『[追試]衝撃のコストパフォーマンス』 AMD Ryzen 7 1800X BOX 今日の名無しさんさんのレビュー・評価

2017年 3月 2日 発売

Ryzen 7 1800X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは4GHz、TDP(熱設計電力)は95W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 7 1800X BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥22,408

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥22,408

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,408〜¥22,408 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国32店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 1800X クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Ryzen 7 1800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1800X BOXのオークション

Ryzen 7 1800X BOXAMD

最安価格(税込):¥22,408 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 3月 2日

  • Ryzen 7 1800X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1800X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1800X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1800X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1800X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1800X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1800X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1800X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 1800X BOX

『[追試]衝撃のコストパフォーマンス』 今日の名無しさんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 1800X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
0件
CPUクーラー
3件
0件
プレイステーション2(PS2) ソフト
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
[追試]衝撃のコストパフォーマンス

CPU-Z

CINEBENCHR15による定格とOCの性能比較

PassMarkによる定格とOCの性能比較

CrystalMarkによる定格とOCの性能比較

CPU-Z Benchによる定格とOCの性能比較

OCCT(LINPACK+AVX)による1時間負荷テスト

「Ryazn 7」の発売から約半月。
「Ryzen」を取り巻く環境にも様々な状況変化がありましたので再評価します。

3月3日の深夜販売にてAMDの次世代CPU「Ryzen 7 1800X」を購入しました。「Sandy Bridge」こと「Core i7 2600K」を4.5GHzの常用OCで誤魔化しながら運用して数年。そろそろサンデー難民の生活(PCライフ)にも保守的な観点で限界を感じておりましたので、この度の「Ryzen(雷禅)祭り」を期に構成を一新しました。


それでは再レビューを開始。


◇構成
CPU:Ryzen 7 1800X BOX
CPUクーラー:虎徹 SCKTT-1000
マザーボード:AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0]
メモリー:CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
PCケース:Super Flower SF-1000RR/NPS


◇用途
動画/音楽編集、エンコード、オーサリング、3Dオン/オフラインゲーム、2D/3DCGなどなど。



◇処理速度
評判通りの処理性能です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能を有しており、お値段は約半額という冗談みたいなコストパフォーマンスのCPU。この性能でこの値段であれば☆は文句無しの5つです。余談ですが、このCPUの恩恵は"最低FPSが底上げされる"ことです。何を言っているのかわからない方には申し訳ありません。この情報だけでCPUやグラボを変更する"猛者"だけに通用する情報なので気にしないでください。(例えばガンオンとかで恩恵あるんよこの石)



◇安定性 ※再レビュー
定格動作でOCCT(LINPACK+AVX)の設定で1時間通過しているので機械的には安定していると評価します。また再レビュー時は常用OC設定として4GHZ(OC)でOCCT(LINPACK+AVX)を通過した直後。上記に加え、さらに安定した動作を裏打ちする結果を得ました。

また、3月18日の時点で、様々な不具合が報告されています。例えばメモリーの相性問題、USB3.0関連の不具合、BISO自動アップデート後の突然死、APLの最適化不足による云々などなど。これらは全て"マザーボードやAPL側による"最適化か不具合が要因と考えるのが妥当な為、現段階ではCPUの評価からは除外します。よって、☆は5つの評価で変更はしません。

■情報ソース:http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170314023/



◇省電力性 ※再レビュー
TDP140Wの「Core i7 6900K」と発熱量を比較対象として並べた場合、TDP95Wの「Ryzen 7 1800X」の発熱量が随分と高い傾向にあります。実際、アイドル時46℃(C6)、高負荷時(OCCT)74℃という計測結果で、虎徹であることを踏まえても定格とは思えない発熱量でした。


北米時間で2017年3月13日にAMDから上記の温度表記について公式見解がありました。
■情報ソース:https://community.amd.com/community/gaming/blog/2017/03/13/amd-ryzen-community-update

要約すると「Ryzen 7 1800X、1700X」は、ジャンクション温度よりtCTLの温度のほうが20℃高いということで、簡単に言えば上記温度表記から-20℃した温度が我々自作ユーザーの言う「CPU温度」の"それ"に近いとのことです。

