スズキ アルト ターボRS 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > アルト ターボRS 2015年モデル

アルト ターボRS 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:アルト ターボRS 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ターボRS 2015年3月11日 ニューモデル 43人
ターボRS 4WD 2015年3月11日 ニューモデル 7人
満足度:4.48
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:52人 (プロ:1人 試乗:16人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.09 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.56 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.65 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.48 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.22 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.57 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.65 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:122件
  • 累計支持数:687人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地2
燃費5
価格5

【エクステリア】
ベースのアルトが好きでは無いのでイマイチに思います。
横から見たデザインは良いですが、ドアノブの形状とペラペラ感のある垂直なフロントライト周りの形状と、夜間に尾灯だけ見ると商用車かと思うようなリアのデザイン。

エクステリアがラパンのラパンターボRSってのがあれば最高なのですが。。。


【インテリア】
インパネ上部が水平になってるし、メーターもセンターでは無くハンドルの奥にあるのでその点は良いのですが、一言でペラペラしてます。

インパネも上面を押すとペコペコ凹むし、ドアの内装トリムも凹みます。

ただ、シートは見た目以上に肌触りと座り心地が良かったです。

あと、車内は前後方向には広くてリアシートもかなり広いですが横方向には狭いです。

肩がシートベルトの付け根の柱に当たりそうな感じです。
そしてドアのアームレストが小さいし幅が細過ぎて膝を置くと言う点については男性は少し厳しいです。


【エンジン性能】
これは満足です。
AGSなので、どうしてもスムーズに発進しようとすると1から2速に切り替えるまで遅く感じますが、その後はグイグイと加速して軽自動車とは思えない加速でした。

普通軽自動車はターボ付きでも80から上は穏やかになる印象ですが100km/hも単なる通過点という感じでメーターの針がグングン時計回りに進みます(笑)

高速道路も軽自動車にしては超余裕でした。


ただ、5AGSは面白いとは思いますが長時間の運転ですと疲れます。
特にDモードは加速してシフトアップ時にアクセル緩めればショックは少なくなりますが全体的にシフトアップスピードが遅く感じ、結果自身でMモードでシフトアップする方が変速ショックも少なく尚且つ素早いシフトアップが可能でした。

しかし渋滞時はやはり最悪で超ギクシャクしました。
スムーズに加速しようにも前後にユッサユッサしながら進む感じが不快でした。
Mモードでも変わらずAGSは2速まではギクシャクする仕組みみたいですね。

一応クリープ現象みたいなのもありましたが、ブレーキで速度調整が上手く出来ません。
こんな乗りにくい車は初めてでした。


【走行性能】
これはビックリする感じで、軽で背も150近くあるので、、、と思ってましたが、スイフトに近い感じでスイスイ曲がります。

現行ラパンでも感じましたが、スズキの車は全体的にコーナーリング性能が良いというか曲がるのが気持ちいい車種が多い気がします。


【乗り心地】
正直言うと軽自動車だなぁと言う乗り心地でした。

全体的に硬めでそれは嫌いでは無いのですが、軽自動車特有の跳ねる感じがあります。

同じ軽自動車でもN BOXはシットリしてたので、車体が軽いデメリットな部分なのかな?と思います。
乗り心地に関しては軽い車は不利ですね。

カーブの途中に有る赤い横縞が入った路面、ドッドッドッドッと突き上げてきて胃が気持ち悪くなりました。。。


【燃費】
かなりぶん回して遊んで大渋滞に引っかかったにも関わらず17km/Lとは恐るべしです。


【価格】
質感面を抜きにしてデザインも気に入れば当時の新車価格は安いと思います。


【総評】
今まで乗ってきた2010年以降の軽自動車で一番速く感じました。

体感的にもS660より加速性能は良いと思います。

そして背もそこそこあるのにコーナーではクルクル良く曲がるし、小さいスイフトに感じました。


ただ、車内はかなり騒がしくてビックリしました。
どちらかと言えばS660の様な騒がしさです。

エンジン音は煩いしロードノイズはとんでもないし。
とにかく遮音性能はダメダメに思いました。


大人四人がしっかり乗れて、走って楽しい車が欲しいならダントツおすすめな車に感じました。

と言うか、この車はもう販売してませんけど
今ならアルトワークス以外考えられませんね。


アルトワークスのAGS車ってなかなか無いですが、アルトワークスAGSも試乗してみたくなりました(笑)


同乗人に気を使う必要なく1人で乗るならとても楽しい車だと思います。

ただ、タイトルの通りAGSのギクシャク感で渋滞時に前後にユサユサ揺すられたり、硬い乗り味で長時間休憩せずに運転してると気持ち悪くなってくるので気を付けて下さい(笑)


あと欲をいえば、AGSはMTモードで2速発進出来たら良かったと思います。

コンビニから出る時や右左折の時、ステアリング切った状態でシフトアップするの大変です。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Xperiaに失望さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
カーナビ
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

