『サブ機の更新。こんなに早く組むとは、思って無かった・・・』 ASRock Z270M Extreme4 dsamsada2さんのレビュー・評価

Z270M Extreme4 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Z270 メモリタイプ:DDR4 Z270M Extreme4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Z270M Extreme4の価格比較
  • Z270M Extreme4の店頭購入
  • Z270M Extreme4のスペック・仕様
  • Z270M Extreme4のレビュー
  • Z270M Extreme4のクチコミ
  • Z270M Extreme4の画像・動画
  • Z270M Extreme4のピックアップリスト
  • Z270M Extreme4のオークション

Z270M Extreme4ASRock

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 1月 6日

  • Z270M Extreme4の価格比較
  • Z270M Extreme4の店頭購入
  • Z270M Extreme4のスペック・仕様
  • Z270M Extreme4のレビュー
  • Z270M Extreme4のクチコミ
  • Z270M Extreme4の画像・動画
  • Z270M Extreme4のピックアップリスト
  • Z270M Extreme4のオークション

『サブ機の更新。こんなに早く組むとは、思って無かった・・・』 dsamsada2さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z270M Extreme4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

au携帯電話
1件
40件
マザーボード
2件
27件
デスクトップパソコン
0件
15件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
サブ機の更新。こんなに早く組むとは、思って無かった・・・

更新パーツ一式

5GHzタスクマネージャー

OC設定Ver1.00時

 

OC設定Ver1.40時

完全に痛PCになった(笑)

 

購入から約半年が過ぎたので再レビューします。

※購入動機
 KabyLakeの登場に伴い、先に知人PCでi7-7700Kで自作PCを
 組みましたが、私も欲望に勝てず、パーツと揃えてしまった。

【安定性】5
 半年の使用でそれほどでは、無いのです。
 ただし、5か月間を4.8GHzにOCを常時していますが、
 安定しています。◎
 

【互換性】5
 私的には、今回、選定したマザーは全機能を使う物を
 選びました。これ程の項目でがあって、1発で組立と起動まで
 行ったのは、感動。
 またOCしていても問題なしです。
 (モニターの古いUSBハブが偶に認識しない時があるけど、モニターの電源
  ON・OFFで治るのでモニター節電信号によるスイッチング問題だと思う)

 構成は下記の通りです。

 1)基本構成
  @CPU:i7 7700K
  AM/B:Z270M-Exretrem4
  Bクーラー:虎徹MarkU(半年中の変更点)
  Cメモリ:Kingston DDR4-2400-8GB×4=32GB
  DSSD:Samsuing 850EVO 256GB+SK500GB
  EHDD:TOSHIBA 1TB 3.5インチ×3個(半年中の変更点)
  FGPU:ZOTAC GTX970 4GB OC
  GPCケース:シャークDG7000-DB(半年中の変更点)
  HOS:Windows10 Pro 64bit
 
 2)その他の構成
  @ファン  :サイズ「光る風!PWM」×3個
        +シャークDG7000付属140oファン×4個
        +エナーマックス140oファン×1個(半年中の変更点)
  Aアタッチメント:SD/Xi 拡張スロット11種類+USB3.0ハブ付き
        ケース付属のUSB2.0×2+USB3.0×2
  C電源  :FSP650W 80+シルバー
  Dオーディオ :SONY CMT-SX7(光端子)
  Eモニター  :HP ZR2440W×2台(DVI端子接続+USB)
  FLANルーター:BAFFARO製の無線LANルーター(有線接続)
  Gキーボード:ロジクールのワイヤレス太陽電池式キーボード
  Hマウス  :エレコムの有線USBマウス
  PCケースとCPUクーラーは、この半年で変更しました。
  (mATX用じゃ無くなった)笑。元のケースにi7-3770Kで組直し。

 3)付属品
  @SLIケーブル
  ASATAケーブル×2
  Bクイックガイド
  Cマニュアル
  D箱のイメージが掛かれたハガキ
  EM.2/内部Wi-Fi用のネジ×3個
  FドライバーDVD
  GI/Oパネル

【拡張性】5
 MicroATXとは言え、最初から機能が多めである。(私的に◎)
  ケース等で、何気にUSBハブを増設しなくても、十分な量の
 USB端子が確保できたので◎。