定格運用で上記を気にする必要は皆無であることは前述の通り。公式に"-20℃"の見解があったにせよ、常用4GHz以上でOCが前提の運用を検討しているのであれば、選択するCPUクーラーの性能、VRM温度まで網羅したエアフローまでをトータルで考慮しなければならないのは昔も今も変わりません。これぞ自作PC、これぞオンリーワン。勿論、再レビュー後の☆は5つです。



◇互換性
未だ発売して間もないCPUですが、すでにベンダー各社それなりのラインナップを発表しています。性能面で圧倒的に同価格帯の競合製品に勝っている事実からも、将来的にはLGA1151と同等まで豊富なラインナップが揃うことは予想に難しくありませんので、先んじて☆を5つと評価しておきます。



◇総評 ※再レビュー
総評として、明らかに性能に対して価格設定が"良い意味"でおかしい製品です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能が約半額で購入可能という衝撃のコストパフォーマンスが最大の魅力と捉えて間違いないでしょう。発売して間もないということもあり、様々な不具合やAPL側の最適化不足が懸念されていますが、それを補って余りある性能と衝撃のコストパフォーマンスを持ち合わせたCPUだと評価して筆を置きたいと思います。



◇おまけ
※OCは自己責任です。
※LINPACKを1時間通せる電圧設定=安定


■CPU : Ryzen 7 1800X
■CPU冷却装置 : 虎徹 SCKTT
■[設定値] 動作クロック / VCore : 4.0GHz / 1.39375V
■[実測値] 動作クロック / VCore : 3.992GHz / 1.416〜1.452V
■Loadline Calibration : Extreme
■AMD Cool&Quiet function : Enabled
■BCLK(計測値) / CPU倍率 / 100MHz(99.8MHz) × 40倍
■コア温度(下限値〜上限値) / 室温 : 74 〜 86度 / 24度
■メモリクロック 2666MHz
■マザーボード : GIGABYTE AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0/F3]
■温度計測方法 :HWMonitor
■負荷テスト : OCCT LINPACK 1時間
■SS : 添付参照

余談ですが、私の場合は省電力機能ONが前提。さらにLoadline設定で石や板の特性を把握して、ざーっくりと調整した後にVCoreで細かく微調整という手法で常用設定を探ります。素人の老婆心ですが、限界まで探る方はマザー側のVRM(MOS)温度にご注意下さい。LINPACK中でHWMonitor読みで"110℃"と、若干無視できない高温を確認しています。

最後に、省電力機能ON、Loadline設定、電圧共にデフォルトで3.925GHzまでのOCが可能でした。個体差がありますので保証はできませんが、昇圧OCに躊躇を覚える方でも、手軽にOCを楽しめるのは個人的に好印象です。さらに玄人を唸らせる発熱。CPU、周辺回路とトータルで冷却を構築する作業が実に楽しい。自作PCの醍醐味ここに極まれり。



お帰りなさいAMD。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった27人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
[追試]衝撃のコストパフォーマンス

[INFO]CPU-Z

[定格]CINEBENCHR15による性能評価

[定格]PassMarkによる性能評価

[定格]CrystalMark2004R7による性能評価

[定格]CPU-Zによる性能評価

OCCT(LINPACK+AVX)による1時間負荷テスト

3月3日の深夜販売にてAMDの次世代CPU「Ryzen 7 1800X」を購入しました。「Sandy Bridge」こと「Core i7 2600K」を4.5GHzの常用OCで誤魔化しながら運用して数年。そろそろサンデー難民の生活(PCライフ)にも保守的な観点で限界を感じておりましたので、この度の「Ryzen(雷禅)祭り」を期に構成を一新しました。


それではレビューを開始。


◇構成
CPU:Ryzen 7 1800X BOX
CPUクーラー:虎徹 SCKTT-1000
マザーボード:AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0]
メモリー:CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
PCケース:Super Flower SF-1000RR/NPS


◇用途
動画/音楽編集、エンコード、オーサリング、3Dオン/オフラインゲーム、2D/3DCGなどなど。



◇処理速度
評判通りの処理性能です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能を有しており、お値段は約半額という冗談みたいなコストパフォーマンスのCPU。この性能でこの値段であれば☆は文句無しの5つです。余談ですが、このCPUの恩恵は"最低FPSが底上げされる"ことです。何を言っているのかわからない方には申し訳ありません。この情報だけでCPUやグラボを変更する"猛者"だけに通用する情報なので気にしないでください。



