日産 ノート e-POWER 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ノート e-POWER 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X FOUR シーギア リミテッド 2018年12月10日 特別仕様車 1人
NISMO S 2018年9月25日 マイナーチェンジ 7人
MEDALIST 2018年7月5日 マイナーチェンジ 5人
MEDALIST X FOUR 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
S 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
X 2018年7月5日 マイナーチェンジ 4人
X ブラックアロー 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
シーギア 2017年10月30日 特別仕様車 1人
NISMO 2017年10月17日 マイナーチェンジ 7人
MEDALIST 2017年9月1日 マイナーチェンジ 8人
MEDALIST ブラックアロー 2017年9月1日 マイナーチェンジ 1人
S 2017年9月1日 マイナーチェンジ 2人
X 2017年9月1日 マイナーチェンジ 7人
X ブラックアロー 2017年9月1日 マイナーチェンジ 1人
NISMO 2016年12月12日 マイナーチェンジ 15人
X モード・プレミア 2016年12月12日 ニューモデル 8人
MEDALIST 2016年11月2日 ニューモデル 36人
S 2016年11月2日 ニューモデル 4人
X 2016年11月2日 ニューモデル 42人
満足度:4.02
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:186人 (プロ:2人 試乗:80人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.87 4.34 133位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.21 3.93 147位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.35 4.13 40位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.29 4.21 61位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.81 4.05 110位
燃費 燃費の満足度 4.11 3.89 77位
価格 総合的な価格の妥当性 3.63 3.88 117位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:価格」で絞込んだ結果 (絞込み解除

Wait1さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3
   

   

【エクステリア】
斜め前からのアングルが良い。正面や真横から見ると少しのっぺりしてるかな?でも、こんなもんでしょ。飾りで純正エアロ付いている。
【インテリア】
メーター部分はブルーラインが印象的。スピードメーターが大きく見やすい。また、エンジン稼働や電力の消費・回生状況が分かるようになっていて使いやすい。D型ステアリングは、実用性はないが面白い。太くて握りやすく運転しやすい。インテリジェントルームミラーは慣れると昼・夜ともにとても見やすい。シフトレバーは一度ドライブに入れるとほとんど使わないが、小さく可愛い存在。アームレストに手を置いたとき、触ってツルツルとした感触を楽しんでいる。全体的にもっさりとしていてシャープでなく、若い人にはイマイチかも知れないが、専用メーター、Dステアリング、電気自動車用シフトレバー、インテリジェントルームミラーなどが目新しく、思ったよりも古さを感じず、楽しく運転出来ている。あと、メダリストのブラウンで統一された室内、革製のハンドル、合皮だけどしっとりとしたアームレスト、後部座席のドリンクホルダー付きの肘掛、いいです。ドアを閉めたときの遮音性も心持ち良いような気がして、値段も高いが、メダリスト気に入っている。
【エンジン性能】
加速が良過ぎ。Sモードで少し踏み込めば、あっと言う間に法定速度に達してしまう。街乗りが中心の私には少しもったいない。信号スタートは他車に負ける気がしない。
【走行性能】
車に詳しくないが、直進性がいいと言うのか、余りハンドルがとられることなく、安定して真っ直ぐ進む感じ。加速がいいから、これはありがたい。ハンドルが軽く、カーブも曲がりやすい。ワンペダル走行と相まって運転がとてもしやすい車。
【乗り心地】
エコモードで走るとそうでもないが、Sモードで走るとしょっちゅうエンジンがかかる気がする。うるさいというより、騒がしい。寒いからかな?少し走ると安定する。で、油断しているとまた突然唸りだす。振動はコンパクトカー。ノイズあり。あと、座席が少し小ぶり。女性向け?まあ、助手席乗ってる方が快適という車ではない。少しゴツゴツ感あり。
【燃費】
驚き。街乗りで走れば走るほど回生ブレーキが蓄電してどんどん燃費が良くなって行く。信号で止まれば止まるほど燃費が良くなる?こんな感覚初めて。街中を少し走ればリッター20キロを軽く超えて行く。スピード出しても信号に引っかかるのが嫌だったが、この車ならグッと加速して運悪く信号に引っかかっても回生ブレーキが燃費回収してくれる気がして嫌でなくなった。
【価格】
中古車なので安い。
【総評】
ワンペダルはもはや発明。MTからATに乗り換えたとき、ギアチェンジとクラッチ操作がなくなり、運転が楽になったが、今度はブレーキ操作がほぼ不要になり、渋滞がさらに楽になった。回生ブレーキも最高。燃費向上させながら、絶妙なタイミングで止まってくれる。乗り心地や内装、エンジン音や振動対策など、改良すべき点はたくさんあるが、来年フルモデルチェンジするノートは、素晴らしい車として生まれ変わるんだろうなぁ。新車は手が出ないから、4年後にまた3年落ちの新型ノート買おうかなぁ。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
週1〜2回
重視項目
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

J―:―Mさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
4件
掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

【エクステリア】
好き好きなので 特にコメントはなし
ヘッドライトが意外に暗い 雨の日は注意が必要
【インテリア】
不満多数
1 シガーソケットから電源をとっているが助手席に座った人の膝が当たる場所で接触不良を起こす
車内で様々な機器の充電をすることがあるのでスマホなどを置く台の近くにソケットがあるとよかった
2 ドリンクホルダー二箇所がシフトノブの先にあるので入れにくい 高さのある水筒等は操作盤の下に当たってきちんと入らない
3 ダッシュボード部分はすべて局面で ものを置いたりいろいろなものを固定したりするのに不向きすべて落っこちてしまう デザイン重視で不便
4 シフトノブがスイッチのような小型の形状のため パーキングからドライブに入れる時など きちんと入らないことがある 通常のシフトノブにして欲しかった
5 オートパイロット機能がありこれは充分満足
しかし 前車が停止し自車も停止した後 2-3秒後にクリープ発進してしまい結果的にブレーキを踏まなければならない(面倒)
【エンジン性能】
エンジン音は1.2リッター程度のためうるさい
エンジン性能と言うよりはモーター性能がすばらしい
ファミリーカーとしては不足を感じない程度
【走行性能】
重いバッテリーが車体底部にあるため 高速道路でも山道でも素晴らしく安定 2リッター以上の車に乗っているような感じ
【乗り心地】
加速feelがスムーズで すーっと走ってくれる
路面のこつこつ感も小型車のわりにはあまり拾わない
【燃費】
飛ばさなければ25前後 高速道路や山道になると20前後 残り100キロ程度の表示になった後は急激に走行可能距離が下がり不安になることもある
【価格】
コストパフォーマンスは高いと思う
【総評】
すばらしい走行フィールに満足
エクステリアは残念なところが多すぎる(しかしすぐに改善できると思われる内容なのでメーカーに期待)
エンジン音はあまりにも走行feelと違いすぎるので 遮音材を使うなどしてもっと上品にできないものか

