『エントリーモデルのカメラより扱いやすい』 ニコン D7500 ボディ 上杉鷹山さんのレビュー・評価

2017年 6月 9日 発売

D7500 ボディ

  • APS-Cサイズの最上位機「D500」と同じ画像処理エンジン「EXPEED 5」とCMOSセンサーを搭載した、デジタル一眼レフの中級モデル。
  • 最高約8コマ/秒の高速連続撮影を実現しているほか、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも50コマまでの連続撮影が可能。
  • 4K UHD(3840×2160)動画撮影機能で最長29分59秒記録できるほか、タイムラプス動画の4K UHD記録やHDMIへの同時出力も可能。
D7500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥82,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥82,980

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥75,900 (54製品)


価格帯:¥82,980〜¥178,475 (64店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥82,980 〜 ¥113,850 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2151万画素(総画素)/2088万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.7mm/CMOS 重量:640g D7500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • D7500 ボディの価格比較
  • D7500 ボディの中古価格比較
  • D7500 ボディの買取価格
  • D7500 ボディの店頭購入
  • D7500 ボディのスペック・仕様
  • D7500 ボディの純正オプション
  • D7500 ボディのレビュー
  • D7500 ボディのクチコミ
  • D7500 ボディの画像・動画
  • D7500 ボディのピックアップリスト
  • D7500 ボディのオークション

D7500 ボディニコン

最安価格(税込):¥82,980 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月 9日

  • D7500 ボディの価格比較
  • D7500 ボディの中古価格比較
  • D7500 ボディの買取価格
  • D7500 ボディの店頭購入
  • D7500 ボディのスペック・仕様
  • D7500 ボディの純正オプション
  • D7500 ボディのレビュー
  • D7500 ボディのクチコミ
  • D7500 ボディの画像・動画
  • D7500 ボディのピックアップリスト
  • D7500 ボディのオークション

『エントリーモデルのカメラより扱いやすい』 上杉鷹山さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

D7500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:409人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
2件
43件
デジタルカメラ
5件
0件
自動車(本体)
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感5
エントリーモデルのカメラより扱いやすい
別機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
ニコンの一眼レフ共通のデザインで、色もニコン特有の漆黒のブラックを採用。
丸みを帯びた女性的なデザインのキャノンの一眼レフに対して、贅肉を削ぎ落とした質実剛健をそのまま形にしたような男性的なデザイン。

【画質】
カメラ任せの撮影ではニコン一眼レフラインナップの中では一番明るく写ると某カメラ雑誌で検証されていた。
事実、所有しているもう一台の一眼レフD5600と比べても明るく写り、直に目にした明るさに近い。
ただ、それでも他社のカメラと比べると暗く写る。
もちろん、暗い画質は迫力があると好む人もいるので一概に欠点とは言えない。
私の場合は露出補正は+0.7を基準にして撮影に挑んでいる。
大きな欠点としては曲線や斜線部分の描写の粗さ。
トリミングをして拡大した訳でもないのに曲線部分や斜線部分が階段状の段付きで写っている事がよくある。
ニコン純正のレンズはもちろん、タムロン等の社外製レンズで撮影した画像でも粗い画質は変わらない。
他の人が撮ったD7500の画像をチェックしても、やはり曲線部分や斜線部分が粗く写っている。
画素数と画像処理エンジンの性能が悪い意味で影響しているのではないだろうか。
ISO感度では最新の一眼カメラは6400くらいまではノイズが目立たないが、D7500の場合は6400ではノイズが目立つ。
撮影ガイド本等は夜のISO感度の上限を6400に設定している本が多いが、D7500で綺麗な画質で撮りたいなら、上限数値はもう少し小さい数値に設定する事をお薦めしたい。

【操作性】
エントリーモデルより操作が簡単で楽。
シャッタースピードや絞り値はカメラ本体前後にあるダイヤルで即座に対応。
ISOやホワイトバランス等の設定もニコンのエントリー機(D3000番台〜D5000番台)より短時間で簡単に行える。
また変更した設定の数値もモニターに大きく分かりやすく表示されるので確認し難いという事は無い。
これからカメラを始める初心者の人には、予算に余裕があるのなら同社のエントリー機を選ぶよりD7500をお薦めしたい。
エントリー機より操作ボタン類が多くて最初は躊躇するかもしれないが頻繁に使用するボタン類は限られて来るのですぐに慣れます。

