日産 ノート e-POWER 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ノート e-POWER 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X FOUR シーギア リミテッド 2018年12月10日 特別仕様車 1人
NISMO S 2018年9月25日 マイナーチェンジ 7人
MEDALIST 2018年7月5日 マイナーチェンジ 5人
MEDALIST X FOUR 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
S 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
X 2018年7月5日 マイナーチェンジ 4人
X ブラックアロー 2018年7月5日 マイナーチェンジ 1人
シーギア 2017年10月30日 特別仕様車 1人
NISMO 2017年10月17日 マイナーチェンジ 6人
MEDALIST 2017年9月1日 マイナーチェンジ 8人
MEDALIST ブラックアロー 2017年9月1日 マイナーチェンジ 1人
S 2017年9月1日 マイナーチェンジ 2人
X 2017年9月1日 マイナーチェンジ 7人
X ブラックアロー 2017年9月1日 マイナーチェンジ 1人
NISMO 2016年12月12日 マイナーチェンジ 15人
X モード・プレミア 2016年12月12日 ニューモデル 8人
MEDALIST 2016年11月2日 ニューモデル 35人
S 2016年11月2日 ニューモデル 4人
X 2016年11月2日 ニューモデル 42人
満足度:4.01
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:184人 (プロ:2人 試乗:80人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.86 4.34 130位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.20 3.93 146位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.34 4.13 43位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.29 4.21 68位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.81 4.05 109位
燃費 燃費の満足度 4.10 3.89 78位
価格 総合的な価格の妥当性 3.64 3.88 116位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能無評価
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

レンタカーで市街地、山道、高速道路を走行しましたので再レビュー。
普段は他社のハイブリッドに乗っています。

【エクステリア】
視界がよく取り回しのしやすさを感じました。
最新型ではXにもアルミホイールが標準装備になりました。初期型では14インチのホイールカバーで、見た目にも貧相で質感を大きく落としていたと思っていましたので良い改良点だと思います。


【インテリア】
全体的に質感の低さを強く感じます。これに200万も出すのは・・・と思うレベル。
インパネが曲線で構成されており、平面な部分が全くと言っていいほどないので、市販のスマホホルダーやレーダー探知機の類を設置するのが難しそうです。
〇 スマートルームミラー
  日中夜間を問わず視認性は良好で、アラウンドビューモニターの映像や、センサーの警告がここに表示されるのもわかりやすいと感じました。
〇 自発光式メーター
  他社コンパクトカーと比べると明るく、表示が大きく見やすく、ノートの内装で唯一コストがかけられていると思う点です。
△ 冷房のスイッチ・吹出口
  キューブ以来多車種に流用が続いているエアコンのスイッチは使いづらく、無駄に場所を取っているように感じます。
  冷房の吹出口も細かい調整ができないのが困ります。
× シート
  シートが小ぶりで長時間の乗車は辛いです。シートリフターは今どき座面のみ上下するタイプ、テレコピックステアリングもないのでドラポジを合わせるのに苦労します。
  後席も、足元だけは広いですがシートの出来は並みのコンパクトカーと同等レベルです。
× ルームランプ
  あまりにも貧相でびっくりしました。マップランプがなく、小さなルームランプがルームミラーのところと車内中央に各1つずつ。


【エンジン性能】
最も効率の良い回転数で頻繁に回るのでうるさいです。

【走行性能】
低速〜高速域まで、コンパクトカーとは思えない加速です。
ワンペダルを売りにしていますが、慣れないうちは速度を維持するのが難しく、減速もギクシャクします。
回生ブレーキを有効にするにはワンペダルでの走行が必須となってしまうのがとても面倒で、他社ハイブリッド車のようにフットブレーキに回生協調制御を入れなかったのが残念です。

【乗り心地】
車重が重くなったためか、前期のノートより良く、安定性が向上しています。
ただし、シートはいまいちです。

【燃費】
1名乗車・市街地・高速・山道を走り、常時エアコンONの状態で22km/l程度でした。

【価格】
基本設計が古いだけに割高感があります。

【総評】
内装がチープで割高感がありますが、それを差し引いても走行性能に魅力を感じればアリな選択だと思います。
「MEDALIST」にすればそこそこの満足感は得られると思いますが、プリウスやカローラに価格帯がかなり近くなってしまうのが難しいところ。
個人的には、誇大広告スレスレのCMが気に入りません。

レビュー対象車
試乗

参考になった120人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シリーズパラレル最強さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2

モーターなんで国産コンパクトと考えれば加速性能は割と優秀だと思うが、脚が柔らか過ぎてコーナーでロールが激し過ぎる。ハンドル操作に対しての頭の入りがかなり遅く、切り返しで忙しい。
意外と思ったように曲がらないので勢いでそのままカーブに突っ込むとパニクるので注意。
走りが良いと皆さん言われるが加速性能の事を言いたいのかな?トータルで走りが良いとはちょっと思えませんでした。

