『次のαはどこまで行くのか』 SONY α9 ILCE-9 ボディ みのぷうさんのレビュー・評価

2017年 5月26日 発売

α9 ILCE-9 ボディ

  • 新開発のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能なプロ向けミラーレス一眼カメラ。
  • 最高1/32000秒(※電子音「切」設定時)の電子式アンチディストーションシャッターで、無音・無振動のサイレント撮影が可能。
  • 読み出し速度が従来機種「α7」比20倍以上に高速化した、世界初のメモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを採用。
α9 ILCE-9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥349,800

(前週比:-2,200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥349,800

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥265,000 (78製品)


価格帯:¥349,800〜¥493,768 (43店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥349,800 〜 ¥493,768 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2830万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:588g α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、マルチインターフェースシュー部の無償修理が告知されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

α9 ILCE-9 ボディSONY

最安価格(税込):¥349,800 (前週比:-2,200円↓) 発売日:2017年 5月26日

  • α9 ILCE-9 ボディの価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの中古価格比較
  • α9 ILCE-9 ボディの買取価格
  • α9 ILCE-9 ボディの店頭購入
  • α9 ILCE-9 ボディのスペック・仕様
  • α9 ILCE-9 ボディの純正オプション
  • α9 ILCE-9 ボディのレビュー
  • α9 ILCE-9 ボディのクチコミ
  • α9 ILCE-9 ボディの画像・動画
  • α9 ILCE-9 ボディのピックアップリスト
  • α9 ILCE-9 ボディのオークション

『次のαはどこまで行くのか』 みのぷうさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:623人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
27件
レンズ
4件
19件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
次のαはどこまで行くのか

【デザイン】
第一世代のα7R、α7S、第二世代のα7R2 、α7S2
と使ってきて、自分がインターフェースの進化に、
なかなか追いついていないなと思っていました
α9になって大幅な変更がありましたが、デザイン的には
第3世代α7R3、α73とほとんど同じです
α9には左肩にドライブ・AFモードダイアルがあるためか
裏側のα9のロゴの部分が1ミリぐらい厚くなっています
α7R3では露出補正ダイアルと後ろダイアルの間の形状が
若干変更されています
底面を比べると全く同じで縦位置グリップを共有できます

【画質】
基本jpeg エクストラfineで撮っています
α7R3では4200万画素の高解像写真が撮れますし
APSCクロップしても1800万画素
A3nobi に印刷しても遜色ありません
α9では2400万画素で十分解像しますが
APSCクロップでは1000万画素
32インチ4kモニターで見るには問題ないです
なんといってもα9は、AFでのジャスピン率が非常に高いので
くっきりした、眠さの皆無な画像を量産できます

【操作性】
メニュー画面でFnボタンを押すとタブを移動できるのは非常に便利
カスタムキーの設定画面で背面の図面が表示され選択した番号を
アニメーションで表示してくれるようになりました
マイダイヤル機能が追加され、前ダイアル、後ろダイアル、
コントロールホイールが有効に使えます

【バッテリー】
容量2.2倍のFZ100バッテリーにスケールアップ
α9で一日持たなかったことはありません、非常に快適です
ポートレート撮影会で、連射を主に半日使いましたが
4000枚ほど1個のFZ100で撮れました

【携帯性】
α9本体の小ささは圧倒的です
それに比べGMレンズは重厚です
タムロンのA036/A046などを使うと携帯性が生きてきます
ツァイスのBatisシリーズ も重量バランスが素晴らしく
とても軽快に抜群の写りで撮影できます
大きさで言えばMFになりますが
ツァイスのLoxiaシリーズ非常にコンパクトです

【機能性】
ブラックアウトフリーかつサイレントな
アンチディストーション20連写
タッチパネル
UHS-U・UHS-T対応の、ダブルスロット
画素加算なしのフルサイズ4K
フルサイズ初の4Dフォーカスシステム
リアルタイム瞳AF
光学式5軸ボディ内手振れ補正5段
jpegエクストラfineで360枚以上の連射持続性
AIを活用した「リアルタイムトラッキング」機能を搭載
リアルタイムトラッキングは、タッチパネルで指定できるので、
主に液晶を見ながら使っています

