『【購入後1年レビュー】ファミリーカー・アウトドアスポーツの足』 マツダ CX-8 2017年モデル pomachikaさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > CX-8 2017年モデル

『【購入後1年レビュー】ファミリーカー・アウトドアスポーツの足』 pomachikaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-8 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4
【購入後1年レビュー】ファミリーカー・アウトドアスポーツの足
   

   

ミニバン(プレマシー)から乗り換えて1年あまりの再々レビューです。子ども3人、3列目常用のアウトドアスポーツ好き家族が1年間じっくり付き合ってきた感想。
【エクステリア】
本当はパジェロのようなスクエアなデザインが好きな時代遅れの人間(笑)。こだわりがないので特にかっこいいとも思わないけど、おもちゃみたいなライバル他車に比べて品がよく、輸入勢と並べても引けを取らないデザイン性はあるとは思う。いい物感がある。
そして、慣れてきたとはいえやはりデカい。特に狭いところでの鼻面の長さ、車幅、内輪差には気を使う。と思っていたら、妻が保育園の狭い駐車場で右リアドアを擦ってきた…左ドアはどこかでエクボを作ってきた…
【インテリア】
◯収納が少ないことには慣れた。必要以上に持ち込まない。シート下や脇の隙間を活用。
◯2列目の快適さ、案外広い3列目。
△いい物感があるが、ファミリーカー、アウトドアスポーツの足という用途からすると、指紋や細かい擦り傷が付きやすい鏡面仕上げ部は気に入らない。いつもベタベタ…
△室内高の低さ。ロードバイクの前輪を外しても縦に積めず、2列目まで倒して寝かさなくてはならない。自転車乗りは要注意。
△各スイッチの使いにくさ、配置の悪さ。どうしてステアリングヒーターのスイッチが助手席寄り?エアコンはやっぱりダイヤル式が使いやすい。360度ビューモニターを任意で確認しようとしてもスイッチが小さく使いにくいため、誤操作(パーキングセンサーを切ってしまうなど)しやすい。ヘッドライトウォッシャー・ワイパーデアイサー・ヒーターミラー・リアフォグのスイッチはどこ?いまだにさっと思い浮かばない。またはよく使う操作をセンターコマンダーに割り当てるなどのカスタマイズができるとよりいい。
【ナビ】
小さいと言われる画面については特に問題を感じない。他社のものが大きすぎなのでは。が、ずいぶんと大雑把な使用感とは思う。例えば現在地確認しようとすると文字が大きすぎて全文が入り切らず、結局どこにいるのかは分からずじまい。ナビゲーション中はそれもできない。
【エンジン】
この車の最も気に入っているところ。
低回転からの凄まじいトルクで、この図体をグイグイ加速させる。更に踏み込むと、ドロロロと野太いサウンドを奏でて、一気にレッドゾーンへ。この吹け上がりの軽さはディーゼルの常識を覆す。まあでも、このエンジンでここまで回すことはほぼない。なんといっても、低回転からの怒涛のトルクがこのエンジンの持ち味だから。緻密でメカメカしい音もいい。乗り物好きを興奮させる。モアパワーというインプレッションも見かけるが、僕には驚くほどパワフルで恐ろしく速いという感想。
△煤の問題。気をつけて乗っているつもりだけど、街乗りも多いため、長期的に今後どうなるか心配ではある。
【走行性能】
◯サイズを感じさせない、一体感のある自然な運転感覚。
◯このサイズ・車高でありながら、異例の軽快なハンドリング。ついついペースを上げたくなる。でもあくまで重量級のSUV、調子に乗るとブレーキ、タイヤ等に大きな負担がかかりそう。自制心との戦い。
◯路面に吸い付くような、どしっと安定した直進安定性。どこまでも走れる。
「落ち着いた走り」「キビキビは走らない」とのレビューもあるが、僕にはそう感じない。プレマシーもそうだったけど、安定感と走りのバランスが高次元。自然で軽快な運転感覚はこのサイズ・車高にしてプレマシーを更に上回る。運転していて楽しいというのは、1年たっても変わらず。
が、これは電子制御の恩恵によるものだろう。技術の向上とは本当に凄い。が、これはこの車の本来の姿なのだろうか。車を運転する楽しみって一体なんだろう?お節介な車に助けられた受け身の運転なのかな?それともなんの電子制御にも助けられていないまっさらな車に腕ひとつで乗ることなのかな?ファミリーカーやアウトドアスポーツの足としてはいいけど、車趣味的には疑問が残るかも。
【燃費】
街中    11km/L前後
郊外平坦路 15km/L前後
高速    17km/Lを上回ることも
この図体を軽々と動かす動力性能を持ちながらこの燃費、素晴らしいとしか言いようがない。そして、フル乗車であろうと、荷物満載であろうと、燃費は大きくは変わらない。さすがディーゼル。
【乗り心地】
電子制御のお陰で揺り戻しがスッと抑えられ、無駄な揺れはなし。高速、ワインディングともに快適。ルーフに荷物をがっつり積んで高速、ワインディングを走り回っても、無駄な揺れはない。前車プレマシーでは同じ条件でものすごくふらついていたし、車体もミシミシいっていた。
しかし乗り心地はプレマシーの方が上。CX-8にしてから残念ながら子どもが酔うことが多くなった。と思っていたら走行距離が6000kmくらいから乗り心地が格段に改善。子どもの酔いも減ってきた。
まあそれでも、車高が高い分着座位置が高く頭部の揺れ幅が大きい。なので、低速で路面が悪いとゆさゆさ揺すられる。前々車フォレスターといっしょで、SUVの乗り心地。
【安全装備】
◯リアからのオフセット衝突80kmまでをカバーする、国産唯一無二の衝突安全性。子どもが3人いて3列目を常用するため、この車一択。
【価格】
400万だからねぇ、一庶民が払える限界かと…プレマシーの倍近い。でも、子どもを乗せる以上、たとえ値段が張っても安全性の高い8を選んだことは正解。
【総評】
ファミリーカー、アウトドアスポーツの足として、この上ない車を選択できたと、1年たっても強く感じる。特にエンジン、高い衝突安全性。
また、電子制御のお節介は余計な心配や疲れがないため、とてもいい。車自体が趣味という人には向かないが、そういう人が家族・仲間と過ごすため、という場合には最高の妥協点だろう。そしてマツダというメーカーは車自体はとても良い物を作るが、スイッチの配置や使いやすいナビなど、そういうところを構築することが苦手なのかな、と感じた。安全性にもつながる部分なので、今後のアップデートに期待。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年7月
購入地域
埼玉県

