『1人暮らしでも買うべき!これは+α家電ではなく必須家電です!』 パナソニック NH-D603 .comiiさんのレビュー・評価

2017年 6月20日 発売

NH-D603

「ツイン2温風」を搭載した衣類乾燥機(6kg)

NH-D603 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥57,200

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥57,200〜¥88,000 (46店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥61,800 〜 ¥65,800 (全国741店舗)最寄りのショップ一覧

容量:6kg 乾燥方式:電気 主な機能:毛布乾燥/ヒーター乾燥/シワ取り機能/タイマー 幅x高さx奥行き:634x680x499mm NH-D603のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NH-D603の価格比較
  • NH-D603の店頭購入
  • NH-D603のスペック・仕様
  • NH-D603のレビュー
  • NH-D603のクチコミ
  • NH-D603の画像・動画
  • NH-D603のピックアップリスト
  • NH-D603のオークション

NH-D603パナソニック

最安価格(税込):¥57,200 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 6月20日

  • NH-D603の価格比較
  • NH-D603の店頭購入
  • NH-D603のスペック・仕様
  • NH-D603のレビュー
  • NH-D603のクチコミ
  • NH-D603の画像・動画
  • NH-D603のピックアップリスト
  • NH-D603のオークション

『1人暮らしでも買うべき!これは+α家電ではなく必須家電です!』 .comiiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NH-D603のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メンズグルーミング
1件
1件
衣類乾燥機
1件
0件
食器洗い機
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
乾燥能力4
静音性4
サイズ4
仕上がり5
1人暮らしでも買うべき!これは+α家電ではなく必須家電です!

【デザイン】
おおむね写真通りです。扉の開く向きを変えることができるので、引っ越しやレイアウト変更などで置く場所が変わった際も安心です。

【使いやすさ】
専用のスタンドを置いて縦型洗濯機の上に設置しているので、洗濯が終わり次第、上の乾燥機に放り込んでいます。
縦型洗濯機はどうしても衣類がからまりやすいので(洗濯機はAQUAを使用しています)、取り出すときに多少ほぐす必要はありますが、手で干すときのように洗濯物をパンッ!として伸ばさなくても大丈夫。本当に一枚ずつにほぐした状態の衣類をそのまま乾燥機に放り込んで、あとはただスタートボタンを押すだけで、ふわっと軽い服に仕上がります。タオルもかなりふわふわになります!
ただし、規定量より多めの衣類を詰め込んだ時や、乾燥後「ふんわりキープ」なしで長時間放置したとき、綿や麻などは、シワになりやすいので注意が必要です。
モードは「強弱」「タイマー」のほか「ふんわりキープ」、「75℃除菌」「ワイシャツモード」「厚物」「ふとん・毛布」「シワ取り」があります。シワが気になる服に関しては、「ふんわりキープ」と「ワイシャツ」「シワ取り」モードを説明書通りに使い分ければ問題はないでしょう。
操作は昭和の家電と同じぐらい直感的で簡単です(笑)

【乾燥能力】
だいたい6kgの洗濯物で1回3時間ほどまわっています。よほど厚めの服であったり、または規定量を超えて詰め込んだりしない限り、だいたい完璧に乾きます。
ただし、結構湿気を放出するので、使用中はお風呂場のドアを開けて、お風呂場の窓や換気扇から湿気を外に逃がす必要があります。
それさえすれば、夏場でも部屋自体の湿度が上がるということは特にありません。

【静音性】
音に関しては感じ方の個人差や、住宅の構造の問題もあるので難しいですが、少なくとも私が今使っているAQUAの縦型洗濯機の脱水音よりは静かです。深夜に乾燥機を使うこともあります。
乾燥機自体が回る音というよりは、服の飾りベルトなどの金具が槽に当たる音が気になるという感じです。

【サイズ】
洗濯機の上に置けるということはわかっていたのですが、やはり入れるとデカッ!という印象。でもすぐに慣れます。
大容量を買っておいたほうが乾燥時間が短くなり、結局使用電力も含め効率が良くなるので、1人暮らしで毎日少量しか洗濯物が出ない人以外は、6kgの方を買うことをおすすめします。

【仕上がり】
使いやすさに書いたので省略。

【総評】
購入して大正解。QOLがものすごく上がります。
今までは朝に回した洗濯物を、仕事から帰ってきて眠い目をこすりながら夜に部屋干ししていました。部屋除湿タイプの乾燥機を使っていましたが、それでも24時間では乾ききらないものもあったし、そもそも洗濯物の量が多いため吊るすスペースがなく困ることもありました。乾いたところで、洗濯ものはバリバリだし…
夜に干す気力もなく、洗濯機の中に24時間放置してしまい、また再度洗濯し直しということや、休みの日でも、朝洗濯物を外に干して出かけたら雨に降られるということもありました。
そんな問題が、これを買って一挙に解決。今は洗った洗濯物を乾燥機にポンと入れるだけ。「やらなきゃ…」という気苦労も、手でシワをのばして干す時間もゼロ!乾燥機から取り出したタオルもふわふわ!
また、洗濯を「いつするか」にとらわれることもなくなりました。
今までは朝洗濯し忘れたら夜洗濯して、朝は干す時間がないので洗濯が終わるのを待って夜のうちに干すしかなかったのですが、今は夜洗濯したものを、朝仕事前にポンと乾燥機に入れるだけ!
布団などの大物も、今までは「明日は天気がいいから早く起きて洗濯!朝イチに第一弾を洗濯し始めないと乾かないから!」という感じで、夜仕事の帰りが遅かろうがお構いなしで、洗濯に振り回されることもありましたが、今は梅雨の時期でも、昼まで寝ていても大丈夫。
今まで私は一体何と戦っていたのかという気分です。

