トヨタ プリウスPHV 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル

プリウスPHV 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:プリウスPHV 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
A 2019年5月9日 マイナーチェンジ 1人
S 2019年5月9日 マイナーチェンジ 1人
S ナビパッケージ 2019年5月9日 マイナーチェンジ 1人
A Utility Plus 2018年1月8日 特別仕様車 3人
S Safety Plus 2018年1月8日 特別仕様車 2人
S ナビパッケージ Safety Plus 2018年1月8日 特別仕様車 2人
S GR SPORT 2017年9月19日 マイナーチェンジ 1人
S ナビパッケージ GR SPORT 2017年9月19日 マイナーチェンジ 4人
A 2017年2月15日 フルモデルチェンジ 12人
A プレミアム 2017年2月15日 フルモデルチェンジ 10人
A レザーパッケージ 2017年2月15日 フルモデルチェンジ 3人
S 2017年2月15日 フルモデルチェンジ 7人
S ナビパッケージ 2017年2月15日 フルモデルチェンジ 15人
満足度:4.40
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:68人 (試乗:19人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.45 4.34 10位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.46 3.93 51位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.28 4.13 20位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.24 4.21 51位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.27 4.05 5位
燃費 燃費の満足度 4.89 3.89 1位
価格 総合的な価格の妥当性 3.57 3.88 68位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウスPHV 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:3人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

もさくおやじさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地1
燃費無評価
価格2

トヨタのディーラーで試乗したのですが、EV走行で走りましたが、リーフの静かがなくHV走行に切り替えてら、やたらうるさい車でした。
日産リーフの走りを期待したのに期待外れでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ラク♪さん

  • レビュー投稿数:499件
  • 累計支持数:497人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
53件
0件
焼酎
21件
0件
自動車(本体)
13件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格2

【エクステリア】
押しの強い素プリウスと比べてまとまりのある顔付
フロントガラスの前のボンネットのふくらみに水が残って
イオンデポができる
リアガラスの波が雨が降ると大変見にくい
リアガラスがあんなに傾斜しているならワイパーは絶対必要
フロントバンパーの出っ歯は国道沿いのレストランに
入るところで歩道の段差で擦ってしまう
基本的に大変良い車だが空力を考えすぎて
小事にとらわれて大局を見失うです

【インテリア】
前席は狭さや窮屈さを感じさせないぎりぎり
後ろの席は自分だとヘッドクリアランスに不満を感じる。
内装の質感は程よいが 白い加飾は意味が分からない
トランクルームは分かっていたこととはいえ狭い
運転席周りに小物の置き場所が少ない 
ダッシュボードとか斜めになってるのを直せばばいくらでも作れそうなのに

【エンジン性能】
EV5点 HV3点 平均して4点とした 
HVに乗った人がみんな言うように「HVは静かすぎて
エンジンが掛かっているかどうか分からない。
街中で自転車に乗ってる人とかに気づいてもらえない」
というくらい静かである。だがEVはもう一段静かで無振動
動力性能も街中を走っているだけならHVも及第点以上の
十分良いエンジンです。
だがEVの踏んだ瞬間にスムースかつリニアに加速する感覚に慣れると
HVはかったるく感じてしまう。
山道やくねくね道になるともっと差が出る
EVはきつい坂道でも平地と同じように加速していき
減速してカーブに入って立ち上がりアクセルを踏んだ瞬間加速する
その操縦する人の意のままに寄り添い操れる運動性は優秀を超えて
快感ですらある

【走行性能】
車の大きさに対して車重は重いのできびきび感やひらひら感はない
だがどっしりとそしてしっかりと地面に吸い付き 狙ったラインを
オンザレールで走ることにかけては大変優秀
道路交通法に触れるような限界を超えた運転をしない限り
乗っている人を守り切れる運転の助けとなる信頼感が感じられる。

高速道路でも安定していて安心して運転することができます
衝突軽減ブレーキと組み合わされたレーダークルーズコントロールは
前の車が速度を落としても車間距離を自動で保ってくれて
高速道路の運転を快適にしてくれる
自動運転とは程遠いがクルーズコントロールがやっと実用になった
という感じ。ブレーキを踏むと切れてしまうので できるなら
速度を決めておいてアクセルを踏んだらまた自動で追従できる
モードもあれば良いと思います。

