはここまでコストパフォーマンスが良いのか不思議になるほど良い車です!

AGSは必ず乗ってから買うことを推奨します!

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

iwa03R6さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
245件
スマートフォン
3件
26件
カーナビ
1件
25件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
アバルトみたいな感じが気に入り白を購入しましたが気にっています。
強いて言うとシルバーのメッキがない方が良かったです。

【インテリア】
軽自動車でも高額な方なのでインテリアには十分です。できればステアリングの前後調整機能があれば完璧だったかと。
また積載性も十分で箱的なデザインなのでトヨタ アクアよりたくさん詰めました。あとはリアシートが分割で
倒れればより使い勝手が良くなるのですがね。

【エンジン性能】
660ccでもターボあるので十分です。高速でもリミッターがかかる140km/hまでそれほど
ストレスなく加速します。

【走行性能】
低速でのAGSが気になる程度であとは問題ありません。そもそも通勤は高速道路の比率が多いので
それほど気になりません。

【乗り心地】
乗り心地はちょっと硬いかも、それよりもタイヤのロードノイズが気になります。

【燃費】
高速道路メインの通勤では大体21キロをちょっと割る程度です。少し速度が落ちる首都高などでは22キロまで上がります。

【価格】
車両価格(130万円)ということを考慮すると大満足です。

【総評】
軽自動車が初めてということもあり高速道路での性能なのど少し不安でしたが自分の使い方ならば
まったく問題ないです。細かいところをあげればリアの分割やステアリングの前後調整機能などが
あるとより便利ですが無くてもどうにかなっているので。

あとは車両価格および部品価格も安いので今までより高めのブランドを選ぶようになってきました。
すでに標準夏タイヤは捨ててしまい、春にはレグノの軽自動車専用のやつを買おうかと考えています。
アルミも奮発して鍛造にするかもしれません。

とにかく軽自動車はお財布に優しいということを実感しています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年11月
購入地域
埼玉県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バザー男さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
マッサージチェア
2件
0件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】 メガネスタイルは嫌な人と好きな人に分かれると思いますが個性的で自分的には好きです。
使用してみると軽量化の煽りかドアを軽く閉めると他の軽四に比べると半ドアになりがちです。

【インテリア】  正直チープですが価格から見ると納得ですかね。インパネ周りなどはスッキリとしていて好きです。
※但し、試乗では気づかなかった点が一つ……夜になると白のメーターがとても映えるのですが、特に雨の日には室内正面のメーターが明るすぎるため視界が悪くなります。
そしてバックミラーにも自分の顔がハッキリと映るので対向車にも顔がライトアップされて不気味ではないかと…。
メーターの照度コントロールがあれば対応できるのですが付いてなさそうなのでスモークのアクリル板を加工して上からつけるかフィルムを貼りたいと思います。
※調べたら調光できるかもなので夜になったら試してみます。
【追記】昼間にメーターにあるツマミを押すとオド、トリップA、トリップB、瞬間燃費、平均燃費、走行可能距離が表示されますがライトを点灯した状態でツマミを押すと上記に加えて□□□□(四角が四つの表示)が出てきます。
これで□一つから四つまでの3段階で調光出来ました。

【エンジン性能】 賛否の分かれるAGSはCVTやオートマメインの方には乗りにくい代物ですがミッションに慣れた運転好きの方ならクラッチがないだけで3ペダルと同じようにアクセルを抜いてやり、パドルシフトで操作すれば変速ショックも気にならないレベルでとても楽しいです。
遊べる感じがよく、尚且つ自分のように自分専用車ではなく家族にオートマ限定免許の方がいて、ミッションは購入したくてもしにくい方にはちょうど良いかと思います。
因みにオートマ限定免許の娘も初日で感覚は掴めたようで、1速から2速へのギアチェンジもアクセルワークでショックを感じなくなりました。

【乗り心地】 以外とソフトな感じで正直乗り心地が良いということはスポーティー感が半減している感じです。
それでも試乗レベルでさほど減速せずにコーナーをまわっても接地感はしっかりと安定していました。
アフターパーツも沢山でそうですし。
※それでも家族からはゴツゴツしていると言われますが…。

