『カメラとしてしっかりしています』 ペンタックス PENTAX KP ボディ [ブラック] kushikatsuさんのレビュー・評価

2017年 2月23日 発売

PENTAX KP ボディ [ブラック]

  • 約2432万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや、画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載した、ミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ。
  • 最高でISO 819200(標準出力感度)の超高感度撮影が可能となり、高いISO感度でも解像感、階調性を重視することで、すぐれた質感・立体感の描写を実現。
  • シャッタースピード換算で5段分に相当する5軸対応のボディ内手ぶれ補正機構「SR II」を搭載している。
PENTAX KP ボディ [ブラック] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥85,429

(前週比:-274円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥85,430

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥69,410 (19製品)


価格帯:¥85,429〜¥147,339 (48店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥85,435 〜 ¥101,475 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ
カラー
  • ブラック
  • シルバー

タイプ : 一眼レフ 画素数:2496万画素(総画素)/2432万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:643g PENTAX KP ボディ [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の価格比較
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の買取価格
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の店頭購入
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の純正オプション
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のレビュー
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のクチコミ
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の画像・動画
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のオークション

PENTAX KP ボディ [ブラック]ペンタックス

最安価格(税込):¥85,429 (前週比:-274円↓) 発売日:2017年 2月23日

  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の価格比較
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の買取価格
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の店頭購入
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の純正オプション
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のレビュー
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のクチコミ
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]の画像・動画
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • PENTAX KP ボディ [ブラック]のオークション

『カメラとしてしっかりしています』 kushikatsuさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX KP ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感4
カメラとしてしっかりしています

k-30, k-5IIs, k-3とペンタックスのカメラを使ってきて、今回、高感度耐性とコンパクトさに惹かれて購入。
以下に項目毎の所感を書いてみます。長々と。


【デザイン】
クラシックモダンといった感じですね。
とんがり頭は賛否あるかと思いますが、個人的には全体として良くまとまったデザインだと思います。
造りも安っぽさは感じられず、カメラを手に取るのが楽しくなります。

グリップはSサイズが一番しっくりきます。個人的な感覚では、超望遠レンズ(DA*300 F4等)でもSグリップで十分取り回すことができます。

が、後述のとおりバッテリーライフに難があったため、普段はバッテリーグリップを装着して使っています。
バッテリーグリップを装着すると007の秘密兵器ようなメカメカしい風貌になります。個人的にはこの佇まいは結構ツボでした。


【画質】
このカメラで初めて風景を撮影した際に、空や木々の緑がとても綺麗に写るな、と感じました。
少し前からペンタックスのカメラでは、現像時に明瞭度というパラメータを弄れるようになり、よりリアルさを感じられる写真を撮れるようになったと思います。

また、特筆すべきはやはり高感度撮影時のノイズの少なさでしようか。色味はiso感度25600くらいまではほとんど変わりません。輝度ノイズはiso感度6400くらいから、カラーノイズは同25600くらいから盛大に出てきますが、いずれも細かな粒々なため、画質を大きく損なうことはあまりないです。大きく拡大したり切出す用途にはiso感度1600〜3200くらいまでに抑えておくのが無難かもしれません。
ただ、他の方も言われていることですが、シーンによってノイズの出方にバラツキがあるようで、一概にこの感度までなら大丈夫、とは中々言いづらいところがあります。

また、個人的に大きな改善点として、k-3で悩まされたラーメン模様のノイズが、KPでは殆ど出なくなりました。これは昆虫や動物を撮影する上では非常に有り難く、画質には最早不満はない、と言っても過言ではありません。


【操作性】
機能ダイヤルが非常に使いやすいです。操作系としては一つの完成形を見たのかもそれません。
機能ダイヤルにiso感度を割り当て、マニュアルモードで撮影するのが楽しいです。
「超マニュアルモード」とか勝手に呼んで遊んでます。


【バッテリー】
小型化の代償としてバッテリーの持ちは悪くなりました。山野で花や昆虫をバリバリ撮影するような用途だと、カメラ本体のみでは1日もちません。ライブビュー撮影を行うと更に早く電池が減ってゆきます。
バッテリーグリップにバッテリー(大)を入れて使えばバッテリー問題はほぼ解決します。コンパクトさを求めないのなら、個人的にはバッテリーグリップをつけることをお勧めします。