ワンペダルはMTのエンブレを再現してるみたいで面白かった。ただ、停止まではやりすぎ。緊急時に物理ブレーキを使わなければいけない関係上、ローターとパッドのコンディションは最低限確保しないとブレーキが効かないなんて事になり兼ねない。せめてクリープぐらいまでに留めておくべき。
追突された後、二次被害になるのも考慮して停車時は強制的にブレーキを使わせるべき。



ノート=1.5kWh リチウムイオン シリーズ式

プリウス=1.31kWh/ 0.745kWh ニッケル水素/リチウムイオン(シリーズ・パラレル方式)

アクア=0.936kwh ニッケル水素 スプリット式(シリーズ・パラレル方式)


ライバルのアクアとバッテリー容量とHVシステムを比較すると上記の通りになる。
ノートはモーターでしか駆動しない為にアクアの1.5倍程のバッテリー容量。ちなみに50プリウスのリチウムイオンバッテリー仕様で比較すると倍の差がある、言い換えればニッケル水素仕様のプリウスの性能をリチウムイオン仕様のプリウスで発揮させるには0.745kWhの容量で十分なのだろう。
これをどう捉えるかは消費者側の問題として。バッテリーが倍の性能を誇っていながらアクアよりも燃費が悪くなるのはやはりシリーズHVの弱点であろうか?この部分は事実として受け止めておく必要があると思う。
個人的にはあえてシリーズHVを採用したとしてもフェイルセーフ的に考えればエンジン直結は必要と考える、なんらかの理由でバッテリーから電力が供給できないなんて事もなきにしろあらずだからだ。その上でシリーズHVを選択したならば私の評価はかなり高かったはず。

モーター駆動のフィーリングは確かに新鮮なのだが、ノートの場合バッテリー容量にかなりのアドバンテージあるのは上記の通りである。
日産が今後、何が怖いのかと言うとホンダやトヨタが有しているシステムは、その気持ち良いフィーリングの「シリーズHV」を網羅している点にある。今現在はコストとバッテリー容量の関係でそのフィールは実現していないのかもしれないが、バッテリ容量が大きくなれば実現は必至だ。というか元々そういう方向に味付けするつもりのシステムであるはず。
日産が早々にBセグHVで大きめのLiバッテリー搭載出来た理由は利益を無視したからではないだろうか?今日報道されているニュースで日産の業績を見て私はそう推測する。

レビュー対象車
試乗

参考になった15人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

motolinさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

レンタカーを6時間借りて200Kmばかり走ってみました。走行距離をみると600Kmくらいでした。
加速、乗り心地、スタイル等に不満はありません。ただ、上り坂道でエンジンがパタパタと異音を発しました。アクセルをちょっと緩めると音がしなくなるのでエンジンに過負荷が掛かっていると感じました。
せっかくいい車」を作られたのにもったいない感じがします。
エンジンを駆動系に使用していないので、フライホイールをつけてエンジンの回転を安定されたらいいと思います。
矢沢永吉が好きなので、購入したかったのですが残念です。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はくとーまんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
13件
クレジットカード
1件
1件
プリンタ
0件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

【エクステリア】
少し古く感じる
【インテリア】
ドリンクホルダーが使いづらい
エアコンの吹き出し口も後付けのドリンクホルダーとか付けれない
後付けHDMI端子がグローブボックスの中にコード束ねてるだけなのは収まりが悪い!
【エンジン性能】
レスポンスが良くのりやすい
【走行性能】
ケチってプロパイロット付けなかったので長距離はテールランプ光るのを気にして、アクセルの踏み直しなど出来ない
【乗り心地】
後部座席は、座面の長さが短いのか?腰が痛くなってくる
【燃費】
通常は26km/l
夏場はエアコンケチりながら20km/l
冬場は暖房26度設定で15km/l
【価格】
高い
値引き額は覚えてません
【総評】
経済的な事を考えたら、アクアとかの方が良かったかも
一年経っての後悔はプロパイロット付けなかった事
HDMI端子が後付けで1万位するのは高過ぎる!最近使おうと思ったら反応無し、今度購入店に見てもらう予定!

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
岩手県

新車価格
190万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

陽気なタロウさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格3

試乗したみた感想です。(実は、夏頃に新車購入を検討していた時に試乗したレビューが、下書きで放置状態で、今更消すのも何でしたので、投稿させてもらいます)
親戚所有のスーパーチャージャー仕様、また販売台数トップを争うトヨタのHV車プリウス、アクアとも比較してみます。
(なお、若干評価項目を変更しております)

【エクステリア】☆☆☆☆
 好みの問題と断っておきますが、私はあまり好きでないデザイン。e-POWER導入時のMCで、フロントのV字を強調するデザインに変更されましたが、前の方が好きでした。角度によってはフロントが間延びして見え、不格好に感じてしまう。
 それでもプリウスよりは無難なデザインですし、老若男女誰が乗っても違和感のないデザインなのは良いところ。

