『ネットワークオーディオを極めるには必須です』 IODATA fidata HFAS1-XS20 [シルバー] 9832312eさんのレビュー・評価

2016年12月下旬 発売

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]

fidata HFAS1-XS20 [シルバー] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥648,000

ドライブベイ数:SSDx4 容量:SSD:2TB DLNA:○ fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の価格比較
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の店頭購入
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のスペック・仕様
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のレビュー
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のクチコミ
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の画像・動画
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のピックアップリスト
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のオークション

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]IODATA

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2016年12月下旬

  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の価格比較
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の店頭購入
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のスペック・仕様
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のレビュー
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のクチコミ
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]の画像・動画
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のピックアップリスト
  • fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > NAS(ネットワークHDD) > IODATA > fidata HFAS1-XS20 [シルバー]

『ネットワークオーディオを極めるには必須です』 9832312eさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のレビューを書く

9832312eさん

  • レビュー投稿数:424件
  • 累計支持数:4361人
  • ファン数:51人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
クレジットカード
56件
772件
ヘッドホンアンプ・DAC
12件
793件
もっと見る
満足度5
デザイン5
転送速度5
通信の安定性5
静音性5
耐久性5
機能性4
サイズ4
ネットワークオーディオを極めるには必須です
 

 

S10を利用して約2年、XS20を利用して約2年、合計4年経過しましたが、故障や不具合もなく、NASだけにいつSSDが故障するかを気にしていましたが思ったより丈夫でした。DELAのハイエンドモデルではSSDの故障などの報告も見かけましたのでユーザー数の差かもしれませんが、オーディオ機器としての質は保っているようです。

当初はなかったfidata アプリも発表され、不具合続きでしたが最近はようやく安定してきたと思います。
以前よりNASをアプリなどで電源のオンオフが出来ないかfidata 担当者にもDELA担当者にも言ってきましたが、昨年対応するようになりかなり利便性が良くなりました。ネットワークオーディオなのに、手動で電源を入れるとかって、なんだかなという感じがしていましたので、やっと出来るようになって満足です。
DELAはfidata で出来るようになったと伝えておいたので、いずれ対応するかもしれませんけどね、普通のNASが出来るのだからそれほど難しいとは思わないのですけどね。

LINNとPIEGAとの組み合わせで利用していますが、親和性が高いです。音に鮮度を加え、適度な艶感を加えてくれます。
DELAが比較的音を作らない傾向であるのと、比べるとfidata は積極的に音を表現していきますね。
オーディオ用NASを購入して以来色々な周辺機器やNASを試したり、試聴したりしていますが、我が家では基幹と言えるオーディオ機器です。
オーディオ用NASを試しもせずに変わる訳ないと言ってた層もあまり見かけなくなりましたね。試さずに理論云々言っても説得力ないのにね。

CDの取り込み機能が追加されたので、PC用の外付けドライブで試してみましたが、結論としては運用は難しいかなという印象です。
PCの取り込みだと数分で1枚のCDを取り込み出来ますが、1曲に数分はかかるくらいの速度です。しかも読み取りはかなりシビアであり、盤面に傷があるとPCだと不具合にならないのに、fidata だとエラーになり、やり直しになります。最悪なのがコピーコントロールされているCDはまるで読み取れません。取り込んだ音源は取り出しが出来ない仕様なので、使い勝手は悪いです。手持ちの音源を取り込み直しするには時間がかなりかかりそうです。

肝心の音質面ですが、入門機種のsoundgenicやN1A辺りとの差も大きいです。オーディオ機器を謳うなりのグレードの差はしっかりありますね。
中古でも殆ど見かけませんが手放す人もそれほどいないのでしょうね。
セッティングでもかなり変わりますし、ケーブルなどでも変わります。一段上を目指すならHUBを試すのも面白いです。テレガートナーのHUBは高いですが効果は抜群でした。

気軽に買える金額ではありませんけど、アクセサリーを取っ替え引っ替え試すよりは軸をすえるためにも試しても面白いと思います。
普段電源を切っているので、本領発揮するには暖機運転が必要になります。電源を入れたばかりは分かりやすく音場が狭く寝ぼけた感じの音を出しますので。


【環境】
スピーカー:PIEGA C8
プレーヤー:LINN KLIMAX DS/3
プリアンプ:LINN KLIMAX KONTROL SE
パワーアンプ:LINN KLIMAX TWIN
NAS:fidata HFAS1-XS20
ハブ:テレガートナー M12 SWITCH GOLD
スピーカーケーブル:ZONOTONE SHUPREME 1
XLRケーブル:ZONOTONE SHUPREME X、1
電源ケーブル:ZONOTONE SHUPREME 1、5050、5.5
クリーン電源:PSAUDIO POWER PLANT10

【以前のレビュー】
hfas1-s10のアップグレードサービスが始まりましたので早速申し込みました。
申し込み開始日はどうしようか迷ってる内に定員枠が埋まってしまい、2週間ほど待たされました。
作業は月曜日に着で金曜日に自宅着ですので、ほぼ予定通りです。