◇安定性 ※再レビュー
定格動作でOCCT(LINPACK+AVX)の設定で1時間通過しているので機械的には安定していると評価します。また再レビュー時は常用OC設定として4GHZ(OC)でOCCT(LINPACK+AVX)を通過した直後。上記に加え、さらに安定した動作を裏打ちする結果を得ました。

また、3月18日の時点で、様々な不具合が報告されています。例えばメモリーの相性問題、USB3.0関連の不具合、BISO自動アップデート後の突然死、APLの最適化不足による云々などなど。これらは全て"マザーボードやAPL側による"最適化か不具合が要因と考えるのが妥当な為、現段階ではCPUの評価からは除外します。よって、☆は5つの評価で変更はしません。

■情報ソース:http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170314023/



◇省電力性 ※再レビュー
TDP140Wの「Core i7 6900K」と発熱量を比較対象として並べた場合、TDP95Wの「Ryzen 7 1800X」の発熱量が随分と高い傾向にあります。実際、アイドル時46℃(C6)、高負荷時(OCCT)74℃という計測結果で、虎徹であることを踏まえても定格とは思えない発熱量でした。


北米時間で2017年3月13日にAMDから上記の温度表記について公式見解がありました。
■情報ソース:https://community.amd.com/community/gaming/blog/2017/03/13/amd-ryzen-community-update

要約すると「Ryzen 7 1800X、1700X」は、ジャンクション温度よりtCTLの温度のほうが20℃高いということで、簡単に言えば上記温度表記から-20℃した温度が我々自作ユーザーの言う「CPU温度」の"それ"に近いとのことです。

定格運用で上記を気にする必要は皆無であることは前述の通り。公式に"-20℃"の見解があったにせよ、常用4GHz以上でOCが前提の運用を検討しているのであれば、選択するCPUクーラーの性能、VRM温度まで網羅したエアフローまでをトータルで考慮しなければならないのは昔も今も変わりません。これぞ自作PC、これぞオンリーワン。勿論、再レビュー後の☆は5つです。



◇互換性
未だ発売して間もないCPUですが、すでにベンダー各社それなりのラインナップを発表しています。性能面で圧倒的に同価格帯の競合製品に勝っている事実からも、将来的にはLGA1151と同等まで豊富なラインナップが揃うことは予想に難しくありませんので、先んじて☆を5つと評価しておきます。



◇総評 ※再レビュー
総評として、明らかに性能に対して価格設定が"良い意味"でおかしい製品です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能が約半額で購入可能という衝撃のコストパフォーマンスが最大の魅力と捉えて間違いないでしょう。発売して間もないということもあり、様々な不具合やAPL側の最適化不足が懸念されていますが、それを補って余りある性能と衝撃のコストパフォーマンスを持ち合わせたCPUだと評価して筆を置きたいと思います。



◇おまけ
※OCは自己責任です。

■CPU : Ryzen 7 1800X
■CPU冷却装置 : 虎徹 SCKTT
■[設定値] 動作クロック / VCore : 4.0GHz / 1.39375V
■[実測値] 動作クロック / VCore : 3.992GHz / 1.416〜1.452V
■Loadline Calibration : Extreme
■AMD Cool&Quiet function : Enabled
■BCLK(計測値) / CPU倍率 / 100MHz(99.8MHz) × 40倍
■コア温度(下限値〜上限値) / 室温 : 74 〜 86度 / 24度
■メモリクロック 2666MHz
■マザーボード : GIGABYTE AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0/F3]
■温度計測方法 :HWMonitor
■負荷テスト : OCCT LINPACK 1時間
■SS : 添付参照

その他、私の場合は省電力機能ONが前提で、さらにLoadline設定で石や板の特性を把握して、ざーっくりと調整した後にVCoreで細かく微調整という手法で設定しています。限界までやる方はマザー側VRMの温度にご注意下さい。LINPACKで110℃と触れない程の発熱を確認済みです。

最後に、省電力機能ON、Loadline設定、電圧共にデフォルトで3.925GHzまでのOCが可能でした。個体差がありますので保証はできませんが、昇圧OCに躊躇を覚える方でも、手軽にOCを楽しめるのは個人的に好印象です。さらに玄人を唸らせる発熱。CPU、周辺回路とトータルで冷却を構築する作業が実に楽しい。自作PCの醍醐味ここに極まれり。