【インテリア】☆☆
 これも私とセンスが合わない。円形のエアコンパネルやドアノブの形状等が好きになれませんでした。これらが内装の質感を下げているように感じたのは私だけでしょうか?また、2012年から発売しているモデルなので、全体的に古くさい感じは否めない。アクアはノートと同じくらいのロングモデルの割に、ノートほど嫌には感じませんでした。
 収納スペースが乏しいのは、3車とも同じでしたね。

【エンジン性能】☆☆☆☆
 静かにスーッと加速していくのは好き。スーパーチャージャーは踏み込んだときのエンジンがとにかく煩く、正直言って酷いものだと思いました(もっとも、そういうものなんでしょうが)。
 パワーに関しても優秀。残念ながらノートで高速を走っていないので、細かいことは言えないが、アクアのような「頑張ってる感」は確実に感じさせないと思う。

【室内空間】☆☆☆☆☆
 他社のライバル車と比較して、気持ち長い全長を生かした車内空間は魅力的。アクア、プリウスに関しては燃費重視のため、後部座席が窮屈で乗り込みにくい。特にアクアは成人男性が座ると、頭上も膝前空間も余裕がゼロに等しい。それに比べれば、全高1550mm以下のコンパクトカーでは乗りやすい。

【乗り心地】☆☆☆☆
 コンパクトカーにしては良い方。シートもゆったりめで、固さも個人的にはちょうどよく感じた。助手席も後席も足元に余裕があるので、これも疲れを感じさせにくい。

【価格】☆☆☆
 装備が違うので単純比較できないが、アクア(Gグレード)とプリウス(Sセーフティープラス)の間の価格となった。他にもコンパクトカーを見積もりとってもらったが、最近のコンパクトカーはノートに限らず高い気がします。

【総評】
 販売台数で、トヨタのアクア・プリウスと共に上位につくモデルだったので、試乗してみた。
 ノートの2車との比較での優位性は、やはり室内(後部座席)。ここは優秀だと思う。あとはe-POWERというシステムの目新しさがウケているのだろう。ただ、古いモデルゆえ内装の質感や装備面で劣る点が多いと感じた。アクアもノートと同じくらい息の長いモデルですが、アクアの方が時代遅れにならないよう努力している気がした。
 ノートが古いモデルなのに売れる理由も分かるが、同時にこの3車の販売台数が拮抗している(1車種が大きく引き離せない)理由も分かる気がします。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あまえびおるたさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:111人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地2
燃費無評価
価格2

昨年ですが実家の車買い替えのディーラー巡りに付き合って試乗も一緒にしたので僭越ながらレビューしたいと思います。対抗はフィットハイブリッドLで購入もフィットになりました
【エクステリア】
Vモーションはあまり好みではありませんが新型アルティマ(北米版ティアナ)のようになったら少しは格好良くなると思います。ニスモはちょっと主張が激しいかな?(カラーによるかもしれませんが)
【インテリア】
まぁ、ノートですね。先代のノートを代車で一週間ほど借りていた時がありましたが、質感は流石に上がってはいましたが、クラスは超えていないです。
【エンジン性能】
街乗りは最高でしょう。これは高出力モーターの特権ですね。都市部の方や速度レンジが高いものの高速道路走行をほとんどしない方には向いていますね
【走行性能】
ニスモなのでクイックでスポーティさは抜群です。メダリストにものりましたが、ニスモの方が元気が良かったです(そりゃそうか)
【乗り心地】
運転してる分にはそこまで嫌悪感を抱く場面はなかったです。しかし、ニスモはノーマルよりサスが硬いので後席に乗りましたがちょっと辛いです。ワンペダルもなかなか試乗中には運転しても後席にいても慣れませんでした。制動力が強すぎやしないですかね?
【燃費】
試乗の為無評価とさせていただきます
【価格】
見積もりを貰いましたが、高くないですかね?メダリストでも高いと思いました。必要な物だけつけても僕のシャトルHVと大差ないような………。I−MMDの下位システムと見てしまうとやっぱり
【総評】
運転感覚はすごくスポーティで楽しいのは確かです。しかし、システムこそ日産の中では新しいもののノート本体がその性能を活かすには少し古い気もします。乗り心地の悪さなどが。この部分をフルモデルに期待したいですし、できれば後席のダイブダウンで段差がなければ購入対象に入っていたかもしれません。乗り心地、ユーティリティはフィットに軍配でしたのでこの度は契約には至らなかったそうです

レビュー対象車
試乗

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トラップ大佐さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
28件
スマートフォン
0件
11件
カーナビ
0件
3件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格4

【エクステリア】
今風のコンパクトカーデザイン
【インテリア】
サッパリし過ぎ感
エアコンスイッチ周りは謎デザイン
【エンジン性能】
他社のハイブリッドに比べるとパワーは感じる
燃費向上運転は他社は
特別な事をしなくても良いのに比べると
テクニックを要する
【走行性能】

【乗り心地】

【燃費】
悪い
【価格】
割高感は感じる
【総評】
息子が大学入学時に買い与えたPRIUSから
大学院生になり又買い与えたましたが
車内の広さは満足ですが
本当に燃費・・・思いの外悪し
娘の軽自動車の方が燃費に関しては上

