『ほぼほぼTYPE-Rで賞』 ホンダ シビック 2017年モデル あかビー・ケロさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > シビック 2017年モデル

『ほぼほぼTYPE-Rで賞』 あかビー・ケロさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

シビック 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:1864人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
ほぼほぼTYPE-Rで賞

綺麗に収まっているエンジン

容量タップリのトランク

わかり易いメーター内のターン表示

 

2段のカップホルダー

リアドア付近

 

マニュアルではありませんが…(苦笑)、半日レンタルしたので、今回は奥多摩湖まで往復115kmドライブをじっくり走りをメインに堪能して、お腹いっぱいになりました。
なお今回はエンジンの実力を味わいたい為、Eコンは全行程カット、エアコンは23度設定。
ACCはバイパスでちょこっと使用しましたが設定速度
が速度計と兼ねていたようで何キロ設定か解りづらい。
【エクステリア】
今どき貴重なワイド&ローのスポーツカーデザイン。
ピアノブラックのグリルが斬新。見れば見る程、癖になりますね。

【インテリア】
ローポジションですが全視界良好で視認性バッチリ。
フロントは高さなく横広がりなのでパノラマビューみたい。後方はサイバーCR-X譲りのエクストラウィンドウ採用で低いとこまで良く見えます。
ホンダらしくシンプルイズベストの大人向けデザイン。初めて見ても操作性は良く、ハンドルのボタンも、すぐ使いこなせます。
メーターは見易いですが平面的な表示になりますね。
多機能なのは良いのですけど…
変てこなXラインやら、オレンジ、白など気が散るカラーを使ってないのはドライバーズカーとして真っ当かと。
前回指摘のコンソール内のカップホルダーは浅めのアタッチメントあり、それでもコンビニコーヒーSに深いなと思ってたら肘置きがスライドしても当たらない為だと解りました。

ハンドルのテレスコ、チルトやシート調整で運転に適切なポジションが取れます。
体格問わない大柄なシートでも、腰を中心にサポート性良しだがハード走行では役不足かも…
滑り止め付きのステンペダルも確実にブレーキを踏めるよう大きいです。
8スピーカーもラジオのみですが、ツィーターがサイドミラー付け根にあり高音域から低音域までバランス良く奏でてました。またOPのケンウッド製のインターナビは逆チルトが一段ありますが、画面の艶がない為か陽があたると見にくかったです。
リアの席は広く、足元にエアコンダクトがあり快適そうですが、サイドシルが高く、狭いので乗降りは注意が必要です。

【エンジン性能】
鬼に金棒のVTECターボは二千弱から加給始まりトルク盛り盛りの為、三千以上回せばダッシュ力に不満無し。五千以上回す機会なかったような。。
それでも1500ccとは思えない速さ。
170kg軽いDC5と遜色なし

【走行性能】
基本5ナンバーサイズ好みの自分でも車両感覚はすぐ慣れました。
また太いタイヤの割にはタイヤのキレ角もあり取り回しは良いです。
ワインディングでの顔は緩みっぱなし。楽しいの一言。可変ステアリングギアレシオは違和感なく、適度重さのパワステもグー!アジャイルハンドルアシストのおかげか、どんな複合コーナーやタイトなコーナーでも途中で舵角増やしてもグリップ感じながらグイグイ曲がりキレッキレのコーナリングが可能
また極太タイヤのグリップ力が半端なく、横Gかかったり、ブレーキング時するとドラレコの作動音がピーピーと鳴ってもタイヤは鳴きもしません。
休憩で降りたあとタイヤからキナ臭い匂いが…(苦笑)
S字コーナーもコーナーとコーナーをワープするかのように軽々とこなします。
荒れた下りのコーナーでブレーキしてもリアが安定して取っ散らかることはありません。これはリアの剛性がしっかりしてるせいでしょう。
エンジンもSモードにしてハドルシフト使わなくてもアクセルワークでレスポンス良くパワーが出ます。
というか固定式のパドルシフトは90度以上回せない。
一回スカりました。ここはマニュアルの方がしっくりくるのは自分だけ?

