フォルクスワーゲン ティグアン 2017年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ

ティグアン 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ティグアン 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
TDI 4MOTION Highline 2019年1月16日 マイナーチェンジ 1人
TDI 4MOTION R-Line 2019年1月16日 マイナーチェンジ 2人
TSI Highline 2019年1月16日 マイナーチェンジ 3人
TDI 4MOTION Highline 2019年1月1日 マイナーチェンジ 1人
TDI 4MOTION Highline 2018年8月29日 マイナーチェンジ 7人
TDI 4MOTION R-Line 2018年8月29日 マイナーチェンジ 1人
TSI Highline 2018年8月22日 マイナーチェンジ 1人
DYNAUDIO Edition 2018年2月1日 特別仕様車 1人
TSI Highline 2018年1月1日 マイナーチェンジ 3人
TSI R-Line 2018年1月1日 マイナーチェンジ 2人
TSI Highline 2017年7月20日 マイナーチェンジ 2人
TSI R-Line 2017年7月20日 マイナーチェンジ 1人
TSI Comfortline 2017年1月17日 フルモデルチェンジ 1人
TSI Highline 2017年1月17日 フルモデルチェンジ 8人
TSI R-Line 2017年1月17日 フルモデルチェンジ 9人
満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:47人 (プロ:1人 試乗:16人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.68 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.72 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.07 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.19 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.21 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.05 3.88 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.30 3.87 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ティグアン 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:2人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

いったりきたりさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:691人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

2014ハリアーから入れ替えを検討している中でのレビューです。
4代目ハリアーにするか非常に迷っています。

【エクステリア】
一直線に入る深いプレスラインが織りなす陰影が素敵です。
どこかが出っ張りすぎとかが無く、塊感があり非常によくデザインされています。
マイチェンとかで変なところに手を加えてしまうと全体が崩れてしまいそうです。
なので、長年乗ることを前提にすれば飽きが来ないと思います。

【インテリア】
機能重視です。オフィスの機能性を車内に持ち込んだという感じです。
悪く言うと、華がないのですが、ちょっとした小物入れなどのレイアウトが使いやすそうで、
それぞれが質感が低いわけでも無いので、飽きが来ないと思います。

収納が非常に多いのも魅力的、ラゲッジの照明は3方向に光源があったり、
後席の温度調整、シートヒータなどと使っていく中で、
便利そうな物が随所に散りばめられています。

後席のテーブルはストッパーが馬鹿に成りそうな気がします。

【エンジン性能】
TDIの低速から出る最高トルクが出るエンジンなので、
120km/h程度までの走行では、一般走行では非常に使い勝手のが良いです。
アウトバーンで200Km/h以上出している動画を見ると、
0−100は非常に早いのでビックリしました。

【走行性能】
悪路走破性は高そうです。ロシアの動画とか見てて思いました。
安全装備はフルスペックです。
ダイナミックコーナリングライトは夜間の峠道とかはかなり良さそうです。

【乗り心地】
本革仕様を検討しているので、Rラインのタイヤ255幅は微妙です。
変な挙動は無いですが、ファミリーカーとして考えると、
もう少しコンフォート寄りの方が家族の受けは良さそうです。

【燃費】
試乗なので実燃費はわかりませんが、
軽油のコスト的な魅力は高いです。

【価格】
最近のこのクラスの輸入車と比較しても、強気なプライシングだと思います。
相当な値引き額を提示されますが、それでやっと同じくらいです。
感覚としては100万円くらい高いです。


【総評】
故障などは当たり外れ出てきますが、
長年乗る場合には飽きが来なそうで、
非常に完成度が高いと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まあけつとさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:121人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
0件
タブレットPC
1件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア無評価
インテリア無評価
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格無評価

■2019年12月、ティグアンを2019モデルのTSI(1.4Lガソリンターボ、FF)、ハイラインに乗り換えましたので追記です。
元は下記の通り2017年のコンフォートラインでした。

同じクルマでアップグレードした理由は、
基本が気に入っている、だったら装備や機能で一段上のものが欲しくなってきた、ということです。
今回、主にBMWのX1、そして一応AudiのQ2ともしっかり乗り比べたうえで、改めてティグアンを選びました。