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
大阪府

新車価格
246万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

世界のサムライさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格4

【エクステリア】
 違和感なくいい感じ


【インテリア】
 シフトレバーのデザインに違和感あり、使いにくい

【エンジン性能】
 動力性能抜群 0-100 約7.0秒は以前乗っていたPOLO1.4スーパーチャージャーターボーと同等
 

【走行性能】
 1、市街は何ら問題なくスムーズ
 2、峠は50Kmの速度一定できついコーナー含めて上り坂を走行
   結果 きついコーナーでタイヤが鳴きまくる S字で揺れ返しがひどい
   Xグレードは峠向きではないです 
 3、高速は上り坂の追い越し 含めてsモードであれば問題なし
   ノーマルモードは物足りないが回生ブレーキが利かない分 高速の一定走行に向いている
   モードが切り替えボタンのみでワーゲン BMWのようにシフトレバーで瞬時に切り替えられないのが
   残念である

【乗り心地】
    コーナーが多い道は最悪
    高速の直進安定性はいまいち
    市街地では問題ない
   
【燃費】
   市街と峠 各25kmと残り高速 185km走行して 15.5KM/lでした


【価格】
   性能相応


【総評】
  動力性能が高いだけに足回りが残念で、Sモードの走行性が抜群なだけにシフトレバーが残念です
  そうかんがえるとニスモ仕様がバランスがよいのかなぁと思った

  





レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

稲城のスイマーさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

旧型シエンタ(燃費;8キロ前後)の乗り換え候補として試乗しました。
23区内でチョイ乗りの街乗り専用車として、経済性と4人が乗れる居住性、
買い物しても荷物がたくさん載せられる
いまどきの先進装備がついた安全・安心な車を探しました。

【エクステリア】
ノートのマイナーチェンジ版ですが、Vモーションでは最も成功したフロントデザインではないでしょうか。
整形をした割に違和感が感じられません。
また必要以上に大きなグリルではなく、それなりに品位が保たれています。
基本的に古い設計ですが、全体的には実用性を重視したオーソドックスなデザインで悪くないと思います。
個人的にはオリジナルのデザインよりも良いと思います。

【インテリア】
Xはインテリアは100万円前半で買えるコンパクトカーそのもので質感は低いです。
特にエアコン周りのデザインは古さをもっとも感じられる箇所で使いづらそうです。
この辺は、設計の古さがもろに出ています。

試乗したメダリストだとやや質感はかなり上がりますが、所々安っぽさは残ります。
最新のライバルと比べて見劣りすることころでしょう。
個人的にはメダリストなら独特の色使いが魅力的なところもありますが、感激するほどではありません。

ただし、室内は広く、ラゲッジスペースも良好です。
その点は、最大のライバルと比べると非常に優れております。
もう一つのライバルと比べると、一長一短でしょうか。

もしあと数年現行のままでしたら、インテリア一新して質感を現代レベルに引き上げれば
商品の価値は維持できると思います。

【エンジン性能】
あまり良い音とは思えないエンジン音です。
この点は次回の課題と思いますが、あくまでもコンパクトカーなのでどこまでできるか。
また車速とエンジン回転数とは関係ないので、
このエンジンは発電機!!
と頭に入れておけば違和感は感じられません。

【走行性能】
車重がある旧型リーフと同じモーターに軽量ボディなのでとても良いです。
街乗りも快適でスイスイとクルマが思うように動くので、その点が気に入ればライバル不在かもしれません。
レスポンスが大変良く、滑らかな走行感覚は素晴らしいものがあり、ガソリン車には味わえない楽しさがあります。
簡単にいうと、
速いのに上品な走りである
ということです。
また低速からのトルクの強さもポイントです。
ディーゼルのトルクの出方とはまた違った感覚です。
高速は未試乗ですが、リーフのモーターと車重を加味すると
初代リーフよりも良いと思われます。

【乗り心地】
悪くないと思いますが、特別良くもありません。
設計の古さを考慮すると上出来かもしれませんが、この点も次回作に期待です。

【燃費】
冬の試乗。エアコンを入れて街乗りの試乗で約20キロでした。これだけもてば問題ありません。
今回試乗した中ではトップクラスでした。
ただ渋滞が多い状況でエアコンを使い続ければ、悪化することが想定されます。

【価格】
日産において国内で数少ない主力製品なので、古い設計のわりには先進装備や安全装備が充実しております。
またマイナーチェンジで性能や装備を上げています。
容量大きめのバッテリーや高速域までカバーできる高価なモーターの搭載を考慮すると高く感じません。

勿論、オプションを満載するとかなり高価になりますが、スポイラー等、
あまり必要とは思えないものをつけると高くなるのは当たり前です。

【総評】
最新型ならそれなりに使えるACCも付いており、高速道路でも結構快適に乗れることでしょう。
壊れると厄介なミッションがないので、バッテリーさえ持てば長く乗れると思います。