乗車人数
5人
使用目的
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
福島県

新車価格
215万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まっすー@さん

  • レビュー投稿数:442件
  • 累計支持数:1656人
  • ファン数:14人
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

※内容を追加しました。
※脱字を修正しました。

【エクステリア】
 小変更を経て今の顔になって、良い顔立ち。欧州マイクラにも通ずる綺麗な造形。

【インテリア】
 開発されて10年近く経つものの、古臭さなく、良い。センターコンソールのデザイン、配置などはわかりやすい。ダッシュボードなどはプラスチック感がかなりあるので合成皮革などの縫製などMazda3くらいの豪華さにしたモデルがあればもっと売れるような気がする。

【エンジン性能】
 e-powerは街乗りでは非常にキビキビと走る。減速のGが強いということはなかった。ただ、すごく低速で走っているときに急にエンジンが結構な回転数で回りだすのは気持ち悪い。静かなら良いがそうじゃない。

【走行性能】
 街乗りは非常に快適。高速道路は100km/h以下でも燃費の伸びが思ったほどではない。ただ、大人4人の乗車だからある程度想定内。100km/hくらいまでなら何も問題なく走るが、燃費はやはり80km/hくらいまでしか美味しくない。巡航に入ると高速は燃費が延びないようなイメージあり。

【乗り心地】
 コーナーでのロールは小さく、シートの厚みもしっかりしているし疲れにくい。よくまとめられている。ただし、ロードノイズが結構がっつり室内に入る。誰だよ静かだとか書いてたのに、高機能舗装では完全に煩いレベル。

【燃費】
 一般道2:高速8の割合で20km/Lくらい。

【価格】
 安いと思う。

【総評】
 レンタカーでおよそ180km走りました。試してみたかったe-power、運転はとても楽しかったです。メーターも見やすかったですし、ミラーによる周囲確認もしやすいしセンターコンソールも設計はだいぶ古いものですが全般的に直感的な操作ができ、古臭さは感じませんでした。大人4人乗車でエアコンをつけて20km/L走れば大したものです。

 一方でかなり気になったのはロードノイズの侵入です。価格が安いので、もう少し上のグレードを設定して吸音材とか奢ったモデルを出してほしいですね。ロードノイズも気になったしエンジンが急に動き出すときの音も騒々しい感じがしました。これはアクアやフィットよりも数段落ちるレベルです。フィットは色々リコール続きましたが静粛性に関してはかなりいい線いっています。ノートは音だけなんとかしてもらえたらまだまだ売れるんじゃないでしょうか。価格はフィットやアクアより少しお安い価格帯なのはありがたいですが、ちょっと煩い、というのが印象として残りました。

 e-powerの回生はうまく出来ているなと思いましたが、フィットやアクアとそんなに変わらない感じがしました。期待しすぎたかな。ワンペダルである程度走行できるという雑誌記事を鵜呑みにしていたんですけど、ブレーキが必要な場面は結構ありましたので、ここもあまり他社と変わらないかなといった感じです。

 とても良かったのは加速力ですね。これはコンパクトクラスで一番良いのではないでしょうか。電気の加速はここまで凄いトルクが出るんだなと驚きました。高速の合流は非常に安心して行えました。

 ノートもモデルとしてはだいぶ古い部類ですが、売れてる理由がよくわかりました。音さえうまく抑えてくれたら最高なんですけどね。いい車でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった12人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ウリベさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

あくまですべて自分の感想です。

2ヶ月後の追報

燃費は24k/l ほぼ2名乗車で近場短距離が主です。 
強力モーターによる加速感は最高です。 ワンペダルで加減速思いのまま運転は本当に楽しく、車の運転でワクワクします。 車内空間もゆったり、小物入れなどもよく考えられています。 


【エクステリア】 前方視界も後方視界も視やすいです。 後部座席もゆったりしています。 シャープな車らしいフロントフェースです。 トヨタ車のガマ口フェースはブサイクと思います。

【インテリア】 黒パネルがカッコいいです。 ただメーターからでている二本のスイッチのひとつが、メーターのブルーライン表示のONOFFだけのためってどうかなぁと思います。

【エンジン性能】 三気筒特有の音も振動もありません。 うまく制音されています。 駆動の制御もいいと思います。

【走行性能】 ほぼワンペダルで走行しています。 運転が楽しくらくになりました。 

【乗り心地】 音もショックも問題ありません。

【燃費】 まだ走行300キロですが、平均22から23キロ/Lです。 少しづつのびています。

【価格】 e-powerシステムで、エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、踏み間違い防止、フロントバックソナーが標準装備されています。 自分は車庫入れがヘタクソで、バックソナーが助かっています。 

【総評】 他社のHVを試乗しましたが、燃費優先のためのダルイ走り、安全性に問題ある後方視界、居住性無視の後部座席、複雑すぎるHVシステム=故障への懸念などに納得いきませんでした。 日産ノートe-powerが売れている理由だと思います。




乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
大阪府

新車価格
205万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった50人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Elijah Smithさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:625人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格3

