Mobile WiFi E5577 [ホワイト]

カードサイズで大容量バッテリー搭載のWi-Fiルーター

Mobile WiFi E5577 [ホワイト] 製品画像

拡大

契約セット回線契約セットで申し込む場合(最安)

プランの登録までお待ちください

単体購入ルーターのみ購入する場合

端末価格9,603円〜

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年 4月 7日

スペック

タイプ:モバイルWi-Fi 連続通信時間:約12時間 重量:112g Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]の価格比較
  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のスペック・仕様
  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のレビュー
  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のクチコミ
  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]の画像・動画
  • Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のピックアップリスト

『コストパーフォーマンス良』 羅城門の鬼さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:56人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
3件
16490件
その他ネットワーク機器
2件
2019件
UQ WiMAX モバイルデータ通信
2件
1848件
もっと見る
満足度4
デザイン4
設定の簡単さ4
受信感度4
機能性4
サイズ4
コストパーフォーマンス良

再生する

再生する

その他
起動時の本体ディスプレイ

その他
計測中のタスクマネージャのWi-Fiグラフ。前半下り、後半上り。

速度計測 5GHz

速度計測 2.4GHz

本体ディスプレイ アイドル時

本体ディスプレイ メニュー選択時

HiLink デバイス選択時

HiLink ツール選択時

主に海外用に購入しました。

[対応バンド]
https://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/e5577/specs/
によると、対応バンドは、
LTE : B1/3/5/7/8/19/20
W-CDMA : B1/2/5/6/8/19

行き先として回数が多いヨーロッパやアジアだと、
LTE : 1/3/7/20
W-CDMA : 1/8
は是非とも欲しい処ですし、LTE B5 と W-CDMA B5も対応していますので、
アメリカもAT&Tなら使えると思います。

日本のドコモに関しても、LTE B1/3/19 と W-CDMA B1/6/19で接続可能なので、充分使えます。
速度は添付画像参照。

[プリセットAPN]
デフォルトでプリセットされていたAPNは、良く使われるところでは、
IIJmio
OCN モバイル ONE (LTE)
楽天モバイルB(LTE/3G) / 楽天モバイルC(LTE/3G)
mineo(Dプラン)
BIGLOBE LTE・3G
So-net
nifty
AEON MOBILE 1 / AEON MOBILE 2
DMM mobile (dmm.com) / DMM mobile (vmobile.jp)
LINEモバイル
U-mobile
がありました。他にもマイナーなMVNOもありました。

そしてドコモ本家の mopera U もありました。

[無線LAN5GHz対応]
本機は無線LANで5GHzに対応しています。
W56のCHを使ってますので、屋外でも使用可能です。
W52やW53への切り替えの設定は出来ないようでした。

mineo DプランのSIMで、夜中の00:30頃にPCを
2.4GHz接続して計測すると下り14Mbpsでしたが、
5GHz接続して計測すると約2倍の下り32Mbpsとなりました。
添付画像参照。
なお、添付動画は、22:00頃に5GHz接続で計測した時のWi-Fiグラフで下り16Mbps。

モバイル回線(MVNOのバックボーン含む)がそれなりの速度が出る場合は、5GHz接続した方が良いようです。
但し、W56ですので、Nexus7(2013)などのようにW52しか
対応していない子機では使えません。

また5GHzに切り替えるためには、ゲストWi-Fiを無効化する必要がありました。

[設定]
本体ディスプレイからも最低限の確認と設定は出来ます。
・SSID名の確認とIPアドレスの確認
・SMS受信の確認
・通信量の確認
・2.4GHz / 5GHz の切り替え
・中継機(Wi-Fiエキステンダ)の有効/無効

PCなどからはIPアドレスで設定画面に入り、
詳細の設定が出来ます。
・APNの追加設定など

またAndroidやiPhoneなどからは、
Huawei HiLink アプリを使ってほぼ同等のことが出来ます。
自動で本機を見つけてくれます。

[サイズ&重量]
本体サイズは58×96.8×17.3mmなので充分小さいです。
重量も約112gなので、充分軽いです。
それでもバッテリーが3,000mAhあります。結構もちます。
USBのOTGケーブルを使えば、リバースチャージにも対応していますが、
バッテリーが3,000mAh程度ですので、あまり当てにしない方が良いかも。

[公衆無線LAN(Wi-Fiエキステンダ)]
LTE接続の替わりに、公衆無線LANや家の親機に無線LAN接続することも出来ます。
Huawei HiLink アプリをインストールしているタブレットから接続先のSSIDを選択したら、パスワード等のパラメータはタブレット(Android)の設定を流用したようで、マニュアル入力しなくても自動で繋がってくれました。
但し2.4GHzのSSIDにしか接続できないようでした。
ちなみにSIMなしでも、Wi-Fiエキステンダは使えました。

[SMS]
本機はSMSに対応しています。
SMS受信があれば、本体ディスプレイに表示されます。
添付画像参照。

Huawei HiLink アプリを使って、受信したSMSの本文を参照したり、
送信したりも出来ます。

[SIMサイズ]
SIMサイズは何故か標準SIMです。
なので、変換アダプタはほぼ必須だと思います。
これが、本機の最大の欠点です。

[マニュアル]
まともなマニュアルがメーカーのサイトにも置いていないので、
こんなことが出来るのかどうかとかの検索性は低いです。
但し、メーカのサポートにメールすれば、素早く回答してもらえました。
https://consumer.huawei.com/jp/support/mobile-broadband/e5577/
の問い合わせフォーム。
あと、電話やチャットでも対応しています。

[総評]
MR04LNやMR05LNのような性能(CA)や機能(dual SIM/bluetooth)はないですが、
必要十分な性能と機能が格安で提供されており、
コストパーフォーマンスは良いと感じました。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「Mobile WiFi E5577 [ホワイト]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
acに対応してくれてたら完璧だったかな。  5 2019年10月17日 01:19
色々とちょうど良い感じ  5 2019年9月13日 05:01
概ね満足  4 2018年5月23日 08:09
コストパーフォーマンス良  4 2018年2月24日 22:04
SMS送受信可能で使いやすい  5 2017年5月29日 21:37
APNの設定が簡単でした。  4 2017年5月22日 19:32
私には十分な機能。  4 2017年4月21日 22:30

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のレビューを見る(レビュアー数:7人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]
HUAWEI

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]

発売日:2017年 4月 7日

Mobile WiFi E5577 [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <108

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信)

ご注意