お帰りなさいAMD。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5
衝撃のコストパフォーマンス

CPU-Zによる「Ryzen 7 1800X」の概要

【定格】CINEBHENCH-R15によるシングル&マルチ性能

【定格】PassMarkによる性能評価

 

【定格】CrystakMark2004R7による性能評価

CPU-Z BENCHMARKによる性能評価

 

3月3日の深夜販売にてAMDの次世代CPU「Ryzen 7 1800X」を購入しました。「Sandy Bridge」こと「Core i7 2600K」を4.5GHzの常用OCで誤魔化しながら運用して数年。そろそろサンデー難民の生活(PCライフ)にも保守的な観点で限界を感じておりましたので、この度の「Ryzen(雷禅)祭り」を期に構成を一新しました。


それではレビューを開始。


◇構成
CPU:Ryzen 7 1800X BOX
CPUクーラー:虎徹 SCKTT-1000
マザーボード:AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0]
メモリー:CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
PCケース:Super Flower SF-1000RR/NPS


◇用途
動画/音楽編集、エンコード、オーサリング、3Dオン/オフラインゲーム、2D/3DCGなどなど。



◇処理速度
評判通りの処理性能です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能を有しており、お値段は約半額という冗談みたいなコストパフォーマンスのCPU。この性能でこの値段であれば☆は文句無しの5つです。余談ですが、このCPUの恩恵は"最低FPSが底上げされる"ことです。何を言っているのかわからない方には申し訳ありません。この情報だけでCPUやグラボを変更する"猛者"だけに通用する情報なので気にしないでください。


◇安定性
定格動作でOCCT(LINPACK+AVX)の設定で1時間通過しているので機械的には安定していると評価します。メモリーの相性はマザーボードが主な要因で、CPUの安定性とは殆ど無関係なので割愛。


◇省電力性
TDP140Wの「Core i7 6900K」と発熱量を比較対象として並べた場合、TDP95Wの「Ryzen 7 1800X」の発熱量が随分と高い傾向にあります。実際、アイドル時46℃(C6)、高負荷時(OCCT)74℃という計測結果で、虎徹であることを踏まえても定格とは思えない発熱量でした。尤もこの温度表示が100%正確などとは私も思っておりません。よって、発熱は少ないか?と問われれば"わからない"という回答で☆を3つと評価しています。しかし、そもそも定格前提の運用であれば全く問題無い範囲で温度推移がなされていますので気にする必要は全くありません。寧ろプレスコット時代と同様、トータルでエアフローを考える楽しさが堪能できるCPU(素材)にワクワクしています。これぞ自作PC、これぞオンリーワンです。


◇互換性
未だ発売して間もないCPUですが、すでにベンダー各社それなりのラインナップを発表しています。性能面で圧倒的に同価格帯の競合製品に勝っている事実からも、将来的にはLGA1151と同等まで豊富なラインナップが揃うことは予想に難しくありませんので、先んじて☆を5つと評価しておきます。


◇総評
総評として、明らかに性能に対して価格設定が"我々消費者にとって良い意味でおかしい"という印象です。先述しましたが、お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能でお値段は約半額というコストパフォーマンスが最大のウリであることは間違いありません。細かい性能については添付画像をご覧いただくとして、同価格帯の「Core i7 6850K」と比較するのは正直酷なので割愛しました。それ位コストパフォーマンスが極めて高い製品だと評価して筆を置きたいと思います。



お帰りなさいAMD。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 7 1800X BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
1年使ってみての感想  5 2019年2月20日 22:22
凄い!  5 2018年10月17日 06:05
Fx8300から乗り換え!  5 2018年3月16日 19:56
ひさびさの浮気  5 2018年2月2日 02:19
レビューしてませんでしたw  5 2017年12月17日 21:23
1600Xから交換  5 2017年12月16日 23:52
最適化アプリケーションが増えることに期待!  5 2017年8月1日 10:25
PC初のAMDにしました。  5 2017年7月26日 13:03
「すごい」。この3文字に尽きる  5 2017年7月25日 22:52
Ryzenがクリエイティビティを加速する!  5 2017年6月27日 22:56

Ryzen 7 1800X BOXのレビューを見る(レビュアー数:19人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 1800X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 1800X BOX
AMD

Ryzen 7 1800X BOX

最安価格(税込):¥22,408発売日:2017年 3月 2日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 1800X BOXをお気に入り製品に追加する <315

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意