【エクステリア】
Bセグメントクラスの車なので、高級な感じはありません。
見た目は好みがあると思いますが、他の国産コンパクトカーと比較すると比較的スタイリッシュなのではないでしょうか。
「リーフ」と比較すると、見た目の格好良さは完全に「リーフ」の勝ちかなぁと感じました。


【インテリア】
車内は広いです。
他の国産コンパクトカーとの比較してももちろん広いですが、SUV、「リーフ」や「カローラスポーツ」などのCセグメントクラスの車と比較しても同程度か、むしろ「ノート」の方が広くなっています。後部座席も広めです。
ラゲッジスペースも比較的広いですが、後部座席を倒した際にフラットにならないのは気になりました。

ただ、運転席(インパネ)周りの安っぽさはかなり気になりました。
Bセグメントクラスの車なので仕方ない気もしますが、他の国産コンパクトカーと比較しても安めな内装であることは否めません。


【エンジン性能】
加速性能は素晴らしいです。
他の国産コンパクトカーと比較すると、1・2を争う加速性能だと思います。
「リーフ」の方がパワーはありますが、時速100km程度までならそこまでの差はなく、車両重量が軽いためパワーも十分です。

「e-POWER Drive」の「Sモード」にすると加速性能が上がるというよりは、減速力が上がる感じでした。
ブレーキいらずのワンペダル操作ができるため非常に便利です。
減速力は「リーフ」と比較するとそこまでないため、逆に扱いやすいかなぁという印象を受けました。
※「リーフ」の減速力は凄まじいため、慣れるのに時間がかかりそうなイメージです。


【走行性能】
特別優れているわけではないと感じましたが、普通に走る分には全く問題ありません。


【乗り心地】
特別優れているわけではありませんが、逆に特別乗り心地が悪いという印象もありませんでした。
期待していなかった分、思ったより普通だなぁと感じました。
当然ですが、「カローラスポーツ」などのCセグメントクラスの車、「CR-V」などのミドルサイズSUVと比較すると、乗り心地は悪いです。
その分安くなっているので、仕方ないと思います。


【燃費】
実燃費で19.5km/L前後です。
ライバルのトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」のハイブリッドモデルは23.0km/L前後なので、比べると若干劣っていますね。
※使用環境により異なると思います。


【価格】
国産コンパクトカーで、同レベルの装備にして比較すると、20万円程度高くなる印象です。
前述の通り、実燃費(維持費)でもトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」のハイブリッドモデル、マツダ「デミオ」のディーゼルモデルと比較すると若干劣っているので、良い装備で安くしたいということであれば、「ノート」は少し不利ですね。


【総評】
「ノート」はスムーズな加速性能と安全性能の高さが素晴らしいです。
安全装備は、国産コンパクトカーの中だとマツダ「デミオ」が最も充実していますが、次いで充実しています。

燃費性能は、他の国産コンパクトカーと比較すると若干劣っているものの、比較的優れているため、
あとは"運転席(インパネ)周りの安っぽさ"が許容範囲かどうかで、買いかどうか決まってくると思います。

「リーフ」と比較すると、もちろんほとんどにおいて「リーフ」の方が優れていますが、「ノート」は価格の安さだけでなく、バッテリーの持ちや劣化、充電時間、充電器設置箇所などを気にする必要がないので、「ノート」を選択する方が無難だという考え方はあると思います。

※安全装備、その他項目の比較は、以下のサイトを参考にしました。
・ノート、アクア、フィット
https://bluesky-sheep.com/note-aqua-fit-2018
・リーフ、ノート
https://bluesky-sheep.com/leaf-note-2019

比較製品
日産 > リーフ
レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すねかじりマンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
147件
マッサージチェア
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
   

   

ノートe-power ニスモを乗って1年8ヶ月になりました。距離は約2万キロになります。平均燃費が22キロってところです。

気になる車が2台あったので各ディラーに行って乗ってみました。

1・日本カーオブザイヤーでも上位に入っていたカローラスポーツ。
確かにいままでのカローラとは思えない剛性の高さと静粛性と乗り心地で内装もノートに比べて上質な感じで良かったです。ただ運転していて楽しいか?と思うと、、、でした。
sのモードで踏み込んでもタイムラグがありノートe-power のエコモードみたい。荷室も狭く後部座席もせまい。見積もりを出してもらいましたがノートe-power ニスモに比べて50万アップ!
個人的にはこのボディーと足回りにe-power を乗せたらいいのになーと思いました。

2.ポロGTI
確かにワングレード上の車でした。液晶メーターやDSGの気持ち良さとマフラーから出る音もその気にさせてくれます。カローラスポーツに比べ力強く楽しい車ですが維持費や金額を考えると私には厳しそう。一応見積もりを出しましたがポロGTI でノートe-power ニスモより110万以上アップですから高いです。スタートもノートe-powerのモーターの加速に比べて少し遅い。高速になったら別物だと思いますが、、、、


ノートe-power のおすすめポイントは

1・速いし燃費が良い。

カローラスポーツの方が燃費は絶対いいと思いますが楽しくない。ポロGTI は速いし楽しいがハイオクで燃費が悪い。

2・ワンペダルの楽しさ・楽さ、運転が上手くなった感じがします。

ノートe-power に乗った後に通常の車に乗りブレーキを踏むといかに何時も楽してるんだなーと考えさせられます。そのワンペダルのブレーキも上質なブレーキングでカックンブレーキになりません。ポロGTI やカローラも良くできていますがブレーキを踏む時は気をつけないとカックンしやすい。←下手なだけ

3.荷室・後部座席が広い。
これはノートには勝てません。カローラもポロGTI も狭い。

総評として
金額・速さ・楽しさ・内装の良さ・剛性の良さ・静粛性・燃費・維持費・などなどトータルを考えると今のところノートe-power ニスモに勝るものは無かったです。
(金額・維持費を考えなければポロGTI が乗ってみたいかな?)