選定理由
 @PWM制御の端子が5個ある。(CPU含め、9個を乗せました。)
 AUSB3.0の内部端子が有る。
 B必要とする端子は、全てついていた。
   (CPU,メモリ4枚,PCIe3×16,SATA3×6,4端子コネクタコネクタ×5,
   USB3.0×2+2.0×2+内部USB-B端子)
 CPCェース流用=MicroATX。(ケースを変えた今は理由にならないが・・・)
  因みにWiFiも付けられますので、将来的に有線が使えない状況なら
  利用します。

【機能性】5
  以前のPCは、P55-SD50(MSI製)orH97-Pro4(AsRock)の
 低いチップATXだったのですが、流石、Zモデル、痒い所に
 手が届く感じです。OC 5.0GHzも簡単に出来ました。

  このマザーボードは、オーディオ端子がプラグジャックで無く光デジタル端子です。
 購入には、ご注意を。

【設定項目】5
  冷却の為、5fan + Pwm制御コントロールやOCのイージー設定が使え、
 満足してます。ワンタッチ設定で最適化してくれるので楽です。◎
 個々の調整も出来るが、弄ってません。自動でも余り問題ありません。

【付属ソフト】3
  LAN-NETドライブとOCツールのみ使用しています。他は、全てインターネットで
 最新版をかき集めました。
  OCツールは使い易く○だけど、付属のドライバ-&アプリ管理ソフトが
 常駐するので△。

【総評】5
  昔は、余り、マザーボードは拘り無く、P55-SD50とH97-Pro4と比較すれば、
 今回は、吟味して、選定したマザーボードでしたので、購入しました。
 欲しい物が全て揃っており、非常に満足しています。

  昔は、変態マザーボードメーカーと言われた、AsRockでしたが、良いマザーを
 出すようになりました。何気にPCIe部分は、金属カバーまで付けて
 補強しているし、価格も安い。笑

  M.2とWiFiスロットは、未だ空けて有りますが、将来的に埋めるかも、
 将来の拡張性も残せて、色々と遊べそうなマザーボードです。

 サブ機を更新でしたが、今のメイン機となってます。サブ機もwindows
 10proへバージョンアップします。(クライアントサーバーになる予定)
 他、OCの温度やCPU設定を弄ってありますが、OCは、CPU側の板で
 記載します。

 ただOCすることが、前提のようなUEFIのプリントセットで、OC設定
 4.6〜4.9GHzまで簡単にOCできます。
 ※BIOS1.00〜1.20までは5.0GHzまで在りましたが、1.40〜無くなり
  最新の2.11でも在りませんので、盛りすぎたのでしょう。
  個別でも100℃超えしそうなので、80℃以下で4.8GHzを常用中。
  (空冷です)
 
 しかし、今年は、CPU戦争勃発で楽しいですが、何時がCPUの変え時なのか
 読めませんね。ま、cannon lake-Sが出ても現状維持になりそうですが・・・

以上

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
サブ機の更新。こんなに早く組むとは、思って無かった・・・

今回の更新パーツ

CINEBENCHキター!

動作監視

 KabyLakeの登場に伴い、先に知人PCでi7-7700Kの
自作は、組みましたが、私も欲望に勝てず、パーツと
揃えてしまった。
いや〜知人から、i7-3770Kベースの最新化と言われ
ソッチで良いかな?と思ったら、自分のパーツも買っていた。


【安定性】4
  使用期間は、それほど無いのですが、相性が無い為、
 サックリと組めて、安定しています。○
 

【互換性】5
  私的には、選定して全機能を成るべく使うマザーボードを
 選びました。まさかのこれ程の項目でがあって、1発で
 組立。起動まで行ったのは、感動しました。

 構成は下記の通りです。

 1)基本構成
  @CPU:i7 7700K
  AM/B:Z270M-Exretrem4
  Bクーラー:upHereブルーLEDファン(流用)
  Cメモリ:Kingston DDR4-2400-8GB×4=32GB
  DSSD:Samsuing 850EVO 256GB+SK500GB(流用)
  EHDD:TOSHIBA 1TB 2.5インチ(流用)
  FGPU:ZOTAC GTX970 4GB OC(流用)
  GPCケース:シャークMA-W1000 (流用)
  HOS:Windows10 Pro 64bit
 