ストラットタワーバー、溶接打ち増しボディ、デァスチャージライト、メッキ内ハンドル、ポテンザ、シートヒーター、オートエアコン、バックカメラ、レーダーサポートブレーキ、ワタナベ風ホイール、専用デカール、専用内装、チルトステアリング、シートリフター、パドルシフト、インタークーラー付きターボエンジン、アイドリングストップ、ピアノ調ブラック内装パネルなどこれだけ付いてノーマルアルトと10万円差しか無いのは安過ぎます。
これでスズキさんは採算取れてたのでしょうか?
ハイパワーでボディー剛性も高く、ハンドリングも抜群でその気になればパドルを操作するだけでいきなりマニュアルモードが楽しめます。
峠も楽しめますし高速道路では安定した高速走行が楽しめます。この車は走ってこそ良さが解ります。
しかし普段の通勤の渋滞道路は地獄です。ブレーキが重くて疲れてる時は踏みたくなくなります。
AGSはアクセルワークをデリケートにやれば快適に乗れますが荒っぽく踏むとカックン地獄が待っています。フィアット500やポロもそうですがシングルクラッチのATの欠点はやはりどうしても気になります。
正直CVTやトルコンATが楽です。
後燃費は思ったよりは良いです。
内装の質感やドアの薄さと軽さは思いきりベース車のアルトの安っぽい感を感じます。
室内は収納も少ないですね?
ファブリックシートはホコリが付きやすくボディーも塗装が弱くて1年半程で一部の色がガラスコーティングしているにもかかわらず剥げて来ました。この車はボディーコートをしない事をお勧めします。
加速については軽さが働いて素晴らしい加速をします。他の軽はこの車に追いつけません?それこそがこの車の醍醐味です。
前方の車に追突して廃止になりましたがレーダーブレーキサポートは全く作動しませんでした。
マイナーチェンジで廃止になった事もありワークスを次に考えていましたがハスラーを買ってしまいました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
熊本県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

無限発動機xさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
35件
自動車(本体)
1件
21件
レンズ
5件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格5

社用車のアルトのありえないくらい駄作としか思えなかったAGSが見違える程良い出来になっています。最初からこれならこんなに各所で叩かれなかったはずなのに…。
個人的にはもう一台がMTアテンザ、前車がFDなのでクリープないのも嬉しいです。
加速は思いの外微妙。前のセカンドカーはダイハツのソニカでしたが、あちらの方がぐんぐん加速してる感覚がありました。数値的にはこちらが上でしょうし或いはそう感じないだけの洗練された処理なのかもしれませんが、ドッカンの方がやる気にさせるのかなあ…。
オートライト、自動格納ミラー、衝突軽減ブレーキ、前席シートヒーターと快適装備充実していて、ユーティリティは良いです。一応チルステもありますし。MOPのバックカメラはリコールされたアテンザよりも広角で映りもくっきり、ライン表示も良好です。DOPのエンジンスターターも高すぎですがアンサーバック付きで良い感じ。
道具としては優秀、遊びとしては残念という印象です。アルトに関してはNAは選らんではいけないですね。RSでも他社と十分戦える価格設定な上に若干リセールも良いので総じてお買い得だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

faytasoさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PC用テレビチューナー
1件
6件
カーナビ
1件
6件
スマートフォン
1件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア1
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格4

【エクステリア】
発売当時は最悪のデザインと思いましたが、慣れたら、それなりに格好が悪いくらいに見えてきました。
でも、格好良いとは言えず、格好悪いとは思います。

【インテリア】
シンプルですが、特に気になりません。

【エンジン性能】
3気筒であることは感じます。しかし低回転からターボが効きますし、軽量なのでそれなりにトルクを感じます。

【走行性能】
足が適度に固いですが、良い感じです。ワークスは固すぎると感じましたので。

【乗り心地】
適度に固いですが、乗り心地は悪くなく良いバランスだと思います。

【燃費】
丁寧に乗って25km/L、荒い乗り方で24km/Lくらいです。
かなり良い方だと思います。

【価格】
新古車で購入したので、新車である程度引いてもらうよりは安く買えました。
しかし昔に比べて、自動車だけは順調に値上がりしてるなあ。とは感じます。

【総評】
この車を選んだ理由は、下記を総合的に判断した結果です。
・AGS→DCTの方が良いが、軽では対象車種が無いので
・軽量→良い影響が大きい
・税金を含めた維持費→必然的に軽を選択する事になりました
・剛性の高さ→軽量かつスポットの増打ち等してあるので
・乗り心地とスポーティーさのバランス加減→ワークスは足が固すぎて乗り心地が悪すぎる為

外観はお世辞にも良いとは思えませんが、上記の理由より購入しました。
各採点はちょっと厳し目ですが、価格を含めたパッケージとしてはかなり良い車だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マッド☆ナッキーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