新車価格
399万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

CX-8の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった80人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
【購入後再レビュー】プレマシーから乗り換え・ミニバン代わり
   

   

プレマシー(スカイアクティブ)から乗り換えです。子ども3人いるファミリーがミニバン→3列SUVへ乗り換えてどう変わったかをレポートします。考慮したのが何より安全性。特に常用している3列目。聞くところによるとミニバンの3列目には安全性の基準がないとのことで、そこを基準にするとCX-8一択でした。
【グレード・エンジン・装備】
どのエンジンにするかで迷い、何度も試乗。どれもいいエンジンですがディーゼルに最もときめきました。低回転からガチッと動じない感覚のトルク感、緻密でメカメカしいエンジンサウンド。CX-8の性格に最も合っています。
雪道を走行する機会が多いのでできればAWD、フル乗車でアウトドアに出かけるため、テント、自転車、カヤック、スキー等は屋根に積むので、ルーフレールは必須。子どもが3人いるため、ミニバンのように使える6人乗りセンターウォークスルーで。BOSEサウンドシステムについては、ラゲッジ内のウーファーの音が浮いた感じだったのに違和感を感じたのと大音量で音楽を聴く趣味はないので、見送り。
【エクステリア】
長くてでかくて、クジラみたい。ノーズ先端が逆オーバーハングになっていて睨んでいるみたい。怖い顔は、ニカッと笑ったプレマシーが好きだった子どもの評判が悪い。ただ、他社のミニバンのように無駄なメッキがないところは品がいいと感じます。エクステリアについてはあまり興味がなかったところですが高品質感は醸し出しており、自分の車になってからだんだん愛着が出てきました。
【インテリア】
前車がプレマシーなので質感は当然いいと感じます。というか、我が家みたいな子育て世帯にはオーバースペックすぎ。というのは、ピアノブラック部が一瞬で指紋だらけに…決してファミリー向けではありません。収納はプレマシーより半減以下。グローブボックスは取説を入れたら他はほとんど入らない。ドアポケットも小さく、タブレットを入れられない妻から不満が。そして室内の雰囲気が暗い…狭い窓面積、太いピラー、黒い天井…とにかく暗い。床が高く、乗り降りや荷物の出し入れがしにくくなってしまいました。が、これはミニバンではなく、SUV。ミニバンの低床レイアウトは、車体剛性を犠牲にしていると聞いたことがあるので、ここは利便性より安全性を優先させます。
スライドドアを失い、ドアの開け閉めにはものすごく気を使うように。ミニバンのような利便性、開放感はなし。まあでも、この車はファミリー向けに特化されたミニバンではなく、マツダのフラッグシップSUV、割り切って工夫して乗るとしよう。
室内幅が広くてゆとりがあっていい。2列目は極上の快適さ。3列目はプレマシーのそれよりずっと広く、しっかり座れる。床と座面の高さがやや低いが、足元は広く脚を伸ばせるので楽。ただ、ピラーや屋根が迫ってきていて閉塞感が大きい。箱型ミニバンのような開放感はありません。
オーディオははじめスカスカした感じだったのがイコライザーを少し調整したら満足いく音に。普通に聴く分にはBOSEはなくてもいいかもしれません。またサブトランクボックスが犠牲になっていないので、我が家では見送りで正解。
【エンジン性能】
アイドリング時の音に息子たちはトラックだ、バスだと大喜び。加速時にもディーゼル音は聞こえますが、車内は十分静かでプレマシーよりずっと静かなのは衝撃的!音質に好みがあると思いますが、僕は好きです。