特にX1は有力候補だったので、比べながら。

・X1は濃厚なクルマ。速度が上がれば路面に張り付くような走り方をする。ボディ骨格のガッシリ感も相当なもの。ただ、路面が悪いとその影響もダイレクト。特にステアリングにキックバックが大きい。いつもだと疲れる。
・ティグアンはスッキリ系。速度、路面状況などに関わらず、スルスルと軽快に進む。かといって軽薄な不安感はなく安定感はある。ステアリングも動作は軽いがブレないので楽。
・X1は各種騒音がティグアンより大きい。フロア周り、ドア下等からエンジン音やロードノイズが結構入ってくる。ティグアンはドアを閉める際にも「ボスッ」と気密性が高い感じがして、実際音は静か。
・内装は、X1はドライバーに向けて起伏と囲まれ感のある造形、ティグアンはシンプルで精度が高い。ティグアンのデジタルメーターは好みの別れるところ。アクセルペダルはX1はオルガン式、ティグアンは吊り下げ式、でも乗ってみて特に差は感じなかった。

次に、ティグアンの最新モデル(TSI)が発売当時2017モデルから変わっているところを。
・燃費対策のアイドリングストップ・気筒休止・回生ブレーキが無くなって、JC08モードで3q/L以上燃費が落ちている。実燃費は現在検証中。
・安全装備、電動リアゲートは全グレードフル装備となった。
・インフォテイメントシステムは、最新版が全グレード標準になり、拡縮などの動作は速くなった。
・ウインカーのクリック感、音が少し高級になった。
・センサー動作時のピーピー音が、少しソフトで軽い感じになった。
・前車ではカックンと来たブレーキの効き始めが少しスムーズになった(個体差かもしれない)。
・コツコツ感が緩和されており、乗り心地はかなり良い。グレード差によるタイヤの扁平率の違いもあるかもしれない(扁平率が低い方がサイドウォールは柔らかい)。

以上のように、おおむね以前書いた下記印象と変わらないものの、ブレーキのタッチと足回りのコツコツ感がかなり解消したので、星はひとつ上げさせていただきました。
優等生的なクルマなので、個人的にはとても好みですし、価格相応の価値があると思っています。



■2019年秋の記載
1.4Lガソリンターボ、ComfortLineにアップグレードパッケージとDiscoverProパッケージのオプション付の半年落ち。1年半乗っての、あくまで個人的な感覚による感想です。

<長所>
・走りのなめらかさ、ステアフィールのよさ
・高速道路での安定感、疲労感のなさ
・ACCや各種安全装備が充実
・一般道でのしっかり感と静粛性
・SUVの見晴らしの良さと、むしろ乗用車的な挙動
・室内の広さと、日本車以上の各種ユーティリティの充実度
・排気量の割にパワフルなエンジンと長距離に強い燃費
・シフトダウン・アップのタイミングがしっくり来るDCT
・アンチCX-5向けのパキッとしたデザイン、顔の小ささ
・レザーやらステッチ以前に、きちんと造形や精度で勝負している内装
・ボルボなどに比べ、サイズがギリギリ日本に合う範囲(特に駐車場パレット)
・大ぶりで疲れにくいどっしりとしたシート
・シート位置がドアから若干遠め(車内内側寄り)になるので、外との隔絶感が強まってより快適

<短所>
・ステアリング角度が寝ているので、適正なドラポジが探しづらい
・行き先入力で心が折れる、使いにくいナビ
・ゴルフやポロに比べやけに最初からガツンと来るブレーキタッチ
・路面の悪いところでのコツコツ感
・使っていないとすぐうるさくなるワイパー
・一瞬早めにクリープさせておかないと、一気のスタートダッシュが鈍い
・一度バッテリー自体の製品不良が発覚した
・ブレーキペダルがやや高い(浅い)
 踏むのにつま先をかなり上げる感じになるので、当初足首の前側の筋肉が妙に疲れた。 慣れてきてペダルの右下角あたりをひっかけるように踏むようになり、これだと足首疲労は軽減。


SUVですが極めて乗用車ライクで、色んな部分で安定志向なのでファミリーに向いています。
また、同じクルマにそうそう遭遇しないことも、所有欲を満たせます。
また、X1やQ3よりは全方位的に合理的な要素が多いクルマだと思います。

比較製品
BMW > X1
乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
レビュー対象車
中古車

参考になった43人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jankpptさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

納車後1ヶ月、1300km走行しての一次レビュー

四駆かつ、見た目がカッコよく走りが速い車を探してて行き着いたのがティグアン。
1.4Lガソリンタイプだけだったら絶対に買ってませんでした。
2.0 TDI 実力はというと、一般道での走り始めはもっさり感があるが、40km以上ではスムーズに走り、トランスミッションも一瞬で切り替わりストレスフリー。
高速巡行時はあっという間にトップギアへ入り、気づけばすごい速度になることも。
車重や見た目から都市型のイメージを受けるかもしれないが、高速での本領発揮ぶりは流石。
アクセルと加速が一致しており速いが運転しやすい。
(今までcvtしか乗ったことないけど)
ディーゼルの力強さを感じます。
高速時の静粛性にも優れます。車体剛性が高いから車内に音が入り込まない。