【エクステリア】
普通のアルトとターボRSの違いが
ほどよく出てて
とてもいいと思います

この型のアルトの為に開発されたボディカラーのピュアレッド
とてもいいカラーだと思うのですが
ピュアレッドのターボRSは街中ではほとんど見ません

【インテリア】
ブラックのインテリアにレッドの差し色
ボディカラーもレッドですのでとっても良く似合いスポーティーなインテリアです(ただ値段相応の安ぽさはあります)

【エンジン性能】
時々マニュアルモードで(2速3速で)7千回転まで回していますが
楽しいです。ターボRSの真骨頂だと思います

【走行性能】
軽さが武器ですね
ヒラヒラ曲がっていると
これもまた楽しいです

【乗り心地】
余りいいとは思えないですが
これも値段相応かと
(以前試乗したワークスは凄い乗り心地でした…)

【燃費】
街中は16〜17km
高速主体だと20km

前に乗ってた(3代目)スイフトとほぼ同じ
まぁこんなものか…

【価格】
この性能でたったの130万!
安い!素晴らしい!
でも後5万円上げていいからもう少し静かな車にして欲しかった(笑)

【総評】
走っていると
メカニカルノイズ、ロードノイズ、内装のキシミ音、窓のガタガタ音と
いろいろな音が聞こえます
嫁のワゴンR FZとに乗るとワゴンRが高級車に思えるほど
でもターボのブローバルブ?の音“プシュー”は好きなんです(笑)

AGSも微妙は微妙
最初は面白がって常にマニュアルモードでガチャガチャ走っていましたが
ドライブモードのほうが圧倒的に燃費がいいし
ガチャガチャ走るのも飽きてくるので
最近はドライブモードでまったりと走っている
ただドライブモードでスムーズに走るにはエンジン音を聞き回転数をイメージしながら右足でのアクセルワークを駆使しなければいけないので
正直ちょっと面倒
『ワークスAGSもあるのでターボRSは(アクセルワークが楽な)CVTがあってもいいのに…』
と思ってしまう

家の周りが急な坂道なのでドライブモードで
登り坂をゆっくり走りながらアクセルワークを油断すると
一瞬失速したりして(多分瞬間半クラッチになる)
ちょっと焦ったりする

リアシートが広く(スイフトより圧倒的に広い)女性、子供なら全く問題無し

ボディが小さいしリアカメラも付けたので取り回しが凄い楽
どんな駐車場でも怖いもの無し

若干の不満もありますが
車好きの(貧乏な)オジサンが乗るにはなかなか面白い軽自動車だと思います
ダイレクト感とかターボRSしかないものが沢山あります
(ワークスは疲れそうですし)

ボディカラーで迷っている方
ピュアレッドがカッコいいですよ〜
お勧めです

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
兵庫県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高山正寛さん

  • レビュー投稿数:59件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

試乗車のパールホワイトは普通ならメーカーオプションになりがちですが標準設定です

専用のエアロパーツなどを装着、ベースの良さを生かしつつ存在感をアピールします

黒を基調とすることでインパネの品質感が向上。赤のパーツがアクセントになっています

元々アルトで大幅な軽量化を達成したシートをベースにホールド性を向上させています

小気味よく決まるパドルシフトは標準装備。手元でギアチェンジが積極的に行えます

タイヤサイズは165/55R15、専用開発のポテンザRE050Aでアルミホイールも標準装備

発売は2015年3月11日で、これまでも数回試乗してきたスズキ アルトのターボRSに改めて市街地から高速道路まで含め、約600kmを試乗しました。

新型アルトはプラットフォームやデザインまですべてを刷新した意欲作です。プラットフォームは軽量化はもちろん剛性を大幅に向上、デザインもこれまではやや“カワイイ系”だったものから脱却、男女を問わず選べる“ユニセックス”的なものとなっています。

さて、これまでもスズキはベース車をチューンして数多くのモデルをリリースしてきましたが、この後発表された“アルトワークス”との比較は後日に譲るとして、このモデル自体はベース車の素性の良さを生かしながら、色々な意味でバリュー(価値)が極めて高い一台に仕上がっています。

何よりも驚くのはその車重です。試乗車はFFでしたがわずか670kg!4WDモデルでも720kgしかありません。これ自体はベース車が達成した実力ではありますが、ターボRSの場合、スポット溶接の増し打ちなどボディ剛性をさらに高めることでハードな走りにも耐えられる能力を身につけています。

エンジン自体も専用チューニングされており、後述する5速AGSとの組み合わせにより、とにかくフットワークが軽い印象です。

発売当初からやや厳しい評価だった5速AGSですが、正直に言えばこれは「慣れの問題」です。素早く奥までアクセルを踏み込んだ際は確かにひと呼吸遅れたような動作はしますが、シフトアップする直前に少しアクセルを緩めてコントロールするだけでその辺は解消されますし、逆に言えばドライバーはこの位はできないといけません。