【バッテリー】
カタログ表記ではフル充電で静止画950コマ、動画約80分と表記。
動画の撮影は未経験で評価は下せないが、静止画では実際に使用してみると連写をメインにした撮影で約4000枚撮影した時点でバッテリーの残量は約半分を表示。
ライブビュー撮影や頻繁に撮影した画像をチェックするような事をしなければ、誰もが950コマ以上の静止画の撮影が可能だと思う。
また、長時間の撮影でもバッテリ収納付近が熱を帯びる事はなく、連写スピードが落ちる事も無かった。
さすがニコンを代表するハイエンドモデルにも対応したバッテリーだけの事はある。

【携帯性】
大きさはD500とD5600の中間といったところ。
一昔前なら不満を覚える大きさでは無かったと思うが、コンパクトなミラーレスカメラが主流になりつつある昨今では決して良いとは言えない。
カメラ本体の重さも他社のミラーレスAPS-Cの1.5倍以上。
カメラやレンズを収納するバッグも必然と大きくなるので、女性をはじめ小柄な人には不向きかも。


【機能性】
最高8コマ/秒で50コマの連続撮影、51点AFシステム、静止画フリッカー低減機能、180KピクセルRGBセンサー、-3EVまで対応したフォーカスポイントで暗所の撮影にも強く、DXフォーマット機最高峰D500の技術を受け継ぐ動体撮影に長けた機能性。
AFエリアモードはシングルポイントAF、ダイナミックAF(9点/21点/51点)、3Dトラッキング、グループエリアAF、オートエリアAFの5つで構成。
D850やD500、瞳AF機能を搭載したソニーのミラーレス機には及ばないものの、下手なハイエンドモデルより早くピントが合う。
これで不満を覚える様なら一眼レフ機のハイエンドモデルであるD500かD850を選択するしか術はない。
また画質項目でも記したがニコン一眼レフ機の中では明るい画質を提供してくれるのでポートレートの撮影にも適している。
ただ、残念ながら瞳AF機能は無く、顔認識AFはライブビュー撮影でしか出来ないという欠点がある。
エントリー機(D3000番台系〜D5000番台系)の様なオートやSCENEを駆使したカメラ任せの撮影も出来れば、D500の様に自分で設定を駆使して撮影に挑む事も出来るので初心者からプロまで幅広い層に対応したカメラといえると思う。

【液晶】
チルト式3.2型TFT液晶モニターを採用。
タッチパネルではあるがオリンパス等と比べると反応は鈍い。
「とりあえずタッチパネルも出来ますよ。」レベル。
チルト式だが自撮り出来るところまでモニターパネルは動かず、また左右どちらにも動かないため、D5600/5300に設定されているバリアングルより使い勝手は悪い。
また、常にモニター部分が曝け出した状態にあるため、着ている服のボタンやファスナーでモニター部分に傷が付くリスクを伴う。
モニターの見やすさに関しては十分満足のいくレベルと考える。

【ホールド感】
平均的な体型以上の男性にとっては丁度よい大きさで”しっくり”くるのではないだろうか。
最初はカメラ本体の重さに苦労した事もあったが、今は完全に慣れた。
むしろ、重さのおかげで「しっかりカメラを持とう。」という意識が芽生え、今では模範的な撮影姿勢が身についた。

【総評】
これまでD5600を使用していたが動体撮影の性能に不満を覚え、今回D7500を買い増した次第。
操作性の項目でも書いたが、本当に扱いやすい。まるでD7500の方がエントリー機と感じるくらいに。
それでいて動体撮影では同社のDXフォーマット機の中ではD500に次ぐ性能を発揮。
実売価格は9万円前後と値がこなれて来ていて、手を出しやすいのも有難い。
それだけに曲線や斜線の粗い描写が本当に残念。
次期モデルは一眼レフを貫くのか、ミラーレスへ移行するのか分からないが、画素数アップと更なる高性能画像処理エンジンの搭載を期待したい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった21人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感5
エントリーモデルのカメラより扱いやすい
別機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
ニコンの一眼レフ共通のデザインで、色もニコン特有の漆黒のブラックを採用。
丸みを帯びた女性的なデザインのキャノンの一眼レフに対して、贅肉を削ぎ落とした質実剛健をそのまま形にしたような男性的なデザイン。