私はこの乾燥機を購入前に、ドラム式か、縦型にこの乾燥機と分けて持つべきか悩みましたが、ドラム式は定期的に業者のメンテナンスを入れてもなお、埃詰まりの問題が多いという口コミが多かったため、こちらの乾燥機を選びました。
結果としては、実際ドラム式を使ったことがないので確定的なことは言えませんが、こちらを買って良かったのではないかと思っています。

私が、色々と口コミやプロのクリーニング店の方のブログなどを読んで考察材料にしたものを、下記に列記します。

縦型のメリット
・価格が安い
・泥、皮脂ともにドラム式より汚れ落ちがいい(プロのクリーニング店は縦型を使用している)
・そもそも大容量な機種が多いうえ、規定量の8割程度まで入れられる(ドラム式は容量を抑えないと、たたき洗いという事と、水の使用量が少ないがゆえに汚れ落ちが悪い)
・水を多めで洗えば、衣類は水の中を泳ぐように動くため、たたき洗いのドラム式より衣類の痛みを抑えられる
・乾燥機と併用すれば、洗いと乾燥を同時にできる(布団などをまとめて連続で洗うときに便利。外干しも併用すれば、どんどん洗濯機を回せる)
・洗濯物を途中で追加できる

縦型のデメリット
・ドラム式より使用水量が多い
・乾燥機に入れなおさなければならない

ドラム式のメリット
・節水、ヒートポンプ式で節電できる
・洗いから乾燥まで一気にできる

ドラム式のデメリット
・定期的に業者を入れても埃詰まりの故障が頻発する
・価格が高い
・泥、皮脂ともに縦型より汚れ落ちが悪い
・容量を抑えなければいけないので、一気にたくさんの量を洗えない
・たたき洗いのため、水量調整などで衣類の痛みを抑えることができない
・洗濯から乾燥まで一気にするため、洗濯物の量が多い場合は待ち時間が長くなる

私は、上記の情報をもとに「縦型と乾燥機を別々に両方買った場合でも、ドラム式と同等の値段なのに、別々のほうがメンテナンスが簡単で寿命も長い」という結論を出し、単体の乾燥機を買うに至りました。

乾燥量
2人分
使用時間帯
夜間
深夜

参考になった14人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
乾燥能力4
静音性4
サイズ4
仕上がり5
1人暮らしでも買うべき代物!

【デザイン】
おおむね写真通りです。扉の開く向きを変えることができるので、引っ越しやレイアウト変更などで置く場所が変わった際も安心です。

【使いやすさ】
専用のスタンドを置いて縦型洗濯機の上に設置しているので、洗濯が終わり次第、上の乾燥機に放り込んでいます。
縦型洗濯機はどうしても衣類がからまりやすいので(洗濯機はAQUAを使用しています)、取り出すときに多少ほぐす必要はありますが、手で干すときのように洗濯物をパンッ!として伸ばさなくても大丈夫。本当に一枚ずつにほぐした状態の衣類をそのまま乾燥機に放り込んで、あとはただスタートボタンを押すだけで、ふわっと軽い服に仕上がります。タオルもかなりふわふわになります!
ただし、規定量より多めの衣類を詰め込んだ時や、乾燥後「ふんわりキープ」なしで長時間放置したとき、綿や麻などは、シワになりやすいので注意が必要です。
モードは「強、弱」「60、40、20分タイマー」のほか、乾燥終了後にすぐに取り出さなくてもシワを防いでくれる「ふんわりキープ」、「75℃除菌」「ワイシャツモード」「厚物」「ふとん・毛布」「シワ取り」があります。シワが気になる服に関しては、「ふんわりキープ」と「ワイシャツ」「シワ取り」モードを説明書通りに使い分ければ問題はないでしょう。
操作は、昭和の家電と同じぐらい直感的で簡単です(笑)

【乾燥能力】
だいたい6kgの洗濯物で1回3時間ほどまわっています。よほど厚めの服であったり、または規定量を超えて詰め込んだりしない限り、だいたい完璧に乾きます。

【静音性】
音に関しては感じ方の個人差や、住宅の構造の問題もあるので難しいですが、少なくとも私が今使っているAQUAの縦型洗濯機の脱水音よりは静かです。深夜に乾燥機を使うこともあります。
乾燥機自体が回る音というよりは、服の飾りベルトなどの金具が槽に当たる音が気になるという感じです。