【乗り心地】
同クラスのコンパクトセダンと比べて1クラス上の乗り心地です。
突き上げや振動は最小になるようよく調正されている
それでいてふわふわもしない 
しっとりというのがこの乗り心地にもっともふさわしいと思います。
シートも個性を感じさせず長時間乗っても疲れを感じない。

【燃費】
燃費の算定が大変難しいので EVとHVを状況に応じて
細かく使い分けていると数値で出すのはほぼ無理ですが
電費も燃費も満足です ガソリンが減らな過ぎて劣化しないか
それが心配

【価格】
高い それりゃあファミリーカーとして高くなり過ぎた感の強い
50系プリウスにEV積んじゃったんだから仕方ないといえば仕方ない
PHVを理解し この価格に納得して 充電場所が準備できる
そういう人だけが買えばいいという強気な値段
素プリウスとの値段差から補助金を引いた額がEVの値段とすると
EVの値段は5点満点 納得大満足の値段である
EVの出来の良さを考えるとバッテリーがもっと進化したら
EVに特化してHVを外し バッテリー切れには小型軽量の
発電機で対処する方が合理的だと思います。

【悪い点】
ATシフトレバーは欠陥品と断定します。
操作した後元の場所に戻ってしまうので今どこに入ってるか
目視でも手の感覚でも確認することができない。
前進が右後ろ→↓後退が右前→↑なのは操作と車の動きがマッチしない
Bがバックでなく他の操作で大変紛らわしい。
慣れればいいなんて無責任が過ぎる。
お年寄りが操作をミスする原因だと言い切ってよい

LEDは大変明るく夜間の視野の確保には大いに役立ちますが
アダプティブハイビームは反応が遅く 検知判断が悪すぎて使えない
比較的車通りが少なくカーブも少ない条件が厳しくない道で使っても
何度かパッシングされました。便利なのに大変残念

空力のために作られた造形は細かなことでたびたび違和感を覚える
こんな無駄なことしないでくれよと切に願います。
車は誰のための物かもう一度よく考えて作り直してほしい

【総評】
発展途上です。 それは認めます。 バッテリーはもっと軽く小さく
容量は大きく充電も簡易にそして値段も安くなるでしょう。
そうなった時にBMWi3のレンジエクステンダーEVや
ノートEPOWERのような車を選ぶ方が良くなるかもしれない 
その方がより合理的であろうと思います。
あるいは水素自動車が普及するかもしれない
その時HVとEV両方積んじゃった55PHVは時代遅れになるだろう
だが2018年現時点で魅惑的で快楽な運転を与えてくれるEVを
電池切れという恐怖なしに所有できる最適解がプリウスPHV
ノートEPOWERやリーフにも試乗してEVの優秀さは分かったうえで
プリウスのEVがただEVであるというだけでこの性能を手に入れた
のではないと納得しました。
EVの強力な動力を最適に調整することでスムースでリニアに調整し
バッテリーの重量やシャシの強度と足回りのバランスを取り
パッケージングしたトヨタのEVメーカーとしての力量を見せつけるような
傑作であると乗るたびに実感します。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
岡山県

新車価格
326万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちゃお@ぬこさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
モデリスタのエアロに純正17インチアルミですが、アルミは重すぎです。軽量の社外品を探します。
外観に一目惚れしたのが購入の切欠なので文句なしです。
一番好きなのはフロントから見た4眼ですが、独特なリヤviewも立体的なサイドも、
どこから見ても惚れ惚れしてます。
ボディ色の白と黒のコントラストがたまりません。

【インテリア】
正直、プリウスクラスをなめてました。前車も特に高級感のないエスティマでしたが
全く期待してなくて、試乗の時もナビにしか興味がありませんでしたが、
艶やかな黒の加飾や、程よいメッキの配置といい、高級感とは言いませんが、
安っぽさも感じない作りは好感が持てます。
HUDを一番期待しててグレードを決めたので、賛否両論なのは知ってますが少なくても欲しかった自分としては
期待通りの装備と思います。センターメーターには慣れていたので違和感はありませんが、
視線の先に情報があり無駄な装備とは感じません。
速度よりも、ゲージやEV走行残距離、ナビ補助の方を優先してみてます。
表示パターンも思った以上にありました。
本革シートも初めてでさほど興味もありませんでしたが、触り心地もフィット感も匂いも最高です。
偶然かパワーシート付ばかりだったので、微調整の利くパワーシートも外せませんでした。
娘が勝手に乗るので、願わくはメモリー機能が欲しかったです。