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
東京都

新車価格
245万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
30万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった66人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あまえびおるたさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:111人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地2
燃費無評価
価格2

昨年ですが実家の車買い替えのディーラー巡りに付き合って試乗も一緒にしたので僭越ながらレビューしたいと思います。対抗はフィットハイブリッドLで購入もフィットになりました
【エクステリア】
Vモーションはあまり好みではありませんが新型アルティマ(北米版ティアナ)のようになったら少しは格好良くなると思います。ニスモはちょっと主張が激しいかな?(カラーによるかもしれませんが)
【インテリア】
まぁ、ノートですね。先代のノートを代車で一週間ほど借りていた時がありましたが、質感は流石に上がってはいましたが、クラスは超えていないです。
【エンジン性能】
街乗りは最高でしょう。これは高出力モーターの特権ですね。都市部の方や速度レンジが高いものの高速道路走行をほとんどしない方には向いていますね
【走行性能】
ニスモなのでクイックでスポーティさは抜群です。メダリストにものりましたが、ニスモの方が元気が良かったです(そりゃそうか)
【乗り心地】
運転してる分にはそこまで嫌悪感を抱く場面はなかったです。しかし、ニスモはノーマルよりサスが硬いので後席に乗りましたがちょっと辛いです。ワンペダルもなかなか試乗中には運転しても後席にいても慣れませんでした。制動力が強すぎやしないですかね?
【燃費】
試乗の為無評価とさせていただきます
【価格】
見積もりを貰いましたが、高くないですかね?メダリストでも高いと思いました。必要な物だけつけても僕のシャトルHVと大差ないような………。I−MMDの下位システムと見てしまうとやっぱり
【総評】
運転感覚はすごくスポーティで楽しいのは確かです。しかし、システムこそ日産の中では新しいもののノート本体がその性能を活かすには少し古い気もします。乗り心地の悪さなどが。この部分をフルモデルに期待したいですし、できれば後席のダイブダウンで段差がなければ購入対象に入っていたかもしれません。乗り心地、ユーティリティはフィットに軍配でしたのでこの度は契約には至らなかったそうです

レビュー対象車
試乗

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リミックスコウジさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:318人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能1
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格1

今回のデータ改ざんにより評価を変更させていただきました。
若かれし頃、スカイラインとかに乗って日産大好きだった者からすれば非常に残念です。

【当初のレビュー】
今、人気のeパワーを自分の車と燃費含め比較してみました。

【グレード】
ノート・・ ・eパワー メダリスト
ワゴンR・・・ スティングレーハイブリッドターボ

【ハイブリッドシステムの違い】
スティングレーはモーターがエンジンをアシストするのに対し、eパワーはモーターで駆動しエンジンは発電のみ。
結果から言えばeパワーは予想より良かったです!

【エクステリア】
ノートは最近の日産独特のV字型グリルにソリッドな車体で前モデルよりかなりカッコよくなったと思う。
試乗車はメダリストのブラックアローというタイプだったが屋根が黒いだけだった。

スティングレーは軽自動車とは思えないボディの大きさとイカつさでこの2車の客層はまったく違うと思われる。
なのでこの2車を比べるのはナンセスか!?(笑

【インテリア】
インテリアの質感はもはやスティングレーの方が上回っている。
ノートも悪くはないがスティングレーの大きく見やすいセンターメーターに対しノートはメーター回りが小さくモニター内のインジゲーターも小さく見にくかった。

両車ともピアノブラックを活用し高級感を出しているが、スティングレーの赤のラインと本革ステアリングの赤のステッチがスポーティさをかもしだしている。

また8インチナビ装着可能なスティングレーに対し、ノートは7インチのみなのでこのあたりも車内の雰囲気に違いが出ている。
トヨタは9インチの車種もあるなかオプションでいいので8インチ可能にすべきだと思う。
ちなみにアラウンドモニター(全方位)は両車ともオプションで設定あり。

【エンジン性能】
低速トルク重視なのか、出だしはノートの方が速い。
初めて乗った人は静かでスムーズな出だしに驚くだろう。
ただ予期せぬところでエンジンが作動するので、自分で繰る楽しさには欠ける。

もちろん坂道になるとターボのスティングレーにはかなわない。

【室内の広さ】
これはスティングレーに軍配があがる。
背の高さだけでなく、低く抑えたダッシュボードとフロントウィンドウまでが遠いのがそう思う要因だろう。

助手席との距離感は同じぐらい。
リヤシート、リヤラゲッジも両方同じぐらいの広さ。
ただリヤシートがフルフラットになる分スティングレーが使い勝手が良い。
ちなみに室内長は40cmスティングレーの方が広い。

【静かさ】
両方ともかなり静か。さすがにスティングレーは踏み込むとエンジン音が聞こえるが、ターボでよく走るので踏み込むことはまずない。
ロードノイズも両方ともかなり抑えられており気になることはなかった。

【乗り心地】
路面の凹凸をしなかやかに吸収するスティングレーに対しノートは固いが、乗り心地が悪いわけではない。
シートの厚みはノートがあるように感じた。

ちなみにタイヤの偏平率はノート65%に対しスティングレーは55%
ホイールは両車とも15インチ。

【走行性能】
カーブであえてハンドルを強くきってみたが、両方ともすんなり曲がる。
スティングレーも前後にスタビライザーが付いてるので車高は高いがコーナーもなんなくこなす。

【自動ブレーキ&ハイビームアシスト】
両車とも物だけでなく人も感知する自動ブレーキが装着されており安全性能は高いといえる。
ただスティングレーにはサイドエアバックが標準だが、ノートにはオプションでしか設定がない。

【自動運転】
一定のスピードによるスティングレーに対しノートは前車を追従する自動運転を採用している。

【LEDヘッドランプ】
両方ともプロジェクタータイプ。
ノートは1番上のグレードにしか標準装備してないが、スティングレーは全グレードに装着されている。
またスティングレーはローハイ兼用だか、ノートはロービームのみ。

【eペダル】
ブレーキペダルをあまり踏まなくてもいいようにエンジンブレーキみたいな感じで止まるシステムらしいが、慣れるまではかなり違和感がある。
また動きが遅くなるので後続車に迷惑をかけないか心配になる。