1500〜2000回転くらいで巡行中にアクセルを踏むと、キックダウンせずにグイグイ加速。街乗りでも高速でもワインディングでも、アクセルの踏み込みは少ないままものすごい動力性能を発揮。この感覚はガソリン車にはないもので、選んで正解と乗るたびに思うポイントです。この感覚が好きです。
【走行性能】
こんなに車高が高くデカいのに、不安定な揺れはなし。図体に似合わず軽快に曲がり、スッと揺り戻しが抑えられるのがすごい。写真のように、フル乗車して荷物とカヤックを屋根に積んで高速、ワインディングを走り抜けてもロールも揺れも少なく、安定して走れるのには驚き!これもGベクタの恩恵か?
【乗り心地】
硬めの足回りのため低速で路面が悪いと車高が高い分かなり揺すられます。走り込むと少しこなれるのでしょうか。それが高速やワインディングでは氷の上にを滑るかのような滑らかな乗り心地に。フワフワした不安定さは全く感じられないので快適。子どもが車酔いしなくなりました。
【燃費】
ひと通り街乗り、高速、ワインディングをフル乗車・フル積載で500kmほど走り、14km/L。この図体でこれだけの燃費はすごい。
【価格】
国産車最高水準の安全性能を買ったと思えば安いもの。適正な価格設定と言えるでしょう。しかし…子ども3人&住宅ローンを抱える一介の労働者に簡単に払える金額ではないが子どもを乗せる今のライフステージにおいて安全性に出費を惜しむべきでないと考え、奮発しました。
【総評】
とりあえずはミニバンの代わりに使えます。車好き、ドライブ好きな人にとっては多少の利便性の低下に目をつぶっても満足度は高いでしょう。街乗り、近距離中心の人にとってはミニバンの方がいいかもしれません。僕は前者なので満足度は高いです。ただし命に直結する3列目の衝突安全性が国産車随一という事実は3列目常用する人はよく考慮すべきところです。
ただ安全装備は経年劣化、ちょっとした衝撃等でセンサーに狂いが生じるとか、そういうことは起こりえないのかな?ちょっとしたことでも修理が大がかりになりそう。過信はしないで、自分の安全運転技術を磨くことを怠らず付き合っていきます。また、これらの装備を全てオンにしておくと運転が面白くないです。家族で乗るときはオンにして、一人でハンドルを握る時にはオフにして、マニュアルモードで走るとしよう。
マツダのディーラーについて、良くない評価を見ることが多いですね。僕の担当者さんは誠実でとてもいい方で、プレマシーの時からお世話なっています。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年7月
購入地域
埼玉県

新車価格
399万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

CX-8の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格1
欲しい。でも…

マツダ車、好きです。これまで数々のメーカーの車に乗ってきたけど、マツダ車の乗り味がいちばんしっくりきています。フラットな乗り心地、ドライバーの意図に忠実な自然な挙動、適度にスポーティなハンドリング。長距離運転して疲れないこと、これは車で旅をするのに最高の性能です。で、我が家ではプレマシーに乗っていて、入庫の際に試乗しました。

【エクステリア】【インテリア】
一般的にはかっこいいし広いと思います。でも、外観や高級感に無頓着な僕は以下のように感じました。

長くてでかくて、クジラみたい。長いノーズはあまり好きでない。特にフロントタイヤの前に突き出した部分の長さ、それでいてリアは妙に寸詰まりなところ、好みでない。CX3、5よりはマシだけど。僕の感性が鈍いのか、特にときめくものがない。ただ、他社のミニバンのように無駄なメッキがないところは品がいいと感じます。

