『透明感とパワーがある音です』 DENON RCD-M41-SP [プレミアムシルバー] 瑠璃乃鳥さんのレビュー・評価

2017年 6月中旬 発売

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]

  • 「ディスクリートパワーアンプ」を搭載した、Bluetooth対応のCDレシーバー。スマートフォン、タブレット、PCなどとのワイヤレス接続により、音楽を楽しめる。
  • CDのほか、MP3ファイルやWMAファイルを記録したCD-RやCD-RWを再生可能。また、最大192kHz/24bitのリニアPCM入力に対応する光デジタル入力を2系統備えている。
  • スピーカー出力用パワーアンプとは別にヘッドホン出力専用アンプを搭載し、パフォーマンスを十分に引き出す。3段階のゲイン切り替え機能を備えている。
RCD-M41-SP [プレミアムシルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,149

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥24,149

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,149〜¥30,525 (22店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥42,800

店頭参考価格帯:¥24,500 〜 ¥24,500 (全国739店舗)最寄りのショップ一覧

対応メディア:CD/CD-R/RW 最大出力:60W RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※スピーカーは別売です

ご利用の前にお読みください

  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の価格比較
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の店頭購入
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のスペック・仕様
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のレビュー
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のクチコミ
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の画像・動画
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のピックアップリスト
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のオークション

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]DENON

最安価格(税込):¥24,149 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月中旬

  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の価格比較
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の店頭購入
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のスペック・仕様
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のレビュー
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のクチコミ
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]の画像・動画
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のピックアップリスト
  • RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > ミニコンポ・セットコンポ > DENON > RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]

『透明感とパワーがある音です』 瑠璃乃鳥さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
2件
80件
SSD
2件
58件
デスクトップパソコン
2件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
音質5
パワー5
入出力端子2
サイズ4
透明感とパワーがある音です

★追記☆
書き忘れましたので、数行「追記の追記」
とはいえ、結局のところ音質最優先なら「直接CD再生」のほうが「PC出力」より音質はいいと思います。
でも、CDを50から80分でいちいち入れ替えるのって面倒ですから、ライブラリの利便性かつ高音質と考えるとLinuxPCからのBluetooth出力は快適です。
「気分」次第で、すぐに別のアルバムやアーティストに切り替えられますし、プレイリスト作ればいくらでも好きな順番で音楽流しっぱなしにできますから。(実は「アルバム主義」なのでプレイリスト作らないヒトですが。)

「旧」追記始まり
PCにubuntu Studio(LinuxOSのデュストリビューションのひとつ)をインストールして、Windows10とデュアルブートにしました。

Bluetooth接続の音を比較してみました。
1 win10:foover2000(再生ソフト、windows版)でWASAPI排他出力、Bluetooth接続
2 ubuntu Studio:Audacious(再生ソフト、Linux版)でALSA出力、Bluetooth接続
foover2000はLinux版もあるのですが、設定が下手なせいかライブラリのフォルダパス入力がうまくいかず、使うのをやめました。

2のほうが、音の鮮度がより高く、音場の広がりがより感じられます。

最近のwin10のPCは、セキュアブートなどでLinuxのインストール自体が難しい場合もあるので、どなたでもできるわけではないのですが、インストール可能なら一度お試しください。

今はRasberry PiのDACかDDC導入を検討してます。

☆追記終わり★

音はいいです。特にCDの音はすごくいい。PCからBluetoothでの出力も設定のコツがわかれば合格点の音が出ます。
FMは付属の「室内アンテナ」という名の実質電線でお茶を濁しているので不満は言いません。

最初最低限の設定をして聴いていましたが、あまりピンと来ませんでした。
設定上気をつけないといけないのは、
1 SPK OPTIMIZER:デフォルトはONでセットコンポのスピーカーに最適化されているので、OFFにする。
(セットコンポの場合、つなげば最適化された「いい音」になるわけですが、セットの需要ってそこそこあるんでしょうか?)
2 Blue tooth でPCから出力する場合は、「WASAPI排他モード」を利用可能なプレーヤーで排他モードの設定をする。(foobar2000,Music Bee,Media Monkeyなど)
正直「ブラウザで出る音」とかwindowsのシステム音とかまで「まとめてBTでアンプに送られてSPから出る」ので、最初「こんなもんか」と勉強不足と気づかず思ってましたが、この設定でかなりよくなりました。

