E3000 FI-E3DSS レビュー・評価

2017年 5月18日 発売

E3000 FI-E3DSS

  • 強調した音域を作らないことで、高い解像度と広いサウンドステージを実現。低音から高音までバランスよく再生する。
  • 音響工学や心理学を踏まえた音質設計により、周波数特性のカーブを全体に滑らかにすることで、高い解像度を実現。
  • 耳道の傾きにジャストフィットする独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」を採用。鼓膜に音がダイレクトに伝わる。
E3000 FI-E3DSS 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥3,755

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥3,755

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥3,755¥5,480 (10店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥4,417 〜 ¥4,417 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 ハイレゾ:○ E3000 FI-E3DSSのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • E3000 FI-E3DSSの価格比較
  • E3000 FI-E3DSSの店頭購入
  • E3000 FI-E3DSSのスペック・仕様
  • E3000 FI-E3DSSのレビュー
  • E3000 FI-E3DSSのクチコミ
  • E3000 FI-E3DSSの画像・動画
  • E3000 FI-E3DSSのピックアップリスト
  • E3000 FI-E3DSSのオークション

E3000 FI-E3DSSfinal

最安価格(税込):¥3,755 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 5月18日

  • E3000 FI-E3DSSの価格比較
  • E3000 FI-E3DSSの店頭購入
  • E3000 FI-E3DSSのスペック・仕様
  • E3000 FI-E3DSSのレビュー
  • E3000 FI-E3DSSのクチコミ
  • E3000 FI-E3DSSの画像・動画
  • E3000 FI-E3DSSのピックアップリスト
  • E3000 FI-E3DSSのオークション

満足度:4.33
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:89人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.54 4.18 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.25 4.15 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.13 4.13 -位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.27 4.08 -位
外音遮断性 外の音を遮断するか 3.53 3.81 -位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 3.50 3.78 -位
携帯性 コンパクトさ 4.54 3.82 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

E3000 FI-E3DSSのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「接続対象:オーディオ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

タケヒー(NT_766)さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
3件
0件
スマートフォン
3件
0件
キーボード
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン5
高音の音質1
低音の音質2
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

4年前にオーディオテクニカのATH-CK330Mという製品を3000円程度で購入し、使用してきたが、経年劣化でシリコンのベタベタがひどくなってきたので仕方なく替えることに。au STARのキャンペーンでこいつが目に留まり、評価も良かったので注文したが、完全に見た目に騙された。

【デザイン】
最高。ステンレス筐体の高級感。見た目に命を懸けてる。ただ、ケーブルの質感は安っぽい。
【高音の音質】
悪い。クリアな音質を期待した私がバカだった。濁ったような音質。
私みたいにグラフィックイコライザーで4k〜16kHzの高音を上げる人には多分向いてない。
【低音の音質】
ドラム等の極端な重低音だけ優秀。それ以外はスカスカ。
【フィット感】
軽いのでそこそこかな。ただ、イヤーピースにゴミが付きやすい。
【外音遮断性】
曲がりなりにもカナル型なのでそこそこ。
【音漏れ防止】
優秀...と言いたいところだが、ただ単に最大音量が小さいだけ。
【携帯性】
ゴミが付きやすいので専用のポーチに入れたほうがいい。ケーブルが絡みやすいのがイラつく。

【総評】
使う人を選ぶ音質。まともなのは重低音だけ。クリアな音質は期待できない。CK330Mの方がクリアな音質で音量も大きく低音から高音までしっかり聴こえる。
見た目は最高だが、肝心な中身が追いついてない。特にトサカにきたのが取説の不親切さ。取説らしきものはあるが、まともな取説を読みたいならQRコードを読み取り、ネットのPDFを読めと。しかもイヤーピースのサイズ表記がなく、色分けもされておらず隣に並べて比べるしかない。
こんなクオリティで5000円とかマジでありえねぇ。au STARの貰い物だから許せるが、お金出して買ってたらマジで発狂レベル。
まぁ、お金出して買うときはしっかり試聴するからこんなことにはならないけどね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

イチゴケヱキさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
マウス
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止3
携帯性3

価格破壊を起こし5000円以下の音質の基準を底上げした名機として名高いE3000は、2020年も終わりにさしかかった今でも色褪せません。

接続環境は「iPhone 8 Plus → UGREEN Lightning to 3.5mm」および「PC → Topping E30 DAC → Topping L30」になります。

このイヤホンは能率がやや悪く、再生機器の性能の影響を大きく受けます。音質部分の☆評価は、前者のスマホ直挿し環境の場合であり、後者の据え置き環境の場合は高音・低音ともに☆5を与えても良いほど素晴らしいものです。

【デザイン】
感性によるものが大きいですが、この価格帯で金属筐体はやや高級感があります。

【高音の音質】
高音は暖色傾向も相まって若干控えめですが、特に据え置きの環境の場合に質感が良好です。しかし、スマホ直挿しの場合、中高音がブーミーな低音に邪魔されて凹むことも少なくなく、好みが分かれる部分かと思います。

