『外部スピーカーでユーチューブを高音質で観てます。』 SONY BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ] リミックスコウジさんのレビュー・評価

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]

  • さまざまな映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」や階調変換機能「Super Bit Mapping 4K HDR」を備えた、「HDR X1」採用の4K液晶テレビ。
  • 消費電力を増やすことなく、高いコントラスト表現が可能な高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」や広色域技術「トリルミナスディスプレイ」などを採用。
  • 放送やインターネット動画の圧縮音声など2チャンネルの音源を、CD以上(48kHz/24bit)にアップスケーリングする「DSEE」に対応。
BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):¥91,980 (前週比:-1,500円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2017年 6月10日
画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:モーションフローXR480 LEDバックライトタイプ : 直下型 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]とBRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]を比較する

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]

最安価格(税込): ¥99,400 発売日:2018年 6月 9日

画面サイズ:49インチ 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ:直下型 録画機能:外付けHDD
 
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のオークション

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]SONY

最安価格(税込):¥91,980 (前週比:-1,500円↓) 発売日:2017年 6月10日

  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]

『外部スピーカーでユーチューブを高音質で観てます。』 リミックスコウジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:189人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
47件
カーナビ
0件
21件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質3
応答性能4
機能性5
サイズ5
外部スピーカーでユーチューブを高音質で観てます。

【再レビュー】
サウンドバーではどうしても音の広がりが得られなかったのでヤマハのウーハーとJBLのコントロール1を中古で購入し接続。
これによりコントロール1からはきらびやかな高音が、ヤマハからは迫力ある重低音が部屋中に広がるようになった。
イヤホン端子から出力してるのでテレビのリモコンでボリューム調整できるのもいい。
1万円弱でテレビの音が高音質で聴けるようになったことに大満足しています。

またリモコンにマイクが付いてるので、今までわずらわしかった検索も超簡単に!
最近は音楽だけでなく、いろんな情報もユーチューブから取るようになりました。

【当初のレビュー】
東芝から4kチューナー付きの新型モデルの発表があったが、ケーブルテレビ会社に問い合わせたところ4k対応の予定なしとのことだったので自室のテレビを買い替えた。
また別室にあるレグザZ700Xとも比較します。

【デザイン】
両方とも狭枠画面にシルバーの脚で最近流行りのデザイン。
奥行きがかなり薄いので、6畳の部屋でも全然圧迫感はない。
また軽いので、設置場所や向きを簡単に変えることもできる。

【音声認識リモコン】
今回、これが一番特筆したいところ。
音声認識リモコンはすこぶる便利。
ユーチューブなどで動画検索の時、今まではいちいち入力してたが、音声検索だとすごく早い。また認識の正確性もかなり高い!

ただアクオスのようにリモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればさらにいいのにって思います。

【操作性】
リモコンの反応は圧倒的にレグザの方が早いが、ソニーはアップデート後ストレスにならない程度の速さになった。

【画質】
これも今回特筆したいところ。
両方とも自分好みの画質に調整しているが、同じテレビでこんなに違うのかってのが顔色。
レグザはシワやシミが目立ち茶色で顔色が悪く感じる。

これに対しソニーはキメが細かく肌の色がすごくいい。
女優さんはソニーのテレビで見て欲しいだろうって思うぐらい顔色が違う。
原色も違い、特に赤は真っ赤なソニーに対してレグザは少しオレンジがかってる。
あざやかさはレグザの方がキレイだ。

【音質】
これは圧倒的にレグザに軍配が上がる。
レグザの方が声も聞きやすいしサラウンドにすると十分音が広がる。
なのでソニーの方は外部スピーカーで聴いている。

【機能性】
これはグーグルテレビのソニーにはかなわない。もはやパソコンと言っても過言ではない。

ユーチューブはもちろんグーグルプレイ、Abema TV、ツタヤ TVにHulu等ほとんどのコンテンツが最初から入っている。
欲を言えばパナソニックみたいにラジコも入れて、ラジオも聴けるようにして欲しかった。

あとユーチューブ等で静止画で音楽を聴いてる時に、消画ボタンひとつで画面が消せるのも消費電力の節約になるのでありがたい。

ただレグザにはタイムシフトという強烈な機能が備わっており、いろんな番組を録画する人には大きな購入ポイントなるだろう。

【総評】
画質で選ぶなら絶対ソニー。
タイムシフトで東芝を選ぶという選択肢もあるが、今のラインナップではタイムシフトは上位グレードにしかなかったはずだ!?
なので今後発売の新機種の下位グレードにもタイムシフトや音声認識リモコンが付くことを期待する。

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった19人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質3
応答性能4
機能性5
サイズ5
外部スピーカー接続により音が激変!!