【乗り心地】
これにはハマりました。路面問わず納得の乗り心地を確保。工事中の継ぎ接ぎ路面でも、減速のゼブラゾーンでもタンタンといなし、不快な異音もショックも感じません。硬いといえば硬いですが家族持ちでもよほどの悪路が続かなければオッケー出るカナ。
強いて言えば荒れた路面が続くと、僅かに横に揺さぶられ感が続きます。後席で酔いやすい人はダメかも。
4時間弱120キロ弱のツーリングで、休憩計20分くらいで走りましたが疲労感は少なかったです。
オートブレーキホールドも一役買っているかな。

【燃費】
ワインディングに入るまではメーター読みでリッター13.5キロくらい。ワインディングで12キロ台、帰途の下りで14.5キロくらい。最終的には14.1キロ表示でしたが、満タン法で計ると116.5kmに対し7.95l入って、14.59キロでした。
同じセルフスタンドで入れたので誤差は少ないと思いますが、メーター表示を上回ったのにはビックリ!
フリードより良いかも…でもハイオクなのが玉にキズ…あとキャップレスの給油口は便利ですね。

【価格】
タイヤ、アルミだけで30万くらいするので、税抜き価格259万なら実質230万くらいかと。この走行性能、エンジン性能、輸入車を考慮すると断然コスパ高くなるのでは。センシング抜きの7万安もありますが、もっと装備簡略した廉価モデルを希望します。

【総評】
通勤快速仕様のオールマイティな味付け半日乗って病みつきとごろか、取り憑かれました。
マジで欲しくなりました。
下からトルクのるこのエンジンならマニュアルで無くてもCVTの方が合ってるかも知れません。
実力はDC2より走り易いくなったDC5のTYPE-R並みにあります。足りないのは高回転まで回してナンボのエンジンとブレンボブレーキでないくらいですが、吊るしのままでもサーキットの走行会くらいなら楽しめるでしょう。
今回の試乗でTYPE-Rでなくても、充分満足できる自分が居ました。これは買いです。
【訂正】セダンレビューでセンシングの渋滞追従無しと書きましたか、セダン、HBともCVTには付いてるようです。セダンの時解除されたので無いかと思ったのですが…簡単に復帰できたのかも。

レビュー対象車
試乗

参考になった99人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4
大人の本格グランツーリスモ

 

 

一部訂正し写真を入れ替えました。

【エクステリア】
前回ミタのはブルーでしたが今回の試乗車はルナシルバーでした。デザインがチョット派手なハッチバックですが渋く落ち着いた感じに。。
無難派(洗車不精派?)にはお薦めです。
リアデイフェーザとセンター二本出しマフラーが特徴のリアビューですが、どことなくリアにEKの面影を感じるのは自分だけ?

【インテリア】
着座位置はミニバンに慣れた身体には相当低く感じます。
幅広く視点も低いので車幅感覚が最初戸惑いましたが、全幅1800ミリまでなら自分的には許容範囲。
あとでシートリフターで低めだった為と判明。高くすればボンネットが少し見えました。

ダッシュボードはオーソドックスな配置ですが、サイドブレーキが電子化され、ヴェゼルみたいな二段デッキでした。
LCDメーターのオープニングアニメーションは遊びごころあり面白いです。
本革ハンドルの径は普通、グリップは若干太めで滑らず操作し易い。
(補足)
ハンドル調整機構(チルト、テレコ)は無いようです。
【訂正】→すいません実車、カタログとも見落としてました。カタログ見ると付いてます。フリードとは位置が違うようです。コラム右側かも…

ただシートの調整でたいてい間に合うかと。
センターコンソールは深く、ドリンク部も同様。なので紙コップはスッポリ入って取りづらいかも。
アームレストは使用時前方にスライドして使うタイプですが、もう少し前まで欲しいなと感じました。

リアハッチバックの取っ手はグリップが両側に付いていて親切設計。トランクも容量大きいです。



【エンジン性能】
今時のダウンサイジングターボ(1700回転から5500回転までが最大トルク)の為、躾よく市街地のエコモードで加速は至ってジェントル。エコ外しても対して変わらない。踏み込んでもCVTの為かワンテンポ遅れて加速し、速度感無く速度は出てる感じ。街中で速度出せない為さわり程度しか判りませんでした。
Sモードは試し忘れましたが、多分高回転まで引っ張るのでジキルとハイドくらい変わるかも。

