marantz PM-10 レビュー・評価

2017年 2月下旬 発売

marantz PM-10

  • 「大出力と圧倒的なスピーカー駆動力」、「フルバランス回路」、「独立電源」の3つの要素を一筐体に統合した、フラッグシップ・プリメインアンプ。
  • バランス入力、アンバランス入力それぞれに専用の「HDAM-SA3」を搭載。入力ソース間の干渉を排除し、入力信号を劣化させることなく伝送する。
  • 最大4台(8チャンネル)までボリュームを連動させることができる、「F.C.B.S.機能」を搭載。マルチアンプドライブなど、柔軟にシステムの拡張ができる。
marantz PM-10 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥499,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥499,800

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥499,800¥595,080 (12店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥600,000

店頭参考価格帯:¥― (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:200W/8Ω/400W/4Ω 対応インピーダンス:AorB:4Ω〜16Ω/A+B:8Ω〜16Ω/バイワイヤリング接続時:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:5Hz〜50kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:1系統 marantz PM-10のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • marantz PM-10の価格比較
  • marantz PM-10の店頭購入
  • marantz PM-10のスペック・仕様
  • marantz PM-10のレビュー
  • marantz PM-10のクチコミ
  • marantz PM-10の画像・動画
  • marantz PM-10のピックアップリスト
  • marantz PM-10のオークション

marantz PM-10マランツ

最安価格(税込):¥499,800 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 2月下旬

  • marantz PM-10の価格比較
  • marantz PM-10の店頭購入
  • marantz PM-10のスペック・仕様
  • marantz PM-10のレビュー
  • marantz PM-10のクチコミ
  • marantz PM-10の画像・動画
  • marantz PM-10のピックアップリスト
  • marantz PM-10のオークション

marantz PM-10 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.72
(カテゴリ平均:4.55
レビュー投稿数:7人 
  1. 4 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.70 4.39 15位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 3.59 4.16 13位
音質 臨場感、音質の良さ 4.72 4.57 8位
パワー 最大音量の大きさ 5.00 4.52 2位
機能性 機能が充実しているか 3.28 4.27 17位
入出力端子 端子の数 3.85 4.29 15位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.58 4.33 14位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

marantz PM-10のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:初心者」で絞込んだ結果 (絞込み解除

bambi2003さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
4件
ビデオカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子5
サイズ5


私がオーディオに求めるものは、表現者が私のイメージどおりに
目の前に存在する状況を作り出してくれることであり、

マランツが目指す”原音再生”の考え方と近いと考えています。

このPM-10の導入は、私にとってはPM-11S3からの乗り換えで、
当初、我が家のオーディオシステムの上流は11シリーズ(SA-11S3、NA-11S1)のままでしたが、
確かに音の解像度、スピード感が向上し自分好みの音に近付いたのでそれで善しとしていました。

ただ、本機のナンバリングが11→10と格上げされ、リファレンス機と呼ばれている状況について
いまいち納得が行かない状況であったことは今思えば事実です。


その後、SA-10を導入し状況が一変。
ひょっとしたら誤解を招きやすいアンプなのではないかと思い
自身の感じたことを投稿することにしました。


PM-10は極端に言えば、お化粧を一切しない素顔のままを見せるプリメインアンプなんだと思います。
(マランツの澤田氏はそれでも謙遜して、まだ透明ガラスではなく磨りガラス・・と表現されていますが)

仮にもし厚化粧とまではいかないものの、アンプがうっすらお化粧をしてくれることを前提として
チューニングされたディスクプレーヤーと組み合わせた場合、
PM-10を通して出てくる音は、確かに原音に近いはずなのですが、そのオーナーからしたら、
前後の比較で、色気の減った素っ気ない印象の音に聞こえてしまう可能性が高いと思われます。


そこでこう言われます。 「マランツサウンドを失った・・」と。


その後、私はディスクプレーヤーもSA-10にアップデートする機会に恵まれ、
マランツが音造りを追い込んだ組み合わせと寄り近い環境(スピーカーは異なる)で
PM-10を再度判断することになるのですが、正直驚きました。


冒頭に記載した、”私がオーディオに求めるもの” がそこに存在したからです。。


これは私の解釈ですが、マランツがこの10シリーズで実行したのは、
ディスクプレーヤーでマランツの目指す原音再生(=マランツサウンド)の素材を徹底的に磨き上げ(素顔美人を目指し)
プリメインアンプは純粋にその素材を一切の色付け(お化粧すること)なく増幅することのみに徹底させた。

この役割分担は簡単そうであって、実は、今までのクラスA、ABアンプでは原理上実現が困難だったことであり、
クラスDアンプを採用したことで実現できた新境地なのだと考えています。


これらのことから、従来システムにPM-10だけを加えた場合、
オーナーさんにとっては従来よりも素っ気ないサウンドに聞こえてしまうことで、
マランツが目指している方向が誤解される可能性もあると思いました。

オーディオを購入するのは、ある意味メーカーブランドの思想を買うことであり、
われわれユーザーよりも、遥かに長い時間オーディオのあるべき姿に向き合い、考察し、
遥かに優れた試聴環境にて試行錯誤して開発している方々の耳を信じることこそが、
実は、寄り良いオーディオシステム構築への一番の近道なのかもなーと思わせてくれた良い経験でした。


PM-10の目指した方向性がよく判るサイトとして下記ご紹介しておきます。
https://www.phileweb.com/interview/article/201703/30/440.html


レベル
初心者

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

marantz PM-10のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

marantz PM-10
マランツ

marantz PM-10

最安価格(税込):¥499,800発売日:2017年 2月下旬 価格.comの安さの理由は?

marantz PM-10をお気に入り製品に追加する <69

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意