私自身、初の輸入車ということで不安はありましたが、今のところは大丈夫そうです。
アシストグリップ(助手席の手すり)がすぐ壊れましたがディーラーにて無償交換、保証制度を付けたのでとりあえずは大丈夫だろうと。
5年以内に故障を出し尽くして(あれば)、10年以上乗れたらいいなぁ。と思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年7月
購入地域
北海道

新車価格
494万円
本体値引き額
75万円
オプション値引き額
0円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

けんさんPさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
2件
1件
カーナビ
1件
0件
ホームシアター スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
購入意思なく立ち寄ったディーラーで、外観に一目惚れ、車に疎い家内も珍しく気に入り購入の後押しとなりました。
エッジを効かせた四角い基調のエクステリアは、正に「イグアナ+タイガー」のネーミングを彷彿させ、飽きの来ないスタイリングです。

【インテリア】
黒を基調としたVW伝統のスイッチング類は派手さはないものの、操作性は高いです。但し、ACCのセットは慣れるのに時間がかかります。機能に疎い女性には少し難しいかもしれません。
【走行性能】
高速での合流、坂道などはディーゼルのトルクの厚さを感じます。
ただし、市街地での発進、停車の繰り返しは1速から2速のエンジンの過剰な吹き上がり音と変速時のショックが気になります。
【乗り心地】
やや硬めのシート、サスペンションは路面の状況を適度に軽減して伝えてくれる感じです。決して不快ではありません。何より目線が高く、長時間の運転でも疲れません。
【燃費】
市街地走行が多い時は11キロ前後、高速や田舎道が多い時は16キロ以上
【価格】
同クラスの日本車と比較すると、値引き後の価格でも少し高いかなと思います。
【総評】
ディーラーは凄く売れて、納車が半年以上になっていると言ってましたが、岡山の田舎ではまだ滅多に同型車とすれ違うことがありません。
初めての外車とすればベストな選択だったと満足してます。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
岡山県

新車価格
494万円
本体値引き額
65万円
オプション値引き額
10万円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マスクリンさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
77件
スタッドレスタイヤ
0件
4件
高圧洗浄機
2件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格2

【エクステリア】
 直線基調で、国産のSUVにはないデザイン。これが気に入ったことで、一気に購入対象に躍り出た。ただし、メッキのモールが多く、輸入車のそれはあまり質が良くないと聞くので、経年劣化がちょっと心配。

【インテリア】
 高級感や豪華さはないが、液晶のメーターや9.2インチのディスプレイなど、個人的になかなか心をくすぐられるギミックが揃っている。スイッチ類は概ね使いやすい。ただ、シートやテレスコピックのステアリングは全て手動。電動シートは高額な本革シートにしないと装備されない。価格の割にちょっと残念なところ。シートのできは、素材に関係なく非常に私の体にはあっている。個人的だが、VWのシートとは非常に相性がいい。

 物入れは必要十分に感じるが、国産車の至れり尽くせりに慣れていると、物足りなさを感じると思う。ドリンクホルダーもしかり。

【エンジン性能】
 2.0Lのディーゼルエンジンは必要十分な動力性能を示す。加速の力強さはCX-5に一歩譲るが、決して遅くない。高速道路でも余裕の走り。音もうるさくは感じない。2.0Lということで、税金が若干安いのが助かる。加速する時にはアクセルをしっかり踏み込む必要がある。

【走行性能】
 ちょっとステアリングが軽すぎて、フワフワするように思った。ドイツ車としては少々意外で、もうすこし重いほうが好みだった。コーナーを楽しむような車ではないが、実用域ではニュートラルステアできれいに曲がる。多くの人は不満を持たないと思う。

【乗り心地】
 路面からの嫌な振動などはなく、段差などもちゃんといなしてくれる。これも個人的な感覚だが、非常に包まれ感があって、安心して乗ることができる。各種安全支援装置がしっかりしているため、その点も大きいと思う。前述したがシートのできが素晴らしいため、いくらでも乗れそうな気がする。一気に500 km程度運転したが、疲れはほとんどなかった。