1300キロの車重に182psでチョット物足りないと思って本を見たらCVT仕様はトルクをデチューン?してあるとか、MTが本命らしいです。

【走行性能】【乗り心地】
まず走り出して気付いたのは重めのハンドル通して伝わってかる剛性感が半端ないなと感じました。
(弟のBMW2シリーズに近く、友人のゴルフ7ハイラインよりありそう。)
その為18インチの235/40の極太タイヤでも不快なショックは無く、以外に快適です。
(補足)多少のゴツゴツ感はありますが、スポーツカー基準なら問題ないかと…
それにしても1.5リッターの履くサイズじゃないですね。乗っていたバイクのホーネットまたいで迫力はありますが…

ただ路面状況に寄って、耳を澄ますと遠くでコツコツ音が聞こえるようなシチュエーションもありました。

タイヤの銘柄はグッドイヤーイーグルF1のハイパフォーマンススポーツタイヤで、グリップは高そうなパターン。しかしパターンノイズは特に煩いとは感じませんでした。
チョットオーバースピードで大きな交差点を曲がった時フロントタイヤがガッシリと路面を捉えてるのが伝わってきました。ワイドトレッドにこのグリップなら一般道で余程のウェトでなければ破綻することないのでは。。
限界試したければサーキット走行でもしないと。


太いタイヤの割りにDC5より小さい最小回転半径5.5mです取り回しはステップワゴンと同じくらいかな。

アルミペダル仕様のブレーキは遊び少なく初期制動から剛性高くガッチリ効くので、ご最初面食らいますが、慣れればコントロール性も高そうです。

【燃費】走り重視の試乗の為メーター見てません。

【価格】この車格でこの装備ならお得感あるかも

【総評】ニュルでタイム出すタイプRありきで開発してる為、リア席真ん中が大きく盛り上がり剛性を高める等、走りのポテンシャルを感じます。
よって性格的にはライバルはルノーメガーヌGT、ゴルフハイライン等外車勢でしょう。
ミニバン天国?の日本に置いて何の変哲もないハッチバックである利点を活かし、デザインと走りで訴求力を持つ今回のシビックはアドバンテージが多分にあると感じました。ハッチバックは納車が来年3月らしいですが、走りを忘れた大人はもちろん若者にも買って損は無い車だと思います。
ただ買い物だけでは勿体無いので長距離を走る方にお薦めです。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4
大人の本格グランツーリスモ

一部修正、補足し写真を入れ替えました。

【エクステリア】
前回ミタのはブルーでしたが今回の試乗車はルナシルバーでした。デザインがチョット派手なハッチバックですが渋く落ち着いた感じに。。
無難派(洗車不精派?)にはお薦めです。
リアデイフェーザとセンター二本出しマフラーが特徴のリアビューですが、どことなくリアにEKの面影を感じるのは自分だけ?

【インテリア】
着座位置はミニバンに慣れた身体には相当低く感じます。
幅広く視点も低いので車幅感覚が最初戸惑いましたが、全幅1800ミリまでなら自分的には許容範囲。
あとでシートリフターで低めだった為と判明。高くすればボンネットが少し見えました。

ダッシュボードはオーソドックスな配置ですが、サイドブレーキが電子化され、ヴェゼルみたいな二段デッキでした。
LCDメーターのオープニングアニメーションは遊びごころあり面白いです。
本革ハンドルの径は普通、グリップは若干太めで滑らず操作し易い。
(補足)
ハンドル調整機構(チルト、テレコ)は無いようです。
ただシートの調整でたいてい間に合うかと。
センターコンソールは深く、ドリンク部も同様。なので紙コップはスッポリ入って取りづらいかも。
アームレストは使用時前方にスライドして使うタイプですが、もう少し前まで欲しいなと感じました。

