『MOTO360から乗り換えました。』 サムスン Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP 南の国のおっさんさんのレビュー・評価

2016年12月22日 発売

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP

  • 軍用規格に準拠した耐久性と堅ろう性を兼ね備え、傷にも強い「Corning Gorilla Glass SR+」を採用したスマートウォッチ。
  • スピーカーとマイクを搭載しており、スマホが手元になくてもBluetooth経由で電話、音声・キーボード入力のメッセージ送受信が行える。
  • 容量380mAhのバッテリーを搭載している。通常モードで最大4日間、Watch Onlyモードでは残量が5%の状態でも約10時間の時計表示が行える。
Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:腕時計型 OS:Tizen 搭載センサー:加速度センサー/ジャイロセンサー/気圧計/高度計/照度センサー/GPS Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPの価格比較
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのスペック・仕様
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのレビュー
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのクチコミ
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPの画像・動画
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのピックアップリスト

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPサムスン

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月22日

  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPの価格比較
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのスペック・仕様
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのレビュー
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのクチコミ
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPの画像・動画
  • Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのピックアップリスト

あなたのレビューを投稿しませんか?

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
8件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
8件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
機能性4
サイズ・装着感4
バッテリー5
MOTO360から乗り換えました。

AUショップにて購入です、あまりレビューをする事も無いのですが、かなり良かったので拙いですが。。。

【デザイン】

四角ではない時点で高評価ですが、更にMOTO360は非表示領域がありましたがこちらは無いので更にプラス!

操作性を向上させるベゼル、クルクルと回してアプリランチャーや画面のスクロールなどが出来ます。

程良いクリック間がありますから、回していて心地よいですね(回転ベゼルはステンレス製ですが、若干プラスチック感ありなのが惜しい)

ベゼルは画面より一段突出しているので、画面の傷付きを緩和してくれると思います。

一般的な22o幅のベルトを使用出来るため、その点でも楽しめるデザインです。

私の場合、手首周りが細い方ですので、ベルト固定部分の出っ張りが少し大きく感じました。

角度をもう少し内側にカーブさせてくれるとフィット感がもっと良くなると思います。

本体のカラーはニッケルクロムのようなカラーで、安っぽさはあまり感じません。(ベゼルを除く)


【操作性】

ベゼルの機能性、物理ボタン2個(HOME、BACK) 、タッチ操作、これ以上は現状無いと思います。

また、android wearで感じていた操作時のワンテンポ遅れたような挙動は、このS3では全くと言っていいほど感じません

ベゼルやタッチの操作に対してかなり機敏に切り替わります。(まだ初期設定後で多くのアプリを入れていないからかも)

操作性は抜群!ですが、androidに慣れていると最初は少し迷います。


【機能性】

S3で通話が出来ます、ただ、少しボリュームが小さいかな?

腰ぐらいの位置にS3を持ってきても、こちらの声はちゃんと聞こえるようです。

S3で音楽が聴けます、ただ、PCモニターのスピーカーのほうが音が良いです(笑)

非表示状態から腕の動きに合わせてONしますが、レスポンスが良い。

音声検索は、はっきり言っておバカです、まともに使えません、というよりGoogleが凄いだけ?です。

一通り必要な通知はワンテンポ遅れてですが届きます(LINE、電話、メール等)

忘れてはいけない防水性能、IPX5/IPX8 防塵性能 IPX6 そこそこの耐久性試験をやっているみたいなので少し安心。

夏は汗もかく、いつでも手を洗う、雨にも濡れるので、これは必須ですね、しかもIPX8は少しだったら潜れる?(笑)

【サイズ・装着感】

MOTO360 GEN1と重ねてみると外径はほぼ同じでしょうか、S3の方が重厚感があるので若干大きくは見えます。

ディスプレイサイズはMOTO360のほうが大きくその点は負けています。

思っていたより軽量(63g)なので大きさは全く気になりません。

標準で付属しているラバーベルトはしっかりしていますが、しなやかでフィット感は良いと思います。

更に、Sサイズのベルトが取り換え用で付属していましたので、手首周りが細い方でも安心です。

【バッテリー】

一番必要なのはやはり長時間駆動ですよね!