【燃費】
 最近の燃費の良い車に慣れた人だと大したことはないと感じるだろうが、前車の初代CX-5はどう頑張っても12-13km/Lだったのに対し、15 km/L程度は走るため、私は大満足している。加えて燃料タンクが63Lあるので、ロングドライブ時も1日1回の給油で済む点はありがたい。もちろん、1回の走行が5 km程度以下だと燃費は非常に悪くなる。

【価格】
 車の性能からすれば妥当かもしれないが、ハイラインですら装備が貧弱(シートが手動など)な点を考えると高いと言わざるを得ない。購入時に最後まで現行CX-5と悩んだが、エクステリアと乗り心地にお金を払うと腹をくくった。逆に性能だけ考えれば、CX-5のコスパは抜群。 

【総評】
 多少不満な点はあるが、総じて満足している。SUVということでそれほど、ドライビングプレジャーは期待していなかったが、運転しているうちに楽しくなってくるのは嬉しい誤算だった。最終的に価格で決めると後悔することが多いので、多少カンバってこちらを買ってよかったと思えた。
 カーナビは輸入車の弱点であるが、Car-netなどをうまく利用すると少なくとも目的地の検索では困らないで済みそうだ。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
群馬県

新車価格
498万円
本体値引き額
60万円
オプション値引き額
0円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hirutyanさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
   

横からみた姿もかっこいい

   

まだs1週間しか経っていません。軽乗用車があるので雨の日は使いませんが、先日浦和の娘の家まで往復。
安定感たっぷりでハンドルも使いやすく、最高です。燃費も街中ですがリッター13キロとまずまず。今後の高速道路での
走りが楽しみです。カミサンはまだ怖いと言って、1度しか運転していませんが、今後慣れればカミサンのマイカーになる予定です。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
埼玉県

新車価格
529万円
本体値引き額
60万円
オプション値引き額
5万円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nicein55さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】アウディ、BMWほどの優美さは無いが質実剛健なイメージとシャープなプレスラインが飽きをこさせない。

【インテリア】派手な装飾は無くシンプルだがしっかりしたつくり。大画面の純正ナビ、前後席には12V電源、USBがあり、さらに両席ともにシートヒーター。天井、前席座席下には収納ケースがあり小物類の収納には便利。荷台も広くて日常使いには十分すぎる。

【エンジン・走行性能】1500ccでこのトルクは十分すぎる、急な山坂道でもまったく問題なし。エンジン音も静かで気にならない。

【乗り心地】高速での安定感はさすがにすばらしい。ノーマルモードでの走りが一番しっくりいく。

【燃費】市街地走行でりリッター10〜11km、長距離走行で17〜18km、高速では上手く走れば20kmとこの車体では十分過ぎる。

【価格】最新技術が満載されてアウディ、BMWよりもコストパは良いのではと思える節もある。

【総評】総じてよく出来た車。シンプルで飽きの来ない車として日常使いできるSUVだと思います!!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
滋賀県

新車価格
433万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
0円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Seitaro.Sさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
4件
ノートパソコン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
最近の流行は面で表現する方向にあるようですが、ティグアンはフォルクスワーゲンらしいキャラクターラインのはっきりしたデザインで、非常に綺麗に見え気に入っております。
【インテリア】
インテリアも、フォルクスワーゲンらしく派手さはありませんが、機能的に良くまとまっていると思います。但し、価格を考えるともう少し高級感は欲しいのが本音です。グローブボックスの中も起毛仕上げにして欲しかったのと、ピラーもプラスチックなのが残念です。
【エンジン性能】
もの凄くパワフルと言った感じではありませんが、街乗り、高速ともに十分トルクフルだと思います。エンジン音はアイドリング時はディーゼルらしい音は感じますが、ある程度の速度になるとディーゼル音は気にならなくなります。
【走行性能】
ほとんどがドライ路面での走行のため、4MOTIONの性能を感じる場面には遭遇しておりませんが、4MOTIONに乗っているという安心感は高いです。DCCのアダプティブダンパーは走行モードを切り替えるとしっりと違いが感じられて気に入っております。ミッションも7速DSGとなっており細かな制御となり変速ショックもほとんどありません。
【乗り心地】
ドイツ車らしくガッシリした車となっており、サスペンションはやや締まっておりますが嫌な感じは無く、丁度良い乗り心地だと思います。勿論DCCのモード変更で、乗り心地も変化します。
【燃費】
まだ、1,700キロメートルしか走行しておりませんが、街乗りから高速走行を含めて14キロメートル/リットルくらいです。軽油価格が安価なことも考えると満足です。
【価格】
安全装置を含む装備や車の総合性能等を考えると、凄く高いという感じではないと思いますが、ライバル車との比較やインテリアを考えるともう少し安価でもいいかもと思います。
【総評】
全体的に車の作り込みがしっかりしており、安全性能も申し分なく、非常に良い車を選択したと思っております。ACCやレーンキープ機能も便利で制御もしっかりしており、高速走行も安全安心です。
また、ある記事では、フォルクスワーゲンが開催した雪上試乗会で4MOTIONアクティブコントロールの性能が試され、オフロードモードではESCの介入が弱くなるとドリフト走行もできたと書かれており、自分自身で試すことはないと思いますが、そのようなことも出来る車だと思うだけでも嬉しいです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
宮城県