ただブレーキパッドの摩耗なんかを考えるとあった方がいいかもしれない。
強くかかる時はブレーキランプは点灯するらしいので、踏切や一時停止不可で違反に間違われることはなさそうだ。

【プロパイロット】
セレナには設定はあるがノートにはなかった。
マイナーチェンジでの設定に期待する。


【燃費】
あえて同じ試乗コースを同じように走ってみた結果(街中3km坂道あり、2人乗車エアコンオン)

ノート・・・13km(カタログ34km)
スティングレー・・・16km(カタログ28km)
だった。
車重420kgの差がカタログ燃費達成率の差と思われるが、大人7人分の差は大きい!
スティングレーもそうだが、カタログ燃費との差が大きすぎるので過度な期待をすると愕然とするだろう。

余談だが、新型のフォレスターは街乗り燃費もカタログに掲載されており9km台と現実にそった数値となっているので、他の車も早く掲載すべきだと思う。

【価格】
値引き後最終価格(ナビ、オーディオは除く)
ノート・・・ 232万
スティングレー・・・167万

7月にマイナーチェンジするらしいが(eパワーの4駆を新設)、今の見積もり金額で同じグレードが買えるらしいので、来月以降に検討してる人は一度見積もりを取っておいた方が安く買えると思う。

【総評】
一概に比較できないこの2車で65万の差をどう取るかは個人の価値観によると思うが、維持費やガソリン代が安く、この差額でいいナビやオーディオを付けれることを考えれば軽自動車が売れてるのも頷ける。
スティングレーのようなスポーティな外観にするにはニスモという手もあるが、それだとさらに13万高くなってしまう。

走りに関してもノートは静かでよく走るが、420kgの車重の差がスティングレーの軽快な走りに差がついてるのだと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった16人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:1926人
  • ファン数:2人
満足度2
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地3
燃費無評価
価格3

叔父の車ですが、1人で運転する機会を頂いたので近所の買い物ついでに、何回ビックリするのを期待して?試乗で感じた売れてるe powerの特性はいかに…続く

【エクステリア】
リアが初代フィット似ですが、オーソドックススタイルで好感が持てます。
しかしデカイVメッキグリルと日産のエンブレムが品を落としてます。もったいない。

【インテリア】
これは小物いれもパネルのシボも今時の軽自動車以下レベル。丸いドーナッツ型エアコン操作パネルがテカってサインがパッと読み取れないので位置を覚え小さめボタンを押すのは操作性悪し。位置も下すぎる。
ハンドルはVGS仕様のS2000かと突っ込みたくなるほどD型シェイプがキツめ。
アップライトポジションで太もも当たる人はいないでしょう!コンパクトカーに採用する必要ないスポーツカーみたいなハンドル。
駐車場で切り回すのにやりずらい。
あとシートポジションをスライドしようとレバーに手をかけると動かずビックリ!(1度目)無検査で動作チェックしてないのかな?というくらい力要りました。
ハンドル調整はチルドのみでした。
シートは大雑把な作りで生地も型もお買い物車仕様。

【エンジン性能】
基本発電機なので走行性能には関係ないのですが、試乗してる時、2回ほどブゥーンと遠くで唸ってる音がして気になった。エアコン使用してるせいか分からないが、ドライバーの意図しない所で唸るのは気になりました。

【乗り心地、走行性能】
スタートボタンで起動し、丸いノブをDに入れエコモードで、恐る恐る駐車場から出る時クリープは弱いながらありました。
しかし一つ目の交差点、アクセル離すと即座ににエンブレ?で止まったような、ブレーキ踏まないでそのまま再スタート、あれクリープ現象はない?と思いながら買い物を済ませ遠回りして実力の片鱗を味わってみました。
まず乗り心地ですがスポーツカー並に硬いのにビックリ!(二度目)
しかし185/70R14というハイトの高いエコタイヤの為直接的なショックはこない。ブリヂストンのエコタイヤが転がり抵抗を抑える為トレッド面を硬いのが原因と思われる。トヨタみたいに燃費をタイヤで無理に稼いだんでしょうね。
よって乗り心地はスポーツ派なら許容範囲。
しかしパワステはタウンスピードで重め。
またハンドルの遊びが多く曲がるのに半テンポ遅れタイヤからのコーナー中の接地感も頼りなく…D型ハンドルに反してハンドリング性能は買い物仕様ですね。まあニスモじゃないので当然かも知れませんが。

ただ加速は良いですね。低回転からトルク24キロで軽い車体をグィとディーゼルみたい…流れの早いバイパスのゴー&ストップは楽でしょうね。
モーターカーは軽自動車とミライで体感してますがスタートからトルクフルに音も無くスルスル加速するので市街地は楽ですね。

【燃費】買い物の2〜3キロの試乗でリッター11.4kmと出てました。チョイ乗りはフリードよりチョイ良いくらいです。
アベレージ燃費は40000キロで24キロだったような。。

【価格】快適装備、質感を考えると高いのでは?eパワーに金かかってると思っても納得出来ないけど、今なら納得プライス引き出しやすいかも。

【総評】
どんなに凄いのかCMに期待しての試乗でしたが、モーターによる加速は良いけど、離すとすぐ減速で止まるのは違和感ありありで慣れずしまいでした。なので自分はゴーカートみたいに左足ブレーキを使用しました。(慣れれば、踏み間違いしない有効な方法なのでAT教習の必須にすれば良いくらいです。)
叔父はエコモード以外で慣れたようです。
逆に慣れてから普通の車、乗るとブレーキ踏み忘れそうで怖いですね。eペダルは特殊な技能だと思います。
低速域の速度調整もしづらい気が…特にバックで車庫に駐車するときはエンジン止まったり、動いたりして、一瞬パワステの重さが変化したような感覚がありました。

乗って思ったのはモデル後期のノートにe power載せたのは失敗でしたね。少ない予算で早く投入したい大人都合があったとしても。。フルチェンジで新しいシャーシに載せるべきでした。
それでも近所で良く見かけるようなりましたし、義父の狭い燃費だけのアクアよりは良いと思います。
膿を出し切った新生日産による次期ノートに期待したいものです。
それまで屋台骨が持てば良いのですが。。
反省の色見せないと厳しいかも…

