『ファームウェアVer. 3.1に更新して(再レビュー)』 オリンパス OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック] lp82145さんのレビュー・評価

2016年12月22日 発売

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]

  • AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写を実現した、「OLYMPUS OM-D」シリーズのフラッグシップ機となるミラーレス一眼カメラ。
  • 従来モデルから3.5倍高速化した新開発画像処理エンジン「TruePic VIII」や新開発121点オールクロス像面位相差センサーを採用。
  • 最大5.5段の補正可能な5軸手ぶれ補正も備え、ボディは防塵・防滴・耐低温(-10度)設計ながら小型・軽量となっている。
OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥104,734

(前週比:-1,917円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥104,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥61,800 (394製品)


価格帯:¥104,734〜¥268,750 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥104,734 〜 ¥217,800 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ
カラー
  • ブラック
  • シルバー

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:498g OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック] の後に発売された製品OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]とOM-D E-M1 Mark III ボディを比較する

OM-D E-M1 Mark III ボディ

OM-D E-M1 Mark III ボディ

最安価格(税込): ¥186,284 発売日:2020年 2月28日

タイプ:ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:504g
 
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のオークション

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]オリンパス

最安価格(税込):¥104,734 (前週比:-1,917円↓) 発売日:2016年12月22日

  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]の画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のオークション

『ファームウェアVer. 3.1に更新して(再レビュー)』 lp82145さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:374人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
14件
0件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
ノートパソコン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
ファームウェアVer. 3.1に更新して(再レビュー)
当機種鳥を撮るときには、だいたい連写任せです。
当機種鳩の羽根繕い(?)
当機種207系、須磨〜塩屋間にて。

鳥を撮るときには、だいたい連写任せです。

鳩の羽根繕い(?)

207系、須磨〜塩屋間にて。

当機種明石海峡大橋の夜景。
当機種電子シャッターではフリッカーレス撮影ができません・・・。
当機種メカシャッターに切り替えました(シャッタースピードを下げればいいだけでは?)。

明石海峡大橋の夜景。

電子シャッターではフリッカーレス撮影ができません・・・。

メカシャッターに切り替えました(シャッタースピードを下げればいいだけでは?)。

令和元年6月にファームウェアVer. 3.0が公開され、E-M1Xの新機能のうち、本機種にも導入できる機能については、積極的に導入されました。ファームウェアの更新で新機能を惜しげもなく(?)追加するオリンパスの姿勢には、心から敬意を表したいと思います(なお、現在では、マイナーバージョンアップされたVer. 3.1が最新となります)。

この、ファームウェアのアップデートを踏まえて、作例を差し替えたうえで、レビューについても一部加筆修正させていただきます。
なお、レンズはシンクロ手ぶれ補正が有効になる12-100mm F4 PROを装着していることが多いです。

【デザイン】
一部金属製のボディの質感は十分です。
背面液晶のバリアングル化は賛否の分かれそうなところです。個人的にはチルト式の方が慣れていますが、バリアングルの自由度に助けられることがあることも事実です。

【画質】
E-M10 MarkIIやE-M1の1600万画素クラスからは画素数が増えていて、等倍で見れば解像感が違うような気がしないでもありませんが、縮小して見れば大差を感じません。
むしろ、暗所での画質に進歩を見出すことができます(特に長秒時ノイズ)。

【操作性】
ダブルダイヤルと多くのボタンにより、比較的自由度の高いカスタマイズが可能です。
ただし、メニューの構造が相変わらず複雑怪奇なため、使い始める前に自分流にカスタマイズしてやる必要はあります。カスタマイズさえすれば、まあまあの使い勝手にはなるでしょうか。

なお、本機種からカスタムモードの設定・登録が3つまでできるようになり、上部ダイヤルで容易に切替ができるようになりました。これは、初代からの明確な進歩といえます(動きモノ対応ということで、シャッタースピード優先オート、C-AF、連写を組み合わせた設定を登録しています)。

【バッテリー】
容量が増加したことで、持ちはマシになりました。
他方で、純正バッテリーがinfoリチウム化された影響か、互換バッテリーを併用すると警告表示が出ます(警告表示が出るだけで、動くには動くのでまあいいのですが…)。

【携帯性】
上級機ということを考えると、やはりコンパクトです。
本来のサイズもさることながら、レンズも(フルサイズやAPS-Cと比べれば)小型軽量になるので、トータルバランスがいいですね。

【機能性】
5軸手ぶれ補正機構は“完成”の域に達しているといえます。特に、シンクロ手ぶれ補正機構の威力は抜群です。ハイアマチュアの方々のように、手持ちでウン秒…というのは私には無理ですが、しっかり構えていれば、1秒程度であれば手持ちでもほぼ手ぶれの心配はありません。