【エンジン性能】
外観で決めた車なので、PHVの特性を理解せずに注文して、納車待ちの間にすごい車なんだと知りました。
ハイパワー車には飽きたので(過去にBCNR33とかエボXとかエスティマも3.5L)、まったり運転で燃費が良ければって
思ってましたが、EVの出だしは気持ち良いですね。CMの石原さんのビューーーーーんそのままって感じました。
絶対的な加速を求める車じゃないし、実用十分な加速感です。中間加速もEVだとダイレクトに反応して不満もありません。
その分、HVになるとガッカリ感が・・・

【走行性能】
バッテリーの重さがマイナスに感じるほど攻めてません。そんな車じゃないですし必要あるのかな?と思います。
スカッと曲がって狙ったポイントをトレース出来てハンドリングもリニアに反応して、
山道でも迷惑掛けない速度で走れます。17アルミの恩恵もありそうですね。
サーキット走る車じゃないので十分です。

【乗り心地】
せっかくのEVモードでもロードノイズは結構します。現行カムリのHVモードの方が静かです。比べちゃ駄目ですね。
純正のブリジストン、トランザでこのレベルなら安物は避けた方が良さそうですね。
17選んで乗り心地を求めるな!と叱られそうですが、個人的にはコツコツ感を拾った方が、
道路の情報を取得しやすいので逆に気にってます。
ただ、18インチ以上にする気はありません。アルミを軽量化すれば乗り心地も多少は改善されそうです。
車格相応といった乗り心地と感じました。

【燃費】
文句なしですね。頻繁に充電しちゃうし、通勤はEVで賄えるので長距離の旅に出ない限り
ガソリンが減る気配がありません。満充電後のEV走行可能が納車直後50前半が65`まで伸びてきました。
良いのか悪いのかわかりませんが、EV加速を楽しんでの結果なので大満足です。
電費もアルミを交換すれば影響ありそうですね。納車一週間なのでまだまだです。
アルミは純正10`/個に対して7.88`/個のアルミを注文して入荷待ちです。純正同サイズでタイヤは流用します。

【価格】
総額500万弱でした。値引きと12年落ちエスティマの下取り合計で100万だったのと
補助金が国と市から合計50万バック、会社の紹介料でキャンペーンに間に合えば+10万バック
後は5年間免税を踏まえれば、かなり安く済みました。
市の補助金が大きいのですが、ノーマルプリウスと変わらない気がします。

【総評】
文句なしの車です。装備も次世代TSSPこそ付いてないとはいえ、
十分な安全装備もあり高級車イメージの強いヘルプネットボタンもある。
DCMの恩恵でスマホからなんでも情報が見れちゃう。
保有する喜びを感じる事の出来る車だと思います。

ディーラーの担当に言われました。
「PHVに乗ると次もPHVが欲しくなりますよ」
異議なしですね。国の補助金しばりで4年は乗れば新型が見えてくるので。
でも他車種のPHVも増えそうなので楽しみです。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
愛知県

新車価格
422万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
40万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

忍たま欄汰朗さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
147件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5


【総評】
皆さんが乗り心地や良い点や悪い点をレビューされてるので、これまでの運用実績を載せたいと思います。購入を見当されてる方の参考になれば
EV走行比は6:4でEV走行が多いです。HV走行中のEV走行は平均70%です。平均時速は40キロ前後なので基本は下道ですいすいの走行です。高速は月に一、二回往復200キロほど走ります。平日は基本EVで60キロ前後、(気温が高いときは10%くらい残ってたのですが最近は後数キロというところでエンジンがかかってしまします)土日祝日は150〜200キロ走ってます。
ガソリンは120リットル、電気は500kw、たまにイオンで無料充電してます。通算燃費表示は82.8キロ
燃費がすべてではないですが月に2000円ほどの電気代を払えば燃費80キロオーバーのエコカーになるので大変満足してます。冬はどのくらい落ちるのか楽しみですね。
最後に推察ですがHV乗りの方には朗報かと
暖房の充電地獄はひょっとしたら悪燃費にならないかもです、PHVはエンジン回す(暖気)=いくらでも充電なのである意味チャージモード?で普通のHVより燃費が良くなるのでは?と勝手に想像してます。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
栃木県