【画質】
カメラ任せの撮影ではニコン一眼レフラインナップの中では一番明るく写ると某カメラ雑誌で検証されていた。
事実、自分が所有しているD5600と比べても明るく写り、直に目にした明るさに近い。
ただ、それでも他社のカメラと比べると暗く写る。
もちろん、暗い画質は迫力があると好む人もいるので一概に欠点とは言えない。
私の場合は露出補正を+0.7を基本にして撮影に挑んでいる。
大きな欠点としては曲線や斜線部分の描写の粗さ。
トリミングをして拡大した訳でもないのに曲線部分や斜線部分が階段状の段付きで写っている事がよくある。
ニコン純正のレンズはもちろん、タムロン等の社外製レンズで撮影した画像でも粗い画質は変わらない。
他の人が撮ったD7500の画像をチャックしても、やはり曲線部分や斜線部分が粗く写っている。
画素数と画像処理エンジンの性能が悪い意味で影響しているのではないだろうか。
ISO感度では最新の一眼カメラは6400くらいまではノイズが目立たないが、D7500の場合は6400ではノイズが目立つ。
撮影ガイド本等は夜のISO感度の上限を6400に設定している本が多いが、D7500で綺麗な画質で撮りたいなら、上限数値はもう少し小さい数値に設定する事をお薦めしたい。

【操作性】
エントリーモデルより操作が簡単で楽。
シャッタースピードや絞り値はカメラ本体前後にあるダイヤルで即座に対応。
ISOやホワイトバランス等の設定もニコンのエントリー機(D3000番台〜D5000番台)より短時間で簡単に行える。
また変更した設定の数値もモニターに大きく分かりやすく表示されるので確認し難いという事は無い。
これからカメラを始める初心者の人には、予算に余裕があるのなら同社のエントリー機を選ぶよりD7500をお薦めしたい。
エントリー機より操作ボタン類が多くて最初は躊躇するかもしれないが頻繁に使用するボタン類は限られて来るのですぐに慣れますよ。

【バッテリー】
カタログ表記ではフル充電で静止画950コマ、動画約80分と表記。
動画の撮影は未経験で評価は下せないが、静止画では実際に使用してみると連写をメインにした撮影で約4000枚撮影した時点でバッテリーの残量は約半分を表示。
ライブビュー撮影や頻繁に撮影した画像をチェックするような事をしなければ、誰もが950コマ以上の静止画の撮影が可能だと思う。
また、長時間の撮影でもバッテリ収納付近が熱を帯びる事はなく、連写スピードが落ちる事も無かった。
さすがニコンを代表するハイエンドモデルにも対応したバッテリーだけの事はある。

【携帯性】
大きさはD500とD5600の中間といったところ。
一昔前なら不満を覚える大きさでは無かったと思うが、コンパクトなミラーレスカメラが主流になりつつある昨今では決して良いとは言えない。
カメラ本体の重さも他社のミラーレスAPS-Cの1.5倍以上。
カメラやレンズを収納するバッグも必然と大きくなるので、女性をはじめ小柄な人には不向きかも。


【機能性】
最高8コマ/秒で50コマの連続撮影、51点AFシステム、静止画フリッカー低減機能、180KピクセルRGBセンサー、-3EVまで対応したフォーカスポイントで暗所の撮影にも強く、DXフォーマット機最高峰D500の技術を受け継ぐ動体撮影に長けた機能性。
AFエリアモードはシングルポイントAF、ダイナミックAF(9点/21点/51点)、3Dトラッキング、グループエリアAF、オートエリアAFの5つで構成。
D850やD500、瞳AF機能を搭載したソニーのミラーレス機には及ばないものの、下手なハイエンドモデルより早くピントが合う。
これで不満を覚える様なら一眼レフ機のハイエンドモデルであるD500かD850を選択するしか術はない。
また画質項目でも記したがニコン一眼レフ機の中では明るい画質を提供してくれるのでポートレートの撮影にも適している。
ただ、残念ながら瞳AF機能は無く、顔認識AFはライブビュー撮影でしか出来ないという欠点がある。
エントリー機(D3000番台系〜D5000番台系)の様なオートやSCENEを駆使したカメラ任せの撮影も出来れば、D500の様に自分で設定を駆使して撮影に挑む事も出来るので初心者からプロまで幅広い層に対応したカメラといえると思う。