また、音の繋がりや質感が非常に自然で、ましてや刺さりなどは完全にないと断言してもよいほどです。加えて、音場が非常に広いため、中高音・高音の音数が多い楽曲の場合、同価格帯ではありえないほどの相性を感じることがあります。

【低音の音質】
低音はやや強めに誇張され、スマホ直挿し環境では引き締まりに乏しくブーミーな質感も相まって、楽曲によってはボーカルの邪魔をしたり全体的な解像感を悪くしたりすることもあります。

据え置きの環境の場合、低音が適度に引き締まり、分離が劇的に良くなり、中音域を覆わなくなりました。これが全体にメリハリや解像感を生み、一気にハイレベルな音質に変化します。

【フィット感】
筐体が小さすぎるので筐体が斜めにはなりやすいものの、イヤーピースが大変優秀なのでサイズさえきちんと合わせれば非常に良好です。

【外音遮断性】
遮音性は標準的かやや低めです。

【音漏れ防止】
標準的で非常識な運用をしない限り、何ら問題ありません。

【携帯性】
特筆すべきものはありません。

【総評】
2017年、このE3000が業界に一石投じて以来、ここ3年で随分と5000円以下でも素晴らしいイヤホンが増えてきました。

そのため、現在では一聴すると地味で能率がやや悪い本機を第一に勧める理由も少なくなってきたのも事実です。評価が分かれやすい理由もここにあります。

しかしながら、広大な音場や聴き疲れにくさといった長所が際立つ、価格帯最高クラスのイヤホンのひとつであることに変わりありません。

特にDAPやポータブルアンプ、据え置きヘッドホンアンプなどを所持している方には同価格帯で真っ先に勧めたいリファレンス的イヤホンです。

個人的には、スマホやPCに直挿し、もしくはオーディオインターフェース等での運用ならば、intime 碧Light 2019Edition、もしくはfinal E2000の方をおすすめします。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Dante-G188さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
5件
イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性5

良い音がします。
能率が少し悪いので出力は専用DAPか、ポタアンが良いと思います。
昔、MDR-EX510SLを買う前にfinalからE3000が出ていたらE3000を買っていました。
音質は高域、中域、低域、どの帯域もしっかり出ていてバランスが良い。
具体的に言いずらいのですが、空気感がちゃんと伝わってきて上品です。
うん十万もするシステムは持っていません。しかし、
アンプは良いものを使うと本領を発揮してくれる機種じゃないかと思います。
値段に似合わずに、この値段でこの音を実現しているのは凄いです。
携帯性はとても良くコンパクトです。ですが音はそれなりに漏れます。
フィット感は良くはないです。角度を少し変えて軽く押し込んでます。
デザインはシルバーの金属の鏡面仕上げで綺麗です。
遮音性は普通ぐらいです。
筐体からケーブルが伸びています。その部分が脆そうです。
引っ張ると切れるのではないか心配です。
耐久性はあまり期待しない方が良いと個人的には思います。
FPSでは能率があまり良くないのでコントローラーに刺すには向いていません。
ですが音はエントリーの中でもかなり良い方だと思います。
満足しています。

比較製品
SONY > MDR-EX1000
SONY > MDR-EX510SL (B) [ブラック]
オーディオテクニカ > SOLID BASS ATH-CKS1100
主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tam-tam17701827さん

  • レビュー投稿数:159件
  • 累計支持数:1388人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
117件
1199件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
25件
スマートフォン
4件
14件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性5

【デザイン】
価格に見合わない高級感さえ感じさます。素晴らしいですね。

【高音の音質】
高音が綺麗だと評価の多い本機ですが少し厳しい点数をつけています。
総括にて後述します。

【低音の音質】
音質に対して細かく言及することはあえてしません。
多数のレビューで語り尽くされていますから。
ここも厳しい点数にしてあります。

【フィット感】
上位機種のe4000,e5000よりも良いと思います。フィット感は高いですね。

【外音遮断性】
平均点です。可もなく不可もなく。

【音漏れ防止】
平均点です。可もなく不可もなく。

【携帯性】
ケーブルが非常に柔らかくコンパクトに収納できます。良好ですね。

【総評】
個人的に満足度、音質の評価点をシビアに辛めにしてあります。(☆4つなので高得点と思われる方も居るかと思いますが辛めの点数です)

e3000,e2000ともに所有してます。現在もたびたび使用しており現役です。

この両機種においては5000円程度で購入出来る物としては非常に価値のある画期的、歴史的イヤホンとの認識でいます。
この価格帯においての安かろう悪かろうというイメージを完全にひっくり返してしまった功績は大きく評価されるべきであり、軒並み高評価が高いのも非常に納得できるイヤホンです。これが国内製というのは大変素晴らしく感じています。

では何故辛めの点数を付けたか?これはe2000の存在そのものが原因ですね。
製品型番から与える印象としてe2000、e3000と並べてしまうとe3000が上位機種というイメージを与えかねません。
さらに価格設定もこちらのが高く設定してありますので益々その様な印象を与えてしまうでしょう。