モーター駆動とエンジン駆動では、感覚がだいぶ異なるので、モーター駆動に魅力を感じるかどうかでしょう。
ガソリンエンジンを回して快感を得たい人には向いてないと思います。
室内は広く、ラゲッジスペースも良好で、とても高い実用的なボディを持ちながら、動力性能が高いのが魅力です。
乗り心地はクラスの標準でエンジン音はそれなりにします。室内の質感はメダリストでまぁまぁの出来です。
そこがあまり問題ないと思うのでしたら、室内の広さと動力性能、価格とのバランスが良いクルマです。
家族5人と荷物をたくさん乗せて無給油で遠方までいけるでしょう。

多少燃費が良くても、屋根が低くて人が快適に乗れなかったり、人数分の荷物が載せられない
燃費命の偏ったエコカーよりは断然使えます。
実用性が高くて動力性能が高い、使えるエコカーと言えるでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

komcomさん

  • レビュー投稿数:112件
  • 累計支持数:1519人
  • ファン数:6人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格2

【エクステリア】
日産の統一感のあるグリルですが、決してかっこよくは有りません。後ろから見ると、なんとなく昔のフィットのような感じです。

【インテリア】
グレードがX、メダリストであれば十分満足ではないでしょうか。

【エンジン性能】
ダメですね。e-powerなのでほとんど電気で走行できるものと期待しておりましたが、エンジンの始動の割合が多すぎます。しかも自分が加速したいときにエンジン音が鳴るのではなく、制御されて意図しない時にうるさく始動しているので、気になります。

【走行性能】
良く言えば、どっしりした安定感がある感じ。悪く言うと車重が重すぎてトロくさいです。

ワンペダルで操縦できることをうたい文句にしていますが、回生ブレーキとはいえ、エンブレが利きすぎて怖いくらいです。営業マンは必死に慣れれば、運転が楽と言い張りますが、多分、後続車には大変迷惑になりそうです。いくらなんでも、スピードを落としすぎます。これでは、発進の際に新たなエネルギーが必要で効率が悪すぎます。

もうちょっと熟成させないと、クセが強すぎて運転が全く面白くないです。まるで、遊園地のゴーカートか、お年寄りが乗っている電動カーのようです。

【乗り心地】
まあまあです。

【燃費】
街中の走行で結構な割合でエンジンが始動しているのでトータル的には、ハイブリッド車より劣りそうです。とくに高速走行では、e-powerの威力を発揮すのは厳しそうです。


【価格】
高すぎます。今時の装備を一通りオプションで選ぼうとすると、同装備のフィットハイブリッドなどに比べて20〜30万円割高になります。オプションが多すぎるんです。


【総評】
商品コンセプトはいいんですが、実力が伴っていません。価格のわりに期待はずれに終わりそうです。低燃費なイメージだけで、走行性能、燃費など勘案するとフィットハイブリッドの方が完成度が高いです。

皆さんのレビューにもありますが、実燃費はあまりよくなさそうです。2回試乗して実感しました。出だしの静かさと、最初のうちの加速だけはいいのは間違いないです。でも、ただそれだけです。燃費を期待すると間違いなく後悔しそうです。
特に冬場はバッテリーにも苦手なので、如実に現れそうです。

あと、「スマート・ルームミラー」?間抜けな装備です。まず、画像が、粗すぎて不鮮明すぎます。カメラ部分の汚れが影響します。何より、後部座席の子供たちの様子(室内)が全くわかりません。通常ミラーに切り替え可能ですが、であれば、この装備の利点はなんなんですか?

そして最大の欠点は、「運転が全く楽しくない」です。テクノロジーに操らされているだけで、自分で自在に車を運転する楽しさがありません。車好きの人が選ぶことは、まずないと思います。

でも、CMでも言っているように「やっちゃえ日産!」ですからね。日産が好き勝手にやりたいだけで、ドライバーはプライオリティーが低いみたいですから…
昔の日産車を良く知っている人は、今の現状がホントに寂しいです。MEDALISTという呼び名だけは残っているようですが…

レビュー対象車
試乗

参考になった91人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

windows8&XPさん

  • レビュー投稿数:106件
  • 累計支持数:2336人
  • ファン数:5人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格2

【2017/11/19追記】
Youtubeに私のレビューをそのまま利用したと思われる動画についてですが、カカクコムさんが消去依頼をしてくださったようで、消されていました。ありがとうございました。

なぜその動画を話題にしたのかというと、以下にある「エンジン音がしない」という発言についてなのですが、色々誤解を招いてしまったようです。
エンジン音はします。聞こえてきます。でも、回転数と一致しないので、「エンジンとしての音がしない」というニュアンスだったということだけ頭に入れて読んでいただければと思います。すいませんでした。

これより下は初回のレビューと変わっていません。
******************************************************************

いつもは項目別に書いているのですが今日はちょっと違う形で書きたいと思います。

先日、ノートe-Powerの試乗会を行います〜というチラシが入っていて、丁度気になっていたので、行ってきました。
この車のシステムについて改めて説明するつもりはありませんが、かなり面白いシステムですよね。