【液晶・ファインダー】
背面液晶、ファインダーとも格段に解像度が上がり視認性も向上
ビューファインダーで動きものを捕捉するのが
ブラックアウトフリーもあり非常に容易になりました

【ホールド感】
グリップエクステンダーは使い心地が悪いので下取りに出しました
その代わりに使ったのがREALLY RIGHT STUFFのL字プレートです
縦位置と横位置のアルカスイス互換プレートになっていて
素早く三脚にセット可能です
グリップも1センチほど底上げされて70200GMなどを
振り回すときにも使っていました
1年ほど前、右手の小指と薬指をけがした関係で
今までは素のままでグリップすると安定しない気がしていましたが
小指のリハビリを兼ねて素のまま撮影してみると数か月で
意外と小指がギリギリフィットしてきて70200GMなんかも
そのままで振り回せるようになりました

【総評】
ソフトウェアアップデートであたかも新しいカメラになったような対応
リアルタイムトラッキング、
リアルタイム瞳AFシャッター半押対応、
コントラストAF枠を25点から425点に、
像面位相差AFの絞り上限をF16に拡大
SDカードの容量オーバー時のリレー記録
リアルタイム瞳AFが動物にも対応
タイムラプス用の画像撮影がカメラだけで可能に
2019年秋に出るといわれているα9Uはどこまで深化するのか

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった68人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
ミラーレスの、いやカメラの最高峰
当機種大井競馬
当機種大井競馬2
当機種大井競馬3

大井競馬

大井競馬2

大井競馬3

【デザイン】
第一世代のα7R、α7S、第二世代のα7R2 、α7S2
と使ってきて、自分がインターフェースの進化に、
なかなか追いついていないなと思っていたので、
α9になって大幅な変更があったが、デザイン的には
第二世代を踏襲していて、好感度抜群

【画質】
基本jpeg エクストラfineで撮ってますが
画像の生々しさでは、R2 よりS2より、α9が良好
Iso感度10000以上に上げたときも、S2と同等
高感度ノイズも少ないです
なんといってもAFでのじゃすぴん率が非常に高いので
くっきりした、眠さの皆無な画像を量産できます

【操作性】
連写モードとフォーカスモードの切替のダイアルが
いつでも目視できて、変更できるのが便利
ジョイスティックは、反応が素晴らしく対角線に
一気に移動なんてのも楽々
前後のダイアルも移動量が最適化されてより便利に
コントロールホイールのしっかりとした操作感は秀逸

【バッテリー】
容量2.2倍のFZ100バッテリーにスケールアップ
R2、S2のときは一日の撮影で、
二個消費という感じでしたが、
α9で一日持たなかったことはない、非常に快適

【携帯性】
R2、S2のときは焦点工房のアルカスイス互換
ハンドグリップを装着していたが
α9には流用できなかった
また1年ぐらいしたら対応製品が出るのを期待して、
純正のグリップエクステンダーを装着している

【機能性】
ブラックアウトフリーかつサイレントな
アンチディストーション20連写
タッチパネル
UHS-U対応の、ダブルスロット
画素加算なしのフルサイズ4K
フルサイズ初の4Dフォーカスシステム
瞳AFの爆速化
光学式5軸ボディ内手振れ補正5段
jpegエクストラfineで360枚以上の連射持続性


【液晶・ファインダー】
背面液晶、ファインダーとも格段に解像度が上がり
視認性も向上、ビューファインダーで動きものを
補足するのが6500と比べて非常に容易に

【ホールド感】
単体のホールド感ではR2、S2から随分安定感が
増しましたが焦点工房のハンドグリップが秀逸すぎて
グリップエクステンダーでは役不足
総合的に前より使い勝手が少し悪くなりました

【総評】
α9の入手の際、R2、S2 をどうするか悩みましたが
インターフェースが少し違う旧型を使いこなせるか
自信がなかったので、使い勝手の面で下取り交換で
縦位置グリップも売却し1000円ほどおつりが来ました
一ヶ月ほどα9で毎日撮りましたが、出てくる絵がいい
之に尽きます、サブは6500とX70となりましたが
瑞々しい絵を吐くα9にぞっこんです

