『最高性能を手軽に楽しめるグラボ』 MSI GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB] bari5さんのレビュー・評価

2017年 4月22日 発売

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]

  • GeForce GTX 1080 Tiを搭載した、オーバークロック仕様のビデオカード。
  • トルクスファンを採用した独自クーラー「ARMOR 2X」を搭載。低負荷時にファンを停止させることで騒音を低減する「Zero Frozr」機能に対応。
  • DisplayPort×2、HDMI×2、DVIを用いた4画面出力をサポートするほか、「デュアルリンクSLI」にも対応。
GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

搭載チップ:NVIDIA/GeForce GTX 1080 Ti バスインターフェイス:PCI Express 3.0 x16 モニタ端子:DVIx1/HDMIx2/DisplayPortx2 メモリ:GDDR5X/11GB GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の価格比較
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の店頭購入
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のスペック・仕様
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のレビュー
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のクチコミ
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の画像・動画
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のピックアップリスト
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のオークション

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]MSI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 4月22日

  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の価格比較
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の店頭購入
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のスペック・仕様
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のレビュー
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のクチコミ
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]の画像・動画
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のピックアップリスト
  • GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > MSI > GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]

『最高性能を手軽に楽しめるグラボ』 bari5さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
2件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性4
付属ソフト4
最高性能を手軽に楽しめるグラボ

FF14紅蓮のリベレーター・ベンチマーク

最大負荷状態でのGPU温度

3DMarkベンチマーク

WQHDモニター環境を構築するためにGTX980Tiからの買い替え。使用期間3ヶ月でのレビューです。

MSIのフラッグシップモデル「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G(以下、上位モデル)」の廉価版という位置付けですが、性能的に見劣りするところはほぼありません。基板裏側の放熱パネルの削除やファンの変更、OCツールの削除(基本の設定クロックが1つのみ)などが主な変更点。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【安定性】:規定値以上にOCしない環境であれば全く問題なし。

【画質】:こちらも問題なし。

【機能性】:上位モデルがデフォルトで3つの設定クロックがあるのに対し、こちらは1つとシンプル。動作クロックは上位モデルで言うところのゲーミングモードとほぼ一緒(それより僅かに低い)。もちろんアフターバーナーでの自前OCは可能ですが、ファンの性能や放熱板の有無などを考えるとOCして使う用途には向いてないと思います。

【処理速度】:FF14の場合FHD環境では完全にオーバースペック。WQHD環境・144Hz・最高画質・フルスクリーン・G-SYNC ONでベンチマークスコアは13400前後(G-SYNC OFFで13500)。フレームレートは100〜140fpsをウロウロ、一般的なバトルシーンで70〜90fps、最も処理の重い大規模FATEのシーンで一瞬45fpsまで落ちます。実ゲームでも常時100〜120fpsで60fps以下になることはかなり稀です(パッチ直後でプレイヤーが表示限界を超えてクエストに殺到していると45fps程度まで落ちるくらい)。

【静音性】:同クラスのグラボと大差なし(若干うるさい)。エアフローが厳しい環境では、最大負荷・室温27度の時に80度を超えますが(最大83度確認)、十分なエアフローが確保できる環境であれば75度前後で安定します。G-SYNC有効の場合、ある程度負荷が高く60〜80fps程度まで落ちる環境のほうが温度は低く、55度前後でファンの音もかなり静かです(むしろ130fps以上で動作できるフィールド上の方が温度が上がりうるさい)。

【付属ソフト】:付属のツールがアフターバーナーとLIVE UPDATEくらいで必要最小限。OCでゴリゴリいじりたい人には向きません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


現状最高性能のグラボでそれなりにOCされていて、尚且つ出来る限り安価に手に入れたいというちょっとニッチな層向けのグラボです。グラボの厚みが2スロットである点も意外と重要。上位モデルや他社同等製品は2.5〜3スロットを専有するため、キューブPCやスリムタワーのような特殊な環境では搭載する際に厚みが干渉する場合がありますが、こちらのグラボは2スロットに収まるためエアフローも確保しやすい印象です。

自前OCをしない限り悪い点はほぼありません。強いて挙げるならMSIの象徴たるドラゴンの意匠も赤と黒のデザインもない点くらい。モノトーンのARMORシリーズは「違いが分かる玄人向け」という印象も強いため、派手で限界ギリギリを攻めるマシンではなく実効性能と安定性で選びたい方にオススメです。

【2012年11月6日 画像追加】
3DMark「Time Spy」のベンチマークスコア画像を追加しました。GPUスコアが1万の大台に乗っているのはなかなか感慨深いです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性4
付属ソフト4
最高性能を手軽に楽しめるグラボ
 

FF14紅蓮のリベレーター・ベンチマーク

最大負荷状態でのGPU温度

 

WQHDモニター環境を構築するためにGTX980Tiからの買い替え。使用期間3ヶ月でのレビューです。

MSIのフラッグシップモデル「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G(以下、上位モデル)」の廉価版という位置付けですが、性能的に見劣りするところはほぼありません。基板裏側の放熱パネルの削除やファンの変更、OCツールの削除(基本の設定クロックが1つのみ)などが主な変更点。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【安定性】:規定値以上にOCしない環境であれば全く問題なし。

【画質】:こちらも問題なし。

【機能性】:上位モデルがデフォルトで3つの設定クロックがあるのに対し、こちらは1つとシンプル。動作クロックは上位モデルで言うところのゲーミングモードとほぼ一緒(それより僅かに低い)。もちろんアフターバーナーでの自前OCは可能ですが、ファンの性能や放熱板の有無などを考えるとOCして使う用途には向いてないと思います。

