『何故バッテリーが大きい事に言及しないのか?』 日産 ノート e-POWER 2016年モデル シリーズパラレル最強さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

『何故バッテリーが大きい事に言及しないのか?』 シリーズパラレル最強さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2
何故バッテリーが大きい事に言及しないのか?

ノート=1.5kWh リチウムイオン 

プリウス=0.745kWh リチウムイオン

アクア=0.500kWh←リチウムイオンでの予想値。

触れてはいけない部分なのか?カージャーナリストがこういった部分に触れないので言及。

モーターフィールを押すのは良いのですが、ライバルより圧倒的にデカイ容量のバッテリーを積んで電動フィールや加速性能、燃費を比較するのはちょっと違和感があります。と言うか当たり前っしょ?

ノートはプリウスの2倍、アクアはリチウムイオンを積んでないのでプリウス比の予想値で3倍程の容量をノートは積んでいる事になります。
ライバルと同容量のバッテリーであの燃費や、走行フィールを達成したのなら「技術の日産」と拍手でしたが、

単にバッテリー容量が大きいだけ・・・
それでいてライバル車と燃費はトントン・・・

おそらくWLTCモードへの対応も単にバッテリーを大きくするだけなんて事もあり得る訳ですが、カージャーナリスト、ユーザーしかりこういった事実を把握した上で燃費や加速を比較しているかは非常に謎。

電池容量で燃費や加速の操作はある程度できます、クルマの良し悪しを判断する為にもこう言う部分にキチンと触れて頂きたいものです。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった109人(再レビュー後:82人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2
何故バッテリーが大きい事に言及しないのか?


ノート=1.5kWh リチウムイオン 

プリウス=0.745kWh リチウムイオン

アクア=0.500kWh←リチウムイオンでの予想値。

触れてはいけない部分なのか?カージャーナリストがこういった部分に触れないので言及。
モーターフィールを押すのは良いのですが、ライバルより圧倒的にデカイ容量のバッテリーを積んで電動フィールや加速性能、燃費を比較するのはちょっと違和感があります。プリウスの2倍、アクアはリチウムイオンを積んでないので予想値。3倍程の容量をノートは積んでいる事になります。
カージャーナリスト、ユーザーしかりこういった事実を把握した上で燃費や加速を比較しているかは非常に謎。電池容量で燃費や加速の操作はある程度できます、クルマの良し悪しを判断する為にもこう言う部分にキチンと触れて頂きたいものです。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった12

満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2
面白いが、走りは決して良くない。

モーターなんで国産コンパクトと考えれば加速性能は割と優秀だと思うが、脚が柔らか過ぎてコーナーでロールが激し過ぎる。ハンドル操作に対しての頭の入りがかなり遅く、切り返しで忙しい。
意外と思ったように曲がらないので勢いでそのままカーブに突っ込むとパニクるので注意。
走りが良いと皆さん言われるが加速性能の事を言いたいのかな?トータルで走りが良いとはちょっと思えませんでした。

ワンペダルはMTのエンブレを再現してるみたいで面白かった。ただ、停止まではやりすぎ。緊急時に物理ブレーキを使わなければいけない関係上、ローターとパッドのコンディションは最低限確保しないとブレーキが効かないなんて事になり兼ねない。せめてクリープぐらいまでに留めておくべき。
追突された後、二次被害になるのも考慮して停車時は強制的にブレーキを使わせるべき。



ノート=1.5kWh リチウムイオン シリーズ式

プリウス=1.31kWh/ 0.745kWh ニッケル水素/リチウムイオン(シリーズ・パラレル方式)

アクア=0.936kwh ニッケル水素 スプリット式(シリーズ・パラレル方式)


ライバルのアクアとバッテリー容量とHVシステムを比較すると上記の通りになる。
ノートはモーターでしか駆動しない為にアクアの1.5倍程のバッテリー容量。ちなみに50プリウスのリチウムイオンバッテリー仕様で比較すると倍の差がある、言い換えればニッケル水素仕様のプリウスの性能をリチウムイオン仕様のプリウスで発揮させるには0.745kWhの容量で十分なのだろう。
これをどう捉えるかは消費者側の問題として。バッテリーが倍の性能を誇っていながらアクアよりも燃費が悪くなるのはやはりシリーズHVの弱点であろうか?この部分は事実として受け止めておく必要があると思う。
個人的にはあえてシリーズHVを採用したとしてもフェイルセーフ的に考えればエンジン直結は必要と考える、なんらかの理由でバッテリーから電力が供給できないなんて事もなきにしろあらずだからだ。その上でシリーズHVを選択したならば私の評価はかなり高かったはず。

モーター駆動のフィーリングは確かに新鮮なのだが、ノートの場合バッテリー容量にかなりのアドバンテージあるのは上記の通りである。
日産が今後、何が怖いのかと言うとホンダやトヨタが有しているシステムは、その気持ち良いフィーリングの「シリーズHV」を網羅している点にある。今現在はコストとバッテリー容量の関係でそのフィールは実現していないのかもしれないが、バッテリ容量が大きくなれば実現は必至だ。というか元々そういう方向に味付けするつもりのシステムであるはず。
日産が早々にBセグHVで大きめのLiバッテリー搭載出来た理由は利益を無視したからではないだろうか?今日報道されているニュースで日産の業績を見て私はそう推測する。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2
面白いが、走りは決して良くない。

モーターなんで国産コンパクトと考えれば加速性能は割と優秀だと思うが、脚が柔らか過ぎてコーナーでロールが激し過ぎる。ハンドル操作に対しての頭の入りがかなり遅く、切り返しで忙しい。
意外と思ったように曲がらないので勢いでそのままカーブに突っ込むとパニクるので注意。
走りが良いと皆さん言われるが加速性能の事を言いたいのかな?トータルで走りが良いとはちょっと思えませんでした。

ワンペダルはMTのエンブレを再現してるみたいで面白かった。ただ、停止まではやりすぎ。緊急時に物理ブレーキを使わなければいけない関係上、ローターとパッドのコンディションは最低限確保しないとブレーキが効かないなんて事になり兼ねない。せめてクリープぐらいまでに留めておくべき。
追突された後、二次被害になるのも考慮して停車時は強制的にブレーキを使わせるべき。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「ノート e-POWER 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ノート e-POWER
日産

ノート e-POWER

新車価格:193〜308万円

中古車価格:52〜250万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <423

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ノートe-POWERの中古車 (2,623物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意