また、動きモノに対するAF速度も、一気に改善されました。
“にわか”には難易度の高い飛んでいる鳥であっても、(条件にもよりますが)7〜8割方は合焦表示が出ます。また、プロキャプチャー機能も、うまく使いこなせれば決定的な瞬間を収めることにつながりそうです(私はまだ今一つ使いこなせていないのですが…)。

他方で、像面位相差AFの宿命として、合焦表示は出るのですが、精度については過剰な期待をすることはできません。C-AFを使用していると、(背景にもよりますが)ピントが背景に引きずられてしまうことも多々あります。

ファームウェアVer. 3.0により、「AFの性能が向上」と謳われていますが、私の使い方、実感では、明確な性能向上を感じることは、あまりありません。安定性は上がったような気がしますが…。また、ファームウェアアップデートを経ても、相変わらず暗所のAFには信頼のおけないところがあります(やはり迷います)。

とはいえ、全体としては本機のAFが、ミラーつき機(エントリー機+中級機)を凌駕するレベルに達しているとはいえるでしょう。

【液晶】
背面液晶は必要十分なクオリティーと思われます。
他方で、ファインダーは高速化されたということですが、色味や見え方はイマイチのように思われます。

【ホールド感】
大型のグリップは、初代と同様に良好なホールド感を提供してくれます。

【総評】
ファームウェアアップデートにより、E-M1Xの新機能のいくつかを、本機種でも使うことができるようになりました。そのこと自体は、高く評価したいと思います。

なお、新たに追加された「フリッカーレス撮影機能」を活用しようとしたところ−−メニュー画面で設定可能−−フリッカーが残っているという状況に遭遇しました(添付画像を参照)。
メニュー画面を見直しても、きちんと設定されています。どうして…と思ったのですが、普段は電子シャッターしか使わないことを、思い出しました。、
Ver. 3.0用のマニュアル(p. 204)の“フリッカーレス撮影”の説明には、「静音撮影やハイレゾショット撮影、プロキャプチャー撮影などの電子シャッターによる撮影時は動作しません」という記述があります。言い換えると、フリッカーレス撮影をしたいときには、メカシャッターに切り替えないといけないのです。メカシャッターに切り替えたところ、確かにフリッカー現象の影響を受けなくなりました。

もちろん、マニュアルのPDFファイルには書かれているのですから、マニュアルをよく読めば済む話なのですが、ローリングシャッター歪みが軽減されているこのカメラであれば、「電子シャッターを常用している」方は少なくないと思われます。「“フリッカーレス撮影機能”は、電子シャッターでは動作しない」ということを、もうちょっとわかりやすく−−たとえば、公式HPにおける、ファームウェアVer. 3.0の“フリッカーレス撮影機能のPRコーナー”などで−−書いてもらいたかったとも、思うところです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった41人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
結局導入しました・・・
当機種羽ばたく鴨
当機種飛んでいる鳶
当機種かなり甘い・・・

羽ばたく鴨

飛んでいる鳶

かなり甘い・・・

当機種鳩の“まばたき”まで捕捉できます(できてどうなるかは不明・・・)
当機種風景撮影の例(パナライカ25mm F1.4との組み合わせ)
機種不明初代と二代目、見かけは大差ないのですが・・・

鳩の“まばたき”まで捕捉できます(できてどうなるかは不明・・・)

風景撮影の例(パナライカ25mm F1.4との組み合わせ)

初代と二代目、見かけは大差ないのですが・・・

これまでに、オリンパス機としてE-M10 MarkII、E-M1(初代)を使用してきました。
いずれも5軸手ぶれ補正機構を搭載しており、静止した被写体を撮影する際に不満はなかったのですが、動きモノについていくのはどちらの機種でも困難でした。特に、E-M1は、せっかく像面位相差AFを搭載しているのに、M. ZUIKOレンズではほぼ使わせてくれない(高速連写モードでのみ有効)ということもありまして、動きモノ対応を求めて、本機種を(発売から2年を経て)今更のように買い増しました
(キャッシュバックキャンペーンを横目に、相変わらず中古並品を導入しています…)。

常用レンズは12-100mm F4 PROとなります。
望遠レンズ(鳥や航空機、鉄道等に使用)としては75-300mm F4.8-6.7 IIを使用しています(望遠PROレンズまでは、まだ手が回りません。次の課題です…)。
なお、(私にとっての定番試写地である)鴨川のほとりで試写した際の画像を、参考までに添付いたします(鳥の画像については、“75-300mm F4.8-6.7 II”によります)。

【デザイン】
E-M1(初代)のラインを継承しており、一部金属製のボディの質感は十分です。
背面液晶のバリアングル化は賛否の分かれそうなところですね。個人的にはチルト式の方が慣れていますが、バリアングルの自由度に助けられることがあることも事実です。