レビュー対象車
試乗

参考になった76人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アンパン70さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:286人
  • ファン数:0人
満足度1
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能1
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格1

再レビューです。
実は昨日再レビューを投稿したのですが、不正に対する会社の姿勢に焦点を当てすぎたため、価格ドットコムより投稿レビューは製品に関する内容とするよう、そして投稿内容はクチコミへの投稿のほうが適している旨連絡を頂きました。確かにおっしゃるとおりですので、レビューは仕切り直して以下の内容とさせてもらいます。

前回高評価をしましたが、排ガスデータ改ざんの不正が発覚し、失望の下方訂正です。
内外装、乗り心地、走行性能は基本的には前回レビューと変わるものではありませんが、排ガスに関わるエンジン性能とリセールバリューやブランドイメージの低下を加味し価格の適正性について訂正しました。
一年足らずで再発しており、まだ今後も問題が出てくるんじゃないかと製品に対する不安感もあり、我が家では買い替え候補から脱落です。
熱心で好感度高い営業さんだったので残念です。

レビュー対象車
試乗

参考になった31人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KS1301さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:423人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能4
走行性能1
乗り心地3
燃費4
価格3

【エクステリア】
落ち着きがあって良いです。トヨタは奇抜だし、マツダはヤンチャな感じなので、この感じなら何歳でも乗りやすいのではと思います。
【インテリア】
安っぽすぎ。同じCセグハッチバックに乗ってるんですが、新車価格がそれほど変わらないのに、内装しょぼすぎと感じました。
【エンジン性能】
よく分からず、e-powerなんて所詮ハイブリッドみたいな感じかな?と思っていましたが、ハイブリッドの嫌な感じがなく、トルクもあり、良かったです。
【走行性能】
技術(モードによっては勝手にエンブレかかる)はすごいが、運転はアクセルとブレーキを踏んだり、カーブでハンドルをきるのが楽しいのに、それらを若干捨てた感じ。モードによってはエンブレのかかりが弱まりますが…。
【乗り心地】
この価格のハッチバックならこの程度かなと思います。
【燃費】
モーター付いてるから良いけど、高速だと燃費が下がると聞いて、その点は気になります。
【価格】
燃費から考えたら、ちょうど良いか安いくらいでは?と思います。
【総評】
エクストレイルのクチコミにも書きましたが、技術の日産を謳うならACCとか安全装備くらい、全グレード標準装備して欲しいです。
あとこのe-powerでスポーツワゴン作ったら、めっちゃ面白そうなのに、なぜ日産にワゴンがないんだと残念です。
総評はノートに、ではなく日産全体に対してになってすみません。。

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いぬりんぎさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

2016年に登場し、すぐに試乗しました。そして2018年1月に購入しました。
試乗のとき、アクセルを踏んだときのレスポンスがよく、大変気に入りました。

Y31セダン・セドリック(VG30E)をメインとして持っており、ノートに買い換える前まではk12後期のマーチに乗っていました。
また、日産党で、これまで多くの日産車に乗ったり、運転してきたりしました。
このような条件での比較を行いたいと思います。

私はMEDALISTを選びました。理由は、フォグランプ、LEDヘッドライト、アルミホイル(カバーが走行中に外れるのがいや!)、アームレスト及び後部座席のアームレストがほしかったからです。また、クルーズコントロールも気になっていました。
なお、オーディオは、「CD一体AM/FM電子チューナーラジオ」をつけました。ナビは市販の安いものを取り付けています。そのため、バックモニターやアラウンドビューなどはついていません。結局、そんな駐車場には停めないし、目視をしていればよいだろうと思って、つけなかった、ということもあります。
1週間で500キロほど走りましたので、その感想です。

【エクステリア】
フロント部分はとてもかっこいいと思います。ただ、後ろからの見た目は、もうちょっと・・・。ルーフスポイラーをつけて、アクセントをつけてみました。なお、色はダークメタルグレーにしましたが、日産のこの色はかっこいいので好きです。
フロントの青いラインはやっぱりいいですね。

【インテリア】
正直、シンプルです(シンプルすぎな感じもします)。メーター類がセンターでないのはやっぱり落ち着きます。ある意味では運転席周辺は伝統的な配置です。
内装もきれいですが、収納場所が、K12後期マーチと比べると、ちょっと不便。コインケースもないし、サングラスなどを置くところもない。飲料を置くところも下の方なので、個人的には不便(k12の時もそうでしたが、このときは間違ってハザードランプスイッチを何回押したか・・・)。
なお、私はいくつかの装備を省略したので、ハンドル周りの一部のスイッチ類は飾りになっています。
クルーズコントロールの設定は少しややこしい。
シートは座り心地がよく、前席では足をすごく伸ばせます。Y31と比べても、ノートの方が広く、圧迫感がない感じです。後部座席も思いのほか広く、大人4人が乗っても、余裕がありそうです。車内もトランクも、かなり広い印象を受けます。

【エンジン性能】
ECOモードでは、それなりの感じですが、ノーマルだと本当にパワーが強い。パワーはY31かそれ以上の感じがします。特に山道では全くストレスがありません。ぐんぐん行きます。また、音も静かで、これもY31と同程度の静寂性かな、と思います。
モーターだけでこの走りとは、本当に驚きです。

【走行性能】
Y31を運転しているときと比べても、ストレスはほとんどありません。ワンペダル、最初は違和感がありましたが、慣れてくると便利なものです。停車時に、どこからペダルを放せば、しっかり止まれるか、試してみるのもおもしろいかと思います。いかに停車時に、ブレーキを使わないかがコツなような気もします。
また、インテリジェント・クルーズコントロールは、本当に便利な機能です。前の車があるときには、自動で減速する上、車間も設定できます。高速道路だけでなく、田舎の高規格道路でも使いましたが、スムーズに走行し、また、燃費もこれを使っている方が、感覚的によいような気はします。ただ、設定が未だに慣れませんが。合流車線で車が合流するときには気をつけなければなりませんが・・・。