このクセさえつかんでしまえば、元々がマニュアルベースのトランスミッションなのでダイレクト感はCVTの比ではありません。標準装備されるパドルシフトをうまく使うことでワインディングに限らず街中でも高速道路でも十分スムーズに走ることができます。

また足回りも単に固めたというよりは思った以上にしなやかで乗り心地も優秀です。一番好印象だったのは高速走行時の路面からの入力をいなしながら、それでいて優れた直進安定性を実現しています。正直、このクルマのハンドリングには驚かされる部分が多いです。

一方で5速AGSによる80km/h時のエンジン回転数は約2500回転、100km/h時は3000回転を少し超えます。どのギアもつながりは非常に良いのですが、5速を燃費向上のためのオーバードライブギアと考えた場合、もう少し回転数を落とせるギア比にしてもらえると燃費や静粛性にも効いてくるのではないかと思いました。まあ、この部分はスズキ側も十分テストして導き出したものですから我々がどうこう言う話でもないのですが、技術者には伝えてさせていただきました。

室内も車高および室内高はアルトの場合、ハイト系ワゴンより劣るのは当たり前です。しかしホイールベースの拡大などもあり、後席の足元には十分な余裕があります。フロントシートにはしっかりお金をかけて作ってありますが、逆にリアシートは分割可倒機構がなく、シート全体の厚みもやや少なく、後席で長時間のドライブはきついかもしれません。ただ、そもそもアルトというクルマの性格を考えるとあくまでも主役はドライバーとせいぜい助手席までですから、割り切りも納得できるレベルです。

そしてこのクルマが何よりも魅力的なのではズバリ、その価格です。基準をどこに置くかにもよりますが、試乗車のFFモデルで129万3840円。その内容を考えたら「バーゲンプライス」と言ってもいい位です。

一例ですが、スズキのクルマはディスチャージヘッドランプをメーカーオプションとして設定しているケースが多いです。大体その価格は6万円強、これもターボRSでは標準装備されています。さらに専用タイヤやアルミホイール、内外装の専用意匠など。いくらベース車が低価格とはいえ、昨今の軽自動車の高価格化からみれば、よくこの価格で実現できたな、と関心します。

先進安全装備はハスラーのような最新型ではなく、これまで使われてきた「レーダーブレーキサポート(追突障害軽減ブレーキ)になりますが、誤発進抑制機能なども装着されているのでなんとか及第点には届いています。ただこれは早く最新型にアップデートしてほしいところです。

最後にクルマの性格もありますが、同社お得意の「エネチャージ」は搭載されていません。これは少し残念ですが、600km走った後の燃費は満タン法でピッタリ(偶然ですが)20.0km/Lと走りを楽しんだ後としては十分満足のできるものでした。

4WD車になると装備の追加もあり価格は高くなりますが、FF車ならば群を抜くハイバリュー。某家具メーカーではありませんが「お値段以上!」、趣味性の強いクルマでありながら、実用性もしっかり仕上げた魅力的な一台としてオススメします。

レビュー対象車
試乗

参考になった119

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wisemapさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
試乗車上がりを購入したので好き嫌いは関係なく黒
購入後に赤のドアミラーカバーが許せず、社外のメッキカバーに交換
もともと実用車、そんな中では頑張っているスタイルだとは思います

【インテリア】
チープと言う人も居ますが
値段を考えてください。また軽さが命の車です
プラスチッキー上等です。軽量化と価格を抑える為と
割り切ればシンプルで良い内装です。
ただドリンクホルダーだけは納得いかない
最近の軽らしくない

【エンジン性能】
軽量な車体のおかげで十分過ぎる力持ち
実用ノーマル状態ならK6より設計が新しいだけ
燃費もよくていいエンジンです。

【走行性能】
賛否の否が多いAGS
走行していて交差点の真ん中で1→2になると
一瞬パワーが途切れアクセル踏んでも
レスポンスが遅れます。ハンドルの舵角によりシフトアップしない
設定とかできないのかと思います。
AGS以外は小さなスポーツカーと言って良い乗り味です。

【乗り心地】
ハンドルは接地感があり、固めの乗り心地ですが
ちょうどよいのでは
もっと硬くの人はワークス行くし、AGSは買いません。
実用の中で少しスポーティと言う味では?

