『気疲れする炊飯器』 愛知ドビー バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー] 殿下製品さんのレビュー・評価

2016年12月 1日 発売

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]

  • 無水調理が行える鋳物ホーロー鍋と理想の火加減を実現したポットヒーター(IH調理器)を組み合わせた、ホーロー鍋としても使える炊飯器。
  • 熱の伝わり方をコントロールする「トリプルサーモテクノロジー」と、かまどのように立体的に加熱する「ラップアップヒートテクノロジー」を搭載。
  • 鍋は継ぎ目のない一体構造のため、衛生的に隅々まで洗うことが可能で、安心して料理できる。ゴムパッキンや金属部品もないため、メンテナンスも簡単。
バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥87,680

(前週比:-100円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥87,680〜¥90,258 (4店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

炊飯量:5合 タイプ:IH炊飯器 内釜:鋳物ホーロー その他機能:遠赤外線/タッチパネル バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※保温機能はありません。

ご利用の前にお読みください

 
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の価格比較
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の店頭購入
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のスペック・仕様
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のレビュー
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のクチコミ
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の画像・動画
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のピックアップリスト
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のオークション

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]愛知ドビー

最安価格(税込):¥87,680 (前週比:-100円↓) 発売日:2016年12月 1日

  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の価格比較
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の店頭購入
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のスペック・仕様
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のレビュー
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のクチコミ
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]の画像・動画
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のピックアップリスト
  • バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のオークション

『気疲れする炊飯器』 殿下製品さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:804人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

炊飯器
2件
2件
ミキサー・フードプロセッサー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン2
使いやすさ1
炊き上がり1
サイズ2
手入れのしやすさ1
機能・メニュー1
気疲れする炊飯器

本体バーミキュラを使ってライスポットとガス火で炊飯した炊き上がりは全く違います。
以下の理由により、ライスポットの製品開発は正直失敗だというのが使用した感想です。
ご参考までに。
1.白米の炊き上がりが硬め。シャリシャリ感の炊き上がりを目指した開発かもしれませんが、炊き上がりの表面は艶がなく、下の方が水分が多くベタとして、炊き上がりにムラが出る。お米を3種類(コシヒカリ、ミルキークイーン、ゆめぴりか)試しましたが、どれも同じように硬めの炊き上がりで、味の違いが分かりませんでした。
2.家電メーカーのIHジャーやミニライスクッカー(3000円程度)の方が艶があり、モチモチとしてご飯の甘味もあって遥かに美味しい。土鍋のご飯とは天と地の差があります。開発者はガス火で炊いたバーミキュラの白米を食べたことがあるのか疑問に思わざるをえません。
3.炊き上がった瞬間から冷却ファンが作動して温度が下がる設定になっているため(理由は不明ですが、ご飯から水分が飛ばないようにするためでしょうか?)、炊き上がりのアツアツ感が全く味わえない。生温い感じのご飯。なので、炊き上がった瞬間にライスポットからバーミキュラ本体を外しています。
4.保温機能がないので、温かいご飯が食べられない。専用の保温袋(1万円ほど)に包んでおく方法があるとのことですが、高価な保温袋を売り出すくらいなら、保温機能付けてよ〜と思うのですが。
5.炊飯目盛りがバーミキュラ本体になく、毎回付属の計量カップで水を計る必要があって面倒。
6.炊飯合数を変える度にライスポット本体の炊飯合数を設定しなくてはいけなくて面倒。ライスポットのフラット操作パネルのレスポンスが少し悪く、ストレスに感じることも(押し方の問題かもしれません)。
7.炊き込みご飯の場合、具材の重量を計って、さらに炊飯合数を+1合に設定しなくてはいけない。炊き込みご飯の舌触りが良くない。鯛めしの場合、何度炊いてみても生臭さが感じられる。
8.バーミキュラ本体が重いので、洗うのが大変。
9.蓋と本体の接触面(エッジ)はコーティング処理がされていないので、洗った後水分が付いているとすぐに錆びる。
10.お粥を炊くとき、蓋は厳禁。蓋を半分ずらして炊いても、完璧に吹きこぼれます。マニュアル通りに蓋を外すしかありませんが、蓋もなく作るのは衛生的に問題。(お粥用のシリコンの蓋なかがあればいいと思うのだが)
11.お粥の出来上がりがお茶漬けみたいにサラサラ。この会社の人はこれをお粥と思っている?粘りのあるおかゆを作るためにはさらに本機の低温調理機能を使って暫く放置するやり方があるそうです(おかゆ作るのにどれだけ時間を掛けさせるの?)