【液晶】
チルト式3.2型TFT液晶モニターを採用。
タッチパネルではあるがオリンパス等と比べると反応は遅い。
「とりあえずタッチパネルも出来ますよ。」レベル。
チルト式だが自画撮り出来るところまでパネルは動かず、左右どちらにも動かないため、D5600/5300に設定されているバリアングルより使い勝手は良くない。
また、常にモニター部分が曝け出した状態にあるため、着ている服のボタンやファスナーでモニター部分に傷が付くリスクを伴う。
モニターの見やすさに関しては十分満足のいくレベルと考える。

【ホールド感】
平均的な体型以上の男性にとっては丁度よい大きさで”しっくり”くるのではないだろうか。
最初はカメラ本体の重さに苦労した事もあったが、今は完全に慣れた。
むしろ、重さのおかげで「しっかりカメラを持とう。」という意識が芽生え、今では模範的な撮影姿勢が身についた。

【総評】
これまでD5600を使用していたが動体撮影の性能に不満を覚え、今回D7500を買い増した次第。
操作性の項目でも書いたが、本当に扱いやすい。まるでD7500の方がエントリー機と感じるくらいに。
それでいて動体撮影では同社のDXフォーマット機の中ではD500に次ぐ性能を発揮。
実売価格は9万円前後と値がこなれて来ていて、手を出しやすいのも有難い。
それだけに曲線や斜線の粗い描写が本当に残念。
次期モデルは一眼レフを貫くのか、ミラーレスへ移行するのか分からないが、画素数アップと更なる高性能画像処理エンジンの搭載を期待したい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった2

満足度4
デザイン4
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感5
エントリー機以上に扱いやすい
別機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
ニコンの一眼レフ共通のデザインで、色もニコン特有の漆黒のブラックを採用。
丸みを帯びた女性的なデザインのキャノンの一眼レフに対して、贅肉を削ぎ落とした質実剛健をそのまま形にしたような男性的なデザイン。

【画質】
カメラ任せの撮影ではニコン一眼レフラインナップの中では一番明るく写ると某カメラ雑誌で検証されていた。
事実、自分が持っているD5600と比べても明るく写り、直に目にした明るさに近い。
ただ、それでも他社のカメラと比べると暗く写る。
もちろん、暗い画質は迫力があると好む人もいるので一概に欠点とは言えない。
私の場合は露出補正を+0.7を基本にして撮影に挑んでいる。
大きな欠点としては曲線や斜線部分の描写の粗さ。
トリミングをして拡大した訳でもないのに曲線部分や斜線部分が階段状の段付きで写っている事がよくある。
ニコン純正のレンズはもちろん、タムロン等の社外製レンズで撮影した画像でも粗い画質は変わらない。
他の人が撮ったD7500の画像をチャックしても、やはり曲線部分や斜線部分が粗く写っている。
画素数と画像処理エンジンの性能が悪い意味で影響しているのではないだろうか。
ISO感度では最新の一眼カメラは6400くらいまではノイズが目立たないが、D7500の場合は6400ではノイズが目立つ。
撮影ガイド本等に夜のISO感度上限が6400に設定して書いてある本が多いが、自分的にはD7500に関しては3000〜4000くらいが限界と考える。

【操作性】
エントリーモデルより操作が簡単で楽。
シャッタースピードや絞り値はカメラ本体前後にあるダイヤルで即座に対応。
ISOやホワイトバランス等の設定もニコンのエントリー機(D3000番台〜D5000番台)より短時間で簡単に行える。
また変更した設定の数値もモニターに大きく分かりやすく表示されるので確認し難いという事は無い。
これからカメラを始める初心者の人には、予算に余裕があるのなら同社のエントリー機を選ぶよりD7500をお薦めしたい。
エントリー機より操作ボタン類が多くて最初は躊躇するかもしれないが頻繁に使用するボタン類は限られて来るのですぐに慣れますよ。

【バッテリー】
カタログ表記ではフル充電で静止画950コマ、動画約80分と表記。
動画の撮影は未経験で評価は下せないが、静止画では実際に使用してみると連写をメインにした撮影で約4000枚撮影した時点でバッテリーの残量は約半分を表示。
ライブビュー撮影や頻繁に撮影した画像をチェックするような事をしなければ、誰もが950コマ以上の静止画の撮影が可能だと思う。
また、長時間の撮影でもバッテリ収納付近が熱を帯びる事はなく、連写スピードが落ちる事も無かった。
さすがニコンを代表するハイエンドモデルにも対応したバッテリーだけの事はある。