新車価格
326万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった103人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GhibliQ4さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:148人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費4
価格1

【エクステリア】
現行プリウスが、エクステリアデザインの当て馬的な存在となって、
このプリウスPHVのデザインが普通以上に良く見えている(笑)

カッコいいのレベルを求める車であってほしいと思いますが、
目指しているところが違うと思うのでそれは置いといて、
デザインの統一感があり、リアも好印象、
悪くないエクステリアです。

【インテリア】
悪くはないのですが、質感が低く安っぽさが前面に出ています。
イタリアやフランス、うーん、フランス車ですかね。
フランス車のセンスというか、安い素材でもその素材感を上手に使い、
デザインし、まとめあげるようなインテリアデザインが欲しいところです。

これがプリウスデザインだ!というところが一切ないのが、
長年作っている車でないのは残念です。


荷室はプリウスと比べると床の背が高く狭く感じますね。
荷物を毎回積むわけではないのですが、
狭いよりは広い方が良いですね。
プリウスとプリウスPHV、プラスとマイナスがあって面白いかも。

【エンジン性能】
ある程度EVのみで!というのは体感できますが、
それでもEV専用車ではないので、期待するほどの楽しさはありません。
それを求める車でもありませんけど。

【走行性能】
意外と、まったりしていますね。

【乗り心地】
悪くはないレベルです。

【価格】
高額すぎます。
ここは、大きな弱点ですね。

【総評】
「プリウスより、良いプリウス」

これが全て!と思える車でした。

世の中に現行プリウスとプリウスPHVしかなければ、
間違いなくプリウスPHVを選びます。
購入を悩んでいる人がいれば、間違いなくプリウスPNVをお薦めします。
「2択で最強」、そんな車です。


現行プリウスがこのデザインならば、もっと売れているかもしれないと、
思わせてくれるエクステリアデザインは好印象です。
唯一、それが印象に残る車。

価格とのバランスが悪いですね。
価格からは他の選択肢が豊富にある状況で、あえてこれを選ぶ。。。
プリウスからの乗り換え需要のみな車なような気がします。

もし現行以外のプリウスに乗っているならば、
大いに勧めたくなる車です。


レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fromE-1さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:195人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
81件
タブレットPC
0件
3件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格3

一度車を買うと長く乗るので、毎回車選びは慎重に行っています。
昨年、四代目プリウスの購入を検討していましたが、デザインが好きになれず、躊躇していたところに新プリウスPHVが発表され、一目惚れして発売前から予約していました。補助金の関係で納車は5月でした。

【エクステリア】
フロントのヘッドライト回りもリアのダブルバブルウインドウもクールです。
ノーマルプリウスでは、デザイナーの初期スケッチ案を製品として具現化する段階で、似て異なるものになってしまいましたが、プリウスPHVでは初期スケッチ案のイメージを保ったままうまく具現化したと思います。
オプションのエアロ(モデリスタ、TRD)も魅力的でしたが、最終的にはオリジナル(オプションなしのこと)としました。オリジナルは高いレベルでデザインと実用性のバランスが取れていことも理由のひとつです。
エクステリアのデザインについては、妻や娘からの評判も上々です。
先日洗車をしていると、ご近所さんから「カッコイイ車ですね」と声をかけられました。

【インテリア】
Aプレミアムなので本革シートが標準装備でした。他にモデリスタのインテリアパネルセット、面発光LEDライト、JBLプレミアムサウンドシステムなどのオプションを付けました。
あと、ハンドル下部の白いパネルは違和感があるため、黒に変更しました。
インテリア全体として、上質なシンプルモダンのイメージでまとまったと思います。
縦型の大型モニターはナビには良いですが、TV視聴では画面半分のサイズになることやDVDが使えないこともあり不満でした。私は後部座席にTV&DVDプレイヤーを付けました。
フロントガラスに速度等を表示してくれるヘッドアップディスプレイ、並走する車が死角に入るとバックミラーに表示してくれるブラインドスポットモニターは、あまり必要ないと思っていましたが、意外と便利で重宝しています。
JBLサウンドもなかなか良い音で鳴ってくれます。
EVモードで走っている間は車内は本当に静かで、市街地走行では声を大きくしなくても普通に会話ができます。