【燃費】
だいたい18kmくらいが多いのでは

【価格】
最近はどんどん車の価格が上がってしまっている中
安全装備(20キロくらいじゃないと止まれないレーダーブレーキ)
がついてこの価格はバーゲンプライスではないでしょうか

【総評】
200万以上を出さなきゃS660やコペンを買えない中
キャラクター違いですがこの価格でこの車をリリースした
スズキに感謝します。
RSにもMT出してほしいですね。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しろひげRさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ラジカセ
1件
0件
洗濯機
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格5

【エクステリア】
クセはありますので、嫌いな人は嫌いかと。
自分はあまり気にしないタイプなのですが、
どちらかといえば好きです。
ただ、ミラーカバーが赤一色なのは好みではありませんでしたので
オプションでボディと同色に変更しました。
あと、バイザーも賛否ありますがつけました。

【インテリア】
価格を考えれば頑張った方だと思います。
シートヒートとかいらないだろう、と思ってましたが
割と使ってましたw
好きじゃないのは、ウインカー音です。

【エンジン性能】
文句がありません。
ターボといってもぶわっと来る感じではなく
レスポンスのよい容量があるNAに近い感じだと思いました。
音だけはターボなので、静かではないです。

【走行性能】
この車の最大のポイントである、
AGSを許せるかどうか、
だと思います。
正直、乗りやすいミッションではないと思いますが、
車とシンクロしたとき気持ちよく繋げたという感覚はあります。
昔、運転が好きだった頃を思い出させてくれます。
反面、気持ちよくつながらない時のリスクも高いですw

【乗り心地】
まあ軽ですし、相応かと。
逆に、この車にそれ求めますか?ていう感じなので
自分は気にならないです。

【燃費】
良いです。2か月ほど乗りましたが平均で19km/lくらいです。
前乗っていた、ホンダの軽NAよりはいいです。
やっぱり軽いですね。

【価格】
今日日、軽自動車でも上を見れば高い車がありますので、
この機能を考えれば、安くはないですが、価値があると思います。

【総評】
楽しいです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
福岡県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
30万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みるのパパさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
19件
レンズ
0件
3件
CPU
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
 

派手さは抑えました

 

【エクステリア】発売当初は不細工な車に見えていましてが、ターボーRSは
だんだんカッコ良く見えてきます、

【インテリア】この車はこれで良し、スッキリしていて使いやすいですね、


【エンジン性能】このミッションは慣れるにつれて
面白くそして楽ちんです、

【走行性能】これは軽自動車?素晴らしいです、

【乗り心地】私には少し硬めですね、

【燃費】満足です

【価格】大満足

【総評】スズキさん良い車作りますね。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wktyouさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:1419人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5
   

アルトワークスも塊感が高い!

   

アルトワークスといい、この車といいスズキはコスパが良い!
試乗した際の動画はこちらから!
https://youtu.be/cgMDRh_chsM

【エクステリア】
ノーマルのアルトに比べて塊感が高まっていて非常に良いです。
安っぽさがないため駐車場に停まってたらついつい見てしまいそうです!
走り屋的なイメージのあるサイドにあるラインは好き嫌いが分かれそうです。

【インテリア】
一言でいえば超シンプルです。
後部座席は広く、ゆったりできます。
運転席はコックピットを思わせる凝縮された空間になっています。
シートはかっちりしていて運転する気分を高めてくれます。

【エンジン性能】
うなりまくる車だと思っていましたが、
低回転からすっとスピードが出ます。

【走行性能】
ふらふらせずハンドルをチョロチョロ動かす必要がありませんでした。
AGSが運転を楽しく感じさせるのが特徴です。
CVTの車しか運転したことがない人は戸惑うことうけあいです。(笑)
しかし、すぐ慣れると思います。

【乗り心地】
かなりしっかりしています。
車重が軽いというのは走行、乗り心地に大きな影響を与えることを認識出来ました。

【燃費】
試乗のため無評価です。

【価格】
質感とコスパが高いのは、
アルトワークス〉アルトターボRS〉アルト
ですね。

【総評】
総じてコスパが高いです!

ただ、MT.AGSに違和感が残る人やMTが苦手な人はアルトをオススメします!

なぜスズキはここまでコストパフォーマンスが良いのか不思議になるほど良い車です!

AGSは必ず乗ってから買うことを推奨します!

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

iwa03R6さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
245件
スマートフォン
3件
26件
カーナビ
1件
25件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
アバルトみたいな感じが気に入り白を購入しましたが気にっています。
強いて言うとシルバーのメッキがない方が良かったです。

【インテリア】
軽自動車でも高額な方なのでインテリアには十分です。できればステアリングの前後調整機能があれば完璧だったかと。
また積載性も十分で箱的なデザインなのでトヨタ アクアよりたくさん詰めました。あとはリアシートが分割で
倒れればより使い勝手が良くなるのですがね。

【エンジン性能】
660ccでもターボあるので十分です。高速でもリミッターがかかる140km/hまでそれほど
ストレスなく加速します。

【走行性能】
低速でのAGSが気になる程度であとは問題ありません。そもそも通勤は高速道路の比率が多いので
それほど気になりません。

【乗り心地】
乗り心地はちょっと硬いかも、それよりもタイヤのロードノイズが気になります。

【燃費】
高速道路メインの通勤では大体21キロをちょっと割る程度です。少し速度が落ちる首都高などでは22キロまで上がります。

【価格】
車両価格(130万円)ということを考慮すると大満足です。

【総評】
軽自動車が初めてということもあり高速道路での性能なのど少し不安でしたが自分の使い方ならば
まったく問題ないです。細かいところをあげればリアの分割やステアリングの前後調整機能などが
あるとより便利ですが無くてもどうにかなっているので。