【処理速度】:FF14の場合FHD環境では完全にオーバースペック。WQHD環境・144Hz・最高画質・フルスクリーン・G-SYNC ONでベンチマークスコアは13400前後(G-SYNC OFFで13500)。フレームレートは100〜140fpsをウロウロ、一般的なバトルシーンで70〜90fps、最も処理の重い大規模FATEのシーンで一瞬45fpsまで落ちます。実ゲームでも常時100〜120fpsで60fps以下になることはかなり稀です(パッチ直後でプレイヤーが表示限界を超えてクエストに殺到していると45fps程度まで落ちるくらい)。

【静音性】:同クラスのグラボと大差なし(若干うるさい)。エアフローが厳しい環境では、最大負荷・室温27度の時に80度を超えますが(最大83度確認)、十分なエアフローが確保できる環境であれば75度前後で安定します。G-SYNC有効の場合、ある程度負荷が高く60〜80fps程度まで落ちる環境のほうが温度は低く、55度前後でファンの音もかなり静かです(むしろ130fps以上で動作できるフィールド上の方が温度が上がりうるさい)。

【付属ソフト】:付属のツールがアフターバーナーとLIVE UPDATEくらいで必要最小限。OCでゴリゴリいじりたい人には向きません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


現状最高性能のグラボでそれなりにOCされていて、尚且つ出来る限り安価に手に入れたいというちょっとニッチな層向けのグラボです。グラボの厚みが2スロットである点も意外と重要。上位モデルや他社同等製品は2.5〜3スロットを専有するため、キューブPCやスリムタワーのような特殊な環境では搭載する際に厚みが干渉する場合がありますが、こちらのグラボは2スロットに収まるためエアフローも確保しやすい印象です。

自前OCをしない限り悪い点はほぼありません。強いて挙げるならMSIの象徴たるドラゴンの意匠も赤と黒のデザインもない点くらい。モノトーンのARMORシリーズは「違いが分かる玄人向け」という印象も強いため、派手で限界ギリギリを攻めるマシンではなく実効性能と安定性で選びたい方にオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性4
付属ソフト4
最高性能を手軽に楽しめるグラボ
 

FF14紅蓮のリベレーター・ベンチマーク

最大負荷状態でのGPU温度

 

WQHDモニター環境を構築するためにGTX980Tiからの買い替え。使用期間3ヶ月でのレビューです。

MSIのフラッグシップモデル「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G(以下、上位モデル)」の廉価版という位置付けですが、性能的に見劣りするところはほぼありません。基板裏側の放熱パネルの削除やファンの変更、OCツールの削除(基本の設定クロックが1つのみ)などが主な変更点。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【安定性】:規定値以上にOCしない環境であれば全く問題なし。

【画質】:こちらも問題なし。

【機能性】:上位モデルがデフォルトで3つの設定クロックがあるのに対し、こちらは1つとシンプル。動作クロックは上位モデルで言うところのゲーミングモードとほぼ一緒(それより僅かに低い)。もちろんアフターバーナーでの自前OCは可能ですが、ファンの性能や放熱板の有無などを考えるとOCして使う用途には向いてないと思います。

【処理速度】:FF14の場合FHD環境では完全にオーバースペック。WQHD環境・144Hz・最高画質・フルスクリーン・G-SYNC有効でベンチマークスコアは13400前後。フレームレートは90〜120fpsをウロウロ、一般的なバトルシーンで60〜80fps、最も処理の重い大規模FATEのシーンで一瞬45fpsまで落ちます。実ゲームでも常時90〜110fpsで60fps以下になることはかなり稀です(パッチ直後でプレイヤーが表示限界を超えてクエストに殺到していると45fps程度まで落ちるくらい)。

【静音性】:同クラスのグラボと大差なし(若干うるさい)。エアフローが厳しい環境では、最大負荷・室温27度の時に80度を超えますが(最大83度確認)、十分なエアフローが確保できる環境であれば75度前後で安定します。G-SYNC有効の場合、ある程度負荷が高く60〜80fps程度まで落ちる環境のほうが温度は低く、55度前後でファンの音もかなり静かです(むしろ130fps以上で動作できるフィールド上の方が温度が上がりうるさい)。

【付属ソフト】:付属のツールがアフターバーナーとLIVE UPDATEくらいで必要最小限。OCでゴリゴリいじりたい人には向きません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


現状最高性能のグラボでそれなりにOCされていて、尚且つ出来る限り安価に手に入れたいというちょっとニッチな層向けのグラボです。グラボの厚みが2スロットである点も意外と重要。上位モデルや他社同等製品は2.5〜3スロットを専有するため、キューブPCやスリムタワーのような特殊な環境では搭載する際に厚みが干渉する場合がありますが、こちらのグラボは2スロットに収まるためエアフローも確保しやすい印象です。

自前OCをしない限り悪い点はほぼありません。強いて挙げるならMSIの象徴たるドラゴンの意匠も赤と黒のデザインもない点くらい。モノトーンのARMORシリーズは「違いが分かる玄人向け」という印象も強いため、派手で限界ギリギリを攻めるマシンではなく実効性能と安定性で選びたい方にオススメです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
デカイ(意味深)  4 2018年9月3日 03:16
最高性能を手軽に楽しめるグラボ  5 2017年11月6日 02:46
速さは満足です  4 2017年8月27日 12:33
オリファンモデルで一番安かったので購入  3 2017年6月14日 13:25

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]
MSI

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 4月22日

GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC [PCIExp 11GB]をお気に入り製品に追加する <91

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意