【サイズ】
洗濯機の上に置けるということはわかっていたのですが、やはり入れるとデカッ!という印象。でもすぐに慣れます。
大容量を買っておいたほうが乾燥時間が短くなり、結局使用電力も含め効率が良くなるので、1人暮らしで毎日少量しか洗濯物が出ない人以外は、6kgの方を買うことをおすすめします。

【仕上がり】
使いやすさに書いたので省略。

【総評】
購入して大正解。QOLがものすごく上がります。
今までは朝に回した洗濯物を、仕事から帰ってきて眠い目をこすりながら夜に部屋干ししていました。部屋除湿タイプの乾燥機を使っていましたが、それでも24時間では乾ききらないものもあったし、そもそも洗濯物の量が多いため吊るすスペースがなく困ることもありました。乾いたところで、洗濯ものはバリバリだし…
夜に干す気力もなく、洗濯機の中に24時間放置してしまい、また再度洗濯し直しということや、休みの日でも、朝洗濯物を外に干して出かけたら雨に降られるということもありました。
そんな問題が、これを買って一挙に解決。今は洗った洗濯物を乾燥機にポンと入れるだけ。「やらなきゃ…」という気苦労も、手でシワをのばして干す時間もゼロ!乾燥機から取り出したタオルもふわふわ!
また、洗濯を「いつするか」にとらわれることもなくなりました。
今までは朝洗濯し忘れたら夜洗濯して、朝は干す時間がないので洗濯が終わるのを待って夜のうちに干すしかなかったのですが、今は夜洗濯したものを、朝仕事前にポンと乾燥機に入れるだけ!
布団などの大物も、今までは「明日は天気がいいから早く起きて洗濯!朝イチに第一弾を洗濯し始めないと乾かないから!」という感じで、夜仕事の帰りが遅かろうがお構いなしで、洗濯に振り回されることもありましたが、今は梅雨の時期でも、昼まで寝ていても大丈夫。
今まで私は一体何と戦っていたのかという気分です。

私はこの乾燥機を購入前に、ドラム式か、縦型にこの乾燥機と分けて持つべきか悩みましたが、ドラム式は定期的に業者のメンテナンスを入れてもなお、埃詰まりの問題が多いという口コミが多かったため、こちらの乾燥機を選びました。
結果としては、実際ドラム式を使ったことがないので確定的なことは言えませんが、こちらを買って良かったのではないかと思っています。

私が、色々と口コミやプロのクリーニング店の方のブログなどを読んで考察材料にしたものを、下記に列記します。

縦型のメリット
・価格が安い
・泥、皮脂ともにドラム式より汚れ落ちがいい(プロのクリーニング店は縦型を使用している)
・そもそも大容量な機種が多いうえ、規定量の8割程度まで入れられる(ドラム式は容量を抑えないと、たたき洗いという事と、水の使用量が少ないがゆえに汚れ落ちが悪い)
・水を多めで洗えば、衣類は水の中を泳ぐように動くため、たたき洗いのドラム式より衣類の痛みを抑えられる
・乾燥機と併用すれば、洗いと乾燥を同時にできる(布団などをまとめて連続で洗うときに便利。さらに外干しも併用すれば、どんどん洗濯機を回せる)
・洗濯物を途中で追加できる

縦型のデメリット
・ドラム式より使用水量が多い
・乾燥機に入れなおさなければならない

ドラム式のメリット
・節水、ヒートポンプ式で節電できる
・洗いから乾燥まで一気にできる

ドラム式のデメリット
・定期的に業者を入れても埃詰まりの故障が頻発する
・価格が高い
・泥、皮脂ともに縦型より汚れ落ちが悪い
・容量を抑えなければいけないので、一気にたくさんの量を洗えない
・たたき洗いのため、水量調整などで衣類の痛みを抑えることができない
・洗濯から乾燥まで一気にするため、洗濯物の量が多い場合は待ち時間が長くなる。

私は、上記の情報をもとに、「縦型と乾燥機を別々に両方買った場合でも、ドラム式と同等の値段なのに、別々のほうがメンテナンスが簡単で寿命も長い」という結論を出し、単体の乾燥機を買うに至りました。

使用時間帯
夜間
深夜

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「NH-D603」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
13年変化なし  5 2020年5月19日 02:44
思ったより圧迫感がありませんでした  5 2020年5月10日 16:49
1人暮らしでも買うべき!これは+α家電ではなく必須家電です!  5 2020年3月23日 19:42
これは買ってはいけない 問題点を列挙する  1 2020年2月13日 17:13
DE-N60WVからの買い替え  5 2019年12月20日 20:43
NH-D502からの買い換え  3 2019年8月17日 08:32
NationalからPanasonicへ  5 2019年8月1日 05:53
陽当たりが悪く、部屋干しをする方には強力な助っ人に  5 2019年6月11日 18:14
満足  5 2018年10月24日 18:32
無難な選択でした  4 2018年9月22日 10:38

NH-D603のレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

NH-D603のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NH-D603
パナソニック

NH-D603

最安価格(税込):¥57,200発売日:2017年 6月20日 価格.comの安さの理由は?

NH-D603をお気に入り製品に追加する <249

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[衣類乾燥機]

衣類乾燥機の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(衣類乾燥機)

ご注意