あとは車両価格および部品価格も安いので今までより高めのブランドを選ぶようになってきました。
すでに標準夏タイヤは捨ててしまい、春にはレグノの軽自動車専用のやつを買おうかと考えています。
アルミも奮発して鍛造にするかもしれません。

とにかく軽自動車はお財布に優しいということを実感しています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年11月
購入地域
埼玉県

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鹿じかくんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】デビュー時はクセのあるスタイリングにかなり違和感を覚えたが、走行性能を優先して購入。 自分がオーナーになったら見方が変わり、シンプルなラインに好感が持てるようになった。
【インテリア】スポーティーさを演出しているが、価格なりの材質感。張り出しの控えめなインパネやドア、後部寄りのリアシートで、ゆとりの室内空間。特に前後シート間には広大なスペースがある。逆に、荷室スペースはミニマム。後部座席がベンチ型なのは個人的には許せるが、運転席、助手席シートがヘッドレスト一体型なのは大きな不満。分離型であれば、リクライニングでフラットに後部座席と一体化できるのに。
【エンジン性能】軽量とターボパワーで、並みの普通車を凌ぐ加速感が味わえる。スムーズで途切れのない加速が気持ちいい。
【走行性能】シングルクラッチのAGSは、巷ではこの車の評価を下げる原因かと思うし、事実納車からしばらくはかなりの違和感を感じた。ATやCVTからの買い替えユーザーはもちろん、マニュアルミッションからの鞍替えユザーも、当初はそれぞれの運転経験からくる違和感を感じることであろう。私の場合は40年来マニュアル車を乗り継いできたが、慣れはすぐにやってくるもので、アクセルワークによって、変速時のショックはかなり緩和され、むしろ車と対話しながら運転する楽しさを感じるようになった。コーナリングは、柔らか目の評価があるが、一般ユーザーとしてはしっかり感があり十分。
【乗り心地】通常一人乗車で運転距離も短いので、運転席シートも含め不満なし。
【燃費】納車が秋でエアコンを使わず、市街・郊半々の運転状況で、満タン法4回計測でいずれもリッター21〜22キロ。メーターの燃費表示もほぼ同じ。カタログ燃費比較でも達成率高く、ハイオクの前車と比べ結構なスポーツ走行にもかかわらず二倍の高燃費。
【価格】内装等価格なりのコストダウンは明らかだが、こと走行性能を高める装備を考えればコストパーフォーマンス抜群。安い!
【総評】軽量化の恩恵とボディーのしっかり感を強く感じる車であり、某団体の今年度カーオブザイヤー選出も納得。ユーザーとしても嬉しい。ワークスの発売も予定されているようだが、おそらく30万は安いこの車は存在感を持ち続けると思うしそう願いたい。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年9月
購入地域
大阪府

新車価格
129万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆうちょRiderさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:132人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
4件
17件
レンズ
0件
18件
電源ユニット
1件
13件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

 これまではMTのジムニーに乗っていたが、急激に身長が伸びる我が子にとってジムニーの後部座席が狭くなり、また、時にはMTをなんとか運転できる妻のジムニー嫌いもあったため購入を決意した。
 今までシビック→アルトワークス(CN系MT)→アルトワークス(HA21S・MT)→ワゴンRプラス→Keiワークス(MT)→ジムニー(JB23・MT)と乗り継いできた。今回はMTを卒業するが、ATやCVTが好きでない自分がAGSなる未知なる機械に馴染めるのかが不安であり楽しみである。

【エクステリア】
 パールホワイトを購入。見る角度によってはかっこいい。特に斜め後方からのスタイルは高級感さえ感じる。特徴的なのはレッド色のドアミラーカバーとルーフエンドスポイラー、そしてサイドアンダーのロゴ入りデカール。これは好みの分かれるところだと思うが悪くない。しかし、以前スズキ車のレッド色Keiワークスに乗っていたが、マメにワックスを施行していたものの見事に色が褪めてしまったことがあり、同様の事が起きないか心配である。ただ、ドアミラーカバーにおいてはオプション設定で他のカラーが4,000円弱でつけられるので、私はボディ同色のパールホワイトにした。
 びっくりしたのは、Fフェンダーが鉄ではなく樹脂で出来ている事。軽量化を狙ってのことかと思う。また、所々メッキ加飾が入るが、スポーティさを求める車種なので出来ればカーボン調などの方が良かったのではないかと私は思った。