実際e2000はe3000の下位機種という認識でおられる方も多数いらっしゃると思います。
購入にあたりどうせ買うならケチらずに高い物にしようとイメージだけでこちらのイヤホンを選択してしまう方も多いのではないでしょうか?
イヤホンを多数所持している方からすればそんな事でいちいち細かい事を言うな!高価なイヤホンじゃないんだから、という声も聞こえてきそうですが、さらに安いe1000の開発背景を考えますと、例え非常に安いイヤホンであってもキチンとした意見を言うべきという認識でいます。

二つのイヤホンを所有している立場から申しますと主観的ではありますがe2000のが優れているという見解です。
この二つのイヤホンのうち、どちらかを購入したいがどちらにして良いか決めかねる、という方も非常に多いと思います。
こういったレビューを読んでいる方が全て社会人という訳ではないですから。

様々なレビューを見ても読めば読むほどに分からなくなった、という方も非常に多いと思います。(それぞれのレビューで真逆な意見を書いてある)
まずはこの二つのイヤホンの大きな違いについて、インピーダンスは16Ωと同じ、ドライバーも同じものを使用してます。しかし感度が違います。
e2000が102dB、e3000が100dBです。非常に微々たる差しか感じとれません。
これは公表されている数字ですが実際はこの数字以上にe3000は大変鳴らしにくく並みのDAPではお手上げ状態です。

私個人では据え置き型のヘッドホンアンプで駆動させていますがインピーダンス600Ωのヘッドホンが音割れを起こすレベルまでボリュームを上げてもe3000では大音量というレベルまでいきません。以下にパワーが必要かが分かると思います。

スマホ直結、圧縮音源、といった環境で使用するならば確実にe2000をお勧めします。
搭載しているドライバーが同じですので、それで感度が下がってしまうのは何らかのフィルターをかけているからであり、余計なものを通す事で確実に音は劣化していきます。ドライバーの性能そのものを体感したいならばやはりe2000に軍配が上がります。

この価格帯のイヤホンの購入を比較検討されなお悩むという事を考慮すると極めて高額な再生機器をお持ちの方というのは考えづらいので。
プレゼント用ならば見栄えの良いe3000は高級感も感じさせる綺麗なハウジングですのでこちらが良いかもしれませんが、完全に私用で使うとなると色々考慮しなければならない点がたくさんあります。
余計なものを通す事で確実に音は劣化すると書きましたが実際の音質ですべてにおいてe2000の勝ち、とならないところがaudioの面白いところであり難解な部分でもあります。

e2000のがクリアーでありメリハリのある音を出します。
感度もe3000に比べると良いのでスマホなどでも鳴らしやすく主にヴォーカル主体のものや、流行歌などの鑑賞でしたらこちらをお勧めします。
(それでも平均レベルで比較すると、音量の取りづらい部類に入りますね)
小音量でも構わないという方、また音場の広がり臨場感などを重視される方はe3000がお勧めですね。
またe2000はクラシック音楽とは何故か相性が悪く、クラシック音楽主体で鑑賞される方もe3000のが良いと思います。



主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった35人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

16台目さん

  • レビュー投稿数:279件
  • 累計支持数:1392人
  • ファン数:17人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
172件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
51件
2件
デジタルカメラ
7件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

ボディーにはFINALとE3000の文字。

LRの表示はちょっと見難いかな。

後ろは穴でしょうか?バランスの良さの秘訣?

プラグ等。ケーブルは細い。

左からE1000、E3000、E5000です。

プラグとケーブル。左からE1000、E3000、E5000です。

【デザイン】
細身なシルバーの本体と黒のイヤーピースで、シンプルなデザインですので飽きません。下に白の文字で書いてはありますが、左右がわかりづらいのが難点かなあ。

【高音の音質】【低音の音質】
うたい文句通り、高音の伸びや重低音が特に強調される訳ではありませんが、音域「バランスの良さ」とその全域でのクオリティは、この価格帯では奇跡の逸品と思います。
筐体がプラスチックのE1000と比べてみればよくわかりますが、響きが少ないため、音のキレが良く、低音の制動もよいのでどんな音楽でもソツなくクオリティ高く聞かせます。逆に、少し落ち着いた硬質の音とも言えるかと思います。ちなみに上位機種になるE5000(値段6倍以上!!)よりも音にメリハリがあって、個人的には好みです。クオリティの差は値段の差ほど大きくないように思います。
比較的素直な音質なので、プレーヤーやヘッドフォンアンプの性格をダイレクトに出してくれます。例えば、手持ちのだと、DENON DA310USBのヘッドフォン端子で聞くと低音がズンズンと迫ってきますし、iFi-micro iCAN SEで聞くと中高音のリアリティがきちんと表現されます。
中高音域の響きが少ないため、音場も適度に、左右のセパレーションもしっかりしていて、定位が正確です。また、音は近すぎなくて適度です。低音も制動が聞いており、かつ十分に強い低音が出ます。
一方で派手な音では無いため、ポータブルプレーヤーなどで外で聞いた場合に、なんだか地味な音に聞こえるかもしれませんが、デスクトップでしっかりしたアンプで聞くととても質の高い、本格派であることがわかります。
5万円クラスのヘッドフォンの後に、このイヤホンに付け替えても、クオリティに若干の差はありますが、音のレンジが広く滑らかで、定位もしっかりしているため、違和感はありません。それくらい本格派で良いです。