結局、、、
本製品は株式会社ドビーが作り上げたバーミキュラのためのライスポットであり、
ご飯を手軽に美味しく食べたいユーザーのことを考えて作られた製品ではないという感想です。
家電メーカーの炊飯ジャーの方がより低価格でユーザーフレンドリーで使いやすく美味しいご飯ができます。
今は購入したライスポットは炊飯用ではなく、おかずの調理器具として使っています。
残念の一言。

炊飯量
4人分

参考になった795人(再レビュー後:734人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン2
使いやすさ1
炊き上がり1
サイズ2
手入れのしやすさ1
機能・メニュー1
気疲れする炊飯器

本体バーミキュラを使ってライスポットとガス火で炊飯した炊き上がりは全く違います。
以下の理由により、ライスポットの製品開発は正直失敗だというのが使用した感想です。
ご参考までに。
1.白米の炊き上がりが固め。シャリシャリ感の炊き上がりを目指した開発かもしれませんが、炊き上がりの表面は艶がなく、下の方が水分が多くベタとして、炊き上がりにムラが出る。
2.家電メーカーのIHジャーやミニライスクッカー(3000円程度)の方が艶があり、モチモチとしてご飯の甘味もあって遥かに美味しい。土鍋のご飯とは天と地の差があります。開発者はガス火で炊いたバーミキュラの白米を食べたことがあるのか疑問に思わざるをえません。
3.炊き上がった瞬間から冷却ファンが作動して温度が下がる設定になっているため(理由は不明ですが、ご飯から水分が飛ばないようにするためでしょうか?)、炊き上がりのアツアツ感が全く味わえない。生温い感じのご飯。なので、炊き上がった瞬間にライスポットからバーミキュラ本体を外しています。
4.保温機能がないので、温かいご飯が食べられない。
5.炊飯目盛りがバーミキュラ本体になく、毎回付属の計量カップで水を計る必要があって面倒。
6.炊飯合数を変える度にライスポット本体の炊飯合数を設定しなくてはいけなくて面倒。
7.炊き込みご飯の場合、具材の重量を計って、さらに炊飯合数を+1合に設定しなくてはいけない。炊き込みご飯の舌触りが良くない。鯛めしの場合、生臭さが感じられる。
8.バーミキュラ本体が重いので、洗うのが大変。
9.蓋と本体の接触面(エッジ)はコーティング処理がされていなので、洗った後水分が付いているとすぐに錆びる。
10.お粥を炊くとき、蓋は厳禁。蓋もなく作るのは衛生的に問題。(お粥用のシリコンの蓋なかがあればいいと思うのだが)
11.お粥の出来上がりがお茶漬けみたいにサラサラ。この会社の人はこれをお粥と思っている?

結局、、、
本製品は株式会社ドビーが作り上げたバーミキュラのためのライスポットであり、
ご飯を手軽に美味しく食べたいユーザーのことを考えて作られた製品ではないという感想です。
家電メーカーの炊飯ジャーの方がより低価格でユーザーフレンドリーで使いやすく美味しいご飯ができます。
今は購入したライスポットは炊飯用ではなく、おかずの調理器具として使っています。
残念の一言。

炊飯量
4人分

参考になった59

満足度1
デザイン2
使いやすさ1
炊き上がり1
サイズ2
手入れのしやすさ1
機能・メニュー1
気疲れする炊飯器

本体バーミキュラを使ってライスポットとガス火で炊飯した炊き上がりは全く違います。
以下の理由により、ライスポットの製品開発は正直失敗だというのが使用した感想です。
ご参考までに。
1.白米の炊き上がりが固め。シャリシャリ感の炊き上がりを目指した開発かもしれませんが、
  炊き上がりの表面は艶がなく、下の方が水分が多くベタとして、炊き上がりにムラが出る。
2.家電メーカーのIHジャーやミニライスクッカー(3000円程度)の方が艶があり、モチモチとして
  ご飯の甘味もあって遥かに美味しい。土鍋のご飯とは天と地の差があります。
  開発者はガス火で炊いたバーミキュラの白米を食べたことがあるのか疑問に思わざるをえません。
3.炊飯目盛りがバーミキュラ本体になく、毎回付属の計量カップで水を計る必要があって面倒。
4.炊き込みご飯の場合、具材の重量を計って、さらに炊飯合数を+1合に設定しなくていけない。
  炊き込みご飯の舌触りが良くない。鯛めしの場合、生臭さが感じられる。
4.バーミキュラ本体が重いので、洗うのが大変。
5.蓋と本体の接触面(エッジ)はコーティング処理がされていなので、洗った後水分が付いているとすぐに錆びる。
6.お粥を炊くとき、蓋は厳禁。蓋もなく作るのは衛生的に問題。(お粥用のシリコンの蓋なかがあればいいと思うのだが)
7.お粥の出来上がりがお茶漬けみたいにサラサラ。この会社の人はこれをお粥と思っている?

結局、、、
本製品は株式会社ドビーが作り上げたバーミキュラのためのライスポットであり、
ご飯を手軽に美味しく食べたいユーザーのことを考えて作られた製品ではないという感想です。
家電メーカーの炊飯ジャーの方がより低価格でユーザーフレンドリーで使いやすく美味しいご飯ができます。
今は購入したライスポットは炊飯用ではなく、おかずの調理器具として使っています。
残念の一言。

炊飯量
4人分

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]
愛知ドビー

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]

最安価格(税込):¥87,680発売日:2016年12月 1日 価格.comの安さの理由は?

バーミキュラ ライスポット RP23A-SV [ソリッドシルバー]をお気に入り製品に追加する <418

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
colleee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(炊飯器)

ご注意