【携帯性】
大きさはD500とD5600の中間といったところ。
一昔前なら不満を覚える大きさでは無かったと思うが、コンパクトなミラーレスカメラが主流になりつつある昨今では決して良いとは言えない。
カメラ本体の重さも他社のミラーレスAPS-Cの1.5倍以上。
カメラやレンズを収納するバッグも必然と大きくなるので、女性をはじめ小柄な人には不向きかもしれません。


【機能性】
最高8コマ/秒で50コマの連続撮影、51点AFシステム、静止画フリッカー低減機能、180KピクセルRGBセンサー、-3EVまで対応したフォーカスポイントで暗所の撮影にも強く、DXフォーマット機最高峰D500の技術を受け継ぐ動体撮影に長けた機能性。
AFエリアモードはシングルポイントAF、ダイナミックAF(9点/21点/51点)、3Dトラッキング、グループエリアAF、オートエリアAFの5つで構成。
D500や瞳AF機能を搭載したソニーのミラーレス機には及ばないものの、下手なハイエンドモデル機よりは早くピントが合う。
これで不満を覚える様なら一眼レフ機のハイエンドモデルであるD500かD850を選択するしか術はない。
また画質項目でも記したがニコン一眼レフ機の中では明るい画質を提供してくれるのでポートレートの撮影にも適している。
ただ、残念ながら瞳AF機能は無く、顔認識AFはライブビュー撮影でしか出来ないという欠点がある。
エントリー機(D3000番台系〜D5000番台系)の様なオートやSCENEを駆使したカメラ任せの撮影も出来れば、D500の様に自分で設定を駆使して撮影に挑む事も出来るので初心者からプロまで幅広い層に対応したカメラといえると思う。

【液晶】
チルト式3.2型TFT液晶モニターを採用。
タッチパネルではあるがオリンパス等と比べると反応は遅い。
「とりあえずタッチパネルも出来ますよ。」レベル。
チルト式だが自画撮り出来るところまでパネルは動かず、左右にも動かないため、D5600/5300に設定されているバリアングルより使い勝手は良くない。
また、常にモニター部分が曝け出した状態にあるため、着ている服のボタンやファスナーでモニター部分に傷が付くリスクを伴う。
モニターの見やすさに関しては十分満足のいくレベルと考える。

【ホールド感】
平均的な体型以上の男性にとっては丁度よい大きさで”しっくり”くるのではないだろうか。
最初はカメラ本体の重さに苦労した事もあったが、今は完全に慣れた。
むしろ、重さのおかげで「しっかりカメラを持とう。」という意識が芽生え、今では模範的な撮影姿勢が身についた。

【総評】
これまでD5600を使用していたが動体撮影の性能に不満を覚え、今回D7500を買い増した次第。
操作性の項目でも書いたが、本当に扱いやすい。まるでD7500の方がエントリー機と感じるくらいに。
それでいて動体撮影では同社のDXフォーマット機の中ではD500に次ぐ性能を発揮。
それでいて実売価格は9万円前後と値がこなれて来ているので手が出しやすい。
それだけに曲線や斜線の粗い描写が本当に残念。
次期モデルは一眼レフを貫くのか、ミラーレスへ移行するのか分からないが、画素数アップと更なる高性能画像処理エンジンを搭載してもらいたい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「D7500 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
クイック調整 -1 を試す  5 2019年11月1日 16:04
恐るべしサブ機  5 2019年9月22日 00:04
動画もかなり良いです  4 2019年8月16日 10:16
D500より白がきれい  5 2019年8月3日 20:56
姪っ子に  5 2019年7月6日 17:29
エントリーモデルのカメラより扱いやすい  4 2019年6月21日 10:52
やはりD7200は名機だと再確認  4 2019年6月21日 00:52
D750のサブとして  5 2019年6月19日 14:45
メインになりうるカメラ  5 2019年6月9日 21:36
画質・操作性の良い小型・軽量な一眼レフです。  5 2019年6月9日 09:33

D7500 ボディのレビューを見る(レビュアー数:49人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

D7500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D7500 ボディ
ニコン

D7500 ボディ

最安価格(税込):¥82,980発売日:2017年 6月 9日 価格.comの安さの理由は?

D7500 ボディをお気に入り製品に追加する <1259

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意