ただ、Bluetoothで複数台ペアリングした場合、ペアリングした機器をBTオンの状態で起動すると、再生中のモード(CD、Tunerなど)からBluetoothモードに自動的(=勝手)に切り替わります(TT)ので、BTの通信管理は要注意です。
検討当初はWifiやDLNA対応のレシーバなども候補に考えましたが、サーバーも設置していない状態だったので欲張るのをやめました。おかげで大量の初期設定に悩まされることもなく済みました。

入力はアナログ1、光デジタルが2のうえに外部出力なし、スピーカーは1セットのみ接続です。のちのちアンプ部分やプレーヤー部分を独立して使うような「色気」がある方は最初から独立コンポを買いましょう。
(レシーバーでも2セットスピーカーつなげたのって、もしかすると「大昔」のことなのでしょうか?)

この機種の初期不良の報告とかもたまに見かけますが、届いて半日以上CDやらBTやらで鳴らしてまだ壊れてません。まあ「ハズレ」はあくまで運の問題ですから、ハズれたらそれなりの対応をしてもらうだけです。

私が1台購入した影響なのかわかりませんが、急にカカクコム最安値が上がってます。(これがいわゆる「共通在庫が売れると急に値上がりする説」というやつでしょうか。)
持っていたアンプもCDPも壊れ、PCとDAP、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いていましたが、部屋に取り残された自作のバックロードホーン(勿論?長岡先生設計)を鳴らしたくなってこれを購入しました。この性能、音で2万2千円くらいだったら安すぎますね。ある意味いい時代になりました。

レベル
中級者

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性3
音質5
パワー5
入出力端子2
サイズ4
透明感とパワーがある音です

★追記☆
PCにubuntu Studio(LinuxOSのデュストリビューションのひとつ)をインストールして、Windows10とデュアルブートにしました。

Bluetooth接続の音を比較してみました。
1 win10:foover2000(再生ソフト、windows版)でWASAPI排他出力、Bluetooth接続
2 ubuntu Studio:Audacious(再生ソフト、Linux版)でALSA出力、Bluetooth接続
foover2000はLinux版もあるのですが、設定が下手なせいかライブラリのフォルダパス入力がうまくいかず、使うのをやめました。

2のほうが、音の鮮度がより高く、音場の広がりがより感じられます。

最近のwin10のPCは、セキュアブートなどでLinuxのインストール自体が難しい場合もあるので、どなたでもできるわけではないのですが、インストール可能なら一度お試しください。

今はRasberry PiのDACかDDC導入を検討してます。

☆追記終わり★

音はいいです。特にCDの音はすごくいい。PCからBluetoothでの出力も設定のコツがわかれば合格点の音が出ます。
FMは付属の「室内アンテナ」という名の実質電線でお茶を濁しているので不満は言いません。

最初最低限の設定をして聴いていましたが、あまりピンと来ませんでした。
設定上気をつけないといけないのは、
1 SPK OPTIMIZER:デフォルトはONでセットコンポのスピーカーに最適化されているので、OFFにする。
(セットコンポの場合、つなげば最適化された「いい音」になるわけですが、セットの需要ってそこそこあるんでしょうか?)
2 Blue tooth でPCから出力する場合は、「WASAPI排他モード」を利用可能なプレーヤーで排他モードの設定をする。(foobar2000,Music Bee,Media Monkeyなど)
正直「ブラウザで出る音」とかwindowsのシステム音とかまで「まとめてBTでアンプに送られてSPから出る」ので、最初「こんなもんか」と勉強不足と気づかず思ってましたが、この設定でかなりよくなりました。

ただ、Bluetoothで複数台ペアリングした場合、ペアリングした機器をBTオンの状態で起動すると、再生中のモード(CD、Tunerなど)からBluetoothモードに自動的(=勝手)に切り替わります(TT)ので、BTの通信管理は要注意です。
検討当初はWifiやDLNA対応のレシーバなども候補に考えましたが、サーバーも設置していない状態だったので欲張るのをやめました。おかげで大量の初期設定に悩まされることもなく済みました。

入力はアナログ1、光デジタルが2のうえに外部出力なし、スピーカーは1セットのみ接続です。のちのちアンプ部分やプレーヤー部分を独立して使うような「色気」がある方は最初から独立コンポを買いましょう。
(レシーバーでも2セットスピーカーつなげたのって、もしかすると「大昔」のことなのでしょうか?)