【インテリア】 
 まず、メーター周りについてはホワイトパネルを採用し部分的に赤色の装飾を加えスポーティさが演出されている。タコメーターがセンターにあった方が良いという意見も多数見られるが、公道を走る車ではセンターにはスピード計があった方が使い勝手は良いように思える。
 内装全体としては車両価格の割にできる限りの所有感を持たせようとするメーカーの努力を感じる。残念なのがシート表皮があまり良くない。少し横方向に体重がかかるとシワが寄るし、何年後かには伸び伸びなりそうな素材である。フロントのシートは座面が高く折角スポーツ志向の車なのに目線が高くなる。
 あと、注文を付けたいのがハンドル。本革巻きで品質は良いが細い。もう少し肉付けして欲しかったし、何よりもアクセルやブレーキペダルにシート位置を合わせたとき、ハンドルが微妙に遠い。これは体格差もあるがどうにかならなかったものか?
 インテリア面で特に不満な点が、所々金属剥き出しなところ。後部座席ドアの内装の一部やバックドアのガーニッシュがオプション設定となっているなど、所々コストダウンの犠牲となった部分を垣間見る。

【エンジン性能】
 ストリートにおいてこれ以上のパワーは必要なく加速性能に不満はない。K6Aエンジンにあるような低回転から中回転域にかけての急激な加速ではなく、低回転域からいきなりパワーがモリモリだ。
 ターボ車特有の加速ではなく1800ccの普通車のようなトルク感。ただ、気になるのがゼロ発進においてアクセル踏み込みから完全に1速でクラッチがつながるまでの所謂「半クラッチ」状態が長く感じ、この時間はパワーをロスをしているかのような感じを受ける。
 しかし、公道においてひとたび4千回転まで加速してシフトアップを繰り返して行くと、後ろの車は置いてけぼりだ。

【走行性能】
 標準でストラットタワーバーを装備しKYBチューニングの専用ショックアブソーバーを奢る。ストリートレベルにおいて過剰なほどの運動性能を備えている。実際、ワインディングを攻めてみたが最近の軽カーでは味わえない快感がある。
 Mモードでのシフトダウンでもわりと高回転域でもキャンセルされる事なくブリッピングしながらシフトダウンできた。強いていえば、標準のサスペンションスプリングでは車高が高いため腰高感が否めない。乗り心地を犠牲にするが、やはりダウンサスや車高調が欲しくなるのは私だけではないと思う。

【乗り心地】
 まずDモードで試す。ゼロ発進時、少し深めにアクセルペダルを踏み込まないとなかなか進まない。徐々にスピードに乗り1速から2速に変速する瞬間、フワッとした前後へ体を揺すられる様な気持ち悪い違和感を感じる。3速以降のスピードに乗った状態での変速では感じない。なるほど、巷で言われている乗りにくさはこれか・・・・、同じDモードでもMTに乗っているつもりで加速しながらアクセルオフすると今までのMTに乗っていた加速感が得られる。途端AGSという機構が楽しく感じる。
 次はMモードに変えてパドルシフトを楽しんでみる。Dモードと違い自分の意図するタイミングでのシフトチェンジが出来るため、「俺はMT車に乗っているんだ!」と思えてくる。Mモード時は自動的にシフトアップすることはないが車速が落ちてくると自動的にシフトダウンし、また自分の意思でダウンするときは勝手にブリッピングしてエンジン回転を合わせてくれるのでシフトダウンによる変速ショックはほとんど感じない。
 専用ショックアブソーバが奢られた足回りはしなやかで路面からの突き上げも全くない。軽量な車体に合わせたチューニングでキビキビとしたフットワークだと思う。

【燃費】
 普段、Mモードで乗っているがその走りで21km/L。今までの社歴でどれだけエコを心がけてもKeiワークスの19km/Lが最高だったが、この車は特に燃費を意識しなくても平気で20km/Lを超えてくる。 

【価格】
 車両以外にドアバイザー、フロアマット、リアスピーカー、ドアミラーカバーをOPで付けて136万円で購入。ナビはカカクコムで6万円で購入しDIYで付けた。

【総評】
 結果として私は今回このアルトターボRSを購入してよかったと思っている。この車は家庭持ちで昔、MTで峠をブイブイ走って楽しんでいたお父さんにピッタリかと思う。
 東京モーターショーで5MTのアルトワークスが参考出品されたが、市販されれば5MT乗りとAGS乗りの棲み分けも出来そうだ。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年10月
購入地域
鹿児島県

新車価格
129万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

アルト ターボRSの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こりゃいいわ〜さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:218人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】
リアスタイルは良いですね〜軽とは思えない迫力があります。
逆にメガネっぽいFマスクは改善の余地あり。いい車なのにFマスクの雰囲気で購入を躊躇っている人も多いため、もったいない。早急に改善してほしい。

【インテリア】
前席シートの間がサイドブレーキレバーとドリンクホルダーのみで安っぽいし貧相。価格が安い分、内装に少しコストをかけてほしかった。リアシートも安っぽいし分割がきかないタイプ。あと収納スペースも、もう少しほしいところ。。。