【再レビュー】
サウンドバーではどうしても音の広がりが得られなかったのでヤマハのウーハーとJBLのコントロール1を中古で購入し接続。
正三角形の頂点で聴けるようにコントロール1を左右に広げ設置(約1.5m)
これによりコントロール1からはきらびやかな高音が、ヤマハからは迫力ある重低音が部屋中に広がるようになった。

またイヤホン端子から出力してるのでテレビのリモコンでボリューム調整できるのもいい。
1万円弱でテレビの音が高音質で聴けるようになったことに大満足しています。

【当初のレビュー】
東芝から4kチューナー付きの新型モデルの発表があったが、ケーブルテレビ会社に問い合わせたところ4k対応の予定なしとのことだったので自室のテレビを買い替えた。
また別室にあるレグザZ700Xとも比較します。

【デザイン】
両方とも狭枠画面にシルバーの脚で最近流行りのデザイン。
奥行きがかなり薄いので、6畳の部屋でも全然圧迫感はない。
また軽いので、設置場所や向きを簡単に変えることもできる。

【音声認識リモコン】
今回、これが一番特筆したいところ。
音声認識リモコンはすこぶる便利。
ユーチューブなどで動画検索の時、今まではいちいち入力してたが、音声検索だとすごく早い。また認識の正確性もかなり高い!

ただアクオスのようにリモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればさらにいいのにって思います。

【操作性】
リモコンの反応は圧倒的にレグザの方が早いが、ソニーはアップデート後ストレスにならない程度の速さになった。

【画質】
これも今回特筆したいところ。
両方とも自分好みの画質に調整しているが、同じテレビでこんなに違うのかってのが顔色。
レグザはシワやシミが目立ち茶色で顔色が悪く感じる。

これに対しソニーはキメが細かく肌の色がすごくいい。
女優さんはソニーのテレビで見て欲しいだろうって思うぐらい顔色が違う。
原色も違い、特に赤は真っ赤なソニーに対してレグザは少しオレンジがかってる。
あざやかさはレグザの方がキレイだ。

【音質】
これは圧倒的にレグザに軍配が上がる。
レグザの方が声も聞きやすいしサラウンドにすると十分音が広がる。
なのでソニーの方は外部スピーカーで聴いている。

【機能性】
これはグーグルテレビのソニーにはかなわない。もはやパソコンと言っても過言ではない。

ユーチューブはもちろんグーグルプレイ、Abema TV、ツタヤ TVにHulu等ほとんどのコンテンツが最初から入っている。
欲を言えばパナソニックみたいにラジコも入れて、ラジオも聴けるようにして欲しかった。

あとユーチューブ等で静止画で音楽を聴いてる時に、消画ボタンひとつで画面が消せるのも消費電力の節約になるのでありがたい。

ただレグザにはタイムシフトという強烈な機能が備わっており、いろんな番組を録画する人には大きな購入ポイントなるだろう。

【総評】
画質で選ぶなら絶対ソニー。
タイムシフトで東芝を選ぶという選択肢もあるが、今のラインナップではタイムシフトは上位グレードにしかなかったはずだ!?
なので今後発売の新機種の下位グレードにもタイムシフトや音声認識リモコンが付くことを期待する。

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった2

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質3
応答性能4
機能性5
サイズ5
顔色が全然違う(東芝レグザとの比較)

東芝から4kチューナー付きの新型モデルの発表があったが、ケーブルテレビ会社に問い合わせたところ4k対応の予定なしとのことだったので自室のテレビを買い替えた。
また別室にあるレグザZ700Xとも比較します。

【デザイン】
両方とも狭枠画面にシルバーの脚で最近流行りのデザイン。
奥行きがかなり薄いので、6畳の部屋でも全然圧迫感はない。
また軽いので、設置場所や向きを簡単に変えることもできる。

【音声認識リモコン】
今回、これが一番特筆したいところ。
音声認識リモコンはすこぶる便利。
ユーチューブなどで動画検索の時、今まではいちいち入力してたが、音声検索だとすごく早い。また認識の正確性もかなり高い!

ただアクオスのようにリモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればさらにいいのにって思います。

【操作性】
リモコンの反応は圧倒的にレグザの方が早いが、ソニーはアップデート後ストレスにならない程度の速さになった。

【画質】
これも今回特筆したいところ。
両方とも自分好みの画質に調整しているが、同じテレビでこんなに違うのかってのが顔色。
レグザはシワやシミが目立ち茶色で顔色が悪く感じる。

これに対しソニーはキメが細かく肌の色がすごくいい。
女優さんはソニーのテレビで見て欲しいだろうって思うぐらい顔色が違う。
原色も違い、特に赤は真っ赤なソニーに対してレグザは少しオレンジがかってる。
ブルーはレグザの方がキレイだ。