この機種の初期不良の報告とかもたまに見かけますが、届いて半日以上CDやらBTやらで鳴らしてまだ壊れてません。まあ「ハズレ」はあくまで運の問題ですから、ハズれたらそれなりの対応をしてもらうだけです。

私が1台購入した影響なのかわかりませんが、急にカカクコム最安値が上がってます。(これがいわゆる「共通在庫が売れると急に値上がりする説」というやつでしょうか。)
持っていたアンプもCDPも壊れ、PCとDAP、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いていましたが、部屋に取り残された自作のバックロードホーン(勿論?長岡先生設計)を鳴らしたくなってこれを購入しました。この性能、音で2万2千円くらいだったら安すぎますね。ある意味いい時代になりました。

レベル
中級者

参考になった1

満足度5
デザイン5
操作性3
音質5
パワー5
入出力端子2
サイズ4
透明感とパワーがある音です

音はいいです。特にCDの音はすごくいい。PCからBluetoothでの出力も設定のコツがわかれば合格点の音が出ます。
FMは付属の「室内アンテナ」という名の実質電線でお茶を濁しているので不満は言いません。

最初最低限の設定をして聴いていましたが、あまりピンと来ませんでした。
設定上気をつけないといけないのは、
1 SPK OPTIMIZER:デフォルトはONでセットコンポのスピーカーに最適化されているので、OFFにする。
(セットコンポの場合、つなげば最適化された「いい音」になるわけですが、セットの需要ってそこそこあるんでしょうか?)
2 Blue tooth でPCから出力する場合は、「WASAPI排他モード」を利用可能なプレーヤーで排他モードの設定をする。(foobar2000,Music Bee,Media Monkeyなど)
正直「ブラウザで出る音」とかwindowsのシステム音とかまで「まとめてBTでアンプに送られてSPから出る」ので、最初「こんなもんか」と勉強不足と気づかず思ってましたが、この設定でかなりよくなりました。

ただ、Bluetoothで複数台ペアリングした場合、ペアリングした機器をBTオンの状態で起動すると、再生中のモード(CD、Tunerなど)からBluetoothモードに自動的(=勝手)に切り替わります(TT)ので、BTの通信管理は要注意です。
検討当初はWifiやDLNA対応のレシーバなども候補に考えましたが、サーバーも設置していない状態だったので欲張るのをやめました。おかげで大量の初期設定に悩まされることもなく済みました。

入力はアナログ1、光デジタルが2のうえに外部出力なし、スピーカーは1セットのみ接続です。のちのちアンプ部分やプレーヤー部分を独立して使うような「色気」がある方は最初から独立コンポを買いましょう。
(レシーバーでも2セットスピーカーつなげたのって、もしかすると「大昔」のことなのでしょうか?)

この機種の初期不良の報告とかもたまに見かけますが、届いて半日以上CDやらBTやらで鳴らしてまだ壊れてません。まあ「ハズレ」はあくまで運の問題ですから、ハズれたらそれなりの対応をしてもらうだけです。

私が1台購入した影響なのかわかりませんが、急にカカクコム最安値が上がってます。(これがいわゆる「共通在庫が売れると急に値上がりする説」というやつでしょうか。)
持っていたアンプもCDPも壊れ、PCとDAP、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いていましたが、部屋に取り残された自作のバックロードホーン(勿論?長岡先生設計)を鳴らしたくなってこれを購入しました。この性能、音で2万2千円くらいだったら安すぎますね。ある意味いい時代になりました。

レベル
中級者

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]
DENON

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]

最安価格(税込):¥24,149発売日:2017年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

RCD-M41-SP [プレミアムシルバー]をお気に入り製品に追加する <249

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ミニコンポ・セットコンポ]

ミニコンポ・セットコンポの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ミニコンポ・セットコンポ)

ご注意