【燃費】 試乗車でリッター17k程度でしたが、このエンジン性能でこれだけ走れば十分ではないでしょうか?
まだまだ走行50km程度ですがリッター17kmを越えてきています。
街乗りがほとんどなのでこんなもんでしょう。
【追記】現在、走行150km、ほぼ街乗りでリッター18kmを越えてきました。

【価格】 これはいわずもがなですかね。

最後に4月頭に注文した時には納期不明でしたが1ヶ月チョイ位と言われてたので5月中には納車を期待していたのですが6月中旬になるとディーラーより連絡が入りました。
メーカーが予想したよりも受注が伸びているとのことでした。
結局、納車は6月の第3週目となりましたので約2か月半かかりました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年6月
購入地域
石川県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マートッチャさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
21件
デスクトップパソコン
0件
14件
AVアンプ
0件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

55歳のおっさんです。勤続30年、結婚20周年、そして20年間往復45kmを自転車通勤した自分へのご褒美として購入しました。
通勤用として、小さく・速く・安全・経済的で楽しいセカンドカーを探していました。
発売前の3月初に注文し、4月18日納車されました。我が家のカーラインナップ[ファーストカー:'09 プレマシー2.0S(5ATパドルシフト)、妻:'13 スペーシアカスタムターボ(CVT)、息子:'14 ワゴンRスティングレーSエネチャージ(CVT)]と比較してレビューします。

【エクステリア】
当時は経済的に買えなかったアルトワークスを彷彿させるレトロ調で愛嬌がある外観で、我が家全員に好評です。
白を購入しましたが、赤いドアミラー(ちゃんちゃんこ)、ルーフエンドスポイラー(頭巾)、ロアガーニッシュ&サイドデカール(座布団)が、ちょっと早い還暦の祝いの様だと、81歳の母にも大好評です。

【インテリア】
価格的にはシンプルで妥当ですが、RSならスティングレー並の質感と装備は欲しいところです。
ルームランプがフロントのみでリヤがない為、夜の荷室が暗くて見えません。
アームレストも欲しいですね。(我が家でないのはRSのみ)

【エンジン性能】
改良型R06Aターボエンジンですが、改良前のスペーシアターボと比べて差は分りません。
スペーシアの前にワゴンR/RR(K6Aどっかんターボ)に15年間乗っていましたが、R06Aは静かでマイルドな大人のターボって感じです。
RSは廉価版のアルトらしく遮音性が不十分の為、エンジン音がとても五月蠅いです。特にアイドリングストップからの再始動騒音は興醒めものです。
一方、スティングレーSエネチャージ(簡易ハイブリッド)ISG再始動の静粛性は感動ものです。軽自動車では最高ではないでしょうか。

【走行性能】
流石にキビキビ良く走ります。背の高いスペーシアやスティングレーに比べてコーナリング性能・高速安定性は格段に上で、運転がとても楽しいです。
RS(AGS)の100km/h走行時のエンジン回転数は3400rpmと他のCVT車の2500rpmよりかなり高いですが、静粛性は遜色ありません。風切音が小さいからでしょうか???
(CVT車は登り坂のちょっとした負荷で回転数が上がってしまうし、背の高さは横風にハンドルを取られて恐怖すら感じます。)
RSの一番の問題点はやはりAGSですね。賛否両論あり、購入検討で唯一躊躇した点です。
AGS(AMT)はAT車に分類されていますが、これはあくまでも自動運転が出来るMT車と考えた方が良いと思います。
MT車を乗りこなすだけの技量(アクセル操作・シフト感覚)がない人には、大変乗り難いミッションです。
CVTにはない加速のダイレクト感とワインディングロードでのシフト操作の楽しさは格別ですが、市街地走行は大変苦手です。
スタート発進時のエンジン音の五月蠅さ、1速から2速の繋がりの悪さ、低速(クリープ)走行時のギクシャク感 等、普通のAT車のつもりで乗るとこれほど不快な車はないでしょう。
RSのAGSの良い点は、ドライブモードでもマニュアル操作が可能なこと。
(シフト操作すると一時的にマニュアルモードに切り替わり数秒後自動モードに戻る。)
このため、本格的マニュアル走行以外はドライブモードだけで運転可能です。
(プレマシーはマニュアルモードにしないとパドルシフトが使えない)