メーカー公称で4日と聞いて決意が固まりました、1日だけとかあり得ない世代に突入ですね。

まあ、使い方にもよるとは思いますが、最低2日は動いて欲しい所です。

因みに、バッテリーが5パーセントでも「watch only」モードだと10時間は時計表示出来るらしいので

残量に気を付けていれば、最悪時計としての機能は生きたまま帰還できますから、これは大きいメリットです。

充電器ですが、ケーブルは付属しませんでした、別途microUSBケーブルとアダブタの準備が必要です。

ワイヤレス充電器の表面は若干ラバー調になっています、マグネット内臓なので充電中にズレたりしないようになっています。

充電器にセットすると、充電完了までの予測時間を表示してくれました、MOTOには無かったので、これは良いと思いました。


【総評】


購入初日のレビューですので不完全だとは思いますが、少し感動すら覚えた購入でしたので投稿させて頂きました。

OSがandroidやiosではない特殊なTizenという聞いたことも無いOSでしたが、必要とする通知や天気情報、health管理等

それぞれが普通に、いやandroidよりも快適にサクサクと動いていることに感動した次第です。

多種多様なアプリを入れることができれば、それは便利だと思いますが、スペック的、アプリマーケット的にまだ先のことだと思いました。

色んなものを快適に動かそうとすればRAMやROMも肥大していくでしょうし、その反動でバッテリーの消費が激しくなるのは目に見えている、、、スマホのように筐体自体にスペースがあるわけでもなく、必要な分しかバッテリーの搭載は出来ないでしょうし、、、

私は、外での仕事が多いので、第一に長時間稼働できるバッテリー、防水防塵、ベルト交換の容易さ

作業しながらハンズフリーでの通話、スマホをバックに入れたままでの通知と通話といった、必要な機能の絞り込みで

こちらの機種を選定しました。

個々の使う目的によってもっと色々なバリエーションが出て来ると良いなと思います。


・・・追記・・・

LINEですが、S3でも着信したメッセージに関しては、ベーシックなスタンプや文字入力での返信が可能(新規作成は不可)

昨夜10時から装着したまま、2時に寝て、9時〜12時まで作業、現在時刻14時のバッテリー残量は80%です。
上記時間内の通知の数は20件程、通話(S3にてハンズフリー)5分程、LINEの返信6回を使用しての結果です。
16時間(内7時間睡眠ログ取り)のうち、アクティブな時間が9時間ですので、日常的に使用しても帰宅時まで30%程の使用に収まりそうな気配、3日程は持ちそうですね。

・・・再追記・・・

バッテリーの持続時間ですが

初日100%から上記再レビュー後も継続して装着し続けました。
結果、54時間経過時点で残量が15%であるとの警告が出ました、その際、省電力モードに設定するか否かの選択画面が出る。

その後通常モードで3時間程動作させてから充電器にセットしました。

参考になった41人(再レビュー後:35人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
操作性5
機能性4
サイズ・装着感4
バッテリー5
MOTO360から乗り換えました。

AUショップにて購入です、あまりレビューをする事も無いのですが、かなり良かったので拙いですが。。。

【デザイン】

四角ではない時点で高評価ですが、更にMOTO360は非表示領域がありましたがこちらは無いので更にプラス!

操作性を向上させるベゼル、クルクルと回してアプリランチャーや画面のスクロールなどが出来ます。

程良いクリック間がありますから、回していて心地よいですね(回転ベゼルは若干プラスチック感ありなのが惜しい)

ベゼルは画面より一段突出しているので、画面の傷付きを緩和してくれると思います。

一般的な22o幅のベルトを使用出来るため、その点でも楽しめるデザインです。

私の場合、手首周りが細い方ですので、ベルト固定部分の出っ張りが少し大きく感じました。

角度をもう少し内側にカーブさせてくれるとフィット感がもっと良くなると思います。

本体のカラーはニッケルクロムのようなカラーで、安っぽさはあまり感じません。(ベゼルを除く)


【操作性】

ベゼルの機能性、物理ボタン2個(HOME、BACK) 、タッチ操作、これ以上は現状無いと思います。

また、android wearで感じていた操作時のワンテンポ遅れたような挙動は、このS3では全くと言っていいほど感じません

ベゼルやタッチの操作に対してかなり機敏に切り替わります。(まだ初期設定後で多くのアプリを入れていないからかも)

操作性は抜群!ですが、androidに慣れていると最初は少し迷います。


【機能性】

S3で通話が出来ます、ただ、少しボリュームが小さいかな?