ニッサンは、もともとリーフという電気自動車を販売しているのですが、あまり売れていません。
理由は単純で、充電スポットが少ないから。
都市部に住んでいて、週末は郊外へ遊びに行こう!と思っても、昔は充電スポットがあまりなかったため、
そんなに遠くまでは行けないし、車としてはまだまだ不十分だな・・・という印象でした。
最近はショッピングモールで買い物中に充電できたりしますが、それでも充電器の数はごくわずかで、先客が居たらどうにもできない。

今、日本の充電スポットは20932か所(http://ev.gogo.gs)らしいのですが、ガソリンスタンドの34706か所(http://www.sekiyu.or.jp/topics/data_a.html)と比べてもまだ少ないというのが現状です。
市町村当たりの平均数はたったの12台。ガソリンスタンドは一か所に3〜8台くらいあることを考えると、充電器の少なさがよくわかるでしょう。

また、ガソリンは5分くらいで給油が完了しますが、充電はそんなに早くない。
まだ電気自動車は早いかな・・・。今までならこの結論に至っていました。


しかし、やってくれましたニッサン!「ガソリンで動く電気自動車」を作ったのです!
電気自動車ならではの、中低速での太いトルク。そして低燃費。
スタートの飛び出しの良さはアクア、フィットは勿論のこと、その辺の下手なスポーツカー以上。
グーッとGがかかる感じは「これ本当にコンパクトカーか!?」と思うほど。
走りが良くて燃費もいい。言う事なしじゃないですか。

また、ペダルを離したらかなり強めの回生ブレーキがかかり、ブレーキは慣れればほぼ不要。
(ノーマルモードではかからなかったはず)
この辺はBMWのi3と同じ感じです。

基本的な内外装はノートと同じで、広さが確保されているのも美点。
メダリストだったのでクラスの中では上の方の内装でした。


但し、いい所はそれくらい。
まず、”エンジン音はしない”(追記を確認してください)のですが、モーター音も頭に響く。
「先進性」をアピールするにはこの独特な音もいい材料ですが、いやいや凄く気になる。
アクアとかはモーターで走ってもそこまで酷くない。買った後まで先進性のアピール?要らない。
そしてこのバッテリー、交換不要ですって言っていましたが、リーフのバッテリーはすぐヘタるって話ですよね?
あんまり信用できないメーカーというかディーラーというか・・・

次、結構エンジンがかかる。もうPHVでいいじゃん、ってレベル。

また、電気自動車の大きな問題。高速域になると急に燃費が落ちる。
モーターの特性上しょうがないですが、高速メインの人にとっては、うるさい、伸びがない、ガソリン喰う。最低です。
フィットのHVは高速でも燃費、走り等特に問題ないため、乗る人を選ばない「すべての人を満足させる」、CM通りの車。
一方で、この車は町乗りメインの人にしか向かない車。売れるかねぇ・・・

と思っていたらなんと販売台数1位。15000台。皆さんちゃんと考えて買いました?
遠出するには文句ないシステムになりましたが、遠出する際に使うであろう高速向けではないシステムなんですよ?


最後。ちょっと高いくせに、「それでもこの車を買う!」と思わせる魅力がない。
燃費はどっこいどっこい。内装は普通。なのにこっちのほうが20万くらい高い。話にならない。
室内の広さやまぁまぁな低燃費を魅力とする人もいるようですが、そんなのちょっと安いフィットHVでも言えること。

リーフみたいに、非常時の給電システムがあれば完璧だったと思うんです。
電気自動車の魅力はエコってだけじゃないんです。災害時も活躍してくれるから「買ってよかった」ってなるんです。
電気自動車に乗って「俺は環境を守ることができるこの車を選んでよかった!」と感じる人はごくわずか。

今の状態だと、燃費もすこぶるいいわけじゃないし、じゃ安いアクアとかのHVでいいじゃん、ってなるんですよ。燃費燃費言って飛びついた人たちは電気自動車ならではのリニアな加速感に誰も興味持たないでしょうし。

まだまだですな。

レビュー対象車
試乗

参考になった326人(再レビュー後:89人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

名も無き街のぽんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
1件
スマートフォン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア1
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

マーチAK12(MT車)からの乗り換え。

■運動性能
Sモードでグイグイ加速する感じはたまりませんね。CVTの踏んでからちょっと遅れてぬめーっと加速するのとは違い、MTなら2速で80km/hまで加速する感じでしょうか。
減速もアクセル加減でペダルの踏み替えもいらない。ただ、ペダル加減でゆっくり減速中に後続車が異常に接近することがありました。偶然かもしれませんが、公式では一定の減速度以上でブレーキランプが点灯すると言っていますが、ついているかどうか運転席では確認ができないので不安が。

■車内装備
動力関連に不満がない一方でとってつけたような車内は不満が多い。
多くの人があげるナビ下のドリンクホルダーは取り出しにくいだけでなく、隙間も大きいためレシートなどの紙片が容易に入りこんでしまう。
リアゲートの開け閉めにルームランプが無反応という設計も意味不明。10年以上前のマーチですら対応していたのにむしろ退化した印象。外灯の無いところでの夜間の荷物の出し入れはちょっとやりにくい。そもそもルームランプが暗すぎ。さらにラゲッジルームランプは上級グレードのみ。なんでそれくらいなんではしょったんだろう?