【乗り心地】
スペーシアやスティングレーよりは固めですが、スポーティー車としては柔らか目で乗り心地も悪くありません。
ファミリーカーのプレマシーの方が固めでスポーティー感が強いです。(流石ズームズームのマツダ)
室内は十分過ぎるほど広いです。178cmの自分がポジショニングしても後席レッグスペースは握り拳2個分ほどあります。(新型デミオよりずっと広いです。)
但し、座席を身長に合わせると、ハンドルが遠過ぎます。チルトだけではなくテレスコでもう10cm手前にハンドルが欲しいところです。
(プレマシーは当然テレスコも付いてベストポジションが執れます。流石マツダ!)

【燃費】
今まで2500km走行した平均燃費は 24.0km/L(22.1〜25.3km/L)です。
信号の少ない郊外での通勤が主です。同条件での燃費比較をやってみました。
(通勤45km/日×5日=225km走行の平均燃費)
      車種      :実燃費/(JC08燃費)=達成率
'15 アルトターボRS(5AGS)  :25.3km/L/(25.6)=99%
'14 スティングレーSエネ(CVT):26.5km/L/(32.4)=82%
'13 スペーシアCターボ(CVT) :21.7km/L/(26.0)=83%
'09 プレマシー2.0S(5AT)   :12.6km/L/(13.5)=93%、

AGSはCVTより実燃費が良く、ほぼカタログ値通りでした。
NA(ノンターボ)のスティングレーSエネチャージ(簡易ハイブリッド)と同等、プレマシーの2倍走ります。
通勤のガソリン代が節約出来て家計が助かります。

【価格】
これだけの装備・性能、しかも自動ブレーキまで付いて129万円は破格値だと思います。
MT設定がないと不評ですが、MTでは自動ブレーキの設定が出来ません。
自動ブレーキを標準装備にし、コストを徹底的に下げる為、ミッションをAGSに一本化したとスズキ販売店員さんが言っていました。(納得!納得!)

【総評】
MT設定を望む人が多い様ですが、自分はRSにMTは不要と考えます。
アルトターボRSは所詮スポーティーな実用車で、決してスポーツカーではありません。
MT運転がしたいならAGSで十分です。
MTよりもRSには、普通のAT・街乗りに適したCVTの設定を望みます。
自分は、小さく・速く・安全・経済的で楽しいセカンドカーを探していましたが、決して廉価車を望んでいた訳ではありません。
RSには、CVT・パドルシフト・クルージングコントロール・Sエネチャージ(簡易ハイブリッド化で燃費36km/L以上)・ステレオカメラを付けて是非150万円以下で販売して貰いたい。
(要するに今のスティングレーターボにSエネチャージ/ステレオカメラ搭載、軽量化/低車高化した車が欲しかった)

何れにしても、現時点では、アルトターボRSが、マイ・ベスト・セカンドカーです!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
静岡県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54人(再レビュー後:46人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夢追いゴルファーさん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

近所に試乗車が無く、遠路往復54km走って試乗しました。

買換えを前提とした試乗なので、現行車スイフトXGリミテッドU(5速MT)と比較してみました。

一番の興味は、軽量ボディとターボエンジン&5速AGSミッションの操作感です。

@パワーウエイトレシオ
・スイフト車重1000kg/馬力91ps(6000rpm)/トルク12k(4800rpm) レッド6300
・アルトターボ 720kg/馬力64ps(6000rpm)/トルク10k(3000rpm) レッド7000

運転者70kg乗車としたパワーウエイト
・スイフトXG 11.76kg/ps
・アルトRS  12.34kg/ps

アルトの低中速トルク特性が、2速&3速ギアでの加速感が気持ちよい。
スイフトは最大トルクが4800rpmなので、上まで回す必要がある。

A5速AGS
MTでも1速から2速へのシフトUPが一番難しい。坂道発進はなおさらである。
すぐにレッドゾーンに達する為に、2速ギアとシンクロさせる回転数に合わせ損なうとギクシャクする。
AGSは自動で行いますので、当初は人間の感覚とズレが出ます。

アクセル操作の慣れにより、この現象は解決できます。尚2速以上のシフトUPは問題ありません。
減速時には回転数を合せるブリッピング動作が自動化されています。これが心地よい。
MTモードのパドルシフトの使用は、MT感覚を最大に楽しむことができます。