新車価格
524万円
本体値引き額
70万円
オプション値引き額
0円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガブガブガブさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
7件
スマートフォン
2件
0件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費4
価格2

タービンから異音がして交換と
先日は ナビの液晶にタテ線が入りました。
ナビの液晶はディーラーの話だと いつ入ってくるかわからないと言われました。
他車種にこのナビ取り付けしてるのに 大丈夫ですか?ワーゲンさん?!(´-ω-`)

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
長野県

新車価格
470万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ねいびーらむさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
19件
デスクトップパソコン
1件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3
   

窓のふちのシルバーメッキのラインが映えています

   

前車は国産車のフルタイム4WDのRV車でした。
12年目でティグアン(ハイライン、色は黒、ガソリン)に乗り替えて、
初めて輸入車のオーナーになりました。
乗り始めて4000キロを超えましたので、レビューします。

【エクステリア】
・まず外見に惚れた!格好いい。
・色は黒を選択、車体の下の方は黒色なので、車全体を見て黒一色に見える。
・窓のふちのシルバーメッキのラインが映えていて、格好いい。

【インテリア】
・座席は前後とも十分に広い。
・内装はシンプル。
・デジタルメーターがいい。
・12Vソケットが前部だけでなく、後部座席前や後部荷室にあり便利。
・後部座席の折りたたみのテーブル、後部座席用のエアコン調整など、
 後部座席乗車者にやさしいつくり。

【エンジン性能】【走行性能】
・車体の大きさからはとても1400ccとは思えない力強さ。
 前車の国産2000ccよりも力強く感じる。
・ACCは非常に便利。

【乗り心地】
・スピードを出してもそのスピード感を感じない。静粛性がすごくいい。

【燃費】
・リッターあたり12から13くらい。
 前車は高速走行しても10、市内走行では確実に一桁だったので、
 かなりいいと感じている。

【価格】
最初はアメ車のジープコンパスを考えていた。
4WD、皮シート、パワーシートなどティグアンにはない装備があって、
新車価格はティグアンより安い。
ティグアンはFF車で、皮シート、パワーシート等はない。
もう少し安くてもいいと思う。

【その他、気に入った点】
・ライト点灯時、ハンドルを回したりウィンカー出した側が、明るく照らされる。
・サイドミラーが自動開閉。
・USBやSDカードの差し込み口がある。
・バック時、オーディオの音が少し小さくなる。
・雨天で前ワイパーが動いている時のバック時、リアワイパーが動く。
・オートホールドが便利。
・なかなか同じ車とすれ違わない。

【不満な点】
・ワーゲン純正のドラレコを付けたが、使い勝手がよくない。
 カーショップで後付けした方がよかった。
・運転席をリクライニングにするのに、つまみをずっと回さなければならない。
・バックするときに運転席のドアを開けると、パーキングブレーキがかかる。
 ドアを開けて直接外を見ながらバックしたい。
・後部座席の中からドアが開けづらい。
・アイドリングストップ作動中、シートベルトを外して窓から顔を出して
 バックしようとしたら、エンジンが止まる。
・センサーのトラブルが1回あった。

【総評】
・12年ぶりの新車購入、車の安全装備の進化にびっくり。
・特にACCなどは素晴らしい。
・初めての輸入車、ウィンカーとワイパーが国産車と左右逆なのは、初めて知った。
・黒は希望色ではなかったが、今では十分満足。
・静粛性は、今まで乗った車(たいした車に乗っていないが)では1番いい。
・前車より一回り大きい。狭い駐車場、狭い道路が避けるようになった。
・車のレビューではないが、ディーラーの対応は国産メーカーより親切丁寧。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
山口県

新車価格
433万円
本体値引き額
60万円
オプション値引き額
0円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ブラッドベリさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
3件
PCケース
1件
2件
有線ブロードバンドルーター
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