リアハッチバックの取っ手はグリップが両側に付いていて親切設計。トランクも容量大きいです。



【エンジン性能】
今時のダウンサイジングターボ(1700回転から5500回転までが最大トルク)の為、躾よく市街地のエコモードで加速は至ってジェントル。エコ外しても対して変わらない。踏み込んでもCVTの為かワンテンポ遅れて加速し、速度感無く速度は出てる感じ。街中で速度出せない為さわり程度しか判りませんでした。
Sモードは試し忘れましたが、多分高回転まで引っ張るのでジキルとハイドくらい変わるかも。

1300キロの車重に182psでチョット物足りないと思って本を見たらCVT仕様はトルクをデチューン?してあるとか、MTが本命らしいです。

【走行性能】【乗り心地】
まず走り出して気付いたのは重めのハンドル通して伝わってかる剛性感が半端ないなと感じました。
(弟のBMW2シリーズに近く、友人のゴルフ7ハイラインよりありそう。)
その為18インチの235/40の極太タイヤでも不快なショックは無く、以外に快適です。
(補足)多少のゴツゴツ感はありますが、スポーツカー基準なら問題ないかと…
それにしても1.5リッターの履くサイズじゃないですね。乗っていたバイクのホーネットまたいで迫力はありますが…

ただ路面状況に寄って、耳を澄ますと遠くでコツコツ音が聞こえるようなシチュエーションもありました。

タイヤの銘柄はグッドイヤーイーグルF1のハイパフォーマンススポーツタイヤで、グリップは高そうなパターン。しかしパターンノイズは特に煩いとは感じませんでした。
チョットオーバースピードで大きな交差点を曲がった時フロントタイヤがガッシリと路面を捉えてるのが伝わってきました。ワイドトレッドにこのグリップなら一般道で余程のウェトでなければ破綻することないのでは。。
限界試したければサーキット走行でもしないと。


太いタイヤの割りにDC5より小さい最小回転半径5.5mです取り回しはステップワゴンと同じくらいかな。

アルミペダル仕様のブレーキは遊び少なく初期制動から剛性高くガッチリ効くので、ご最初面食らいますが、慣れればコントロール性も高そうです。

【燃費】走り重視の試乗の為メーター見てません。

【価格】この車格でこの装備ならお得感あるかも

【総評】ニュルでタイム出すタイプRありきで開発してる為、リア席真ん中が大きく盛り上がり剛性を高める等、走りのポテンシャルを感じます。
よって性格的にはライバルはルノーメガーヌGT、ゴルフハイライン等外車勢でしょう。
ミニバン天国?の日本に置いて何の変哲もないハッチバックである利点を活かし、デザインと走りで訴求力を持つ今回のシビックはアドバンテージが多分にあると感じました。ハッチバックは納車が来年3月らしいですが、走りを忘れた大人はもちろん若者にも買って損は無い車だと思います。
ただ買い物だけでは勿体無いので長距離を走る方にお薦めです。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格4
走りを忘れた方にお薦めGTカー

   

   

【エクステリア】
前回ミタのはブルーでしたが今回の試乗車はルナシルバーでした。デザインがチョット派手なハッチバックですが渋く落ち着いた感じに。。
無難派(洗車不精派?)にはお薦めです。
リアデイフェーザとセンター二本出しマフラーが特徴のリアビューですが、どことなくリアにEKの面影を感じるのは自分だけ?

【インテリア】
着座位置はミニバンに慣れた身体には相当低く感じます。
幅広く視点も低いので車幅感覚が最初戸惑いましたが、全幅1800ミリまでなら自分的には許容範囲。

ダッシュボードはオーソドックスな配置ですが、サイドブレーキが電子化され、ヴェゼルみたいな二段デッキでした。
LCDメーターのオープニングアニメーションは遊びごころあり面白いです。
本革ハンドルの径は普通、グリップは若干太めで滑らず操作し易い。

【エンジン性能】
今時のダウンサイジングターボ(1700回転から5500回転までが最大トルク)の為、躾よく市街地のエコモードで加速は至ってジェントル。エコ外しても対して変わらない。踏み込んでもCVTの為かワンテンポ遅れて加速し、速度感無く速度は出てる感じ。

