『e-POWER X を2年間乗ってみて』 日産 ノート e-POWER 2016年モデル さっぱりワヤやがなさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

『e-POWER X を2年間乗ってみて』 さっぱりワヤやがなさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

さっぱりワヤやがなさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:192人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
346件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
71件
タブレットPC
1件
47件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
e-POWER X を2年間乗ってみて

(”e-POWER X を1年間乗ってみて”の再レビュー)

<2年間2万キロ走行しての評価>
【印象】
”運転するのが楽しくなる面白いクルマ" です。

気分転換やストレス解消も兼ねて用もないのに、アチコチころがしています。
100〜200円のガソリン代で1時間も乗り回せ、遊園地の乗り物より格安に楽しめます。
キレッキレの加速が爽快で、精神衛生上の効果もあり最高のクルマです。


【燃費】
<年間満タン法実燃費 23.5km/L> 
・最高 26.1km/L、最低 18.7km/L 走行距離 2万キロ
 (主にSモードでワンペダル走行)

<高速燃費>
・最高 約26km/L、最低 約23km/L 走行距離 3千ロ位
 (高速燃費は、コツをつかんでから格段に向上しました。Dレンジ)


【価格】
安いです。
ごく普通の小型車なのに、別格の加速性能を秘めてました。
試乗してこのアンバランスさと、大衆HV車並みの価格で速攻購入しました。


【エクステリア】
横からの姿が好きです。”羊の皮を被った狼”感が堪りません。
フロントは、ひと目でe-POWERと分かるV字のブルーラインが気に入ってます。

【インテリア】
ハンドルが機能的で気に入ってます。
小窓が前後適切にあり視界が広く死角が少なく運転しやすいです。


【特長と気に入っているのは】
1.発進加速が断トツかつシームレスで爽快です。車線変更、本線合流や高速追い越しが楽々です。
(100%モーター駆動車:速度0から最大トルク発進は、ガソリン車にはマネできません。)

2.ブレーキへの踏み替え動作が不要で、長距離を走っても足は大丈夫です。
(ワンペダル走行:アクセルペダルのみで発進から停止までカバー出来るのは俊逸です。)

3.死角が見えるので狭い抜け道走行やバックも安心。どんな細い山越え道も行けるようになりました。
(アラウンドビューモニター:走行中の左前輪周辺モニターが素晴らしい。下手な助手席より頼りになります。)


【気に入ってるモード】
・一般走行時:Sモード
・高速巡航時:ノーマルモードDレンジ
・信号のない道路快走時:ノーマルモードDレンジ


【各モードの評価】
・Sモード:(ワンペダル走行可能です)
万能で気に入って常用してます。
加速も抜群にいいし回生減速でワンペダル停止までできるので、運転が楽です。
エンジン発電の起動や停止はアクセルワークで可能です。ギアチェンジ感覚で面白いです。
   
・ノーマルモードDレンジ:(惰性走行しやすいです)
基本的に停止動作は油圧ブレーキですので、ワンペダル走行は出来ません。燃費的には不利です。
しかし、
高速道巡航時は空気抵抗でワンペダル走行が可能です。燃費マジックの惰性走行もやりやすいので常用しています。
一般道の郊外などの無信号無停車の連続走行路でも時々使っています。
  
・ノーマルモードBレンジ(ほとんど使いません)
必要時はDレンジからモード切替でSモードにすることが多いです。  

・ECOモード(ほとんど使いません)
加速が鈍く、以前後続車に車間を詰められたりしたのでやめました。
  


----------------------<以下、参考まで>----------------------------

【燃費を良くする我流運転方法】
(考え方:ガソリン消費時間減と回生失効防止)

・基本は、Sモード/(高速はDレンジ)
1.加速と走行は、
・エンジン発電停止時:出来るだけEV走で引っ張って走行。(エンジンをどこまで起動させないかが腕の見せどころ)
・エンジン発電稼働時:定速2360回転付近の効率の良い加速域で一気に所定速度に上げてエンジン発電停止させる。 
(考え方:エンジン稼働時間が長いとガソリン消費時間が増え → 燃費悪化)