 2)その他の構成
  @ファン  :サイズ「光る風!PWM」×3
        +シャークMA-W1000付属140oファン(流用)
  Aアタッチメント:SD/Xi 拡張スロット11種類+USB3.0ハブ付き
        ケース付属のUSB2.0×2+USB3.0×2
  C電源 :FSP650W 80+シルバー
  Dオーディオ :SONY CMT-SX7(光端子)
  Eモニター  :HP ZR2440W×2台(DVI端子接続+USB)
  FLANルーター:BAFFARO製の無線LANルーター(有線接続)
  Gキーボード:ロジクールのワイヤレス太陽電池式キーボード
  Hマウス  :エレコムの有線USBマウス
  ※上記以外にもUSBで3.0×5とあるので、色々、付きます。笑。

【拡張性】5
 MicroATXとは言え、最初から機能が多めである。(私的に◎)
  ケース等で、何気にUSBハブを増設しなくても、十分な量の
 USB端子が確保できたので◎。

選定理由
 @PWM制御の端子が5個ある。(CPU含め、5個を乗せました。)
 写真参照。笑
 AUSB3.0の内部端子が有る。
 B必要とする端子は、全てついていた。
   (CPU,メモリ4枚,PCIe3×16,SATA3×6,4端子コネクタコネクタ×5,
   USB3.0×2+2.0×2+内部USB-B端子)
  CPCェース流用=MicroATX でした。
 因みにWiFiも付けられますので、将来的に有線が使えない状況なら
 利用します。

【機能性】5
  以前のPCは、P55-SD50(MSI製)orH97-Pro4(AsRock)の
 ATXだったのですが、 MicroATXですが、流石、Zミドルモデル、痒い所に
 手が届く感じです。OC 5.0GHzも簡単に出来ました。

  このマザーボードは、オーディオ端子がプラグジャックで無く光デジタル端子です。
 購入には、ご注意を。
  私も最初知らず、アレ?と思ってオーディオを見て、逆にニタ〜と
 笑ってしまった。(USB3.0で繋げる必要ないじゃん!!ラッキ〜!!。)笑

  ファンコンを調整して居た時に気が付いたのですが、全て水冷ポンプ用も
 プログラムが用意してあり、「水冷用マザーボード」と思える程でした。笑

【設定項目】5
  冷却の為、5fan + Pwm制御コントロールやOCのイージー設定が使え、
 満足してます。ワンタッチ設定で最適化してくれるので楽です。◎
 個々の調整も出来るが、弄ってません。自動でも余り問題ありません。
 (OCの最終調整では、使うかもとは、思いますが・・・)

【付属ソフト】3
  LAN-NETドライブとOCツールのみ使用しています。他は、全てインターネットで
 最新版をかき集めました。
  OCツールは使い易く○だけど、付属のドライバ-&アプリ管理ソフトが
 常駐するので△。

【総評】5
  昔は、余り、マザーボードは拘り無く、P55-SD50とH97-Pro4と比較すれば、
 今回は、吟味して、選定したマザーボードでしたので、購入しました。
 欲しい物が全て揃っており、非常に満足しています。

  昔は、変態マザーボードメーカーと言われた、AsRockでしたが、良いマザーを
 出すようになりました。何気にPCIe部分は、金属カバーまで付けて
 補強しているし、価格も安い。笑

  M.2とWiFiスロットは、未だ空けて有りますが、将来的に埋めるかも、
 将来の拡張性も残せて、色々と遊べそうなマザーボードです。
 (後は、簡易水冷化かな。)

  ま、元々サブ機を更新でしたが、今のメイン機が掠れて、シマウマです。
 どっちをメインで使うかは、これから使って決めます。

  他、これからOCの為、温度やCPU設定を弄って行きますが、OCは、CPU側の板で
 記載しますので、こちらでは、割愛しますのでご了承ください。(笑)

以上

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「Z270M Extreme4」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z270M Extreme4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z270M Extreme4
ASRock

Z270M Extreme4

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 1月 6日

Z270M Extreme4をお気に入り製品に追加する <30

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意