Sモードは試し忘れましたが、多分高回転まで引っ張るのでジキルとハイドくらい変わるかも。

1300キロの車重に182psでチョット物足りないと思って本を見たらCVT仕様はトルクをデチューン?してあるとか、MTが本命らしいです。

【走行性能】【乗り心地】
まず走り出して気付いたのは剛性感が半端ないなと…
(弟のBMW2シリーズに近く、友人のゴルフ7ハイラインよりありそう。)
その為18インチの235/40の極太タイヤでも不快なショックは無く、以外に快適です。

ただ路面状況に寄って、耳を澄ませば遠くでコツコツ音が聞こえるようなシチュエーションもありました。

タイヤの銘柄はグッドイヤーイーグルF1のハイパフォーマンススポーツタイヤで、グリップは高そうなパターン。しかし嫌なパターンノイズは感じなかった。

大きな交差点を、曲がる時はフロントタイヤがガッシリと路面を捉えロール感無く気持ちよく曲がります。
取り回しは最小回転半径5.5mでも、昔DC5乗ってたため違和感無し。

アルミペダル仕様のブレーキは遊び少なく初期制動からガッチリ効き最初面食らいますが、慣れればコントロール性も高そうです。

【燃費】走り重視の試乗の為メーター見てません。

【価格】この車格でこの装備ならお得感あり

【総評】ニュルでタイム出すタイプRありきで開発してる為、リア席真ん中が大きく盛り上がり剛性を高める等、走りのポテンシャルを感じます。
よって性格的にはライバルはルノーメガーヌGT、ゴルフハイライン等外車勢でしょう。
ミニバン天国?の日本に置いて何の変哲もないハッチバックである利点を活かし、デザインと走りで訴求力を持つ今回のシビックはアドバンテージが多分にあると感じました。ハッチバックは納車が来年3月らしいですが、走りを忘れた大人はもちろん若者にも買って損は無い車だと思います。
ただ買い物だけでは勿体無いので長距離を走る方にお薦めです。

1日レンタル(もちろんMTで)して箱根を無性に走りたい切望している自分が…(苦笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった13

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格4
予想以上にカッコいいんでないかと

 

 

近所のディラーに試乗車が置いてあったので鑑賞させて頂きカタログ貰ってきました。
時間なく試乗は次回持ち越しに(泣)
なので写真だけアップします。
やはり実物は写真より2倍カッコ良かったです(苦笑)

【インテリア】
フロントシートの着座位置は低くても視界は広く、バケット風シート、アルミペダル、本革ハンドルも運転に集中し易い雰囲気が造りが◯
一眼メーターも液晶でカラフルかつ目盛りが段階的に付き盛りあげ効果あり。

リアシートの座り心地は良く、足元はちょい狭いかな。
頭上は162で拳立て1個半くらい余裕あり、幅もあるので3人掛けも窮屈でなさそう。
リアシートベルトの未装着警告もセンターパネルに3人分の表示が。。
またリアドアにはツイーター付き、

【講評】
昨日のステップワゴンハイブリッドより100万安く、フル装備でお得感ありますね。荷物が多いとか多人数必要ない核家族ならファミリーカーとしても充分使えそう。見た目、実用性、走り(想定)、運転支援技術(渋滞追従付き)、安全装置(ポップアップフードシステム)、燃費、値段でライバル(C-HR含)と比較するとバランス良く高得点を取れそうです。
次回候補に入れとこうと思いました。もちろんマニュアルで!(笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった22

 
 
 
 
 
 

「シビック 2017年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
初めてのハッチバックですが!  4 2019年10月14日 02:14
遠回りしました。  4 2019年9月5日 13:21
今更だけど試乗しました。(修正)  4 2019年8月30日 16:43
新しい相棒(再レビュー)  5 2019年7月4日 14:59
期待どおり  5 2019年6月23日 22:16
超イケメン!  5 2019年5月8日 15:42
良いじゃん!CVTとインテリア以外  4 2019年3月2日 23:39
ハッチバック試乗しました  4 2019年2月2日 12:55
見た目はヤンチャ、中身は結構優等生  5 2018年11月22日 01:44
6000キロ走行後レビュー  5 2018年11月21日 22:53

シビック 2017年モデルのレビューを見る(レビュアー数:41人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

シビック 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

シビック
ホンダ

シビック

新車価格帯:285万円

中古車価格帯:189〜572万円

シビック 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <167

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意