【音質】
これは圧倒的にレグザに軍配が上がる。
レグザの方が声も聞きやすいしサラウンドにすると十分音が広がる。

なのでソニーの方は外部スピーカーで聴いている。
サウンドバーも考えたが、セパレートタイプのサテライトスピーカーにウーハー付きにし、このサテライトスピーカーを視聴場所から正三角形の位置になるように設置(約2m間隔)している。

これによりテレビの音はもちろんユーチューブで音楽を聴くと部屋中に音が広がる。
ソニー製の6千円ぐらいの中古ではあるが、ウーハーが付いてるので重低音も迫力で鳴る。
またミニジャックに接続してるのでテレビのリモコンで音量操作ができる。

【機能性】
これはグーグルテレビのソニーにはかなわない。もはやパソコンと言っても過言ではない。

ユーチューブはもちろんグーグルプレイ、Abema TV、ツタヤ TVにHulu等ほとんどのコンテンツが最初から入っている。
欲を言えばパナソニックみたいにラジコも入れて、ラジオも聴けるようにして欲しかった。

あとユーチューブ等で静止画で音楽を聴いてる時に、消画ボタンひとつで画面が消せるのも消費電力の節約になるのでありがたい。

ただレグザにはタイムシフトという強烈な機能が備わっており、いろんな番組を録画する人には大きな購入ポイントなるだろう。

【総評】
画質で選ぶなら絶対ソニー。
タイムシフトで東芝を選ぶという選択肢もあるが、今のラインナップではタイムシフトは上位グレードにしかなかったはずだ!?
なので来月発売の新機種の下位グレードにもタイムシフトや音声認識リモコンが付くことを期待する。

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった2

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質3
応答性能4
機能性5
サイズ5
リモコンにユーチューブダイレクトボタンが!!

【再レビュー】
リモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればって思ってたところ、他の口コミで違うコンテンツのダイレクトボタンをユーチューブに変えれるとの情報があったので早速設定してみるとできた。
これにより一発でユーチューブに飛ぶことができ、今までより2段階手間が減ったので大いに助かってます。

このダイレクトボタンと音声認識機能により最強のリモコンになったので操作性の評価を5に引き上げさせていただきました。
ちなみに他の口コミとはこれの後継機種の49X9000Fに載ってました。


【当初のレビュー】
東芝から4kチューナー付きの新型モデルの発表があったが、ケーブルテレビ会社に問い合わせたところ4k対応の予定なしとのことだったので自室のテレビを買い替えた。
また別室にあるレグザZ700Xとも比較します。

【デザイン】
両方とも狭枠画面にシルバーの脚で最近流行りのデザイン。
奥行きがかなり薄いので、6畳の部屋でも全然圧迫感はない。
また軽いので、設置場所や向きを簡単に変えることもできる。

【音声認識リモコン】
今回、これが一番特筆したいところ。
音声認識リモコンはすこぶる便利。
ユーチューブなどで動画検索の時、今まではいちいち入力してたが、音声検索だとすごく早い。また認識の正確性もかなり高い!

ただアクオスのようにリモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればさらにいいのにって思います。

【操作性】
リモコンの反応は圧倒的にレグザの方が早いが、ソニーはアップデート後ストレスにならない程度の速さになった。

【画質】
これも今回特筆したいところ。
両方とも自分好みの画質に調整しているが、同じテレビでこんなに違うのかってのが顔色。
レグザはシワやシミが目立ち茶色で顔色が悪く感じる。

これに対しソニーはキメが細かく肌の色がすごくいい。
女優さんはソニーのテレビで見て欲しいだろうって思うぐらい顔色が違う。
原色も違い、特に赤は真っ赤なソニーに対してレグザは少しオレンジがかってる。
ブルーはレグザの方がキレイだ。

【音質】
これは圧倒的にレグザに軍配が上がる。
レグザの方が声も聞きやすいしサラウンドにすると十分音が広がる。

なのでソニーの方は外部スピーカーで聴いている。
サウンドバーも考えたが、セパレートタイプのサテライトスピーカーにウーハー付きにし、このサテライトスピーカーを視聴場所から正三角形の位置になるように設置(約2m間隔)している。

これによりテレビの音はもちろんユーチューブで音楽を聴くと部屋中に音が広がる。
ソニー製の6千円ぐらいの中古ではあるが、ウーハーが付いてるので重低音も迫力で鳴る。
またミニジャックに接続してるのでテレビのリモコンで音量操作ができる。

【機能性】
これはグーグルテレビのソニーにはかなわない。もはやパソコンと言っても過言ではない。

ユーチューブはもちろんグーグルプレイ、Abema TV、ツタヤ TVにHulu等ほとんどのコンテンツが最初から入っている。
欲を言えばパナソニックみたいにラジコも入れて、ラジオも聴けるようにして欲しかった。