【画質】
E-M10 MarkIIやE-M1の1600万画素クラスからは画素数が増えていて、等倍で見れば解像感が違うような気がしないでもありませんが、縮小して見れば大差を感じません。
むしろ、暗所での画質に進歩を見出すことができます(特に長秒時ノイズ)。これは、処理エンジンの世代が新しくなったことが大きいようですね。

【操作性】
ダブルダイヤル、多くのボタン、比較的自由度の高いカスタマイズが可能ということもあり、E-M1と同様の印象です。
メニューの構造が相変わらず複雑怪奇なため、使い始める前に自分流にカスタマイズしてやる必要はあります。カスタマイズさえすれば、まあまあの使い勝手にはなるでしょうか。

なお、本機種からカスタムモードの設定・登録が3つまでできるようになり、上部ダイヤルで容易に切替ができるようになりました。これは、初代からの明確な進歩といえます(動きモノ対応ということで、シャッタースピード優先オート、C-AF、連写を組み合わせた設定を登録しています)。
欲を言うならば、モードを切り替えた際にいったん画面がブラックアウトしてしまい、数秒間撮影ができなくなるという状況、どうにかならないのでしょうか(エントリー機ならばともかく、上級機としては少々お粗末では…)。

【バッテリー】
容量が増加したことで、持ちはマシになりました(ミラーつき機には及びませんが…)。
他方で、純正バッテリーがinfoリチウム化された影響か、互換バッテリーを併用すると警告表示が出ます(警告表示が出るだけで、動くには動くのでまあいいのですが…)。

【携帯性】
上級機ということを考えると、やはりコンパクトです。

【機能性】
5軸手ぶれ補正機構は“完成”の域に達しているといえます。特に、シンクロ手ぶれ補正機構の威力は抜群です。ハイアマチュアの方々のように、手持ちでウン秒…というのは“にわか”の私には無理そうですが、しっかり構えていれば、1秒程度であれば手持ちでもほぼ手ぶれの心配はありません。

また、動きモノに対するAF速度も、一気に改善されました。
“にわか”には難易度の高い飛んでいる鳥であっても、(条件にもよりますが)7〜8割方は合焦表示が出ます。また、プロキャプチャー機能も、うまく使いこなせれば決定的な瞬間を収めることにつながりそうです(私はまだ今一つ使いこなせていないのですが…)。

他方で、像面位相差AFの宿命として、合焦表示は出るのですが、精度については過剰な期待をすることはできません。C-AFを使用していると、(背景にもよりますが)ピントが背景に引きずられてしまうことも多々あります。また、合焦表示が出ていてもピントが甘いこともありまして、ミラーつき機の上級機と互角にやり合う…ところには、まだ達していないのかもしれません(ミラーつき機の上級機を所有していないので、比べたわけではないのですが…)。
遠くの被写体を普及クラスのレンズで追いかけていることの影響もあるのでしょうが…。

また、相変わらず暗所のAFには信頼のおけないところがあります(けっこう迷います)。私のメインボディが、(古い機種ながらも暗所でのAFに定評のある)ニコンD750なので、それと比べると酷なのかもしれませんが、メーカーを代表する上級機ということを考えると、もうひと頑張りがほしいところです。

とはいえ、全体としては本機のAFが、ミラーつき機(エントリー機+中級機)を凌駕するレベルに達しているとはいえるでしょう。

【液晶】
背面液晶は必要十分なクオリティーと思われます。
他方で、ファインダーは高速化されたということですが、色味や見え方はイマイチのように思われます
(なお、本体のファームウェアは最新のVer2.2を適用しています)。

【ホールド感】
大型のグリップは、初代と同様に良好なホールド感を提供してくれます。

【総評】
先代のE-M1の弱点を、的確に潰してきているという印象です。見かけは初代と大差ない−−私の手元にあるのはシルバーモデルなので、カラーリングはだいぶ違いますが−−一方で、中身はほぼ完全に別物です(お値段も別物ですが…)。
特に、動きモノに対するAF速度は、E-M1と比べたらバチが当たります。「ミラーレスは動きモノに不利」という俗説は払拭されているといえるでしょう。後は精度の問題ですが、これは次の世代に期待…というところでしょうか。
ちなみに、「手振れ補正をカットすることで、本機種でもAF精度を上げることはできる」という報告もあるようですが、手振れ補正には「構図を安定させる」という副次的効果もある以上、特に超望遠域では「あまり切りたくない」ところです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった20

 
 
 
 
 
 

「OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]
オリンパス

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]

最安価格(税込):¥104,734発売日:2016年12月22日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <1862

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意