以前の車種はAudiA4アバントですので,比較してのコメントになります。
【エクステリア】
最近はフロントグリルやライト形状など特徴のあるデザインが多い中で,至ってシンプルでSUVとしてもプレーンな形だと思います。シンプルですが,無駄のないバランスのよいフォルムです。Audiと同様しっかりとしたつくりで,塗装面が美しく,ボディのきしみなどには無縁です。

【インテリア】
TDIになり,以前STIに試乗したときよりもインテリアパネル等の質感が向上したと思います。メインディスプレイは全面タッチパネルになり,見た目にも高級感が増しています。デザインはオーソドックスですが,質感はAudiと比べても遜色ないレベルです。
ドアステップやドア内側のモールに沿った白色LEDはさりげなく素敵ですし,真っ暗な道路でドアを開けたときの安全にも役立つと思います。Audi同様車内の全てのボタンにLEDがついています。(全て白色で品がよいです)
また,車内の収納がとても充実しています。ダッシュボード上やハンドルの右下の小物入れ,運転席と助手席下の引き出し,天井のサングラスケースも後席用まであります。
パワーテールゲートも便利ですが,トランクに後席を倒すレバーがついていたり,後席を前後にスライドすることができたりと,使い勝手がとてもいいです。あと,4席ともシートヒーターがついています。(雪国ではありがたいです)
Discover Pro(純正なナビ)はインターフェイスがやや複雑に感じる時もあります。(音楽や動画のデュークボックスの操作など)これだけ機能が多いので仕方ないとは思うのですが,今後の改善に期待します。

【エンジン性能】
確かにディーゼルエンジンなのですが,室内にいる限りそれほどエンジン音が気になることはありません。(アクセルを踏み込んだときは別ですが)出足の加速はガソリンのターボ車と比べると物足りなさはありますが,40〜50kmからの加速は十分です。高速で100kmからでも十分に加速します。

【走行性能】
まだオフロードや雪道は体験していませんが,街乗り,高速では快適です。特にアクティブクルーズコントロール+レーンアシストは予想以上に快適です。技術の進歩に驚かされました。

【乗り心地】
ほどよいかたさで幅の広いシートはA4と同様です。足回りは,国産車に比べるとかたいのでしょうが,A4よりは柔らかいです。道路の凹凸をうまく吸収してくれます。

【燃費】
片道10kmの通勤に使っていますが,14〜15km/Lくらいです。予想以上によく,2Lの4駆としては十分です。

【価格】
決して安くはないですが,国産車にはない安全装備や快適装備がフル装備ですので妥当でしょう。STIと比べるとディーゼルエンジン積んで4Motion付きでプラス45万はお得だと思います。

【総評】
運転席周りのパネルの角度やボタン類の配置,トランク等の使い勝手や収納などユーザーの使いやすさに配慮していると感じられる部分が多いです。
2代目がデビューした当初から,シンプルで洗練されたデザインに惹かれていました。飽きのこないデザインで長くつきあえそうです。雪道は毎年いやですが,今年の冬は少し楽しみです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
北海道

新車価格
494万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
5万円

ティグアンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じゃっく!!さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

エクステリアはアウディーと言われても疑う事なく通用するくらい質感高くカッコよくなりました。

しかし、外観が、良過ぎて期待したせいもあり、悪くはないのですが外観の良さに比べると内装はそれほどでもなく、むしろゴルフのが質感高いように感じました。

特に後部座席のテーブル付けるのはいいがもう少し高級感のある物にしてたらかなり印象が違ったかと!

まあ、それを差し引いてもHLやRラインはカッコいいですが笑

重たそうなSUVにしては燃費も悪くなさそうで燃費計で街乗り14〜16くらいでした。

乗り心地はSUVではなく、とても静かで重厚感があり、まるで高級セダンに乗っているかの様な乗り心地です。

ガソリン車でこの排気量にしては太いトルクもありアクセルを開けば意外なほど走るし乗りやすいです。

ただ、本国仕様のような4モーション(先代国内モデルにはあった)やTDIがまだ導入されていないのは残念な点です。

個人的にこの価格のFFで、ゴルフHLと同じエンジンならゴルフを選びたくなります。

TDIや4モーション仕様が出るのを期待してます笑

レビュー対象車
試乗

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:680件
  • 累計支持数:11388人
  • ファン数:30人
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1

【エクステリア】
いままでのモデルと比べると良い感じです。
パサート似のグリルで無難にまとめました。

そもそも価格が割高なだけで高級車ではないので仕方ないのかもしれませんが、ドスッとドアが収まる感じより、とくにリヤドアがバ コッという感じで軽くないのですが安物感があり、質感がイマイチです。

