『乗り続けてみて、良さが増してきた。』 トヨタ C-HR ハイブリッド 2016年モデル taku_kouさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > C-HR ハイブリッド 2016年モデル

『乗り続けてみて、良さが増してきた。』 taku_kouさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR ハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:461人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
16件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
乗り続けてみて、良さが増してきた。

初トヨタ、初ハイブリッドです。
そろそろ1,000kmなので感想を。

【エクステリア】
カタログやWEBで見ててもそんなにイイと思ってなかったが、実車を見てカッコイイと感じた。
デイライトや流れるウインカーは是非あった方がいいと思う。
ドアミラーのプロジェクターも最高!

後ろドアのノブはやはり、使いづらい。デザイン重視とはいえ止めてほしかった。
ボディはデコボコして洗車しにくいし、アンダーの黒いプラスチックは扱いどうなんだろう?

【インテリア】
インパネデザインが良くも悪くも機能性を殺しているのがやはり残念!質感は良し!
荷室・後席空間も狭く、買い物フック一つない。
スマホ・タブレット置けない。付ける処もない。
エアコン吹き出し口用カップホルダーが付かない。付けても視界を犠牲にする。
後ろ席ドアのカップホルダーが張り出していて乗り降り時、足がぶつかる。
後方見えなく、バックモニター必須。9インチモニターはとても良く視えます。
ハンドルの触感は良いが、形状が合わないのか小指が痛くなるのは私だけ?

遠出や車中泊がたまにある私にとって、このインテリアデザインはこのクルマの唯一の弱点かな。。

【エンジン性能】
必要十分です。
モーターとエンジンの切り替えがとても自然で違和感なく乗れます。

【走行性能】
レーダークルーズコントロールが楽しい!
オートマチックハイビームも優秀!
ブレーキホールドも便利!
インテリアの減点分を覆すほど乗るのが楽しみになります。

今の所スリップしたりスタックしたりがまだない。
ただ、着雪でミリ波レーダーが不能になりレーダークルーズのエラーが発生します。

【乗り心地】
シートが秀逸。 包み込むような一体感が素晴らしい。
シートヒーターも前車は気持ち悪くてほとんど使わなかったが、C-HRのシートヒーターは自然にジンワリ包み込むように暖かく気持ちよい。 ほとんど点けっぱなしです。
室内は静かで路面の突き上げもマイルド。

ドライブモードによって乗り心地が大きく変わります。
ECOモードではアクセルが重くて足が凝るようでした。ハイギヤードでノロノロスタート、アクセルレスポンス悪し。
ノーマルモードにするとアクセル軽くなり、キビキビ走るようになります。

【燃費】
17インチスタッドレス仕様、当方雪国での走行。満タン法にて。
ECOモード   19.1q/L
ノーマルモード 18.0q/L
暖かくなれば20`超えてくると思います。

【価格】
性能、質感とも相当だと思います。

【総評】
買い物やオフロードには使わず、オシャレに街乗りする仕様なのかも・・・SUVなのに。。。
ハイブリッド4WD必須だと考えて3年発売待ったので、ラインナップに無かったのはショックでした。
四駆より燃費優先したので、納車されてもテンション上がりませんでした。
インテリアも残念でしたし。。。

しかし、実物はカッコいいし乗れば乗るほど運転が楽しくなり、今は使い勝手が良くなるよう工夫したり、サプライ品探すの楽しんでます。この先四駆でない事で後悔することがなければ永く乗るかもしれないし、プリウスαにハイブリッド四駆が出れば乗換えるかも?!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
富山県

新車価格
290万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

C-HR ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった419人(再レビュー後:400人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
乗り続けてみて、良さが増してきた。

初トヨタ、初ハイブリッドです。
そろそろ1,000kmなので感想を。

【エクステリア】
カタログやWEBで見ててもそんなにイイと思ってなかったが、実車を見てカッコイイと感じた。
デイライトや流れるウインカーは是非あった方がいいと思う。
ドアミラーのプロジェクターも最高!

後ろドアのノブはやはり、使いづらい。デザイン重視とはいえ止めてほしかった。
ボディはデコボコして洗車しにくいし、アンダーの黒いプラスチックは扱いどうなんだろう?

【インテリア】
インパネデザインが良くも悪くも機能性を殺しているのがやはり残念!質感は良し!
荷室・後席空間も狭く、買い物フック一つない。
スマホ・タブレット置けない。付ける処もない。
エアコン吹き出し口用カップホルダーが付かない。付けても視界を犠牲にする。
後ろ席ドアのカップホルダーが張り出していて乗り降り時、足がぶつかる。
後方見えなく、バックモニター必須。9インチモニターはとても良く視えます。
ハンドルの触感は良いが、形状が合わないのか小指が痛くなるのは私だけ?

遠出や車中泊がたまにある私にとって、このインテリアデザインはこのクルマの唯一の弱点かな。。

【エンジン性能】
必要十分です。
モーターとエンジンの切り替えがとても自然で違和感なく乗れます。

【走行性能】
レーダークルーズコントロールが楽しい!
オートマチックハイビームも優秀!
ブレーキホールドも便利!
インテリアの減点分を覆すほど乗るのが楽しみになります。

今の所スリップしたりスタックしたりがまだない。
ただ、着雪でミリ波レーダーが不能になりレーダークルーズのエラーが発生します。

【乗り心地】
シートが秀逸。 包み込むような一体感が素晴らしい。
シートヒーターも前車は気持ち悪くてほとんど使わなかったが、C-HRのシートヒーターは自然にジンワリ包み込むように暖かく気持ちよい。 ほとんど点けっぱなしです。
室内は静かで路面の突き上げもマイルド。

ドライブモードによって乗り心地が大きく変わります。
ECOモードではアクセルが重くて足が凝るようでした。ハイギヤードでノロノロスタート、アクセルレスポンス悪し。
ノーマルモードにするとアクセル軽くなり、キビキビ走るようになります。

【燃費】
17インチスタッドレス仕様、当方雪国での走行。満タン法にて。
ECOモード   19.1q/L
ノーマルモード 18.0q/L
暖かくなれば20`超えてくると思います。

【価格】
性能、質感とも相当だと思います。

【総評】
買い物やオフロードには使わず、オシャレに街乗りする仕様なのかも・・・SUVなのに。。。
ハイブリッド4WD必須だと考えて3年発売待ったので、ラインナップに無かったのはショックでした。
四駆より燃費優先したので、納車されてもテンション上がりませんでした。
インテリアも残念でしたし。。。

しかし、実物はカッコいいし乗れば乗るほど運転が楽しくなり、今は使い勝手が良くなるよう工夫したり、サプライ品探すの楽しんでます。この先四駆でない事で後悔することがなければ永く乗るかもしれないし、プリウスαにハイブリッド四駆が出れば乗換えるかも?!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
富山県

新車価格
290万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

C-HR ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

 
 
 
 
 
 

「C-HR ハイブリッド 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR ハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

C-HR ハイブリッド
トヨタ

C-HR ハイブリッド

新車価格:273〜309万円

中古車価格:139〜376万円

C-HR ハイブリッド 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <280

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

C-HRハイブリッドの中古車 (2,457物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意