2.減速と停止は、
・惰性走行で出来るだけ引っ張る。(回生を使わず、自然減速がベスト)
・回生ブレーキで減速停止する。(油圧ブレーキは緊急時のみ使用する)  
(考え方:回生失効や摩擦ブレーキ使用は走行エネルギーを無駄に捨てる→燃費悪化)

3.エンジンは、
・可能な限りアクセルワークで発電を止め、ガソリン消費時間を減らす。
・クルマ任せにすると発電量が余剰気味になるので、回生失効しやすくなる。
(考え方:余剰充電→満充電→回生失効→エンジンカラ回転(回生電力の廃棄)→燃費悪化)


・冬場の燃費
1.暖房方法
 エンジンが十分暖機されるまでエアコンを切る。(走行によるエンジン発電余熱の自然暖機が望ましい)
 その間、シートヒーターで凌ぐ。(シートヒーターはすぐに暖かくなり案外好評。)
 2シーズンの燃費実績は通年と変わらない23km/Lくらい。

・夏場の冷房
1.冷房エアコンは電動コンプレッサーなのですぐに良く冷える。もちろん好評。
 設定温度は26℃、風量1〜3だと、燃費は20〜23km/Lくらい。
 外気温40℃位のこの夏は、風量自動にすると電動コンプレッサーが凄い勢いで回りました。
 車内は涼しく快適で好評でしたが、燃費は過去最悪18km/L台にまで落ちた。 


(紆余曲折してたどり着いた現時点での我流の方法です。もっといい方法や改良の余地はあると思います。)
--------------------------------------------------

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
京都府

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった162人(再レビュー後:66人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
e-POWER X を1年間乗ってみて

<1年間走行しての評価>

印象:”運転するのが楽しくなる面白いクルマ" 
   ひまつぶし、ストレス解消も兼ねて遠回りして出かけることが多くなりました。
   (年間走行距離:例年 3000km → e-POWER 9000km と3倍増)

燃費:平均実燃費 22.9km/L 
   (最高 25.3km/L秋季、最低 20.4km/L夏季 走行距離 約9千キロ)
   燃費は乗り方、気温、エアコンや暖房に大きく依存しますが、
   私の目標20km/Lをオールシーズンクリアして満足です。

価格:この性能で200万円は安い
   (電気自動車の半値、大衆HV車並みの価格設定)



<特長と気に入っているのは>

1.発進加速が、断トツかつシームレスで爽快
  (速度0から最大トルクで発進:大容量モーター駆動の特長)
2.面倒くさいブレーキペダルへの踏み替え動作が、不要
  (ワンペダル走行:アクセルペダルのみで発進から停止までカバー)
3.死角が見えるので狭い離合道走行も安心
  (走行中の左前輪周辺モニターが秀逸:アラウンドビューモニター)



<気に入ったモード>

・通常走行時:Sモード
・高速巡航時:ノーマルモードDレンジ



<各モードの評価>

・Sモードは
  万能で気に入って常用してる。
  加速も抜群にいいし、回生減速でワンペダル停止までできるので、運転が楽。
  エンジン発電の起動や停止がある程度制御できるので、
  燃費も稼ぎやすくかつメリハリのあるドライブが楽しめる。
  後続車に煽られない(煽れない)
 (追随するとe-POWER 独特の俊足加速・無点灯回生減速運転で、煽りが困難。)

・ノーマルモードDレンジ
  一般道走行ではブレーキ動作必須で、
  踏み替えがめんどくさいのと走行エネルギーを捨てるので不経済。
  一方、高速道巡航時はアクセルに神経使わず惰走がやりやすいので、
  省エネ的にも有利で常用している。

・ノーマルモードBレンジは
  ノーマルモードDレンジ走行中の減速用(エンジンブレーキ的使用)だが、
  Dレンジへの戻し忘れが多く、Sモードで代用することが多い。

・ECOモード
  加速が鈍く、後続車に車間を詰められたり引き離しが難しくストレスが溜まる。
  エコランには努力が必要だがその割には、Sモードと燃費は大して変わらないように思う。
 (JC08モード等のある条件下では非常に燃費がいい(40〜50km/L)のは確認したが、なかなか都合のいい交通状況には恵まれないのが現実。)