【s10との違い】
1.音の傾向の違い
2.低音の量感
3.音の分離
4.ボーカルの近さ
5.解像度
6.音の密度
7.発熱

【総評】
HFAS1よりアップグレードしました。
数週間の利用ですが、感覚としてはアンプをグレードアップしたようなイメージでした。
ケーブルを交換するような変わったかな?という感じではなく、違う機種になったなと分かりやすい位変わります。
音の傾向はHFAS1が高域がやや柔らかく艶のある高音でやや低域の量感は少ない感じだったのが、解像度が高くなり、線が太くなり、ボーカルが近くなり、音の分離が良くなり、低域の量感がかなり増えるという大分傾向が変わっています。
低域の量感がかなり増えているのでボーカルなどの中高音が埋もれるかなと思いましたが、ボーカルが綺麗に分離し、かなり近く感じるようになっているため、埋もれるような感じはありません。DELAに比べて低音の量感が少ないとされるfidetaですが、この機種に変わり、特徴を残しつつ低音の量感を増やすことで、音の厚みを持たせるが出来るようになった気がします。
傾向はかなり変わった気がしますが、HFAS1を利用していた人がアップグレードする分には満足できる傾向だと思います。
今まではある程度利用していても本体はほんのり暖かくなるかなという程度だったのが、1時間程度の利用でそこそこ熱くなりますので、換気できる環境は必要でしょうね。

HFAS1でもそうでしたけど、ケーブルの交換でも変わります。
電源ケーブルはもちろんLANケーブルでもかなり変わります。機器との接続用のLANケーブルとHUBに接続するLANケーブルなら機器との接続に利用するLANケーブルの方が差を感じやすいです。QNAPのNASもあるので同じケーブルを利用しても体感差はあまり感じることは出来ません。NASに色々なケーブルを試して効果を感じることが出来なかった人でもfidataのNASなら変化を感じやすいかなと思います。
この機種とHFAS1との差をスペックで比べても容量を大きくして、電源を変えたのかな程度しか読み取れないですが、想像以上に向上しました。
HFAS1のユーザーならアップグレードをしても後悔しないと思います。価格は高いですけどね。

使用目的
PCドライブ用

参考になった9人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
転送速度5
通信の安定性5
静音性5
耐久性5
機能性4
サイズ4
hfas1-s10よりアップグレードしました
   

   

約一年ほど経過しましたので追加のレビューです。
価格は非常に高いですが、NASというよりトランスポーターとして考えた方が良いです。
CDプレーヤーと同軸デジタルケーブルで接続しているのと同じとイメージすると良いです。

廉価版とも言えるsoundgenicが発売され、イベントで比較試聴もしましたが、やはりレベルが大きく違いました。
機能面は同等でも音質面の差は明らかで、イベントに参加していた人もその差に驚いていました。
価格なりにコストがかかっていますのでNASだから同じと思うのは大きな間違いです。

LINNと組み合わせていますが、相性は良いですね、独特な空気感や解像度、艶っぽさなどを加えてくれます。
音を作る傾向のあるNASですので、ボーカルなどは良いのですけど、原音忠実とかを考えるならDELAの方が合ってる気はします。
目指す方向が違うメーカーですので、好みに応じて使い分けた方が良いでしょう。

USBとLANに関してはUDP-205やNT-505で試しましたが同一のケーブルではないので評価は難しいですが、どちらもそれぞれ優劣が付けにくいですね。あまり気にしなくて良いレベルです。
ただLANは接続する機器により、専用アプリ以外で操作出来ないとか機器側の事情に左右されやすいですが、USBの場合はそう言った制約もないため、操作アプリも自由に選べます。安定感はUSBの方が上ですね。

HUBとしてネットワークオーディオプレーヤーと接続出来ますが、その質に関しては一般的なスイッチングハブよりやや良い程度の差であり、そこまでの差はないです。
もしそこで向上を目指すならwsmarthubやm12 gold switchなどを検討した方が良いです。予算があればですが。
両方試しましたけど、向上はかなり期待出来ます。m12 gold switchはfidataを初めて利用した時位の向上を感じました。
メーカーによる貸し出しもしていますので、試聴すると考えが変わりますよ。
現時点で購入して満足しています。これを経験すると普通のNASは使えなくなりますよ。それ位満足度が高いです。

【以前のレビュー】
hfas1-s10のアップグレードサービスが始まりましたので早速申し込みました。
申し込み開始日はどうしようか迷ってる内に定員枠が埋まってしまい、2週間ほど待たされました。
作業は月曜日に着で金曜日に自宅着ですので、ほぼ予定通りです。