【携帯性】
バッテリーグリップをつけても尚、携帯性は良好です。
Sグリップを装着していればKPのコンパクトさの本領発揮で、いつでも荷物に忍ばせることができます。観光旅行などの際にはさぞ便利であろうと思います。


【機能性】
トータル的なバランスは良いです。
動画機能も、iso25600で撮影できるようになったのは、生態調査の映像記録用に持ち歩くカメラとしても非常に優秀です。

一方で、上位機種には搭載されている"Xモード"がモード選択に見当たらず、社外品のストロボを使おうとすると1/180でストロボを発光させつつシャッターを切ることができません(出来るのかも知れませんが、それっぽい設定項目が見けられない)。
メッツのストロボを装着して蝶の飛ぶ様子を連写してみたら、シャッター速度が1/200になっていたせいで真っ暗なカットを量産してしまった…等となると、少し残念な気分になります。


【液晶】
ここが個人的には最も気になりました。白色系統の発色、というか見え方が独特で、一昔前のパソコンの液晶画面よろしく、液晶のドットを粗い格子状にパターンを作って配置することで色を作っている…
ように見える事があります。特に白やグレーにおいてはその頻度が高いです。

k-5IIs,k-3のみならずk-30でもそんな事を感じたことは無かったと思うので、何なんだろう?と不思議に思っています。


【ホールド感】
まずk-5やk-3系統とはカメラの持ち方を変える必要があります。カメラに対して垂直に手首を手の甲側へ曲げてグリップするような感覚でしょうか。


【総評】
十分にメインとして使えるカメラです。

ただ、僕の個体は時々シャッターを切った後にフリーズした事があり、やや安定感に欠ける所があるのかな…とも思います。が、それを補って余りある使い良さがあり、撮影シーンを拡げてくれます。



(以下 '19.6.27. 追記)
iso感度の設定とシャッターフィールについて、ひとつ気がついたことがあったので、わざわざ追記するまでもないかとは思いますが、念のため。

本体に設定項目があるのかもしれませんが、どうもiso感度25600を境に、シャッターフィールがiso感度12800以下に設定されているときと明らかに変わってくるようです。

普段は「メカシャッターのみ使用」する設定にしており、シャッターをきると手には「シャコッ」という感触が伝わってくるのですが、
iso感度を25000以上にしたときにはまるで「電子シャッターを使用」と設定している時のような「カタンッ」というフィーリングになります。

両シャッターモード設定間には、連写の際の連写速度に結構な違いがありますが、シャッターフィールが変わると連写速度にも同様の影響が出てきます。
ですので、おそらくiso感度25600以上の設定時には強制的に電子シャッターモードにされてしまうのでしょう。

結果として、記録写真用に動物や昆虫の動きを薄暗い環境下でシャッタースピードを稼ぎつつ連写しようとしてiso感度を上げすぎると、連写速度がガクッと落ちるという現象が起きます。

k-3の時にはそんなこと無かったよなぁ…
と不思議に思いつつ、最近は暗所での連写時には素直にストロボを炊いて対応するようにしています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった15人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感4
カメラとしてしっかりしています

k-30, k-5IIs, k-3とペンタックスのカメラを使ってきて、今回、高感度耐性とコンパクトさに惹かれて購入。
以下に項目毎の所感を書いてみます。長々と。


【デザイン】
クラシックモダンといった感じですね。
とんがり頭は賛否あるかと思いますが、個人的には全体として良くまとまったデザインだと思います。
造りも安っぽさは感じられず、カメラを手に取るのが楽しくなります。

グリップはSサイズが一番しっくりきます。個人的な感覚では、超望遠レンズ(DA*300 F4等)でもSグリップで十分取り回すことができます。

が、後述のとおりバッテリーライフに難があったため、普段はバッテリーグリップを装着して使っています。
バッテリーグリップを装着すると007の秘密兵器ようなメカメカしい風貌になります。個人的にはこの佇まいは結構ツボでした。


【画質】
このカメラで初めて風景を撮影した際に、空や木々の緑がとても綺麗に写るな、と感じました。
少し前からペンタックスのカメラでは、現像時に明瞭度というパラメータを弄れるようになり、よりリアルさを感じられる写真を撮れるようになったと思います。