インテリアは高級!こりゃ、買い替えたら子どもがマックのハッピーセットを食べ散らかすのは禁止しないとな。

室内幅が広くてゆとりがあっていい。2列目も広々。3列目、案外広く、使えなくもないが、ピラーや屋根が迫ってきていて閉塞感がすごい。箱型ミニバンの代わりにはなり得ない。また、ファミリーユースには室内高はもっと欲しい。リアにいくほどルーフが下がってるのは使いにくい。車の性格上、こんなものかも知れないし、マツダ曰く、空力特性を良くするためとのことだけど、それよりも我が家としては使い勝手を向上させて欲しかった。パジェロみたいな、四角いレトロなデザインの方が好きだなあ。

いろいろな豪華装備。あれば便利、でもなくても車自体の良さになんら影響はない、「走る・曲がる・止まる」さえしっかりしているので。それらは家電製品のように、経年により少しずつ壊れていく運命でしょう…長期的に見て、それはかなりストレスかと。装備を簡略化したシンプルな仕様が出ないかなあ。

【エンジン性能】
静か!旧型CX5では、これはやっぱりディーゼルだねえ、という感じだったけど、ずっと洗練されている。というか、ウチのプレマシーよりも静かじゃん!

試乗レベルの街乗りでは、軽快に走れる動力性能を持っていると思うけど、それはプレマシーとさほど変わらない印象。思ったよりもパワー感はなかった。車重が2トンもあるから仕方ない??高速やワインディングで試してみたいところ。

【走行性能】【乗り心地】
こんなに車高が高いのに、どうして揺れない?こんなにデカいのに、どうしてこんなに軽快?カーブを曲がっても、車の挙動はスッと自然。軽快な操縦性能は街乗りさえも楽しくしてくれる。高速やワインディングに持ち込みたい。

それでいてこの乗り心地。ザラザラ感さえなく、氷の上を滑ってるかのよう。そしてスッと段差を乗り越える。フワフワ感は全くなく、スッと振動を吸収。旧型CX5はかなりハードな乗り心地だったと思うけど、ある意味落ち着きすぎた感があるくらいのCX8の乗り心地は、僕はロングツアラーとして歓迎します。

【燃費】
試乗なので分からないけど、ディーゼルの特性と走り方を考えると、かなりいいのでは。

【価格】
高い…性能、快適性、高級感に対して適正な価格ともいえるのかも知れないけど、それでも子ども3人&住宅ローンを抱える一介の労働者に簡単に払える金額ではない。多人数乗車できる車が必要な人ほど、カネにはシビアでしょ、と思うのだけど…プレマシー、カムバック!

【総評】
欲しい。特に、走りと乗り心地。ミニバンの「所帯じみた雰囲気」がかっこ悪く、そのためCX8が売れている、というような記事を見たけど、僕はむしろ、家族みんなで賑やかにドライブしてるなんて、羨ましいくらいの話じゃないかな。でも所帯じみたミニバンというのは、どれも運転していてつまらない、とは思う。CX8、運転していて楽しい。縁があったならば、運転を楽しみながら所帯じみた使い方をしてやろう、高級車なんかではなく、道具としてガンガン使ってやろうと思う。多人数乗れるSUV、そんな使い方が似合うんじゃない?

でもプレマシーの良さも再認識。もちろんCX8の方がずっと高級で洗練されてはいるけど、走り・乗り心地に関してはプレマシーも同じ「血統」の車であることが分かっちゃった。そんな隠れた名車プレマシーを手放して、倍近い価格のCX8を買って、ランニングコストも増加して、それでも倍の喜びを得られるだろうか。いや、たぶん金欠に苦しむでしょう…出かける頻度も下がるでしょう。それは本末転倒な話。気を使わずにガンガン使えるって点では今のプレマシーがむしろいい。そして何よりスライドドア。小さい子がいると、安全上手放せない。マツダがスライドドア車をなくしたってことは、我が家みたいなユーザーを切り捨てた、ってことでしょうか。

でも我が家の使い方では、車高の高い四駆はやっぱり欲しい。あこがれとしてとっておいて、下の子がマックのハッピーセットを選ばなくなったら買おうかな。ガソリンエンジンでシンプル装備の廉価版が出ればねえ。(ディーゼルの陰に隠れがちなSKYACTIVE-G、とてもいいエンジンです。)

レビュー対象車
試乗

参考になった37

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-8 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

CX-8
マツダ

CX-8

新車価格:294〜500万円

中古車価格:238〜480万円

CX-8 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <752

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CX-8の中古車 (409物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意