総じて運転は良い印象なものの、車内装備では不満が目立ってしまう。追加設定の車種だからと言われればそれまでだけど、5年ぐらい乗ってみてそのころフルモデルチェンジしていたら乗り換えるかもしれませんね。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
宮城県

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった72

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イラついちゃって困るの〜さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格3

新しい電気自動車と謳っているが、
モーターで走っているとしても
ガソリンを直接燃焼させてるのだから電気自動車ではなくハイブリッドだよね。


フィットハイブリッドの方が広くて使い勝手が良いし実燃費もよく、
PHVプリウスのほうが、後席の足元、燃費が良いし、走行性は同程度。
電気自動車が欲しい人にとっては全然魅力ではないし、
全てにおいて中途半端なような気もするが、日産車が欲しく
ノートから買い替えを検討してる人には魅力的なんだろう。

実燃費はエコモードでようやく他社ハイブリッド同等になるが
通常モードならリッター20k前半だと思われる。

走行性がそこそこでカタログ燃費値が良くプリウスよりも閉塞感が無いから売れているのだろうけど、
売れ行きは近いうちに落ちていくでしょうね。

レビュー対象車
試乗

参考になった124

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Satorixyzさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:113人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
7件
デジタル一眼カメラ
0件
3件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

エンジン
ECOモードの加速はかったるい。
しかしワンペダルで操作できるので街中は楽。
ほとんどこのモードで走っている。
普通の車に乗った時にブレーキを踏まなくても止まれるありがたさがわかる。
ノーマルモードにするだけで楽しい加速をする。ちょっと加速したいときはモード切り替え。
ドライブモード切り替えボタンがハンドルの裏なんかにあればいいのにと不満。
エンジン音がうるさいと言う人がいますが気になりません。高級車じゃないんだからこれだけ車内が静音設計されていたら十分。5年前のフィットエンジン車からの乗り換えですがとても静かだと思えるレベルです。不満はありません。走行後に焦げたような表現しにくいにおいがすることあり。なんだろうか。
走行性能などエンジン、モーター面に不満なし。

エクステリア
ノートのノーマルよりは断然かっこいい。
個人的にはグリルの青い部分がニスモの赤ラインと不釣合いで嫌い。全体的にめっちゃかっこいい車ではない。ニスモに乗ってるという満足感だけ。もっとかっこいい車は他にたくさんある。

インテリア
とにかください。安っぽい。
ニスモの赤をポイントにしたものは良いが全体的に同クラスの車と比べても安っぽく感じる。ただ仕方ないと割り切れる。
割り切れないのは使い勝手の悪さ。
収納能力のなさ。ドアポケットの浅さ。
ハンドル下の収納。なにをいれるんやって感じの形。
エンジンスタータースイッチ付近の収納。
もはや大きさ奥行きなどなにをしたいのかわからないレベル。とりあえずスペースできたから穴あけました的な。スマホが入るわけでもない。カード入れにしては浅い。
真ん中のドリンクホルダー。
深すぎて使いにくい。夜になると暗すぎてなにも見えない。とにかく収納が使えない。置き場に困る。使い勝手が悪すぎる。
シフトレバー付近も真っ暗。せめて照明つけてください。アームレストがない。オプションもない。意味がわからない。作れよと。そしてエアコン効くまで時間かかるけど、シートヒーターも設定なし。
不快的仕様なのです。フィットの方が断然安くてインテリアも考えられててよい。
インテリアに関してはほとんど評価できないレベル。軽四以下かもしれません。
ラゲッジルームに照明がないのも不思議。

足回りは硬め。

総じて価格はとても高いが、それは走行性能に完全に針を振っていると考えるしかない。そこには満足。使い勝手は悪すぎる。まぁでも照明追加や収納力向上は購入後も自分で工夫できるのでよしとしてます。

素直な感想でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
大阪府

新車価格
245万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった113

このレビューは参考になりましたか?参考になった

らんどろいどさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
90件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3

