『精密高性能なサウンド』 TEAC AI-503-B [ブラック] 乗ってこ0723さんのレビュー・評価

2017年 3月上旬 発売

AI-503-B [ブラック]

  • 最大DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bitの入力に対応した、プリメインアンプ。高精細なハイレゾ音源のキメ細かい滑らかなディテールとすぐれた定位感を実現する。
  • PCからのUSBデジタル、光/同軸デジタル、RCAアナログの各入力と、ハイレゾ級のワイヤレスリスニングが可能なLDACに対応したBluetoothレシーバーを搭載。
  • ボリュームコントロールが可能なRCA出力端子を装備し、パワーアンプを接続することで本格的なオーディオシステムへの展開が行える。
AI-503-B [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

定格出力:15W/8Ω/28W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω 再生周波数帯域:10Hz〜100kHz アナログ入力:1系統 AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AI-503-B [ブラック]の価格比較
  • AI-503-B [ブラック]の店頭購入
  • AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-503-B [ブラック]のレビュー
  • AI-503-B [ブラック]のクチコミ
  • AI-503-B [ブラック]の画像・動画
  • AI-503-B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-503-B [ブラック]のオークション

AI-503-B [ブラック]TEAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 3月上旬

  • AI-503-B [ブラック]の価格比較
  • AI-503-B [ブラック]の店頭購入
  • AI-503-B [ブラック]のスペック・仕様
  • AI-503-B [ブラック]のレビュー
  • AI-503-B [ブラック]のクチコミ
  • AI-503-B [ブラック]の画像・動画
  • AI-503-B [ブラック]のピックアップリスト
  • AI-503-B [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プリメインアンプ > TEAC > AI-503-B [ブラック]

『精密高性能なサウンド』 乗ってこ0723さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-503-B [ブラック]のレビューを書く

乗ってこ0723さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:198人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
11件
25件
プリメインアンプ
2件
11件
ミニコンポ・セットコンポ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
精密高性能なサウンド
   

   

【デザイン】
ブラックを買いましたが非常に格好いいです。
YAMAHA A-S801の置き換えで導入しました。
DENON PMA-150Hを当初導入を考えていたがやめておいて良かった。
ヘッドフォン差し込みはミニではなく標準で良い。
ミニを標準にするアダプタは長いので触れて壊すのが怖い。
逆は問題が無いので標準サイズとして欲しかった。

【操作性】
操作系の感触が良い。
フル操作はリモコンがないとできない。
特にフィルター設定など

【音質】
ハイスピード系で緩さがなく好印象

【パワー】
充分な出力

【機能性】
フィルターがPCM 5種類 DSD 2種類

【入出力端子】
LINE1にSACD-PをつないでいるがCD入力端子として
別途LINE1が欲しかった。

【サイズ】
A4サイズが良い。フルサイズからの買い換えであったので
スペースが相当空いた。
またA-S801は270Wなので相当な節電になる。
1日24時間入れっぱなしなので電気代が助かる。
部屋が暑くなっていた。
YAMAHA A-2000aは使用時間が長いと電気代が目に見えて高くなる。

【総評】
CP環境で主にUSB入力からe-onkyoからDLしたWABを聴いたり
CDリッピングを聴いている。
スピーカーはクリプシュR-15Mを使っているが中高音域の生感が半端ない。
人の生の声がしてびっくりするときがある。
低音はこのスピーカーの特性で暴れ気味。

デジタルフィルターの説明が説明書でも切替えに付いてしか書かれていない。
何らかの記載詳細を説明書に書くべき。切り替えると変わるのがわかります。
これは好感触

フィルターについて
AV watch から以下引用 鈴木 裕 氏 2017年4月11日 08:00


PCM系のデジタルフィルタ5種

「OFF」 音の輪郭が若干強調される感覚があり、ちょっとCDらしい感じと言ったらいいかもしれない。明確な音でもあり、高域に硬さが残った感じもある。音色感は濃いめ。左右方向は狭め。サウンドステージの奥行きが良く出てくるし、クラシックのソフトでのホールトーンが多めに感じられる。

「FIR Sharp」高域が若干スムーズになり、ライブでのオーディエンスの拍手はほぐれてくる。ヴァイオリンの高域の倍音は抑えられている。ただし、アコースティック楽器の音のまとまりは良くなっている。低音は量感が若干増加。音場感としては、左右のスピーカー結んだ線よりもやや手前にサウンドステージが展開してくる。

「FIR Slow」音のテンションが全体的にやや下がったように聞こえる。高域も穏やかだ。同時に全体的な再生音の雰囲気として締めつけがゆるやかになって、伸びやかに鳴っている感覚が出てくる。サウンドステージは前後左右にブロードに。低域はややソフトな感触。

「Short delay Sharp」音像は大きめで、トーンとしてすこしだけマッシブなニュアンスが出てくる。空間よりも、音像の比重が若干上がる傾向。高域の楽器の音像が少し奥めに見えてくるのも興味深い。低音感はけっこうありつつ、高音もはっきりしている。

「Short delay Slow」これは音の変化率は多めで、低音感が増す。音場はセンターにまとまる傾向。高域はちょっと「OFF」のモードに近く、若干強調感を持っている。音場は若干手前に展開。


●DSD系のデジタルフィルタ2種

 「CUTOFF 50kHz」DSD系の、空気感たっぷりのアナログ的な音というよりも、PCM的な明確な音。細かいニュアンスが出てくる。若干コントラストが高めに感じる。

 「CUTOFF 150kHz」DSDというと想起するやや柔らかい音の感触の、キメの細かいトーン。アコースティック・ギターの音色が甘く、音楽をやっている空間が広めに、開放的に感じられる。音の感触もやわらかい。

レベル
上級者

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「AI-503-B [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

AI-503-B [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AI-503-B [ブラック]
TEAC

AI-503-B [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 3月上旬

AI-503-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <104

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意