【エンジン性能】
ドライブモードとして、エコモード、ノーマルモード、パワーモードの3つがあり、動力の切り替えとして、HVモード、EVモード、チャージモードの3つがあります。両者を組み合わせてモードを設定します。
EVモードは静粛かつ強力で、プリウスPHVの真価を発揮できるモードですが、電気がなくなると、HVモードになってしまいます。
ドライブモードでいうと、エコモードは少々物足りないですが、ノーマルモードは街中の走行で不満を感じることはなく、パワーモードは実に爽快です。
EVモード&パワーモードは最も強力で、他車を一瞬で引き離すことができます。アクセルをめいっぱい踏み込むと、想像以上に強く加速してくれます。高速でも十分な動力性能があります。
絶対出力はさほど大きくはないではないですが、常用域でのトルクが太く、レスポンスがクイックかつリニアなので、アクセルワークが小気味よいです。
唯一で最大の欠点は、(当然ですが)電気がなくなると、EVモードでは走れなくなることです。
この欠点を多少でも補うために私は実家にも充電ケーブルを置いています。

【走行性能】
ボディ剛性が高く、ハンドリングのダイレクト感がとても良いです。切れ味がよく、意のままに操れるというダイレクトさを感じます。普通の乗用車としては出色の出来でしょう。
高速走行時のハンドルの安定性(中立性)の高さは、リアのダブルウィッシュボーンサスのおかげだと思います。レーンチェンジしたり、高速コーナーを抜けるたびに車体剛性の高さを感じて、ひとりニヤリとしています。
走るのがとても楽しい車で、エコタイヤタイヤにしては結構頑張ってくれます。
乗り心地を犠牲にせずに走りの安定性を両立させたのは、TNGAやプリウスPHVで新たに採用された構造用接着剤の効果なのでしょう。
ブレーキについては利き始めがかなりソフトで、意識的に強めに踏み込まないと、強い制動力が得られません。このフィーリングは従来のカックンブレーキよりはずっと自然ですが、エネルギー回生システムや車重増加とのトレードオフのためなのかもしれません。欲を言えば、もう少しソリッド感がほしいですね。

【乗り心地】
タイヤは標準の15インチのままなので、一般道でもゴツゴツせず乗り心地が良いです。
急カーブではあまりロールせずにしっかり踏ん張るのに、道路の段差などの衝撃はソフトに吸収してくれます。
先日、妻に運転してもらい、初めて後部座席に乗りましたが、たいへん快適でした。乗り心地が良いと疲れないですね。
オプションのMCB(モーションコントロールビーム)を付ければ、さらに乗り心地が良くなるということですが、ノーマル(15インチ)でもかなり上質な乗り心地だと思います。

【燃費】
エコモードでおとなしく走っていれば、懐にやさしいです。燃費は軽自動車並みでしょう。
でもパワーモードを使わないのはもったいなさすぎます。
いざというときにパワーモードを使えるように、高速ではHVモードを使って、電気を温存するようにしています。

【価格】
燃費だけではノーマルプリウスからの差額分の元は取れません。
経済性だけ見れば割高感は否めませんが、それ以上に大きな魅力のある車だと思います。
私がこれまでに購入した車の中で、最も高額になりましたが、買って良かったです。

【総評】
以前に二代目プリウスを所有していました。三代目、四代目プリウスにも社用車でときどき乗ります。
ハイブリッド特有の弱点を代を重ねるたびに改良していき、プリウスPHVではほとんど文句の付けようがないレベルにまで仕上がっています。よくぞここまで良い車に育て上げたものです。
歴代のプリウスとプリウスPHVの開発陣に拍手を送りたいと思います。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
滋賀県

新車価格
422万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった164人(再レビュー後:150人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wktyouさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:1422人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3
   

   