【乗り心地】
乗り心地は、このクラスの車としてはよいとは思います。さすがに、Y31と比べたら劣りますが、それでも静音性と振動の少なさはよいとは思います。

【燃費】
Y31やマーチと比べた限りでは、やはり全然違います。今のところ、納車から今までの1週間ほどで、平均では20km/lほどです。
長距離の高速はまだ運転していませんが、聞いたところでは高速はノーマルモードがよいとは聞きました。今度試してみます。

【価格】
燃費の良さと装備を考えると、比較的良心的で、手頃かとは思います。
価格を抑えたいならば、カーナビやアラウンドビューなどを省略することだと思います(その辺はおさえても、運転をアシストする機能は十分備わっていますから)。また、ETCも一番安い純正品で十分です。


【総評】
あらゆる車と比較すると、それは優劣が出てくるのですが、このクラスの車としては、高く評価はできるのではないでしょうか。
個人的には少しは高くなりますが、MEDALISTを選んでよかったと思います。特に、私はときに1日で1000キロ近くの移動もするし、人も乗せるので、この価格でこの性能と装備は満足しています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
大阪府

新車価格
232万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

capsule8さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
42件
自動車(本体)
1件
13件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
10件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

※スピーカーとハイビームについて追加レビュー 
代車のエンジンノートの2スピーカーが最悪でして、ニスモも同じと思ってましたが、、昨夜音量かなりあげたら音が結構違いました。
ドア内のスポンジ?がデッドニング効果を生んでいることと、4スピーカーになっている点ですね。
もう社外スピーカー買ってしまいましたが(ToT)
こだわらない人であれば聞けなくはないレベルです。ちなみに代車のは聞くに耐えませんでした。参考までに。

オートハイビーム、結構繊細な反応で看板反射や街灯でも消えてしまいます。30点。使えなくはないので常時オートで走行中です。

【エクステリア】
スポーツカーを降りたので、K自動車でも何でもよかったのですが、といった感じで選びに行って一目ぼれ?みたいな。悪くはないと感じました。車高がちょっと高いですが、アフターパーツも多いのでどうにでもできそうです。赤耳がどうしても気に入らず、納車時にボディ同色に変更しました。
スポーツカーではないのでかっこいいという感覚が少し落ちたので★4です。

【インテリア】
最初の感想が「うわぁ・・・K自動車よりダサい・・・」でした。エアコンのデザイン、シフト周りと特にセンターコンソールが最悪です。
一時期の日産が良く使っていた多くの車種共通の角デザインのオートエアコン、ああいう無難なのでよかったです。
しかしNISMOのシートは最高です!肌触りもよく、ホールドも町乗りに最適。過去にレカロ、ブリッドと必ずシート交換して乗ってきましたが、それより気に入っています。
また、内装色の黒とピラーの黒も高評価。代車は白系?でしたのでだいぶ印象が変わりました。

【エンジン性能】
買った理由の一つ。モーターが良かったので、リーフ買いに行ったんですが・・・ノートになっていましたw
加速は最高。過去3台のスポーツカー(250PS前後のターボ)と同等か、下はそれ以上です。
思わず笑ってしまうGで満足です。

【走行性能】
ニスモはSモードでの走行が停止不能でワンペダルの良さが半減されますが、加速は良いですね。
エコモードのべた踏みでワンペダルを楽しんでします。加速悪いので、Sモードで停止までできるようなVCMが出ることを期待します(クルコン対応の)

【乗り心地】
足回りも最適で、もともと硬めの足が好きなのですが、まぁ乗り味は良いです。
リアシートも広い。家族からも不満はありません。
シートヒーターは必須だと思いますので、マイチェンするなら入れてもらいたい。
まぁ、アルカンターラ?暖かいので何とかなりそうですが。

【燃費】
スポーツカー以外乗ったことがないので、特にこだわりがなく。10km走ればいいと思っていますが。
けっこうガンガン走って14kmくらいですか。メーカー発表とはかけ離れている気がしますが、そういう車ではないと思います。
楽しむ車ですね。


【価格】
コスパイイと思います!!!
あらゆる先進機能が付いていて、何より楽しくて、唯一無二!!それなのに頑張れば250で乗り出せるという。素晴らしいですね。
日産の社長?が言っていた、先進機能を大衆車に乗せるが大成功だと思います。


【総評】
満足度はもちろん満点!!10点でもいいくらいです。
買ってよかったと心から思います。Sモードでのワンペダルができればほんとう、不満ないんですが!!!どうにかしてほしいです、ニスモ様。(=加速が良くて、原則もガンガン回生して、止まってくれて、ブレーキランプつきっぱにしてもらって、エンジン始動回数減らして欲しい・・・)って厳しいかな?

クルコン付きなんですが、かなりいい出来です。高速では100%使用してます。
アラウンドビューも便利で凄いとは思うけど、慣れが必要ですね。ナビに映してますがちょっと見ずらい。ミラーは解像度悪い。
メーターもきれいでいいですね。
デイライトがデイじゃないですが、改造で光らせるので問題なし。シフトノブが行けてませんが、アイシフター売っているので問題なし。
音が悪いですが、SP変えるので問題なし。
エンジン音は外ではうるさいですが、走行ノイズに紛れるので車内での不満はありません。
インテリジェントLI付は?車線逸脱すると警告付くボタン、走行後に戻されるんですがいいですね。逸脱補助がないモデルではエンジンオフでもそのままだったのでよく考えられていると思う。
当初懸念していた、155km?と言われているリミッター。問題なさそうです。90km〜ずっと加速します。(あ、これで前回速度書いたから消されたのか・・・)

いろいろと欠点もあったはずなんですが、乗っているうちに慣れたのと、内装を少々改造して改善しているのとで不満がほぼ無い??