【s10との違い】
1.音の傾向の違い
2.低音の量感
3.音の分離
4.ボーカルの近さ
5.解像度
6.音の密度
7.発熱

【総評】
HFAS1よりアップグレードしました。
数週間の利用ですが、感覚としてはアンプをグレードアップしたようなイメージでした。
ケーブルを交換するような変わったかな?という感じではなく、違う機種になったなと分かりやすい位変わります。
音の傾向はHFAS1が高域がやや柔らかく艶のある高音でやや低域の量感は少ない感じだったのが、解像度が高くなり、線が太くなり、ボーカルが近くなり、音の分離が良くなり、低域の量感がかなり増えるという大分傾向が変わっています。
低域の量感がかなり増えているのでボーカルなどの中高音が埋もれるかなと思いましたが、ボーカルが綺麗に分離し、かなり近く感じるようになっているため、埋もれるような感じはありません。DELAに比べて低音の量感が少ないとされるfidetaですが、この機種に変わり、特徴を残しつつ低音の量感を増やすことで、音の厚みを持たせるが出来るようになった気がします。
傾向はかなり変わった気がしますが、HFAS1を利用していた人がアップグレードする分には満足できる傾向だと思います。
今まではある程度利用していても本体はほんのり暖かくなるかなという程度だったのが、1時間程度の利用でそこそこ熱くなりますので、換気できる環境は必要でしょうね。

HFAS1でもそうでしたけど、ケーブルの交換でも変わります。
電源ケーブルはもちろんLANケーブルでもかなり変わります。機器との接続用のLANケーブルとHUBに接続するLANケーブルなら機器との接続に利用するLANケーブルの方が差を感じやすいです。QNAPのNASもあるので同じケーブルを利用しても体感差はあまり感じることは出来ません。NASに色々なケーブルを試して効果を感じることが出来なかった人でもfidataのNASなら変化を感じやすいかなと思います。
この機種とHFAS1との差をスペックで比べても容量を大きくして、電源を変えたのかな程度しか読み取れないですが、想像以上に向上しました。
HFAS1のユーザーならアップグレードをしても後悔しないと思います。価格は高いですけどね。

使用目的
PCドライブ用

参考になった2

満足度5
デザイン5
転送速度5
通信の安定性5
静音性5
耐久性5
機能性4
サイズ4
hfas1-s10よりアップグレードしました
   

   

hfas1-s10のアップグレードサービスが始まりましたので早速申し込みました。
申し込み開始日はどうしようか迷ってる内に定員枠が埋まってしまい、2週間ほど待たされました。
作業は月曜日に着で金曜日に自宅着ですので、ほぼ予定通りです。

【s10との違い】
1.音の傾向の違い
2.低音の量感
3.音の分離
4.ボーカルの近さ
5.解像度
6.音の密度
7.発熱

【総評】
HFAS1よりアップグレードしました。
数週間の利用ですが、感覚としてはアンプをグレードアップしたようなイメージでした。
ケーブルを交換するような変わったかな?という感じではなく、違う機種になったなと分かりやすい位変わります。
音の傾向はHFAS1が高域がやや柔らかく艶のある高音でやや低域の量感は少ない感じだったのが、解像度が高くなり、線が太くなり、ボーカルが近くなり、音の分離が良くなり、低域の量感がかなり増えるという大分傾向が変わっています。
低域の量感がかなり増えているのでボーカルなどの中高音が埋もれるかなと思いましたが、ボーカルが綺麗に分離し、かなり近く感じるようになっているため、埋もれるような感じはありません。DELAに比べて低音の量感が少ないとされるfidetaですが、この機種に変わり、特徴を残しつつ低音の量感を増やすことで、音の厚みを持たせるが出来るようになった気がします。
傾向はかなり変わった気がしますが、HFAS1を利用していた人がアップグレードする分には満足できる傾向だと思います。
今まではある程度利用していても本体はほんのり暖かくなるかなという程度だったのが、1時間程度の利用でそこそこ熱くなりますので、換気できる環境は必要でしょうね。

HFAS1でもそうでしたけど、ケーブルの交換でも変わります。
電源ケーブルはもちろんLANケーブルでもかなり変わります。機器との接続用のLANケーブルとHUBに接続するLANケーブルなら機器との接続に利用するLANケーブルの方が差を感じやすいです。QNAPのNASもあるので同じケーブルを利用しても体感差はあまり感じることは出来ません。NASに色々なケーブルを試して効果を感じることが出来なかった人でもfidataのNASなら変化を感じやすいかなと思います。
この機種とHFAS1との差をスペックで比べても容量を大きくして、電源を変えたのかな程度しか読み取れないですが、想像以上に向上しました。
HFAS1のユーザーならアップグレードをしても後悔しないと思います。価格は高いですけどね。

使用目的
PCドライブ用

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「fidata HFAS1-XS20 [シルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]
IODATA

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2016年12月下旬

fidata HFAS1-XS20 [シルバー]をお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[NAS(ネットワークHDD)]

NAS(ネットワークHDD)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(NAS(ネットワークHDD))

ご注意