デモカー(Xおよびメダリスト)に乗り、人踏み惚れしました。最終的に走行性能と回生ブレーキのバランスが決めてとなり、セカンドカーとして購入しました。(当時デモカーのニスモが無くて試乗ができなかった。)
アクア・フィットhv・デミオとも乗り比べしました。(初速のレスポンスやピックアップはノートnismoやモードプレミアツーリングのほうが間違いなく上回っています。)
・エクステリア)
ほぼ満足です。欲を言えば、グリル部分にも手を加えてほしかったかなぁ・・・。Vモーショングリルが下方まで縦方向に延びているため、縦横比率として全体のバランスが悪いですね。次期マイクラのような精悍なイメージならもっとカッコ良かったです。
・インテリア)
使い勝手が悪く、改善してほしいところ満載したい気持ちです。(愚痴と改善案)
D型ステアリングに替わってよりスポーティなイメージになっているが、その他は基本的に前期モデルを踏襲したデザインであり、安っぽさは否めないですねぇ。欲を言えばデミオクラスの質感が欲しいところです。
その他、前期モデルのコンソールを流用しているためシフト切替スイッチの位置(配置)が奥にあり、操作上使い勝手が悪いです。(高齢者向けに誤操作防止のために敢えて奥に配置してあるとは考えづらいですよねぇ)おかげでデッドスペース的なところを苦肉策的にドリンクホルダーにしている(笑)。
あとモード切替スイッチをステアリングスイッチに組み込んで欲しいですよねぇ・・・。(切に願う!)
モード切替確認用インジケータがインパネに表示されるが、小っちゃくてショボイ表示です。(前期モデルのインパネ内のEL管チューブを流用してモード表示をカラフルな色で識別表示できるようにしてみてはいかがですかぁ!?よろしくお願いします。
クルコンもステアリングスイッチの組み込み願います。
あとサイドブレーキレバーが異様に長い。昭和の車みたいに・・・(笑)(これも非力な高齢者向け対策だろうか?) もっとスペース有効利用すべき!
いっぱいありすぎて、この辺で止めておきます。
・エンジン性能)
モーター駆動の性能については、リーフ譲りであるためポテンシャルが高く、出足の初速感はすごくいいです。VWゴルフ(2.0ターボ)のチューニングカーに乗っていますが、0−40km/hまでの加速感(Sモード)が似通っています。中速域から高速にかけては若干加速に延びはないですが、街乗りなら必要にして十分な加速性能です。
エンジン性能については従来の3気筒エンジンをシリーズハイブリッドとしてeーパワー発電専用に改良が施されているが、低速〜高速回転域でも出力と燃費を稼げるエンジン(可変圧縮比の技術を採用した)が搭載されることを期待します。次期モデルあたり?では導入されるかもしれないですねぇ。
ニスモではアクセルレスポンスに合せてエンジン回転数が上がるようにチューニングされていますが、ハッキリ言って3気筒の安っぽいエンジン音なんていらないです(笑)。寧ろエンジン振動の低減化と遮音に力を入れてほしいところです。
・走行性能)
中低速域では、トルク感タップリです(笑)若干振動の粗さが目立ちますが、高速域(100Km/h前後)のコーナリングはネガキャンが功を奏して安定感があります。残念ながら直進安定性はそれほど高くないですが、コンパクトカー並みでしょうか?チューニングの余地が残されています。
ニスモなら回生ブレーキに1・2段階ぐらい上の強いモードが設定されていてもいいと思うのですが、設定されていません。是非アップグレードして欲しいですねぇ。ノーマルモードにD・B切替モードを設定するくらいなら、Sモードにより回生ブレーキの強いモードを取り入れてほしいものですぅ・・・残念。
・乗り心地)
ショックがニスモ専用で硬めのセッティングです。路面からの振動とエンジンからの不快な振動がかなり身体に伝わってきます。これら振動と音がシャーシやボディや内装の至る所で共鳴しているようなざわついた感じです。この辺りは個人差があるため、表現しずらいですが、長時間乗っていると残念ながら疲れる車です。時には眠気を誘うこともあります。今回の購入で一番残念なポイントになります。タイヤを替えてどうこうという問題ではないように思われます。とりあえずは制振材とデッドニングを施す予定ですが、この問題が改善回避されなければ早く手放すことになるかもしれません。
因みに現在所有しているゴルフのショックはレース仕様のため、足回りはもっと硬いですが、不快な振動が残りません。
・燃費)
モーターの特性上、高回転域ほど電費が悪いことは百も承知。必然的に高速域では燃費が悪くなることなってあたりまであることも分かってはいましたが、70Km/h以上からかなり燃費が落ち込みますねぇ・・・。
エアコンなんか使えばさらに・・・。特に高速域で電費の稼げるモーター開発に期待を寄せます。現段階ではしかたないかもしれません。
他のメーカーはシリーズ式でなくパラレル式ハイブリッド開発に心血注いでいた理由が頷けます。
逆に街乗り時は流石にeーパワーのメリットが活かせていて燃費は結構いいと思います。
・価格)
開発費や技術を勘案すれば妥当かもしれませんが、他のメーカーと同等以上の振動・遮音対策を図るべきであると思います。Xグレードが標準でなく、価格を抑えた上で、せめてメダリストクラスの遮音性を標準にしてすべきだと思います。

クチコミに「 NISMO e-powerセカンド・インプレ(走行:1600km)」として掲載しておきます。興味あれば参考にしてください。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
滋賀県

新車価格
245万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった124人(再レビュー後:94人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ノート e-POWER
日産

ノート e-POWER

新車価格帯:193〜272万円

中古車価格帯:64〜263万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <423

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意