腰ぐらいの位置にS3を持ってきても、こちらの声はちゃんと聞こえるようです。

S3で音楽が聴けます、ただ、PCモニターのスピーカーのほうが音が良いです(笑)

非表示状態から腕の動きに合わせてONしますが、レスポンスが良い。

音声検索は、、、はっきり言っておバカです、、、まともに使えません、というよりGoogleが凄いだけ?です。

一通り必要な通知はワンテンポ遅れてですが届きます(LINE、電話、メール等)

忘れてはいけない防水性能、IPX5/IPX8 防塵性能 IPX6 そこそこの耐久性試験をやっているみたいなので少し安心。

夏は汗もかく、いつでも手を洗う、雨にも濡れるので、これは必須ですね、しかもIPX8は少しだったら潜れる?(笑)

【サイズ・装着感】

MOTO360 GEN1と重ねてみると外径はほぼ同じでしょうか、S3の方が重厚感があるので若干大きくは見えます。

思っていたより軽量(63g)なので大きさは全く気になりません。

標準で付属しているラバーベルトはしっかりしていますが、しなやかでフィット感は良いと思います。

更に、Sサイズのベルトが取り換え用で付属していましたので、手首周りが細い方でも安心です。

【バッテリー】

一番必要なのはやはり長時間駆動ですよね!

メーカー公称で4日と聞いて決意が固まりました、1日だけとかあり得ない世代に突入ですね。

まあ、使い方にもよるとは思いますが、最低2日は動いて欲しい所です。

因みに、バッテリーが5パーセントでも「watch only」モードだと10時間は時計表示出来るらしいので

残量に気を付けていれば、最悪時計としての機能は生きたまま帰還できますから、これは大きいメリットです。

充電器ですが、ケーブルは付属しませんでした、別途microUSBケーブルとアダブタの準備が必要です。

ワイヤレス充電器の表面は若干ラバー調になっています、マグネット内臓なので充電中にズレたりしないようになっています。

充電器にセットすると、充電完了までの予測時間を表示してくれました、MOTOには無かったので、これは良いと思いました。


【総評】


購入初日のレビューですので不完全だとは思いますが、少し感動すら覚えた購入でしたので投稿させて頂きました。

OSがandroidやiosではない特殊なTizenという聞いたことも無いOSでしたが、必要とする通知や天気情報、health管理等

それぞれが普通に、いやandroidよりも快適にサクサクと動いていることに感動した次第です。

多種多様なアプリを入れることができれば、それは便利だと思いますが、スペック的にまだ先のことだと思いました。

色んなものを快適に動かそうとすればRAMやROMも肥大していくでしょうし、、、

私は、外での仕事が多いので、第一に長時間稼働できるバッテリー、防水防塵、ベルト交換の容易さ

作業しながらハンズフリーでの通話、スマホをバックに入れたままでの通知と通話といった、必要な機能の絞り込みで

こちらの機種を選定しました。

個々の使う目的によってもっと色々なバリエーションが出て来ると良いなと思います。

使用していく中で、バッテリーの状況など追記していければと思います。


・・・追記・・・

LINEですが、S3でも着信したメッセージに関しては、ベーシックなスタンプや文字入力での返信が可能(新規作成は不可)

昨夜10時から装着したまま、2時に寝て、9時〜12時まで作業、現在時刻14時のバッテリー残量は80%です。
上記時間内の通知の数は20件程、通話(S3にてハンズフリー)5分程、LINEの返信6回を使用しての結果です。
16時間(内7時間睡眠ログ取り)のうち、アクティブな時間が9時間ですので、日常的に使用しても帰宅時まで30%程の使用に収まりそうな気配、3日程は持ちそうですね。



参考になった5

満足度5
デザイン4
操作性5
機能性4
サイズ・装着感4
バッテリー5
MOTO360から乗り換えました。

AUショップにて購入です、あまりレビューをする事も無いのですが、かなり良かったので拙いですが。。。

【デザイン】

四角ではない時点で高評価ですが、更にMOTO360は非表示領域がありましたがこちらは無いので更にプラス!