【フィット感】
太くはない真っ直ぐの本体ですので、邪魔にならず耳に入りやすく良いです。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
典型的なカナル型ですし、前述の通りフィットしますので良いと思います。

【携帯性】
本体小さめ、ケーブルはかなり細身で長さも適度ですので良いです。

【総評】
まずもって、メーカーの良心を感じます。この価格帯では特に高音域の頭打ち感を持ちやすいのですが、そういう感じもしませんし、変な響きで音色に癖がついてもいません。例えば、特に高音域のキラキラ感がどうしても欲しいという人は不適ですが、音が全域で素直で、キレが良く十分に力強い低音を持っているので、どんなジャンルでも聞けます。オーケストラを聞いても変な響が無いので音がごちゃごちゃせず不満を感じさせません。
コストパフォーマンスは大変良い逸品と思います。みなさんの評価が高いのがよくわかります。メーカーはきっと値段をつけ間違えましたね(笑)。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

syutorohonfonさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:538人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
32件
422件
ゲーム機本体
0件
208件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
127件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5

先日、AZLA SednaEarfitというイヤピに交換したら付属のEタイプイヤーピースやJVCのスパイラルドットイヤーピースよりE3000と好相性でした
3つのイヤーピースの中ではE3000+SednaEarfitが私は一番好ましい組み合わせでした

付属のEタイプとSednaEarfitと両方で聴いた感想を併記したものをレビューします

【デザイン】

E2000はハウジングはアルミでしたがE3000はステンレス製
マットな仕上げのE2000に対しE3000は鏡面仕上げで高級感があります

左右の区別がつきにくいのもE2000と同じです

【音】

・Eタイプイヤーピース

・高音

音が伸びきらないのが気になります
E3000を「篭っている」と評価する人の理由の大部分はイヤーピースに原因がありそう

・中音

ボーカルが遠い上に狭い場所で歌っている感じ
ただE3000の音の方向はボーカルよりも楽器に焦点を合わせているので、E3000としては欠点というほどではないです
楽器のみの曲では潤いのある音が他のイヤホンにはない魅力です

・低音

濃密な低音
少し音と音とが団子状になって聞こえるところもあるが、面白い低音です
Eタイプの長所はこの低音の濃密さ
短所は少しだけ低音過多かも

・AZLA SednaEarfit

・高音

Eタイプで感じていた閉塞感が取り払われて見通しがよい音になりました
Eタイプが頭打ちする高音、JVC スパイラルドットがふわっとした優しい高音に対してSednaEarfitはストレートな高音のイメージです
スパイラルドットほどではないものの、音場は広くなります

・中音

Eタイプだとボーカルが一歩も二歩も引いた所にいる感じだったのが、SednaEarfitだとボーカルが鮮明になります
のびのびとした歌声と感じます
Eタイプの時よりもE3000でもボーカル物にある程度対応できる様になったと思いました
声楽やオペラなども程よく聴けるように変わります

・低音

Eタイプに比べてわずかに低音が減りますが、音のダイレクト感が強くなるので迫力は増す印象です
どちらが良いかはユーザーの好みによるところも大きいですが、Eタイプは膨らむ低音、SednaEarfitはある程度締まった低音です
タイト過ぎはしないのでアコースティックな曲の空気感を邪魔するほどではありません

スパイラルドットの場合は低音が減りすぎたので、ここがネックでした

同社製イヤホンE2000とE3000の音のチューニングの違いが1番よく分かるのも低音の質の部分です
E2000はスパッと切れる余韻、E3000は少し余韻が続くといった違いがあります

【フィット感】

軽くて快適
E2000より少し重いらしいがほとんど気にならない
ケーブルのタッチノイズが多いのも同じなので耳の後ろから回すシュア掛けを推奨

【外音遮断性】

Eタイプだと遮音性は普通から少し外の音も聞こえるくらい
遮音性を重視するならシリコンよりウレタンを選ぶべきなので、遮音性を重視する人はウレタンイヤーピースに交換するといいかも

E3000はどちらかというと屋外より屋内で使いたいタイプのイヤホンなので遮音性はあまり気にしません

【携帯性】

E2000と同じく、軽い、ハウジングが小さい、ケーブルが柔らかい、の三拍子で携帯性は良好です

【総評】

E2000だとスマホでもある程度鳴ってくれる融通性がありましたが、E3000をスマホで聴くと明らかに実力不足が分かるのでDAPやアンプに気を使うイヤホンですね
ポータブルアンプを使って曲を聴く時に使いたいです

E3000の合うジャンルの曲はよく言われる通りジャズ、クラシックなどですが、ドラマや映画のサントラもマッチします
ボーカルよりも楽器にスポットを当てたチューニングなので、シングルCDなどについてくるインスト版のトラックの曲を聴く場合なども新しい印象で聴けるのでおすすめの使い方です
意外と曲の鑑賞の他にもスマホやタブレットで映画を見る場合などにも豊かな低音がマッチして楽しめます
映画の鑑賞の場合は音楽の時よりもプレーヤーの実力はあまり気になりません