あとユーチューブ等で静止画で音楽を聴いてる時に、消画ボタンひとつで画面が消せるのも消費電力の節約になるのでありがたい。

ただレグザにはタイムシフトという強烈な機能が備わっており、いろんな番組を録画する人には大きな購入ポイントなるだろう。

【総評】
画質で選ぶなら絶対ソニー。
タイムシフトで東芝を選ぶという選択肢もあるが、今のラインナップではタイムシフトは上位グレードにしかなかったはずだ!?
なので来月発売の新機種の下位グレードにもタイムシフトや音声認識リモコンが付くことを期待する。

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった10

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質3
応答性能4
機能性5
サイズ5
顔色が全然ちがう!(東芝レグザとの比較)

東芝から4kチューナー付きの新型モデルの発表があったが、ケーブルテレビ会社に問い合わせたところ4k対応の予定なしとのことだったので自室のテレビを買い替えた。
また別室にあるレグザZ700Xとも比較します。

【デザイン】
両方とも狭枠画面にシルバーの脚で最近流行りのデザイン。
奥行きがかなり薄いので、6畳の部屋でも全然圧迫感はない。
また軽いので、設置場所や向きを簡単に変えることもできる。

【音声認識リモコン】
今回、これが一番特筆したいところ。
音声認識リモコンはすこぶる便利。
ユーチューブなどで動画検索の時、今まではいちいち入力してたが、音声検索だとすごく早い。また認識の正確性もかなり高い!

ただアクオスのようにリモコンにユーチューブのダイレクトボタンがあればさらに便利。

【操作性】
リモコンの反応は圧倒的にレグザの方が早いが、ソニーはアップデート後ストレスにならない程度の速さになった。

【画質】
これも今回特筆したいところ。
両方とも自分好みの画質に調整しているが、同じテレビでこんなに違うのかってのが顔色。
レグザはシワやシミが目立ち茶色で顔色が悪く感じる。

これに対しソニーはキメが細かく肌の色がすごくいい。
女優さんはソニーのテレビで見て欲しいだろうって思うぐらい顔色が違う。
原色も違い、特に赤は真っ赤なソニーに対してレグザは少しオレンジがかってる。
ブルーはレグザの方がキレイだ。

【音質】
これは圧倒的にレグザに軍配が上がる。
レグザの方が声も聞きやすいしサラウンドにすると十分音が広がる。

なのでソニーの方は外部スピーカーで聴いている。
サウンドバーも考えたが、セパレートタイプのサテライトスピーカーにウーハー付きにし、このサテライトスピーカーを視聴場所から正三角形の位置になるように設置(約2m間隔)している。

これによりテレビの音はもちろんユーチューブで音楽を聴くと部屋中に音が広がる。
ソニー製の6千円ぐらいの中古ではあるが、ウーハーが付いてるので重低音も迫力で鳴る。
またミニジャックに接続してるのでテレビのリモコンで音量操作ができる。

【機能性】
これはグーグルテレビのソニーにはかなわない。もはやパソコンと言っても過言ではない。

ユーチューブはもちろんグーグルプレイ、Abema TV、ツタヤ TVにHulu等ほとんどのコンテンツが最初から入っている。
欲を言えばパナソニックみたいにラジコも入れて、ラジオも聴けるようにして欲しかった。

あとユーチューブ等で静止画で音楽を聴いてる時に、消画ボタンひとつで画面が消せるのも消費電力の節約になるのでありがたい。

ただレグザにはタイムシフトという強烈な機能が備わっており、いろんな番組を録画する人には大きな購入ポイントなるだろう。

【総評】
画質で選ぶなら絶対ソニー。
タイムシフトで東芝を選ぶという選択肢もあるが、今のラインナップではタイムシフトは上位グレードにしかなかったはずだ!?
なので来月発売の新機種の下位グレードにもタイムシフトや音声認識リモコンが付くことを期待する。

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
GよりFよりEでいい。  5 2019年7月7日 22:11
想定外の再購入(43X8500F⇒49X9000E)  4 2019年4月21日 22:23
外部スピーカーでユーチューブを高音質で観てます。  5 2019年4月18日 18:14
4k視聴に十分!  4 2019年3月9日 14:30
購入後1年。大変良好です。  5 2019年1月14日 13:09
リモコンの反応の悪さに残念。  3 2018年12月5日 21:15
画質が綺麗  5 2018年11月15日 18:23
ネットとの連動が便利。  5 2018年10月3日 18:21
型落ちだけど優秀です  5 2018年9月29日 16:02
リモコンはスマホ推奨、画質よし応答速度よし、Wifiはac対応。  5 2018年8月31日 19:49

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]のレビューを見る(レビュアー数:65人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]
SONY

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]

最安価格(税込):¥91,980発売日:2017年 6月10日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]をお気に入り製品に追加する <1852

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意