『X100F、文系的カメラ。』 富士フイルム FUJIFILM X100F [シルバー] コトトコさんのレビュー・評価

2017年 2月23日 発売

FUJIFILM X100F [シルバー]

  • 光学式と電子式の切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載したデジタルカメラ。
  • 独自開発の2430万画素APS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載。
  • シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵した「ビルトインISOダイヤル」や「フォーカスレバー」など、操作系をほぼ右手側に集約。
FUJIFILM X100F [シルバー] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥101,900

(前週比:+1,595円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥101,900

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥83,800 (29製品)


価格帯:¥101,900〜¥146,583 (45店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥101,900 〜 ¥126,775 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2430万画素(有効画素) 撮影枚数:280枚 備考:顔キレイナビ FUJIFILM X100F [シルバー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の価格比較
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の中古価格比較
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の買取価格
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の店頭購入
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のスペック・仕様
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の純正オプション
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のレビュー
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のクチコミ
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の画像・動画
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のピックアップリスト
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のオークション

FUJIFILM X100F [シルバー]富士フイルム

最安価格(税込):¥101,900 (前週比:+1,595円↑) 発売日:2017年 2月23日

  • FUJIFILM X100F [シルバー]の価格比較
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の中古価格比較
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の買取価格
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の店頭購入
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のスペック・仕様
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の純正オプション
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のレビュー
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のクチコミ
  • FUJIFILM X100F [シルバー]の画像・動画
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のピックアップリスト
  • FUJIFILM X100F [シルバー]のオークション

『X100F、文系的カメラ。』 コトトコさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X100F [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
50件
レンズ
3件
31件
デジタルカメラ
4件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感4
X100F、文系的カメラ。
当機種アクロス。デジタルコンバータ使用故、ノイズが出るも、それもまた良い。
当機種アクロス 夜のスナップ
当機種アクロス テレコン シマウマがキリンの部下みたいな位置に並んで警戒中。

アクロス。デジタルコンバータ使用故、ノイズが出るも、それもまた良い。

アクロス 夜のスナップ

アクロス テレコン シマウマがキリンの部下みたいな位置に並んで警戒中。

当機種クラシッククローム テレコン この空の色が好き。
当機種クラシッククローム テレコン 逆光の雰囲気がよい気がする
当機種縦構図で。街のスナップには最高のお供です。

クラシッククローム テレコン この空の色が好き。

クラシッククローム テレコン 逆光の雰囲気がよい気がする

縦構図で。街のスナップには最高のお供です。

 これで3台目のX100シリーズとなりました。撮影するためにちょうどいい、掌に収まる大きさ、逆光時にふんわりと光が滲むレンズ、ダイアルで操作するアナログ感。こんなにひとつのシリーズにこだわるカメラは僕にとってこれまでないことでした。こんなに富士のカメラを使うのなら、もうレンズ交換式のそれらにしてしまえばいいのに、しかしやっぱりこのカメラのシリーズから離れられない。

 それはカメラが持つデザイン性ゆえ。ミーちゃんハーちゃんだと言われても、このデザインにほれ込んでいるのです。それはスナップしやすい形状だとか、そういうことだけではなくて、本当の本当にデザインが好きなのです。それはまるでどこかに遊びにいくときに気に入った衣服を身につけていきたいと思う気持ちに似ている。X100を手にして出かけたくなる。こどもたちがお気に入りの戦隊もののおもちゃをどこにでも身につけて行ってしまうように。ただ、そのおもちゃが、品のある、ブランドのジャケットのような高級感を纏っているというところに違いがあるだけで。

 と言いつつもX100Fは、初代よりだいぶ洗練された印象を抱かせます。無駄なふくらみや、傾斜はだいぶ削られ、初代が持っていた国産のレンジファインダーカメラのような懐かしさがだいぶなりを潜めたように思うわけです。真っ直ぐなところはできるだけまっすぐに。もう少し大げさに(そして身勝手に)言うのなら、初代はライカM3の雰囲気に近い。そしてFはM6、そんな感じでしょうか。初代のどことなく垢抜けない感じもとても良かったし、僕にとってその感じはライカM3を持って歩くときの感覚に似ていると思うのです。この形容が正しいかどうかあやしいのですが、それはまるで浅草を歩いているような気分。一方でFはもう少し、こう、代官山でも歩いているような洗練があると思ってしまうのです。浅草も代官山もどちらも魅力的な街。ただ方向性が違うだけで。そしてその代官山や表参道的な佇まいのためか、Fになってからブログ上で愛用している記事をよく見かけるようになりました。その多くがガジェットを使いこなす20代の方々のように思います。やはりこのデザインには、懐かしさとともに、どこか新しい魅力を兼ね備えているに違いないと思わせるのです。鞄にしまうのではなく、そっと自分のそばに置いておきたくなるカメラ。初代なら居酒屋の醤油が染みたテーブルに、Fならカフェのテーブルに、佇ませておきたい。そんな感覚的違いがありながらも、このシリーズが一貫したフィロソフィを失わず根幹にあるというのが、4代目となってもつい買い替えを、あるいは僕のように買い増しをしてしまう理由なのではないかと思うのです。