リラックスして音楽を聴く時に活躍してくれるイヤホンですが据え置きアンプやUSB-DAPに繋いだ時など5,000円前後のイヤホンとは思えない表現をしてくれる時があり、いろいろな発見があって面白いイヤホンです

再レビュー:文章を読みやすく整理しました

比較製品
final > E2000 FI-E2DALS [MATT SILVER]
主な用途
音楽
映画
接続対象
オーディオ

参考になった7人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

茶屋 甘味処さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
19件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤーアクセサリ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止5
携帯性3

再生環境
NW-ZX300 (アンバランス スマホとかに挿せるプラグと思ってもらえたら?) + E3000
SU-AX01 (アンバランス) + E3000
イヤーピース 付属イヤーピース・Sony ハイブリッドイヤーピース

比較対象
E2000 ・ Sony XBA-Z5 (論外な価格差ですのでふーん( ´_>`)程度に思ってもらえたら)

【デザイン】
ステンレスの鏡面仕上げということもあり、なかなか高級感があります!
ですが・・・ケーブルが細すぎて断線しそうですしちょっと安っぽく見える?感じはあります。

【高音の音質】
最高です!全体的にフラットにしたというメーカーさんの書かれている通り、どこにも強くなっているところが見えず、曇りも感じられません。
XBA-Z5のようなどこまでも伸びて見渡せるレベルです。(まぁこの価格帯を購入される方はXBA-Z5なんて知らないし聞いたことないと言う方が大半だと思いますのでまぁスピーカーのような感じと思ってもらえたら?)
臨場感も広がりも凄くてこの価格帯ではあり得ないような音を出してくれますよ。
E2000はシンバル辺りの音を強調しているように聞こえ、正直少し聞くとか、アニソンとか聞くならおすすめはしますが、聞き疲れしそうと感じました。

【低音の音質】
高音をめちゃくちゃ上げてるからどうせこの価格帯だし低音は無理なんでしょう?と思った方。
そうじゃないんです、低音も芯があってズンっといった鳴り方をしてくれるんです。
流石にフラットなせいで室外では低音どこいったの?と言う感じで低音がほとんど無くなってしまいますが、この価格帯でのこんな鳴り方をしてくれるイヤホンはなかなかありません。
まさに私の中では名機です!

【フィット感】
筐体が小さいので長時間の視聴でも十分耐えられます、それに耳かけも出来るのでコードが当たって音楽を楽しめないと言う方にもおすすめができます。

【外音遮断性】
ここは・・・流石に筐体の背面が空いてるためにそこそこ聞こえます。
まぁ・・・音と引き換えだと思えば?

【音漏れ防止】
大丈夫だと思います。
友人に近づいてもらってもiPhone付属のイヤホンより全然大丈夫ということや他のイヤホンと大差ないと言われたので。

【携帯性】
元々耳かけではないので携帯性は良かったと思います。
耳かけ用のを着けると多少悪くなりますけどね。
あとポーチが少し残念で筐体に傷がついてほしくないと言う方はしっかりしたケースを購入されるのをおすすめしますよ。

【総評】
5000円どころか私としては下手なダイナミックドライバーやバランスドアーマチュアドライバーを採用しているイヤホンよりもいい音に感じます。
あと流石にXBA-Z5には絶対追い付けませんが、それでも音の感じは似てますね。
私としてはちょっと高めのイヤホンを買ってみようと言う方や高級なイヤホンを所有されている方にもE3000を一度聞いてもらいたいと感じましたね。

出来る限りイヤホンのことが分からないという方向けに分かりやすくしたつもりなのですが、これでも分からなければすみません。
下に補足着けておきます。

最後にこのレビューは私の主観ですので不快になられた方はすみません・・・。

補足部分
ダイナミックドライバー
振動板というイヤホンの心臓みたいなものです。
高級機にも使われはしますね。
採用されているのはMDR-EX155やE3000・E2000等ですね。(ちなみにXBA-Z5にも使われてます
バランスドアーマチュアドライバー
振動板です、高級機によく使われてます(音が良いとは言いませんが)
採用されているのはネット等見てるとSE535やXBA-300等ですね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

!@#$%さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
2件
キーボード
1件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5

【デザイン】
クロームシルバーで輝くコンパクトな筐体はとても美しくて所有した満足感を与えてくれます。
しかし印刷が一色のため右左が分かりづらいのが残念。
また表面が滑りやすくて耳から抜くのに苦労します。

【高音の音質】
シンバルもチャイムもきれいに鳴らしますが、突き抜けるような冷たさはありません。

【低音の音質】
低音は文句なく聞かせてくれます。ドラムの位置がしっかりわかるのはこの価格帯では珍しく、特筆するところでしょう。
またコントラバスなど弦楽器はこのイヤホン独特の響きが良い方向に演出されてとても美しく聞こえます。
またヒップホップやEDMとはかなり相性が良くライブ感ある響かせ方がイヤホンのグレード以上に聴かせてくれます。