比較製品
SONY > α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY > α7S II ILCE-7SM2 ボディ
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった34

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
ミラーレスの、いやカメラの最高峰

【デザイン】
第一世代のα7R、α7S、第二世代のα7R2 、α7S2
と使ってきて、自分がインターフェースの進化に、
なかなか追いついていないなと思っていたので、
α9になって大幅な変更があったが、デザイン的には
第二世代を踏襲していて、好感度抜群

【画質】
基本jpeg エクストラfineで撮ってますが
画像の生々しさでは、R2 よりS2より、α9が良好
Iso感度10000以上に上げたときも、S2と同等
高感度ノイズも少ないです
なんといってもAFでのじゃすぴん率が非常に高いので
くっきりした、眠さの皆無な画像を量産できます

【操作性】
連写モードとフォーカスモードの切替のダイアルが
いつでも目視できて、変更できるのが便利
ジョイスティックは、反応が素晴らしく対角線に
一気に移動なんてのも楽々
前後のダイアルも移動量が最適化されてより便利に
コントロールホイールのしっかりとした操作感は秀逸

【バッテリー】
容量2.2倍のFZ100バッテリーにスケールアップ
R2、S2のときは一日の撮影で、
二個消費という感じでしたが、
α9で一日持たなかったことはない、非常に快適

【携帯性】
R2、S2のときは焦点工房のアルカスイス互換
ハンドグリップを装着していたが
α9には流用できなかった
また1年ぐらいしたら対応製品が出るのを期待して、
純正のグリップエクステンダーを装着している

【機能性】
ブラックアウトフリーかつサイレントな
アンチディストーション20連写
タッチパネル
UHS-U対応の、ダブルスロット
画素加算なしのフルサイズ4K
フルサイズ初の4Dフォーカスシステム
瞳AFの爆速化
光学式5軸ボディ内手振れ補正5段
jpegエクストラfineで360枚以上の連射持続性


【液晶・ファインダー】
背面液晶、ファインダーとも格段に解像度が上がり
視認性も向上、ビューファインダーで動きものを
補足するのが6500と比べて非常に容易に

【ホールド感】
単体のホールド感ではR2、S2から随分安定感が
増しましたが焦点工房のハンドグリップが秀逸すぎて
グリップエクステンダーでは役不足
総合的に前より使い勝手が少し悪くなりました

【総評】
α9の入手の際、R2、S2 をどうするか悩みましたが
インターフェースが少し違う旧型を使いこなせるか
自信がなかったので、使い勝手の面で下取り交換で
縦位置グリップも売却し1000円ほどおつりが来ました
一ヶ月ほどα9で毎日撮りましたが、出てくる絵がいい
之に尽きます、サブは6500とX70となりましたが
瑞々しい絵を吐くα9にぞっこんです

比較製品
SONY > α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY > α7S II ILCE-7SM2 ボディ
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった20

 
 
 
 
 
 

「α9 ILCE-9 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
一眼レフと比べてこの機種の良いところ  3 2019年11月16日 23:15
無音シャッターや高速連写を堪能したい人にとっては現状一択  4 2019年10月22日 06:00
連写機としては失格  2 2019年10月17日 23:49
動物への瞳AF精度もかなり凄いです  5 2019年9月30日 22:00
SONY 凄いね。  5 2019年9月8日 20:25
RX10M4からのステップアップです。  5 2019年8月1日 11:23
ついに・・・・・ 買ってしまいました  4 2019年7月27日 13:31
悩んだけど  4 2019年7月21日 13:26
使ってみての感想です  4 2019年7月3日 19:08
次のαはどこまで行くのか  5 2019年6月29日 02:04

α9 ILCE-9 ボディのレビューを見る(レビュアー数:79人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α9 ILCE-9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α9 ILCE-9 ボディ
SONY

α9 ILCE-9 ボディ

最安価格(税込):¥349,800発売日:2017年 5月26日 価格.comの安さの理由は?

α9 ILCE-9 ボディをお気に入り製品に追加する <1325

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意