動画も撮ってきました!
参考までにどうぞ!
(エクステリア・インテリア編)
https://youtu.be/YGb-ziUUTcg

(試乗編)
https://youtu.be/7r_0mEskOLs

【エクステリア】
現行プリウスより大分落ち着いたイメージです。
資金に余裕もあって環境のために燃費を気にしてるけど、あの見た目は…、と思ってる人達にはストライクだと思います。

【インテリア】
ナビ部分が完全にテ○ラに似ています。
ただ、今回は色々な機能があるので大きめのナビは操作しやすいと思います。
他内装は現行プリウスと似ていますが、色合いはエクステリア同様落ち着きがあります。

【エンジン性能】
今回はEV走行とチャージモードを、試させてもらいました。モーターは本当に静かで力強く快適です。
チャージモードで動いたエンジンは思ったよりパワーがなく感じました。

【走行性能】
プリウスより重いこともあるのでしょうが、足回りはハンドルを切った時、ブレーキを踏んだ時など所々でふわっとした印象を受けました。
かっちりとした走りをする車ではないと思いますが高速での走りが気になります。

【乗り心地】
運転席に座った状態であっても、段差など路面の入力は結構揺れとして感じました。
リアシートについては今度乗ってみようと思います。

【燃費】
EV走行だけで60qオーバーというのが実燃費としてどうなるのかが楽しみです。
エンジンでもプリウス級の燃費と考えれば他のプラグインハイブリッドと比較しても、
相当優位性があるのではないかと思います。
またEV走行、チャージモード、ソーラー充電と他社の機能が1つの車に詰まっているので、
効率良く走ることに喜びを感じる人にはもってこいです。

【価格】
安い!とは言えませんが、環境のためならと腰をあげられるお値段かと思います。

【総評】
発売が遅れた理由が他社の動向を待っていたためなのでは?と思うくらい環境性能全部乗せの車です。
1つ残念なのは電動パーキングブレーキがないことを我慢しなければいけないことです。
このお値段であればぜひ付けていただきたかった。

ただ、燃費が伸びることに喜びを感じられる人にはいよいよ来ましたよ未来!
と購入を勧められる車になっています!
ぜひご試乗ください。

レビュー対象車
試乗

参考になった158

このレビューは参考になりましたか?参考になった

土羅ゑ門さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能3
走行性能1
乗り心地2
燃費4
価格1

はじめに、レビューについては、基本辛口です。
この用途として、販売する車ですから出来ていて、当たり前ですので、基本は星三つです。

【エクステリア】
プリウスのリアレビューで感じたウルトラ警備隊感は、払拭されており、恥ずかしくない車に仕上がっている。
フロントは、オプションを考えなくてもデザイン的に問題ない。

【インテリア】
なぜ乗車定員が、4人なのか。
全てはそこである。
確かに普段使いでは、問題がないかもしれない。
しかし、ちょっとそこまで、知人や親戚を乗せたりする時がある。
この点は大きく減点せざるえない。

【エンジン性能】
やはりPHVの特徴であるEV走行は、大きい。
始動からの静粛性、そしてトルク感は素晴らしいと感じた。

【走行性能、乗り心地】
前進はいい、しかし問題はバックである。
後部の確認が取りづらく、バックカメラを推奨との事。
サイドミラーだけでは、不安を感じるドライバーもいるはずである。

【乗り心地】
ドライブをさせる気になるシートデザインである。
ひとつ残念なのは、リアシートも同様なシートデザインにしているため、起伏が多い。
近年は車中泊をするドライバーも多く、なるべくフラットになるシートアレンジを検討してもらいたいものである。

【燃費】
燃費は流石と言わざる得ない。

【価格】
正直、高い。
プリウスとプリウスPHVを比較した際に、この価格差で燃費検討すると、残念だなぁと唸ってしまう。
もう少し、なんとかならないものか。

【総評】
やはり4人定員という点が、購入検討を分けるだろう。
そして、価格が高いことから、ウルトラ警備隊感のデザインを受け入れて、プリウスに流れていく人も多いだろう。
シートアレンジについては、ロングドライブが出来る車なので、もう少し検討をしてもらいたい。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウスPHV 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格:323〜434万円

中古車価格:155〜395万円

プリウスPHV 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <314

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

プリウスPHVの中古車 (全2モデル/599物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意