市街地ではDモードで早めのシフトアップし、低回転でのトルクフルな走行。
郊外やワインディングでは、MTモードでパドルシフト使用の小気味よい4速&3速ギアによるエンジンのダイレクト感を味わうのが楽しそう。

トルコンATやCVTは発進の操作はスムーズですが、回転数の高い領域での操作には難点があります。
すべる感じが強いトルコンAT,回転数が上がらずいらいらするCVTとこちらも欠点があります。

B乗り心地
2段階のチルトステアリング機構は試したものの、シートリフターは操作しませんでしたが、試乗車はハンドルが遠く感じられ、リフトが高かった気がします。短時間の試乗の為そのまま試乗しましたが、心残りでした。

足回りに関しては、スイフト並のサスペンションのようですが、試乗コースでは判りませんでした。

市街地走行では、5速AGSがエンジンダイレクトの為、どうしても回転数を上げてしまいます。すぐ法定速度に達してしまい、次の信号で停止。また発進加速でエンジン回転上昇。CVTでは感じなかった騒音を感じます。

スイフトXG(5速MT)では、1速2500回転、2速2100回転・・・・5速1600回転で60km/hです。
しかもこの回転数では非常に静かです。一番の違いは、市街地走行での騒音の差でした。コンパクトの質感というか、走行におけるトータルの味は別物のであると感じました。

アルトターボRSはついアクセルを踏んでしまう気にさせられます。回せるエンジンです。
郊外走行では、4速&5速ではもっと静かで、エンジン音も小気味よいものと想像できます。

C価格
・スイフトXGリミテッドU(5速MT) 118万円(8年前)
・アルトターボRS(5速AGS)    129万円
大分自動車の価格が高くなった。(消費税か)

D買換え候補か
私の主な用途は週1回ゴルフに出かけることです。早朝出発一般道で片道90km程度は時折走行します。ゴルフ場は郊外や山間部にありますので、ワインディング道路を走行することが多いです。この時にアルトRSがどうかと試乗しましたが、スイフトRSの方も検討しなければと改めて思ってしまいました。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安くて結構!さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:677人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
   

試乗の景品、プルバックカー

   

X・4WD・CVT と同時試乗です。
普段はダイハツ・ソニカ・2WD・RSリミテッド に乗っています。
舗装路、平坦、短時間での試乗ですので悪しからず。

【運転席】

 ソニカの眠くなるような着座姿勢よりアップライトで良いです。シートはRS専用でXよりホールド感・質感ともに高し。ソニカより視界は下に狭いですね。左折時に縁石とかガードレールとか見えにくい。ワイパーアームが目障りなのと、フェンダーポールに電動伸縮タイプがないのも残念。インパネがプラスチッキーなのもスズキらしいです。エアコン吹出口の赤い輪っかは子供っぽいのでやめて!スペーシアやワゴンRより全体的に安っぽいインパネです。

【後席】

 広さは十分。視界も良し。ただしホールド感はプア。短時間乗車や初めて子供を乗せるクルマとしてはいいですが、後席に大人を乗せる予定のある人が買替え用のクルマとしてアルトを選択するのはどうかと。リアシートピローこそ付きますがシートバックも左右席一体可倒なので、3人乗車+荷物という使い方ができないですね。
 ソニカの後席を知ってしまうと他の軽やスモールカーが全てヤスモノに見えてしまいます。

【乗り心地】

 XもRSも予想以上に良いです。この扁平率のタイヤで良くこの乗り心地を。

【操縦性】

 5AGS任せにするか、パドルシフトするかで豹変します。やはり昔の出来の悪いステップシフト3ATとは違って5速もあると1速から2速に変わるタイミングが分かりづらいです。自動モードは慣れが必要ですね。2速発進はシフトレバーでしか操作できません。パドルシフトは必ず1速での発進になります。手動モードでも速度が下がり過ぎたら自動でシフトダウンしますし、逆に速度が足りな過ぎてもシフトアップを自動で抑制します。アクセルを踏み込んでるぶんにはシフトアップしません。シフトダウン時は自動でブリッピング(クラッチミート後の変速ショックをなくすためのエンジン回転合わせ)してくれます。