また、特筆すべきはやはり高感度撮影時のノイズの少なさでしようか。色味はiso感度25600くらいまではほとんど変わりません。輝度ノイズはiso感度6400くらいから、カラーノイズは同25600くらいから盛大に出てきますが、いずれも細かな粒々なため、画質を大きく損なうことはあまりないです。大きく拡大したり切出す用途にはiso感度1600〜3200くらいまでに抑えておくのが無難かもしれません。
ただ、他の方も言われていることですが、シーンによってノイズの出方にバラツキがあるようで、一概にこの感度までなら大丈夫、とは中々言いづらいところがあります。

また、個人的に大きな改善点として、k-3で悩まされたラーメン模様のノイズが、KPでは殆ど出なくなりました。これは昆虫や動物を撮影する上では非常に有り難く、画質には最早不満はない、と言っても過言ではありません。


【操作性】
機能ダイヤルが非常に使いやすいです。操作系としては一つの完成形を見たのかもそれません。
機能ダイヤルにiso感度を割り当て、マニュアルモードで撮影するのが楽しいです。
超マニュアルモードとか勝手に呼んで遊んでます。


【バッテリー】
小型化の代償としてバッテリーの持ちは悪くなりました。山野で花や昆虫をバリバリ撮影するような用途だと、カメラ本体のみでは1日もちません。ライブビュー撮影を行うと更に早く電池が減ってゆきます。
バッテリーグリップにバッテリー(大)を入れて使えばバッテリー問題はほぼ解決します。コンパクトさを求めないのなら、個人的にはバッテリーグリップをつけることをお勧めします。


【携帯性】
バッテリーグリップをつけても尚、携帯性は良好です。
Sグリップを装着していればKPのコンパクトさの本領発揮で、いつでも荷物に忍ばせることができます。観光旅行などの際にはさぞ便利であろうと思います。


【機能性】
トータル的なバランスは良いです。
動画機能も、iso25600で撮影できるようになったのは、生態調査の映像記録用に持ち歩くカメラとしても非常に優秀です。

一方で、上位機種には搭載されている"Xモード"がモード選択に見当たらず、社外品のストロボを使おうとすると1/180でストロボを発光させつつシャッターを切ることができません(出来るのかも知れませんが、それっぽい設定項目が見けられない)。
メッツのストロボを装着して蝶の飛ぶ様子を連写してみたら、シャッター速度が1/200になっていたせいで真っ暗なカットを量産してしまった…等となると、少し残念な気分になります。


【液晶】
ここが個人的には最も気になりました。白色系統の発色、というか見え方が独特で、一昔前のパソコンの液晶画面よろしく、液晶のドットを粗い格子状にパターンを作って配置することで色を作っている…
ように見える事があります。特に白やグレーにおいてはその頻度が高いです。

k-5IIs,k-3のみならずk-30でもそんな事を感じたことは無かったと思うので、何なんだろう?と不思議に思っています。


【ホールド感】
まずk-5やk-3系統とはカメラの持ち方を変える必要があります。カメラに対して垂直に手首を手の甲側へ曲げてグリップするような感覚でしょうか。


【総評】
十分にメインとして使えるカメラです。

ただ、僕の個体は時々シャッターを切った後にフリーズした事があり、やや安定感に欠ける所があるのかな…とも思います。が、それを補って余りある使い良さがあり、撮影シーンを拡げてくれます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「PENTAX KP ボディ [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ちっちゃくて、クラッシック  5 2019年10月6日 00:54
トラディショナルなデザイン  5 2019年9月14日 15:13
とにかくデザインに惚れました  5 2019年9月13日 05:17
写真を楽しく撮るためのカメラ【最終レビュー】  5 2019年8月17日 13:36
レベルアップ  5 2019年8月14日 01:28
これはAPS-C DSLRカメラのbest機のひとつ  5 2019年8月12日 17:16
二度めの購入で分かったKPの良さ  5 2019年7月13日 20:29
APS-C機のひとつの着地点  5 2019年7月12日 05:22
久々の一眼レフ  5 2019年6月28日 21:17
PENTAX-KPは天体写真に良さそうです  5 2019年6月27日 17:33

PENTAX KP ボディ [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:91人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX KP ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX KP ボディ [ブラック]
ペンタックス

PENTAX KP ボディ [ブラック]

最安価格(税込):¥85,429発売日:2017年 2月23日 価格.comの安さの理由は?

PENTAX KP ボディ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <826

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意