【中音の音質(声)】
評価欄にこの項目がないのがこのイヤホンを過大評価させている原因なのでしょう。

独特の響きが歌声に薄い膜をかけてしまいます。
太い男性の声は響くように演出されて美しく聞こえるのでヒップホップやフォークソングは良いのですが、若い女性の声は少し丸くなり大人の女性のような声に変化するのでアイドルやアニメソングには向いていません。
またにぎやかな曲では女性の声が楽器の背後に隠れてしまい聞きづらくなることがあります。

しかしこの響きはボーカロイドには良い効果を与えています。電子的な声の角が取れて滑らかなになり、自然な歌声に近くて聞き取りやすい声になるのは面白く感じます。

余談ですが、独特の響きが落語と凄く相性が良いのは特筆するべきことでしょう。
イヤホンが噺家さんの声を生々しく響かせ、客席の物音や笑い声に包まれるライブ感は寄席にいるような錯覚を与えてくれます。
おそらく漫才や講談とも相性が良いのではないでしょうか。

【フィット感】
小型なのですっぽり耳に収まります。
しかしイヤーピースが柔らかくて抜くたびに裏返るのは少々残念。

【外音遮断性】
しっかり遮断しますが無音というわけにはいきません。
他社のイヤーピースに変えればより遮断性が上がりますが、社外品なので割愛します。

【音漏れ防止】
少し離れれば聞こえませんが電車で隣に座るとかすかに聞こえてきます。

【携帯性】
小型イヤホンですので携帯性には困りません。
ケーブルがとてもしなやかなので滑りが良くて絡みづらく、ポケットに入れても取り出しに苦労することはありません。

【総評】
楽しめるジャンルが厳しく限定されたイヤホンです。
ヒップホップ、DTM、ジャズなどは非常に美しく聴かせてくれますが、歌声を楽しむポップスやロックなどを好む人は避けたほうがいいでしょう。

また他のイヤホンにはない独特の響きを持っています。ギターやピアノなどはその響きが良い方向に影響して臨場感溢れた空気感を演出してくれるのですが、高音の電子系の音楽になると音のエッジが丸くなり電子的な響きが台無しになりますので注意が必要です。
しかし前述の通りボーカロイドや落語には良い影響を与えていますので一長一短でしょう。

【結論】
実力以上に評価されがちなイヤホンですが、特性が偏っているために厳しくジャンルが限定された特殊な製品と心得て購入を検討してください。

※イヤホンを一つだけしか持たない方は避けたほうが無難です。

主な用途
音楽
その他
接続対象
オーディオ

参考になった8人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rty25lowさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人
満足度2
デザイン1
高音の音質3
低音の音質3
フィット感2
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】ファイナルらしといえばそうですが、あまりいいとは・・
同じようなのばかりで・・・

【高音の音質】【低音の音質】
とても解像度が高いわけではなく、かと言って凄い低いわけでもないです
2000円以下で売ってる他のメーカーのものとあまり変わりありません

【フィット感】
若干斜め上になる感じが音に影響するみたいですが、他のメーカーのでも意図的にそういった装着ができますので

【総評】
評価が高いので聞いてみましたが、際立って素晴らしいとは思いませんでした
家電量販店ですが、ずっとオーテクのアンプで分離して1日じゅう鳴ってるそうなので、エージングは済んでると思います
別にCDプレーヤーで聞いてみましたが、何かハッキリしない感じでした
5000円なら他のメーカーの物でも同じようなものがあるかと思います



参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Moto-yaさん

  • レビュー投稿数:160件
  • 累計支持数:736人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
83件
30件
ヘッドホンアンプ・DAC
17件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

【購入経緯など】
 Finalのイヤホンは、試聴でHeaven5(無印)が気に入っていましたが、やはりちょっと割高な感じがして、手が出せずにおりました。で、このEシリーズ、安価なのになかなか良音だと評判が高かったので、先にE2000を購入。低価格とは思えぬほどの出音に感激し、E3000も購入。

【デザイン・取り回し】
 シンプルで、Finalらしいデザイン。小さな筐体としなやかなケーブルで、耳掛けして装着すると、着けているのを忘れるぐらい軽やかな装着感。

【音質】
 表題のとおり。自分が一番気に入っているイヤホンはXBA-Z5なんですが、音質的にも、上流を選ぶところも、ちょっと似てる感じ。FiiO X5 3rd → TU-HP03 に繋いでSANTIを聴くと、立体的で艶やかな音を奏でてくれます。しかし、例えばNW-A45直挿しだと、なんとも窮屈な、ボーカルが遠くてもやっとした感じ。インピーダンスは16Ωですが音圧感度が低いので、ある程度パワフルに鳴らしてくれるDAPかポタアンがないと、本領発揮できないような気がします。