 ハンドリングはRSよりXの方が落ち着きがあって良かったです。これは4WDの効果だと思います。
 出足の軽快感もソニカよりRSよりXの方が良かったです。これはクリープの強さとCVTの出来のよさだと思います。坂道とかでも全くギクシャクしません。5AGSの自動モードよりXのCVTの方がスムーズなのでクルマ好きでないならCVTをお勧めします。

 5AGSを手動モードにすると豹変します。変速タイミングは自分!アクセル踏み込むとやべえやべえ!!軽最速は間違いないでしょうな。

 ペダルが踏みやすい位置までシートを調整するとハンドルが遠い。長時間走行で腕・肩が疲れるのは目に見えています。緊急にテレスコピックを装備してください。

【デザイン】

 子供っぽいのが嫌ですよね。ヘッドライトはアクが強すぎて、映画ターミネーターに出てくるT-800型サイボーグのようです。白いボディに赤いミラー強制ってのが更に嫌です。ミラーはオプションで白に交換できますが、更に値段が上がる。ディスチャージはバルブ交換で高く付くので、デザイン的にも大きな丸目になる通常グレードの方が私は好きです。

【結論】

 XもターボRSもVPと変わらず質感はそれなりです。“安くてキビキビ”がアルトの売りではないでしょうか?
余計な装飾を減らした廉価グレードが欲しいです。ターボF、100万円!!を希望します。

 燃費も軽快感もアルトターボRSの方がいいでしょうが、ソニカの質感も捨てがたく、まだ買い替えるには早いと思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DT1025さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
34件
バイク(本体)
2件
9件
タブレットPC
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

ターボRS、短い時間ですが試乗しましたので、感じたことを書かせていただきます。

外観は好き嫌いがあるので評価なしとします(わたしは好きです)

内装ですが実物はちょっと安っぽいかな?カタログではもうちょっと良く見えたんですがね。
あと右ひじのスペースがちと狭い。内張りをもっとえぐればいいのに、なぜここで手抜きした?って感じ。
メーター周りももうちょっと気分が上がるデザインにしてほしかった。

リアシートですが広さは充分なんだけど、背もたれがもう少し寝てた方がいいかと思う。
問題はRヘッドレスト。下げたままだと肩に当たるし、かといってあげると高すぎだしリアの視界が極端に悪くなるのがちょっと無しかなと。中間にもう一段止まる場所があればかなり解決するのに詰めが甘いぞスズキくん!

さて肝心の走りです。

皆さんの指摘どおりスタート時のクラッチのつながりが遅く回転が上がり気味なのが気になりますね。
ただ、坂道発進や雪の積もった道など負荷のかかる場面も想定しなければいけないので、まあ仕方ないのかなと思います。

そして1速から2速のシフトアップ時の抜けた感じも皆さんの指摘通り、ちょっと意表を突かれる感じでした。
だだし慣れればアクセルワークである程度コントロールできそうですし、乗り方次第じゃないでしょうか。
その他のギアはさほど違和感を感じることは無かったです。
加速はきっといいのでしょう。短い時間の試乗では試しきれませんでした。
Xに乗った得はエンジン音がうるさいと思ったのですが、ターボは結構静かでしたよ。
下り坂の信号停止でパドルシフトを使ってみました。いい感じで気持ちよく変速されます。

足は結構硬い。
なんだか若いころスプリングやショックを固めて喜んでたころを思い出して思わずにやけてしまいました。
路面の良いところばかりを走っていたので実際どうかははっきりいえないですが、なんか楽しそうです(笑)

4駆でスタッドレス履いての試乗ですので、2駆で夏タイヤならもっと走りも乗り心地もハードになるのかも知れないですが、今回試乗して感じたことを書いてみました。

オートマでアクセルコントロールなんてめんどくさいと思う人はAGSはやめたほうがいいです。
売れ行き次第ではMTも出そうなのでそれを期待して下さい。
わたしは面白くて好きですね♪














乗車人数
2人
使用目的
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
北海道

新車価格
140万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

アルト ターボRS
スズキ

アルト ターボRS

新車価格:129〜140万円

中古車価格:49〜130万円

アルト ターボRS 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <52

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アルトターボRSの中古車 (229物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意