これでは以前は比較対象外で問題にならなかったはずの国産車であるCX-5などにも質感で負ける事態となりました。

あとは、タイヤサイズがグレードごとに215→225→255と変わること。それなのに全グレードエンジンは同じです。
昔の国産車のように見た目を優先しているのが見え見えなグレード展開です。このエンジンとボディサイズならば、215か225が適正サイズなのでは。

オーバーサイズのタイヤを喜ぶユーザーもいるのは確かですが、走り、乗り心地、燃費すべて悪化して、見た目のカッコ良さ以外にメリットなど何一つありません。今では質の上がった国産車にあっても、ここまで底の浅いグレード展開はしませんね。

【インテリア】
質感は悪くありませんが、430万円のクルマとなると価格なりの高級感は微妙な感じです。
オーディオの音質も標準仕様で十分な輸入車としてはイマイチです。
これでは、安いCX−5にBOSEサウンドシステムをオプションで追加しなくとも大差ないレベルです。

良い点もあり、リヤにもエアコンのコントロールが備わるのはこのクラスでは良い装備です。

コンフォートラインがナビなしでもapplecarplayに対応するのも良い点で、国産車も見習うべきです。

【エンジン性能】
重いボディをラクに加速させます。
常識的な範囲での使用ではこのエンジンで十分すぎます。

【走行性能】
少々固めのサスのせいもあり、しっかりした安定感ある走りですが、海外のライバルはもちろん、進化してきている国内のライバルとくらべても大きな差は無いです。

【乗り心地】
少々固めで、しなやかさはイマイチですね。

【燃費】
燃費計の表示ですが試乗で10km/Lほどです。このクラスにしては燃費よさそうですが、燃費計なので誤差があるのかもしれませんね。

【価格】
ハイラインだと430万でフル装備ですが、VWが設定した価格は、このクルマの本当の価値がわかる方向けのプレミアム価格となっています。

【総評】
以前は国産車と大きな差を感じたVWでしたが、国産車の内容が良くなり、走行性能などにはまだ優位性はあるものの、旧型も含めてCX-5など出来の良い国産車と比較すると価格差に見合うほどの差異はもう存在しなくなりました。

総合的に見たらティグワンの価格設定はもはや国産車以下の価格としなければ、VWマニア以外は見向きもしないでしょうから、このティグワンの価格設定は、そもそも本気で日本では売る気は無い品揃え車種??ということなのでしょう。

もちろんクルマの出来はデザインの目新しさは無いものの中身としてはかなり良いと感じます。
今後は主流となるメーターパネルの液晶化をはじめ先進的な内容がこれでもかと詰め込まれていますが。

満足度の★が2つなのは平気で顧客を確信犯で欺くメーカのためメーカーとしての信頼性が低いことに加えて、そもそも価格設定が割高すぎること。

それにR-lineのグレード展開はあまり?????であること。
ベンツGLAもBMW X1もエンジンが同じなら、タイヤサイズは同じで、特に走りにこだわるBMWなどはエンジンが変わっても扁平率が変わるだけです。本当に走りにこだわるマトモなメーカーはタイヤサイズを変えることの意味の重要性を熟知しているので、見た目がカッコよいなどという理由で変更などしないのです。

VWティグワンにあっては、ビックリ仰天の事実ですが、新型のR-lineはタイヤを255と無用に太くして、エンジンは旧型のように2Lにせず1.4Lのままです。19インチでバンパーなどをカストマイズしたら見たは目カッコよいよね……ド素人のカスタマイズではあるまいし、何を意図しているのかかが全く理解できません。

VWのイメージは、時を経てこの企業そのものが変質したのかもしれないのですが、私の抱いていた質実剛健で誠実なイメージは、もともと幻想だった??のかもしれないですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった88人(再レビュー後:61人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

20-80さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人
満足度1
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費無評価
価格1