【まとめ】
 イヤホンとして「良い音を奏でる」能力は、低価格帯の中では最高ランクだと思います。すばらしい。JAZZやしっとりした女性ボーカルに合います。そして、上流機器が良ければ、それに見合った音を出してくれます。装着感が良くて、外での普段使いにぴったりな取り回しなんですが、自分の場合、単体DAPで持ち歩いているコンパクトなDAPだと能力を十分に発揮できていない感じで、どうしても室内でポタアン机上に置いてつなぐ、という使い方になってしまっています。E2000もそんな面がありますね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mokogenさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:295人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
29件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
9件
6件
ネットワークオーディオプレーヤー
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性5
   

イヤーフック、コンプライを装着した状態

   

ヘッドホン祭 2018物販にて購入しました。
箱出し直後・数時間の試聴状況ですが、レビュー致します

【デザイン】
女性の身に付けるアクセサリーのような美しさ
前々から気になってました

【高音の音質】
高音の伸びが良く素晴らしいです
このサイズからは考えられない質の良い高音です

【低音の音質】
ハイブリッド機には敵いませんが、
しっかりと鳴らしてくれます

【フィット感】
イヤーフックが添付されており、耳掛けをすることで
タッチノイズの低減・装着感がアップしました。
また、イヤーピースをコンプライ社 TS-200に変えることで
装着感をさらにアップさせました。

【外音遮断性】
上記の通りイヤーピースを変えることで
遮音性がアップしました

【音漏れ防止】
チェック未実施なので無評価と致します
【携帯性】
コンパクトで携帯ポーチも添付しているので
携帯性は問題ありません

【総評】
この価格でここまで良い音が聴けるのは衝撃的でした
メイン・サブどちらの用途でも一本持っておいて
損はないと思います

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

popuri1030さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:245人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
11件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
スピーカー
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

【総評】
まずは総評から。
久々のレビューです。

レビューする価値のあるイヤホンがまた出てきました。
本機とE2000です。
間違いなく価格=音質でないことを教えてくれる機種の一つ。

E700Mあたり以来の投稿ですが、そこからというもの「ハイレゾ感」を出そうと超高解像度でカリカリ。確かに全部聞こえますがグルーヴ感はどこに行ったのですか?という機種ばかりで辟易としていたところ、finalが良いシリーズを出してくれました。

高域から低域まで全てにおいてまとまりがよく大変ハイコストパフォーマンス。
音楽の奥行きを感じさせるだけの懐の深さがあるのはこの価格では望外のもの。
普段使いにだけでなく、静かな環境で本気で聴くことがある場合、E2000よりもシルキーなこちらを選ぶと良いでしょう。

価格からして、買って損をしたと感じる人は少ないでしょう。
しかし、近年のサウンド傾向に慣れている人には物足りないと感じる人がいるでしょう。
それでも人気機種になったことに一種の安堵感を覚えています。



【デザイン】
デザイナー業をやっている者からしてみても美しいと思います。
ただ、プラグはチープ。

【高音の音質】
どこまでも音量を上げても不快さの出ない完璧な高音。
ホールで音楽を聴いたことがある方はこの高域に納得するはず。
派手さはありませんが、実に滑らかで鳥肌が立ちそうです。
E700Mほどではありませんがダイレクト感もあるので金属系の楽器も中々いけます。
ただ、外出時に楽しいのはE2000の方でしょう。

【中音の音質】
滑らかで息遣いが感じられます。
湿度の表現が恐ろしく良く、ドライな声、ウェットな声どちらも的確に表現してくれます。
静かな部屋で音楽に浸るならこれ以上の機種は高価格帯でもあまりないでしょう。
私の今まで購入してきた機種の中では一番良いかもしれません。

【低音の音質】
やや柔らかいが締まりのある低音です。
非常に質が良く、余韻も感じさせる低域はこの価格帯では望外のものです。
空気感の表現に優れます。
打ち込みと生音をはっきりと描き分ける実力があります。

【音場】
広さは広め。
至極自然で違和感に悩まされることはないでしょう。
響きが良く、ホールで音楽を聴いたことがある人も納得の出来でしょう。

追記:
響きが良いのであって、よく響くわけではないので勘違いなきよう念のため...。
日本語って難しいですね。


【解像度】
当たり前ですが、マルチドライバー系にかなうわけがありません。
しかし、解像度の高さは時に散漫でまとまりのなさを受けることもあります。
本機は団子にならず、散漫にもならない最適なチューニングだと思います。
全体のまとまりの良さではE2000を上回ります。

【フィット感】
私は左右の耳穴の形状がそこそこ違うので、毎回ここは非常に気にするところ。
かなり良いです。
まず、付属のイヤーピースの品質が良いこと。
筐体が軽いこと。
筐体が小さいこと。
総合して個人の好みに合わせやすいと言えます。

しかし、フィット感はスピーカーのセッティングと同レベルで重要です。
これがだめだとすべてがだめ。
できればご自身で現物を確かめに行って下さい。

【外音遮断性】
カナル型として一般的なレベル。
地下鉄はまあまあ。地上のカーブやバスはOK。
音楽が聞こえなくて困るということはあまりないでしょう。

【音漏れ防止】
図書館など極端に静かなところ以外は平気です。
とはいえ、爆音はあなたの耳にも、周りの人にも迷惑となるので控えましょう。

【携帯性】
良いです。ケーブルもしなやかで品質が高く、癖がつかず絡みにくいです。
また、値段が適切という意味でも携帯性は高いと言えます。
ただ、この製品の弱点はプラグです。
断線しやすいため、「ちゃんとプラグを持って」抜くようにしましょう。
E2000を横着して適当に抜いたら断線しました。