購入迷っている方にも、お勧めします。無難な車、ではないです。
楽しく、ちょっと変わってる車、だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
千葉県

新車価格
245万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

良い物を安く買う目利き屋さんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

同クラスの車種すべて乗り比べて購入決定

ノートe パワーの加速フィーリングに敵無し

ワンペダルも楽しい  そして

ずっと運転していたいと思ったのはノートe パワー

ひと踏み惚れは本当だった

アラウンドビューは絶対付けましょう 駐車の達人になれますよ

ガソリン満タンで1000km走行できます





乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった69人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:123件
  • 累計支持数:1498人
  • ファン数:24人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
精悍なフロントフェイスと流れるようなフォルムのバランスがよく、よくまとまったデザインだと思います。特に「Vモーショングリル」が力強い印象で、全幅169.5cmという狭いコンパクトカーながら、十分な躍動感を演出しています。ここがキリッとしているために、重たいカラーの車体色でもまとまりよく見えるので、このクルマを見た瞬間、直感的に「これならブラックでもいい」と感じました。2012年モデルのガソリン車と比べると、フロントとリアのバンパー形状やグリルが変わった程度なので、それでこれだけスタイリッシュに進化したのは、「運がいい」です。色々な意味で、このクルマには人気車になるべき運のよさが備わっているのだと感じます。

【インテリア】
内装については、多くの方が指摘されているように、いまひとつだと思います。ステアリングホイールとシフトノブ以外は、ガソリン車の2012年モデル発売当初とほとんど変わっておらず、野暮ったさを感じます。ダッシュボードとインパネ周りは、そろそろリニューアルが必要な時期かもしれません。現時点では日本のEV技術を代表するシリーズハイブリッド車なので、ナビやメーター周りなどにもっと先進感があるといいと思います。ただし、アクアと渡り合えるような、大衆エコカーだと思いますので、華美な装備が価格に跳ね返るのは避けてほしいところです。

【エンジン性能】
モーターのダイレクトな加速感は気持ちがいいです。0-3008rpmのどこからでも254N・mの最大トルクが得られるので、車重からしてかなりのビックトルクです。といっても、いざ運転してみると、決してジャジャ馬的な加速感でないことがわかります。踏んだだけスーッと加速していくなめらかな感覚で、ターボラグのある内燃機関より速度のコントロールがしやすく、ジェントルなイメージです。ただし、大排気量のターボ車にあるような、盛り上がるようなドラマチックなトルク感ではありません。実燃費については、ディーラーの営業担当者さんも言っていましたが、国産のHV車にかなわないよそうです。これはパワーバンドを積極的に使ってエンジンで発電するため、燃料をかなり使ってしまうためのようです。確かに、実際にHV車と比較してみたところ、30分くらいの試乗で、フィットHVよりメーター表示の平均燃費は3km/Lくらい低く出ていました。

【走行性能】
走る、止まる、曲がるという点だけで考えれば、すぐれていると思います。モーター駆動によるダイレクトな加減速と、ホイールベースの長さからくる直進安定性の高さ、また、意外にもクイックなステアリングと、ジェントルにもスポーティーにも走れる素養を持ち合わせています。ガソリンエンジンとモーターを搭載しているため、フロントヘビーで取り回しが悪くなるのかとも思いましたが、まったくそんなことはなく、むしろしっかりとした接地感が好印象でした。ただ…、走行性能そのものは高くても、このクルマで気になったのは【乗り心地】です。

【乗り心地】
乗り心地については、最近のコンパクトカーの中でも、よくないほうだと思います。ガソリン車より車高が低いためか、ゴーカートのような走行フィーリングがあり、スポーティーに走るぶんには楽しさがあるかもしれません。ただ、せっかくの静粛なパワートレインを備えているので、ジェントルで快適な乗り心地にも期待したいところです。試乗車はシートの作りがよいMEDALISTでしたが、荒い路面での振動や突き上げも強いので、長距離の走行では疲労感がありそうです。明らかに車体剛性とサスの動きがいま一歩だと思われます。ジェントルな乗り味に近づけるのであれば、14インチタイヤのXグレードを選んだり、標準装着タイヤの「ECOPIA EP150」を、よりグリップ力が高く静粛な「REGNO GR XI」に換えるのも方法かと思います。

【燃費】
30分程度の市街地走行であり、メーターによる平均燃費の表示なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、18km/Lくらいでした。少し重複するルートを、30分強フィットHVで試乗してみたところ、こちらもメーター表示ですが、20.6km/Lと表示されていました。しかも、ノートe-POWERでは平坦で信号待ちの少ない道での走行でしたが、フィットHVではやや長めの坂道や渋滞も含んでいますので、実燃費はHV車のほうがひとつ上なようです。発電用エンジンの改良が、今後の課題になってくるのではないでしょうか。

【価格】
売れ行き絶好調ですので、消費者には支持をされていますが、個人的にはやや高いと感じます。特に、オプションの価格が高すぎるのがいただけません。Xグレードの価格は競合車のフィットHVのFパッケージなどと同等なのに、オプションを付けていくと一気に差が開きます。ナビや、アラウンドビューモニターなどを付けていくと、Xグレードでも200万円台後半に達します。必要最低限のものだけでも230万円くらいなので、その気になれば200万円でも買えるフィットHVより30万円は高いと見込んだ方がよさそうです。ただし、そこは価値観によりけりで、先進のシリーズハイブリッドをひと足早く体験したいのであれば、ほかの車にはない満足感が得られるかもしれません。

【総評】
世界初のシリーズハイブリッド車で、これまでにないような走行フィーリングが得られ、室内はひとクラス上のクルマほど広く、価格帯もなんとか国産コンパクトカーの上位グレードクラスに収まることなど、総合的に考えれば、極めて満足度の高いクルマだと思います。特に、クルマの価値に先進のメカニズムを重視する人には、今のところ唯一無二の存在だと思います。「わが家は高級車よりエコカー」という、ある意味で「見栄っぱり」なご家庭にもピッタリでしょう。だからこそ「爆速」で売れているのではないでしょうか。

比較製品
ホンダ > フィット ハイブリッド 2013年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ノート e-POWER
日産

ノート e-POWER

新車価格帯:193〜308万円

中古車価格帯:64〜259万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <422

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意