『とりあえずこれにしておけ的なデバイス』 TEAC AI-503-B [ブラック] Tinymoon-ZC33さんのレビュー・評価

2017年 3月上旬 発売

AI-503-B [ブラック]

  • 最大DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bitの入力に対応した、プリメインアンプ。高精細なハイレゾ音源のキメ細かい滑らかなディテールとすぐれた定位感を実現する。
  • PCからのUSBデジタル、光/同軸デジタル、RCAアナログの各入力と、ハイレゾ級のワイヤレスリスニングが可能なLDACに対応したBluetoothレシーバーを搭載。
  • ボリュームコントロールが可能なRCA出力端子を装備し、パワーアンプを接続することで本格的なオーディオシステムへの展開が行える。
AI-503-B [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

定格出力:15W/8Ω/28W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω 再生周波数帯域:10Hz〜100kHz アナログ入力:1系統 AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AI-503-B [ブラック]の価格比較
  • AI-503-B [ブラック]の店頭購入
  • AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-503-B [ブラック]のレビュー
  • AI-503-B [ブラック]のクチコミ
  • AI-503-B [ブラック]の画像・動画
  • AI-503-B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-503-B [ブラック]のオークション

AI-503-B [ブラック]TEAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 3月上旬

  • AI-503-B [ブラック]の価格比較
  • AI-503-B [ブラック]の店頭購入
  • AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-503-B [ブラック]のレビュー
  • AI-503-B [ブラック]のクチコミ
  • AI-503-B [ブラック]の画像・動画
  • AI-503-B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-503-B [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > TEAC > AI-503-B [ブラック]

『とりあえずこれにしておけ的なデバイス』 Tinymoon-ZC33さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-503-B [ブラック]のレビューを書く

Tinymoon-ZC33さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
0件
スピーカー
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー4
機能性4
入出力端子4
サイズ4
とりあえずこれにしておけ的なデバイス

【デザイン】
 アナログのレベルメーターや武骨なデザインからガジェット感が強く
 大変気に入っています。トグルタイプの電源スイッチやダイヤル式の
 インプットセレクターも手応えのレスポンスがとてもいいと思います。

【操作性】
 その操作も手応えがとても良いと思います。
 一部機能はリモコンからの操作が必要となりますが、頻繁に操作する
 部分ではないので大方問題無しかと。
 
【音質】
 タイトでスピード感があり引き締まった音を鳴らします。
 限られたスペースに設置する条件からDALI製のSPECTOR1に接続して
 出力しているのですが、位相特性に特徴の有るDALIのスピーカーとは
 相性は悪くないと思います。
 いずれは、TANNOY製REVOLUTION XT MINIや
 Fundamental製SM10Zあたりを繋げてみたいなぁなんて
 夢想しております。

 特筆すべき点として、ヘッドフォン端子が3.5mm4極グランド
 セパレートとなっている点を挙げたいと思います。
 変換ケーブル等コストはかかってしまいますが、バランス駆動並みの
 音で聴けるのは素晴らしいと思います。

 
【パワー】
 ニアフィールド前提のデスクトップ使用のため不満は全くありません。

【機能性】
 DACチップによるアップサンプリングがとても優秀な様に感じます。
 3.5mmヘッドフォン端子が4極グランドセパレートと3極アンバランスの
 どちらにも対応しているのは良い部分だと思います。
 
【入出力端子】
 デスクトップオーディオとしては入力系統は充実していると思います。
 裏面のRCA入力が1系統なのでこれが2系統ならば、なおよかったかなと
 思います。
 上でも挙げましたが、4極グランドセパレート対応の3.5mmヘッドフォン
 端子が秀逸かと思います。
 
【サイズ】
 机上に置くには少し大きいかなとは思いますが、別途ヘッドフォンアンプを
 置く必要が無いことを考えれば十分許容範囲内と思います。

【総評】
 私の環境ではミキサーソフトの仕様上サンプリングレート上限が192khzと
 なってしまうのですが、本機のアップサンプリング機能を鑑みれば好適と
 思っております。
 
 コスパですが、性能から言えば決して高価すぎない程度だと思います。
 しかし、本機のヘッドフォン出力の性能を加味すればパフォーマンス評価は
 跳ね上がると思います。バランス駆動のヘッドフォンアンプの相場を見れば
 本機コスパの異常なまでの高さが分かると思います。
 
 デスクトップ用にそれぞれ別体で揃えるより本機1台を導入する方が
 コストだけでなく伝送劣化の観点でもメリットが大きいように思います。
 いろいろ回り道をして本機に辿り着いた私の意見です。

レベル
中級者

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「AI-503-B [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-503-B [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AI-503-B [ブラック]
TEAC

AI-503-B [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 3月上旬

AI-503-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <102

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【Myコレクション】D
  • 【Myコレクション】C
  • 【Myコレクション】B
  • 【質問・アドバイス】メインPC
  • 【欲しいものリスト】購入予定

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意