少々褒めすぎたかもしれませんが、生演奏をよく聴く方は納得できる製品だと思います。
そんなことより楽しく音楽が聞ければいいのだという人はE2000を選ぶと良いでしょう。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった29人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

烈風(A7M1)さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
47件
イヤホン・ヘッドホン
21件
24件
スマートフォン
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
finalらしい高級感のあるデザインで入門機でも抜かりが無く好印象です。

【高音の音質】
BA型のような繊細な高音域が微細な所までしっかりと鳴っています。
刺さらずまろやかな感じで刺激的では無いので長時間聞いていても聞き疲れは無さそうですね

【低音の音質】
E2000型と比較するとまさにダイナミック型の低音が出ていますが、ボワつかず芯のある低音が心地よく聞けるかと思います。
【フィット感】
小型なので耳への収まりは良好です。
また、shure掛けも出来るのでタッチノイズを気にせず聞けてストレスが無いです。

【外音遮断性】
背面のメッシュのデザインとは逆で通常カナル型のイヤホン位の遮音性があり良いですね

【音漏れ防止】
背面のメッシュのデザインとは逆で常識の範囲内での音量では殆ど音漏れは起こらないでしょう。

【携帯性】
ハウジングが小型でZero AudioのBanechoに入れても収納仕切れるのでかなりコンパクトな方に入ると思います。

【総評】
スマホでは鳴らさず出力のあるDAPで是非とも聞いて欲しいですね。
視聴にZX300とDP-S1を使っていますが、スマホだと低音に埋もれている中高音域がDAPでは良く出てくれていてfinalらしいバランスの良い音を奏でてくれます。
E2000はBAらしいような音で広いジャンルに合っていますが、E3000は特にクラシックやジャズとの相性がかなり良いと思います。
5000円以下でこの音質なら満足ですね

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ステンレス材で硬質な艶が美しい本体

優れた低域表現を支える「ステンレスメッシュ」

イヤーピースの軸は硬めのシリコンで溝構造有り

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
プレーヤーはA&ultima SP1000を組み合わせ、ハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
ボディはステンレス材で鏡面仕上げ。艶が美しく、この価格帯の製品としは質感の良さが突出しています。アクセサリーとしても映えるでしょう。

【高音の音質】
音源に込められている情報を充分に引き出す解像度を備えつつも、E2000と比べると、温かく柔らかな音調が特徴です。ステンレス材による響きが、音に艶やふくよかさを与えているようです。
ドライで直接的な音調が好みならE2000、潤いや広がり感を求めるなら本機という選び方で良いでしょう。
音調はニュートラルでジャンルを選ばず楽しめますが、敢えて言うならば、クラシック系など、大きいホールで残響音も含めて聴くような音楽と好相性です。

【低音の音質】
E2000と同様、質感表現に優れていますが、本機は低域の残響時間も少し長いようで、量感や空気感が増して聞こえます。
豊かな量感が音全体を温かく聴かせるようですが、中高域に被る、言い換えるとボーカルを不明瞭にする印象はありません。
コンパクトな本体からはイメージし難い優れた低音です。

【フィット感】
小型軽量で装着していることを忘れるくらい快適です。
シリコン製のイヤーピースが5サイズ付属していて、どなたにもフィットするでしょう。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的なレベルです。
イヤーピース選びとフィッティングを慎重に行えば、遮音性が高まり、音質面でも有利になります。

【携帯性】
非常に小型軽量で、携帯性は良好です。
ソフトイヤーポーチが付属しています。

【総評】
E2000も本機も、価格帯を超える高音質が楽しめ、コストパフォーマンスの高さには驚くべきものがあります。
E2000と本機のどちらを買うかが悩み所ですが、見た目や音質の好みで良いと思います。
E2000はボーカルが一歩前に出て直接的であるのに対し、本機はステージで歌っているような適度な距離感が持ち味です。
この違いに優劣は付け難く、聴かれる音楽のジャンルや好みが決め手となるでしょう。あるいは、両モデルを購入して、聞き比べ、使い分けをするのも面白いでしょう。
手頃な価格で楽しみを広げてくれる、非常に良い製品です。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たかちゃん5さん

  • レビュー投稿数:150件
  • 累計支持数:257人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
37件
8件
スマートフォン
15件
19件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性4

こちらを買いました。
程よい低音と籠らない中高音。
ただちょっと音漏れがするようで屋内専用で使ってます( ̄▽ ̄;)

主な用途
音楽
その他
接続対象
オーディオ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

E3000 FI-E3DSSのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

E3000 FI-E3DSS
final

E3000 FI-E3DSS

最安価格(税込):¥3,755発売日:2017年 5月18日 価格.comの安さの理由は?

E3000 FI-E3DSSをお気に入り製品に追加する <421

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意