<安全運転上役に立った装備:e-POWER X>

オプション
1.アラウンドビューモニター
2.踏み間違い防止
3.フロントバックソナー



<必須装備>

社外品
1.電気座布団orシートヒーター
2.ランバーサポート



<燃費を良くする運転方法(経験則)>

・好燃費運転3原則(Sモード)

1.加速は、手早く短時間で所定速度に 
   (だらだらと加速時間が長いと過剰発電分→無駄に充電)
2.減速は、回生ブレーキですること  
   (回生ブレーキでエネルギー回収、摩擦ブレーキはエネルギーのロス)
3.エンジンは、可能な限りアクセルワークで止める 
   (過剰発電分→無駄に充電:アクセルを数秒踏み込み離してエンジンを止める)

・暖房
1.最初はシートヒーター等電熱(速暖性、経済的)使用が賢い
2.エンジンが十分暖まってから必要に応じ暖風
3.ガラスが曇り出したら、エアコン



<騒音について>
気にする人は気にするようですが、私は気にしたことはない。
ただ、ECOモードで走ったときダラダラ加速するとエンジンが回り続ける傾向にあるような気がします。
メリハリのある加速をして、必要な時にエンジンを回し、そうでない時はエンジンを可能な限り止める運転(アクセル操作)をしたほうが良いと思うのでそうしています。
また、エンジンが回ると過剰電力がバッテリー充電に向かい満充電しかねませんので、(回生が使えない)
必要でない時は可能な限りアクセル操作でエンジンを止めた方がいいと思います。
(エンジン稼働条件を満たしている場合は、アクセル操作してもエンジン停止出来ない場合があります。)




<実燃費記録>
(満タン給油日、実燃費、走行距離)

0.H28 11/29:(納車)

1.H29 1/4 :23.0km/L  850km

2.   2/21:22.4km/L  750km

3.   3/17:24.7km/L  904km

4.   5/3 :24.7km/L 882km

5.   6/15:22.6km/L  761km

6.   7/26:20.8km/L  715km

7.   8/8 :22.0km/L  749km

8.   9/3 :20.4km/L  702km ←最低(フル冷房) 

9.  10/26:23.3km/L  853km

10. 11/16:25.3km/L  861km ←最高    

11.H30 1/10:22.5km/L  762km

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

年間平均実燃費:22.9km/L 走行距離:8800km (11回総給油量:383.8L)

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
京都府

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった88

満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
e-POWER X を1年間乗ってみて

<1年間走行しての評価>

印象:”運転するのが楽しくなる面白いクルマ" 
   ひまつぶし、ストレス解消も兼ねて遠回りして出かけることが多くなりました。
   (年間走行距離:例年 3000km → e-POWER 9000km と3倍増)

燃費:平均実燃費 22.9km/L 
   (最高 25.3km/L秋季、最低 20.4km/L夏季 走行距離 約9千キロ)
   燃費は乗り方、気温、エアコンや暖房に大きく依存しますが、
   私の目標20km/Lをオールシーズンクリアして満足です。

価格:この性能で200万円は安い
   (電気自動車の半値、大衆HV車並みの価格設定)



<特長と気に入っているのは>

1.発進加速が、断トツかつシームレスで爽快
  (速度0から最大トルクで発進:大容量モーター駆動特性)
2.面倒くさいブレーキペダルへの踏み替え動作が、不要
  (ワンペダル走行:アクセルペダルのみで発進から停止までカバー)
3.死角が見えるので狭い離合道走行も安心
  (走行中の左前輪周辺モニターが秀逸:アラウンドビューモニター)



<気に入ったモード>

・通常走行時:Sモード
・高速巡航時:ノーマルモードDレンジ



<各モードの評価>

・Sモードは
  万能で気に入って常用してる。
  加速も抜群にいいし、回生減速でワンペダル停止までできるので、運転が楽。
  エンジン発電の起動や停止がある程度制御できるので、
  燃費も稼ぎやすくかつメリハリのあるドライブが楽しめる。
  後続車に煽られない(煽れない)
 (追随するとe-POWER 独特の俊足加速・無点灯回生減速運転で、煽りが困難。)