試乗したので、レビューを書きます。

【エクステリア】
悪くないです、実物はカッコよく、カクカクしたデザインは好みです。前モデルのネックだったリアもカッコよくなりました。
【インテリア】
これも悪くないですが、新型cx-5も良かったので、同じくらいに感じました。
【エンジン性能】
1.4リットルというのが萎えます。ワクワク感は全くないです。普通に走りますが、それだけです。
【走行性能】
試乗でしたので、普通に走りますが、このオフロードもガンガン行けそうなエクステリアからして、2WDしかないのは残念です。2WDでも十分とか、そういう問題ではないです。ロレックスなのにクオーツしかないような残念感です。
【乗り心地】
普通です。少し硬さは感じましたが、悪くは無かったです。ただ、とりわけいいとも思いませんでした。フォレスターのD型の方が良かったです。
【価格】
これが問題です。本国では2リットル4WDモデルが日本円で330万円からなのに、日本では、1.4リットル2WDモデルしかなく360万円からというのは、さすがに日本人をバカにしてるとしか思えません。プレミアムブランドでもないのに。
発売を心待ちにしていたのに。この価格で買うと街で乗っていると笑われそうです。念のために試乗しましたが、特に価格だけの価値を見つけられませんでした。
【総評】
値付けとグレード選択の失敗、それにつきますね。輸入車は輸送コストが掛かるから高いという人もちらほらいますが、国産メーカーの輸入車(海外工場で作って日本に輸入する車)は、別に高くないです。トヨタのアベンシス(イギリス)や、スズキのエスクード(ハンガリー)など。
悪い車じゃないだけに、この価格とグレードのせいで普及しないのは残念です。

レビュー対象車
試乗

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マグワイヤさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:831人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

嫁のゴルフ6からの乗り換え候補として試乗させて頂きました。Rラインの試乗になります。

【エクステリア】
ザ・SUVという感じの佇まいで私は好きです。細部の作りの良さはさすがVW。Rラインはロー&ワイド感が増し迫力があって良いですが私はハイラインのスッキリした顔のほうが好みです。どちらも都会的でセンスは良いと思います。流れるウインカーが採用されなかったのは残念ですがコンフォートライン以外に標準採用されるLEDヘッドライトは精悍でかっこ良いです。

【インテリア】
価格からしてもう少し冒険してもよいのではないかと思わなくもないですがパサート等と同様に質感高く実直なデザインで飽きがこないと思います。バーチャルコックピットは正直あってもなくてもよいかなと思いますね。それより低価格でアナログを選択できたほうが良い。後席にもシートヒーターが付くのは嬉しいけどここも要らないっちゃー要らない。日本に入ってくる仕様は贅沢すぎて親しみやすいVWのSUVのキャラには合っていない気がします。その分満足度は高いですが。シートポジションは他のVW同様文句なし最高です。

【エンジン性能】
出だしはさすがに重さを感じますが走り出してしまえば何の問題もなく非常にスムーズです。やはりVWの低排気量ターボ+DSGは良い。スムーズかつダイレクト感もあり私が普段乗るCクラスの7Gトロニックプラスより優秀。DCTの耐久性にはいささか不安を感じますが1.4Lでも十分に楽しめます。

【走行性能】
足は少々硬めで背高のわりにロールはほとんどしません。ただこういう車で峠を攻めたりする人は少ないと思うのでもう少し柔らかいほうがSUVらしくゆったり乗れて良いかなと思います。長距離ドライブは優秀なACCと相まって疲れないと思います。

【乗り心地】
19インチを履くRラインは見た目は良いですがやはり硬いかなと思います。轍にハンドルを取られる事は無いですが衝撃は強めです。見た目と乗り心地のバランスは18インチがベストに思えます。静粛性は我が家のゴルフ6から比べると1ランク上。さすがに大径タイヤからくるロードノイズは感じますがパサート同様に高級車のような静けさです。

【燃費】
無評価にしておりますが試乗では市街地走行で13.8q/Lとなっておりました。Cクラスよりは良くゴルフよりは悪いという感じです。

【価格】
ゴルフ+150〜200万円ってとこでしょうか。中身は間違いなく良い車ですが正直高いかなと。ライバルはCX-5あたりでしょうがティグアンの値段は一つクラス上。しかもあちらはディーゼル。ティグアンにディーゼルの設定ができたらいったいいくらになるのやら。高級車部門にアウディがあるのだからVWらしくもう少し親しみやすい価格にしてもらいたい。

【総評】
価格のみで評価するのは勿体無い素晴らしい車なのは確かです。ただ高すぎてそちらに目を向いてしまうのも事実。ディーゼルが入ってきてそれがコミコミ400万円前半あたりになると説得力があるかなぁと感じます。ゴルフに走りや乗り心地やらでもう少し差をつける事ができれば買い換えも考えられそうですが今のところはあまり乗り換える価値を見出だせないとうのが正直なところです。ガソリンの未使用車かディーゼルがでるまでは待つ感じですかね。

レビュー対象車
試乗

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ティグアン 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ティグアン
フォルクスワーゲン

ティグアン

新車価格:408〜596万円

中古車価格:195〜503万円

ティグアン 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <202

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ティグアンの中古車 (全2モデル/305物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意