操作性を向上させるベゼル、クルクルと回してアプリランチャーや画面のスクロールなどが出来ます。

程良いクリック間がありますから、回していて心地よいですね(回転ベゼルは若干プラスチック感ありなのが惜しい)

ベゼルは画面より一段突出しているので、画面の傷付きを緩和してくれると思います。

一般的な22o幅のベルトを使用出来るため、その点でも楽しめるデザインです。

私の場合、手首周りが細い方ですので、ベルト固定部分の出っ張りが少し大きく感じました。

角度をもう少し内側にカーブさせてくれるとフィット感がもっと良くなると思います。

本体のカラーはニッケルクロムのようなカラーで、安っぽさはあまり感じません。(ベゼルを除く)


【操作性】

ベゼルの機能性、物理ボタン2個(HOME、BACK) 、タッチ操作、これ以上は現状無いと思います。

また、android wearで感じていた操作時のワンテンポ遅れたような挙動は、このS3では全くと言っていいほど感じません

ベゼルやタッチの操作に対してかなり機敏に切り替わります。(まだ初期設定後で多くのアプリを入れていないからかも)

操作性は抜群!ですが、androidに慣れていると最初は少し迷います。


【機能性】

S3で通話が出来ます、ただ、少しボリュームが小さいかな?

腰ぐらいの位置にS3を持ってきても、こちらの声はちゃんと聞こえるようです。

S3で音楽が聴けます、ただ、PCモニターのスピーカーのほうが音が良いです(笑)

非表示状態から腕の動きに合わせてONしますが、レスポンスが良い。

音声検索は、、、はっきり言っておバカです、、、まともに使えません、というよりGoogleが凄いだけ?です。

一通り必要な通知はワンテンポ遅れてですが届きます(LINE、電話、メール等)

忘れてはいけない防水性能、IPX5/IPX8 防塵性能 IPX6 そこそこの耐久性試験をやっているみたいなので少し安心。

夏は汗もかく、いつでも手を洗う、雨にも濡れるので、これは必須ですね、しかもIPX8は少しだったら潜れる?(笑)

【サイズ・装着感】

MOTO360 GEN1と重ねてみると外径はほぼ同じでしょうか、S3の方が重厚感があるので若干大きくは見えます。

思っていたより軽量(63g)なので大きさは全く気になりません。

標準で付属しているラバーベルトはしっかりしていますが、しなやかでフィット感は良いと思います。

更に、Sサイズのベルトが取り換え用で付属していましたので、手首周りが細い方でも安心です。

【バッテリー】

一番必要なのはやはり長時間駆動ですよね!

メーカー公称で4日と聞いて決意が固まりました、1日だけとかあり得ない世代に突入ですね。

まあ、使い方にもよるとは思いますが、最低2日は動いて欲しい所です。

因みに、バッテリーが5パーセントでも「watch only」モードだと10時間は時計表示出来るらしいので

残量に気を付けていれば、最悪時計としての機能は生きたまま帰還できますから、これは大きいメリットです。

充電器ですが、ケーブルは付属しませんでした、別途microUSBケーブルとアダブタの準備が必要です。

ワイヤレス充電器の表面は若干ラバー調になっています、マグネット内臓なので充電中にズレたりしないようになっています。

充電器にセットすると、充電完了までの予測時間を表示してくれました、MOTOには無かったので、これは良いと思いました。


【総評】


購入初日のレビューですので不完全だとは思いますが、少し感動すら覚えた購入でしたので投稿させて頂きました。

OSがandroidやiosではない特殊なTizenという聞いたことも無いOSでしたが、必要とする通知や天気情報、health管理等

それぞれが普通に、いやandroidよりも快適にサクサクと動いていることに感動した次第です。

多種多様なアプリを入れることができれば、それは便利だと思いますが、スペック的にまだ先のことだと思いました。

色んなものを快適に動かそうとすればRAMやROMも肥大していくでしょうし、、、

私は、外での仕事が多いので、第一に長時間稼働できるバッテリー、防水防塵、ベルト交換の容易さ

作業しながらハンズフリーでの通話、スマホをバックに入れたままでの通知と通話といった、必要な機能の絞り込みで

こちらの機種を選定しました。

個々の使う目的によってもっと色々なバリエーションが出て来ると良いなと思います。

使用していく中で、バッテリーの状況など追記していければと思います。

参考になった1

「Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP
サムスン

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJP

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月22日

Galaxy Gear S3 frontier SM-R760NDAAXJPをお気に入り製品に追加する <290

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ウェアラブル端末・スマートウォッチ]

ウェアラブル端末・スマートウォッチの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

ご注意