 昨年、東京に出張するときに、このカメラと先代のTを持っていきました。宿泊先の浅草橋から秋葉原を経由し、湯島天神でお参り、お札をいただいて、さらにお茶の水駅まで歩き、今度は神楽坂のゆるい坂道をのぼりながらぱちぱち撮影しました。二台にテレコン、ワイコンをつけ、東京の街をひたすら歩くのは軽快そのもの。ボケや望遠、あるいは超広角が必要なければ、この二台で十分だと改めて感じさせてくれました。言い換えれば、ボケや望遠が必要な場面、つまり一眼レフを振り回して撮るのは街中においてはさほど必要がないわけです(あえてやるときもありますが…)。ワイコンとテレコンを併用すれば、このカメラ一台で28mmから35mm 50mm 70mm 100mmを擬似的ですが使うことができます。この焦点距離は広角4ミリを諦めればキヤノンのEF24-105F4とほとんど同じ。旅行で使うような便利ズームのかわりを果たしながら、単焦点レンズの良さをしっかりと活かす、そんな撮影ができるのです。それも単なるクロップではなく、画素数をクロップした分補間し、減らさないで保存もできる。多少、100相当にしたとき、顔の鼻と目との距離感というかボケ感に違和を感じないこともありませんが、それこそ、フルサイズ100mmF2相当のボケを求めなければ、これで十分なくらいです。

 作品を撮るのではない。日常をただ淡々と切り取ってくれる、それでいて、なんとはなく素敵な色合いに仕上げてくれるカメラ。だから、でもきっと、撮り手が意識を変えれば作品すらしっかり撮れるし、撮りたくなるカメラでもある。もしかしたら、いい作品が撮れたと思っても、それはカメラに頼っているだけかもしれません。でも本気で撮るなら、きちんと自分で考えなさいとでも言っているような数字が並ぶダイアルたち。それを無視してつい、ISOも、シャッタースピードもAに設定して気楽にぱちりとやってしまったりもする。いいじゃないかこんなんでも。もはやそんな気持ちじゃいい写真なんか撮れないのかもしれないけれど、君が本気出せばいつでも僕は付き合うよ、という懐の深さもあるカメラ。そんなカメラをダイニングのテーブルに置き、家族が寝静まったあと、薄暗い照明のなかでぼんやりとしながら、これからも付き合いが長くなるだろうなあと、少しソリッドになったそのフォルムを今日も眺めるのです。

 こんなふうに、あれこれ書きたくなるカメラはそうないように思います。あるとしてライカ。そしてGR。フィルム時代から語られてきたカメラたち。でもX100シリーズは、形こそ往年のフィルムカメラ的風体ですが、デジタルからスタートしたカメラなのです。デジタルカメラからその歴史を始めたカメラのなかでは「語りたくなる」という点において殆ど無二の存在なのではないでしょうか。もちろん同じフジには魅力的なカメラもありますし、他のカメラだって素敵なデザインのものはあると思います。さらにもちろん、カメラはデザインで云々するものではありません。それに薀蓄やら語りは写真を撮るのに必要のないことだし、寧ろ仕上がってきた写真で語れと自分でも思うのだけれど、そうさせてくれない、むしろ語らせようとするところにこそ、このシリーズの、そしてX100Fの魅力があるのだと、つい呟いてしまいたくなるのです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
その他

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X100F [シルバー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
海外旅行には良い  4 2019年11月8日 00:58
デザインは最高!旅行用として買いましたが・・・  4 2019年10月27日 18:26
EOS 5D Mark IVのサブ機として  5 2019年9月24日 11:18
一枚一枚大切に撮影するスタイルに。  4 2019年8月17日 23:24
マニュアル寄りのオート機  4 2019年8月17日 22:25
持っていて楽しい常用写真機  3 2019年8月11日 17:05
一目惚れでした  4 2019年7月22日 21:37
X100F、文系的カメラ。  5 2019年6月30日 06:58
これからのことを考えて  5 2019年6月27日 12:59
子供・旅行スナップに最高。持ち運びやすくどこでも撮れる。  5 2019年3月7日 21:11

FUJIFILM X100F [シルバー]のレビューを見る(レビュアー数:53人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X100F [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X100F [シルバー]
富士フイルム

FUJIFILM X100F [シルバー]

最安価格(税込):¥101,900発売日:2017年 2月23日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X100F [シルバー]をお気に入り製品に追加する <732

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意