・ノーマルモードDレンジ
  一般道走行ではブレーキ動作必須で、
  踏み替えがめんどくさいのと走行エネルギーをほかすので不経済。
  一方、高速道巡航時はアクセルに神経使わず惰走がやりやすいので、
  省エネ的にも有利で常用している。

・ノーマルモードBレンジは
  ノーマルモードDレンジ走行中の減速用(エンジンブレーキ的使用)だが、
  Dレンジへの戻し忘れが多く、Sモードで代用することが多い。

・ECOモード
  加速が鈍く、後続車に車間を詰められたり引き離しが難しくストレスが溜まる。
  エコランには努力が必要だがその割には、Sモードと燃費は大して変わらないように思う。
 (JC08モード等のある条件下では非常に燃費がいい(40〜50km/L)のは確認したが、なかなか都合のいい交通状況には恵まれないのが現実。)



<安全運転上役に立った装備:e-POWER X>

オプション
1.アラウンドビューモニター
2.踏み間違い防止
3.フロントバックソナー



<必須装備>

社外品
1.電気座布団orシートヒーター
2.ランバーサポート



<燃費を良くする運転方法(経験則)>

・好燃費運転3原則(Sモード)

1.加速は、手早く短時間で所定速度に 
   (だらだらと加速時間が長いと過剰発電分→無駄に充電)
2.減速は、出来るだけゆっくりと回生ブレーキで  
   (回生充電は急速だと電池内部抵抗損失大)
3.エンジンは、可能な限りアクセルワークで止める 
   (過剰発電分→無駄に充電:アクセルを数秒踏んで離してエンジンを止める)

・暖房
1.最初はシートヒーター等電熱(速暖性、経済的)使用が賢い
2.エンジンが十分暖まってから必要に応じ暖風
3.ガラスが曇り出したら、エアコン



<騒音について>
気にする人は気にするようですが、私は気にしたことはない。
ただ、ECOモードで走ったときダラダラ加速するとエンジンが回り続ける傾向にあるような気がします。
メリハリのある加速をして、必要な時にエンジンを回し、そうでない時はエンジンを可能な限り止める運転(アクセル操作)をしたほうが良いと思うのでそうしています。
また、エンジンが回ると過剰電力がバッテリー充電に向かい満充電しかねませんので、(回生が使えない)
必要でない時は可能な限りアクセル操作でエンジンを止めた方がいいと思います。
(エンジン稼働条件を満たしている場合は、アクセル操作してもエンジン停止出来ない場合があります。)




<実燃費記録>
(満タン給油日、実燃費、走行距離)

0.H28 11/29:(納車)

1.H29 1/4 :23.0km/L  850km

2.  2/21:22.4km/L  750km

3. 3/17:24.7km/L  904km

4. 5/3 :24.7km/L 882km

5. 6/15:22.6km/L  761km

6. 7/26:20.8km/L  715km

7. 8/8 :22.0km/L  749km

8. 9/3 :20.4km/L  702km ←最低(フル冷房) 

9. 10/26:23.3km/L  853km

10. 11/16:25.3km/L  861km ←最高    

11.H30 1/10:22.5km/L  762km

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

年間平均実燃費:22.9km/L 8800km (11回給油量:383.8L)

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
京都府

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「ノート e-POWER 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
e-POWERニスモ買いました  5 2022年4月30日 11:18
乗れる“ラジコンカー”  3 2022年1月24日 13:07
正義のワンペダル  5 2022年1月20日 17:47
エコモードでの運転が難しい  3 2022年1月18日 21:25
オーラニスモと違う魅力  4 2022年1月18日 16:29
ハイブリッドコンパクトカーの中の王者  5 2022年1月6日 01:40
ワンペダルドライブはやはり面白い。中古は手頃でお勧め  4 2021年10月25日 19:59
燃費、良いですね。  4 2021年10月24日 12:37
NOTE NISMO e-power 4年乗った感想  3 2021年10月3日 16:33
まるでスポーツカー  4 2021年8月24日 19:08

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:216人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ノート e-POWER 2016年モデル
日産

ノート e-POWER 2016年モデル

新車価格:177〜308万円

中古車価格:44〜259万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <585

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ノートe-POWERの中古車 (全2モデル/3,377物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意