【エンジン性能】
普段は3000ccの車に乗ってますが、アルトターボRSの加速、トルク性能があれば街中では十分ですね。低回転からトルクが出るので加速時にイライラすることはありませんでしたし、坂道もグイグイ加速してくれます。

【走行性能】
最初に乗った感想はAGSはクセが強い(汗)。アクセルを踏み込んだままだと1速→2速へのシフトアップ時に引っかかる感じの強烈な違和感を感じます。Mモード時も大きなショックがあって最初は不快なミッションに感じるかもしれません。
ただ、この違和感はAGSに必要なアクセルワークを怠った時に感じる現象で、シフトアップ時のアクセルオフを行うことにより解消します。マニュアルもシフトチェンジする時アクセルオフしますが、あの動作を行えば気持ちいい加速、変速が可能になりますし、自分のアクセルワークで変速させてる感が好印象になりました。
あと、ハンドリングはパワステが軽いので(自分の車は重いセッティング)コーナーで若干ふらつきました。ロールも思ったより大きかったのですが、この車の乗り心地や特徴を考えると、これはこれで問題はないのかな。

【乗り心地】
軽自動車でスポーツモデルですが悪くないです。ただシートのホールド性はイマイチ、腰部分も柔らかすぎて20分くらいで腰が痛くなりました。なので長距離だと辛いかもしれません。(価格帯を考えれば及第点か?)

【燃費】
試乗のため評価は参考ですが、このパワーを使っても17kmくらいは走れるようなので優秀ではないでしょうか?エコ運転に徹したら20kmは走れるようです。(他レビュー参考)

【価格】
この性能でこの価格は頑張ってますね。


【総評】
コストパフォーマンスと程よいスポーティーな味付けがこの車の魅力ですかね。
例のAGSは最初はクセが強烈です。NETでも相当叩かれてますね。自分もMTが出ないとアルトターボRSは買えない、と思っていた一人でした。

しかしながら長時間乗った人のコメントを聞くとNETで叩かれてる程悪くない。
個人的にもAGSの特性を理解し走ると意外と良いミッションだな、と言うのが正直な感想。
理由は

1・MT並みの加速感
2・MTに比べアクセルワークでシフトUPしてくれるので楽
3・スポーツモード+パドルシフトが決まると気持ちいいし楽しい
4・ソフトダウン時のフリッピングがスポーティーな雰囲気を醸し出す

ATに比べ、ダイレクトに加速してくれるのでマニュアル好きな自分には面白いミッションでした。
慣れれば不快なショックは無くなるし自分の右足で操ってる感じが新鮮。MT好きだけどフルタイムでMTはキツイ、と思ってる人にはピッタリなミッションではないでしょうか?

ま、何はともあれ購入を検討してる方は納得のいくまで何度も試乗することを強くオススメします。AGSの良さが理解できると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった34人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

知らぬがイムさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:602人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

ターボRSを130kmほど試乗した感想。

【エクステリア】
赤のアクセントが悪い意味で古臭く田舎臭くて嫌い。
ボディ形状と合っていないと感じた。
ノーマルグレードと同じでよかったと思う。

【インテリア】
前に張り出してなくて足元が広く、機能性も実用十分。
もともとの質感が安っぽいのに、赤とピアノブラックで色気を出そうとしてかっこ悪い。
これもノーマルグレードと同じでよかったと思う。

【エンジン性能・走行性能】
素晴らしい走り。運転が楽しい。
足回りは硬すぎず柔らかすぎずしなやか。カーブを曲がるときの安定感がすごい。
高速道路でも風に煽られることなく、ハンドルもブレず安心して真っすぐ走り続けることができる。

20kmくらいまではノンターボの古い軽に置いて行かれ、80kmまではモリモリと加速をする。
80km〜100kmの加速はやや鈍い。
さすがにターボ車となると軽でもなかなか速い。

AGSは発進から3速までの加速にかなりの違和感。
特に1速は引っ張りすぎじゃないですかね。
発進加速はDモードに頼らず、パドルシフトのマニュアル操作が楽で速い。
Dモードはなくても困らないと感じた。

【乗り心地】
走行中の音は特に気にならなかった。
スポーツモデルなのにシートは体を固定してくれないやつでイマイチ。
後席は足元が異様に広い一方、背もたれに寄りかかると後頭部が当たる。
荷室はかなり狭い。
アイドリングストップが停止前に作動しないのは好み。

【価格】
何気にあれこれと装備がついていて、ターボ車で、この走りで130万円は安い。
ダサい内外装のカラーリングさえ何とかなれば・・・

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

アルト ターボRS 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

アルト ターボRS
スズキ

アルト ターボRS

新車価格:129〜140万円

中古車価格:49〜130万円

アルト ターボRS 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <52

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

アルトターボRSの中古車 (233物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意